FC2ブログ

交通博物館はこうあるべきだ!前編?(どうして線路をつなげてくれないの?)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

神田の交通博物館。
小学生の頃、鉄道好きの私は父親に何度も連れて行ってもらったところです・・・。

その交通博物館が閉館されて、大宮に移転するそうです。
私は相変わらず鉄道好きなんですけど(笑)、交通博物館には何故かいまいち関心が湧きません。
昔の遺構も公開されているとかで、世間では廃止前ブームが盛り上がっているみたいなんですけど、何故か私は盛り上がりません。
どういうわけか、入場料を払ってまで行きたいとも思わないのです。

神田の交通博物館に私が興味が湧かない最大の理由は、これが鉄道とつながっていないことです!

交通博物館の車両展示用のレールが、国鉄(JR)線とつながっていないなんて、変じゃありませんか?

世界の主な交通博物館は、その国の鉄道の沿線にあり、鉄道とレールがつながっているのが主流だと思います。あくまでも私の調査によると、ですけど(笑)。

日本でも、京都の梅小路博物館は、ちゃんとレールがJRとつながっています。
これが、鉄道博物館の当然の姿、なのではないでしょうか?

博物館の大宮移転にあたり、大船の鎌倉車両工場にあった昔の寝台車を、ここに移転して展示することになったそうです。

その、移動の手段が情けない。

トラックにひかれているんです(神奈川新聞HPの写真です)。
どうして鉄道輸送しないのでしょう?
せめて、寝台車に敬意を表して、逆向きで運びなさい(笑)。

鎌倉車両工場から大宮駅に隣接する大宮工場まで、どうして鉄道輸送しないのでしょう?
JRが自ら鉄道輸送を否定しているのです。
これでは、鉄道貨物が衰退してもしかたない。
もう、鉄道の誇り、というものが微塵も感じられません(泣)。

そんな訳で、線路好きの私としては、神田の交通博物館も、そして大宮にできるらしい、線路から隔絶された博物館にも、興味が湧かないのです(悲)。

ついでですが、昨年秋に鎌倉車両工場の一般開放に行っています。
同工場は今春閉鎖なので、これが最期でした。
大宮に、恥ずかしく陸送された寝台車もありました。
写真を整理していたら、あこがれ?の湘南電車とスカ線電車のツーショットが出てきました。
悲しい、電車の墓場もありました。

いっそのこと、ここを新しい鉄道博物館にしてくれたら良かったのに!
そうしたら、私は無常の愛を感じたことでしょう(笑)


たくさん、神田の交通博物館の悪口を書いてしまいました。
でも今日の昼間、神田に行って、中央線の車窓から、すばらしい光景を見てしまったのです!
これまでの失態?を取り返せるほどの、素晴らしい線路!
続きは次の記事ですぅ!

スポンサーサイト



電車とサクラ、横浜で新名所?見つけました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日の昼休み、寒くて曇り、天気はいまいちですが、やはりサクラと電車を見に行ってしまいました。

場所は、横浜駅近くの青木橋付近の高台にある幸が谷公園です。
一番の最寄駅は京急神奈川駅です。
東海道線の車窓からも、満開が確認できます。

ワクワクしながら公園までの階段を上ります。
ここからでも、サクラ越しに電車が見えます!

階段を上ったところに幸が谷公園があります。
ちょっとした、サクラの名所のようです。花見客もいます。
なんと、サクラ並木が満開です。

でも、最高なのは眼下に見える線路と電車たちです。
しかも、いろんな種類の電車が拝めます。

どうしてこんなイイ場所から、先週引退した湘南電車を撮影しなかったのでしょう、残念(泣)。
もっともまだ、サクラは咲いていませんでしたけれどもね。

いろんな電車がやってきます。
赤い京急、青い京浜東北線、緑の横浜線。
東海道線のステンレス製の新・湘南電車も、サクラに映えます。
調子に乗って、青い京急までやってきました(笑)。

でも、横須賀線のステンレス車両の色は、サクラ越しに見ても相変わらずパッとしません。
なんか、ちょっと可哀想です。

今日は曇りでサクラの色はいまいちです。
もう一回、来てしまいそうです(笑)。

おまけ:歴史の話。
この公園と向かいの高台の間を開削して、東海道線が開通しました。
だから、この高台そばの旧東海道は、鉄道開通のため、ここでキレイに分断されています。

さらに、戦国時代の初頭、ここで北条VS上杉の死闘?権現山合戦があったそうです。
歴史の教科書には出てこない、マイナーな合戦ですけど、ちゃんと解説看板があります。
とっても感心しました。

感心しないのは、夜桜宴会のために、こんな昼間から場所取りのブルーシートが散乱していることです。
都心のどこでも見られる、情けない光景です。
馬鹿マスコミは、これが日本の会社の新入社員の仕事です、とか相変わらず紹介しているんですよね。
恥を知れと言いたくなります。

これがあるから、都会のサクラって、あんまり好きになれないのかな・・・。

線路巡礼:大湊線大湊駅(珍しく立派な車庫のあった終着駅、今もイタコが見守ります)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

大湊線大湊駅。
1984年3月25日、当時未だ健在だった大畑線大畑駅を巡礼した後に立ち寄りました。

大湊駅は2面3線を擁する大ターミナルの終着駅(笑)です。
残念ながら、すでに貨物取り扱いは終了していたみたいです。

ホームのすぐ先に、車庫と検車区みたいなものがあります。
線路はそこでお終いです。
そして、その先には、イタコさんの職場がある、天下の「恐山」が、デーンとそびえます。


当時の国鉄ローカル線の終着駅で、立派な車庫や検車区があった駅は、たぶんこの駅と小松島(港)駅だけではないでしょうか。
木造の、とてもいい雰囲気の車庫でした。

大湊線は、大畑線が廃止になった後も生き延びました。
でも、大畑線がなくなったら、大湊駅に車庫を設ける必要もなくなってしまったのかもしれません。
ピンチです。
大湊駅が当時のままでいてくれたら、幸いなんですけど。

風の便りに、JRはここに駅ホテルを作ったことを聞きました・・・。
無念です。

恐山のイタコに、線路の無念を聞くネタが、またひとつ増えてしまいました(哀)。

写真1:恐山をバックに、いかが?雪が多くてたいへんでした。
写真2:列車の陰で、車庫が見えません(泣)
写真3:終端の車止め♪
写真4:車止めから終着駅を見ます、背後には恐山とイタコさん。
写真5:木造車庫がかろうじて写っていました。

お花見三昧?

イメージ 1

イメージ 2

横浜みなとみらい、こんなところでも花見は出来ます。
今日の昼休みは、会社の女子社員と大お花見大会となりました。
お酒抜きですけど(笑)。

場所は観覧車コスモクロックの傍です。
昨日、ここならランチ花見も出来ると、目星をつけておきました。
海に近くて、景色もいいのです。
でも、計算外は、今日のすごい強風です。

大騒ぎです。
花びらは散らずに、花びらをつけたまま折れた枝が舞っていました(笑)。
拾ってきて、職場に飾ってあります。

夜は、奥さんと待ち合わせして、自由が丘の夜桜です。
自由が丘駅の南口側は、ちょっとした桜の名所です。
遊歩道にそって、満開の桜が咲きます。
残念ながらライトアップはしていません。
お店の灯りが頼りです。

ベンチがたくさんあるのは嬉しいのですが、何故か吸殻入れが無数に置いてあります。
ポイ捨てされるよりはマシかもしれませんが、おかげで煙いです。
この街が、こんなに喫煙者だらけとは知らなかった。
禁煙席を作ってよ!

鉄道に関係のない、花見だけの記事となってしまいました(笑)
自由が丘の桜は、東横線や大井町線と一緒にも写せるのですが、夜ではなんだか分かりません。

線路巡礼も忙しいけど、お花見も大いそがしです(笑)。

鉄道貨車の話。ワムさんの追っかけはじめました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昔、鉄道貨物はいろいろな物を運んでいました。
その運ぶものに合わせて、たくさんの種類の貨車がありました。
短い編成ながら、いろんな貨車がごちゃ混ぜに走っていたのは、とても面白かったです。

家畜車、鮮魚車なんていう、生き物を運ぶ貨車までありました。
人間を運ぶ、車掌車なんていうのもありました(笑)。

でも、この世界も合理化が進み、コンテナという便利な貨車にどんどん入れ替わってしまいました。
貨車の種類もどんどん単純化されて、もう数種類しか残っていないのはないでしょうか?
もっとも、それ以上に鉄道貨物の需要が減ってしまいましたけど(哀)。

液体(特に石油?)を運ぶタキという貨車は、高島貨物線で毎日見ることができます。
でも、他の貨物線でも、タキ以外は、ほとんどコンテナ貨車となってしまいました・・・。

そんな中で、私が大好きなのが、有蓋車というワムさんです。
たぶん、昔は一番ポピュラーな貨車だったのではないでしょうか。
液体と生き物以外は何でも運べたみたいです。

ワムさんは、今でも現役です。
運用はどんどん減っているみたいですけど。
現在は、製紙工場がお得意様のようです。
何故か、青い車両と茶色い車両の2種類が存在します。
昔は、黒い車両だったような気がするのですが?
ちなみに、私が小学生の頃に買った、HOゲージ鉄道模型のワムさんは黒です。真っ黒です。
種類が違うのかな?

ところで、そのワムさん。
今でも横浜近辺で見ることができる、という情報を、ブログで教えてもらいました。
大感謝です。

どうしても、勇姿を見たくなりました。
情報では、戸塚駅を14:10頃、下り列車として通過します。
湘南電車見学のついでに、出かけてみました。

第1回目、3月3日、戸塚駅にて(写真1)。
本当にワムさんがやってきました!。健在なことを確認しました。
コンテナ貨車もつながっていますが、後ろなので気になりません。
上り横須賀線としっかり被りました(笑)。

第2回目、3月7日、東戸塚駅にて(写真2)。
なんと、DDさんと二重連です。
ビックリしてDDさん中心の写真になってしまいました、ヘタクソ!(笑)。

第3回目、3月27日、鶴見駅にて(写真3,4)。
やっと、電気機関車をちゃんと撮影できました、遠いけど(笑)。
昔の国鉄時代の電気機関車みたいです。ワムさんに良く似合います。

ワムさんの長い編成美は感動物です。
でも、茶色いワムさんの数から判断すると、どうやら毎回おんなじ編成が走っているわけではないようです。
鶴見駅を出ると、横浜羽沢駅までトンネルに入ってしまいます。残念。
実はこの日、すぐに京浜東北線と横須賀線を乗り継いで、東戸塚駅まで追っかけましたが、ワムさんは通過した後でした・・・。
ワムさんも意外と早いのです(泣)。

14時前後という時間帯なので、さすがの私も昼休みに来るわけには行きません(笑)。
外出理由を捻り出すのも大変です。

でも、ワムさんの追っかけは当分続きそうです。

東横線菊名駅の「お花見」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今日の昼休みは、久々に東横線散歩。
気になっていた、菊名駅のサクラと菜の花を見に来ました。

サクラはチョイと早いです。
実は、昨年の満開の時にも来ています。好きですねぇ。
ここは道路からニョキリとサクラが生えているのが、ご愛嬌。
サクラ優先の道路なのでしょうか?車がぶつからないか、ちょっと心配。
なにより、違法駐車の車があるのが、玉にキズです。多いのが難点です。

菜の花は、気をもんでいました。
今年はちっとも咲きません。

昨年の菊名の菜の花はとてもきれいだったのに・・・。

東神奈川駅付近の東海道線の法面の菜の花は、先月から咲いています」。
なのに、毎日通勤の東横線電車から見ている菊名の菜の花は、芽も出てきません。
除草剤でも撒いちゃったのかな・・・、悲しいです。

と、思っていたら、急に黄色く咲き出しました。もう、気をもたせないで!
ほんの、ささやかな菜の花畑です。
でも、大好きです。

ちょっと残念なのは、サクラと菜の花の場所が離れていることです。
まあ、これが自然のままの姿ですから、ヨシとしましょう。

ちなみに、写真4枚目、菜の花と一緒に写っているのは、最近再び東横線を走り出した、なつかしの「食パン電車」です。
東急の赤い帯をしていません。
ケバケバしい、カラーリングもありません。

のっぺらぼうみたいな白い「お顔」が、とっても愛らしいです。

汽車が運んでくる喫茶店はじめました。

イメージ 1

本当に暖かくなってきました。
ベランダの季節到来です。

おやつにケーキを買ってきました。
今日は家にいたので、ウメとサクラを見ながらベランダでお茶会を催そうかと思いました。
CDラジカセも出してきました。
狭いながらも、楽しいベランダ生活です。

ケーキを半分食べたところで、すごい事を思いつきました。

ベランダ鉄道で、ケーキセットを注文しましょう♪

奥さんの運転(操縦?)で、ゆっくりと走ってきました。
これ以上進むと、こぼれるぅ!

バカバカしく楽しいです。

実際にこういうお店はあるみたいです。
ウチの近所にも、汽車が運んでくる寿司屋さんがあります。
店頭の看板をみると当鉄道と同じ機関車セットを使っています。
ドイツ製、レーマン社のLGBですね。

でも、あまり流行ってなさそうなので、遠慮しておきます(笑)。

なお、写真はイメージです。
ケーキ食べかけでごめんなさい。
このまま一周すると、ケーキは帰って来なくなります(笑)。

ウメにウグイス!、my梅はじめました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日、青梅吉野梅郷で購入した梅の鉢を、さっそくベランダに配置。

う~ん、きれいです。
2鉢で千百円とは思えない(笑)
持って帰ってきた甲斐があるというものです。

さっそく、ベランダ鉄道に置いて、記念撮影です。
my梅なので、持ち運び自由です。簡単にポーズを変えられます。便利です。

でも、動かすたびに花びらが散ってしまいます。
残った花びらと蕾を大事にしないといけません。

裏山ではサクラが咲き始めています。
ちょっと、my梅とツーショット記念撮影です。

ベランダのmyサクランボは、さっさと咲いて、さっさと散ってしまいました。
もう、葉っぱが元気に出てきています。
サクラって、花期が短いですよね。
ウメは花期が長いようです。
費用対効果を重んじる我が家には、ウメが合っている様な気がします。

草ぼうぼうのムスカリも、ようやく花を伸ばしてきました。

おまけに、今朝は裏山でウグイスが盛んに鳴いてくれています。
ホー、ホケキョ!

梅にウグイス!花札です。

これでモモも手に入れたら、「三春」が実現します。
狭いベランダは、ますます狭くなるのでありました(笑)

吉野に花見に行ってきました!?今年は超遅咲きです(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

東京でも桜が開花しました。
今年は早いそうです。
というわけで、今日は夫婦で吉野に花見に行ってきました・・・。


吉野と行っても、奈良県吉野山の桜ではありません(笑)。

青梅市の吉野梅郷です。
だから、サクラではなくてウメの花見です。
今年はウメの開花がすごく遅れており(3週間送れ?)、やっと満開の情報が入りました。

世の動きに逆らって?、桜ではなく遅咲きの梅を見に行ったのです。

最寄駅は、青梅線の日向和田駅です。
もう世の中は桜だから、わざわざ梅を見に行く人は少ないだろう、と思っていたら、行きの青梅線は大混雑でした。いつもは無人駅のはずの日向和田駅は臨時改札を作って対応の大混雑でした。
私たちは混雑を避けて、ひとつ先の石神前駅で降ります。
実はここからでも梅郷は近いのです。
おまけに石神前駅はホームにも梅がある、風流な駅です。

ここから多摩川の渓谷を渡ると、食用?の梅畑が点在します。満開です。
少し歩くと、青梅市梅の公園、ここが吉野梅郷の中心です。

入場料は200円。
大勢の人が押し寄せていましたが、中は結構広いので、さほど気にはなりません。
山の斜面なので、高低差があります。
梅園を見るには、この高低差が大事なんですよね。
すんごくキレイです!、としか言いようがありません。
赤、白だけでなく、松の緑や黄色に花?も点在するところがお気に入り。
ビールも美味しいです(第3のビールですけど(笑))

残念なのは、混雑時は使用禁止なのに、多数の写真三脚屋が大きな顔をしていることです。
使用禁止なんだから、園内持ち込み禁止にすればいいのに。
三脚バカには、常識なんか通用しないんだから(怒)

でも、矛盾しているのは、この梅園で梅写真コンテストをしているんです。
そんなことするから、非常識な自称写真家がデシャバルわけです。
これじゃ、マッチポンプです。

この後、「観梅通り」というのを歩きます。
梅園だらけです。

ここは青梅市、さすが、名前に「梅」がつくだけのことはあります。

調子に乗って、園芸屋で「梅」を買ってしまいました!、しかも2鉢。
安かったんです。2鉢で、千百円ですよ!
帰りの青梅線と南武線は、この梅の鉢を抱えての帰還です。

けっこう大変でした。
座れたからよかったけど、車内は混んでいました。
府中本町から、いつものように競馬場帰りが多数乗りこんできます(笑)。
梅の花を散らさないように、必死でした。
普通、こういうものは電車では持ち帰らない?

車内に、梅の匂いが漂ってしまいました(笑)。

線路巡礼:大畑線大畑駅(肥薩線ではありません!、2回も廃止された悲劇の路線です)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

大畑線大畑駅。
1984年3月24日、まだ雪が残る中を巡礼しました。
当然、大湊線とペアの利用です。

野辺地駅11:31→下北駅12:39
下北駅12:52→大畑駅13:23

大畑線の列車はすべて大湊駅から発車していました。
意外と列車本数は多いです、1日7往復半。
両線の接続はたいへん良いです。
実は、大湊線の運転本数は大畑線と同じでした。
だったら一本の路線として扱ってもよかったのに・・・。

でも、路線が別であることが、その後の両線の運命を分けました。
大畑線は第一次特定地方交通線となりバス転換か第3セクターかを迫られました。
一方、大湊線は何故か対象にもならず、国鉄からJRへと生き延びました。


大湊駅まで行っても、大畑線は同じ列車になるのですが、私はわざわざ下北駅で下車して、大畑線の起点駅に敬意を表しました(笑)。

雪以外に何もない下北駅で待っていると、大畑行きの列車がいらっしゃいました。

あっけなく終点の大畑駅に着きます。

残念なことに、雪のため、ホーム1面と線路1線しか確認できません。

ホームからさらにレールは続きます。
さっそく、除雪してある区間の線路を車止めに向かって走ります。
列車2両分くらい除雪してあります、引き上げ線として使っているのでしょう。
でも、その先は雪の塊で、レールがどこまで続いていたのかを知ることはできませんでした。
この駅の構内配線はどうなっていたのでしょう。
おまけに、この先の大間までは未成線の工事区間です。
ひょっとしたら、工事区間までレールは伸びていたのかもしれません・・・、夢と謎は膨らみます。
雪が恨めしいですぅ。

その後、大畑線は予定通り翌年の6月末にアッサリ廃止になってしまいました。
でも、バス転換でも、第3セクターでもなく、地元のバス会社(下北交通)に引き取られたのです。

下北交通になると、大畑駅構内にピカピカの車庫と検車区ができてしまいました・・・。
なんか、神聖な終着駅を荒らされるみたいでイヤでした(笑)。
線路の歴史も大事にしてね。

でも、下北交通時代に再訪の機会がありました。
野辺地→下北:JR
下北→大畑:下北交通
大畑→大間:下北交通バス
大間→函館:フェリー
という楽しいルートです。
大間線の工事区間と、青函航路以外の渡道フェリーを満喫できました。

でも、大畑駅で列車からバスへの乗り換え時間が短かく、またしても大畑駅構内の線路の終端を確認することができませんでした・・・、残念。

さらに年月が経ち、何と下北交通までがあっさりと鉄道を見放し、廃止になりました。
よくやった、なんていう人が多いけど、税金を随分投入したんじゃないのかな?
はじめからバス転換していればいいのに。
他社のバスが参入するのを恐れて、下北交通が自ら手を挙げたはずなのに(怒)。
私は、非常に無責任な話だと思うのですが。
(もし、地元の方が見ていたら、勝手なことを言ってごめんなさい。でも本音です(悲))

幸いなこと?に、いまでも大畑駅には保存鉄道が残っているようです。
写真や記事を良く見ます。
でも、ホームの脇に不釣合いな下北交通時代の車庫がドデンと居座って、どうも好きになれません。

どうせ動態保存までしてくれるのなら、国鉄大畑線の状態のまま保存して欲しかったです。

国鉄大畑線の線路の終端は、本当はどこだったのでしょう?
インターネットで捜しても、やっぱり分かりません(こういう趣味の人は少ないみたいで・・・)。
下北交通時代に、車庫への引き上げ線として、手を加えられた可能性もあります。

おまけに、「大畑(おおはた)駅」で検索して調べても、肥薩線の大畑(おこば)駅ばかり出てきます(笑)。
ループ線とスイッチバック、おそるべし!終着駅より人気があるとは。

これでは、2回も廃止された大畑線大畑駅の霊は浮かばれません!、かわいそうです(泣)。

どうしても大畑線の終点が気になります。
もう一回、巡礼してみましょうか?
恐山も近いし。
イタコに頼んで、大畑線のレールの本当の終端はどこだったのか、聞いてみます(笑)

プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR