FC2ブログ

ハワイ路線バスの旅6、たぶん最終回。こんなに美味しいもの食べたぞ!?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ハワイの話の最終回(のつもり)

最後は、お食事その他の話。

我が家は国内のみならず、海外でも現地スーパーで買った食材の部屋飯!が多いんです。
地元スーパーに出入するのって、結構、楽しいんです。
おまけに安い食材も手に入ったりします。
だから、美味しい店を紹介するなんて気はサラサラありませんのでご注意を(笑)。

今回、一番気にいったのは、L&Lというチェーン店。
スペアリブが美味しいんです。
店内でも食べられるのですが、ビールが飲めません。
ハワイに限らず、アメリカはビールを飲める店が限られています。
日本なら吉野屋だって、ビールは飲めるのに(私は飲んだことありませんよ、念のため(笑))
そのほか、ビーチでもお酒は飲めません。
自由な割には、結構窮屈なところもある国です。
バスの中は飲食禁止というのは分かるんですけど、何で公園はダメなのかな?
ワイキキビーチで、夕陽が落ちるのを何度も見ました。
きれいでした。
でも、ビールつきならもっと良かったのに・・・。

というわけで、テイクアウトして、ホテルの部屋で毎晩夕食です。
もちろん、ABCストアで買った、安いビール付きです!
毎晩、飲んだくれていました(笑)。

奥さんの要望で、一晩だけホテルそばの、「トニーローマ」に行きました。
東京にも店を出している、そこそこ有名なスペアリブの店です。
そうです。BSEのおかげで美味しい米国産牛肉が食べられない今こそ、本場で食べるのです。
ちなみに、私は米国牛肉のBSEなんて、全く気にしません。
こんなもの禁止にするなら、タバコ毒の方が先でしょ?
さっさと全面禁煙、販売禁止、輸入禁止にしてください。
役所とマスコミのやることは、全く理解できません。

ところでトニーローマ、値段の割には正直言ってたいしたことありません。
L&Lの方が美味しかった(笑)
アメリカの割りには、量も大したことないし・・・。
おまけに、チェックを要求すると、日本語で書かれた紙が一枚入っていました。
「アメリカでは、15%から20%のチップが一般的です」
馬鹿にするなぁ!、だって、この店、日本語のメニューも置いていません。
なんでチップの要求だけ日本語なんだぁ!!。
でも、ウエイトレスが感じよかった、という私の奥さんの意見に免じて、少し置いておきました(笑)。

その翌日、アラモアナSC地下のイートインコーナーに、トニーローマの店を見つけてしまいました。
何だ、ここで買って食べればもっと安く済んだのに・・・、ガッカリ。

今回、ホテルの部屋は、それはそれはひどい環境でした。
2階で、目の前は駐車場建物、そこに常時監視員のような人がいます。
背の高い椰子の樹が生えているのが、雰囲気的に救いかな。
そんな、劣悪な環境下でも、ベランダご飯を楽しんでしまう我が家って、やっぱりスゴイ?

最後に、一番ハワイらしかった食材。
椰子の実です。
これは北部を旅した時、旅先のビーチでもらいました。
ラテン系の夫婦が、海岸で拾って、夫が自分で割ったのです。すごいなぁ。その半分をもらいました。
椰子の実なんて、普通割れませんよ、しかも専門の道具もなしに。

プラスティックのナイフで悪戦苦闘しながら削って食べました。
部屋の冷蔵庫で冷やすと、また美味しいです。
本場のココナツですね。

日本にもって帰りたかったのですが、これこそ税関で怒られますのでやめました。
かわりに、長い間お世話になったビーチゴザを、わざわざ持ち帰りました(笑)。

ゴザを機内持ち込みです(笑)、空港職員が何か突っ込んでくれるかな?と少し期待しましたが、何もありませんでした。
こういうお馬鹿さんは、結構いるのでしょうか?

ゴザは今、我が家のベランダに放置されています・・・、あんなに苦労して持って帰ったのに!。

ハワイ路線バスの旅、これにてお終い。
最低価格のツアー料金で楽しむ、ザ・バスであちこち旅する、という目標は見事に達成!
日本で予定していた場所には、全て行くことができました。

奥さんは、今度は何時行くの?と張り切っています。
私としては、次の次の次の次、くらいの旅行でいいや(笑)

ご愛読、ありがとうございました(完)。

スポンサーサイト



ハワイの悲劇、J-1水没す!

イメージ 1

ハワイ旅行中最大の悲劇。
4日目。ザ・バスで北部のビーチを見学。
きれいな砂浜、でも波の高いビーチにゴザひいて、サーファーを見学していました。

ちょっと、上着を脱ごうと、持っていたデジカメ(サンヨーのJ-1)もゴザの上に置いたら・・・

予想もしない高波に襲われました!!

うわぁぁ、とバックを持ち上げたのに、デジカメが半分海水に水没しているではないですか!

ほんの、0.5秒くらいの事故だと思うのですが・・・、
見事に動かなくなりました。
口をあけたまま、うんともすんとも言いません。
ハワイの波を甘く見た私がいけないんです。ゴメンナサイ。大好きだったのに、J-1。


幸い、奥さんが持ってきたデジカメがありましたので、以降の旅はそちらで代用できました・・・。


帰国後も、当然のように動きません(泣)
いいカメラでした。
ちょうど2年前にネット通販で買ったのですが、もう何年も付き合っていた気がします。
サヨウナラ、ぐすん。

と、いうわけで、気を取り直して、ただいま次のデジカメを物色中です。
壊れたJ-1も充電池がもう古くなり、次の機種を捜していたのも事実です
(でも、自分のミスで壊しちゃうとは思わなかった、ウワーン)

せっかくなので、J-1以上の機種を探します。

軽いこと。ポケットに入ること。
光学レンズで望遠が5倍以上あること(J-1は2.8倍しかなかった)。
ビデオモードも充実していること。
メディアは絶対にSDカード。

という条件で価格comで調べています。

リコーのCaplio R3:光学7.1倍!軽い135g
パナソニックのLUMIX LZ5:光学6倍、ビデオモードがJ-1並みに良い。186g
CANONのPowerShotA700:光学6倍、200g重い・・・
あたりが候補です。

写真マニアではないので、操作が簡単なことも条件です。

ブログを書いて、きれいな写真を掲載する人は、たぶん大きな一眼レフを持ち歩く人が多いのでしょうけど、私は小さいカメラで十分です。
というか、大きいカメラと三脚を持った、どこでも我が物顔の写真撮影屋さんは嫌いなので・・・。

今は、奥さんのカメラを借りて、相変わらず昼休み散歩しています。
早く返して!と催促されています。

いそがないといけません(笑)
いいカメラ、知りませんか?

ハワイ路線バスの旅5、イルカとダイヤモンドヘッドを見る

イメージ 1

イメージ 2

ハワイ旅行記、まだ続きがあります(笑)。

3日目に、西海岸までイルカツアーに出かけました。
これは前日、奥さんが市内にたくさん置いてある日本人観光客向けのフリーペーパーの中で見つけたもの。イルカと泳げるとあります。
一人125ドル、スイムスーツ代が別途10ドル、二人で270ドルです。
高いけど、日本の離島の同様のツアーよりは安いです。
今回は、奥さん中心の旅行?なので、参加することにしました。
電話すると、この日しか空いていませんでした。意外と人気あるんですね。

結論から言うと、私としては全く不満足なツアーでした。
シュノーケルで海中のイルカを探すのですが・・・、せっかくイルカがいたのに、遊泳時間、回数が短く、海中の遠くの方ににチョコッと泳いでいるのが見えただけ。
参加者の中には、もっと見えた人もいたみたいだけですけど。
クルーは時間通りに淡々とメニューをこなしていくだけ。
一応、おまけでクジラもちらりと見えました。
でも、イルカと泳げなきゃ意味ないの!

自然動物が相手だから、イルカがいないのなら諦めるけど、クルーの不親切・不手際で不愉快だっただけ。
これでチップを要求してくるから、「ふざけるな!」と、言ってやりました。

奥さんはそれでも一応満足したみたいです。
もっとも、帰国したらイルカツアーに行くんだぁ、の一言。
うわーん、じゃぁ参加するんじゃなかったぁ(泣)

西海岸にて、ツアー送迎の車から、レールが見えました。
これはサトウキビ貨物鉄道の名残だとか。
週末は観光列車が走るそうです。
周辺の景色は素晴らしく、乗れればすばらしい景色が楽しめたかも・・・。
私はイルカよりこっちの方がよかったな。
今回は、きれいなレールの写真のみで我慢です。

いったんホテルにもどり、午後はダイヤモンドヘッドに上りました。
ザ・バスで登山道入り口まで行きます。
ダイヤモンドヘッドは火山の噴火口跡なんです。
阿蘇の外輪山と同じです。
長いトンネルを通り抜けると、カルデラの中に入ります。
入場料一人1ドルを払い、いざ、ダイヤモンドヘッド登頂です。

ガイドブックには、長い階段があるとか書いてありますが、普段歩いている人なら、まったくラクラク登山です。
外輪山の一番高いところがワイキキビーチ側にあり、これがビーチから見ると、ダイヤモンドヘッドなのですね。
ワイキキの高層ホテルが一望です。ビーチもきれいです。
振り返ると、外輪山とカルデラがはっきりと分かります。
富士山の「お鉢廻り」みたいに、この外輪山の峰を縦走できたら面白いと思うのですが・・・、ダメ?

一説では、ここは陸軍の重要な基地があるから、一本道の登山道以外は立ち入り禁止だとか?
本当?。だって、カルデラの中は丸見えです(笑)。
一応、ダイヤモンドヘッド山頂は、昔の高射砲陣地跡です。トーチカがあります。
でも、真珠湾攻撃の時は、全く役に立たなかったらしいです。

登山入り口バス停から山頂でゆっくりしても往復2時間でした。
意外と簡単。
ホノルルで、ちょっと時間ができたら、ダイヤモンドヘッド山登りはいかがでしょうか?オススメです。
バスがすぐに来れば、ホノルルから3時間チョットで往復できます。
さらにトロリーなら、公園入り口まで来れます。
もっとも、我が家はザ・バスの4日間パス愛用者なので、乗りません!(もったいなくて乗れません(笑))

ちなみに、このトロリーは、いつでも日本人客ばかりです(笑)

ダイヤモンドヘッドから見るワイキキビーチの勇姿は、こちらの記事をご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/32966594.html

ハワイ路線バスの旅4、リメンバー・パールハーバーしてきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ハワイ5日目。ザ・バスでパールハーバーまで戦艦アリゾナ記念館を見に行きました。

今回のハワイ旅行。
基本的に私の奥さんが行きたいところに行ってきたのですが、ここだけは私の希望。
歴史好きとしては、1回くらいはみておきたいところです。

事前に得た情報として、とにかく混んでいるらしいです。
私の奥さんも以前行ったことがあるのですが、すでに整理券はなく、帰ってきたとか。

9:00に着きました。
場所は直ぐ分かるくらい、すごい行列です。
もっと早くくればよかったなぁ!日曜日は特に混むんですね(泣)。

整理券は11:45からの回でした。
陸の資料館から、ボートで沖合いのアリゾナ記念館までに行くのです。
2時間半待ちです。

それでも、資料館の真珠湾攻撃の資料とか、隣接する戦艦ミズーリ記念館なんか見ていると、さほど時間は気になりませんでした(あまり歴史に興味のない奥さんは退屈みたいでしたけど)。
ミズーリ記念館といっても、ミズーリはここから専用トロリーでさらに軍港の中に入って見に行くそうです。
こちらはすごく料金が高いんです。だから入りません。
だいたい、戦艦ミズーリなんて、東京湾に浮かんでこそ意味があるのではないでしょか(笑)
無料で入れる屋外のゾーンだけで十分楽しめます。

アリゾナ記念館は無料ですが、とてもガードが固いのです。
テロ対策のため、バック類はもちろん、小さなポーチや、大きいカメラも持ち込み不可。
米国人旅行者には周知のことらしく、みなさん手ぶらです。
私たちは、このあとビーチに行くためにバックとゴザまで持ってきました(笑)。
1ドルで買ったゴザを預けると、3ドルです(泣)。
もちろん、バックにつっこんで預けましたので、合せて3ドルですけど。

時間になりました。
まず、30分の映画を観ます。
それから、ボートで沖合いの記念館へ。
白亜の建物の下に、アリゾナが沈んでいます。
建物はアリゾナを跨ぐように作られています。
ここから水面下のアリゾナが見えるのかな?

海面が濁っていて、見えません。
外に顔を出している丸い砲台跡を拝みます。
もっと、水面下の沈没戦艦がよく見えると思ったのですが・・・。
イマイチ、ピンと来ませんね。

それより、すぐそばに戦艦ミズーリが停泊しているのです。
昔の大鑑巨砲主義の立派な戦艦です。
そのミズーリと同じクラスの物体が、この白亜の建物の下に沈んでいるわけですね。
そう考えると、随分大きいものが沈んでいるんだな、と実感できます。
そうか、そのためにミズーリはそこに停泊しているのですね(違う?)。

記念館の中にこの戦艦で戦死した千人くらいの兵士の名前が刻まれています。
うるさいアメリカ人も、ここでは少しシンミリします。
(でも、誰も帽子をとらないんですよ、そういう文化なんですかね?)

往復45分でもどって来ました。

アリゾナ記念館の感想。
日本人がすごく少ないんです。
ハワイで一番日本人の少ないところではないでしょうか(笑)、意外です。
資料館や、映画の内容は、思ったより中立という感じ。
真珠湾攻撃について、特に日本人を意識的に悪者に仕立てていません(英語なので、本当はよく分かりませんけど(笑))。

もし、ここに行かれるのなら、絶対に平日の早い時間をオススメします。
アメリカ人にとって大切な歴史モニュメント、という感じですね。
もっと多くの日本人も観光してもいいのではないでしょうか?
妙に気にして、献花なんか持っていくと、浮きますよ(笑)。

リメンバーパールハーバー!なんていじめられたりしません。
(そういえば、その言葉は資料館にもほとんど記載されてなかったですね、映画の中に出てくるだけ。相手も気にしているのかな?)

ゴザを引き取った後、ザ・バスを乗り継いでカイルアビーチに直行したのでありました。
この神聖?な場所に、ゴザを持参してきたツワモノの日本人は、私たちが初めてかもしれません(ちゃんと預けてますよ!)




(以下は、シニカルな私の感想です、旅行記ではありまん。読んで気分害したらごめんなさい)

真珠湾攻撃の被害の中で、アリゾナ撃沈の悲劇の扱いは特別です。
アリゾナの戦死者は英雄で特別扱いなんです。
他の戦艦も沈んでいるし、陸上でも多数の戦死被害者がでました。
だけど、アリゾナの悲劇は別格らしいです。
一番絵になる形で撃沈されたから?、としか思えません。
(この辺の感覚は、日本が原爆死亡者を他の民間人戦死者とは別扱いしたがるのと、同じかもしれません。戦争被害者に場所や理由なんて関係ないのに・・・)

要するに、アメリカ人は戦争勝利のモニュメントが欲しいんですね。
アメリカは戦争大好きですけど、最近はすっきりと勝利したことはありません。
唯一、気持ちよく勝てたのが、この太平洋戦争なのでしょう。
戦後の敗戦国支配も、実に拍子抜けに、とてもスムーズに協力的に行われました。
ある意味で、こんなに後味の悪くない戦争、は無かったかもしれません。
(原爆なんか使わなければ、もっと後味良かったでしょう。そういう意味で、アメリカ人も原爆使用はきっと後悔していると思いますよ)

ちなみに、ミズーリ記念館は、「アメリカンヒーロー」というタイトルで宣伝しています。
まだ、太平洋戦争のヒーローに頼っているんですね(笑)。
本当はもっと最近の戦争の英雄を拝みたいはずだと思います。
朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争なんかのヒーローを拝みたいところでしょう・・・

でも、やっぱりダメみたいです。カワイそうに。
結局、いつまでも昔の後味の悪くない、スッキリ勝てた戦争の英雄の亡霊に頼っているわけです。
アリゾナも、ミズーリも根は同じです。

この先、アメリカがいくら戦争をしても、真珠湾のヒーロー以上の偶像はあらわれないかもしれません。
つまり、アメリカ最大の偶像の敵対国が、いつまでも「日本」、ということです。
ちょっとイヤですね。

昔の勝利の余韻にいつまでもすがっているようで、ちょっとアメリカがカワイそうになりました。

もっとも、無駄な戦争の無駄な死を絶対に認めない、いつまでも英霊信仰にすがっている国の姿よりは、遥かに健全かもしれません。

ハワイ路線バスの旅3、ザ・バスでビーチ三昧!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ハワイと言えば、やっぱりビーチですね。

実は、ハワイのビーチでは大事件が起きていました。
私たちが着いた前の週まで、ホノルルは40日間にわたる記録的に長い雨が降っていたそうです。
そのせいで市内の下水があふれ出し、やむなく運河に放水、それがワイキキビーチに広がりビーチは全面閉鎖だったそうです。
おまけに、一度解禁したビーチで泳いだ人が「汚染」で感染死する事故まで起きていました(惨)。

ハワイ到着の日、幸運なことに長雨はやみ、ビーチも遊泳OKになっていました。ラッキー?
私にとって初めて見るワイキキビーチの景観。
あの有名なダイヤモンドヘッドがあって、高層ホテルが林立しています。

でも、ちょっとワイキキビーチで泳ぐ気はしません(笑)。

2日目に、ザ・バスでハナウマビーチに行きました。
ここはダイヤモンドヘッドの少し先にあります。

かなり有名なビーチです。
すっごいキレイでした。
ここは、噴火の火口の跡に海水が入り込んだ「湾」です。
だから、高台から下のビーチを見下ろす感じになります。だから、ますますキレイ。
面白いのは、自然研究施設になっているのです。
入場料5ドルも必要です。ビーチではなく研究所に入るから?
入場の際、研究の成果?のビデオを見ることが義務づけられています。

ビデオ見終わると、さっそくビーチへ。
ビーチまでクレータの底に下りていくように、一本道の坂を下りていきます(だから、有料に出来るのですね)。

青いビーチと後背のミドリの山が、なかなかナイスです♪

日本からわざわざ持ってきたシュノーケリンググッズで、お魚生活も満喫。

でも、お魚保護?のため、毎週火曜日はお休みなんです。
世にも珍しい、週一お休みのエライ?ビーチです。

4日目にも、ザ・バスで北部のビーチめぐり。
北部(ノ-スシュアというらしい)は、波が高いことで有名です。
だから、世界中からサーファーが集まるらしいです。
ザ・バスに乗りながら海を眺めます。
途中、2箇所のビーチで途中下車。
すごい波とサーファーを見ていました。
残念ながら遊泳禁止です(さらわれちゃう~)。

ノースシュアで3箇所目のビーチ、とういうか砂浜は、山がすごくきれいなのでフラリと降りてしまったら、ビーチもきれいだったという場所です。
監視員もいない、名もないビーチです。
椰子の実が海岸にたくさん落ちていました。
これを割った(すごい!)おじさんから、半分もらいました。
最高に美味しいココナッツです。

ちなみに、この山は有名な牧場でした。
残念ながら当日は貸切状態で中には入れませんでした。
あの、ジュラシックパークを撮影した牧場だそうです。

5日目の午後にもザ・バスでビーチへ。
ホノルルの北東にあるカイルアビーチとラニカイビーチ。
ここも穴場として有名です。
カイルアビーチについたのは、すでに15時。
でも、一瞬とても晴れていました。
そのビーチの白くて美しいこと!!
感動しました(泣)

沖縄のビーチもアチコチみてキレイでしたけど、このカイアルビーチは私がこれまで見てきた中で一番美しいビーチでした!!うちの奥さんも同感。

ほんの少し先がラニカイビーチなんですけど、曇っていたせいか・・・。
やっぱり、カイルアビーチ最高!!です。
でも、このビーチも汚染とかで泳げませんでした。
時間も遅くて寒いので、泳ごうとは思いませんでしたけど。

というわけで、だらだらとビーチ三昧してきました。
でも、あんまり暑くなかったですね。
常夏じゃなかったのかな?

写真1:ハナウマビーチ、噴火口にできた有料ビーチを上から望みます。
写真2:同ビーチ、緑がきれいなんですぅ
写真3:椰子の実ビーチ(仮称?)
写真4:恐竜が住んでいる山です。ハワイは山もイイですよ。
写真5:カイルアビーチ、砂浜は真っ白でした(写真じゃ分からないですぅ)

プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR