FC2ブログ

線路巡礼:枕崎駅(国鉄最南端の駅は、さらにレールが延びていました。薩摩半島を2周しました)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

枕崎駅は国鉄の南の端っこの駅です。
実際に鉄道で旅をしない人種にとっては地図上の鉄道最南端は西大山駅らしいですけど、鉄道に乗るものにとっての最南端はやっぱり枕崎駅です、と私は思います。
もっとも、この端っこの駅から、実はさらに私鉄が伸びていたなんて、ちょっと面白いです。
大好きな、グルグルができます(笑)。

1983年3月、枕崎駅を訪れました。
もっとも、最初の一歩は鹿児島交通からで、伊集院から入りました。
枕崎駅で、両線はつながっていましたが、この接続も悪かったんです。
唯一の接続を利用。

伊集院5:56→枕崎7:36
枕崎7:48→西鹿児島

枕崎駅はホーム一面2線。駅舎があるのが海側で、鹿児島交通が海側を利用、国鉄が山側を使っていました。
この駅に双方の列車が停まっているところの写真を何故撮らなかったんだろう?謎です。
すでに貨車の影はありませんでした。

でも、この両線のレールはつながっていたんです。しっかりと。すばらしいです。
勝手な想像ですが貨車は直通していたと思います。
ひょっとすると昔は直通列車が走っていたかもしれません。
この両線がつながっていた証拠写真(写真4)は我ながら貴重なものなのですが、どちら側から撮影したものなのか未だに分からないのです。なにせ列車が写っていませんから(笑)。
(たぶん国鉄側から写したものと思いますけど・・・)

ちなみに、鹿児島交通は伊集院から鹿児島本線を経由して西鹿児島駅まで直通列車が走っていました。
あの小さくて頼りなげな赤い列車が、鹿児島本線の上を猛スピード?で走っていたんです。
もちろん、乗りました。
西鹿児島13:04→加世田14:32(伊集院経由)
西鹿児島駅の長ーいホームに、ちょこんと停まっていたのは、本当にかわいかったです(写真5)。

私はこの日、鹿児島交通、指宿枕崎線、鹿児島本線を使って、薩摩半島を左周りに2周もグルグルしていました(笑)。

この後、台風が鹿児島交通を襲い、一部区間不通となり、それは何故かいつまでも復旧しませんでした。
そしてそのまま、全線廃止となってしまいました(悲)。
当時、これといって延命運動も反対運動も起きなかったみたいです。

それ以来、枕崎駅に行ったことはありません(指宿駅までは行ったことあるんですけど)。
鹿児島交通のレールはどうなったのでしょうか。
せめて、JRが使ってくれていたら幸いなんですけど。

スポンサーサイト



また風邪でお休み。早期快癒のため、南武線貨物列車見に行きました。

イメージ 1

イメージ 2

また風邪で会社を休んでしまいました。
年末年始で、これで3回目。情けないです。
今朝医者に行き、薬を飲んだらある程度回復したので、出勤可能かな?と思いました、が。
でも、出勤して人にうつしてはいけないので、がまんがまん。
風邪予防のために、お茶でうがいしたり、高いマスクを買ったりしたのですが、全て無駄のようです。
今のところ奥さんにうつらないのが唯一の救いです。

私は一応正社員で暇な部署だから(笑)会社を適当に休めますが、時給で働いてる派遣社員の女性にうつしたら申し訳ないです(言い訳かしら)。

ところで、私がかかりつけの医者の話。
うちのマンションの向かいにあるのです。
最近できたらしいです。
いい加減な医者なんですけど、いつも空いているので、勝手に主治医にしました。
症状を説明すると、インフルエンザかもしれない、風邪かもしれない、とりあえず3日分薬を出しましょう。
タミフルって、あの有名なインフルエンザ特効薬です。
逆に、インフルエンザでないと、処方してはいけない薬です。
検査はおろか、熱も測らないで、処方していいのかなぁ?(笑)

2年前の夏、イタリア旅行の帰国後、夫婦でともに急に発熱しまった時にここに駆け込んだのがきっかけで、ここが主治医になってしまいました。季節はずれのインフルエンザだったのです。その時、すぐにタミフルを処方してくれたので助かりました。(夏のインフルエンザなんて、あまり聞かないですよね)

それ以来、風邪をひくと通院しているのですが(何せ近くて空いてるので)、どうも頼りなげな医者なのです。
でも、どこの医者でも、結局は薬を処方して終わりなんだから、どこでもいいのかな、という気もします。薬は結局、同じですから。
今、注射を打つ病院はほとんどないみたいです。

もらった薬を飲んだら、とりあえず回復、明日は大丈夫そうです。
問題は、私が本当にインフルエンザなのか否か?ということです。
医者曰く、ワクチンを接種していると、症状が出にくくて分からないんだよー。
もう検査しなくていいから、とりあえずタミフル出しとくよー。

いいのかなぁ?

土日に続いて、今日も一日中寝ていました。本当にもったいない。
でも、ちょっとだけ家を抜け出して、平日のみ運行の南武線貨物列車を撮影。
相変わらずバカですねぇ(笑)。
これが早期快癒につながるでしょうか?

ところでこの石油貨物列車、機関車は立派なのですが、貨車の塗装がボロボロです。
錆が見えます。
沿線住民としては穴が開いたら大変です。なんとかしてください。

東横インの不正の衝撃!、大好きだったのですが・・・

東横インの偽装工事問題が発覚しました。

実は、私は東横インが大好きだったんです。
私の仕事は、ほんの少しですがホテル経営に関わっています。
ホテル業界誌も読んでいるのですが、近年の東横インの急成長は、それはそれはすごいものです。
駅に近い。
朝食付き。
整ったルーム設備。
パソコン、電話無料。
そして、なによりも安い。
おまけに商品券でも支払い可能。
鉄道旅行者の味方!
私は宿泊の必要がある場合は、まずそこの東横インの有無から調べるくらいです。

なんか、すごい宣伝してますけど(笑)、そのくらい好きでした。
ここの経営方針も好きだったんですね。
ホテル業界は、リゾート高級志向と手ごろなビジネスホテルに二極化していますが、いまやビジネスホテル業界の頂点に立っていたといっても過言ではないでしょう。
業界誌でも、絶賛していました。

その東横インが、法令で設置を義務付けられた障害者用の部屋を、竣工検査後に一般客室に改装してしまったらしいです。それもアチコチのホテルで。
要するに違法建築なんです。

ちょうど今、耐震偽装が問題になっています。
今回は、安全性が問題ではありませんが、違反には変わりありません。
一般利用者に不利益はないかもしれないけど、業界の公正な競争に反しています。
(どこのホテルだって、部屋数が多いほうが有利なんです)
障害者だって、当然怒るでしょう。

ここの社長の対応の悪さにも呆れました。
障害者用の部屋は利用が少ないから、変更しちゃいました。
60キロ制限の道路で時速67キロくらいで走ったみたいなものです。
悪いことはしてはいけないなぁ。反省します。

実にアッケラカンとしているのです。
自家用車嫌いの私としては、時速オーバー云々というコメント自体、極刑に処してほしいくらいです。
耐震偽装が問題となっている最中、また、黒川温泉で起きたハンセン病患者を差別したホテルがどうなったか考えれば、こんな対応で済まされるわけないのに・・・。

最近では、昨年5月に函館朝市東横インに宿泊しています。
申し分ないホテルでした。
でも、これが違法建築、おまけにあのバカ社長の下で経営されているかと思うと、複雑です。
安いホテルを提供しようとする、この会社の経営方針は大好きだったのですが・・・。
裏切られた気持ちです。

社長辞任、ホテル一時閉鎖くらいは避けがたいのではないでしょうか?
ここの社長がこんなにバカだとは・・・、本当にショックです。
従業員がかわいそうです。
(ここの支配人は全員女性なんです、株式は非公開です。どうでもいいけど)

あのホテルが大好きだった私としては、本当に残念です。
早く、気持ちよく泊まれるようになってほしいものです。
(もっとも、これで値段が上がったら、利用しなくなるかも・・・、勝手ですね)

ベビーティアーズ購入、ベランダはさらに草ぼうぼうです。

イメージ 1

半月前にベランダ鉄道に仲間入りしたペットグラスが、意外と好調です。
存在感もあるし、枯れません(笑)。
今日はさらにベビーティアーズというものを購入してしまいました。
79円×2鉢です。安いのかな?。

さっそくベランダで分解(笑)。
ウッドプレートと線路の隙間にちぎって配置。

ベランダなのに、草ぼうぼう!
なんか、いい感じです。
さらに調子に乗って、家の中からコニファーも移植。
残りのペットグラス1鉢も分解して配置、さらに賑やかになりました。

何かの記事で読んだのですが、庭がなくても、少し陽のあたる傾斜した場所さえあれば、そこに土を盛って土が流出しないように工夫しておけば、どんな場所でも立派な庭になるとか。
ベランダは雨水排水用に傾斜がありますから、理論的には可能です。
問題は水遣りでしょうね。頑張ります。

草の中を、ベランダ鉄道は快調に走行しています。
牛さんも本物の牧草が食べれて嬉しそうです(ホントかい?)。
でも、普通のマンション生活者は、こんなことたぶんしないでしょうね(笑)。

線路巡礼:東唐津駅(根性なしのスイッチバック駅でしたけど、面白かったです)

こちらの記事は、リニューアルして再掲移動しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/60959951.html
写真も写してあります。
よろしければ読んでね。


筑肥線東唐津駅。
1980年7月第一次九州巡礼と、83年3月第三次九州巡礼のとき、どちらも急行「平戸」で訪れています。といっても、列車の停車時間にホームに下りただけなんですけど。
有名?なスイッチバックの駅でした。
別にここから山登りをするわけではなく、この先が松浦川の河口なのです。この河口の先に、唐津線の唐津駅があるのですが、筑肥線の線路は何故か河口を渡ることなく、スイッチバックでもどっていくのでした。根性なし?
なんでこんな線路配線なんでしょう?面白いですけどね。
あらためて当時の地図を見ても、不思議です。
駅のすぐそばに城があったのですね。やっぱり途中下車しておけばよかった。
ここに隣接する虹ノ松原もよかったです。

このスイッチバック駅。やっぱり「オカシイ?」ようで、83年に虹ノ松原~唐津にいたる新線が建設され、あっさり廃止されてしまいました。残念。

ちなみに、同時に筑肥線の博多~姪浜間も地下鉄に替わられて、無念の廃止。
筑肥線(博多~東唐津~伊万里)は、姪浜~唐津、山本~伊万里、という生き別れの悲しい線路になってしまいました。
私が愛した急行「平戸」の方は、しばらく長崎~唐津で頑張っていたみたいですけど、何時の間にやら廃止されてしまいました。

旧東唐津の駅のあとは、大きなホテルになったみたいです。

線路巡礼:根岸駅(日本一、ホームから貨物列車の入替を見ることができる駅?)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今日の昼休み、とうとう一線を越えてしまいました(笑)。
JR桜木町駅で切符を買って、根岸駅まで貨物列車を見に行ってしまいました。
これまで昼休みにあちこち電車で出かけているのは、実は全て定期券の範囲内プラス歩きなんです。
高島貨物線を毎日(?)見ていたら、どうしても貨物列車の出発駅である根岸駅に、あらためて行きたくなりました。

根岸駅のホーム。プーンと油の匂いが立ち込めます。
このホームに立つのは、何年ぶりでしょうか?
あいかわらず、嬉しいことに石油タンク列車がたくさん停まっています。
工場と根岸駅との間で、入替えもすぐに始まりました。

実は2年前に、無料貸し自転車でみなとみらいから根岸駅まで来たことがあるのです(30分くらい自転車こぎました)。今は有料なので使っていません(残念)。
この時は神奈川臨海鉄道本牧埠頭駅をメインに見学していましたので、根岸駅の貨物列車入れ替えを見るのは本当に久しぶりです。

もう、ひっきりなしに貨物の入替えしています。
神奈川臨海のDLが2台、アチコチで働いています。
列車を牽引してきたJRのELも根岸駅構内で入替えに励みます。
都合、3両の入替機の動きが根岸駅ホームから一望できます。
難を言えば、ちょっと高速道路が邪魔なことと、石油タンク貨物しかいないんです。
本牧からコンテナ車も来るはずなんですけど、この時間帯は来ませんでした。

たぶん、日本で一番貨物の入替が見える駅なのではないでしょうか。
駅の外より、むしろホームからの方がよく見えると思います。
外に出ても、さすがの私も駅に隣接した石油コンビナートの中には入れませんので(笑)

初めての切符を買っての小巡礼は、大興奮でした。
根岸駅ホームを走り回ったおかげで汗をかいてしまい、さらに風邪をこじらせてしまいましたが、楽しくてやめられません(ホント)。
これから、毎昼休みに切符を買って出かけてしまいそうで、怖いです(笑)。

高島貨物線でカモメさんと一緒に貨物列車見学。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今日の昼休みは小春日和?、暖かいので思ったよりも遠出をしてしまいました。
みなとみらい駅から新高島駅まで一駅区間を電車で移動、地上に出て、みなとみらい大橋を越えて、ポートサイド地区に入ります。帷子川と貨物線に面した、なかなかイイ公園になっています。
ここで高島貨物線が帷子川を鉄橋で渡ります。

いつもの貨物列車が轟音とともにやってきました!(写真1、逆光ですね)
鉄橋で休んでいた「かもめさん」は、すぐそばを貨車が通っても、ピクリともしません。
慣れたものです?。
いえいえ、この鉄橋は3線分あるのです。かもめさんは手前にいて、線路は真ん中の1本だけ単線で残り、高島貨物線の列車が通っているのです。
昔は、今の東高島地区に大ヤードがありました。ターンテーブルと大きな扇状庫まであったんです。3線分の鉄橋は、過去の栄光の数少ない名残です。他は、ぜーんぶ、平地にされてしまいました。

調子に乗って、今日はさらに先に進みます。東高島貨物駅(これは一応現役)の脇の踏み切りを越えると、そこは横浜中央卸売市場です。会社の昼休みに、とうとうここまで来てしまいました(笑)。

市場は外見は入りずらそうですが、意外と開放的。何の規制もありません。
フツーのサラリーマンがたくさん市場内の食堂に並んでいました。
でも、私の今日のお目当ては、貨物列車です。
市場の中をずんずん進んで、海側に出ます。
今度は、先ほどの鉄橋の反対側から貨物列車を撮影。
バックに横浜そごう、海をわたる貨物列車もいいなぁ(写真2、3、これは順光ですね)。

さらに今日は貨物列車をもう2本、合計4本見てしまいました。幸せ。
当然ですが、大慌てで走って会社にもどりました(笑)。

途中、みなとみらいのオフィスビル群をバックに走る今日4本目の貨物列車を見ました(写真5)。
ちなみに、このビルの中に私の会社のオフィスがあります。
会社の昼休みに、こんなところまで放浪しているサラリーマンは、他にはいないでしょう?

家に帰って、奥さんに得意げに市場の話をしました。
写真1の、貨物が来ても逃げない「カモメさん」の話もしました。
奥さん曰く、「あなたと一緒で、カモメさんも貨物列車ファンなんでしょ。」
はい。貨物列車のおかげで、今日も夕食の話が弾みました・・・(笑)。

線路巡礼:上総亀山駅(20年ぶりに再訪しました、やっぱり鉄道旅行も散策付きでないとイケマセン)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

久留里線上総亀山駅。
1983年3月に初めて訪れました。
単純に木更津駅から往復しただけ。
なので、沿線とかほとんど記憶がありませんでした、お恥ずかしい。
終着駅のシンプルな風景と、線路がホームから少し先に伸びて終点、車止めだけよく覚えています。
(写真1,2)

近くですから、また、いつでも行けると思っていたら、ずいぶん月日が経ってしまいました。

すでに、日本中の鉄道はほとんど乗車しつくしました。
今度は、もっとのんびりと、観光も取り入れながら、線路巡礼をしてみたい、と思っていた矢先、「亀山湖の紅葉散策」と抱き合わせで、今度は夫婦で久留里線に再訪することになりました。2004年11月のことです。

川崎駅から東京湾アクアライン経由の京急バスで一気に木更津駅へ、そこから久留里線で上総亀山駅へ。このルートの利用は、川崎市民ならではです(笑)。

20年ぶりの久留里線、なんとまだタブレット交換をしていました。
千葉動労への嫌がらせで、JR東はこれに投資をしないというのは本当みたいですね。

上総亀山駅。20年前の写真と全く変わっていませんでした。(写真3,4)
正確に対比できる写真がないのは残念ですが、なんとなくお分かりいただけるかと思います。
車止めは、ちょっと新しくなったみたいです。
今の列車は、どうも塗装がいまいちです。なんかダサイ。
昔の古ぼけた色の方がいいです。

ここから勝浦駅までバスが出ているようです。
ところが、工事計画のあったはずの国鉄木原線上総中野駅に行くバスはないようでした。もちろん、新線工事の形跡もありません。
つまり、大原駅と木更津駅を結ぶから「木原線」というのは、名前だけで全くやる気もニーズもなかったのですね。

駅から歩いて10分くらいで人造湖の亀山湖です。紅葉も綺麗です(少し早かったけど)
ローカル線の旅と、紅葉散策の両方満喫できるなんて、お得です。
この散策ルートは、JRもご推薦のコースで、たびたび冊子で紹介されています。

20年前は、とにかく急いであちこち巡礼してしまい、ゆっくり沿線を楽しむ余裕がありませんでした。
余裕がないと、記憶に残りません。
写真だけとればいいというものではありません。
やっぱり、線路巡礼+沿線ちょっとした散策(歴史・観光・温泉・お散歩)、がオススメです。
とりあえず、これからは沿線散策もメインとして、線路巡礼を続けます。

そうしないと、奥さんが付き合ってくれません(笑)。

線路巡礼:東京駅に機廻りを見に行きました。湘南電車もやってきた♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今日は午後出勤なんです、遅番というヤツです。月に2回くらいあります。
いままでは、平日の午前中を家でのんびり過ごして、ブログを書いてたりしましたが、今年から心を入れ替えて?、線路巡礼に出かけることにしました。
題して、「いつでも行けそうなところに、行ける時に敢えて行っておこう」巡礼です。

1回目の今日は、「東京駅に朝到着する寝台特急の機廻りを見に行こう」です。
東京駅10番線に「はやぶさ・富士」が9:58に到着します、その少し前に到着。

途中、浜松町駅ホームの小便小僧を車内から見ていると、下り湘南電車がスーっと通過。
貴重です、大慌て。車内から無理やり撮影。

東京駅に着きました。
平日、しかも今話題の「出雲」じゃありませんから誰もいないだろうと思っていたら・・・、
アレ、同じような格好をしたサラリーマン写真家さんが3人もいました、ちょっとビックリ。

寝台特急が着きました。
機関車切り離し。上野方面で待機(写真2の右端)。
その間にさらに新たな湘南電車が来てしまいました、興奮!?(これも上野方留置線に引き上げて、10:33発の快速アクティになりました)。
機関車はその間に9番線を通って、品川方の引き上げ線に、ちょこんと退避(写真3)。
しばらくしてから、10番線にもどって(係員添乗、カッコイイ)、客車の先頭にガチャンと連結。
おしまい。

今度は、これが田町電車区にもどる走行シーンを撮影したくなりました。
でも、何時に発車するのか分かりません(後で分かりました。10:33湘南電車発車の次でした)
途中の駅のホームからも撮ってみたくなりました。
どこの駅がいいのでしょう?
(私は鉄道好きでも、電車の写真撮りにはこれまでほとんど興味ありませんでした。線路一筋なんです。遙か昔のブルトレブームには、全く関心ありませんでした。)

有楽町駅ホームで先ほどの湘南電車を撮影した後、さらに山手線で品川方面に南下してみました。
どこで下車して撮影しようか迷っていたら・・・、
肝心の回送寝台列車が走ってきてしまいました。アレレ~。さすが素人です。

でも、山手線の一番後ろに乗車していたおかげで、新橋あたりから田町まで、回送寝台列車に追いつかれて抜かれていくまでの走行シーンがバッチリ見えました(笑)。
写真は諦め、デジカメビデオ撮影です。
なんか、車を併走させて撮影しているみたいです、カッコいいでしょ?

品川駅の臨時ホームで、先ほどの寝台車輌も水洗いスポットにくるかな?としばらく待ったのですが、来ませんでした。先客の「出雲」が、気持ちよさそうに水浴び中でした。

ここまで楽しんで、11:10目黒駅で下車。
私の奥さん(勤務先・目黒)と昼食を食べて、それから横浜みなとみらいに重役出勤です(笑)。
奥さんがいなかったら、きっと品川駅東海道線ホームの常盤軒でお好みうどん(私のオススメ)を食べていたと思います。

ところで、今朝到着した「はやぶさ・富士」はガラガラでしたよ。
これも時間の問題でしょうねぇ。残念。

東京駅ホームで寝台車をボケぇ~、と眺めていたら、
何となく、乗車経験のない「富士」に乗ってみたくなってしまいました(笑)。
次の巡礼は何時でしょう?

1983年3月、第3次九州巡礼(鉄道の廃止は特定地方交通線だけではなかった!巡礼を急げ~)

イメージ 1

鉄道の廃止は、国鉄特定地方交通線だけではありませんでした。
1983年3月22日に、国鉄筑肥線の虹ノ松原~唐津、福岡市営地下鉄博多~姪浜が開業するのと同時に、旧線である虹ノ松原~東唐津~山本、筑肥線博多~姪浜が廃止になってしまいます。
これは大変です。
既に、急行「平戸」を博多~長崎で通しで乗っていますので、筑肥線の乗車経験はあるのですが、やっぱりもう一度乗っておきたい。
さらに、国鉄以外の鉄道、つまり地方私鉄にも廃止の魔手が迫っていました。
乗りにいきましょう!

1983年3月6日(夜行)~3月11日。
今回の初乗り路線:熊本電鉄(上熊本~北熊本、藤崎神宮~菊池)
島原鉄道、鹿児島交通、指宿枕崎線。
おまけ、急行比叡(名古屋→大阪)。

宿は例によって、大垣行き1泊、ながさき1泊、急行かいもん3泊です(笑)。

筑肥線の博多~姪浜間は、朝のラッシュ時に中間駅5駅全てで下車して、入場券を買っています。
それだけ、運転本数が多かったんですね(というか、それだけ入場券に固執していたみたいです)。
何で廃止してしまったのでしょう、もったいない(新設の地下鉄とは、かなり距離が離れていました)

東唐津駅のスイッチバックとか、山本駅の唐津線との複雑な関係?が、もう一回体験できてよかったです。

鹿児島交通は当時、伊集院駅から西鹿児島駅まで乗り入れてました。もちろん、この乗り入れ列車に乗っています。枕崎駅では、国鉄と1日1回の接続列車にも乗っています。

この巡礼の後、熊本電鉄は菊池までの一部区間廃止、鹿児島交通に至っては台風で一部不通のまま全線廃止となってしまいました・・・。この時、乗っておいて本当に良かったです。

各線路巡礼ポイントについての詳細は、各々の紹介記事をお待ちください

(2012.1追記)
このときの九州ワイド周遊券をアップしました。この時はあんまり下車印押してないですね?

プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR