FC2ブログ

ケニアでサファリ4、マサイマラ動物保護区でチーターのハンティングに遭遇。でもオスライオンはどこにいるの?

ケニアでサファリ
いよいよ最後のマサイマラ動物保護区

ナクル湖国立公園からマサイマラ動物保護区まで
悪路を走りこと6時間
再びパンクありの苦行
ようやく
マサイマラに到着
フィグツリーロッジ(空いてました)
レセプションからロッジまで遠いけど

イメージ 1

樹の上に登れるのがサイコー
ここで2泊

イメージ 2

夕方のサファリ

イメージ 3

チーターが獲物を狙っています

イメージ 4

ハンティングを見ることができました!
走るのも逃げるのも速過ぎて写真には収まりませんけど

イメージ 5

こちらが御馳走の皆さまです
誰も捕まらなかったみたい
ヨカッタネ?

イメージ 6


ロッジに戻って
ハンティングが見られた興奮と勢いで
オプションのナイトサファリ(一人50ドル)も申し込んじゃいました
20:30から2時間ほど

イメージ 7

夜もシまウマがいるよ
この他
ジャンピングなんとか、
レオパルド(豹)なんかが見られました

イメージ 8

ロッジに戻った後
マサイ族のガイドさん達と焚き木を囲んでココアタイム、美味しい

イメージ 9

マサイさんに
写真を撮って送ってくれと頼まれましたので、ご一緒に

イメージ 10

翌朝のサファリ
ここは気球で空からもサファリ出来るんですけど
落ちたら困るので(料金が高いから)

イメージ 11

これは
象のウンチ
踏むとタイヘンです

イメージ 12

この日もハンティングが見られそう

イメージ 13

ライオンもたくさん逢いました
平気でサファリカーのそばを通りすぎて行きます

イメージ 14

もう
慣れちゃっているのですね
ニンゲンは手を出さないと
自然と共存?

イメージ 15

かっこいいけど
メスライオンばかりなんです

ハンティングも見られたし
ケニアに来て
まだ見ていないのは
オスライオンだけ

オスライオン見たい!
ガイドさんはパパライオンと叫びながら探しまくります

けど
オスライオンは見つからず

ロッジに戻って
ツリーの上でノンビリ
空いているので貸し切り状態

イメージ 16

樹の上のテラスで
黒人さんの給仕さんにビールを注いでもらって
極楽極楽
ビールを飲みながら本を読んでくつろぎます

イメージ 25

(この時の給仕さんが、記念にビールのラベルだけたくさん持ってきてくれました
収集家じゃないんですけど、ありがとう)

そして夕方
最後のサファリ
オスライオン探しの最後の機会
まずマサイ村を訪ねる予定だが、
村に男がいないということで翌日に出直すことに
早めにサファリへ
オスライオン探しの方が優先!

イメージ 17

途中でサファリカーがトラブル
公園内で外に出てはイケナイのですが
非常事態なので特別に?
自分の足で大自然に立つとちょっと興奮

イメージ 18

またライオン家族に遭遇
メス2頭、子供2頭
でもオスライオンはいない

イメージ 19

じゃれじゃれ

散々探しても
やっぱりオスライオンはいない

もう暗くなり
あきらめ掛けた頃

奇跡が起きました

イメージ 20

オスメスのライオンペアを発見!

イメージ 21


イメージ 22

本当に
もう帰る途中の出来事
ラッキー♪
大感激

イメージ 23

去りゆく姿が
またカッコいい
ケニアに来て良かった

夕食後
焚き木を囲みながらエリック氏(ガイド)とデビッド氏(ドライバー)と歓談
もう明日は帰国日なんです
オスライオンも見つけてくれてありがとう!

イメージ 24

昼間も遊びに来たマサイの兄ちゃんが
夜も来ました
ウチの奥さんを誘惑しに来たみたいで困ります(爆)

ケニアの旅
次がようやく最終回帰国編ですけど
おまけもあります
スポンサーサイト



ケニアでサファリ3、アバーディア国立公園で下痢(泣)、赤道と大地溝帯を過ぎて、フラミンゴのいないナクル湖国立公園

野生の王国(古い表現ですけど)
ケニアの4つの国立公園でサファリをしましょうツアー

イメージ 25

(画像集からお借りした地図)

アンボセリ国立公園の次は
アバーディア国立公園、
ナクル湖国立公園と移動、忙しい

イメージ 1

朝食後、
サファリカーに乗って
南のアンボセリ国立公園からアバーディア国立公園へ移動(約6時間)
キリンさんを轢きそうになりました?(汗)

一度ナイロビまで戻って反対側に進む感じ。効率が悪い。

ナイロビを過ぎた途中で車の調子がおかしくなる
エンジンのファンベルトが切れたらしい

イメージ 2

通りすがりのトラックに引っ張ってもらいます
でも、牽引のロープがすぐに切れてしまう

イメージ 3

結局、
途中の土産物屋でタクシーに乗り換えて
昼食も途中のレストラン(予定ではアバーディア到着後のロッジでした)

こういう時こそ
野生の王国の線路探し

イメージ 4

踏切みたいなものを野生の勘で発見!

イメージ 5

せンろがいるよ
ついでにニんゲンもいるよ

結局3時間遅れでアバーディア到着16:30

アバーディア国立公園
公園内のロッジに泊まるため
まず公園入り口付近のホテルにチェックイン
公園内ホテルにはスーツケース等は持ち込み禁止
1泊分の手荷物を持って
公園内へは各ロッジ連絡バスで移動
ところが宿泊先のジ・アークホテル行きのバスは1時間後の17:30

ジ・アーク
アバーディア国立公園内でも特に有名な木造高床式ロッジ
前庭に池があって集まってくる動物を見ることができます
特に夜
夜間照明のもと、
珍しい動物が来たときはドアをノックして知らせてくれるサービスあり
遅れて到着のため
昼間のお楽しみは完全になくなってしまいました
高いホテルみたいだったのに(泣)
夜に期待!

イメージ 6

さっそく
象さんが集まって来ています
でも見たいのはもっと珍しい珍獣

ホテル夕食はカリフォルニアから来た老夫婦と相席
コミュニケーションをとるのに四苦八苦(苦笑)

この日の晩
とても珍しいクロサイが来たそうです(現地でもとてもレアもの)

ところが
私は夕食後下痢気味になってしまいベッドから動けず
奥さんが一人で見学に行って興奮して戻ってきました(泣)

なんであのとき起きてこなかったの!
と20年たった今でも時々言われます(苦笑)
だったら引きずってでも連れて行ってくれれば良かったのにぃ
一生の不覚

ここは1泊だけ
遅れて到着したのと
下痢のおかげで
何もできませんでした~(泣)

イメージ 7


イメージ 8

あらためて翌朝の写真を見ると
面白そうなロッジだったのに、残念

はい次!

朝食後(もう下痢は治ったらしい)
サファリカーで
アンボセリ国立公園からフラミンゴで有名なナクル湖国立公園へ移動

途中
大地溝帯(グレートリフトバレー)
アフリカ大陸を死海から南に縦断する巨大な谷(地溝帯)
その規模は日本のフォッサマグナの比ではありません

イメージ 9

巨大な崖を見下ろして
運転手さんと記念撮影
この大地溝帯を東側から西側に向けて横断

今度は、
赤道を通ります

イメージ 10

とても小さな土産物屋の軒先で
赤道を跨ぎます!
でもどっちが北半球なのか不明(爆)

イメージ 11

赤道記念の渦巻きの実験を見学
水を注ぐと渦の向きが
北半球と南半球では逆になります?
だから赤道の真上では渦は出来ない??

というようなパフォーマンスですけど
もちろんヤラセ
10歩くらい移動しただけで磁場が変わるわけがない(苦笑)

イメージ 12

でも
不思議だと思わなくちゃダメ(笑)

イメージ 13

証明書を買いました。お約束らしいので

イメージ 14

ようやく
ナクル湖に到着
レイクナクルロッジ泊

それでは
さっそくナクル湖を目指してサファリ

イメージ 15

孤高のキリンさん

イメージ 16

ガゼルさん

イメージ 17

角アリ

イメージ 18

ばっふぁろー

イメージ 19

サイ
(でもクロサイじゃない)

イメージ 20

あなたはだあれ?

こんなにたくさん動物が見えたのに

イメージ 21

肝心のフラミンゴは
このときは残念がらほとんどいませんでした、残念

イメージ 22

仕方ないので
フラミンゴのポーズ

イメージ 23

キリンさん
ロッジからも動物がよく見えました

イメージ 24

夕食は
キリン肉だったのかな?

このホテルも1泊だけ
とにかく移動が多くて(苦笑)
続く

ケニアでサファリ2、アンボセリ国立公園でのんびり

ケニア旅行記2回目

イメージ 22

(地球の歩き方から)

成田からインド乗り換え
2日目で首都ナイロビ着
翌日ようやく最初の目的地
アンボセリ国立公園に到着
隣国タンザニアの国境付近
ここのロッジに2泊

6/28
早朝サファリドライブに出発8:00

ちなみに
アフリカのサファリというのは
子供のころTVで観た
ライオンを追いかける悪いハンターのことじゃありません
国立公園内を
決められたルートでサファリカーで見て回るツアーのこと
野生動物を探すのが楽しみ
見られるかどうかは運しだい

イメージ 1

さっそく象渋滞(笑)

イメージ 2

この公園
象はたくさんいます

イメージ 3

今日も、
シまウマがいるよ!

イメージ 4

小さくて何だか分からないのですが
草原に貴重な野生動物がいたのでしょう(拡大しても分からず)

イメージ 5

ロッジに戻って
ステキな朝ごはん(お昼かな?)

イメージ 6

昼間はロッジで過ごします
この樹にも何かいますね

イメージ 7

いい感じのロッジ

イメージ 8

のんびり~
おそらく目の前にキリマンジャロが見えるハズなのですが
この日は曇り
昨日はあれほどよく見えたのに

イメージ 9

ロッジでずっと本を読んでのんびり過ごしました
ちなみに他のツアーではマサイ村を観光したそうである
そういうのは別にいいです

午後
キリマンジャロがやっと見えだしました
ちなみに
サファリは朝と夕方と決まっています
昼間はやっぱり暑いから?

夕方サファリドライブ16:00
またキリマンジャロは見えなくなりましたが、
動物はたくさん

イメージ 10

夕方も、シまウマがいるよ

イメージ 11

ハイエナさん

イメージ 12

あの木、何の木?
シまウマがいるよ

イメージ 13

インパラ?

自然公園内は
サファリカーから降りてはイケマセン
危ないからというより
環境保護のためなんでしょうね

小高い丘があって(オブザベーションヒル)
そこは唯一車から降りることが出来ます

イメージ 14

そこからカバが見えます
カバカバ~

イメージ 15

野生動物に囲まれ
ケニアの大地に立つ!
お隣はガイドさん、シまウマがいるよ

イメージ 16

サファリカー
こんな風に屋根が開いてちょっと高いところから動物見学が出来ます

イメージ 17

トリもいます

イメージ 18

カンムリヅル


帰り際、
とてもレアなモノに遭遇

イメージ 19

ライオンの子供!!

イメージ 20

ライオン渋滞ですぅ(笑)

ロッジに戻ってからも

イメージ 21

珍獣を捕獲しました(殴)

これで楽しかったアンボセリ国立公園2泊はお終い
次の国立公園は
また遠い…
続く!

ケニアでサファリ1、シまウマがいるよ。アフリカはとっても遠かったけど、象さんとキロマンジャロがお出迎え♪

再び
昔の海外旅行記
1998年
結婚9年目で
そろそろ最後の大陸アフリカ
(エジプトは行きましたが、あそこは北アフリカという感じなので。南極は想定外)
アフリカというえば野生動物
サファリ!

アフリカの野生動物といえばケニア
でも
とても個人で行けそうもないので
三食昼寝付きツアーを申し込み
「インド経由スペシャルサファリ11日間」
4つの自然動物公園でサファリが出来ます
(ジャパンネットワークツアーズ社)

アフリカは行く準備も大変
インド経由、行きも帰りも乗り換えのため現地一泊
だからインドの観光ビザが必要
インド大使館まで取得に行きま した

黄熱病の予防接種も必要
品川の検疫所へ(こんなところにお世話になったのは人生初)

飛行機も大変
直行便はないみたいで
エア・インドでボンベイ(今はムンバイ)乗り継ぎ
この飛行機も
デリーで途中降機するというおまけ付き

さすがケニアです
アフリカです
行くまでのハードルが高い(苦笑)

それでは出発
6/25
成田12:00→ボンベイ19:45(エア・インド)
途中、デリー経由(17:55着18:55発)
機内映画は「恋愛小説家」

デリーで乗客はほとんど降車したけど、またどっと乗ってきて満席
ボンベイ着
ボンベイ泊
(ボンベイは帰路も立ち寄るので、このときはホテルで寝ただけ。何も覚えていません)

6/26
ボンベイ10:30→ナイロビ13:50
だけど出発は遅れて12:00頃発
ようやくナイロビ15:00着。
迎えの小さい車でホテル15:35着

イメージ 1

ナイロビのホテルから見た市内の様子
ホテル周囲を散策
その当時もナイロビの治安は悪いと聞いていましたが
実際はそんな感じではありませんでした

イメージ 2

ナイロビのシンボルの国際会議場
どこからでも見えます

ちなみに
この年の8月
ナイロビのアメリカ大使館爆破事件が起きて
治安はさらに悪化
私達が行ったのはこの事件の1か月前だったんですね
今から考えてみると(汗)

この日の夕方
ガイドさんに連れられて車でホテルを出て夕食
カーニバルレストラン(アフリカンバーベキューで有名らしい)

イメージ 3

ようやく
アフリカっぽい方に遭遇(笑)
ここではシマウマ肉とか食べましたけど
まだホンモノを見ていません~

ホテルに戻って
興味のないW杯を見たこととメモがあります(何とかの悲劇?)

6/27
ホテルで朝食後
8:00サファリカーで出発、
初めに向かうのは
キリマンジャロで有名なアンボセリ国立公園

イメージ 5

サファリカー
ツアーでずっとお世話になりました
屋根が開きますけど故障も多い

ケニア郊外では
車窓から線路見学!

イメージ 4

車両基地の裏側(見たかったですぅ)

イメージ 6

電車に乗った気分?
世界中どこに行っても線路を見ることは欠かせません(爆)

タンザニア国境沿いの町ナマンガまでは普通の道ですが
そこから公園の中はものすごい悪路

ようやくアンボセリロッジに到着

16:00
夕方のサファリドライブに出発
日本を出て3日目
ようやく野生動物に逢いに行けます

イメージ 7

さっそく象!

イメージ 8

象さんが向かって来ます
怖い~(笑)

イメージ 9

キリマンジャロも見えました

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 13

次々と動物さんを発見

シまウマがいるよ
イメージ 12

ガイドさん
日本語上手なのですが
シまウマがいるよ
という独特のイントネーションが我が家のツボにハマってしまい
シマウマのことだけよく覚えています

イメージ 14

サファリカーの天井を開いて
こんな至近距離から見学

イメージ 15

ケニアの平原に夕日が沈みます
はるばるやって来て
初回のサファリは動物がたくさん見えて楽しかったです~
でも
まだアレとアレとアレとアレを見ていませんよ
続く!

(サファリで人気のライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファローをビッグ5というそうです。全部見られるかな?)


おまけ
夜は
マサイ族のダンス、というのを見学
イメージ 16

ぴょんぴょん
ツアーだとこういうのが必ず付いてきますね(笑)

(1998年のお話です。当時のメモと写真を見比べながら思い出して書いてます)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR