FC2ブログ

線路巡礼1981:阿仁合線比立内駅(終端に転車台がありました。余計な線路工事なし)

阿仁合線の記事を書くのを忘れていました

1981年7月
北海道巡礼の途中
角館線に乗って
帰りの松葉駅で乗り遅れるという珍事件を起こしてしまい
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/20139782.html
予定はグダグダの後、
鷹ノ巣駅にやって来ました

イメージ 1

鷹ノ巣駅12:54→阿仁合駅14:07/16:32→比立内駅16:59

阿仁合駅は路線名にもなっている中心駅(だと思う)ですが、
ここで2時間半
何をしていたんでしょうね?
駅前に営林署みたいなのがあって材木を見ていた記憶があります
専用線はあったのかなぁ?

駅前でフィルムを購入してカメラに交換

終点の比立内駅

今度は折り返し時間が40分もありますので(松葉駅は4分でした)

線路の終端の
さらに工事区間までじっくり見ることが出来ます、
と思いましたが

駅からのびた線路の先には
小さな転車台がポツンとあるだけでした

近くでは新線の工事はしていないそうです
それは良かったですね…

イメージ 2

(久々の手書き線路図)
線路終端の転車台の風景がとても良かったのですが
写真がありません

実は、
このあと北海道に渡って
広尾線、相生線、名寄本線湧別駅、と巡礼を続けましたが
フィルムの交換に失敗!
(フィルムを巻き取っていたら途中で切れてしまいました)

そんなわけで
線路の写真がないのです

夕暮れの
比立内駅の転車台の線路写真
現存していたら
後世に残すべき計り知れない価値があったのに。残念。。。


その後
まさか工事は再開され開通してしまいました
秋田内陸線の車窓から
比立内駅の旧線路終端跡らしきものを見ました…
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/64291939.html
スポンサーサイト



線路巡礼1981&1989:相模線厚木駅(電化貨物専用線、謎の信号所、線路ネタが盛りだくさん)

非電化だった頃の相模線厚木駅の線路の話

話はさらに遡って1981年3月
二俣川に用事があって
その帰りに海老名駅から厚木駅まで
相鉄厚木線に沿って歩いてみました

当時は
カメラを持ち歩くこともせず(泣)

だけど
そのかわりに、せっせと線路図を残していました

イメージ 5

国鉄相模線厚木駅と相鉄線厚木駅(貨物)の線路

海老名方にセメント工場があって専用線が健在
ちょうど貨物に積み込み中だったみたいです
おまけに
この工場専用線は相鉄厚木線のヤードから分岐していました

だから
貨物専用線は電化

国鉄相模線は非電化なのに(笑)

このほか
国鉄側にも貨物ヤードがあったり
小田急線との連絡線の跡が残っていたりと
とても楽しかったみたいです


その8年後
といってもまだ1989年
平塚七夕の帰りに相鉄線厚木駅に立ち寄り
(だから奥さん同伴だったのかな?)

その頃は
さすがにJRも相模線の電化せねばいかんと思っていたようですが
まだちゃんと非電化でした(笑)

イメージ 4

相模線厚木駅のホームから橋本駅方を見たところ
右側の相鉄線ヤードは電化ですが
相模線は相変わらず非電化のいい感じ

イメージ 1

橋本駅方にあった怪しい信号所
ここでタブレット交換
厚木駅のすぐそばの場所
どうして厚木駅で列車交換しなかったのでしょうね?
相模線利用者はイライラしたんじゃないかなぁ(苦笑)

イメージ 3

相鉄線貨物駅の線路には
8年前にもいた怪しげな貨物が居ました

イメージ 2

残念ながら
セメント工場専用線はすでに営業停止(廃止?)でしたが
工場の中に「架線柱」が残っているのが分かります

しつこいようですが
乗っている相模線は電車、じゃなくて気動車(笑)


でも
海老名駅が新設されていたのです

ここから小田急に乗り換えて町田駅経由で帰ったみたいですね



電化後は
厚木駅の構内踏切は廃止
ホームは手前に移りました
格段に便利になったと思いますが、ちょっと寂しい


その数年後
相鉄線のイベントで
横浜駅発厚木駅行きの電車に乗りました
ついに相鉄厚木線も走破
これで厚木駅の線路はすべて巡礼出来ました


相模線というと
廃止されてしまった西寒川支線の話が有名ですが
厚木駅も線路ネタが豊富でした
好きな駅です♪

1983年、超正統派「鉄道車両」輸送に出逢えました!(四国巡礼のおかげ?)

今回は
珍しい線路写真。

1983年3月四国線路巡礼を終えて帰路につきました。
四国を巡礼すると
ご利益があるらしいのですが、

たぶん
途中の網干駅で
車窓からの出来事

あまりにも奇怪な線路光景を目撃!

イメージ 1

超正統派「鉄道車両」輸送!(爆)

貨車の上に、
ちゃんと線路を敷いて。
その上に「荷物」のスイッチャーさんが鎮座しています。

鉄道車両を運ぶなら
これこそ真の姿ではないでしょうか?
ちゃんと線路の上に乗っているんですよん(嬉しい♪)

こんな貴重なシーンに遭遇するなんて、
ものすごい線路ご利益じゃないですか?四国巡礼すごいぞ!(爆)


ところで、
こういう輸送形態はなんて呼ぶのでしょうね。
甲種回送じゃなくて、
これが甲種輸送かな?(笑)


当時は写真代も高かったので
目的地の往復の車窓から見える「気になる線路」を
見るだけで、ほとんど写真には収めていないのです。
すごく残念(泣)

そんな状況でも
このスイッチャー輸送シーンだけは
撮らねばならぬ、
と思わせるだけの強烈なインパクトがあったのです。


このあとの私の線路人生で
こんなモノに遭遇したのは、
いまのところ最初で最後です。
昔は良かったですね。
(鉄道車両や資材をトラックで運ぶ醜態は見たくないです。泣)

線路巡礼1983:中村線中村駅(素敵な線路終端は、実は胡散臭い計画線でした)

1983年3月
四国国鉄線巡礼の最終回。
最後の巡礼先は・・・

線路巡礼:中村線中村駅

高松駅からのびた線路は、
高知駅を経て、さらに窪川駅までが土讃本線。
なぜかその先は中村線。

そういう差別(?)のおかげで
国鉄中村線は廃止対象の仲間入り(泣)

まずは予土線
宇和島駅9:24→窪川駅11:23(これは快速あしずり6号、なんと高松駅行き!)

窪川駅のひとつ手前の若井駅で予土線と中村線が合流。
線路の戸籍的には、
この区間は中村線に所属。

中村線に乗り換えます。
窪川駅11:47→中村駅12:25(特急南風1号。四国ワイド周遊券だから乗れちゃう)

イメージ 2

中村駅のホームの先端。

先のほうに貨物ホームが見えます。ワムさんみたいなのが停まっています。
貨物取り扱いが健在だったのです♪

線路は先のほうにのびています。
私は
線路終端を見なければ気が済みません。

イメージ 3

少し歩いて駅を振り返ります。
右に分かれるのが貨物線(ちょっと新しい線路ですね)

イメージ 4

貨物ホームを通り過ぎると
線路は高架になって左へ曲がります。

引き上げ線にしては少し長いけど。

この先を延長する計画線がありました(当時はすでに工事中止だったと思うけど)。
ひょっとして延々と工事線路が続くの!?と焦りましたが。

イメージ 5

車止め発見。
この先は線路なし(良かった、殴)

イメージ 6

でも、
その先も高架橋は出来上がっていました。
なんて無駄なんだろう(泣)

折り返し列車は20分後。
ここまで走ってもう汗だく~

このとき
まさか、あの車止めの先に線路がのびるとは思いませんでしたけど。。。



その後
予定通り中村線は廃止。
胡散臭い第○セクターになりましたが、
杓子定規な解釈で窪川駅-若井駅もそこに盗られてしまい、
四国のJRの線路がぐるりとつながらず、大迷惑。
(もっとも、予土線がJRで生き残った方が杓子定規かも知れませんけど。失笑)


1994年。
奥さんと四国大旅行を楽しみました。
そのとき利用した、
中村駅前の公共温泉ホテル(サンリバー四万十)がものすごく良くって、今でも語り草。

懐かしの中村駅の線路を10年ぶりに訪ねてみたのですが、

イメージ 1

引き上げ線は剥がされてしまいました。
つまらない車庫が出来ていました。
特徴ある貨物線ホームだけは屋根が残っていたみたいですが。

すでに
まさかの計画線(宿毛線)の工事が再開されていたのです。

バカだねぇ。。。

ちなみに
私はこの線路(中村駅-宿毛駅)は巡礼したことがないのですが。
やっぱり廃止になる前に行こうかしら(笑)

線路巡礼1983:予讃本線宇和島駅(引上げ線がステキな終端駅)

1983年3月
就職前に、一気に四国巡礼をしました。
もちろん
お遍路さん、じゃなくて
本物の巡礼(爆)

18切符を有効に使って
名古屋駅で四国ワイド周遊券を買うという荒技?を活用。

初めての宇高連絡船
四国に初上陸です。

内子線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25617724.html
小松島線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25832002.html
鳴門線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/27695412.html
牟岐線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25528760.html
の記事は、ずいぶん前に書いていますので
今回、四国の線路の話を書くのは実に6年ぶりです。

真の四国巡礼(?)
線路巡礼:予讃本線宇和島駅

イメージ 3

終端駅らしいステキな駅です。

イメージ 4

引上げ線があって
そこが線路終端です。
なんていい感じ♪

イメージ 5

お約束の線路写真

ここは延長計画とかなかったみたいですね。良かった(笑)


1988年に四国V字ルート巡礼をしたときも
宇和島駅を再訪しています。

イメージ 6

線路終端の周囲の様子。貨物用ホームらしきものもあります。

イメージ 7

ほんとにいい感じの駅と線路ですねぇ。


1994年5月に
奥さんと一緒に四国巡礼しましたが。
そのときも
宇和島駅に立ち寄りました。

イメージ 2

引上げ線は健在でした。
良かったねぇ(このホーム階段もステキ♪)。

でも
そのときから20年近くたっています。
今はどうなんでしょう?
そろそろ、また四国巡礼しなくちゃね。
線路こそホンモノの巡礼(笑)


おまけ
宇和島駅は予土線の事実上の終端駅も兼ねています。

ひとつ手前の北宇和島駅。
ここが両路線の分岐点。

イメージ 1

ちょっとシンプルすぎて
面白くない(殴)


-----

(お詫び)
昨日書いた海部駅の記事
なんと6年前に同じ記事を書いていたことが判明(泣)

先に書いた記事は
再訪後の線路の記述もあるので
そちらを正当といたします。

せっかくなので
今日の記事は昨日の記事の冒頭を拝借してあります(気づきました?)

細かいブログですねぇ(失笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR