FC2ブログ

線路巡礼:北米の線路(NY地下鉄とか空港連絡鉄道とかetc)

海外旅行の話ばかりでしたが、
ここからは、ほんのちょっと「線路」の話。

北米の旅オマケ編。
線路巡礼:北米の線路(と言っても。ちょこっと乗っただけ、笑)

まずはNY地下鉄。

いやぁ、
20年ぶりに乗ってみましたよ。
以前に比べると安全になったのが実感できます。
雰囲気が違います。
落書きもないし(最近は日本の方があるね、泣)

車両は新しくなっても、
何故かデザインは変わらない。
NY地下鉄はこうでなくちゃイケナイという妙なポリシーがある。

節操のなく色を変えてしまう日本の鉄道屋さんも見習って欲しいですね。

イメージ 11

距離に関係なく1回2ドル。
カードを、ぴっ♪
と、すばやく通さないとイケナイ。
コツがいるんだ。

イメージ 10

駅のホームは相変わらずですねぇ。
日本の重厚長大なホームに比べると仮設ホームみたいです。
おまけに、何故か黒が基調。
ちょっと暗いね。

階段がこんなに狭くて大丈夫なのかな?
(ラッシュ時には乗らなかったので不明)

地下鉄駅はほとんど直線ホームなのですが。
湾曲したホームもありました。
イメージ 12

これは隙間があいた部分で、
自動的に隙間が埋まるシステム!

はじめて見ました。
日本にもあるのかな?東武線浅草駅で採用したらいかがでしょうか?


次は北米空港編。

ミネソタ空港。
ノースウエスト航空のハブ空港です。とっても広い。

イメージ 1

空港内トレイン。
長い乗換通路の外に沿って敷設されています。
この曲線が艶かしいね。

イメージ 2


イメージ 3

自動運転。
2編成あって、必ず中間駅で交差します。


デトロイト空港。

イメージ 6

その名もエクスプレストラム。

細長い空港の中を真っ直ぐに貫きます。カッコイイ。

イメージ 8

これも2編成が中央駅で入違い。

これは本当に早いんだ。
リニアモーターカー?

イメージ 9

よーく見ると、これもケーブルがありました。

イメージ 7

やっぱり自動運転。
ロボコップが運転しているのかと思いました。

こういうのに乗って遊んでいると
乗継時間が苦になりません(笑)


トロント空港連絡モノレール。

イメージ 4

バラバラなターミナルを連絡するかっこいいモノレール。
なんと複線なんです。

イメージ 5

これは浦安のモノレールよりすごいですね!(乗ったことないけど)

なかなかのアップダウン。
これも無料なんて(笑)


最後に、
オマケのおまけ。

ミネソタ空港にて。

イメージ 13

かわいい。

イメージ 14

私にはワムさんを牽いているように見えます。
このトラックがスイッチャーみたいな感じでいいでしょ?

いやぁ
滑走路にも線路が欲しいですね(笑)


オシマイ。
次は日本の線路を巡礼しますぅ・・・
スポンサーサイト



北米の旅(終)、ブルックリンブリッジ編(帰国乗換死闘編付き。やっと書き終わった~、笑)

NY2日目後半戦。

ゲイパレードの後、タイムズスクエアという有名な場所にやってきました。
お上りさんは沢山いるけど。
なんか雰囲気違う。
ここはやっぱり夜に来るところですねぇ。

タイムズスクエア無料案内所というのがあって、
そこのミニステージ用のイスで休憩。

そしたら、また雨。
じゃぁ、しばらく雨宿り&休憩しましょ。

ここは便利ですよ。
ブロードウェイの劇場予約なんかも出来るみたい(それが本来の目的かな、ウチは見ないけど、笑)
無料インターネットもありました。
ちょっと自分のブログにお遊び(混んでいるから、手短に)

その後。
少し寝ちゃった(笑)

さて。
雨も止んだみたい。
最後の目的地、ブルクリンブリッジへ行ってみましょう!
ここは歩いて渡れる無料観光スポット。
初めてです。

地下鉄で一気に南下。

イメージ 1

地図からはナカナカ分からないのですが、
行ってみると
目的の橋の入口は地下鉄駅からすぐでした。

少し雨が降っていましたが、すぐに止んだよ。

イメージ 2

この素晴らしい光景は、やっぱり晴れてないとね!

歩いて渡る観光客が意外といらっしゃいます。
この橋を歩いて渡るのはみんな楽しいんだね~
無料だし(笑)

イメージ 3

自動車道の上に歩行者デッキを作るという発想がユニークですね。
眺めは最高です。

隣接してもう1本の橋が架かっています。
こちらは鉄道(郊外電車?)併用橋。

イメージ 4

マンハッタン摩天楼の先に自由の女神も見えますよ。

昨日利用したステファン島行きのフェリーとブルックリンブリッジは
無料NY観光の双璧ですね(笑)

でも。
ブルックリン側に渡ってから、ちょっと道が良くない。

イメージ 5

なんとか、
岸壁に到着。

「滝」のモニュメントがあります。
こんなものが4箇所くらいにあるんです。
何なんだろ?
ナイアガラ滝を極めたばかりのウチには笑止です(笑)

ここは公園化されています。
(再開発予定地)

イメージ 6

ビールを買って、
長居しますよ。

だって、ここでマンハッタンの夜景を見るんだから(笑)

結構飽きないですよ。
いろんな船が通るし。

イメージ 7

これは巨大貨物船。
さすがに橋の下はくぐらずに、
沖合いにUターンしていきます。

イメージ 8

自由の女神にぶつかったらひとたまりもないね!(そんなテロがあるかも?怖)

マンハッタン上空は飛行機がかなり多く飛んでいます。
しかも低空で。

あの日もそうだったんですかねぇ・・・

やっと夕陽。
イメージ 9

まだまだ・・・

また寝ちゃう(笑)


やっと暗くなってきました。
イメージ 11


イメージ 12

こんな感じ。
日曜日の夜だからビルの灯りは少ないのかな?

イメージ 10

結局。
ここに3時間もいました!我ながらスゴイ(笑)


再度、ブルックリンブリッジを歩いて帰ります。

イメージ 14

橋の上からの夜景は、それほどでもない(橋が明るいから?)
でも夜風が気持ちいいね。

この橋は歴史ある橋だからアチコチに案内板があります。

イメージ 13

これは、
あのビルが健在の頃を物語る貴重なもの。
こんな風に見えたのですねぇ・・・


もう遅い時間だけど、
根性があるから地下鉄でタイムズスクエアに寄って見ましょう。

おやおや。
昼間のゲイパレードのお流れもいますよ。

人は多いのですが、
皆さん、別に目的もなく、ただここに集まっているだけみたい?

イキナリ
NY警察に連行されてしまいました。

イメージ 18

じゃなくて。
一緒に記念撮影。
NYのお巡りさんはサービスいいねぇ。
ちゃんとカメラ目線してくれているし。

ここから地下鉄でひと駅分歩いちゃいます。

まぁ、なんか安全な感じだし。

イメージ 15

途中の総菜屋さんでバイキング弁当とビールを購入。
一番NYらしい料理ですね。
ホテルの部屋で乾杯!
やっぱりバドワイザーじゃなくちゃ(笑)


翌日最終日。

送迎までちょっと時間があるから、
早起きして、まだ遊ぶんですよ。

ペンシルベニア駅まで歩いて往復。

駅構内を散策。

イメージ 16

クリスピードーナツ発見!
もちろん買ってみました。並ばないぞ(笑)
(これは機内持ち込みになりました)

イメージ 17

朝のNYですねぇ。


さて。
ラ・ガーディア空港。
またスーツケース預けて(今度はちゃんと運べよ)
成田空港まで、ちゃんと並びの席が取れています。
あとは帰るだけ・・・


ところが、最後の難関。
帰国乗継死闘編!

なんと飛行機の出発がどんどん遅れて行きます。

行きと同じミネソタ空港で乗り継ぎなのですが、
今回はあんまり乗換時間はありません。

搭乗は遅れたし、
その後の離陸も遅れています。

搭乗券は成田まで手許にあっても、
さすがに焦ってきました。


NYとミネソタは時差があるんです。
その辺が、時間がますます読めなくなってしまう・・・


ミネソタ空港到着。

走れ走れ!
TOKYO行きはどこだ!


間に合いました~
でも、もう搭乗手続きしてましたよ(汗)

行き同様のボロい機体で、おまけに満席。
でも、
11時間の壁を乗り越えて、
なんとか無事に帰ってまいりました。


わずか6日間のナイアガラ・NYのツアーでしたけど
両方とも予想以上に楽しかったですよ!

短い旅の割には、
長い長い旅行記完成。
我ながらゴクロウサマ。

でもね。
まだオマケ編がまだあるの・・・(笑)

北米の旅9、ゲイパレード♪(セントラルパークからブラブラNY散歩)

NY2日目(6/29、日曜日)
NYに来たらやりたいこと
自由の女神、グランドゼロ、エンパイヤステートビルは昨日見てしまいました。
今日は雨の予報だったので、昨日精力的に歩きまわったということです。
さて、おまけのような(笑)2日目は何をしましょうか?

アレ?
今日は快晴です!(笑)

地下鉄券は1日券を買わずに、昨日買った7ドルで4回分使えるチケットを活用
(1回2ドルだから、ちょっとお得♪1日券も7ドルなんだけど、NYを歩きたいから・・・)

それでは、
まずは
セントラルパーク。

中に入ると、
さっそく走っている人、サイクリングが多数。
ちょっと一緒に走ってみたかったけど、荷物がね。

イメージ 1

氷河の名残みたいな岩がゴロゴロ。

あてもなくフラフラと散策。
人は多いけど、広いオカゲでノンビリできますね。

イメージ 2

公園の中心、ベセルダ噴水。

この奥がさらにず~っと広いんですけど、
まぁこの辺でいいかな。

ノンビリした平和な公園ですけど。
唯一、無粋な騒乱の場所が。

イメージ 3

有名芸能人の慰霊碑?みたいなものがあって、
ここは団体観光客で大混雑。
どこにでもカメラを振り回して威嚇するバカがいるんだ(苦笑)

イメージ 4

有名なシープ・メドゥ。

昔はここで羊を飼っていたんだって。
ここで寝転びたかったのですが、芝生保護のために入れなくて残念。

その辺の木陰でテキトーに寝転んでニューヨーカー気分?


さて。
次はブロードウェイにそって、歩いて南下してみましょう。

暑いからビルの日陰を探しながらNY散歩。

ロックフェラービル。
ここも有名ですよね。
だけど、ここはクリスマスのときのツリーが有名なだけで、夏に行っても何もないぞ(笑)

もうすぐ12時。
腹ごしらえをしてから、

あのパレードを見てみましょう!


NYゲイパレード
(正確にはプライドパレードというらしい)

別にこれを見にNYに来たわけではありませんが、せっかくですから(笑)

5番街という、
あのエンパイアステートビルに隣接する目抜き通り。
ここがパレードで全面封鎖。警察もタイヘンだね。

始まりました~

イメージ 5

まずは
先陣はゲイの暴走族。
たとえゲイでも暴走族は暴走族。こんなの参加させるとゲイのプライドが傷つくんじゃないの?

イメージ 6

このレインボーカラーがゲイの象徴らしいです。

イメージ 8

多数の国(南米が多い)の山車が参加。
オリンピックの開会式って、こういう感じ?

イメージ 7


イメージ 12


イメージ 13

そのまわりにおかしな人がたくさん(笑)

でも。
ゲイパレードと言われる割りには、参加者のほとんどはゲイに見えないのですが・・・

イメージ 9

TV局も取材に来ています。
キャスターのお姉ちゃん。有名なのかな?

イメージ 11

企業宣伝が多いです。
飲食店や、劇場なんかの宣伝車ばかり。
面白いんですけどね。やっぱりゲイではないなぁ。

ゲイ達が社会認知を主張する崇高なパレードかと思っていましたが。

ゲイじゃない人が、
私はゲイも認めるココロの広い人間ですよ!
と主張するためのパレードみたい。
マジメなゲイを期待するとハズレ。

イメージ 10

なんか配っているぞ~
この配っているものが一番ゲイパレードらしかったです(笑)

とにかく暑い。
もういいかなぁ、と思いつつ、いつまでも見てしまう。
別にゲイに興味があるわけじゃないんですよ(笑)

そしたら、
突然の豪雨!
これはタイヘン
(昨日の雨ほどではなかったけど、NYの気象もメチャクチャだね)

でもパレード参加者は負けません。

イメージ 14

ちょうど警察官や消防署のパレード。
いやいや、逆に妙に盛り上がります。
警察や消防もゲイなのぉ?(笑)

キリがないね。
結局3時間も見てしまいました。
まだまだ未練があるけど、
雨も上がりましたので、

次の目的地へ歩きましょう。


ちなみに。
これがゲイパレードのお土産。

イメージ 15

たくさん配っていたんだ。
とても使いきれませんね。

会社のオミヤゲにしなさい、と奥さんに言われました(笑)

北米の旅8、エンパイヤステートビル夜景編(102階は行っても行かなくても後悔する?)

グランドゼロですでに夕暮れ。
急いで今日のハイライト、
エンパイヤステートビルに行きましょう。

本当は夕焼けから夜景まで楽しみたかったのですが、
もうとっくに夜です(汗)

ここの名物は、
とにかく混んでいること。
何時間も待つことがザラらしい。

まずは保安チェック。
あの9.11以来、メチャクチャ厳しくなったらしい。
ここで1時間近く並びます。

さらに入場券売り場がすごい列。

でも。
じゃじゃ~ん。
ウチは入場券を事前に買ってあるんだよ。

だから行列をスルー♪

ビルの公式ホームぺージで、
事前に入場券を買うことが出来るのです。
かなり迷ったのですが(だってHPが英語でクレジット払いなんだもん)
えいや!で買っておきました。

イメージ 8

買っておいてよかったぁ。
自分でプリンターで印字する入場券。
ちょっと不安でしょ。英語だし(笑)

でも、一般入場券と全く同じように、
ピッと読み込まれてOK
素晴らしい(妙に感動)

実は何も食べていません。
途中の売店でホットドック食べて(上には持っていけない?)

まず80階へ。
さらにここで並ばされて、
やっと86階!

イメージ 1

すご~いい!

イメージ 3

屋外なんです。
これがものすごくいいですね。
(実は私は20年前にもここまで登ったけど、屋外に出た記憶がありませんでした)

イメージ 2

クライスラービル。
これがNYの夜景のシンボルかな。お気に入り。


さて。
実は最近、さらに上の102階まで上がれるようになったのです。
でも、ものすごい高い(値段が、泣)

だって、
86階まで21ドル。
さらに102階まで上がると15ドル。

う~む。1階あたりの効率が悪いな・・・

おまけに102階は部屋の中。ガラス張りなのです。

事前にガイド゙ブック等で調べても、
102階の評判は全く触れていない。

102階まで行くかどうか、散々悩みました。

結局。
行っても行かなくても後悔しそうなので・・・

行くことに(笑)

イメージ 7

86階から降りるELV乗り場で購入するんです。
ELV1台だけが、禁断の102階へ。

あんなに混んでいたのに、
102階まで行く人はほんのわずか。なんででしょう?

イメージ 4

102階到着。

イメージ 6

う~む。
こんな感じ。
灯台の中みたい。
もともとこのビルのオーナーの秘密の部屋だったらしい。

イメージ 5

先程のクライスラービルがこんな感じで見えます。

画面が暗いのは高いからではなくて、ガラス越しのせい。

はい。
とりあえずNYエンパイヤステートビル最上階まで極める伝説達成。

来なかったら後悔したでしょうね。
来ても後悔したけど(笑?)

ビルを一気に下山。

もう深夜0時を過ぎています。

ホテルは近くなので歩いてもどります。

そういえば、
NYは何か安全になったような気がしますね。

もどってみると、
またひと悶着。

なんと。
バッゲージクレームしておいたスーツケースがまだ届いていないのです。
遅くともミッドナイトまでには届くはずなのに。
旅行会社の現地係員は全く役に立たないね。

結局、スーツケースが届いたのは、
翌朝でした・・・。

スーツケースが手許になくて困ったことがただひとつありました。
デジカメの充電器がない~(泣)


次回は最終日NY一日観光編です。

北米の旅7、グランドゼロ(多くの謎を残したまま、既にただの工事現場・・・、でも忘れませんよ)

私は20年前にNYに4泊もしたことがあるので、
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/44498338.html
とくに再度見たいというものはなかったのですが(一度くれば十分、笑)

グランドゼロ

世界貿易センタービル跡(当時はワールドトレードセンターでななく、こう呼んでいました)

ここだけは訪れたかった。

2001・9・11
あの悲劇(戦争)からすでに7年が経過しようとしています。
何度か再訪してみようと思ったのですが。
何となく機会がありませんでした。
(すぐは怖かったし、根性ナシ、泣)


スタテン島フェリー乗り場から、
再度代行バスに乗って、
何故か途中下車できないので、
もう一回乗って(?)

やってきました。
バスの車内放送も、ズバリ
「GROUND ZERO」
私でも聞き取れます(笑)

もう夕暮れなんですが、
あのビルとあの悲劇を回顧できる場所を探して、
工事現場を一周してしまいました。

献花台みたいなものとか、
十字架とか(たしか崩れた鋼材で組み合わせたものが印象的でしたけど・・・)

そんなものはナシ。

ただの工事現場。
でも訪れる人は大勢います。

イメージ 1

だけど。
ここで商売するのだけは止めて欲しいなぁ。

イメージ 2

唯一。
WTCの開発計画を説明した看板があって、
そこの側面にあの悲劇の解説がありました。


工事現場の周囲は、
歩道、歩道橋なんかで歩くことができますが、
決してアノ現場を見せるためのものではありません。
工事敷地は広大だから、一周するのはタイヘンだ。

イメージ 3

でも。
みんな気になるのです。
あの場所がどうなっているのか。

イメージ 4

地元はもう忘れたいのかもしれませんけど、
他所から来た人は、
やっぱり気になるし、
シンミリしたいし・・・

あの悲劇が観光地扱いされるよりは、
ただの工事現場の方がいいのかもしれませんけど。

微妙ですね。

それでも。
慰霊をあらわすものは何もないの?
と思ったら。

最後に見つけました。

工事現場に面したとある建物の壁面に。

あの時のことが
生ナマしく表現されています。

イメージ 5

WTCに飛行機が突っ込んだ!

イメージ 6

出動!

ここは消防署だったのです。
あの時に出動して、そのまま帰らなかった勇敢な消防士の記憶は
やっぱり消し去ることは出来ないのですね。

WTC側は忘れたくても・・・

ちなみに。
ビジターセンターにもなっていました。
でもすでに閉館時間。

どんな展示があったのでしょうか。

入ったら泣いちゃうかもしれないから、
入らなくてよかったかも。


さて。
もう暗くなってきました。
歩き回ったら、どこにいるのか分からなくなってしまいましたが、
なんとか地下鉄駅を発見。

ここから
本日最後で最大の目的地へ行きましょう。


おまけ。

WTC跡地には
本当に何もなかった。

NYの人はもう忘れたがっているの?

ところが。
お土産には生きているんです。

帰りの空港にて。
イメージ 7
イメージ 8

(もちろん買いませんけど)

商魂逞しいなぁ・・・


最後に。
鎮魂の意味をこめて、
1987年に私が見た
世界貿易センタービルです。

イメージ 9


(テロリズムが歴史を変えることは出来ない。~後世の歴史家(銀英伝)~)



と、書いてみたのですが。
昨年、とあるTVで「9.11の真実」というのを見てから、
あのテロ事件の見方が変わってしまいました。

ものすごく疑問なんです。
本当に飛行機テロ事件「だけ」だったの?

あのビル群が崩れていく映像は
ビルの解体工事と同じです。綿密に計算された・・・

でも。誰が?何のために?

現場に行っても何にもワカリマセン。

ただ、まるで真実を隠すかのように、粛々と工事が進められていました。
(この話はいずれまた)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR