FC2ブログ

旧東海道お散歩の旅24日目、桑名駅~近鉄四日市駅(船遊びに続いて、電車遊びをしながら、ついに伊勢の国入り~)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

11月26日(日)、名古屋で目が覚めました。
実は、前夜のホテルはどうしても事前に予約が取れなかったのです。
名古屋市内に6軒もある東○インも、2件ある東○インも全滅。
香嵐渓の紅葉ツアーのせいかなぁ?
だから、前日で帰宅するつもりでしたが・・・

ところが。
宮の船着場にたどり着いて、
「ここから船だぁ」と、ひとしきり感動した後。
ダメもとで昨夜泊ったホテルに電話してみると、

あっさりOK(笑)
部屋が取れちゃいました。
疲れているけど、もう一日歩いちゃえ!

というわけで、今朝は七里の渡しの船旅からスタートです。

旧東海道、海上七里。
宮から桑名まで。
約28キロの船旅です。

といっても、残念ながら船はいません。とっくに航路は廃止。
そもそも、埋め立てのおかげで、船なんか通れません。
仕方なく、現代の船「鉄道」のお世話になりましょう。

江戸時代の船旅。
通常は4時間、風がないと6時間もかかったそうです。
ずいぶん揺れたそうです。
船キライの人には陸路を行くことも認められていたらしいのですが、
我が家は「船旅」大好きなので(笑)

JR関西本線で、名古屋から出航!

途中、大きな川を3本も渡ります。
「船」の雰囲気が出ますねぇ(笑)
船酔いしちゃうかな?

あっさり「船」は桑名駅に到着。
でも、昔の船着場はここから1キロ以上離れています。

桑名の町。
歩くのは初めてですが、なかなか歴史を大事にしています。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_0?-1

揖斐川にそって歩くと、城郭が見えてきました。
ここが桑名の船着場です。
昔は桑名城の一角にありました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_1?-1

船着場にある大鳥居は、伊勢神宮のものだとか。
伊勢神宮への街道の入り口でもあるわけです。

ここは揖斐川の河口。
この対岸の、さらに先の方の愛知県側から船に乗ってきたわけですね。
もっとも今では埋め立てが進み、まっすぐ船は進めませんけど。

ちょうど、揖斐川では小さな漁船が群がるように漁の最中。
有名なハマグリかな?
残念ながら、名物の焼きハマグリは買えませんでした。超高級品みたいですぅ。

船着場から、旧東海道お散歩の旅、スタートです。8:20

いよいよ、三重県、伊勢の国に入りました。

実は、天気予報では今日の午後は雨なのです。
少しでも早い時間にスタートして、雨が降ってくるまでに目的地に着きましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_2?-1

桑名の町中。
旧道の案内が整備されていて助かります。
すごいカギ型道路もあります。
曲がり角には、標識の杭があって、これを捜しながら右往左往するのは楽しいです。

おまけに手書きの標識まで登場。
三重県で、旧東海道がこんなに大事にされているなんて、ちょっと驚きです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_3?-1

東海道ひき逃げ事件発生!
案内の標識杭が車に轢き倒されています。
誰です、こんなヒドイことをするのは(怒)
手書きの表示がなかったら、迷っちゃいます。
旧道は車通行止めにして!(ムチャクチャ?)

桑名の町の最後は、通称七曲の辻。
確かに、7回曲がりました。
さようなら桑名さん。結構気に入りましたよ。

テクテクと歩きます。
3日目だと、ペースが落ちます。
天気もイマイチだなぁ。雨が心配。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_4?-1

近鉄名古屋線を伊勢朝日駅の踏切で越えます。
JR、名鉄とお世話になってきた、旧道お散歩旅、
今度は近鉄のお世話になります。

さらに進むと、今度はJR関西本線朝日駅の手前に出ます。
でも、ここは越えずに平行して左に進みます。

ずっと、昔の雰囲気が残る旧道が続きます。
田んぼと山の紅葉が素敵です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_5?-1

朝明川の橋から、関西本線の電車をパチリ。

さらに歩くと、
素晴らしい踏切にでました。
下はJR関西本線。
上の高架は三岐鉄道。
そして単線の三岐鉄道は、この踏切の真上で、旅客線と貨物線に分かれるのです。
昔は、ここに旅客駅もあったと記憶しています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_19?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_6?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_7?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_8?-1

素晴らしい鉄道名所です。
DDさんの重連まで走ってきました。
楽しくて、ここで20分くらい足止めしてしまいました(笑)
歩いてきてよかったぁ。

さらに左に曲がると、再び三岐鉄道、近鉄線の高架をくぐります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_9?-1

ここが富田駅の付近です。
鉄道路線図を見ると、複雑怪奇な場所。
歩いていても、線路だらけで楽しいです。
おまけに、鉄道貨物も健在です♪

近鉄富田駅のそばを通過。11:15

今日は早めに帰宅する予定なので、
もう、今日は四日市駅まで歩くのが限界ですね。

時々、雨がポツンと落ちてきます。
心配~。

天気はイマイチですが、快適な旧道です。
沿道の人は、本当に旧東海道を大事にしていると思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_10?-1

松並木はありませんが、
ポツンと残った名残松。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_11?-1

手書きの街道標識や、家の軒先には「東海道」のカワイイ看板がかけられています。

近鉄阿倉川駅付近で、国道1号線と合流。
しばらくして左側に分かれます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_12?-1

右手に、近鉄線が平行して走ります。

三滝橋を渡ると、左手に四日市の工場群の煙突が見えてきました。
なんと、貨物列車が走っているのも見えますよ。
さすが、鉄道貨物の聖地、四日市です。

四日市宿に入りました。
ここの名物が、なが餅です。
旧道沿いに笹井屋という有名店があります。
さっそく購入。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_15?-1

帰りの電車で食べてみましたけど、これまた美味しいです♪
(写真は、家に帰ってから、熱いお茶を飲みながら再度美味しくいただいた時のもの)

四日市の街中。
再び1号線を横切ると、
なんとアーケード街に突入しました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44286251_13?-1

車の乗り入れ禁止です。
たぶん、箱根峠越えを除けば、旧東海道が歩行者専用なのは初めてでしょう(笑)

アーケードを抜けると、大きな道にぶつかります。
これが近鉄四日市駅とJR四日市駅をむすぶ道路。
ふたつの駅は1キロくらい離れています。

ここから、すぐ右手が近鉄四日市駅。
今回のお散歩は、ここまでにしましょう。
なんとか、ここまでは雨に降られることなく歩けました。

当初、JR四日市駅から帰る予定でしたが、近鉄の駅が目の前なので、予定変更。

今回の旅行で初めて近鉄線に乗ります。
近鉄四日市駅を12:50に出て、
名古屋でJRに乗換え、
ひたすら東海道を東に進み・・・
(もちろん、各駅停車ですよ)
何回乗り換えたかワカリマセン。
川崎駅に19:53着。
ここから南武線です。

片道7時間半の旅!
途中、車内宴会が2回もありました(笑)

2泊3日のお散歩でした。
次回は、夜行列車を利用する予定!?


ところで。
どうして旧東海道は、
江戸→熱田(名古屋)→桑名→鈴鹿峠→京都、
なのでしょう?

江戸→熱田→大垣→京都
の方が普通の経路だと思いません?
東海道本線は、こちらだし。

昔の人は、どうして桑名経由にしたのかなぁ?
船に乗ると楽だから?
伊勢神宮参りに便利だから?

歴史と地理の謎解きをしながら?、お散歩は続きます。
歩いていると、次から次へと疑問が沸いてきます。
いちいち聞かされているウチの奥さんも大変です(笑)
スポンサーサイト



お散歩の旅番外編、名古屋の夜(2大有名店グルメ対決編?名古屋城のオマケつき)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

旧東海道お散歩の旅。
11月24日、25日と名古屋に連泊してしまいました。

そこで、名古屋グルメ編です。

まずは、なんと言っても「ひつまぶし」
ウチの奥さん。
東海道を歩く目的のひとつは、名古屋に着いたらこれを食べること、でした。

事前調査によると、
名古屋に2大有名店があります。

あつた蓬莱軒

いば昇


昨年、愛知万博で来た時は、いば昇に行きました。
美味しかったですぅ。
真似して、自宅でも作るようになってしまいました(結構簡単♪)

でも、あつた蓬莱軒の方が美味しい、との声アリ。

こっちも食べないと気が済まない~!

ということで。
今回、1年越しの夢が実現。

本当は旧東海道を歩いて、陸路の最後「七里の渡し」のそばにある本店に行く予定でした。

でも、これだと時間が読めません。
なにしろ、歩いて行くのですから(笑)

結局、初日の夜に、名古屋市内の松坂屋店に行きました。
未だ早い時間なので、空いていてラッキー。


当然、ひつまぶしを注文。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44260237_0?-1

美味しいです。
ウナギが美味しいです。

いば昇、はお茶漬けが美味しかったけど、
あつた蓬莱軒は、ウナギ自体が美味しかったです。カリカリして香ばしいの。

一方、
奥さんは、まったく別のことで感激していました。
お櫃が別々だから、気を使わずに食べれてウレシイ~(笑)

いば昇、は一つのお櫃に二人分入っているのです。
これだと、気を使うの?

かなり量がありました。
お腹イッパイです。
大満足。

翌日、旧東海道を歩くと、あつた蓬莱軒本店の前を通りましたが・・・、
なんと、午後は休みなのです。
昼と夜しか営業しない高飛車な店(普通かな?)。
昨夜、松坂屋店で食べておいて良かったです。
正直、たいした構えの店じゃないし(笑)


2日目。
手羽先!
これも名古屋には2大有名店があります。

風来坊

世界のやまちゃん


去年は、風来坊に行きました。
手羽先だけたくさん注文!
満足~。

今回は、世界のやまちゃん。

こちら、名古屋市内のいたるところにあります。
テキトーに入店。
テキトーに注文。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44260237_4?-1

大満足です。
なにしろ、安い。

肝心の手羽先。
風来坊は、アマダレ味。
やまちゃんは、塩味。


やっぱり、塩味だなぁ(笑)

川崎にもあるらしいです。行かなくちゃ♪

昨年の旅の記事はこちら。
いば昇と風来坊も美味しいよ(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/41327095.html


おまけ1:
名古屋の夜景。
街のどまんなかに観覧車があります。
最近、あちこちの地方都市にも出来てますけど・・・
ビルの上に乗せるだけ。
採算性なんか度外視。
こんなの、景観を悪化させるだけだよ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44260237_1?-1

この点、名古屋はエライなぁ。
なにせ、ビルより低いんだから(笑)

おまけ2:
名古屋城。
二日目、少し早い時間に旧東海道歩きが終わりました。

そうだ、名古屋城に行こう!
名古屋と言えば、お城です。

実は、名古屋城というのは新しいのです。
(新しいと言ってもコンクリート製だから、という意味ではアリマセン(笑))
戦国時代が終わった後で、権力の象徴として作られた城。
なのに、あえて旧東海道は名古屋城下は通りません。
手前の熱田神宮付近から、海路に出てしまいます。
名古屋城は無視(笑)

でもせっかくだから、現代の旅人は寄り道してあげましょう。

16:20頃、お城の入り口に着きました。
ビックリ。
17時で閉園なのです。
入場してもすでに天守閣には入れません。
入場料は5百円。
天守閣に入れなくても5百円。

つまり、この城は、城のなかの庭に入るだけでも有料なんです!

アチコチの城跡に行ったけど、
城郭入場は有料がほとんどですが・・・。
庭が有料というのは、初めてです!

セコイなぁ

庭に入るだけで5百円?
庭といったって、整備された庭園じゃないのです。
天守閣が近くに見えるというだけ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44260237_2?-1

入り口から見える天守閣だけで十分です。
我が家は当然、近くによるためだけなんかに金を払わないよ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44260237_3?-1

北側にまわれば、お堀のすぐそばに天守閣がそびえます。
近くから、立派な天守閣は良く見えます。

これで十分だよ。
シャチホコも良く見えるし。

名古屋城は、セコイ名古屋の象徴ですね。
我が家はもっとセコイけど(笑)


次回、旧東海道の旅は愛知県脱出。
船に乗ったつもり編?です。

旧東海道お散歩の旅23日目、豊明駅~地下鉄名城線神宮西駅(信長コースを歩きます、うるさい歴史ウンチク付き!)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

11月25日。
名古屋のホテルで目覚めました。
天気予報どおり、暖かくてよい天気。お散歩日和です。

名古屋駅から名鉄線でもどります。
豊明駅前から、2日目のスタートです。8:25。

本日も名鉄線に沿って歩きます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_0?-1

すぐに、阿野一里塚。ここも「対」で残っています。
ここは昨日のバカ一里塚と違って、地元の理解があります。
余計なものはありません。
でも。
肝心の樹が小さい、というか枯れてしまったみたいですね。ちょっと残念。

少し歩くと、もう次の前後駅です。
この辺りは駅の間隔が短いですね。

駅からすぐ、街道から500mくらい離れた高台に
「戦人塚」
があります。

旧東海道の旅。
ここから信長コースに入ります。

戦国時代。
駿河・遠州・三河を領地(私達が何日もかけて歩いてきた所です)とする
大大名の今川義元が京都に向けて東海道を西に進軍。
それに対する尾張の国の半分を納めていた織田信長(当時、無名)は、その10分の1以下の戦力。

余裕で進軍した義元さんですが。
桶狭間という場所で
信長の奇襲攻撃にあって、あっけなく殺されてしまいました。
当時の戦いは、親玉がヤラレタら、負け。
今川軍は、ボロ負けでした。
義元は太りすぎで、馬に乗れなかったから逃げられなかったんだ。
とかいう悪口もありますけど、本当かな?
とにかく、信長という日本最高のヒーローに対する、最大の敵役が義元さんですから(笑)

その時の戦いの今川側の多くの戦死者を祀ったのが、ここです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_1?-1

塚のある高台には、一本のもみじが見事に紅葉していました。

なんか、とっても好きな場所になってしまいました。

先を急がないと(笑)

名鉄線中京競馬場前駅の手前で線路をくぐり、海側に出ると、

そこは「桶狭間の戦い古戦場跡」です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_2?-1

ここで義元さんは、あっけなくヤラレてしまいました。
公園になっていて、彼の墓もありました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_3?-1

何故か、墓は3箇所もあるのです?(笑)

この奇襲攻撃は、本当に賭けだったと思います。
これの成否が、この後の日本の歴史を大きく変えました。

奇襲攻撃成功という奇跡によって、
信長が死なずに、
その後、秀吉が信長の家臣となって台頭、
義元に従属させられていた家康が、今川家から独立・・・。

だから、
桶狭間の戦いで、義元さんが信長を返り討ちにしていたら
(当時の常識からすれば、これが当然だったでしょう)
信長も秀吉も、そして徳川家康もエラクはなれずに、
江戸幕府によって東海道が整備されることもなかったでしょう。
江戸が日本の中心になることもなかったでしょうから(笑)


スミマセン。
旧東海道お散歩の話なのに、歴史教室になってしまいました。
でも、街道を歩きながら、
奥さんに延々と歴史の解説をしていました(笑)
ウチの奥さん、全く歴史の知識なし。
でも、解説するのは私の努めです?メーワクかな?
説明しながら歩くのはいつものことですが、この区間は話すことが多すぎます(泣)

桶狭間を過ぎると、すぐに有松地区に入ります。
江戸時代、ここは池鯉鮒宿と鳴海宿の間の寒村でしたが「有松絞り」という発明品のおかげで、
一躍スゴイ発展を遂げました。
有松絞りって、結局良く分からないのですが・・・
旧道沿線に保存された素晴らしい旧家の軒先には、どこにも
「ありまつ」
と書かれた暖簾が下げられています。
これが有松絞りですね?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_4?-1

出汁のイイ香りが漂ってきました。
旧家を利用した、うどん屋さんに入ってみましょう。11:00。
営業開始早々なので、注文したうどんが出てくるまで30分もかかってしまいましたが、
これも手打ちならでは?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_6?-1

冷たい卸し梅うどんと秋味鍋うどん。
美味しかったですよ。
有名店らしいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_5?-1

有松地区の素晴らしい旧家の中を歩き続けます。
隣を平行して走る名鉄線の有松駅の前には、大きなスーパーがあります。
道を隔てただけで、全く異世界が広がります。
ちょっとした観光地みたいですね。

名鉄線と再度交差。今度は山側を歩きます。

左京山駅、鳴海駅、と歩いていきます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_7?-1

鳴海付近で大きく右に曲がるのですが、
大きな旧道絵巻がありました。
これは便利だ。

少し名鉄線から離れて、再度近づいたあたりが、
笠寺です。

まずは笠寺の一里塚。13:10

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_8?-1

ここは片方しか残っていないのですが。
とにかくキレイです。立派です。
木陰で、昔の旅人のようにしばし休憩。

笠寺観音。
昔々、この付近にココロの優しい貧乏な娘がいました。
ある雨の日、お地蔵さんを見たらかわいそうになって、自分が被っていた「笠」を、
地蔵にかけてあげました。
それを偶然見ていた京都から来ていた貴族が、この娘に一目ぼれ。
結婚して、二人は幸せに暮らしましたとさ。
この二人を祀る神社です。
(だから、笠寺という地名なのですね)

このラッキーな玉の輿娘、玉照姫といいます。
どうして、その雨の日にだけ、地蔵に笠をかぶせたのでしょう。
雨なんて、いつも降っているのに(笑)
なかなか、計画的な行動でバカ男を射止めたみたいです。

だって、地蔵に自分の笠を被せる女なんて、気持ち悪いよ~
絶対にイヤだなぁ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_9?-1

でも、ここは夫婦円満の神社なのです。
バカな話ですけど、
とりあえず、お祈りしておきましょ♪
5円投資。

本笠寺駅で、再度名鉄線踏切を渡ります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_10?-1

ここからしばらく、名鉄線に沿ってまっすぐ進みます。

桜丘駅、呼続駅を過ぎると、ここで名鉄本線とは、永遠のお別れ。

国道1号線に合流した後、今度は久々に東海道本線踏切を渡ります。
貨物列車だぁ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_11?-1

東海道本線を見るのは、豊橋駅を過ぎてから久々ですねぇ

名鉄常滑線(中部国際空港に行く路線)の高架をくぐります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_12?-1

ここが「宮」の宿場です。14:30

旧東海道の表示が急に増えだしました。
T字路にぶつかります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_13?-1

ここを左手に行くのが旧東海道です。
右手に行くと、すぐに熱田神宮です。

ついにここまで来ました。
大きな道を、またも歩道橋利用となりシラケますが、

旧道に出ると、ひつまぶしの熱田蓬莱軒本店が右手にありました。

そこを過ぎて、すこし右に曲がると・・・


宮の渡しです。15:00

昔の東海道の旅人は、ここから七里(28キロ)先の桑名まで、船の旅でした。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_14?-1

とうとう、ここまできました。

残念ながら、埋め立てが進んでいますので、当時の面影はありませんが、
ここで道が尽きて、船旅が始まるという雰囲気だけは味わえます。
もちろん、今はそんな風流な船はアリマセン。

ちなみに、今ではこの先には新幹線の橋梁が見えます(笑)。

しばし余韻に浸ります・・・。


でも、今回の旅はここで終わりではありませんでした!

ここまで来たのなら、当然、熱田神宮にも行きましょう。
先ほどのT字路にもどります。

熱田神宮。
有名ですが、来たのは初めて。
まぁ、明治神宮みたいなものですね。

今日の旅の締めくくりで、どうしてもここに来てみたい理由がありました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44224750_15?-1

熱田神宮は尾張の国の守り神。
織田信長は大事にしていたそうです。
先ほどの桶狭間の戦いに挑む前にも、ここでお祈り。
奇跡の戦勝後、この神社に「土塀」を奉納しました。
これが信長塀。
今でも残っているのです。
これこそ、旧東海道信長コースのゴールです(笑)

この日。
宿はどこも満室。
予約が取れずに帰宅するはずでしたが
宮に着いてから電話すると、アッケなく取れてしまいました。

こうなりゃ、名古屋城にも行っちゃいましょう!
名古屋市営地下鉄名城線神宮西駅が今日のゴール最寄駅。

この先は名古屋番外編に続きます

旧東海道お散歩の旅22日目、岡崎公園前駅~豊明駅(名鉄知立連絡線跡を発見!寄り道三昧をしながら、三河から尾張に入りました!)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

今月23日(祝・木)から旧東海道歩きの予定でした。
24日(金)は既に休暇取得済み。
気合入ってました。

でも、天気予報では愛知県は雨。

仕方なく23日は中止(泣)。
天気の良い日を選んで歩くのは、現代の旅行者の特権ですから?

24日から天気が回復しそうです。
ちょいと迷いつつも、やっぱり出発となりました。
お気楽な旅人でしょ?

11月24日(金)
早朝4:48の南武線始発。川崎駅乗換。
東海道本線を4回も乗り継ぎます。
その車窓から、今まで歩いてきた距離を実感しちゃいます。
やっと豊橋駅について、今度は名鉄線に乗り換え。
岡崎公園前駅に着いたのは10:42です。

ほぼ6時間電車に乗りっぱなしです!
今回、クロスシート席が多かったのはラッキーでしたけど・・・。

とにかく、旅のスタート地点までの移動が大変です。
ウチの奥さんも大人しく各駅停車に付き合います。エライなぁ。
とにかく、遠くまで来ました。ふぅ。

やっと、旧東海道お散歩の旅、スタートです。
前回の岡崎27曲がりの最後の区間からです。

岡崎の八丁味噌蔵の中を歩きます。
残念ながら?、全然味噌の匂いがしません。
最近のNHKの朝ドラマの舞台になったみたいで、その案内ばかり。
見ていない者には鬱陶しいです。

すぐに矢作川にかかる矢作橋。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_13?-1

この橋のたもとに「出会いの像」があります。
幼少の豊臣秀吉(当時、家なき子)が、蜂須賀小六(当時、盗賊の親玉)に出会った場所だとか。
出会ったおかげで、秀吉は天下人に、小六は阿波(徳島県)の大名になれました。
身分の低い秀吉が出世できた理由のひとつは、小六の手下たちを上手に使えたことでしょう。
悪く言えば、闇社会をバックにできたということ?

でもせっかくのお目出度い「像」は、工事のため移設されていました(泣)。

つまらない国道1号線を歩いた後、
岡崎市から安城市に入ります。
ここから国道を離れ、松並木の続く旧道を歩きます。

冬が近づき、どの松も藁を巻いています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_14?-1

夫婦松発見。
何故か、助さん、格さんです(笑)。

旅立ちが遅いので(泣)、
歩き出して、すぐにお昼です。
コンビニで格安の惣菜を購入。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_15?-1

近くの廃寺?で昼食です。
なんか、昔の旅人みたいでしょ?

農協直売市場に立ち寄り。
ここは安いです。
三河の国は、野菜、特に私が好きなレタスの有名な産地です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_16?-1

「レタサイ」という新種を発見。
レタスのように生で食べられる白菜だとか。
持ち帰ろうか迷いましたが、やっぱり止めました(笑)。

来迎寺の一里塚、13:25。

ここは、当時の一里塚が「対」で残る、とても貴重な場所なのです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_17?-1

でも。
なんということでしょう。
塚の前に、旧道に面した建物があるのです。
私有地の民家なら仕方ありません。
なんと公民館が建っているのです。
何のために、地域で塚を保全しているのだろう?
こいつら、バカだ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_18?-1

旧道から一里塚を見ると、道の両側に「対」で作られたことが良く分かります。
昔の旅人はこれを目印に旅を続けたのです。

オネガイだから、建物をどけて、元の風景にもどして下さい!

高速道をくぐると、知立の松並木です(この辺から知立市?)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_19?-1

この松並木も素晴らしいです。
御油の松並木よりもすごいかも。
だけど、車優先なのが残念。
悔しいから、途中まで並木の中を堂々と歩きましたけど・・・
歴史と松並木を大事に考えるのなら、歩行者専用道路にしてください!(泣)

国道1号線と交差します。
地下道をくぐると、この辺りが昔の「池鯉鮒」宿です。
これで「ちりゅう」と読みます。
今は、知立ですね。
昔のままの漢字だったら、書くのが大変だぁ(笑)

知立の中心地に近づきました。
「池鯉鮒」宿の跡は、ほとんど残っていません。
おかげで、道がよく分かりません。
迷いつつ進むと、目印の名鉄三河線踏切が見えてきました。

その脇に、すばらしいもの発見!
名鉄本線と三河線を結ぶ連絡線の廃線跡です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_20?-1

しかも、レールはそのまま♪
さすがに、現役の本線とはレールはつながっていませんが、
雰囲気は最高です。

さっそく線路の上をお散歩。
旧道歩きをすると、こういう楽しみがあります♪
(ここの詳細はまた後日)

知立古城跡を過ぎると、知立名物の「あんまき」屋さん発見。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_21?-1

さっそく買い食いです。
アンコが美味しいですぅ。ひとつ120円也。

沿道に知立神社というのがありました。15:00。
ふらりと立ち寄ると、なかなかスゴイ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_23?-1

神社も多宝塔も立派。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_22?-1

何故か、ニワトリのオンパレード。
さすが由緒ある神社です?
菖蒲園の紅葉も見事です(菖蒲は咲いていませんけど)

沿道の寺で、またもカワイイものを発見。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_24?-1

屋根の上のシャチホコ狛犬?が、名古屋に近づいた証でしょうか?

寄り道を繰り返して、ようやく知立市街を離れます。

さらに進んで、名鉄の富士松駅前に着きました、15:50。
もう少し歩きましょう。

境川を越えます。
ここが「三河の国」と「尾張の国」の境なのです。
ついに尾張に突入しました!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_44195488_25?-1

境川にかかる橋から見た夕陽です。
平行して走る名鉄線が映えます。

高速道路の下をくぐると、豊明駅です。16:20。
まだ歩けそうですけど、すぐに暗くなってしまいます。
今日はこの駅までにしましょう。


本日の宿は名古屋市内です。
名鉄電車で移動です。

この夜。
名古屋グルメ三昧と夜景三昧をしました。
元気だね~(笑)
この話もまた別途。

明日も歩くぞ~!

旧東海道お散歩の旅、行ってまいりました(今日は、さわりだけ)

イメージ 1

めずらしく?、毎日のブログ書き、を無断欠勤してしまいました。
11月24日(金)。
実は休暇をとっていたのです。

前日は雨の予報だったので断念しましたが・・・
金曜日は晴れとのこと。

やっぱり、旧東海道お散歩の旅、行ってしまいました(笑)。
ただ、お散歩するだけの気楽な旅なので、
ある程度、行程は自由になります。

今日は、どっと疲れているので、さわりだけ・・・。


今回、ついに三河の国から尾張の国、そして海路?、伊勢の国に突入しました。

今日の記事は、
旧東海道沿道で見つけた、
「戦人塚」という碑。

戦国時代、この付近で、その後の日本の歴史を変えることになる有名な合戦がありました。
これは、その合戦でボロ負けした側の戦死者の塚、です。
1本のもみじの紅葉が、悲しいくらいあまりにもキレイでした。
秋に来て良かった、と本当に思いました。

さて。
何の戦いでしょう?
ヒントは、あまりにも有名であること。
三河の国から、尾張側に少し進んだ場所にあります。
この塚のそばには、その戦いの古戦場跡もあります。

あちこちお散歩する旧東海道の旅。

ゴールの京都三条大橋が見えてまいりました?

明日の筋肉痛が怖いです(笑)

遅ればせながら、ラ・ゾーナ川崎に行ってきました(駅西口から直結!、バカな東口地下街とは大違い)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

本日は、天気予報雨ということで。
いちおう地元の、ラ・ゾーナ川崎に行ってまいりました。

1か月前くらいに開業したそうですが。
スゴイ混雑だそうで、ちょっと遠慮していました。
もうそろそろいいかな?

ラ・ゾーナ川崎。
川崎駅の西側にできました。
ここは、駅に面して工場があった場所。
以前は、工場関係者以外、出入りすることのない場所でした。
駅の一番西側にある南武線ホームのすぐ隣は工場でした。
なんと、駅のホームのほぼ真ん中付近にポイントがあり、
南武線の線路から工場の中に急カーブの専用線が延びていました。
(あぁ、何で写真を残しておかなかったのでしょう(泣))

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_44066784_0?-1

その工場の跡地に、巨大商業施設がオープン。

ここの良いところは、本当に駅のそばなのです。
改札口を出て、左に曲がれば、もうそこはラ・ゾーナです。
デッキで、駅と直結しています。
最近出来た巨大商業施設の中でも、
ここは駅からの利便性ナンバーワンではないでしょうか?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_44066784_1?-1

ぞくぞくと、駅連絡口から客がやってきます。
夕方は、もっとすごい数でした。


逆に、従来の商店街がある、川崎駅東側は哀れなものです。
駅前に不便な地下街を作ってしまい、利用者はとても迷惑しています。
もともと、JR駅前を京急線の高架が走るという変則的な街なのですが。
アゼリアと呼ばれる陳腐な地下街を作ってしまったお陰で、
駅から、既存商店街、京急川崎駅との接続は最悪です(泣)。

一番迷惑なのは、駅前のバスターミナル。
強制的に、不便な地下街を通らねば利用できないようになっているのです。
そのくせ、地下街の中のバス停案内はメチャクチャ。
川崎市はバス利用者をバカにしているよね(怒)。

そんな地下街は、閑古鳥。
東側商店街も歪な駅前整備のおかげで、かわいそうです。
それに加え、西口にラ・ゾーナの開業です。
哀れ。

もちろん。
川崎らしい、と言われるのは既存の東口(京急乗換え側)です。
怪しいものが、盛りだくさん(笑)。
でも一般の川崎市民は、川崎らしさ、なんて別に欲していません。

ラ・ゾーナは、
とにかく一般的な店舗構成です。
超、普通。
開業当初から、川崎らしくない品揃え、と評されてきました。
その通りです(笑)。
でも、安い店が多くて、面白いです。
スーパーが2店入っているので、破格の安値商品満載でした。
今日の晩御飯のおかず、買っちゃいました。

コナミスポーツも入っています。
ウチの奥さんはさっそく汗を流しておりました。
(正会員なので、全国のコナミスポーツが使えます。
この間は、札幌駅前でも使っていました。
全国制覇の野望があるのでしょうか?(笑))

その間、私は重たい荷物を持ちながら(バカだね~)、
川崎駅周辺の鉄道線路の遺構を訪ねていました。
もちろん。ラ・ゾーナの建てられた場所そのものが、
川崎駅前最大の鉄道遺構の跡なのですけど・・・。

(川崎駅周辺の鉄道遺構の話は、また今度)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_44066784_2?-1

ラ・ゾーナから、整備された川崎駅西口が良く見えます。
本当に近いなぁ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_44066784_3?-1

電車も見えるよ♪
これは、東京方面です。
バス停も整備されるみたいですね。


便利な方に、人は流れていくのです。

利用者を無視したバカな地下街に象徴される、川崎らしさ、なんて要りません。

公共交通利用者の利便性を最優先させた施設の登場は大歓迎です。


夕方、泳ぎ終わった奥さんと合流。
ホームセンターもあるので、
ベランダ鉄道用の木材を大量に仕入れました。
重たい~。

いつぞや、本物のレールを担いで帰ったときのことを、ちょと思い出しました(笑)。

ラ・ゾーナ川崎。
おススメです。
スーパーとホームセンターが気に入ったので、
また来ちゃいますね。

我が家は自称1122なのですが・・・(今日まで快晴なのに。雨が降ると、お散歩できません~)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

明日から、また旧東海道をお散歩しようと計画していたのですが・・・

天気予報は、冷たい雨、だそうです。

グスン。
現代の旅人は、雨の日は歩きたくないのです。
弱虫でしょ?(笑)

日本橋から、すでに岡崎まで。
小まめに歩いてまいりました。
もっとも、昔みたいに、一気に歩き通す旅が再現できたら、魅力的です。
そしたら、雨が降ったって歩かなくちゃイケマセンけどね。
(学生4人組が、野宿で17日間ぶっ通しで日本橋から三条大橋まで歩いた、
というブログを最近見つけました。
あまりのバカバカしさにちょっと感動して、真似したくなってしまいました。
興味がありましたら、こちらhttp://blogs.yahoo.co.jp/h_dry_q)

でも、社会人の我が家としては、
やっぱりあれこれと制約があります(笑)。
そんなに長い休暇も難しいので、
駅から駅へと少しずつ小分けに歩く旅を続けます。

これなら、都合のいい日を選んで歩けばいいわけです。
おまけに、お天気まで選べちゃいます♪(笑)

う~む。
でもこれで、年内に三条大橋するのは難しくなりましたね~。
(はじめから、いつ着くあてもないのですが(笑))


話はコロっと変わりますが。
ちなみに、今日は「いい夫婦の日」だそうです。
マスコミが決めた○○記念日なんて、別に興味ないのですが。
これは、語呂合わせ(1122)が秀逸なので、ちょっと好きです。

1122というのは、二人でお散歩するもの、だと勝手に決めております(笑)。

定年退職後は夫婦で旅行に行くのが楽しみ。
という話をよく聞きますけど。
若い頃に二人で散歩しておかないと、
定年後に、急に二人で・・・、
というのは、イロイロと難しいと思うのですが。

夫婦で旅行する暇もなく、定年まで働いて、
その罪滅ぼし?として
イキナリ夫婦でスゴイ豪華客船の旅に出る、
なんて話もよく聞きますけど・・・

大丈夫なのかなぁ。
余計なお世話ですけど。
(豪華客船で散財するなんて、ウチは、絶対に考えられません)

さて。
自称、1122の我が家としては、
次のお散歩に向けての家族会議を、至急開かねばなりません。
「線路」と「お散歩」こそ、人生です♪



おまけ:
写真がないのは寂しいので。
本日の横浜みなとみらいの紅葉をお届けします。
天気が良いので、今週は毎昼、お散歩写真を撮りまくっています。
何で、明日から雨なんだろう(泣)。

最近。
都心の紅葉に、感激するようになってしまいました。
残念ながら、真っ赤にはなりませんけど。
結構好きです。
鉄道と一緒に見ることができれば、なお結構です。
もっとも、以前は別に何とも思わなかったのですが・・・。

また、大人になったせいでしょうか?
(歳をとった、とは決して言いたくない(笑))

500回目の記事(たぶん)。ご愛読感謝でゴザイマス(書くことありすぎて、大変ですぅ~(笑))

イメージ 1

たぶん、ブログの表示が間違っていなければ、
これが500回目の記事。

我ながら、ほぼ毎日、よく書いています。

当初は、過去の写真をスキャナーでデジタル化するついでに
HPもどきのものを作っていた(つもり)でした。

いつのまにか。
最近の出来事中心のブログになってしまいました。
もう、写真日記です。

仕事柄、報告書を書くことが多いので
長い文書を書いても苦にならないみたい(笑)。
むしろ、長くないと、書いた気がしません。
読むのも大変だと思いますが、日記だから、許してね。

たぶん、HPを作っても、あまり見ていただける機会は少ないと思います。

その点、ブログというのは有難いものです。
こんなに毎日、長々とたくさん書けるのは、
読んでくださる、誰かさんたちのお陰でゴザイマス。
誰かさんたちが読んでくれる、と思うと、続きを書きたくなります(ほんと)。
感謝、感謝。

でも、
自分の日記、
というか、自分を記録するためのブログと考えていますので、

書きたいことを、
書きたいように
誰に遠慮をすることなく、書かせていただいております。

世間に上手に迎合するのは(してないかな?笑)、現実社会だけで十分です。
このブログでは、
公序良俗に反しない範囲で、
自分のちょっと変わった?考え方を記録させていただいております。
広い心で見てやってください(笑)。

忌憚のない辛口コメント大歓迎です。
激辛コメントでお答えします。

(ちょっと、記事の趣旨と外れますが。
最近、「お気に入り登録したファン」にしか内容を公開しない、
というブログが増えました。
世間に公開する、
誰でも見ることが出来る、
ということにブログの意義があると私は思っているので、
そういうのを見ると、ちょっとシラケます・・・
違え方の違う人に、考え方を知ってもらう、ということが楽しいと思うのですけど)

う~む。
500回記念なのに、また堅い記事を書いてしまいました(汗)。


とりあえず、今後の予定。

過去の膨大な写真のスキャナー、デジタル化。
また、再開しました。
これをもとに「過去から遡る線路巡礼の歴史」を、書かせていただきます。

デジタル化すると。
けっこう楽しいですよ。
写真を見る機会も増えますし。
(めんどうくさいけど・・・)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_44003152_0?-1

国鉄最後の日、まで記事にしましたので。
次はJR化後の話から。
ちなみに写真は、
JRが誕生した日に、旧国鉄本社に掲げられた看板。
ここから国鉄後の歴史が始まりました。

同時に「世界3大鉄道の旅」への挑戦が始まります。
これも、写真がデジタル化できたら、書く予定。

「線路巡礼」は、当ブログの看板記事なので、
もっと資料を付け加えて、
線路好きの鑑賞に堪えられるものを目指します。
アチコチから収集した地図、写真も追加したいです。
私みたいに線路が好きな人がいましたら、ご指南下さい(笑)。

「旧東海道お散歩の旅」は、
これは、あくまでも大好きな、お散歩なので。
寄り道を楽しみながら、京都三条大橋を目指します。
奥さんが大変ヤル気です(笑)。

「ベランダ鉄道」
「みぞのくち緑化計画」
は、どうなるのでしょう?
ベランダは、ただいま工事中です。

その他、
毎昼のお散歩は書き出したらキリがないし、
たびたびの旅行は、その都度なるべくリアルタイムで書かせていただきます。

書くことが多すぎて、
1日1ブログじゃ、足りないなぁ(笑)



500回記念は、これでオシマイ。
まとまりなくて、ゴメンナサイ。
1000回目記念は、もっと面白くします(予定)。


最後に。
記念として、
ブログのタイトルも少し変えてみました(笑)。

思いつきで変えてみたので、
自分が気に入るかどうか、微妙です・・・。

(とりあえず1日くらいは、これにしてみよう(笑))

鉄道会社はオカシイ?「金」のためなら何でもするの?(自ら安全の障害をつくる。自ら「同情」をもとめる自虐的経営・・・)

イメージ 1

イメージ 2

最近。
鉄道会社のやることは理解できません。

本日。
横浜高速鉄道みなとみらい駅のホームに、でっかい液晶TVが登場しました。

映りは素晴らしいです。
我が家にも欲しいな(笑)。
そう思わせるための宣伝も兼ねているのでしょうね。

でも。
ここは、ホームなのです。
こんな画面を設置して、電車の乗降の妨げになるとは思わないのかな。

狭いホームに飲食店を出して、自ら乗降の妨げの原因を作る風潮は、昔からあります。

でも、あれはまだ。
障害物を箱の中に囲っていました。
邪魔には違いありませんけどね。

このTVは、いったい何なの?
人だかりができたら、誰かが整理でもするの?
そうならないように、常にツマラナイ映像を流し続けるのかな?
(役人はこういう発想、得意ですよね)

このホーム。
いつも閑古鳥が鳴いているわけではありません。


鉄道経営で一番重要なのは、安全、だという建前はどこに行ったのでしょう・・・。

もちろん、過度の設備投資なんかする必要はありません。

でも、自ら安全の障害を作る、という狂った発想は、どこから来るのでしょう。

ほんのわずかな、CM手数料収入と引き換えに・・・



もうひとつ。
銚子電鉄の話。
(これは、一応レッキとした鉄道会社です)

この会社のHPに、スゴイ事が書いてあります。

「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」
銚子電鉄商品購入と電車ご利用のお願い
鉄道設備更新の資金が不足しているので、鉄道グッズを買ってください・・・

興味がありましたら、こちら
http://www.choshi-dentetsu.jp/

これは、悪質な冗談なのかな(泣)
いやしくも人命を預かる、公共鉄道なんでしょ。
苦し紛れに?、こんなことを言っていいの?

もっとも。
鉄道好きな人は、これを見ると同情するのでしょうか?

私は全く逆。
こんな会社に、鉄道を経営する資格は既にないよ・・・。

銚子電鉄は、結構好きでした。
トロッコ電車で飲んだビールは最高でした。

でも、これは鉄道会社として言うべき事ではないと断言します。
なんか、愛想が尽きたというか(涙)。

鉄道経営は「同情」で成り立つものじゃない!

確か、この会社の役員が見苦しい横領事件を起こしたのですよね。
従業員には同情するけど・・・。
雇用を守るためなら、もう少しやり方を考えてよ。
鉄道を小バカにしないでよ。

悲しいけど。
地元の人間が利用しなのなら、仕方ないです。
ムリに鉄道を残して、事故があっても、
こんな会社には何の補償能力もありません。

これでは自家用車と同じです・・・。

この会社に、公共交通を運営する資格はないと思います。



鉄道が好きだと、ちょっと悲しい現実です。
こんなことを言うのは、自己矛盾しているなぁ(悲)。

なんと、今回の記事は通算499個目でした。
次回は、500回記念!
もう少し明るい記事を書きます(笑)

東武線臨時直通電車(柏→南栗橋)を堪能してきました、御徒町で電留線見学つき!(マニア会場なんかより、こっちの方が楽しいよ)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今日は、東武鉄道柏駅から南栗橋駅まで、臨時直通列車に乗ってまいりました。

東武野田線から、春日部駅を経て、東武本線に乗り入れる電車です。
時々、団体列車では例があるみたいですけど、
誰でも乗れる電車で、こういう企画があるとバンザイです。

私はこういう「直通列車」が大好きなのです。
普段は使わないレールの上を走ることもできるし♪

もっとも。
これは、東武ファンフェスタ南栗橋という、
マニア向け鉄道企画タイアップの列車。

だから、車内は、そういうわけで。
非常に憂鬱になる雰囲気です(泣)。

それでも、乗らねばなりません!
柏駅にて、なんと私が乗ってきた電車が折り返しで、
その臨時電車になったのです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_43928380_0?-1

駅で、皆が見ている前で、電車の先頭に臨時電車のシールを貼りだしました。
上手に貼れるかな~
急がないと、出発時間になっちゃうよ!
ちょっと、オマヌケ?

しっかり、臨時電車の一番前にかぶりつきます。

電車は、野田駅8:49→七光台駅までは、いつもの区間運転。
七光駅で、乗務員交替。
電車はそのまま、延長運転する形で南栗橋駅まで直行です

車内では「この電車は春日部駅には停まりませ~ん」とアナウンス。
野田線なのに(謎?)

春日部駅にて、
電車は野田線から
駅の中間線?に入ります。
う~ん。素晴らしい光景です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_43928380_1?-1

この線路には、ホームがありません。
配線としては、写真右側の伊勢崎線の下りホームに直接入線することも可能なのですが、
ちょうど電車がいる時間みたいで。
この中間線に入りました。

だから、春日部駅で乗降扱いはしません。

いいなぁ。
こういう列車(笑)。
とっても貴重です。
乗務員は、さらにここでも交替。

ここから、グニャリと曲がって、伊勢崎線の線路に、侵入していきます。

終点、南栗橋駅、10:02着。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_43928380_2?-1

貼ってあった、イベント電車のシールが剥がれてしまったのが、ご愛嬌。
雨が降っていましたので。
ちゃんと、貼ったのかな?(笑)。

沿線に、またもアリのように写真屋さんが群がっていましたが、
みんな、この剥がれたシールを一生懸命写していたのでしょうか?
ちょっと、滑稽です。

臨時列車は、北千住からも走ったみたいです。
でも、普通に走る電車に乗っても仕方ない。

南栗橋駅にて。
私は電車工場のマニア向け販売イベントには全く興味がありません。

ちょうど、新栃木行きの電車がいたので。
ちょっと、乗ってみました。

その帰り。
車内から南栗橋の電車区を見ると、
雨の中、スゴイ人です。
行かなくて良かったぁ(笑)


帰路につきます。
北千住経由で、
御徒町に行きます。
奥さんが、ここで水着のバーゲンの物色中。
これに合流。

荷物持ちですね(笑)

別のバーゲン会場に移動すると。
なんと、そこの6階から、電車が見放題ではないですか!
階段から外が見えるのです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_43928380_3?-1

上野駅から秋葉原駅まで平行している、東北本線の電留線が良く見えます。
(この線路は何ていう名前なのかな?)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_43928380_4?-1

ビックリしたのは、
停まっていた2編成の電車が、同時に上野駅に向けて走ったことです。
普通の電車区や留置線では、ありえないですよね。
たぶん、東北線(高崎線?)と、常磐線の双方の入線が同時だったのでしょう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_43928380_5?-1

雨が降っていなければ、
もっとキレイな写真がとれそうです。
でも、線路が間じかに見れて大満足。

買い物の待ち時間も苦になりません(笑)

また、次のバーゲンの時も一緒に来ようかな?


東武野田線で、今度は大宮駅発の直通電車も走らせて下さいね(オネガイ)。
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR