FC2ブログ

紅葉の見ごろ?の高尾山(予想通り?大混雑~)

祝日で晴天。
奥さん連れて高尾山に紅葉を見に行ってきました。

混むと嫌だから早い時間に行きたかったのですが
ダラダラで。

明大前駅から乗った京王線電車準特急八王子行きはガラガラ。
山も空いていたらラッキーなのですが。

イメージ 1

高尾山口駅に到着
線路の車止めの先も紅葉しています♪

イメージ 2

でも。
駅前は大混雑。
いったいどこからこんなに沸いてきたの?

今回は
いつもと違うルートで登ってみましょう。

6号路というのがあって
ケーブルカー乗り場駅の左側から出発。

沢沿いの道。
この道なら空いているかなと思いましたが、
こちらも混雑(泣)。
狭いから上り一方通行に規制されているので、まだ助かりますが。

イメージ 3

でも沢沿いっていいですね。
道は混んでいるから、こちらを歩いてしまいたい!(殴)

70分くらいで
高尾山山頂に到着。
このコースだと薬王院とかいう神社を通らない(別に興味ないので)。

途中は紅葉ちらほらでしたが、

イメージ 5

山頂は紅葉の満開!
これを見ごろというのでしょうか?(爆)

イメージ 6

紅葉の下でノンビリと・・・

イメージ 4

山頂から富士山も見えたのですよ!
(写真には写らないですね。汗)

さらに、
ここから神馬山に向かうルートの出だしまで。

イメージ 7

もみじ台という名前の場所なので期待しましたが
ここはもう終わっている感じ。

この先
陣馬山まで5時間だそうです。
かなりの人が歩いていくので、勢いで歩いてみようかと思いましたが

奥さんいわく
今日はおにぎりを持ってこなかったから行きません。
という理由(?)であえ無く却下。

イメージ 8

帰路も工夫して
さらに迂回する稲荷山コース。

下り坂はきつい。
上り坂の方がはるかにラク(泣)

おまけに
どんどん人が上ってくるのです。
高尾山って午後に上る山なの?

途中、
下界が一望できる場所があります。
今日は八王子市街しか見えなかったけど。満足。

ここでトイレ。
(どこもトイレは長蛇の列。まだ空いている方だったので)

ケーブルカー乗り場駅まで降りるのに70分もかかっちゃった(行きより長い)。

ケーブルカー駅にて。
午後なのにまだたくさん並んでます。

イメージ 9

利用しないくせに
線路を堪能させていただきました。

イメージ 10

(子供のころ乗ったことがあるけど。
 こんな短いケーブルカーに乗ることは一生ないでしょう。爆)

おなか空いたので
駅前で饅頭を2個かって(95円×2)、
お茶をもらって大満足。高尾山グルメも堪能しました(笑)

帰宅の電車も空いていました。
早く戻ってきたおかげかな?


高尾山
晴天で紅葉はサイコーでしたよ。
時期的にまだ早いのか遅いのかよく分かりませんが(笑)
でも、
山道が渋滞しない時に行きたいですねぇ・・・


残念なのは
山頂でブルーシートを敷く無法な輩がものすごくたくさんいること。
ものすごく邪魔。通路を塞ぐし。
あの花見と同じ愚行が紅葉でも始まったのね(泣)
あれが日本人の伝統行事だとか持て囃すバカも多いのですが。


コースメモ(誰かのマネ)

高尾山口駅9:40
山頂10:10
もみじ台10:40
(戻り)
途中トイレ待ち時間約20分
ケーブルカー駅13:10

帰宅は15時。
おうちでワインランチ(高尾山で食べたつもり)&お風呂(温泉のつもり)ですぅ(笑)。
スポンサーサイト



駅前紅葉:高津戸峡(電車で片道3時間半・・・)

奥さん連れて、
電車で楽しめる駅前紅葉に行ってきました。

田園都市線から東武線直通の久喜駅行き。
この終点まで1時間半以上も乗って、
さらに2回乗り換えて(笑)

片道3時間半~(ぜんぶロングシート)

やっと、
群馬県の東武赤城駅に到着。
今回も株主優待券利用です。

紅葉の目的地まで
赤城駅から歩いても行けるのですが、

無料の貸し自転車が残っています。
行楽シーズンなのに。

ということで
二人で借りてあげましたよ(殴)

イメージ 1

ありがたく
お借りいたしました。
奥さん、改札口を自転車で通るのは初体験なので大喜び。

ここから
旧足尾線の大間々駅を経由して、
(わざわざ運賃が高い第○セクターを利用しなくても、東武鉄道だけで来られるのがミソ)

やってきたのは
高津戸峡渓谷。

今年の夏、一人でここまでやって来て、
今度は紅葉の時期に来てみようと思ってたのです。


ヤフーの紅葉特集では「見ごろ」マークなのですが、

ちょっと早かったんじゃない?(汗)

イメージ 3

渡良瀬川の渓谷に沿って遊歩道があります。
階段がかなりキツイ。
つまり健脚の年寄り向き?
途中の看板の外国人は群馬県だから?(爆)

橋と橋の間の
渓谷沿いの450mの遊歩道です。

イメージ 2

この渓谷
東の耶馬溪と呼ばれるそうです。
それほどのものかなぁ
(耶馬渓を歩いたことないのですけど。笑)

イメージ 4

ここは、
河原に下りることが出来るのがいいです。

イメージ 5

紅葉は川から見るものかも?

イメージ 6

水量が多くて、川の流れがいいんです。
音を聞きながら、しばし休息。

イメージ 7

甌穴(ポットホール)もあります。
でも、穴の中の石が丸くないのは何故?

なんか、
これだけで満足してしまったので、帰ることに(爆)


ここは「そば」が名物なので探しましたが見つからず、
地元のB級グルメ「カレーうどん」が名物という店に。

ところが
注文してから20分も待たせたうえに、
これから作りますので15分かかりますだって。

バカやろう!(コノドント博物館の前にある目立つ店です。最低)

さっさと店を出て、
もう食べて帰る余裕はないかなと思ったら、

赤城駅に戻る途中で、別の蕎麦屋を発見。

今度はすぐに出来ることを確認して注文。
確かに早かったけど、
歯がない人にちょうどいい、ゆるさ!

まぁ
値段が安かったから許します。
もりそば360円。あのサイテーの店のカレーうどんの半額(爆)


赤城駅から電車に乗って
また片道3時間半。

ちなみに現地滞在時間は3時間(渓谷には1時間半)。

ぐったり疲れましたが。
お金はあまりかからなかったです(爆)

駅前紅葉シリーズ
今年はもっと行きたいので
ネタを探しています。
(紅葉シーズンの路線バスは乗りたくないので。汗)

奥さんはもう懲りたみたいだけど・・・

松代観光(またもトンネル?)

先週末、屋代線を巡礼したとき
沿線唯一(?)の町
松代を観光してきましたよ。

イメージ 1

駅に無料レンタサイクルがあります。
(損害保険料100円がかかりますけど。安い)

けっこう利用者は多いです。
駅の窓口で借りるのですが。
借りる時
ここまで来た交通機関を聞かれるのです。え?

これは奇特な鉄道利用者へのサービスじゃないの?
駅までクルマで来る奴なんかに貸すなよ(怒)
ほんと商売意欲がないね(泣)

松代は歴史的に見るものが多いですが。
最近脚光を浴びているのが

松代地下壕
通称、松代大本営跡

ちょっと駅から離れていますが
自転車ならすぐ。

イメージ 2

ここが入り口。
無料なんです♪

自由に入れますけど、
ヘルメット着用

イメージ 3

中は思ったより通路が広い。
高さもあるので全くそのまま歩けます。
あのホーチミンのクチ・トンネルとは大違い。

そして長いです。
公開されているのは一部だけなのですが、
それでも片道500mも歩くことができます。

イメージ 4

これは
トンネル掘削用のトロッコの枕木跡。
ついでにトロッコも置いてほしいところです(笑)

イメージ 5

こんな風に
まるで地下団地のように整然とした設計。

太平洋戦争末期

政府要人が東京から逃れて
自分たちだけ地下で安全に快適に過せるように突貫工事で作ったそうです。

ということは
大事な「鴨場」も作られたのでしょうか?(爆)

戦闘用に作られたベトナムのトンネルとは大違い。
(これじゃアメリカに勝てないわけだ・・・)

これだけの戦争遺跡が無料で見られるなんて感謝です。

そのあと
松代の古い町並みを自転車で走りまわります。

イメージ 6

この踏切の向こう側(北側)が
松代城跡。
(電車が来てしまったので見えないじゃないですか。失笑)

石垣と堀しか残っていないのですが。
松代駅のすぐ後ろなのです。

イメージ 7

これはホームから見たところ。
駅の北側には使われてない線路があることも要チェック。


さて。
松代といえば「真田氏」の城下町というのが観光の目玉なのですが。
どいつも「真田幸村」目当てなのね。
その兄の「真田信之」こそが真田を残した功労者で、
この松代は信之の遺産なのに。残念。
(歴史にキョーミがない人にはドーデもいいことだと思いますけど)

超暑い日でしたが。
1時間半くらいの滞在で
これくらい楽しめましたとさ。


さて。
21年前にも松代に来たことがあります。
そのときは奥さんを連れて
ここから北に歩いて
川中島古戦場を訪問しています。
いや、この日も暑かったですぅ(泣)。


ローカル線を
ただ往復するだけだと印象が残らないものですが。
こんな風にちょっとした観光付きだと、
いつまでも覚えておけるものですね。

じゃんじゃん。

また三島です。楽寿園の池とカワセミ見ました!(ワムさんは?)

三島駅前の「楽寿園」。
ウチはとっても気になる場所なのです(老人ホームじゃないです。念のため。汗)

ここに小浜池という富士山の湧水でできた池があるのです。
水が溜まることは近年珍しいのですが
この夏は期待できるそうで

奥さんと行って来ました

楽寿館という昔の建物。
普段はガイドツアーでないと入れないのですが
今回は自由に入って見学できます。

イメージ 1

ここの庭園の小浜池を見るのが夢でした~(爆)
(前回来た時は、全く水がなかったのです)

イメージ 2


イメージ 3


屋敷の中もなかなかいい感じ。
(今回は撮影自由)

イメージ 4

小浜池と楽寿館を一緒に見るのがお約束。

これで水位95センチ。

150センチが満水で、それくらい溜まったらすごいですねぇ
(5年に一度くらいしか溜まらないらしい)

楽寿園の中にはチープな動物園もあるのですが。

嵌ってしまいました(笑)

あの三島の脱走サル「ラッキー」も、ここに留置中。

意外と気に入ったのが、
プレーリードック。
イメージ 5

穴に入りそうで入らない(爆)

楽寿園見学後、
また駅前で借りた無料自転車を使って、
向かったのは寿司屋。
(コロワイドグループの商品券が使えるというだけの理由で、汗)
イメージ 6

ウチにしては珍しく
高い色の皿をたくさん注文。
二人で3,500円も食べてしまいました。
最後にひとつオマケあり。

駅に戻る途中。
三島ですから、水のきれいな場所がたくさんあります。

イメージ 7

この池の向こう側に富士山が見えるハズなのですが(残念)
さらに
自転車を降りて
すこし川を歩いてみると
バードウオッチャーが屯しています。

イメージ 8

カワセミ!

どうやら飛んできたばかりだそうです。

コレが飛ぶところを見たいですよね。

ずいぶん待ったら・・・

飛んだ!

イメージ 9

さらに近い場所にとまってくれました。

イメージ 10

私の10倍デジカメで
こんなにキレイに撮れるなんて♪

青いカワセミを堪能しました。

三島っていいところですねぇ
(もう5回くらい来てますね。18切符で来るにはちょっと勿体無いけど)

当初の予定では
三島では楽寿園の池と寿司屋だけだったのですが。
暑いからサイクリングが気持ちいい。

でも、
おかげで三島駅で青いワムさんを見る時間に間に合わず(泣)

(線路編に続く!)

仙台の長い夜。新幹線緊急停電!

石巻で津波跡を見た帰りの話の続き。

なんでも乗り放題のJR東日本パスですから、
このあと
盛岡駅に行く(わんこそば~)
北上駅に行く(奥さんが会員のスポーツクラブが使える)
を狙って
小牛田駅から陸羽東線で古川駅へ。
ここから新幹線で一気に北上!
と思ったら。

現在時間を1時間間違えてました。
北に向かったら日帰りできないことが判明。
あわてて仙台駅に向かうことに(汗)


仙台駅に17:45頃到着。
東京に戻る新幹線の最終まで3時間以上あります。

まだ明るいし、
私一人なら線路乗りまくるのですが(汗)

もう夕食にしましょう!

仙台といえば、

牛た・・・

じゃなくて、

ピザ屋さんです(爆)

ここにもコロ○イドのチェーン店があって、
株主優待券を有効利用します~
(これは奥さんの提案)

イメージ 1

この店が入居しているのは
こんな素晴らしい展望台を備えた高層ビル。
無料です。
仙台って太っ腹(?)
でも高層階の店舗はピザ屋以外未入居。空き。
これは地震のせいじゃありません・・・


仙台発の新幹線があるので
これの自由席で帰ることに。

二階建てマックスぅ、という新幹線。

これの指定席は満席なのに、
自由席はガラガラ(笑)。

でも
最後の試練が。

白石蔵王駅を出たすぐに、
新幹線はいきなり緊急停車!

車内の電気が消えました・・・

イメージ 2

ちょうど
反対側から来た列車が
目の前で停止。
こちらも真っ暗。

緊張が走ります。

イメージ 3

車内アナウンスによると、
情報が入らないので、携帯電話で収拾した情報だと、
地震発生による送電の緊急遮断とのこと。

停電だと
電車の無線も使えないの?

やばい、
やばすぎます。

これは
憧れの列車ホテルに泊まる事になるかも(殴)

3列シートなので
二人で分かれてシングルベットをゲット(要領がいい?)

枕が欲しい~


10分後。
電気が戻りました。

な~んだ、じゃなくて、良かった良かった(爆)

このあと
新幹線はぶっ飛ばして、
東京駅には定時に着きましたとさ。

これにて
JR東日本パス10,000円を使って
日帰りで石巻に津波跡を見に行く旅はオシマイ。

東京-石巻の新幹線往復は約23,000円。

まぁ。損はしてないからいいか・・・

新青森往復より、
はるかに貴重な経験をすることが出来ました。。。
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR