FC2ブログ

2002年イギリスの旅、やっと最終回(旅のトラブル編?)

2002年イギリスの旅。
やっと最終回。

7月6日。

イメージ 1

ロンドン名物ともお別れ。

今度は地下鉄で空港に向かいます。
ちゃんと学習しました。
入国時に使ったヒースローEXなんて高級な列車は、もう使わないぞ!(笑)


ヒースロー空港。
大韓航空カウンターに2時間以上前に着いたのに、
長蛇の列。
おまけに、並んで2席取れないの!?

別の担当者にアレコレ言って、なんとか並んだ席を確保。
席はあるんだよね。出し惜しみ。

こういう時は、声が大きいほうが通るんだ。
というか、日本人は遠慮するものだと思われているから損ですよね。
私は絶対に遠慮しません(笑)

なにしろ、
ロンドンからソウルまで乗るんですから。
遠いな~

さらに、
ソウルで乗り換えるオマケ付き。

イメージ 2

そういえば、
世界何とかサッカー大会をやっていた頃の話ですね。
全くキョーミなし。

ロンドンを22時出発。
成田には翌21時に着きました。

も、ち、ろ、ん、
翌日から元気に会社に行きましたとさ。


-----

帰国後しばらくしてから、
最後の事件が発生。

私は支払いは何でもクレジットカード。ポイントが溜まりますから。
これは海外でも同じ。
イギリスで切符を買う時も同じ。

最終日に、
ロンドンからセブンシスターズまで往復切符を買ったとき。

窓口でクレジットカードを使ったら、
係員が1枚目を失敗。係員が廃棄。
2枚目にサインして・・・

カード会社から、この時の請求書が来たのですが、

金額が違う。
おまけに、利用日が違う。

偽造ですね。
あの鉄道の窓口係員が、失敗した1枚目を不正使用しているに違いない。

もちろん、
カード会社に厳重抗議!

偽造された利用日が、
私たちがイギリスを離れた日の後なので
(これはパスポートで確認できる)
私が利用したものではない証拠は完璧。

ああ、危なかった。

イギリスの鉄道は本当にサイテーだね!(怒)

(そういえば、このトラブルのおかげでしょうか?
 正規の鉄道料金の請求がその後も来ませんでした、笑)

----

これでイギリスの旅、本当にオシマイ。

残念ながら、長い記事の中に鉄道の話がほとんど出てきませんでした。
大好きな鉄道で、しかも個人旅行なのに。

旅行中の列車の遅れやらトラブルやらで、
非常に印象は悪いです。

というか、イギリスの鉄道は性に合わないのかな?

そもそも、
鉄道の「保存ごっこ」に熱心なお国柄。

鉄道本来の役割を忘れた線路は、全くモノ足りない。
これが鉄道発祥の国かと思うとナサケナイですぅ(泣)


だから、
イギリスといえば「お散歩」の国ですね。

フットパスばんざ~い♪
スポンサーサイト



2002年イギリスの旅9、セブンシスターズ編(恐怖の白い岸壁!自己責任の観光地)

2002年イギリスの旅。
やっと最終日です(お疲れ様)

7月6日(土)

ロンドンにて。
夕方の帰国便まで時間があります。
今日は全く予定を入れていませんでした。
さぁて、何処に行きましょう?
前夜、ず~っと悩んでました。

決定!
怖いところへ行きましょう!

ミイラホテルで朝食後、ビクトリア駅へ。

ここから鉄道で南下、ドーバー海峡に向かいます。

イギリスの鉄道はエリアによって会社が分割されています。
日本のJR○○みたいなものですかな?


今日乗る路線は、昨日まで乗ってきた鉄道会社とは別会社。

ビクトリア駅窓口で、
目的地までの往復切符をクレジットカードで買ったのですが。
この時、ある事件の伏線が!(詳細は帰国後)

この鉄道は、改札口があるのです
ちょっとビックリ。

列車を乗り継いで、
ドーバー海峡に面したイーストボーン駅へ。

イメージ 1

終着駅。
あれ?架線がありません。
どうやら第三軌条だったのですね(銀座線・丸の内線みたいな給電用のレールシステム)
この記事を書くので、あらためて写真を見たら気がつきました(笑)
それとも非電化で、本当はディーゼルカーだったりして?


ここから、さらにバスに乗って、
本日の目的地の最寄りのバス停へ。


イギリス最後の目的は、
セブンシスターズ


本当は、大陸からフェリーでイギリスに上陸したかったのですが、
時間がなくて(泣)

せめて、ドーバー海峡の
あの白い岸壁を見たくなりました。

セブンシスターズは、
ステキな白い岸壁があるところです!

イメージ 2

バス停から、
またもフットパスを歩きます。

イメージ 3

こんなゲートも、もう慣れましたね。

丘を越えて、崖を登って行くと、


イキナリ見えてきました!

白い岸壁!

イメージ 4

ここがすごいのは、
崖の真下が覗けるところまで行けること。
落ちたらオシマイだと思うけど、
「柵」なんていう概念は皆無です。
完全自己責任の観光地。

イメージ 5

這いつくばって、
崖の下を覗いて見ました。

本当に怖いよう(笑)

この岬みたい崖の出っ張りが、カーテンように7つ続くので、
セブンシスターズと呼ばれるらしいです。

西欧人は、こういうネーミングが好きですね(笑)

崖の下に降りることが出来ます。
海岸も散歩。
ドーバー海峡制覇?(笑)

イメージ 6

海岸に昆布がたくさん落ちています。
穴の開いた白い石を大量に発見。
これが白い岸壁を形成する白いチョーク材の欠片なのかな?

イメージ 7

帰りのバス停で、何故か棒のささったアイス、を買いました。
バスの中で食べたけど、
美味しいよ。

電車を乗り継いで、ロンドンにもどります。
ミイラホテルで預けた荷物を受け取って、

夕方の飛行機に余裕を持った行動のつもりですけど。
結構忙しいかも。
もし、電車が遅れたらどうするつもりだったのでしょうか?
結構度胸があるのかしら(笑)

でも。
こんな風に、ふらりと冒険ができるのが個人旅行の醍醐味ですね。
止められない(笑)

あとは飛行機で帰るだけですが、
ちょっとした事件があったので、
まだしつこく続きます。

2002年イギリスの旅8、ロンドン編(ライオンの上に乗ったよ)

2002年イギリスの旅。もう少し。

7月5日。
バース11:27発の電車に乗って、
ロンドンパディントン駅13:00着。
またも、途中の事故で遅れました(泣)

ロンドンを出て、ぐるりと左回りに鉄道で周回して、
再びロンドンにもどってきたわけです。

帰国の飛行機は翌日夕方出発。
だから、ロンドンにもどるのは明日でも良かったのですが、

やっぱり、
万が一があるといけないので、
前の日にロンドンにもどっておきました。
実際、イギリスの鉄道は事故だらけですしね。


パディントン駅前でホテル探し。
近くにMINAという名前のホテルがありました。

MINAとはミイラということなんですね。
つまりミイラホテル。
イギリス人はミイラが好きらしいです(ホント)
名前が気に入ったので、ここに宿泊。

また雨が降ってきました。
このホテルでも傘をかりて(意地でも買わない、笑)
ロンドン市内観光へ出発。

残念ながら市内地図の持ち合わせがなく、
あんまり要領がよくない市内観光です。

何しろ地下鉄の駅の場所が分かりにくい。
バス停のほうが目立ちます。
イギリスの鉄道はダメだねぇ。

まず、
大英博物館へ行きました。
無料ですから(笑)

世界中から盗んできた泥棒博物館だから、
無料公開は、せめてもの罪滅ぼしでしょう。

世界史をちゃんと履修した私が思うに、
ここで一番歴史価値があるのは、
あの「ロゼッタストーン」でしょうか。

イメージ 1

これがそうなのかなぁ?忘れました。

(追記:やっぱり違うらしい。ロゼッタストーンはもう少し小さくて盾みたいだった気がします。
 でも撮り忘れているみたい。これはロゼッタストーンヘンジと命名します、笑)


広いから適当に見ます。
ミイラがたくさんありました。
ちなみに、泊まっているホテルにミイラは飾っていなかった(笑)



ネルソン広場。

ライオンさんがいました。

みんな登っています。

こういうのを見たら、登らなきゃ気が済みません。

イメージ 2

台座が結構高いのです。
おまけにライオンさんの背中は滑ります。

なんとか苦労して、登りました。

もはや大英帝国を征服した感じです(笑)


バッキンガム宮殿に行く途中で、どしゃ降り。
本当に雨がよく降りますねぇ(泣)

イメージ 3

衛兵の交替を見たのかな?覚えていません(その程度か?)

テムズ河に出ました。
ロンドンアイという観覧車がありました。
混んでいて、おまけにものすごい高いらしいです。値段が。
通過します。

有名なビックベンに到着。
19時なんだけど、まだまだ明るい。

さらに根性で歩いて、少し離れたロンドン塔へ。

そこからタワーブリッジまで歩きます。

イメージ 6

これは有名ですね。

おおっと、
タワーブリッジが跳ね上がりましたよ。

イメージ 4


イメージ 5

めったに見られないみたいなので、ラッキー♪。

これが鉄道線路併用橋だったら、もっと素晴らしいのですが。

もう暗くなってしまいましたが、
さらに根性でロンドン中華街へ。
でも、中華料理は何処で食べても同じだ!(笑)

フットパスはありませんでしたが、
ロンドン中を歩き周りましたよ(笑)

お土産物色(紅茶)とゲームセンターを見学して、ご就寝。

明日はイギリス最後の一日です。
また小旅行しちゃいました。
続く。

2002年イギリスの旅7、バース編(ローマ風呂が待っていました♪)

2002年イギリスの旅。
素晴らしきコッツウォルズに別れを告げて、
路線バスでチェルトナム・スパ駅へ。
料金は、行きのタクシーの10分の1以下でした(泣)

チェルトナム・スパの街。
スパというくらいですから、温泉があるらしいのです。
街中を探してみましたが、見つからない・・・

まぁ、これから本格的な温泉に入りに行くからいいや。

ところが、駅で切符を買うのにもたついていたら、
電車は目の前で行ってしまいました。
レールパスを買っていたらこんなことにならないのにぃ(泣)

次の電車は30分後。

ところが、これが30分以上も遅れてきました。

イギリス鉄道のバカやろうぅぅ(泣)
かなりテンションが下がりました。

おかげで、目的地についたのは、もうお昼です。


イギリスのローマ風呂。


世界史の話。
大ローマ帝国はイギリスの南半分まで征服しちゃいました。
ローマ人は、ところ構わず立派な建物を作ります。
ここには立派な温泉施設まで作っちゃった。

街の名はBATH(バース)
これが起源となって、お風呂のことを英語でバースというのだそうです。

つまり、
世界のお風呂の総本山なワケですね。

ちなみに我が家はローマ遺跡巡りが大好きなので、必然的に入浴に来てしまうわけです。


この街で泊まるか、立ち寄りにしてロンドンまで行ってしまうか、迷っていました。

とりあえず、駅前のバックパッカーホテルが荷物預かりをしてくれるので、預けます。

身軽になって、
ローマンバス博物館を見学。
ちょっと入場料は高いけど、ここまで来たら入浴しないとね!

こんな感じ。

イメージ 2


イメージ 1


遺跡の中に入浴施設があるのです。
というか、入浴施設が遺跡になってしまったのです。世界お風呂遺産かな?

ちゃんと、お湯は張ってあるのですが、
残念ながら、入浴は出来ないみたい(泣)
水着着用でもダメです(笑)


でも、この遺跡は見るべきものがたくさんあって楽しいですよ。
はじめは1時間くらいで終わりと思っていましたが、これは長湯をしそうです。

一度外に出してもらって、先に今日の宿を探すことにします。
市内を流れる川の向こう側の安いB&Bを簡単に発見。lynwood guest house。
この時、荷物を持ってきてなくて、おまけに先払いもしていないのに、
若いオーナーは先に鍵を渡してくれました。
こんなに人を信用してしまっていいのかと、ちょっと心配。

ローマンバスにもどります。

ナビゲーターガイドシステムというのがあって、日本語で解説がいろいろと聞けます。

温泉水を試飲できます。

イメージ 3

思いっきり、まずい。

お口直しに、アフタヌーンティしてしまいました。


バースには、ローマ風呂以外にも見るべきものがあります。


ロイヤルクレセント。

イメージ 5

三日月型の歴史的建物です。これは世界アパート遺産らしいです。
まだ現役のアパートなんです。

近くにはサークルという名前の円形の建物もありました。
同じ人が設計した建物みたいですね。

イメージ 6

クレセントの前庭でのんびり。
ここで屋外劇をやっていました。

イメージ 4

市内を流れる大きな川。
ちょっとオシャレな感じ。


夜。
宿の近くのパブに入ってみました。

イギリスといえばパブですね!
はじめはどうやって注文していいのかワカリマセンでしたが、

現金先払いのシステムが分かってしまえば、とても楽しい。
何度もビールとつまみをおかわり、ビリヤードを見ているのも楽しい。
ここのバーテンがブルースウィリス似なんです。
注文するたびに、
サンキューフレンド♪
と分かりやすい英語で答えてくれます。
チャンスじゃないんだ(笑)


----

翌日(7月5日、金曜日)
早朝のお散歩で、小さな運河があることを発見。

イメージ 7

水門もありますよ。

食事後、再度行ってみると、
ナローボートがたくさん走っています。
いいなぁ。

イメージ 8

どこかで乗れないかなぁと探しましたが、結局駄目でした。
これは全部個人の貸し切りみたいです。
なんて優雅な遊びなの、羨ましいぃ

今度イギリスに来る機会があったら、
絶対にナローボートに乗りたいよう!


さて、ロンドンに戻ります。
ナローボートじゃなくて、鉄道利用ですぅ(笑)

2002年イギリスの旅6、コッツウォルズ編(チャンス!これぞイギリスです。大満足)

2002年イギリスの旅。
いよいよ、コッツウォルズのフットパスをお散歩三昧です。


7月3日(水)
朝から少雨なので、宿のおばあちゃんに傘を借りました。

小さな町ですが、インフォメーションがあるのです。

ここで、コッツウォルズのフットパスの歩き方案内を発見。
しかも日本語。ちょっとビックリ。
紙一枚。有料ですが、安いから(30円くらいだったかな?)記念に買ってみました。
たぶん、これが唯一のイギリス土産(笑)

ボートン・オン・ザ・ウォーターの町から、
ローワースローターの村を通って、アッパースローターの村へ。

このフットパスは有名みたいで、地球の歩き方にも載っていました。

フットパスとは「お散歩道」。
イギリスでは「お散歩権=お散歩をする権利」というのが確立しているそうです。
だから、公道はもちろん、
私有地でも必要があれば歩けます。だから牧場の中も歩けちゃう。

これは牧草地の中を突っ切るフットパス。

イメージ 1

「道」になっているのが分かります?

もちろん、牧場に入るゲートには、人だけが通れる扉がついています。

フットパスは楽しいなぁ。雨も止んだし♪


アッパースローターの村に到着。

とっても静かなところ。
川沿いのフットパスもいいですね。

何もない小さな村ですが、立派なマナーハウスがあります。

イメージ 2

マナーハウスというのは、歴史的な貴族の旧家ということかな?

奮発して、ここで昼食にしましょう!
建物もいいけど、庭がまた素晴らしい。
羊がいるんですよ。

一階の応接室のような部屋で食事。

イメージ 3

食後は庭に出て、コーヒータイム。

イメージ 8

天気はいいし、最高です!
羊もいるし、
イギリスに来たぞっ!という感じ。

突然、上空を二機の戦闘機が低空で目の前を横切って行きます。ビックリ。
ハリアー戦闘機かな?

こんなにいい天気なのに。

イキナリ雨が降ってきました。
いそいで建物の中に避難。

そしたら、コーヒーをまた注いでもらえました。ラッキー(笑)
ウチにしては珍しく、喜んで給仕にチップを出しちゃいました。

ところで。
この時の領収書がまだ手許にあるのですが。
ゲストのNAMEが書いてあります。

CHANCE

なんだろ?
私たちはチャンスなの?
これは日本で言う「上様」みたいな言葉なのかな?
未だに、イギリス最大の謎のままです。


雨はすぐに止んだので、村を散歩。

イメージ 4


イメージ 5

コッツウォルズ地方の特徴は、
ライムストーンと呼ばれる石で出来た家。
蜂蜜色が渋いですね!

イメージ 7

これがガーデニングに映えるんです。

新興住宅地もありますが、
ちゃんと蜂蜜色で統一されています。
もちろんガーデニングも素晴らしいです。

とあるお宅の庭先。
ネコがいたので、写真を撮らせてもらいました。

イメージ 6

にゃあ。


ボートンに戻ってきました。
この村唯一のATMでキャッシング。
村人がひっきりなしにやってきます。これが壊れたらどうするんだろう?(笑)

おばあちゃんの家族が家に来ていました。
どうやら久々に客が泊まったので、手伝いにきたみたいです。
もちろん、私たちのことです(笑)
一応、別に中年男性一人も泊まっていますが、これは仕事で長期滞在という感じ。

夕食は、昨晩とおなじ店でフィッシュ&チップス。
安い店ほど美味しいのは世界共通です。


翌朝。
またも早朝散歩。

イメージ 9

川の向こう側へ行くと、またもステキなフットパス。
本当にいいところですね~

でも、
そろそろ次の目的地へ出発です。

続く。
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR