FC2ブログ

安近超短のグアムの旅3、ぐち編

グアムの旅は完結しています。
書庫を独立させていますので、興味がありましたら
2009年グアムの旅第0話から読んでね。

イメージ 6


グアムの旅。
滞在48時間のですが、仕入れたネタをあれこれ。

ネタ1。
グアムといえばビーチ(だと思う)

思った以上にキレイですよ。
珊瑚がないのが残念ですが、手軽にシュノーケルが楽しめます(ブクブクセットを持参して正解)

意外なのは、
グアム流プライベートビーチの存在。
私有地でビーチを囲って整備するのではなくて、
ビーチそのものを私有地にしているみたい。
だから、海からも入るのも有料です。
セコイです(泣)

もちろんメインのタモンビーチはOKですけど。
それえでもビーチ沿いの高級ホテルの中を通らないと出られない。

イメージ 3

ここは数少ないビーチへの入口。
泊まった安ホテルから5分の場所。
なかなか絵になります。
(ここが有料ビーチだったら暴動が起きるでしょね、笑)

初日に行った無料ツアーは典型的な有料ビーチ。
ツマンないの。
無料ランチだけ食べてさっさと帰ってよかった。

タモンビーチ北側のガンビーチ。
ここの先にもプライベートビーチがあります。
旧日本軍大砲の脇に、そこへの抜け道があるのですが。

イメージ 1

ちゃんと日本語で立ち入り禁止。
(何故か英語では規制がない)

日本やハワイのビーチにはこんなセコイ場所はないですよね。
南の島って、意外と世知辛いです(泣)

ネタ2。
グアムには公共交通がない。
だからタモン地区以外には何処にも出かけられませんでした。
ハワイ(オアフ島)だったら、
ザ・バスに乗って簡単に島の裏側のビーチにだって遊びに行けたのに。

イメージ 2

その代わり?
タモン地区のビーチ・ホテル沿いとショッピングセンター間には
タモンシャトルという便利なバスがあります。
日本からツアーに参加すると、これを利用できるチケットがサービスで付いていることが多いらしいのですが。

でも、今回利用したH1Sはダメなんだ。
独自に、
シャトルバスを走らせているのです。
これがタモンシャトルと経路がほとんど同じ。
この独自バスは、H1Sのツアー参加者だけが利用できるというもの。

タモンシャトルは10分おき。
H1Sバスは30分おき。
経路もバス停もほとんど同じなので、待っているとメチャクチャストレスが溜まります。

はじめからこんなセコいバスサービスがなければ、タモンシャトルを有料で利用するのですが、
なまじ無料チケットがあるから性格的に使えない(大泣)

おまけに、
初日はバス運転士のいい加減な案内で楽しみにしたフードコートに行きそびれるし、
2日目は、帰りのバスが40分以上来なくてキレそう
(その間、タモンシャトルは5台くらい通過しました、泣)

H1Sバスは自分のツアー客以外は一切乗れないという独善的なモノ。
こんなことしてると皆に嫌われるよ。
(この会社はハワイでも同様の愚行をしているみたいですね)

おまけ。
このシャトルはトロリーもどきの車両を使いますが。
大きなバスを使うこともあります。
そのうちの1台は冷房が不調。
窓は開かずに車内は蒸し風呂。
イメージ 4

おまけに、
バスの扉が手動なんです。
運転手さんが、このハンドルでグイと操作するんです(初めて見たかも?)
フレンドリーな運転手さんが、ちょっと好感持てます(笑)

ネタ3。
今回は安い、近い、超短い、です。
酷いホテル(パシフィックベイホテル。最低)と
メチャクチャなフライト時間(深夜便+早朝便)ですが、
24,800円です。
でも安ければイイや。
安いを極めるために、
今回は現地で二人で30ドルくらいしか使いませんでしたね!(笑)
(オミヤゲ代は除く)

ところが、
帰国後調べてみると、
同じ日出発の3泊4日ツアーで、他のメジャー会社の方が安いのです。
2万円以下がある(泣)

今度から、
もっともっと、もっと良く調べます!(反省)

-----

ということで、
旅行4日目。
その日のホテルは出発まで利用できます。
深夜1時半集合。
寝過ごしたらタイヘン。

深夜(早朝?)のグアム空港。
4:20のフライトなのに、
律儀に2時間前に来るんです。
ホテルから空港まで15分くらいなのに(もっと近いかな?)

空港で時間がありすぎ。
こんな時間なのに空港内売店は全部営業中。
たぶん全部日本人向け(笑)

この空港で、
どうしてもチェックしておきたい看板がありました。
到着ロビーを出たところにあるんです。
(到着したときは撮る余裕がなかった)

イメージ 5

グアムの英雄なんだ。
(グアムと言えば昔はこの人のイメージ?少ない観光資源に貢献していますね、だから英雄?)

(追記)
かめこくさんのコメントで気付きました。
英雄・横井とは「横井英雄」のことなんですね。
あの人の名前だったんだ(笑)
日本語看板なんだから紛らわしいことするなよ~(それともワザと?)

この後、
空港で寝てました。ぐぅ。

定刻に離陸。
そして、何故か定刻より早く成田空港に着きましたとさ。

たった48時間の滞在。
シュノーケリングと、
モンゴリアンバーベキューの旅かな?

ウチの奥さん、意外と気に入ったみたい。もう一度行ってもいいとか。
私は微妙だなぁ(線路もないし)。
でも、沖縄より安いというのは魅力ですね。

これにて
安い近い超短いグアムの旅、オシマイ。ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト



安近激短のグアムの旅2、タモンビーチ編(おサカナ三昧)

近い安い短いグアム2日目。

なんとか8時頃に起きることが出来ました。
まだ2日目ですが、早くも予定は全くなし(笑)
とにかく近くのタモンビーチで戯れましょう。

安ホテルの近くにABCマートがあります。
朝食はおいしいコーヒーとホットドック購入。
ハワイでもお世話になりました。ABCマートばんざ~い。
(あの有名なゴザもちゃんと店頭で売っていました)

タモンビーチ。
このビーチに沿って、有名高層ホテルがずらりと並んでいます。
たぶん、グアムで一番地価が高いところでしょう。
残念ながら利用したホテルはビーチ沿いでも、ビーチが見える部屋でもありません(泣)
でも、歩いて5分でビーチには出られます。

昨日、午後の日差しは強烈でした。
ビーチを楽しむなら午前中ですね!

イメージ 1

とってもきれいな砂浜。
椰子の木陰は快適。
なのに人が少ないですね~。何でだろ?

かなり遠浅な海。
サカナはいるのかな?

いました!
ちょっと泳いだだけで、青い魚がお出迎え。
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

沖縄みたいなきれいな珊瑚はないのですが、
サカナはたくさんいます。
とにかく青いサカナが多い。

もうシュノーケルしまくったのですが、
ビーチをさらに歩いていくと、
イパオビーチ。
砂浜をそのまま歩いて来たのに、何故かビーチの名前が変わります。
奥さんはここに来たかった、ということなので結果オーライ?

ここでもシュノーケル。
おおっと、さらにたくさんのサカナに遭遇。
イメージ 5

基本的にサカナの種類は同じなんですけど。
もはや水族館状態。
これが浜からちょっと泳いだだけで見られるなんて、シュノーケルって楽しいな♪

ビーチを歩いてホテルに戻ります。
もう、日差しが痛い!

イメージ 9

ということで、タオルを被って怪しげな旧日本兵スタイル。
水着なんかすぐに乾いちゃう。

とりあえずシュノーケルは大満足だったので、
昼間から部屋でビールで乾杯♪
(ABCストアで売ってるビールは、何故か日本メーカーの方がアメリカバドワイザーより安いです。輸入用だから?もちろん安い方を買います)
海あがりのビールは美味い!
リゾート気分だねぇ。ここからビーチは見えないけど(笑)
(ちなみに、合衆国では公共の場での飲酒は御法度なんです。だったらタバコも禁じてくれればいいのに)

午後はショッピングセンターめぐり。
今度は無料シャトルバスで不愉快な思いをしませんように!

プレミアムアウトレット。
ここのフードコートで、モンゴリアン鉄板焼を注文。
イメージ 10


野菜5品と肉で6.5ドル。
おまけに一皿で二人分のボリュームはありますね。

イメージ 6

これは大正解!
本当は昨晩、これを食べたかったんだようぅ(泣)
(はじめ鉄板焼とは知らず、選んだ生肉をそのまま食べるのかと焦りました、笑)

シャトルバスを乗り換え
グアムで一番有名なショッピングセンター(?)
Kマート。
海外旅行に行ったら、絶対に現地のスーパーには行きたいものです。
たとえ日本人客氾濫のグアムだって。
食料品とか、ものすごく期待していったのですが・・・
意外とツマラン。惣菜類が売ってない。食料品が高い。
一応、お土産とか買いましたけど。

またホテルに戻って。
今度はビーチの夕日に備えます。
昨晩は×でしたから、最後のチャンス。

イメージ 7

雲がかかってしまったので、沈む夕日は見られませんでしたが、
夕焼けはとってもきれい!
イメージ 8

午前中は人がまばらだったのに(昼間はもっといない)、
この時間は多くの人がビーチをお散歩。
要するに、
海で泳ぐ客は少ないのですね。
何しにグアムに来るんだろう?
ブランド品に全く興味がないので理解不能(笑)
もっとも、それでグアムの経済は成立しているみたいですけど・・・

この日は別のフードコートで夕食の予定。
何故フードコートに拘るのかというと、
チップが不要だから!
あれくらい面倒なものはない(怒)

ザ・プラザというメジャーな施設。
ここに入っているはずなのですが、
いくら探しても見つからず・・・

潰れていました(泣)
またも夕食は外れ。
おまけに、今度は帰りのシャトルバスがちっとも走ってきません。
渋滞なんかないのに。
おかげで、
夕食はABCマートでお買い物。部屋メシ。
これは意外と高いのですよね(泣)

さてさて。
もう帰国の準備をしないといけません。
なにしろ明早朝4時の飛行機です。
ホテルを1時半にチェックアウト。
それまで部屋で寝られるのですけどね・・・

グアム滞在時間は、ほぼ48時間でしたぁ(笑)

旅のグチ編に続く(予定)

安近激短グアムの旅1、ガンビーチ編(初日からハードスケジュール)

安かろう悪かろう旅行記の始まり~。

グアム4日間。
安い(2万5千円)
近い(3時間半)
激短い(実質2日間)

4月18日(土)
成田空港21:30発。
一応海外だから2時間前集合。

グアムまで飛行機で3時間半。
機内で映画を見ているとあっという間。寝るヒマなし。

時差で+1時間なので、
現地には2時についてしまう。

2時というのは、深夜の2時です。
ホテルにチェックインできたのは3時半。
予想通り酷いホテルだけど、早く寝ないと!

4月19日(日)

頑張って起きないと~

ホテルの3階の部屋。
窓の外には、
イメージ 2

海よりも空よりも青いモノが建っていました。

部屋はサイテーだけど、
ビーチまで歩いて5分。

とりあえず軽くビーチ見学。
イメージ 1

なかなかキレイじゃないですか!
ここはタモンビーチ。
このビーチがあるタモン地区がグアム観光の中心。

今回のツアーには完全フリーですけど。
初日に無料ビーチツアー参加を選択できるのです。
ランチ・飲み物も無料という条件に釣られて、これを申し込んであります。

10時にバスがホテルに迎えに来て、
ちょっと離れた○○ビーチへ。
無料ということもあって、同じ旅行会社の客はほとんどが参加したんじゃないかな?

ところが、
このビーチは、カネを払わないと何も出来ないシステム。
海で暴走行為をするモータースポーツをやらせてカネを取るだけの場所。
せっかくビーチはきれいなのに、
シュノーケルをする場所もない。
ビーチで寝るだけ・・・

なるほど。
だから無料参加ツアーなんですね。
土産物屋を回遊するツアーと同じだ!
このシステムをすぐに見抜いた賢いウチの奥さんの提案により、
さっさと帰ることにしました。
12時の最初の帰りのバスで戻ります(帰りのバスは1時間ごとに選べた)
このバスに乗ったのは私たちだけでしたけど(笑)

でも、
無料ランチだけはしっかりとビーチで頂きました(笑)
イメージ 3

これが意外と美味しい!

さっさとホテルに戻り、
予定していたガンビーチに行きましょう。

タモンビーチの外れにニッコーホテルがあって(そこまでは無料バス)、
そのさらに先に、地元ご用達のビーチがあります。

イメージ 6

いい感じ。

このビーチの奥に、
歴史的なモノがあります。

イメージ 4

旧日本軍の砲塔。

これを見て、
海外まで来たんだな、という感じ。
なにしろ、英語よりも日本語表記の方が多い島ですから(笑)

この島には、
他にも戦争モニュメントが多数あるらしいですけど、
どれもキレイに装飾されているそうです。
そんなのツマラナイ。
(わざわざ鉄道博物館に鉄道を見に行くみたいな愚行ですね)

イメージ 5

この錆びた砲身こそが、
いろんなことを語ってくれます。

無駄な戦争をしなければ・・・
その他いろいろ(書き出すとキリがないので、略)

ちなみに。
この砲身の中には、
弾丸の替わりに小さい椰子の実がたくさん詰まっています。

さっそくシュノーケル(道具は日本からわざわざ持参)

残念ながら、あまりサカナは多くアリマセンが、

こんなモノが見えます。
イメージ 7

恋人岬と呼ばれる、
グアム最大の名所らしいです。
(中国語で「情人岬」、こちらの方がイヤらしくていいですね、笑)

ここに入るのが有料なんだって!(驚)

こんなもの、
海から見たほうが迫力満点。
誰か落ちて来たらどうしましょう(笑)

イメージ 9

ガンビーチにはナマコがたくさんいました。
現地の子供が、わざわざ手に取って見せてくれました。
ありがとう(汗)

ビーチから戻って、
夕陽を見ようとしましたが、
これは不発。
おまけに、無料バスの運転士がバカ野郎で
予定した店で夕食を食べ損ねる事態に・・・

起死回生の策で、
ホテルのすぐそばの中華料理屋に入ってみました。
ひょっとしたら、
こんな場末の店が美味しかったりして・・・

ハズレ!(泣)

イメージ 8

ウドンのような麺
私は
20年前に中国大陸で食べたものすごく不味い本場のラーメンを久々に食べました。
こんな南の島に伝統は残っていたのですね。
だから、ちょっと感動です(笑)

でも、
奥さんにはものすごく不評。
無料バスの不手際と不味いもの食べたおかげで、
なんか盛りあがりませんね~

二日目に続く。
というか、もう最終日なんですけど(笑)

グアムの旅第0話、線路のない世界から帰って来ました。

先程、
線路のない世界から帰って来ました。

3泊4日(実質2日間)の超格安弾丸ツアー

現地を早朝4時20分発!
3時間半のフライトで
成田空港に7時5分着です。

そのまま会社に行けそうな時間なのですが。
ちょっとギリギリ。
少しでも遅れたらアウトだし。
おまけに背広の着替えをどうしよう、と悩んでしまい。
結局、半休を取ってしまいました。

ところが、
飛行機は10分も早着してしまい。
帰りの京成電車も余裕で間に合っちゃいました(勿体無い)

通勤客で混雑する京成電車に乗って、都心の地下を突っ切って、自宅に帰って来ました。
そのまま会社行っちゃえば良かったなぁ・・・

行き帰りのJALウエイズの飛行機。
3時間半だけど、ちゃんと機内食が出ます。
弁当なんです。
これが本当の空弁♪。

イメージ 3

風呂敷がカワイイ(行きは赤、帰りは青)

イメージ 1

もちろんビールつき。
行き(深夜)はもちろん、
帰り(早朝)も飲んじゃいました。
アレ、このまま出勤したら酒酔い勤務ですね(笑)

ということで、
一度帰宅して、
ベランダ植物に水をやって、
ブログを書いて、

仕事に行ってきます!

旅行前は、ちょっと体調不良だったのですが。
帰ってきたら、さらにオカシクなりました?

ちなみに、
ウチの奥さんは、空港からそのまま職場に行ってしまいました。
元気だね~
(荷物は私が持って帰るの。宅配便なんか絶対に使わないよ、笑)

イメージ 2

ビーチは予想以上にキレイ

イメージ 4

持参したぶくぶくセットと水中カメラパック大活躍♪

沖縄より安い外国の島。
こんな感じのイメージだけど。
ド安い料金でタイヘンでした(疲)

次回から、たらたらと記事を書きます(予定)
線路ネタは全くないのですが・・・
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR