FC2ブログ

名鉄名古屋駅ホームの独特のスタイル、夕刊輸送が健在!

名鉄名古屋駅の話

昔から不思議な駅
天下の名鉄の最重要駅なのに
線路は複線2本しかありません
中間駅と同じですが
上下線をそれぞれ相対式ホームと島式ホーム1面で挟み込む
3面2線路という独特のスタイル
島式ホームは降車専用ですが
有料列車の乗車ホームも兼ねています

イメージ 1

岐阜・犬山方面のホーム
目の前に「行先表示」がグチャグチャに並びます
地元民じゃないと乗り場が全然わからない

駅員さんに聞いてみても
まるで昔の国鉄職員のような返答
東武京成レベル以下?(殴)

犬山で遊んだ帰り
乗った電車が面白い

イメージ 2

最前席
脚が飛び出しちゃうシート!(笑)
通勤時間帯だと踏まれちゃうんじゃないかしら?

名鉄名古屋駅に戻ります

イメージ 3

降車用島式ホームの先端(豊橋方)
台車が集結中

イメージ 4

新聞(夕刊)です
未だに新聞輸送が健在
シューターもちゃんと稼働しています

イメージ 5

新聞専用電車はないみたいですけど
夕刊輸送を間近で見られるのは貴重♪
なかなか奥が深い名鉄名古屋駅です

おまけ
名古屋駅周辺で気になる3段式陸橋

イメージ 6

名鉄バスターミナルの専用道
まるで鉄道橋のような感じ
JR東名高速バスもここを通ってくれたらもっと面白いのですけど

たまには名鉄も乗ろうと思いました(笑)

名古屋紅葉の旅
これでお終い~

7年前に廃止されてしまった両国駅の新聞電車の記事はこちら
スポンサーサイト



知らなかったJR昼間東名高速バスのディープな世界。名古屋駅~東名江田バス停

先週末のJR昼間高速バスの話
国鉄時代から東名高速バスはありましたけど
いつも
格安夜行バスばかり利用していて
あまり縁はなかったのですが(汗)

今回
名古屋からの帰路
初めて利用してみました

知らなかったJR昼間東名高速バスの世界

超特急便で所要時間約6時間
名古屋から東京まで
まるで往年の東海道本線昼間急行列車「東海」号のように停車していきます
これは東海道本線各駅停車と所要時間同じくらい
でも乗り換え不要で座席がロングシートじゃないのがウリ(笑)
直行便は第2東名経由、霞が関までノンストップ。所要5時間

イメージ 1

ウチはモバイルじゃないので
名古屋駅のJR高速バス乗り場に立ち寄り
窓口で乗車券の問い合わせ
夜行バスで着いたその日に帰る強行軍も考えられましたが
夕方発のバスは
残席が少々あっても
2人並んだ席はないので諦め

昼間高速バスは予約時に座席指定なんですね!(鉄道と同じ)

格安夜行バスだと
二人並ぶとか女性席とかいう指定はできても
座席がどこになるのかは当日まで分からず
どちらの方が便利なのかしら?

翌日便を探してもらうと
事前購入割引があることが判明(前日まで購入OK。購入後変更不可)
16時発の直行便では割引席の残席はなし
ということで
14:30発の超特急を事前割引で購入
時間はかかるけど
いちおう東京には先に着きます(汗)

そして翌日
犬山周辺を紅葉見学して戻って来ました
それほど時間はかからず
結果として14:30発がちょうどいい

イメージ 2

名古屋駅
新幹線口の高速バス2番乗り場

イメージ 3

「つばめ」のマーク付きのJR高速バスの雄姿

でも
車内はガラガラ、あれ?

イメージ 4

高速バスといっても
まずは名古屋市内周辺をうろうろ
途中からも乗って来ます
一般道だけで5分ほど遅れ

ようやく
名古屋インターバス停から東名に入ります

イメージ 6

車窓からも高速道路沿いの紅葉がキレイ

と思ったら
今度はインターチェンジに出来たバス停が続きます
イメージ 5

いったん外に出て
改札口
じゃなくて料金所の手前でUターンしてバス停があるタイプ

さらに
料金所から外にいったん出たところにバス停があるタイプもあります
デマンドバスじゃないので乗降に関係なく立ち寄り
これは時間がかかります

おまけに
結構乗降があるのです
予約がない利用者も多い
そういう方は前列のシートにどんどん押しおこめます
後方は空いているのですが
そちらは予約客、という理屈

ちなみに私たちは4列目
1列目2列目は入れ替わりギュウギュウですが
目の前の3列目は最後まで無人でした
良かった(苦笑)

イメージ 7

浜名湖SAで最初のトイレ休憩

イメージ 8

夕陽をゲット
ちなみに休憩は途中3回もあるのですが
それぞれ時間は9分くらい
かなり忙しい
トイレ付のバスだからいいのかな?

イメージ 9

我らがJRバスの雄姿をもう一度

イメージ 10

車窓からも浜名湖夕日が見えましたけど
この先は真っ暗
富士山見たかったかも

イメージ 11

ここを過ぎると
インターチェンジじゃない場所にバス停が増えてきました
これが興味深い

イメージ 12

防音壁に出来た専用の扉を自分で開閉して外に出ます
これなら時間のロスが少ないですね

高速に入っても
ずっと5分遅れなのですが
神奈川県に入ると
この先渋滞しています
到着送れるから覚悟して、のアナウンス

イメージ 13

実は前日乗車券購入後
途中の東名江田バス停で下車する方法に気づきました
奥さんが昔
そのバス停に迎えに行った記憶があるらしいのですが
具体的にどのあたりなのかは不明

イメージ 14

乗車券は東京駅まで買っちゃいましたが
東名江田で降りた方が絶対に早いはず
おまけにこの先の渋滞発生も気になるし

イメージ 15

東名江田バス停
降りちゃいました♪

イメージ 16

ここで1分くらい時間調整
いつの間にか早く着いちゃったんですね
(このバス停から乗る人もいるかもしれないということ)

イメージ 17

ここも防音壁に囲まれていますけど
扉はありません
壁沿いの狭い通路から
いきなり外に出られました

イメージ 18

ろくな周辺案内がありません
おまけに真っ暗
あざみ野駅が最寄駅だとは分かっていましたが
この看板じゃ
どう歩けばいいのやら?

新興住宅地のど真中
防音壁のおかげで静か
でも誰も外を歩いてません
夕闇の中を野生のカンで進み
なんとか
あざみ野駅まで到着
徒歩10分くらいかしら

そのまま田園都市線で我が家へ
高速バスが東京駅予定到着時刻よりも早く
自宅に帰って来られました

直行便だったら途中下車できなかったので大正解
もっと早く気づいていれば
乗車券も東名江田までで済んだのですが(正規料金で300円くらい安い)、
変更不可の割引乗車券
まぁいいです(苦笑)

こんな感じで意外と楽しめた東名昼間高速バス
途中の停車バス停の多さが
往年の急行「東海」号を彷彿させます?
こんな高速バス路線って他にあるのかしら
東海道本線にかなり近い存在かも(笑)

奥さんの評価は
列車乗り継ぎよりはるかに楽だそうです
(なんで新幹線じゃないの?という声もあり)

私の評価は
18切符のシーズン外だったら利用価値があるかもね(笑)

◇ご参考
東京-名古屋
JR昼間高速バス5,250円(通常5,250円を早割1利用で4,200円。もっと安い割引もあります)
 直行便(新東名スーパーライナー。ノンストップ)で約5時間
 超特急(東名 スーパーライナー。停車バス停の数は25)で約6時間
 (ちなみに東京-静岡の区間運転で特急便や急行便もあり静岡県内の停車バス停がもっと増えます)

東海道本線だと約6時間(途中乗り換え3回くらい)6,260円

どれにしようかな
線路好きなら列車に乗れ?(殴)

名古屋メシしました。フルタイムモーニング喫茶リヨン、味噌煮込みうどん山本屋総本家、ひつまぶししら河。たまには贅沢?(笑)

名古屋の紅葉旅
ちゃんと名古屋名物も食べてきたのでその報告
まずはモーニングサービス

名古屋の喫茶店モーニングサービスは有名ですけど
意外と開店時間は早くない
初日
夜行バスで早朝6時に名古屋に着いてしまいましたが
人気店を探しましたが8時開店の店ばかり
そのなかで
7時から営業の店
KAKO(カコ)柳橋店

イメージ 2

名古屋駅から徒歩10分くらい?
高速道路下の交差点近くにあって
意外とすぐに見つかりました

7時過ぎにいったのですが
店内が空いています
名店じゃないの?

でもここまで来たら

イメージ 1

モーニングサービスは
コーヒー450円の値段で
べジジュースとトーストが付きます
+150円で自家製あんジャムトーストになります

コーヒーは目の前でちゃんと煎れてますけど(自家焙煎)
でも私はコーヒーそのものにさほど興味はないので
これなら
マクドナルド100円コーヒーに食べ物を追加した方が(殴)
あんジャムは美味しかったです(フォロー)

この後、
定光寺で愛岐トンネル群の紅葉を見て
太多線をぐるっと回って
名古屋に戻ったのは15時近く

河原でお菓子を食べただけ
奥さんに早く何か食べさせないと暴走するので(汗)
勢いで

JRセントラルタワーズ13階
山本屋総本家の味噌煮込みうどん

イメージ 3

一番ベーシックな味噌煮込みうどん1,037円
かしわ煮込みうどん1,598円(卵、鶏肉入り)

うどんが堅くておいしいです~
でも
この味噌煮込みスープはどうするんでしょ?
ラーメンのスープみたいに飲んでもいいのか?
飲みたくてもかなり濃厚だし・・・
結局
少し飲んでみてギブアップ
こんなの飲み干したら高血圧になってしまいます
でも
このスープが値段の全て?なんですよね?(苦笑)
スープは飲むのか残すのか?謎です

夜は
奥さんの肝いりで
ひつまぶし(これは絶対に食べる宣言が出ていました)

あつた蓬莱軒が美味しいんでしょうけど
食べたことあるし
今回はリーズナブルで美味しいらしい

イメージ 4

しら河(栄ガスビル店)
夕食時で満席
少し待ちましたけど

イメージ 5

しら河のひつまぶし2,450円
あつた蓬莱軒やいば昇とどこが違うのかよく分かりませんが
とりあえず美味しい
ご飯も三杯分でお腹いっぱい
テイクアウトも出来るのが珍しいかも

イメージ 6

名古屋夜景も見ておきます

イメージ 7

外国人に大人気らしい
オアシス21
屋上に水が張ってあるのが輝いて幻想的
でも
ココに落ちるのが毎年いるでしょうね(苦笑)

ぐっすり寝て
翌朝もモーニングに行きたいけど
東横インの朝ごはん無料サービスで我慢
付いているものは食べないと勿体ない(苦笑)

その代わり
犬山観光から早く戻って13:00

ランチでモーニングを食べます!(笑)

イメージ 8

喫茶リヨン
一日中モーニングサービスをしていることで有名
昨朝来たかったけど8時開店なのでパスでしたが
ランチなら問題なし(笑)

超有名だと思いますが
ランチ時は意外と空いてました

イメージ 10

フルタイムモーニング喫茶(意味不明。笑)
ここもコーヒー410円で
サンドイッチが付いてきます
6種類から選べるけど
小倉あんと野菜サラダが人気
これを頼んで二人でシェア

イメージ 9

美味しい
これはかなりお得な感じ
でも
ランチにはちょっと物足りない

名古屋駅地下名店街
いろいろ売ってます
手羽先も名物ですけど
前回でもう飽きてしまったので

イメージ 13

行列店を発見
お好み焼き(豚玉)1つ200円!

イメージ 12

あまりの安さに2つ購入
これが名古屋メシかどうかは知りませんが

イメージ 11

ちなみに
隣の御座候が
さらにものすごく混んでいました
焼き台が4つあってフル回転
奥さんが大興奮(買わなかったけど)

イメージ 14

ビールも買って
帰りの高速バスの中でこっそり宴会♪
(車内は空いていたので許してください)

これにて
名古屋グルメコースも無事終了ですが
気になるのは
本場の味噌煮込みうどんのスープは飲むものなのかしら??

最後は
JR昼間高速バスの旅の話です(まだ続く)

2006年
旧東海道歩きの頃
あつた蓬莱軒でちゃんと食べてます記事はこちら

名古屋で紅葉三昧、寂光院と犬山城の紅葉!名鉄犬山城下町きっぷがお得

名古屋で鉄道紅葉三昧の旅
東横イン(栄町)で1泊しましたので
翌日は
満を持して犬山観光!

名鉄の犬山城下町切符を購入
名古屋駅から犬山駅または犬山遊園駅までの往復乗車券に
犬山城の入場券がセット
大人一人410円お得になります

新鵜沼行快速急行で30分くらい
あっという間に
犬山遊園駅

ホームの上にあった
モンキーパークモノレール線(2008年廃止)の駅舎跡は撤去済み
がらんとしてしまいました

イメージ 1

駅を出て
木曽川に架かる犬山橋
こちらも併用橋から鉄道専用橋になって久しく
往時を偲ぶのは難しい

イメージ 2

でもキレイな景色
赤い電車がやって来るとウレシイ

犬山橋手前の踏切を渡って
木曽川沿いを北上
まず目指すは
寂光院
ホームページによると
徒歩20分くらいなのですが
ルートが書いてありません
仕方なく
木曽川沿いに歩きますが
歩道も整備されていないダメな道

イメージ 3

でも
木曽川も周囲の紅葉もキレイ
快晴でよかったです

紅葉がキレイな
参道を登ると

イメージ 4

寂光院の本堂

この先の
絶景展望台が素晴らしい

イメージ 9

『この展望台からの風光は信長も眺めたはずですね!』

イメージ 5

名古屋駅前の超高層ビルが見えちゃう

イメージ 7

木曽川が美しいのですが

イメージ 6

その対岸
岐阜県側には建売住宅がぎっしりと並びます
愛知県側とは扱いがずいぶん違います
その住宅の中を高山本線の線路が走ります

イメージ 8

ここから
3つの城が見えるらしいのですが

イメージ 10

岐阜城
ちょいと歴史の話をすると
後の天下人織田信長は
尾張国を平定後も
隣の美濃国を手に入れるに10年の歳月を要しています
すぐ近くに見えますけど手が届かないもどかしさ

犬山城も見えます
こちらはこの後制圧に向かいます(笑)

小牧城は見えない(分からない)
ふるさと納税のおまけで
小牧市から小牧城入場券を貰っていたのですが残念です(苦笑)

それでは
寂光院
別名もみじでら

イメージ 11

尾張随一の紅葉の名所(らしいです)
その名にたがわずとてもキレイ

イメージ 12

山の上の境内はそれほど広くありませんけど
見どころ満載

イメージ 13

願いの鐘
『幸せを願って打つのだよ!!』

これ以外にも
登山口には
『小中学生は早目に帰るように 家の人が夕食を待ってますよ』

この寺院の看板の文字を見ていると
どこかのブログ記事のようなセンス(爆)

気になるのがスロープカー
浄財200円
ちょっと興味ありますけど
足腰弱い人用
歩くの好きだから止めておきます

イメージ 14

どうせ乗るなら登りですよね(苦笑)

急に人が多くなってきました
どうやら
名鉄ハイキングで
この辺りの東海自然歩道を歩く日
広見線善師野駅から寂光院を経て犬山方面に抜けるコースらしい

朝は逆から来たから誰もいなくてよかったけど
帰りはこれに巻き込まれたら災難

山を下ります
東海自然歩道を歩きます
行きとは別のルートを少し歩いて
途中のT字路で集団とは別の道を選択

はたして吉か凶か

道としては
行き以上に車が走るイヤな道でした(泣)
でも
モンキーパークの正面を通れたおかげで
気になるオブジェの正体が判明
寂光院の絶景展望台からちょっと見えていて
何だか気になっていたのですが

イメージ 15

こんなところに岡本太郎!
ファン?としてはゲットできて怪我の功名

結局
その先でハイキング集団のルートと合流してしまい
そのまま犬山遊園駅の名古屋駅側の踏切を通って

イメージ 16

犬山城の目前!
ところが集団はここで右折してしまいます
お城は目の前なのに

野生のカンを信じてそのまま直進
イチョウの落ち葉がキレイな坂道を登ると

イメージ 17

犬山城入口に到着!
(ちなみにハイキング集団のゴールは近くの名鉄ホテルだったようで、別れて正解。笑)

イメージ 18

入口から登城の坂道

イメージ 19

ここの紅葉も秀逸
この先は有料区画なので
ここまでの紅葉は全て無料です(笑)

犬山城入場料大人550円
今回は名鉄城下町切符に引換券が付いていますので
迷う必要がありません(苦笑)

イメージ 20

どーん
国宝犬山城天守閣
数少ない現存天守閣のひとつ

さっそく天守閣入場
靴は脱いでスリッパ
荷物になるのでリュックに詰め込み

天守閣内部の階段はとても急
足腰悪くなったら登れませんね
(こういう場所はお早めに)

イメージ 21

四階(望楼)
ここからの景色は格別
おまけに快晴
昨日無理して来なくて良かったです

イメージ 22

かなり高い場所
高所恐怖症の方はムリでしょうね(苦笑)

伊吹山、
白山、
木曽御嶽山のそれぞれ雪景色が見られます

イメージ 23

特に
犬山橋(ツインブリッジ)の向こうに見える御嶽山はキレイ
名鉄の赤い電車もご一緒に
(こういう時は赤い電車でないと目立たない)

さきほどの
寂光院があった山々の紅葉も美しい

昨日
高山本線の車窓から犬山城を見上げたのが懐かしい
晴れた日に
余裕をもって犬山紅葉巡りが出来て正解でした

天守閣の他の階も覗いてから
下に降ります

イメージ 24

周囲の紅葉もキレイ
犬山城天守閣には
シャチホコが片側にしか載っていないことが判明

イメージ 25

城下に出ます
ここから犬山駅方面に城下町?がお土産通りとして整備されています
この日はイベントの日のようで
なかなかの盛況ぶり

名鉄のお得な切符には
ここの買い物で使える割引クーポンも付いているのですが
たいした割引ではないのでパス
(無料クーポンにして欲しい。笑)

電柱地中化
古い町並みが土産物屋として維持されています
でも
旧東海道をひたすら歩いて
宿場町を見る目は肥えているつもりなので
たいしたことないかな?(苦笑)

犬山城下を犬山駅までわざわざ歩かせるのが
名鉄さんと地元の戦略
話のタネにいちおう乗っておきました

犬山駅から名古屋にお帰り
名古屋駅を8時頃に出て
13時に戻ってきました
帰りの高速バスが14:30発なので少しあわただしかったですけど
犬山の紅葉(寂光院、犬山城)は十分に楽しめました
名古屋周辺のお勧めコース

この後は
高速バスで戻るだけですが
まだ続きます
次は名古屋グルメ編の予定

1995年の犬山鉄道供用橋の記事はこちら

線路巡礼:太多線、とても地味な路線ですけど線路はすごいんです?。多治見駅、美濃太田駅、おまけで坂祝駅の美しい線路

名古屋紅葉鉄道旅
愛岐トンネル群で廃線跡紅葉を堪能した後
当初の予定では
そのまま愛知県の紅葉名所巡り

定光寺駅から多治見駅へ
ここで太多線に乗り換えなのですが

イメージ 1

その前に
多治見駅の線路が熱い!

イメージ 2

コンテナ貨物取扱中
お恥ずかしながら
多治見駅で貨物線路が見られるとは思いませんでした

イメージ 3

乗り換えのわずかな時間を惜しんで
ホームから貨物側線を撮りまくります

イメージ 5

かなり線路は縮小され
名古屋駅方は機廻り用の線路が残るだけで
本線にはつながっていません
あまり使い勝手の良くない線路配線ですが
貨物取り扱 いが残っているだけでも有難い

イメージ 4

太多線
美濃太田経由
岐阜行き

美濃太田駅と多治見駅を結ぶから太多線
知らなかったのですが
名前とは逆に
多治見駅が起点でした(汗)

イメージ 6

出発
太多線は右へ

乗るのは超久しぶり
とても地味な路線で
あまりウワサを聞きませんが
線路的な面白みはどうでしょう?

イメージ 7

非電化区間ですから気動車ですけど
沿線は結構人家が多くて
この路線に電車が走ってないのが不思議なくらい

姫駅
以前から気になる名前の駅だったのですが

イメージ 8

ただの姫駅でした(苦笑)

可児駅
昔は広見(ひろみ)駅
駅名改称してしまい郷ひろみのファンが泣いた (らしい)というのは有名な話

イメージ 9

名鉄広見線の新可児駅とくっついてますけど駅名は別
広見線はここで折り返していきます
線路はつながっていそうで、つながっていない(残念)

美濃太田駅に着く手前に

イメージ 10

美濃太田車両基地
そこから一時的に複線のようになりますが
これは車庫線が併走するだけなのかな

イメージ 11

高山本線の
同じく非電化単線が合流する手前で太多線も再び単線に集約

イメージ 12

美濃太田駅
なかなか美しい非電化のターミナル駅
太多線はここまでですが
列車はこのまま高山本線乗り入れです
乗務員はここで交替

イメージ 13

特急ワイドビューひだ号が到着
こんな長い編成の気動車特急を見るのも久しぶり
窓は本当にワイドですね
ちょっと乗ってみたくなりますが
右に分岐する旧越美北線の急こう配線路?も気になります

高山本線に入って

坂祝駅

イメージ 14

10年前に廃止された
セメント工場専用線
でも線路はいまだに健在!

イメージ 15

構内の線路は本線との分岐箇所と踏切を除いて
ほぼ残っているようです
セメントサイロも健在だし
また復活しないかなぁ

そして鵜沼駅

イメージ 16

名鉄連絡線は跡形もなく
新しい住宅が雨後の竹の子のようににょきにょき

名古屋紅葉鉄道旅
次の目的駅はここでした

ここで下車して
対岸の木曽川の名鉄犬山遊園駅近くの
寂光院と犬山城
そこまで歩く計画でしたが

高山本線に入ったあたりから曇天、
小雨までぱらぱらと
おまけに
奥さんが疲れた~と言うので

今回は見送り!(泣)

ということで
そのまま岐阜駅まで

イメージ 17

車窓から犬山城が見えます!
あそこまで歩くのは
このタイミングでは無謀だったかな?(苦笑)

定光寺駅から犬山まで
一度名古屋に戻って名鉄犬山線で来るのが一般的かと思いますが
太多線で大回りしても時間はあまり変わらず
おまけにJR利用だけなので安い
但し、対岸の鵜沼駅から歩くというのが前提ですけど(苦笑)

ということで
この日は愛岐トンネル紅葉を見ただけで
岐阜駅で乗換て
東海道本線で名古屋に戻ります
結局
JRで大回りしたわけですね
名古屋近郊区間というのはないそうですが…

おかげで
太多線を久々に線路巡礼できたので
まぁいいです(笑)

この後
一泊するか
いっそのこと日帰りで帰ってしまうか
悩みましたが(帰路は未定という行き当たりバッタリ)

名古屋駅JRバスターミナルで
翌日の昼間高速バスが取れたので
事前の計画通り名古屋一泊が決定

ということで
まだ続きます~

1982年に
訳あって太多線を往復してしまった記事はこちら
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR