FC2ブログ

またも座間味6、最終回小ネタ編

座間味で3泊したのは、
阿真地区にある前回と同じ宿。
ロビンソン

今回は母屋じゃなくて、別館にしてもらいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/48536913.htmlこれは昨年の様子。
狭いことには替わりアリマセンが、ちゃんとした窓があります(笑)

イメージ 5

6畳。
お二人様で4日間。
いやぁ。二人とも小柄でよかった(笑)

イメージ 6

それでも二食付5千円は安いぞ。
料理は美味しいです。
だけど、なぜか沖縄料理はあまり出ないのね。不思議。

イメージ 1

ここで、お茶するのは楽しい。

イメージ 3

飼い犬の「ちゅら」
犬の扱いには慣れているつもりなので、
一度散歩に連れて行ってあげましたが、
なかなか「ウンチ」をしてくれません。
草むらを歩いて、さんざ薮蚊に刺されてしまいました。
よそ者だと思って、バカにしてるな。コイツめ。

宿のオーナーは実業家のようで。

イメージ 2

ヤギを買って来たそうです。
それも昨日。
ちょっと珍しい種類。
さらに陶芸の釜(→じゃなくて窯)も作っているのだとか。
宿の集客用なのかな?

今回も宿の女主人?にはお世話になりました。
本当に忙しく宿を切り盛りしています。
この女主人とオーナーの関係は謎です。
だって、ふたりとも年齢不詳なんだもん(笑)


今回も一軒しかない近くの商店に何度も行きました。

イメージ 4

ちょっと珍品。
沖縄限定
とらやのじーまーみビンピー

名前からは何だかワカリマセンが。
ビンの中にピーナツが入っています。それだけ。
注ぎながら食べるところが珍品?

意外とたくさん入っていて、いくら食べても減りません。
持ち帰って、まだ家で食べています。


-----

いろいろあった座間味ですが。

4日目。
15時発のフェリーで那覇に戻ります。
毎日晴れてくれて本当によかったですねぇ。


空港には、
搭乗の2時間以上前についてしまいました。
荷物が重たいから、ちょっと散歩はパス。

奥さんが、
沖縄でしか食べられないハンバーガー屋に入りたい、とのこと。

イメージ 7

A&Wという店の空港店。
ルートビア飲み放題です。

ハンバーガーは美味しかったけど、
このルートビアという奴は・・・
それでも悔しいから意地でオカワリしてしまいました。

帰りのスカイマークの機内にて。
調子悪い・・・
どうやらルートビア飲みすぎのせいみたい(泣)
あいかわらずバカですねぇ

スチュワーデスさんに飲み物をオネダリ。
小さなペットボトルの「お茶」をくれました。
後で全員配布もあったから、都合2本もらっちゃった(得した気分、笑)

経費節約の機内。
乗客サービスの飲料はすべて小さなペットボトル。
熱いコーヒーは飲めませんけど、
これって、いいアイデアですよね?
機内搭乗のときに一本ずつ配っちゃえば、もっと手間が省けるのに。

機内誌。
わざわざ新品を出してもらい、記念品に持ち帰りました。
だって来年は別の会社になっているかもしれませんよ。
貴重だ(笑)


帰宅後。
お風呂に入って、はじめて気がつきました。
全身がクラゲに刺された跡だらけ!
(座間味の宿はシャワーだけなので)

体が暖まると、赤いポツポツがハッキリするんです。
芸術的にポツポツだらけ!
おまけに痒くなってきました。

そんなわけで仕方なく、翌日は皮膚科へ・・・

どういうわけだか、
奥さんはあんまり刺されなかったみたい。


これにて、
2008年版、3度目の座間味の旅の記録はオシマイ。
天気予報は見事に外れて、
奥さんは目的達成!
二人でブクブク三昧を満喫できました!

でも。痒いの、まだ治らないんですよ。
クラゲのバカぁ!
スポンサーサイト



またも座間味5、ブクブク日記編(ウミガメも見たよ!。クラゲも見たよ!泣)

座間味で3泊4日。
毎日シュノーケルをくわえてました(笑)
それではブクブク日記。
(またの名をチクチク日記、泣)

今回も阿真地区にある前回と同じ宿。
着いた初日。
宿に荷物を置いて、
まず古座間味ビーチへ。
宿がレンタサイクルを無料で貸してくれたので、

イメージ 1

座間味港まで。気持ちいい~
ここから無料送迎バスがあるのです。
ちなみに、自転車にはカギがありません。狭い島の中だからイラナイんだって。

古座間味で、ちょっと泳ぎ始め。

イメージ 2

昨年(4月末)と違って、海水が冷たくな~い♪

だけど、
いましたよ。

泳いでいると、なんかチクチク。

クラゲです。
でも、小さくて見えないんだ。
まぁ、それでも当初は大したことないと思っていました。

現地の救護所で
「お酢」をかけてもらいました。
おお、気持ちいい!
(これは一時的に有効らしいです)

バス・自転車で宿にもどります。

この日はいい天気。
でも、問題は明日なんです。
降水確率80%!
前日でもやはり雨マークは変わらず・・・

----

翌日(6/14)

雨は降ってな~い!(笑)

宿の車で港まで送ってもらい(これはサービス)
そこから送迎バスで古座間味へ

さらに晴れてきましたよ!
さっそくテントの下の日陰を確保。
海岸の有料パラソルを使うという発想はない(笑)

今回用意した秘密兵器
デジカメ防水パックを初使用。
作品集は既に発表済み
まぁまぁですね。
海中で、キレイな魚を撮りたい、という欲求は満たすには十分かな?
操作が難しいのが難点。

午後は、
阿真ビーチに移動(送迎バス)
ちょっと曇ってきたので。
海岸でお昼寝。

一度、宿にもどって、
再度阿真ビーチへ(歩いて3分くらい)
持参したドーナツとスティックパンで
遅いランチにしましょう。

その前に、ちょっと海に入っていたら・・・

カラス来襲!
ドーナツの入った袋を持っていかれた!
石を投げたら、
スティックパンは落としていったけど・・・
ちょっと食べられませんね(グスン)

イメージ 3

やっぱり浜はビールですね。
正確には発砲酒。ヤドカリ付き。

----

3日目(6/15)

イメージ 5

朝の阿真ビーチ

イメージ 4

今日は対岸の無人島へ!
宿のボートで送迎してくれるのです。
これが阿真地区の宿の魅力かな。

無人島上陸。これも1年ぶり。
今日も良い天気。
ブクブク三昧!

無人島の海はサンゴが残っています。
でも、年々減っているみたい。
サカナの種類は豊富。飽きない。
9時から14時までいました。

無人島といっても常時10人くらい浜にいましたけど。
一番長居したのはウチでしょう(笑)

でも。無人島の浜にもしっかりクラゲはいました(泣)
お酢持ってくればよかった。


戻ってから
再び阿真ビーチを散歩していると。

ウミガメです!
首を出して、悠然と泳いでいます。
ウチの奥さん、こういうの見つけるの得意ですね(笑)
このビーチには4匹くらい生息していて、
朝と夕方、見えるらしい。
これを追っかけて潜っている客もいます。
ちょっと夕方は寒いから、明朝チャレンジしてみようかな?

----

そして4日目、最終日(6/15)
朝食前に、泳げる格好で阿真ビーチに行くと。

またもいました。
ウミガメです!

それ!ざっぶ~ん。
浜から泳いでウミガメを追いかけます。

イメージ 6

見つかりました!

イメージ 7

ウミガメは何度も見たことあるのですが、
こんな風に海底を歩いているのは初めてみました。
海草をむしゃむしゃ食べてました。
ちょっと感動。

朝飯前に海岸から見つけて一緒に泳げるなんて、スゴイでしょ?
(ちなみに阿真ビーチというのは、魚はほとんどいません。でもウミガメはいるんですね)

朝食後。
再び古座間味ビーチへ。

ブクブク、チクチク三昧ですぅ

デジカメ防水パックが最後の底力を発揮?
無事、浸水せずに役目を果たしました。

13時まで泳いで、
ブクブクし尽くしました。満足。

でも。
その時はあまり気にしなかったクラゲに刺された跡が、
その後タイヘンなことに。

ちなみに。
一週間経ったけど、まだ痒いよう(泣)

次回は小ネタ&帰宅編

またも座間味4、栄町市場編(那覇のお立ちよりはココ!)

暑いけど、那覇を歩くぞ~
目的地は栄町市場(牧志なんかじゃないよ)
栄町市場とは、
たぶん古い沖縄の雰囲気を一番残す場所。
座間味に初めて行った時(冬にクジラを見に行きました)、
宿の手伝いのクジラ監視係(?)の兄ちゃんが、異様に人見知りをする人だったのですが
ウチの奥さんがクジラを見つけてあげたら、
急に態度が豹変して
「那覇で時間があったら、絶対にここがオススメ」
と、わざわざ地図まで書いてくれました。
そんなワケありの場所なのです。
行ってみました。
そのときの感動は計り知れない(ホント)
それから那覇に行くたびに寄り道。
今回で4度目かな(5度目?)
モノレールで行くのなら安里駅が最寄り駅ですけど。
ウチは歩いちゃうんだな
だってせっかくコインロッカーに荷物を預けて身軽になったんだもん♪(笑)

途中の国際通りには目もくれず、
地図ももたずにテキトーに街中を歩きます。
モノレールを見ながら歩いていれば、迷うことはない(アレは目印として便利だ、笑)

モノレールはムダに曲がっていますから、
ちょいとまっすぐ歩けば、

イメージ 4

はい、栄町市場に到着。知らなければ、ちょっと分かりにくい場所。

イメージ 2


イメージ 1

行きつけの店があります。
そこで沖縄小料理をたくさん購入。

イメージ 3

古いアーケードの中は、何時来ても妙な雰囲気でいいですねぇ(笑)
とにかく安くて美味しい。
オススメです。
(もっとも野菜、特にゴーヤは本土の方が安いですけど)

とまりんにもどる途中。
こんな遺跡を発見。

イメージ 5

崇元寺。

イメージ 6

門の中は空き地状態ですけど、
樹木が亜熱帯らしくて、なかなかイイ感じ。

座間味行き。
今回は13時の高速船。
私はフェリーの方が安いから好きなんですけど。

この高速船が、また出航遅れ。
どうやらエンジン不調らしいのだけど、何の案内もなし。
30分以上は遅れたけど、船員は平然としているの。

動かないものは仕方ない。
ここは都会と違ってノンビリしているんだ?

冗談じゃない。
こういう「田舎なんだから仕方ない」を振りかざす連中は本当にイヤだなぁ。

イメージ 7

出航前に、
さきほど購入した料理で沖縄祭!
まるで列車の中みたい。
船弁です。
不当に高い駅弁なんかに負けません(笑)

やと動き出すと、
高速船というのはやたらに早いです。

波しぶき!

甲板に出られます。
ここは立っているのがやっとのくらい大揺れ。
でも、面白いんだな(笑)

はい。
座間味港に着きました。
3度目。
1年ぶりですぅ

ぶくぶく三昧編に続く!

またも座間味3、出発編(格安だけど、スカイマークは大丈夫かね?)

イメージ 3

またまた座間味の旅。
クラゲに刺された100箇所はいまだに痒いのですけど。
保冷剤で冷やしながら(掻いてはイケナイ)
一気に記事を書いちゃいます。

6月13日(金)
初スカイマークで羽田→那覇。
苦労して、スカイバーゲン(片道11,000円、たぶん10名限定)という
破格の航空券を往復入手出来ました。
搭乗前、転売防止用に、身分証明書の提示が求められます。

羽田空港のスカイマークカウンターは遠い。本当に隅っこです。
搭乗券引換書が「普通のA4用紙」なのも泣かせます。
座席の事前指定とかいうサービスは一切しません。
後発新規参入会社は、無駄なサービス省いて、価格で勝負!?

でも。ここまで経費削減しても、
「パイロットが辞めちゃったから飛行機欠便です」
じゃぁ、ちょっと・・・
(これだけの不祥事をおこして、
自社HPの隅っこに1行だけ小さくお知らせ表示で済ませてしまう企業対質も理解できません)
今回、那覇便の欠航予定はなかったから良かったけど。


空港で荷物を預けるのがタイヘン。
スカイマークのあまりの手際の悪さに、ゲートにはみるみる長い列が。

これじゃ、予定のフライト時間に飛ばないのでは、
と危惧したら、
そのとおりになりました。
それでも10分遅れはマシな方なのかも(でも、早朝の始発便ですからねぇ)

那覇空港から「とまりん」(離島航路の港)まで、
車で20分。

座間味行きは、10時、13時、16時出航。

スカイマーク1便は9:35着。
タクシーで急げば、10時の便に間に合うかも。
乗船は10分前までだけど、なんとかなるかも・・・

でも。
今回はブクブクセット持参のおかげでスーツケース。
機内預け入れでは、時間的に絶対に無理(泣)

ところが。
飛行機が遅れたおかげで、
急いでも無駄なことがハッキリしました。
むしろスッキリ(笑)
(昨年はANAの1便(那覇9:00着)だから、10時のフェリーに間に合ったんですけど)

イメージ 1

今回は沖縄の路線バスを利用。
ひょっとすると、沖縄本島で路線バス初挑戦かも?

那覇バスターミナル経由で直行便があるんです。
「とまりん」の目の前まで200円。
なんだ、モノレール(空港~見栄橋駅)260円より安いじゃん。
おまけに重い荷物も持って歩かなくて済みます。

沖縄の公共交通のメッカ、
那覇バスターミナルも初めて見学。

次の座間味便まで2時間以上あります。
とまりんで、スーツケースをコインロッカーに預けようとすると・・・

入らない。
どうしても300円のロッカーに入らない。

泣く泣く600円ロッカーに。
うえ~ん。この弱いものイジメ!

イメージ 2

身軽になって、
目指すは栄町市場です!

またも座間味2、水中戦デビュー!(デジカメ防水パックとの格闘)

今回の座間味は、
ブクブクをさらに満喫するために秘密兵器を購入。

水中戦のためのデジカメです。
水中でも使用できる高価な防水デジカメを新規購入!

じゃなくて、
安いデジカメを水中でも使用できるようにする防水パックを購入!(笑)

ディカパックという商品。

デジカメの機種・大きさに応じて4種類くらいあります。
ずいぶん迷って、今のDMC-LZ5に合う大きさのものを購入。
3,800円。どこで買っても定価でした。
性能に自信あるんですね?

イメージ 9

原理はいたって簡単。
防水パックの中にデジカメを入れて、
水中撮影しましょう、というもの。

これでOKなら、ビニール袋に入れて水中撮影でもいいんじゃないの?(笑)
どうやら、この「窓」の部分に企業秘密があるみたい。

イメージ 8

原理は簡単なんですけど、
水中でこの「窓」にデジカメをあわせて撮るのはなかなか至難の技。

それでは
座間味の海で初めての水中戦に挑戦。

イメージ 1


イメージ 2

どうしても隠れクマノミに目がいってしまう。
隠れないクマノミもたくさんいました。

イメージ 5

愛の巣を攻撃されたと思って、親クマノミがすぐに迎撃してきます。
ゴメンナサイ(笑)

イメージ 3

青いサンゴはいたけど、
赤いサンゴは見られないなぁ、残念。

イメージ 4

大きなサカナさんが砂浜すぐそばの浅い瀬にいます。ウマそぅ。

イメージ 6

お気に入り♪


はじめは水中でデジカメの電源が入らなくてイライラ。

水中ではモニターが見づらい、というより見えない(泣)

おまけに、水中では電池の消耗が激しいのでしょうか?
あっという間に電池切れに。

奥さんの小型デジカメでもチャレンジ。
大は小を兼ねる?
とにかく、あの「窓」にデジカメのレンズ部分が合えばいいんでしょ(笑)

イメージ 7

こんな風に、潜望鏡みたいな写真が撮れます。


ちゃんとした防水デジカメを持っている人がたくさんいました。
簡単そうで、ちょっとウラヤマシイ。

でも、ウチはこれでいいか。

水中戦専用のデジカメじゃないけど。なんとか。


これさえあれば、台風の日でも線路写真が撮れます(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR