FC2ブログ

リゾートしらかみ号「蜃気楼ダイヤ」を忘れてしまった十二湖と不老不死温泉(懺悔)2004年

2004年7月
あけぼの号で白神山地の話
3日目

イメージ 16

(観光ホームページから)
白神山地は
青森県と秋田県の県境にまたがりますが
鉄道趣味的には
五能線と奥羽本線の間という感じ
やや海よりかな

ANMON(暗門)でブナ林散歩の後
海側の十二湖に行きたいのですが
白神山地を横断するバスもなく
弘前駅に戻って宿泊
翌朝
十二湖駅を目指しますけど

五能線、本数少ない(泣)

弘前からだったら
川部駅から上り方向の方が絶対に近いハズなのですが
朝は列車がありません(苦笑)

仕方なく
東能代駅まで戻って五能線下り列車に乗ります

弘前駅からは
特急「白鳥」号に乗れたのでラッキー

イメージ 4

五能線下り普通列車
34キロポストで海が見えます~
(実は当時の乗車メモがなくて、この写真から経路が判明しました)

五能線十二湖駅から
路線バスに乗ります

イメージ 5

「青池」

イメージ 6

本当に青いです
晴れていてヨカッタ

十二湖といっても
12以上湖はあるそうなのですが
一番有名なのはこの青池

この後は
十二湖が一望できる
崩山を登ります

イメージ 7

もちろん途中はブナ林だらけ

イメージ 8

途中
ニホンカモシカ?も発見

イメージ 9

崩山から
ここから湖が12か所見えるので
十二湖というですが
ガスっていて4つくらいしか分からない(汗)

イメージ 10

下山途中で立ち寄った
沸壺池(わきつぼいけ)
ここも青い!
おまけに休憩所では
湧水で点てたお茶のサービスもあります

イメージ 11

駅に戻るバスの車窓から
日本キャニオン
というちょっと残念な名前の名勝があるそうで
これがそれ
時間がないのでスルー

次は
これまた有名な不老不死温泉へ

この時
とんでもない失態が

このバスは十二湖駅経由で
不老不死温泉まで直通なのですが
JRフリーパスがありますから
本当は五能線で移動したい
でも
なにせ本数の少ない五能線
都合のよい下り列車はありません

仕方ないので
バスでそのまま
ウェスパ椿山駅を経由して
不老不死温泉行くことにしましたが

イメージ 12

五能線下り列車が来ちゃいました!(汗)
これに乗れば十二湖駅からウェスパ椿山駅まで乗れたのに
おまけにリゾートしらかみ号じゃないですか

こちらはバスの車内
もう間に合わない

時刻表にはこんな列車のダイヤの記載はありません
でも、
一瞬で悟りました

リゾートしらかみ号「蜃気楼ダイヤ」

知っていたんです
いちおう当時も鉄道雑誌くらいは読んでいましたから

列車が
長期停車する間に
回送で一度バックして
また同じ区間を走る
だけど時刻表には書いてない
そのことから「蜃気楼ダイヤ」と呼ばれていたことを

イメージ 17

(マイナビニュースから)
そこまで
知識としてはちゃんと知っていたのに
肝心の現場では全く役に立たない(泣)

超悔しい
末代までの恥

という
自分的には大事件なのですが
結局同じバスに乗るので
バス代が少し余計にかかっただけで到着時間は同じ
でもやっぱり悔しい(苦笑)


肝心の
不老不死温泉

イメージ 13

海辺に面した温泉旅館
露店風呂が超有名
だから
日帰り入浴扱いになります
もちろん有料
ということで
海辺で脱衣所も何もなかったらどうしようという心配は無用でした(笑)

イメージ 14

思った以上によいロケーションでした
混浴と女性用
さすがに奥さんは混浴に来ませんでした(残念?)

イメージ 15

この温泉の色がなんとも言えませんね
蜃気楼ダイヤの失態を慰めていただきました(笑)

ウェスパ椿山駅まで
温泉の無料送迎で戻ります

この後
メモが残っていないのですが
今度こそリゾートしらかみ号(上り)に乗って秋田駅へ
でも
ようやく乗れたリゾートしらかみ号の写真がないのです

ということで
この前日の夕刻
弘前駅から五能線を往復した時の写真

イメージ 1

行き(上り)がリゾートしらかみ号でした
最前列特等席♪

イメージ 2

座席をこんな風に出来たらしい
寝れちゃう?

イメージ 3

どこまで行ったのか分からないのですが
日本海の夕日
鯵ヶ沢駅まで行って折り返してきたのだと思われます

さて
3日目の話に戻ります
秋田到着後
19:25発の新幹線で東京着23:10
ホントにギリギリまでよく遊んでいます
でも
このとき
帰路も「あけぼの号」にしなかった理由は謎

その後
蜃気楼ダイヤは名前のように消えてしまいましたが
あの時の悔しさだけは忘れません(苦笑)

一方
奥さんは「あけぼの号」がたいそう気に入ったようで
その後の寝台列車の旅に弾みがつきました
だけど
その当時まだ数本残っていた寝台列車のなかで
あけぼの「ちゃん」という愛称が付いたのは
この列車だけです
そのくらいお気に入り
これも消えてしまって残念

これにて
2004年寝台特急あけぼの号で行く白神山地の旅はお終い
メモが全く残っておらず
デジカメ写真と今の様子を調べて経路を探りながら記事を書くのは
さながら推理小説家並みです(殴)

この3年後
その後の経験値を全てつぎ込んだ
日本一周寝台列車の旅の記事はこちら
スポンサーサイト



白神山地のANMON(暗門)でブナ林散歩三昧

2004年7月
寝台特急あけぼの号に乗って
白神山地にやって来ました
弘前駅から一日数本しか走らない路線バス(しかも夏期のみ)

イメージ 18

(お宿のホームページから)
地元自治体が運営する
アクアグリーンビレッジANMON
ビジターセンターも兼ねてます

「ANMON」
ヨルダンのアンマンみたいですけど

「暗門」と書きます
ここが白神山地の観光基地

着いた初日は
ここから歩いて行ける白神山地へ

暗門渓谷ルート(暗門の滝)
ブナ林の渓谷をトレッキング
片道2.5キロくらい
ゴールは3つの滝

イメージ 1

さっそくものすごいブナ林

イメージ 2

上流に向けて歩くのですが
何故か最初(一番手前)が暗門第3の滝(小さい)

イメージ 3

その先が暗門第2の滝
これはなかなかのもの
滝つぼで泳いでみたい(苦笑)

イメージ 4

滝の脇を登っていきます
上から見ると怖い~

イメージ 5

そして暗門第1の滝
達成感あります
暗門制覇(笑)

ホテルに戻って夕食
ここはフランス料理のディナーというのがウリ

イメージ 6

贅沢だけど
美味しい〜

イメージ 7

部屋はコテージタイプでした
お部屋で朝ごはん
これも贅沢

イメージ 8

二階のロフト
夫婦二人利用ではちょっと勿体ない広さ

露天風呂もあります

翌朝は
ここから1日1本の路線バスで津軽峠へ
さらに白神山地の奥に入ります

イメージ 10

津軽峠
津軽半島じゃないので違和感がありますけど
青森県の西半分は津軽地方ですから
まぁいいんでしょう

イメージ 11

この近くにあるのが
樹齢400年のブナの巨木
マザーツリーと呼ばれます

イメージ 12

白神山地のシンボル的な木だそうですけど
どこにでもこういうのがあるのね(屋久島の縄文杉とか)

イメージ 13

この津軽峠から
高倉森を経て
アクアグリーンビレッジANMONまで縦走しちゃいます
高倉森自然観察歩道
5.6キロ
上級者向けだそうですけど
これにチャレンジ!

イメージ 14

道なき道を歩きます

イメージ 15

ブナ林パワー満喫

イメージ 16

ブナ林を歩き回ってなんとか下山

イメージ 17

ついでに近くの川で泳いじゃいました!(笑)

イメージ 9

こんなに楽しいANMONも
午後の路線バスでお別れ
弘前市内に戻ります

二日目の宿は
シティ弘前イン

まだ明るい
弘前駅前のホテルなので
ちょいとJR
リゾートしらかみ号に乗って五能線を少しだけ巡礼
フリー切符を最大限に活用

でも
この時どこの駅まで行って折り返して来たのか
覚えてない(記録がない)のがお馬鹿さん

最終日は
そのリゾートしらかみ号の話
しんきろう~
(続く)

白神山地
とてもヨカッタです

でも
この記事を書くのに調べてみたら
今現在
あのアクアグリーンビレッジANMONは
食事の提供を止めてしまったそうです
暗門の滝散策路も自然災害でメタメタ
マザーツリーは観光客が多すぎて近くまで行けないらしい

でも世界遺産ですから
その方が自然?(苦笑)
アレもここと屋久島くらいで止めておけば
価値があったのにね

この前年2003年に
屋久島縄文杉までトロッコ道を歩いた記事はこちら

寝台特急あけぼの号で行く世界遺産の旅。B寝台個室から見える満天の星空。弘前編(2004年)

2004年7月
奥さんは
世界遺産に行きたい!
私は
寝台列車に乗りたい!
ということで、即決

寝台特急あけぼの号で行く世界遺産白神山地の旅

JR東日本のフリー切符(名前が分からない)
寝台特急あけぼの号もB寝台が使えます
個室もOK
ということで
B寝台個室を上下で確保

イメージ 1

上野駅21:41発
まだバカ騒ぎになる前なので
夜行列車ホームは平和
こんなサービスが勝手にできちゃった(かな?)

イメージ 2

ツイン個室がないのが残念ですが
シングル個室も楽しい
上の部屋に二人でギュギュウ

当然、
車内宴会をしたと思います

イメージ 4

上の個室は
天井窓が広くて素晴らしかったです
夜、
寝ながら星空が見えました
流れ星を見たような気がします

昼間走る夜行列車二階個室からの車窓もステキ

イメージ 3

これは空いていた個室を撮らせていただいたのの
ウチの個室はぐじゃぐじゃ過ぎて(汗)

イメージ 5

東能代駅
ホームにバスケットボールのコートがあったような気がします

イメージ 6

大館駅
まだ貨物現役の同和鉱業小坂線につながる線路

イメージ 7

大鰐温泉駅
弘南鉄道の怪しげな電車が客待ち中

イメージ 8

弘前駅9:25着
青森まで行きたかった
(ちなみに青森駅着は10:10着)

白神山地は
弘前駅が入口
ここから路線バスなんですけど
とても本数は少ない
ということで
それまで弘前市内観光

イメージ 9

やっぱり弘前城ですよね

イメージ 10

天守閣から岩木山がかっこよく見えます

イメージ 11

駅前に無料レンタサイクルがあったので
ありがたく活用

イメージ 12

市内には
古い建物も残っていて気に入りました
実際
この翌年
桜を見にまた来てしまいました(笑)

イメージ 13

小さいバスで
西目屋村役場まで

さらに乗り換えて
アクアグリーンビレッジANMOMまで

今日のお宿は
アクアグリーンビレッジANMON
白神山地散歩の拠点
荷物を置いて
さっそく白神山地へGO

夜行列車のおかげで
初日からハードスケジュールです(笑)

この時は乗らなかったのですが
1984年の弘前駅の弘南鉄道ホームの記事はこちら
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR