FC2ブログ

2019年シンガポール旅行記・目次

2019年シンガポール旅行
出発までの話と目次とお小遣い帳です
IMG_0686.jpg
諸般の事情で
10月28日(土)出発となりました
なぜかどこの旅行会社もこの日出発コースだけが安かったのです(不思議)

HISで
スクート(LCC)で行く5日間
成田午後発、現地夜着
現地滞在は正味3日間
39,800円

ところが
JTBだと
シンガポール航空(LCCじゃない)で行く5日間
羽田午前2時発、現地午前着
現地滞在は3日半
これ1,000円安い38,800円
決まり

だけど
これまでJTBとは相性が悪くて
予約が成立するか心配だったのですが・・・
OK

旅行の2週間前
なんと母親が緊急入院
もうダメかとあきらめましたが
1週間で退院できたので、
行っちゃおう!
(でも、事前に予約しておいたマリーナ・ベイ・サンズはキャンセル)

羽田空港から海外に出国したことないので楽しみ
羽田2:25→シンガポール8:25
終電近くの電車で羽田空港に行けばアクセス問題なし

ところが
シンガポール航空がやらかしてくれて
そのまま羽田空港で夜を明かすことに
出国も一度取り消し

JTBから電話がかかって来て
今ならキャンセル無料ですよと助言をいただきましたが

空港で
便を全日空に変更させて
羽田11:00→シンガポール17:00
これならまぁなんとか

こういうことになるから
この日のツアーは安かったのですね(苦笑)

初日
夜のマリーナ。ガーデンで光のショー見学。
2日目
マリーナ地区。マーライオン。チャイナタウン。
セントーサ島。
ポタニック・ガーデン(世界遺産)

3日目
イスカンダル(日帰りジョホール・バル観光)。
マリーナ・ベイ・サンズ展望台と光のショー。

4日目
ガーデン・バイ・ザ・ベイ。

両替は空港で5,000円だけ
あとは全部クレジットカード
いくら請求がくるか楽しみ
奥さんがお土産たくさん買ったので(汗)

初めから指定のロイヤルホテルも意外とヨカッタです
行くまでが大変でしたけど
キャンセルしなくてホントにヨカッタです

マレー鉄道で国境越えをし損ねたことだけがちょっと後悔ですね・・・

2019--089.jpg

スポンサーサイト



tag : 旅行 シンガポール

シンガポール旅行記6、マリーナベイサンズ展望台で夜景と光のショー

シンガポール旅行記3日目の夕方
イスカンダルから帰国した後は
いよいよ
マリーナ・ベイ・サンズの展望台に登ることに

夕暮れ直前に昇って
夜景まで楽しんじゃおう、
光のイベントも見ちゃおうという
欲張りな計画
一人23シンガポールドル(1,800円くらい)
展望台での長期戦に備えて
昇る前に飲み物調達、でまた歩き回ってしまいましたが、
ようやく展望台へ
並ぶこともなくスムーズ

IMG_1025.jpg
屋上展望台
(お台場じゃないですよ。汗)
ここがあの舟形の先っぽの部分

IMG_1044.jpg
有名なインフィニティプールもよく見えます
あそこに入りたかった

IMG_1046.jpg
宿泊者専用
実は
今回は最終日にこのホテルの部屋を別途予約してあったのです
ツアーのホテルは3日目は放棄するつもりで
一番安い部屋でも高かったけど
奥さんがあのプールにぜひ入りたいというので

でも
旅行直前の母親の入院トラブル
旅行自体がなくなる危険性から事前にこのホテルはキャンセル
なにしろキャンセルは5日前以降は全額、というすごいホテルなんです(汗)

結果として無事に退院出来てその後の経過も順調
こうしてシンガポールに来られましたけど

プールで浮くことは出来なかったけど
ホテル代が浮いたということで、まぁいいです(苦笑)
ちなみに
マニーラベイサンズの事前予約した部屋は約40,000円
今回のツアー料金5日間の一人分より高い(笑)
展望台入場料約1,800円×2
で済んでしまいました?

IMG_1031.jpg
反対のガーデン側
シンガポール海峡の無数の巨大船舶がスゴイけど

IMG_1039.jpg
スーパーツリーは上から見ても異様です

IMG_1055.jpg
展望台の北側南側を行ったり来たり

IMG_1057.jpg

IMG_1063.jpg

IMG_1069.jpg

IMG_1071.jpg


ようやく夕焼け
夜景も美しくなってきました
光のショー
ガーデン側は19:45~20:00/20:45~21:00
マリーナ側は20:45~21:00/21:00~21:15
一昨日は
この後半の回を見たわけですけど
今度は展望台から両方とも観てしまおう計画
ということで
1時間も屋上にいました

IMG_1072.jpg
先にガーデン側
でもこれは「音」が全く聞こえず上から見ても恐ろしく地味
すぐにマリーナ側に移動

IMG_1104.jpg
こちらの方がいいです
音もよく聞こえます
マリーナベイサンズの屋根も一緒に光っているのが分かります

IMG_1117.jpg
これが終わって
ようやく下界へ
結局2時間近くもいました

IMG_1124.jpg
マリーナベイサンズの下のモール
ここで奥さんがお土産を大量に購入
ちなみに
同じものならどこで買っても値段は同じみたいなので、まぁいいです
この買い物三昧が終わると
もう次のショーの時間まであとわずか
ということで
IMG_1131.jpg
こんどは地上でマリーナ側の階段に座って鑑賞
こちらは座れるのがありがたい~

IMG_1144.jpg

IMG_1153.jpg
ショーは下で見た方が良いです、絶対

この後は
再びベイサンズのフードコートまで行って
もう慣れたものです

IMG_1168.jpg
この日
マレーシアで食べ損ねたバクティ(肉骨茶)を注文
これが美味しい
観光地価格というほどでもなく、おススメ

MRTでホテルに戻ります
これで3日目オシマイ
帰国日なのでまだ続きます





tag : シンガポール 旅行

イスカンダルに行ってきました。シンガポールから日帰りジョホール・バル(マレーシア)の旅

シンガポール旅行
3日目
この国に来たら、
隣国マレーシアのジョホール・バルに行ってみたい

出入国はかなり込み合い時間がかかるらしいのですが、
こちらは日帰りするだけのヒマ人だから大丈夫?

シンガポールとマレーシア
ジョホール海峡(水道)で分断されていますけど
狭いところはたった1.2キロしか離れていません
シンガポールの北部ウッドランズ・チェックポイントと
マレーシアの南端の街ジョホールバル(以下JB)を結ぶのが
コーズウェイという連絡橋
古のシンガポール発着のマレー半島縦断国際列車もここを通っていました
国境部分のみまだ鉄道が残っているので
ホントは鉄道で行きたいのですが、場所や方法がわからないので我慢

国境の越え方
事前に何度も調べましたが
とにかくウッドランズポイントに行かないと始まらない
中心部から70番バスで行けるのですけど
MRT南北線のクランジ駅からもバス乗り換え可能
ホテル最寄り駅はちょうどこの路線なので
MRT→バスというルートを選択

月曜日の朝
MRTで北へ
南に向かう中心部行き車両は通勤混雑ですけど
北に向かう列車は空いてます
各駅周辺は団地だらけ

IMG_0813.jpg
クランジ駅で降りると
国境行きのバス乗り場はすぐに見つかりましたが
来たバスは満員
車内ギュウギュウのまま国境を目指します

車路は自家用車とバスで分かれて
ウッドランズチェックポイント

IMG_0823.jpg
ここでバスは下車
そのまま建物に歩いて2階に上がると
シンガポール国出国審査

特に混雑なし
簡単です

そのあと、1階に降りると
いろんなバスが待機しています
どれに乗ればいいの?

よく分からず
いちばん離れた場所に停車中の小さなマイクロバスに乗車
乗ってもいいというので
しばらく待ちますが…

乗って来たバスらしき車両が後ろから通り過ぎていきます
ここでは来たバスと同じバスに乗らないといけない!
慌てて下車して
探すと
階段を下りて逆側にシンガポールバス乗り場がありました

もはや乗ってきたバスはとっくに出てしまったと思いますが
同じ会社のバス(シンガポールバス)ならOK
EZカードはここでも使えます
ピッとタッチしていよいよマレーシア(JB)へ

同じバスに乗るルールは
マレーシア側の入国後のことかと思っていたら違いました
あのままマイクロバスに乗っていたらどうなっていたことやら?

IMG_0830.jpg
国境越えバスいよいよ出発
海というより川のようなジョホール海峡を渡って

あっさりJBに到着
ここでマレーシア側の出入国管理の大きな建物でバスを下車

入国審査もあっさり
ようこそマレーシア(JB)へ!(ホテルを8時に出て10時には到着)

IMG_0846a.jpg
JB(ジョホールバル)
マレー半島の先端の街
隣がシンガポールですけど、のんびり我が道を行っています
でも近年
「イスカンダル計画」というのをぶち上げました
時に西暦20××年までに
隣のシンガポール並みの街になる!という計画のようですが…
(ちなみにイスカンダルとはあのヤマトの行き先ではなくて
アレクサンダー大王のこと。最近のアニメを見ているヒトには分かるネタ)

いまのところまだイスカンダルには辿り着いていないようで
物価は圧倒的に安いらしく
シンガポール人もここにわざわざ買い物をしに来るそうです
ウチも何か安くて美味しいものを食べたい
でも
なんとなく両替するのが嫌
クレジットカードかシンガポールドルがそのまま使える店を探そう、
としたのは大きな間違いでした(泣)

このイミグレーションビルがJBの街の中心
バスターミナルと鉄道駅も兼ねています
鉄道案内所発見

IMG_0857.jpg
駅と線路も発見!
建物から隣の大きな商業施設には空中通路でつながっています
いざ、JB日帰り観光へ

この商業施設は立派すぎて
シンガポールにいるのと大差ないのですが
一歩外に出ると
いきなり猥雑さに遭遇
東南アジアという感じ

IMG_0865.jpg
海沿いが近いのに
なぜか海岸沿いは工事用仮囲いがぎっしり
景観は最悪
ちょいと汚い商店街を歩きます
キレイなシンガポールからわざわざマレーシアに来た感がでてきました(苦笑)

お店はあるのですけど、何が食べられるのだかよくわからず
なぜかパン屋さんに大行列が出来ていましたけど

JBの観光
あまり見るところは無さそうなのですが
ガイドブックによると
海沿いに1キロほど離れた場所に
王宮とモスクがあります
入れるかどうか?
暑いです
そんなところに行く価値があるのか疑問ですけど
せっかく国境を越えて来たのだからということで
歩いてしまいました(タクシーを使うとかいう選択肢は始めから無い)

海沿いを歩くと
まず目につくのが

IMG_0876.jpg
海沿いの大きなリゾート施設
これ
廃墟です(笑)
結構有名のようで
ずいぶん前から放置されているらしいです

その先に
王宮
残念ながら入れません

IMG_0883.jpg
目につくのはこのすごい看板
日本の王様用にもいかがでしょうか?

海沿いを歩いているのに
海側はずっと仮設看板(目隠し?)
隙間から時々見えますけど
特に何もなし
シンガポール側が見えるだけ
JBのやることは分かりません
イスカンダルに辿り着くのは西暦のうちには無理なんじゃないでしょうか

IMG_0885.jpg
車道に沿って歩く現地人は皆無(苦笑)
暑くて
もう疲れた〜
というころに
丘の上に素晴らしい尖塔が見えてきました

IMG_0890.jpg
まるでヨーロッパの古城のような雰囲気

丘に上がる道の脇が
動物園になっていました
ダチョウ放し飼い?

IMG_0916.jpg
アブ・バカール・モスク
マレーシアで一番美しいモスクと何かに書かれていましたが

IMG_0922.jpg
いえいえ
イスタンブールのブルーモスクにも負けない
世界で一番美しいモスクでは?
ちょっと新しすぎるけど
(苦労して歩いて来たのでそのくらい持ち上げないと。笑)

中に入ってみたいのですが
誰もいません
入り口もわからない
とりあえず
誰かの靴が脱いで置いてある扉を開けて内部へ

内部はがらんどうでした
関係者らしき方がいらっしゃって

あなたはモスレムですか?

違いまーす

じゃぁダメ

ということで無料見学オシマイ
内部もちょこっと見れましたので満足

IMG_0908.jpg
このモスクが建つ丘からの海峡の眺めもいい
シンガポールからも見えるかな?

それでは
来た道を引き返します

街中の大きなショッピングセンターで
フードコートを発見
でも
まさかクレジットカードが使えない…

奥さんが
自分へのお土産にバクティのスープを探しますが
これもあってもカードが使えない(泣)

仕方なく
入出国ビル直結の巨大ショッピングモールまで戻って探しますが
ここもクレジットカードが使えない
まれに使える店は日本にもありそうな店
なんとかバクティ-スープをカードで買える店が見つかりましたが
お腹が空いたのはもう我慢
同じ店で非常食としてクッキーを購入
(シンガポールでは車内飲食禁止なんですけど)

このショッピングセンターから
連絡通路を通って入出国管理ビルに戻ろうとしましたが
どこをどう歩いても
その連絡通路に出られないのです
仕方なく一度外に出て場所を再確認してもダメ

結局
何の案内もなく
女性下着売り場を通るとその先に連絡通路があることが判明

ジョホールバル(JB)
またの名をイスカンダル
流石です(苦笑)

連絡通路を通ると
外は突然の猛烈なスコール!
モスク見学の途中じゃなくてヨカッタ

イミグレーションビルに戻ると
マレー鉄道のオフィスが気になります
ダメもとでシンガポールまで鉄道に乗れますか?と尋ねてみると

14時の列車ならOKとのこと
あと15分くらい
これってものすごいラッキーでは?(ものすごく本数が少なくて事前に分からなかった)

行き先のシンガポールの駅の場所がどこなのか分からないのが不安ですが
ちょっと悩んでから
また列に並んで
いよいよ購入

機械の故障で手売り状態になっていましたが

クレジットカード使えません…

シンガポールドルでの支払いもダメ

運賃はものすごく安いんです(ひと駅1.2キロですから)
お釣りは要らないのに

ということで
目の前でマレー鉄道で国境越えはなくなってしまいました(泣)
(今から考えると、近くのATMに走るとか、お釣りは要らない!と英語でタンカを切れればなんとかなったかも。後の祭り)

仕方なく
バス乗り場へ
出国はスムーズ
反対の入国側は長蛇の列
時間帯でずいぶん違うのですね

コーズウェイを戻ります

IMG_0974.jpg
橋の真ん中あたり
昔は徒歩でも国境が越えられたらしいので
検問所の名残?
その向こう側に
イスカンダル計画の廃墟が見えます
ちなみに
鉄道の線路は見つかりません
橋の下を通っているのかな?

あっけなくシンガポールに戻って来ました(4時間ほどのマレーシア滞在)、

今度は入国審査でトラブル
そんなに列は長くないのに、時間がかかります
そして
一番引っかかってしまったのが

なぜか「私」

何が気に食わないのかパスポートを見せたきり、じっと
何も聞かれず
とにかくパスポートを機械に入れたり出したりの繰り返し

ようやく解放
その後
奥さんも同様の拘束

日帰りで帰ってきた日本人が珍しいのか
二度目の入国なのでいい加減に書いた入国カードがいけなかったのか
謎です

今度は乗るバスも間違えません
問題は
どこまで行くか

70番バス
昨夜ちょっと立ち寄った
リトルインディア発着ということが分かっています
行きと同じで
途中のMRTクランジ駅で乗り換えるのがフツーだと思いますが
時間もあるので
シンガポール縦断バスの旅に再びチャレンジ

「70」番バスの旅
国境の向こう側JBからシンガポールの中央を北から南へ
この路線は
今は亡きあのマレー鉄道の路線の近くを走ります(たぶん)
シンガポール側の終着駅はバスターミナルに隣接してありました
バスの車窓から列車を発見
(あれに乗って戻って来たかった・・・)

シンガポール縦断
途中
廃駅となった昔の中間駅と鉄橋がそのまま観光スポットになった場所を通ります

IMG_0985.jpg
下車してみようかなと思いましたが
ランドマークであるはずの鉄橋が布で覆われ工事中
これでは立ち寄っても仕方ないのでスルー
(旧ブティキマ駅の近く。ガイドブックでは最近廃線跡歩きが流行っているとのことですが、工事中では…)

70番バスで
そのまま南下
ところが
バスはリトルインドが終着ではなく
そのまま通り抜けて
クイーンズなんとかというバスセンターに到着

ここはどこ?
と焦りましたが
狭いシンガポールです
歩くとすぐに近くのMRTの駅の案内がありました

IMG_0996.jpg
アラブ街の近く
ここを探検してもよかったのですけど

奥さんが名物の「カヤトースト」を食べたいというのでさ迷います
おまけにもう疲れたと
昨日に続いて歩きすぎですよね(汗)

なかなかカヤトーストを扱っている店は見つからず

IMG_1005.jpg
ラッフルズホテルの近くまで来てしまいました
折角なのでここも見学
そのあと

となりのラッフルズシティのフードコートで
念願のカヤトーストを発見

IMG_1011.jpg
別に有名店じゃありませんが
美味しいです

残るイベントはあとひとつ
マリーナ・ベイ・サンズの展望台に登ること
そこまでもう近いのですが
奥さんが限界説を訴えているので
MRT移動に変更
最後の夜に続きます~

tag : シンガポール 旅行

シンガポール旅行記4、行先不明の路線バスに乗って世界遺産の植物園へ!

シンガポール2日目その3
セントーサ島観光を終えて(歩き回っただけですけど)

IMG_0648.jpg
帰りは
モノレールじゃなくて
バスを利用してしまいました

このバス
本気で行き先が分かりません
奥さんがバス乗車の時に路線図らしきものをもらっていました(ナイス!)

「123便バス」
かなり長距離を走ります
途中
MRTの駅も通ることが判明

セントーサ島を脱出して本土に戻ると
路面が濡れています
ちょうど
雨が降り終わった後のようです

IMG_0659.jpg
沿道にとにかく樹木が多い

シンガポール
ガーデンシティ
と呼ばれるそうですが
その面目躍如

どこを走っているのかよくわからない路線バスの旅
でも楽しい
途中
オーチャード駅に立ち寄ります

運転手が
ここで降りなくていいのか?
と聞いてきたのですが

なんとなく
このまま乗って行くとホテルの前のバス停を通るような気がしてきました
でも
聞いてみると通らない…
ちょっと焦り
その後
運転手さんと会話しても噛み合わない(汗)
このまま終点まで乗って行くしかないの?
その時

気になる場所の近くを通る予感が
シンガポール・ポタニック・ガーデン」

奥さんが
その看板を見たよ!というので
次のバス停で下車
運転手さんも厄介払いができたみたいで笑顔(笑)

下車して
歩道橋を渡って
少し戻ります

IMG_0666.jpg
この看板!

IMG_0669.jpg
入り口にヘリテージマークが見えてきました
ポタニックガーデン(シンガポール植物園)
なんと世界遺産です!

シンガポールで初めてで唯一の世界遺産!
ウチの奥さん、世界遺産大好きなんです〜

ということで園内へ
無料です
かなり広いのですが
この時
雨がぽつりぽつりと
これはやばい

IMG_0679.jpg
近くの東屋を見つけて緊急避難
すでに多くの方が避難済み
なんとか座れましたけど

IMG_0684.jpg
この後、すごいスコール
なかなか収まらない
おまけに雷鳴がとどろきます
キャアキャア(野生のニワトリさんも逃げまどいます)
近くに落ちているんじゃないかな?

かれこれ30分くらいでしょうか

ようやく雨は収束
さっそくお散歩開始
もう暗くなり始めていますから急げ急げ


IMG_0691.jpg
5ドル紙幣の木
シンガポールで一番有名な木だそうです

IMG_0691a.jpg
これが5シンガポールドル
クレジットカード社会なので
あまり紙幣は見かけませんけど

IMG_0695.jpg
カーテンの小道

IMG_0708.jpg
この東屋が園内随一の撮影スポット
世界遺産の決め手になったんだとか
確かにいい感じですけど
ホントに世界遺産なんですね?(苦笑)

IMG_0733.jpg
また雨がパラパラと
公園を突っ切った先に
MRTの駅があります

本日の長いお散歩オシマイ
じゃなくて
この後は楽しい夕食です

シンガポールは華僑(中国)、インド、マレー人とかが混ざった多民族国家
公用語は4つで
駅名とかも英語が中心で必ず多言語も表記
ということで食事は楽しみ
昼は中華だったので
夜はインド料理かな

ちょうど乗換のリトルインド駅
下車してみますが
ここでまた雨

IMG_0746.jpg
かなり窮屈な食事処もあるのですが
食べているのはみなさんカレー
おまけに男しかいない
インド人社会はまだまだ男社会なんだと知りました
(中国人街は女性も多いのに)

IMG_0754.jpg
折角だから
インド人街を少し散策してみますが
店はあっても
入りやすい飲食店が見つからない

ということで
仕方なく昼間のチャイナタウンへ

IMG_0755.jpg
もう地理も詳しいので
チャイナタウンコンプレックス
実はもう21時近く
店が閉まり始めています(汗)

IMG_0758.jpg
ということで
こんなもの

IMG_0764.jpg
2件目
奥さん大好きサテー(これはマレーシア料理)

IMG_0767.jpg
さらにアボカドジュースも飲んじゃいます
暑いから美味しい!
(夕食はこれが一番おいしかったかも?)

ようやくホテルに戻って
近くで買った缶ビールで乾杯

長い2日目はこうして終了
なんと3万9千歩も歩いていました
がーん

これで全行程のほぼ半分終了
まだまだ続きます歩きます

tag : シンガポール 旅行

シンガポール旅行記3、セントーサ・マーライオンに逢いたくて島まで歩きました、けど。ビーチがキレイ!

シンガポール2日目の午後
チャイナタウンで食事後、ようやくMRTに乗って
ハーバーフロント駅へ
いかにもレジャーアイランドの入り口という感じの駅構内

ここから島まで
セントーサエクスプレスというモノレールに乗って行く方が圧倒的に多いと思いますが
(海上ロープウェイもあります)

IMG_0551.jpg
島まで橋が架けられ
遊歩道完備なんです(セントーサウォーク)
島まで近い
ということで歩いちゃいます
入島料1シンガポールドル必要ということですが
とくに途中にゲートもなく
セントーサ島に上陸!

でもここからが長かった
目的地は島の反対側
モノレールだとそのまま島内に進めるのですけどね
ウチは最後まで歩くんだ!(苦笑)

IMG_0563.jpg
島内の巨大アミューズメントパークを横目に
どんどん進みます

IMG_0568.jpg
またマーライオン発見
そして
丘を少し上がった先に

IMG_0575.jpg
巨大なアレがそびえていました
セントーサマーライオン

ma-2.jpg
日本を出国する直前
ヤフーニュースに登場
壊されてしまうそうです(汗)

IMG_0582.jpg
像の上がれて口のところから外が見える、というのがウリなのですが
廃止報道のおかげでしょうか
入場制限中
おまけに料金が高い
像の上にエレベーターで昇れるだけで驚きの値段設定
(12シンガポールドル。チャイナタウンで2回食事できます)

わざわざ日本から
さらにシンガポールからも歩いてきたのですけど
スルーさせていただきます

像の裏側1階に出口があって
お土産コーナーも併設
ここは入れます
ということで
セントーサ・マーライオンの中に無料で入ることができました!(爆)

IMG_0602.jpg
ここから下り坂になっていて
ガウディのグエル公園のパクリが続きます
マーライオンのお尻から水が流れていいるのですけど

マーライオンというのは
口から水を吐くから意義があるのに
大きなだけで放水もしない、
べらぼうな入場料を取る、
これでは人気は出ないでしょうね
解体されるのは止む無し?
さよなら商法で最後の稼ぎをよろしくです

そして
海が見えてきました
モノレールも終着駅

セントーサ島の南側
シンガポール海峡
この先はインドネシアかな?

IMG_0619.jpg
近くに天然のビーチがあるらしいのです
パラワンビーチ
どんどん下って
砂浜にでました

IMG_0620.jpg
いいじゃないですか!
泳ぎたい!

実は水着は日本から持ってきてあるのですけど
今日はホテルに置きっぱなし(泣)

この暑さ
海に入りたい〜
パンツで泳いじゃう、と叫びましたが、却下

IMG_0625.jpg
吊り橋があります
もう足が棒なんですけど
その先まで行ってみます

かなり怖い吊り橋
その先にあった展望台
IMG_0631.jpg
海峡には巨大な船がビッシリ
シンガポールに来たという感じ

展望台の一角で
怪しい宗教団体の踊りを見てから帰ります

なんか
一気に雲行きが怪しくなってきました
砂浜の近く
無料のビーチトラムを発見

IMG_0645.jpg
すばやく飛び乗ります
モノレールの終着駅まで登坂を利用、らくちん

IMG_0647.jpg
ここから
さすがに帰りはモノレールで
と考えていたのですが

路線バスもあるんです
どこに行くのか不明なんですけど
モノレールで行っても島を出た先までですから
バスに乗って冒険してみましょう!

ということで
ちょうど出発間際のバスに飛び乗り

まさかセントーサ島内周回バスではないはず
運転士さんに行き先を尋ねたいのですが・・・
行き先を言われて分からないのですが

イズ ジス バス ゴートゥー シンガポール??

いえす

というすごい大雑把な問答があって

IMG_0650.jpg
そのままバスの旅に
さようならセントーサマーライオン

このバス
本気で行き先が分かりません
ということで
大冒険の始まり
まだ続きます~

tag : シンガポール 旅行

プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR