FC2ブログ

アムステルダムちょいと旅行記、「飾り窓」と「鉄道回転橋」。楽しい途中降機

2000年ギリシャ旅行記
おまけの
アムステルダム(オランダ)

行きで4時間
帰りで6時間ほど
アムステルダムで乗り換え時間があります

空港を一旦出て
オランダに入国
アムステルダムの街を散歩して来るには十分な時間があります

まずは
行き
電車に乗ってアムステルダム中央駅へ

イメージ 1

東京駅駅舎はこの駅を真似したとかで有名な駅ですけど
そんなに似ているのかしら?

今回は
アムステルダムを1時間くらいで一周する観光フェリーに乗船

イメージ 2

これも
駅のすぐそばから乗船できます♪

それでは出発

イメージ 3

跳ね橋が多数

イメージ 4

跳ね上がっています

街や橋を見るのは楽しかったけど
一番驚いたのは

「飾り窓」

川沿いに点々と小さな部屋と女性たちが見えます

オランダ名物らしいのですが
まさか
こんな昼間から
観光船のルート上で堂々と営業しているとは驚き
さすがに
撮影は遠慮しておきました(苦笑)

当時は
日本でも
横浜大岡川沿いの京急線高架下にもありましたけどね

そんなすごいモノを見てから
空港に戻って
アテネへ

そして帰国便
再びアムステルダムの街へ

今度は
街中を歩いて散歩

イメージ 5

運河すれすれまで高い家が建っています

イメージ 7

運河と跳ね橋の街

イメージ 6

石造りの古い建物が
傾いています!

イメージ 8

みんなで傾けば怖くない?

イメージ 9

どこかに昇ってお食事

空港に戻る列車の車窓から

イメージ 10

鉄道回転橋(旋回橋)

行きの時も見かけました
とても気になります
これは貨物線なのでしょうか?
線路が回転するところを見てみたい

イメージ 11

2階建電車の車窓から
電車区です

イメージ 12

イヌの鼻(顔)と呼ばれる
オランダ国鉄電車と並走!

ということで
ギリシャ旅行のついでに
オランダアムステルダムの鉄道旅行もして来ました

空港が近くて
連絡鉄道完備の街というのはいいですねぇ

これにて
2000年のギリシャ旅行記お終い
当時のメモが見当たらず(そもそもない?)
記事を書くには苦労しました

ちなみに
この時の旅行
帰国すると、
ちょうど父親が入院してしまい
なんとそのまま死去
時期が少しずれていたら
旅行どころではありませんでした(汗)

その翌年も
ちゃんと海外旅行してます
今度はスイス鉄道旅行
またメモがない…


◇2000年ギリシャ旅行記備忘録(未作成)
スポンサーサイト



ギリシャ旅行記3、サントリーニ島。火山噴火の残りの島は絶景でした

2000年ギリシャ旅行記3回目
ミコノス島からサントリーニ島へ移動

イメージ 20

(旅行会社のHPより)
どちらもエーゲ海の島々です
また船で移動で来たらカッコイイのですが
ご予算と時間の関係で
今度は飛行機

イメージ 1

オリンピック航空のプロペラ機
羽根に描かれたマークは輪が6つ
まぁいいです?

一度アテネの空港に戻って
乗り換え

ミコノス島09:20→アテネ10:00/11:00→サントリーニ島11:50

イメージ 19

サントリーニ島
大規模噴火で
島の中心が沈んでしまった後の三日月状の島
アトランティスっぽい?

島の中央のフィラの町
ホテルATLANTIS
海側の部屋を予約(一人3,000円増し)

イメージ 2

部屋から噴火湾が見えます!

イメージ 3

島の崖地の上に出来た街

イメージ 4

港までの階段がスゴイ

ところが
奥さんが急な腹痛
部屋のベッドから起きられず(汗)

折角の絶景なのですが
お散歩は諦め
部屋からの景色は申し分ないので
退屈はしませんけど

夕方、
一人で街に出て食糧を調達

イメージ 5

エーゲ海に落ちる夕日を見ながら部屋飯
贅沢?(笑)

イメージ 6

崖地の町は

イメージ 7

そのまま夜景にモードに

翌朝も晴れ

イメージ 8

奥さん
なんとか復活しました!(ヨカッタ)

イメージ 9

さっそく
三日月状の断崖の島をお散歩開始

イメージ 10

青い丸い屋根の教会が立ち並びます

島の北端
イアの町へ
路線バスで行けます

イメージ 11

ここも崖地の町
下の海辺まで降りてみます

イメージ 12

漁船が出入りする港なんですけど
海がキレイ

イメージ 13

水着はホテルに置いて来ちゃいました
私は
パンツ(下着)で泳いじゃいましたよ(笑)

イメージ 14

帰り
奥さんは
名物のロバに乗って崖を上ります(もちろん有料)
病み上がりだから(苦笑)

イメージ 15

フィラの町に戻ります

イメージ 16

とにかく絵になる町なので
写真撮りまくり

イメージ 17

ホテルに戻って
プールで泳げるまでに奥さんは回復しました
もっといたいけど
残念ながら
夕方には
飛行機でアテネに戻らないと

サントリーニ島17:45→アテネ18:35

アテネでは
また同じホテルに宿泊

イメージ 18

アテネの町をぶらぶら
電車レストランみたいなもの発見

翌早朝の便で帰国の途へ

短いギリシャ滞在でしたけど
いろいろ楽しゅうございました

帰国便もアムステルダム乗り換え
ということで
行きの分も含めて
途中降機のアムステルダム編に続きます

ギリシャ旅行記2、ミコノス島編。ヌーディストビーチのはずが…?。デロス島も行きました

2000年のギリシャ旅行記2回目
アテネ観光の翌早朝
迎えのタクシーで
ピレウス港へ

ここからミコノス島行きの船(なんと1等船室)

イメージ 22

(旅行会社HPより)
憧れのエーゲ海クルーズ!(笑)

途中
デロス島、シロス島に立ち寄り
ミコノス島には13:30頃到着

ホテルのミニバスで
PETASOSTOWNホテルへ

ミコノス島
ギリシャで一番俗っぽい人気観光地(笑)

イメージ 3

名物の5連式風車

イメージ 4

海辺の狭い道
酔って落ちるヒト続出?

イメージ 6

奮発して
この日の夕食は風車が見える店

イメージ 7

すごい場所で食べてますね~
エーゲ海に捧ぐ(笑)

翌日は
フェリーに乗って30分
隣のデロス島へ

イメージ 8

デロス島
古代ギリシャ時代には聖地とされた島
世界史的にはデロス同盟(都市国家同盟)で有名
無人島です

イメージ 9

さっそく
列柱さんがお出迎え

イメージ 10

何式だか忘れましたが本物です

イメージ 11

どうも
こういう分かりやすいモノに目がいってしまいます

イメージ 12

何やっているんでしょう(苦笑)

イメージ 13

ライオン回廊のライオン像
この時は建物の中にいたのですが
今は
ちゃんと外の回廊にいるみたいです

イメージ 14

島全体が遺跡群

イメージ 15

モザイクがステキ

イメージ 16

古代魚?

イメージ 17

これは超貴重品のようで
雨避けの扉が付いています

イメージ 18

神々の島から
ミコノス島に戻ります
急にまた俗っぽくなります(笑)

イメージ 19

ペリカンも名物らしいです
よくある話

午後は
いよいよビーチへ
これも船で移動
気合を入れて
奥さんは新しいビキニを持参

ミコノス島には
有名なヌーディストビーチがあります

こういう機会なので
行ってみましょう

「スーパーパラダイスビーチ」
いかにもそれっぽい名前のビーチ
でも

ヒトはたくさんいましたけど

イメージ 21

そういうヒトはいません(汗)

イメージ 20

残念ながら
脱ぎ損ねてしまいました(苦笑)
食事をしただけ

もちろん
ビキニで泳ぎましたけど
写真は自主規制(殴)

再び
ミコノス島に戻ります

イメージ 2

ミコノスタウン
白で統一されています

イメージ 5

迷路のよう、
といわれても
小さい町なので(苦笑)

イメージ 1

教会の屋根は
赤と青があるようです

ミコノス島を満喫して
翌朝
サントリーニ島へ移動です(続く)

ギリシャ旅行記1アテネ編。パルテノン神殿のトロッコ線路、オリンピアー!(2000年)

2000年7月の
ギリシャ旅行記8日間
線路ありです(笑)

ほとんどフリーのツアー
アテネと
ミコノス島とサントリーニ島を周遊

行き
アムステルダムで乗換
時間あり
オランダに入国してちょいと観光
この記事は
帰路の分もあわせて最後に

成田10:25→アムステルダム15:10/19:45→アテネ翌00:10

真夜中
送迎ガイドとホテル(TITANIA)へ

アテネは2泊なので
朝からまる一日市内観光しまくり

いきなり
アテネっぽい方に遭遇

イメージ 1

衛兵さんです
衣装が気になりますねぇ
衛兵の行進の時間まで間があります
ちょいと散策
市内には
古代遺跡が点々としています

イメージ 2

古代ゲートの向う側に
パルテノン神殿が見えます!

イメージ 3

アクロポリスの丘
アテネといえばあそこ
早く登りたい

イメージ 4

神殿はふもとにもあるのですが
やっぱり
ハーキュリーが住んでいたギリシャ神話の世界が有名
オリンピアー!

アテネというば古代オリンピック
競技場もあります

イメージ 5

無駄にテンションの高いマラソン選手が
目の前を走って行きました(笑)

そろそろ
衛兵交代の儀式

イメージ 6

すごいいっぱい来ました

イメージ 7

かなりユルイ感じ(笑)
この靴、流行らないかな?(笑)

それでは
そろそろアクロポリスの丘へ

イメージ 8

途中
神殿を囲む遺跡群を見ながら

イメージ 14

到着
観光客が多い

イメージ 9

端っこの
彫像の柱は有名
ギリシャ神話の神々?
ハーキュリーは右から2番目(ウソ)

イメージ 12

全体的に工事中
エジプトのルクソール神殿みたいに中に入れないのは残念

イメージ 11

ハーキュリーはいなかったけど
神殿に続く線路を発見!

イメージ 10

トロッコもあります
まさに現役の世界遺産トロッコ(笑)

神殿の中にも線路があるのかは謎
パルテノン神殿のトロッコ
実は有名みたいで
その後、鉄道雑誌でも見かけました

イメージ 13

市内を見おろします
あそこから登って来ました

イメージ 15

遺跡群
古代アテネの中心だったわけですから
遺跡だらけですね

でも気になるのは

イメージ 16

遺跡の中を走る地下鉄でした(笑)
この辺りを掘るのは大変だったでしょうね

イメージ 17

(おそらくホテルから)
パルテノン神殿を一望

イメージ 18

夜は
ちょいとアテネ地下鉄に乗ってみました

イメージ 19

神殿ライトアップ!
オリンピア―!
(神話の神様も眠れないね)

翌早朝は
フェリーで
ミコノス島に移動です(続く)

------

せっかくの三連休ですけど
やることないので
昔の旅行記を一気にアップ!
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR