FC2ブログ

1988年ヨーロッパ鉄道三昧の旅最終回、イタリア、フランス編(TGVは眠くなるのでありました・・・)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

1988年5月3日
スイスのルツェルンから、一気に南下、
アルプスをトンネルでぶち抜いて、イタリア北部に出ます。

残念ながら、雨。
この日のスイス国内の車窓は、ほとんど覚えていません。
写真も残っていません。
雨で見えなかったのか、
トンネルだらけだったのか、
疲れて寝ていたのか・・・?

長大トンネルに入ります。
その入り口が、昨日その上を通ったアンデルマットです。
偉大なスイス鉄道の十字路ですね。


イタリア側に抜けると、晴れていました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_6?-1

車窓は、なんとなく日本の田舎に近い感じ。

車内にイタリアンチンピラ?みたいなのが現れ、ちょっと不気味。
こういうとき、コンパートメントというのは密室だから、余計怖いですね(汗)


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_7?-1

ミラノ駅到着。
乗り継ぎの時間が少しあったのですが、
いきなり同行のA氏が、
駅の中で「買い物をする」と言い出しました。
まぁ、ここまでこちらの勝手にさせていただいたので、どうぞ。

なにやら国際電話をかけながら、ファッション雑誌を大量に買い込んでいます。
そんな趣味、あったの?

旅を再開。
列車に乗って、ついに地中海に出ました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_0?-1

海まで迫る岩塊にトンネルをくりぬいた駅が作られています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_1?-1

ここの海岸線もトーマスクック編集部推薦ベスト10のひとつなのです。

でも
海岸の景色でいえば、日本も捨てたものじゃないよ。

海岸線を西へ。
国境の駅で途中下車、駅の中で歩いて国境を越えます。
ここも物価が安くて良さそうな街なのですが、
どうもイタリアは治安が心配だなぁ

結局、フランスのNICE(ニース)まで行きました。
ここでホテルを捜して宿泊。

地中海の海岸線を歩いてみました。
有名な保養地のはずです。
でも、男ふたりじゃ、絵にならないですねぇ(笑)


5月4日。
ニースからTOULONへ。
ここから、TGVで一気にパリです。

TGVは予約チケットが必要。
これが窓口ではなく自販機なのです。
買い方が分からず、ひと苦労。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_2?-1

まだ、TGVが運行して間もない頃。
日本の新幹線より速いんだぞ、と威張っていたような気がします。

今はどっちが速いんだか、あんまり興味なし。
個人的には、在来線もそのまま直通して走れるTGVの方がエライに決まってます。
線路好きなら、線路を大事にする方の勝ち!(笑)

さて、
TGVは速かったです。
でも、平地をただひたすら一直線。
山もなければ、川もありません。
全く単調な車窓で、タイクツ・・・(寝ちゃった、泣)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_3?-1

パリ、リヨン駅に無事到着。

駅そばの安いホテルに投宿。

夜のパリに繰り出しました。
はじめ、地下鉄の乗り方が分からず、またひと苦労。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_4?-1

パリの地下鉄ってゴムタイヤだったんだ。
今、改めて写真を見て知りました(笑)

凱旋門とか、シャンゼリゼ通りとか。
ただ、日本人団体ばかり目立ちました・・・


5月5日。帰国の日。
飛行機出発まで時間が少しあるので、
ノートルダム寺院を見学したくなりました。

ノード駅(北駅)まで移動。入国の時の駅ですね。
この駅で荷物を預けていこうとしたら、コインロッカーが見つかりません・・・

止む無く、荷物をしょったまま、ノートルダム寺院の尖塔にチャレンジ。
荷物というのはバックパッカー用の大きなリュックです。
こんなもの担いで、塔の上まで狭い螺旋階段を登ったのです!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46676928_5?-1

途中、子供の団体さんとすれ違い、大変でした(笑)
変な日本人でゴメンネ~

塔の上からの眺めは見事。
重たいもの担いで、登ってきてよかった。

この時から、私は教会の塔を見ると、必ず登るようになりました(笑)


少しゆっくりし過ぎました。
ド・ゴール空港まで急ぎます!


なんとか間に合い、
大韓航空、ソウル経由で、二人とも無事帰国いたしました。
メデタシメデタシ。

これにて、1988年のヨーロッパ鉄道三昧の旅、完結。
どういうルートを辿ったのか、20年ぶりに思いだしました(笑)

ご愛読ありがとうございます。
次回から「歴史」はまた日本にもどります。



ところで、
このA氏。

帰国後すぐに、
「俺は結婚する」
と言い出しました。ビックリ。

ミラノで。
あの時、ファッション誌を買い漁っていたのは、彼女へのプレゼントだったらしいです。
あんなもの、喜ばれたのかなぁ?
ふつう、なにか商品を買うのではないかい?(笑)

あの旅は、
どうやら、イタリア新婚旅行の予行練習のつもりだったみたいです
どうりでイタリアに行きたがった訳だ(笑)



う~む。
私もそろそろ、結婚するかなぁ、
と少し思ったりしました(笑)
スポンサーサイト



1988年ヨーロッパ鉄道三昧の旅4、スイス編(いろんな線路が楽しめます、氷河急行だけじゃないよ!)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

1988年5月1日。旅の続きです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_0?-1

オーストリアのインスブルグから国際列車でスイスに入ります。
なかなかの長大編成。

イン川にそって、アルプスの山々を見ながらの楽しい旅。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_1?-1

スイスに入国。
機関車のマークも変わります。
オーストリア国鉄(左)とスイス国鉄(右)の電気機関車のツーショット♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_2?-1

カワイイ入替用電気機関車も大活躍
Gゲージの鉄道模型みたい。
(このタイプ、ウチのベランダ鉄道にも、ちょっと欲しいなぁ)

スイスは鉄道王国。
国鉄のみならず、私鉄も発達しています。
有名な登山鉄道以外にも、山岳地帯の街を結ぶ私鉄がいくつかあります。

あの有名な氷河急行というのは
西のサンモリッツから、東のツェルマットまで、
3つの私鉄(A、B、C)を乗り入れて走ります。
ただし軌間(ゲージ)は1m。国鉄より、だいぶ狭い。
3社とも同じゲージなので、乗り換えなしで直通できるということですね。

でも、スゴイ観光向けなので、混んでるし、指定席券とか必要だし・・・
おまけに日本人団体だらけ?

ここは、氷河急行のルートを、普通列車で行きましょう!(笑)
車窓の景色は同じだよ。

スイスに入り、国鉄区間はCHUR(クール)まで。

ここから、私鉄Aです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_3?-1

さっそく、素晴らしい光景。三線区間。
スイスは鉄道貨物が発達しています。
ゲージが違っても、乗り入れできる仕組みがあります。

長い三線区間は、沿線の工場への貨物線でした。
貨物は国鉄の広いゲージにあわせてあります。
そうすれば、そのままヨーロッパ中に輸送できます。

いいなぁ。
日本では、京急の味の素貨物線くらいでした(今は無い・・・)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_4?-1

これまた長大編成の客車に乗って、西へ。
ここは私鉄区間なのに、なぜかユーレイルパスでOK(車掌が間違えたの?)

本日は、この私鉄Aの終点、DISENTISという駅まで。
全く聞いたことのない町なのですが。
この先には、本日はもう列車はありません。

とりあえず、今日はこの山の中の街で宿泊。
駅前にロッジ風のホテルもたくさんあるし。

と思ったら、
どこも休業中!

そうです。ここはスキーの街なのです。
5月上旬は、どこも休業。
かなり焦りました。

なんとか、1軒だけ営業していまして、
そこにもぐりこみました。
お客は、私たちだけ(笑)

そこで、スイス名物のチーズフォンデユというものを初めて食べてみました。
味は。まぁ、いい経験ですね(笑)


5月2日。
私鉄Bに乗ります。
ここがF0という会社。
フルカオーバーアルプ鉄道。
ラックレールを使って、アルプス越え。
さすがに、ユーレイルパスは使えなかった(泣)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_5?-1

ここの列車は、電気機関車+客車ですが。
電気機関車が後ろについて、客車を押すのです。
運転席は、客車側に付いています。
なんか、変な感じ。

おまけに、後ろに車運搬車両がちょこんと連結されています。
生意気な自家用車だけど、ちょっと、カワイイ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_6?-1

雪が残ります。
でも、そんなに寒くない。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_7?-1

なんと、車内はガラガラ。ほとんど貸切状態。
窓を開けて、アルプス越えを満喫。
普通列車ならではです。
こんなこと、氷河急行じゃできませんよ(笑)

もっとも、二人で窓から顔を出していたら、
A氏が「顔に水がきた!なんだこれ!?」
と騒ぎ出しました。
「これ、列車トイレのお○っこだよぉ!」

気にしない、気にしない。
楽しいんだから♪


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_8?-1

アンデルマット。
ここは、アルプスを南北に貫く鉄道トンネルと
クロスする駅として有名。
真下に、駅構内がレイアウトのように眺めることができます。

私鉄線も長いトンネルに入ります。
その前後に、自動車運搬専用列車が設定されています。
かなり長い編成。
これも乗ってみたいけど、自家用車は嫌いだし(笑)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_9?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_10?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_11?-1

こういうトンネルが2箇所くらいあります。

BRIG(ブリック)到着。
ここで、氷河急行は私鉄BからCに入りますが
こちらは、アルプスを離れ、北へ。

インターラーケンに向かいます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_13?-1

トゥーン湖が本当にきれい。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_12?-1

途中で、またも素晴らしいもの発見。
なんと貨車が貨車の上に乗っています!
ゲージの違いを見事に克服しています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_14?-1

小さい貨車のうえに、大きい貨車が乗っているのが滑稽でイイですね(笑)

ルツェルン駅到着。
今日は、ここに宿泊。

ここでちょっと観光。
カペル橋が名物。とても古い木造の橋。屋根つき。(数年後、火災で消失)
氷河公園。甌穴を見ました~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46639066_15?-1

ルツェルン鉄道博物館。
もう、閉まっていました。
でも、鉄道駅からこの博物館まで、ひょろひょろと専用線がのびているのです。
1キロ以上はあったかな。
私はこちらに感動!
やっぱり、鉄道博物館は鉄道とつながっていなくちゃね♪


やっぱりスイスの鉄道は最高です。
私鉄の運賃が高いのがタマにキズですけど(泣)

一番感動したのは、
貨車のうえに、ゲージの違う貨車を載せるシステム。
私はここ以外では見たことがありません。世界唯一?
今でもあるのかなぁ?

次回、最終回の予定

1988年ヨーロッパ鉄道三昧の旅3、西ドイツ・オーストリア編(トーマスクック編集長ベスト10の車窓を行く~)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

1988年4月30日
西ドイツのハンブルグ駅前の安ホテルから旅たち。
本日はトーマスクック編集部お勧め、車窓ベスト10のひとつ、
ライン河の車窓です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_0?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_1?-1

まず、ケルンの街。
ここに入る直前に、ライン河?を大きな鉄橋でわたります。
この鉄橋がカッコイイのです。
そして、駅舎の向こうに、駅前教会の大きな2つの尖塔が見えてきます。
車窓のみですが、ケルンの街、いい雰囲気ですね~

ここから、有名なライン河沿いを走ります。
いいですね~
日本でも、川沿いの路線は数多くありますけど、基本的に山の中の渓谷を縫う感じ。
ここは、だだっ広い平野を流れるライン河に沿って走ります。
もちろん、少し小高い丘はありますけど、
そこには「古城」が建っているんですね~。感動。

有名な大河です。
航路としても重要な場所で、船がたくさん走っています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_2?-1

「世界3大がっかり」の有力候補のひとつ、ローレライです。
ただの崖?

ライン河下りの船もいます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_3?-1

驚きなのは、対岸にも立派な複線の鉄道が走っているのです!
列車が走るのを見ることが出来ます。すごいなぁ。
いかに、このライン河が西ドイツの、
ヨーロッパの重要な動脈かが分かりますね。
ミュンヘンに到着。
今日はここまで。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_9?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_4?-1

ちょっとカワイイ♪

駅そばの安ホテルに宿泊。
ミュンヘンといえばビールです。
有名なビアホールに行ってみました。
味は・・・
まぁ、雰囲気ですね(笑)

酔っ払ってホテルにもどると。
A氏が、部屋の窓ガラスに小さな穴が開いているのを発見。
これって、銃弾が貫通したあとじゃないの!?
何時、撃たれたものかは不明ですが・・・
ちょっとビビリましたが、もうあとの祭り。
寝るしかない!?


5月1日。
今日は、トーマスクック編集長が、特にイチ押しらしい区間を乗車します。
ミュンヘンから、ガーミッシュを経て、オーストリアのインスブルクまで。
ローカル線ですが、一応国際列車なのです(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_5?-1

西ドイツの列車。
車輌はガラガラ。
窓を開けて景色を楽しみます。
雪山がいいですね~!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_6?-1

いつの間にやら、オーストリアの列車。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_7?-1

この路線の圧巻は、
山を一気に下って、インスブルクの街に下りていくシーン。
長時間、大パノラマを楽しめます。
日本で言えば、よりスケールの大きい善光寺平かな?
ちょっと、この写真ではお伝えできません(泣)


西ドイツを出て、オーストリアに入国しました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46592228_8?-1

インスブルクにて
乗り継ぎの時間待ちを利用して、街を散策。
間近に白銀の山がそびえる、本当に美しい街です。
こんどユックリしたいなぁ

ここから西へ、スイスに向かいます。
次回は、私鉄王国スイス編です。

1988年ヨーロッパ鉄道三昧の旅2、デンマーク編(列車航送!列車に乗ったまま連絡船に乗っちゃいます!デンマーク国鉄最高です!)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_0?-1

1988年4月29日、早朝。
コペンハーゲン行き国際夜行特急列車の
コンパートメント(1等ですけど自由席です、笑)で目が覚めました。

よかった。
まだ西ドイツ国内です(たぶん)。
国境の駅。
と言っても、この先はバルト海です。

この海は、連絡船で渡ります。
しかも、乗ってきた列車ごと!

眠くて暗くてよくワカリマセンが、するっと船の中へ!
船の中で、車両から降りることができます。
さっそく船の車両甲板を見学。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_1?-1

船の中にも、美しい線路がひかれています。
感動モノです。
おや、トラックもいます。
鉄道車両を積み込んで、あまったスペースに乗せてあげるのですね。


船の中で、軽い朝ごはん。
ドイツ~デンマーク国際連絡船ですから、両替も出来ます。
早朝で、海がまだ暗いのが残念。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_2?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_3?-1

デンマーク側に着きます。
するっと、車両は引き出されていきます。
面白いのは、鉄道以外の一般客もあわせて降りだすこと。
車両のすぐ脇を、デンマークのオバサンが歩いて下船していきます。
あぶないよ(笑)

列車は、コペンハーゲンまで走り抜けます。
あまりに平坦で、特に印象無し。

ちょっと地理の勉強。
「デンマーク」
この国は、ユトランド半島という大陸につながった部分と、いくつかの大きな島から成り立ちます。
首都コペンハーゲンは大きな島(シェラン島)にあります。
この島はスカンジナビア半島のスウェーデンにも近いです。

ですから、航路が発達しています。
鉄道車両を連絡船でそのまま運んじゃう、なんて、お手のもの。
専門用語で列車航送とか、客車航送というらしいです
確か、当時3区間以上あったと思います。
ドイツ本土とシェラン島の間
シェラン島とスウェーデンの間
シェラン島と西にあるフュン島の間

パリから、デンマークを経て、スウェーデンに至る国際列車がありました。
これはデンマークの前後で、連絡船に2回乗ったわけですね。楽しい~

さて、
コペンハーゲンで少し時間がありまして。
駅の近くにある、有名な「人魚姫」の像を見に行きました。
早朝なのでバスがなく、歩きます。

有名な像だと思うのですが。
ものすごい意外な場所に、
ポツン
と、いらっしゃいました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_4?-1

人魚姫、どこにいるか分かります?



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_10?-1

あまりにも人魚姫のイメージとはかけ離れた、工場地帯丸見えの海岸。

これはこれで有名らしいです。
「世界3大がっかり」のひとつらしいです(笑)

ちなみに、他には
シンガポールのマー・ライオン
ベルギーの小便小僧
シドニーのオペラハウス
ドイツのローレライ
などが「がっかり」に挙げられるそうです


ちょっとした市内観光を楽しんだ後、
コペンハーゲンから、ユトランド半島に向かいます。
先ほど来た線路を、少しもどる形で、
今度は、シェラン島からフェン島まで、一気に西へ。
またも列車に乗ったまま連絡船に乗れます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_5?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_6?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_7?-1

これも楽しいよ~
連絡船の中に、小さなDLが車両を小まめに出し入れするのが見ものです。

早朝と違って、昼の海はきれいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_11?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_12?-1

無事、フェン島に着きました。
再び、列車の出し入れショーです。

このフェン島とユトランド半島とは架橋があります。

ローカル線の小さな車両に乗り換えます。

今度は南へ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_8?-1

途中、スゴイ鉄橋がありました。
あわてて、過ぎてから写真撮影しましたけど。
後で調べたら、何でも由緒ある鉄橋だったそうです。

ローカル線で、西ドイツとの国境駅に出ます。
ここからも小さなローカル線で、ハンブルグに到着。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46562310_9?-1

なんか、骨董品のような気動車。

実は、今日の早朝、この駅を通っています。
この駅を起点に、デンマークを鉄道でグルリと一周してきたのですね(笑)

ハンブルグ駅そばのホテルに泊まりました。
ちょっと、夜が怖い街だったことだけ覚えています。

次は、西ドイツ国内を一気に南下します!


ところで、
この列車航送。
デンマーク以外では、イタリア南部とシチリア島を結ぶ連絡船にも健在です。
こちらは未だ乗ったことないけど。

でも近年、シェラン島からフェン島まで海底トンネルが出来てしまいました。
島から島へ、快適な鉄道の旅が出来るそうです。
大陸との間の連絡船の方はどうなっているのかなぁ
手許にトーマスクックがないので、ワカリマセン(泣)

日本の青函連絡船も、昔は列車を載せていたそうですが・・・
洞爺丸事件という海難事故のあと、何故か列車を乗せるのを止めちゃったらしいですね、
もちろん、その連絡船自体がもうありませんけど

えらいぞ、デンマーク国鉄!
だって、列車に乗ったまま、船で海を渡っているのです
線路は続くよ、海の先まで、どこまでも♪

1988年ヨーロッパ鉄道三昧の旅1、フランス・ベルギ-・オランダ編(ひたすら線路巡礼の旅を回顧します)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

線路巡礼の歴史。
いよいよ海外線路巡礼第2弾。
1988年、ヨーロッパ編です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_7?-1

電車乗りまくりだったので、きちんとした記録が乏しく、
これまた、当時の巡礼の軌跡を把握するのに苦労しました。

この年のGWは並びが良かったらしいです。
ヨーロッパに鉄道乗りに行きたくなりました。
前年、初めての海外個人旅行(アメリカ横断)がうまく行ったせいか、
急に海外旅行スイッチが入ってしまいました♪
今回は、勉強して、すべて自分で手配してみます。
ホテルも全て現地調達。
完全個人旅行ですね。
いつもの参考書「地球の歩き方」によると
安く上げるには2人旅がいいらしい
ホテルは部屋売りですからね。

幸い、同期入社のA氏を誘ったら、行きたいとの返事。
このA氏は、入社早々の頃、一緒に関西私鉄めぐりをした仲です。
旅行行程は、全て私に一任ということで(笑)

ヨーロッパの鉄道。
トーマスクックの海外時刻表を読みだすと、
あれもこれも行きたいところだらけです(笑)
乗ってみたい国際列車のオンパレード

キリが無いので、
トーマスクック時刻表編集部長オススメの路線ベスト10というのがあって、
それを参考に行程を組むことにしました。

当時の格安航空券の代名詞、
大韓航空パリ往復チケットと、
ヨーロッパ鉄道の旅の必需品、ユーレイルパスを購入して、
いざ、欧州線路巡礼の始まりです。

88年4月28日
大韓航空ですから、ソウル乗り換えで
パリ、ドゴール空港着(成田発は4月27日)

預けた荷物がなかなか出てこなくてあせりました。
(バックパッカー用の巨大リュックは、スーツケースに比べて厄介な預け荷物だったみたい)

パリ・ノード駅(北駅)まで郊外電車に乗って、急いで移動。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_1?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_0?-1

ヨーロッパは電車ではなく客車中心なので、
駅構内は素敵な電気機関車だらけ♪
座席も確保して、それではGO!


パリ発の国際列車は、一路北へ。
ベルギーを抜け、
一気にオランダへ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_3?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_4?-1

快適な車内。
車窓には前衛的?な建築物やチューリップ畑が広がり、平地を走っているのに飽きません。

今回の旅は、電車に乗ること優先(笑)なので、
乗り換えのちょっとした時間を
観光に充てます。
忙しいなぁ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_2?-1

乗り換えは、オランダの名物列車。
通称、犬の鼻(だったかな?)

オランダ。
デン・ハーグという都市にある
「マダローダム」
ミニチュアの街ということで、日本の小学生向け雑誌で紹介されたことを鮮明に覚えており
今回の訪問となりました。
(たぶん、学研の「科学」と「学習」だと思います。子供の頃の記憶、恐るべし(笑))

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_6?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488730/img_1488730_46495543_5?-1

正直言って、考えていたものにくらべると
ちょっと全体のスケールは小さかったみたいですが・・・
それでも、よく出来ています。
オランダの街がそのままジオラマになりました、という感じ。
大型鉄道模型のジオラマの中を歩いている、という雰囲気。
出来てから、かなり経っているはずですが、
雨の日にもかかわらず、お客が多かったです。
今考えてみると、あの東武日光ワールドスクエアは、これのパクリでしょうか?(笑)

この日は、コペンハーゲン行きの国際夜行列車に乗る予定です。
かなりギリギリの時間で郊外電車を乗り継いで、この夜行列車に途中駅から乗り込みます。
予想外に混んでおり(編成が短かった)、
なんとか、コンパートメントに相席でもぐりこみました。

今考えてみると、かなり無謀な計画だなぁ~
これが、初めてのヨーロッパに着いた日の夜のことですよ(笑)
先が心配?

国際夜行列車は、オランダを離れ、
深夜のドイツ(当時は西ドイツ)を駆け抜けて、
一路、デンマークに向かいます。

世界地図を見ると
あれ?
海があるぞ~!
続きは、次回。
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR