FC2ブログ

「その席を譲ってあげてください」

今月にあったホントの出来事
東京近郊の
とある鉄道路線
昼下がりの下り電車の一番前の車両にいました
先頭車両に乗ってしまうのは線路好きの性です(苦笑)

車内は満席ですが
立ち客がちらほら程度

とある駅に到着
この駅で各駅停車が待ち合わせをしています
そして
そのことは起きました

一番前の扉から
駅員が視覚障がい者の方を誘導して車内に入って来ました
なんだろうと見ていると
一番前の座席に座っていた乗客に向かって

「その席を譲ってあげてください」

ポカンとした状況のなか、
座っていた気の弱そうな乗客は済まなそうに立ち上がり
視覚障がい者の方は御礼を言いながら着席
駅員はホームに降りて
おしまい

乗客に向かって
席を譲ってください、
と面と向かっていう駅員は初めてみました

いわゆるシルバーシート席ではありません
駅出入口はホーム真ん中なのでこの席が近いわけではない
おまけに
座席が空いている次の各駅停車が
隣のホームに停まっているのです!

譲ってくださいと言っただけですけど
鉄道員が言えば
それはもう命令と同じ
この会社は座席指定有料席まで売り出しています
つまり座席は有料
優先席の精神が泣きます

もちろん
視覚障害者の方に何の落ち度はありません
この駅員の素晴らしい忖度?に
ただただ驚いてしまうだけ
次の各駅停車の空いている座席に案内するのが
当たり前だと思っていました

電車はそのまま目的地へ

視覚障がい者の方は自分で下車
ホームには別の駅員さんが待機していました
この駅も一番前が便利というわけではありません

う〜ん
もし私が
あの時あの座席に座っていた乗客だったら、
どうしていたでしょう
私はお人よしではないので・・・

私もそろそろ優先される年齢なんですけどネ(笑)

(いつものように、あくまで私の個人的感想です。う~ん)
スポンサーサイト



今日は「はいせん」の日。悲惨な戦争体験者は、いつも本音を語らない(泣)

「はいせん」と書くと、
いつもは廃線(廃線跡)の話ですけど、
今日は歴史の話。
だから、敗戦のこと。

8月15日は
終戦なんかじゃないよ。
ボロ負けの惨めな敗戦の日。
だけど、いまだにあの戦争には意義があったんだ、なんていう偽善者たちは
終戦記念日と言って讃えたがります。

記念日?
国鉄廃止20周年「記念」とかと、全く同じ感覚なのですね。

この時期になると、TV各局は風物詩のように
戦争特集番組を流します。
戦争体験を風化させない、ということは重要ですから、
番組の内容の出来はともかく、
そういう番組を報道することには多少の意義があるのかもしれません。
(視聴率がとれるのかは疑問)

歴史好きの私は、こういう番組はとりあえず見ます。

いつも思うのですが、
日本の戦争体験者の語る戦争のハナシと言うのは、
一番知りたいことを常に避けているのです。

あの戦争で、
必要以上に戦争被害が拡大してしまったのは何故でしょう。

答えは簡単。
国のために死ね。
降伏を認めない、死ぬまで闘え、戦争は理屈ではなく精神力である。
という有難い狂気の思想の押し付けのおかげです。

都市空襲や原爆のせいで甚大な被害者が出たのは、
そのアホウな考えのおかげでダラダラと戦争を続けたからです。

そして、
この考えを押し付けたのは、
なにもA級戦犯だけではなくて、
軍隊の中で、ご近所の中で、職場の中で、学校の中で
フツーの人々が平気で、そして正気で
狂気の押し付けを他人にしていました。

降伏をした時、あの狂気を押し付けたフツーの人々はいったい何を考えていたのですかね?

他人に殉職を強要しておきながら、どうしてオメオメと生き残ったのでしょう。
本来なら、何十万という日本人が腹を切っているはずなのに。
どうして誰も死なないの?

終戦TV番組の中に登場する、
悲惨な戦争の体験者といわれる人々。
狂気の犠牲となりながらも、なんとか生き延びた人たち。
彼らは、
どうして狂気を押しつけた者たちへの怒りをあらわにしないのでしょう?
どうして本音を語らないの?


戦争体験者の語る戦争の真実は、それは悲惨なものです。
でも、だれも生き延びた後で、狂気を押し付けた者への怒りをぶちまけることはしないのです。
実に寛大なのです。
だから、戦争の悲惨さまで寛大になってしまいます。

バカな政府がやっと降伏してくれて、命からがら生き延びた兵隊さんたち。
彼らはきっと知りたかったハズです。
日本に残って、最前線を指揮していたエライ人々。
その口車に乗って、他人の戦意高揚を煽っていたフツーの狂気の人々。
他人には特攻とか玉砕を名誉だと押し付けた人々。

安全な場所で、自分達に狂気を押し付けた人々は、
降伏の瞬間、いったいどんな崇高な死に方をしたのでしょう。
それを知るのが楽しみだったのではないでしょうか?

なんとか日本に辿り着いたとき、兵隊さんたちは違和感を覚えたはずです。
誰も自決していないのです。
(ほんの一握りの人が自殺したらしいけど)

おまけに、戦争遂行の神輿であった王様まで、
ちゃっかり敵と握手をして、そのまま居座っているのです。

そんなものを見て
なんとも思わなかったの?
どうして本音を語らないの?

なんとも思わないお人好したちが、そのまま戦争体験者になっているわけです。

肝心なことは、何も言いう勇気がない。

戦争で悲惨な死を遂げた同僚に対して、罪悪感を感じたでしょうね。
きっとその卑屈さが、、
あの戦争は意義があったのだ、
死んだ兵士は皆英雄なんだ、
という英雄神社崇拝に結びつけるのでしょうね。

本音を語らない戦争体験なんて、聞くに値しないです(泣)

もっとも、語っているのにマスコミが映倫カットしているのかもしれません。
本音を話すと、禁忌の発言として、ヤミに葬られるのかも。

こんな戦争体験なら、
戦争の悲惨さを伝えるのは、映像だけで十分かも知れません。
その方がいいかも。

マスコミの、戦争体験者や被害者に対する無意味な遠慮も腹立たしいです。
誰もアノ戦争が、全く無駄で、その戦死には何の価値もない、
とは言いません。

そういうくだらない配慮が、戦争体験を歪めているんだよ。

ひょっとしたら。
全ての戦争体験者がいなくなった時、
遠慮なく、あの戦争の本当の悲惨さが本音で語れるようになるのかもしれません。

(この国では、やっぱり無理かな?)

やっぱり。
はいせんの日くらい、本音を語ってほしいですね。残念(泣)

失礼ながら、
戦争体験者の皆様は、もういいお歳。
もう、本音を語ってもいいんじゃないの?
禁忌を犯してもいいんじゃないの?

それが惨めな無意味な死に方をした戦友さんへの供養のはずですよ(真面目)

自慢じゃないけど。
私はいつでも本音で書いていますよ。
禁忌なんか、気にしませーん。

日本線路党です。よろしくお願いいたします。(公約も作ったよ~、笑)

イメージ 1

民主主義が大好きです。ホントです。
だから、選挙だけは必ず行くのですけど、
政治を任せたくなるような政党があったためしはありません(泣)

なんのために投票に行くのかよく分からんのですが、
民主主義を守るため、
国民の義務と権利を行使するため、とりあえず、行きます。
必ず行きます。
そして、いつも不本意な政党を選ばねばならないのです。
だって、いつも選択肢がないのですから(泣)

このままではイケナイ。
なんとかせねば・・・


そうです!
気に入った政党がなかったら、自分で作ればいいのです。
これが民主主義の原点のハズです。

ということで、
勝手に新党を作ってみました。

日本線路党です(笑)

公共性に優れ、安全で高速大量輸送を行う「線路」のような美しい国、日本を目指します!
抽象的な美しさなんか不要ですね。


選挙といえば公約です(笑)

公約1:国土の均衡のとれた発展は止めます。
廃村(廃町?、廃市?)を奨励します。

線路が維持できないような過疎地に、無用なインフラ投資はしません。

集団で居住するから経済的なインフラ整備ができるのです。
過疎地に住むのは自由ですが、無駄な投資は行わない。
もちろん、都市部への移住の奨励と援助は当然です。

廃村をすすめれば、効率的な公共投資が行えます。
税金は、国民を移住させるための支援に使います。
もちろん、どこに住むのも自由ですよ。
だけど「ふるさと」と唱えれば皆が涙する、そんな浪花節は捨てます。

農業が廃れ、食糧自給ができなくなる?
企業経営が導入されれば、すぐに解決しますよ(たぶん)。
サラリーマン化を嫌う人々を優遇する農政は止めます。


公約2:経済性無視のローカル線は即時廃止。
どんどん公共バスに転換します。
(でも、線路だけは残してね、泣)
公共バスを優遇します。
自家用車を制限すれば、渋滞によるバスの欠点はなくなります。


公約3:自家用車の利用を制限します。
身体障害者以外の私的利用を制限するため、自家用車の保有税を10倍にします。
交通規則の厳罰強化。駐車違反なんか即時免許取り消し。
歩行者に危害を加えたら懲役刑。
車による人殺しは当然死刑。飲酒の有無なんか関係なし(笑)

これで環境問題まで解決できちゃいます。
一石二鳥だ!(笑)


公約4:トラック運転士の資格を厳しくします。
トラックは物流の要。これはもはや仕方ない。
交通ルール遵守のため・・・(何をすればいいのかな?)


公約5:人間の数を増やしません。
エネルギー文明を享受しながら人間の数を増やし続けるのは狂気の沙汰。
国民の数、納税者の数が増え続けることを前提とした社会秩序の維持は止めます。

生まれて増えてしまったものは仕方ないけど。
宇宙コロニーなんか作りません(笑)

せっかくの少子化です。
人間の数を適正にする、天が与えたチャンスです。
戦争以外の理由で人口を抑制した理想国家として、歴史的に讃えられるでしょう(笑)

エコロジーと念仏を唱えて人間の数を増やし続けるか?
人間の数そのものを減らすべきか?
どちらがまともな考えでしょう?

日本の人口なんて、百万人くらいが適切ではないですか?


公約6:憲法9条の精神でゴマカシます。
人口を減らしたら、
国際競争力が維持できないのは当たり前(笑)
だから、この理想論を世界中に広めるのです。
世界規模で自家用車を制限して、人間の数を抑制できれば、大丈夫です(笑)

これは憲法9条を守っていれば日本は平和だという崇高な理論と同じです。
世界中の国家に憲法9条の理論を広めなければイケナイ。
そうすれば日本は安泰。
だから9条さえ維持していれば大丈夫。

人口問題も同じですよ(笑)
世界中にエコロジーという神風も吹いているし。


おまけ。
人気取りのための公約:青春18切符を通年販売にします。

もとい、販売していただけるよう民間会社にお願いします。
政治が介入してはイケマセン(笑)
議員のグリーン者利用特権の廃止と交換でいかがでしょうか?


なんか、思いつきで書いたから、今日はこれくらい。


苦しい公約だなぁ(泣)
線路は大好きなのですけど、
意味のない線路ほど楽しいのですけど、
政治家というのは、自分の利権を捨てて、
合理的な判断が出来なくちゃイケナイはずです。



日本線路党です。
よろしくお願いします。


さて、
選挙活動と思ったら、
とっくに立候補は締め切られていました(笑)
残念ながら、今回の投票には間に合いませんでした・・・、残念。

めげずに、
次の衆議院選挙戦に備えて、次はマニュフェストを整備します。
公約とマニュフェストって、どう違うんだろう?(そのレベルですけど、笑)

民主主義を守ります!
だって、これ以上の政治形態を思いつきませんから。
これでも人類の歴史上、最良の形態のハズです(笑)
運用している人間に問題があるのですよね、たぶん。
私が歴史の勉強を通じて学んだことです。



一番大事な公約を忘れていました。

王様制度を即時廃止します。
これは民主主義には必要ありません。
参議院と同じくらい、それ以上に必要アリマセン(怒)

柏崎駅に古い寝台列車を並べてください・・・(公共交通は何か出来ないのかな?)

台風とか地震とか、困った話ばかりです。

というか、あの青海川駅の土砂崩れを見ると気が滅入りますね。



以下は、不謹慎でしたらゴメンナサイと前置きした上での話。


地震で自宅を被害が受けると、
自家用車の中で暮らす人が多いそうです。
避難所の収容能力が小さいし、プライバシーが守れないから。


私は、
自家用車嫌い、
自家用車を使う人間が大嫌い。

だから、ちょっと複雑な気持ちです。
自家用車の中なら安全なんだ。
公道の上に、堂々と自分達だけのスペースを確保できるのです。
それは、災害時でなくてもそうなのですけど・・・。

そんなものは毅然として所有しない人は、
私も含めて災害時は困るかも(泣)

なんか悔しい。
公共交通は、何か出来ないのかなぁ・・・?


あの柏崎駅構内に広がる美しい線路たち。
あそこに古い寝台電車や寝台客車を運んでこれたら、
かなり大人数を収容できるんじゃないかな?

なんて、くだらないことを考えてしまいました。

だめでしょうねぇ?

「原爆は仕方ない」は、それほどヒドイ発言なの?感情論よりマシなのでは?(王様の罪を問わない人に、アメリカを非難できるの?)

日本には、禁忌の言葉があるみたい。
「原爆は仕方なかった」は、その種の言葉らしいです。

あまり政治向きのことは記事にしても面白くないのですが、
どうしても、何か書かないと気が済まないのでみたいなので。
だって、マスコミが伝える「感情」論が、どうしても納得いかないから・・・

あの「原爆は仕方なかった」発言は、発言者の人格が否定されるほど酷いことなのかな。

「仕方ない」という言葉は、起きてしまった過ちを総括する、
とっても便利な日本語の常套用語だと思っていたのですが。

「仕方ない」は、原爆を肯定しているわけではないのに。
仕方ない、という表現はそれほどイケナイのかな。

口にしてはいけない言葉。
恐るべき禁忌の言葉。

原爆被害は、とにかく「絶対」なのですね。
被害者感情は理屈抜きに最も保護される最優先事項。
これでは、被爆被害の実態も伝わらないのでは(泣)

TVによると、
あの発言は、悲しい歴史を全く認識していないからだそうです。

悲しい歴史というのは、
身勝手な戦争を起こした日本が、他国民を多数殺害したことでしょ?。

その報復攻撃を受けて、あっけなく惨めに敗戦。
というのは、歴史のオマケのはず。

日本のせいで殺された
多くの人間のことは、コロっと忘れて、
日本があの戦争の被害者のように考えるマスコミが言うことは、正しい歴史なの?

もちろん「原爆」は絶対悪です。
核兵器の行使は絶対に避けなければならない。
核の使用は、人類の破滅。

被爆体験を世界に伝えることは、
核兵器を再度使えば、何が起きるかを如実に物語り、
後世の抑止につながる素晴らしいことですけど。

被害者感情と歴史認識は、本来別物でしょ?

被害者感情に配慮というけど。
戦争で殺されることは、原爆も、フツーの爆弾でも、同じでしょ。
悲惨なことに、区別はないはずなのに。
もちろん。悲惨なのは加害者側ではなくて、戦争被害者側の国民のハズです。

もちろん、
あの大臣はバカだと思います(笑)
多くの日本人にとって、触れて欲しくない恥ずかしい話なのに。
だから、あの発言を支持するつもりなんか毛頭ありません。

原爆は被害者ですけど、
それの原因を作ったのは、自分達ですから(泣)
恥ずかしいから、あまり触れて欲しくありません。

それ以上にバカだと思うのが、
あの発言に対するマスコミの反応。
感情が理屈に優先するんだね、
一方的に。

感情的な非難に比べれば、
「仕方ない」発言の方がよっぽどマシかもしれない。


だいたい、
戦争を早期に終わらせるために、アメリカは何をすればよかったの?

原爆仕方ない発言に怒る人の論拠に立てば、

あくまでも、罪のない日本国民を殺さず、
戦争遂行責任者を見つけて、ピンポイントで殺害する。
というところでしょうか?
イラク戦争みたいですね(笑)

ところが、
あの戦争の遂行責任者は、
戦後全く非難されず、ずうずうしく王座に居座ります。
おまけに原爆被災地に出かけて、被爆者たちから歓迎されたそうです。
私にはワケがワカリマセン。

そんな王様をあがめている人々に、
原爆を落としたアメリカ人を非難する資格なんかあるのかな?

私の歴史認識では、
王様の寄生虫達が、王様制度を守りたいから敗戦を受け入れることが出来ず、
原爆が投下されてしまったのではないですか?
それでも王様に原爆の責任はないの?

-----

「女は子供を生む道具」とか
「子供を生むことが健全」など、
現代社会のルールに明らかに反することは、
ゴメンナサイ、で済んじゃう国なのに。
「仕方ない」を非難する根拠はなんなの?タダの感情論?

「仕方ない」について、多くの常識的?な人は、
本当はどう思っているのでしょう。
みんな、マスコミが扇動する感情論に大賛成なのかなぁ??

ぶっちゃけた話、
わざわざ大臣が言う必要は全くない話だと思いますけどね(やっぱりバカだ、悲)
加害者側の敗戦国民として恥ずかしい歴史なのですから。
だから、禁忌の言葉なのかな?


鉄道に関係ない話でゴメンナサーイ(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR