FC2ブログ

2006年最後の日の出(何故か高級ホテルに泊っております。でも、することはいつもと同じ(笑))

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ちょいと訳アリで、
昨夜はみなとみらいの高級ホテルに夫婦でお泊り。

我が家は、東○インを定宿と考えていますし、
家に帰って寝るのが好きなので、東京近郊のホテルには無縁です。
特に、値段の高いホテルには、無縁です・・・

訳アリというのは、
要するに無料で利用できたのですね(笑)

せっかくだから、夕食は何か食べに行こうかと思い、
横浜駅までもどってみましたが・・・

いつも昼食を買っている駅ビル地下で、閉店時間前セールに捕まってしまいました。

アレコレ迷いましたが、
結局、お部屋ご飯となりました♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_0?-1

みなとみらいの夜景を眺めながら
お部屋で、ご飯ですよん
ちょっと、豪華でしょ?
なんて、外食をしない夫婦でしょうか?(笑)


翌朝。
つまり今日の早朝ですね。
日の出を見ました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_1?-1

これは、
2006年最後の「日の出」ではないですか!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_2?-1

ひょっとすると、
「初日の出」
なんかより
「最終日の出」の方が、貴重じゃないですか?

新しい鉄道の始発列車より、
最終列車の方が、涙しちゃうでしょ?

せっかくの高級ホテルです。
チェックアウト時間ギリギリまで、ゆっくり遊ばさせていただきます。

観覧車の向こう側には、
マリンタワーと氷川丸が見えます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_3?-1

どちらも数日前に廃止されました。
あんまり興味ありません。
どちらも、また復活するそうです。
これも興味アリマセン。
どうでもいいけど、税金の無駄使いはやめてね。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_4?-1

眼下の遊園地。
コーヒーカップを並べてみました。
ちょうど、いい大きさ?(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_6?-1



日本丸の向こう側には、
貨物列車さんも走ります。
こんな朝早くから、走っているのですね。
なかなか貴重なツーショットです。
このシーンが見たくて、ちょっと粘ってしまいました(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45195947_7?-1

どうでもいいけど、県民共済ビルはジャマだなぁ(泣)

一日早い初夢を見ました。
歴史的には何の価値もない日本丸は追い出して、
ここに氷川丸が係留されます。
ついでに、山下貨物線まで旅客化されて復活してしまうのです!(笑)

あれこれくだらないことをしていると
あっという間に時間は過ぎます・・・

さて、
さっさと楽しい我が家にもどりましょう♪

今年の年末年始は短いなぁ・・・

でも、十大ニュースは書いちゃったから、気楽だぞ!(笑)
年賀状は書いてないけど・・・(泣)
スポンサーサイト



旧東海道お散歩の旅・総目次(もうすぐ着いちゃう前に、もう1回おさらい?)

旧東海道お散歩の旅・目次


日本橋から三条大橋まで、夫婦でお散歩しながら歩きます。
現代の旅だから、鉄道を使って。コツコツ小刻みです。
だから、旧宿場ではなくて、旧街道を「駅」から「駅」へと歩きます。

最後まで、新幹線は使わないぞ!(笑)










なんか、残りあとわずか?

線路巡礼総目次/2006.12.30(私のブログも大掃除ですぅ♪)

久々に目次を整理させていただきます
一応「目次」という書庫があるのですよ、知っていました?

家の大掃除はしないくせに、こういうことは熱心ですね(笑)

ちなみに、旧東海道お散歩の旅の総目次は、
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/45164998.html

線路巡礼総目次
美しい線路を巡礼した記録です













まだまだ続きます
美しい線路を紹介することに、生きがいを感じています?
記事にしたい写真が、まだまだ大量に眠っており、デジタル化を待っています
なるべく巡礼の歴史に沿って、書いています

ちなみに、ケーブルカーと地下鉄以外の「線路」は、ほとんど巡礼済みですぅ(笑)

アメリカ横断鉄道の旅、エピローグ(20年前のことを書くのは大変でした~(笑))

イメージ 1

イメージ 2

1987年5月23日

SFC市内から空港へ、連絡バスで移動。
JAL便です。
日付変更線を越えて、5月24日に無事に帰国。

長い旅行でした。
日本を出たのは、5月10日でしたからねぇ。
学生みたい。
(もっとも、学生の時には海外旅行なんて、何故か考えもしませんでした)
こんなに休んだのに、幸い会社は全く異常なし。
ゆるい職場で良かった(笑)


ところで、SFC市内で
旅の記念に腕時計を買いました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45151857_2?-1

SEIKO社製です。

あのセイコーです。
何故、わざわざアメリカでこれを買ったのか、
永遠の謎です(笑)

でもね。
アナログなのに、目覚し機能がついているというスグレものです。
日本では売っていなかったのです。レアものでしょ?

なんと、この腕時計は今でも毎日使っています!


初めての海外旅行でした。
個人旅行で、
メチャクチャな行程だったわりには、
結果的にはうまくいったみたいです。
それ以降、病み付きになってしまい、今に至ります(笑)


20年前のアノ時。
いろいろとお世話になった旅行会社の皆様、アリガトウございました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45151857_0?-1

でも、お会いした現地の旅行会社の人は誰しも
「鉄道でアメリカ大陸を横断する?」
なんていう奇人を、まるで宇宙人を見るみたいな目で見ていただきました(笑)
そんなに、チャレンジャーだったのですかねぇ?

行く先々で知り合った人々とは、その後もしばらく
つたない英語の手紙のやり取りなどをしていたのですが、
いつしか疎遠になってしまいました(泣)
今だったら、メールが使えたのにね。
(メールでも、英語か?(やっぱり、泣))


すべて
20年前のことです。
資料は散逸してしまい、記事を書くのに大変苦労しました。
特に、大陸横断格安切符がいくらだったのか、
結局不明のままなのが一番残念です。


これにて、
20年前のアメリカ横断鉄道の旅、
おしまい!
完結!!
ご愛読?感謝でゴザイマス。
おかげで大量の写真も、やっと整理とデジタル化(スキャン)ができました(笑)
初めは、写真のみ掲載で、簡単に4回くらいの記事で終わらせるつもりでしたが、
また、いつもの超大作ですね・・・



今日、3つも続けて記事を書いてしまいました。
年内に書き終えられて、本当に良かったですぅ(笑)
これで新年を無事に迎えられるぞ!

アメリカ横断鉄道の旅7、サンフランシスコ編(公共交通の完備の街。ケーブルカーに子供料金で乗ったのは、私です(笑))

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

1987年5月21日

飛行機で、あっという間にLAからサンフランシスコ(SFC)に着いてしまいました。

ここにも知り合いの旅行会社支店がありまして
そこの方が、またしても出迎えてくれることに。

きゃでらっく

わざわざ、そんな車を用意してくれたらしいのです(賓客用なのかな?)、

そういうものに、全く興味のない私には、ネコに小判ですね。にゃぁ。

車に乗っても、私が全く興味を示さないので、
「本番のキャデラックの乗り心地はいかが?」
なんて、声までかけてもらったのですが・・・。
なんと返事をしてヨイのやら

ゴメンネ
電車の方が、好きなの(笑)

今回は、エコノミーなホテルを用意してもらいました。2泊。

翌日。
SFC市内観光。
ここは公共交通が発達していますので、個人旅行者には有難い街です。
LAとは、大違い。

有名なケーブルカーに乗ってみます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45150587_0?-1

本当に坂の多い街です。
ケーブルカーは観光用のみならず、市民の足でもあります。

2系統あるみたい。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45150587_1?-1

終端には、ターンテーブルがあります。
これで、ぐるりんこ♪

ケーブルカーと言っても、見た目は路面電車と同じ。
何でわざわざ進行方向を変える必要があるのか、謎です。
制御装置なんて、両方向につければいいのに。
回転ショーも、サービスのうちなのかな?

有名なフィッシャーマンズワーフにも行ってみました。
まぁ、普通ですね。
ホテルのそばの小さな店で食べた、フィッシュ&チップスの方が、
安くて遥かに美味しかったです。

翌日は、市内交通乗り倒しの旅
バス、トロリー、地下鉄、高速鉄道(BART)などなど
感心したのは、
市が一元管理をしているので、
乗り換えても、初乗り運賃が不要ということ。
乗り換えも超スムーズでした♪
東京も、こういう風にならないかなぁ

それにしても、
LAとSFC
同じ西海岸なのに、
公共交通に対する意識が、全く違いました。
もちろん、私はSFC大好き!

二階建て近郊鉄道列車にもちょっと乗ってみたかったのですが、
時間がなくて断念。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45150587_2?-1

CALtrainという洒落た名前。
カリフォルニアトレインということですね。


ところで、
旅も最終日。
なんか現金の手持ちが少なくなってきました。
当時は、まだクレジットカードでATMから簡単に現金を下ろせる時代ではありません。

はじめての海外旅行だったので、
トラベラーズチェックを用意していたのですが、
これが使えないんだなぁ(泣)

ホントーにお金がなくなりました。

街から空港までのバス代だけは、なんとか確保。
残り、数ドルです(泣)

アメリカはクレジットカード社会です。
でも、
残念ながら、
美味しそうな小さな屋台の店ではカードは使えません。
お店の前で泣きました。

クレジットカードがあるので、
普通の買い物には全く不自由しないのです。

屋台で食事は出来ませんが、
並みの料理店なら、カードで食事できます。
なんか、変だなぁ

一番困るのは、交通手段です。
カードは使えません(泣)


ケーブルカーに乗る時、
「私は子供料金だ~」
と言って車掌さんを困らせて、
運賃を値切ったのは、私です(ハズカシ)
(私って、若く見えるんだぁ♪)



20年前の事とはいえ、
書いていて、超恥ずかしいですぅ

さっさと、次回最終回へ続く!

アメリカ横断鉄道の旅6、ロサンゼルス編(公共交通のない街、ツマラナイぞ~)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

20年前のアメリカ旅行。
まだ終わっていませんでした(笑)

1987年5月20日
NY→ワシントン→シカゴ→ラスベガス→ロサンゼルス(LA)
アメリカ旅客鉄道(アムトラック)で大陸を横断して、ついに西海岸に到達しました。
我ながらスゴイな~

LAに着くと、
旅行会社の知り合いが、LA現地支店に連絡していてくれたので、
わざわざ出迎えつきです。恐縮しちゃいます。

ホテルを用意してくれました。
安いところ、とオネガイしてあったのですが・・・

ボナベンチャーホテル

結構有名ですよね。
円筒形で、外付けエレベーターがある立派なホテル。
よく映画にも登場します。
少しは安く泊れたのかな?

ここの部屋はスゴイのです。
外付けシースルーエレベータから、丸見え!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45145554_0?-1

私の部屋からエレベータに乗っている人がよく見えます。
当然、逆もアリです。
これって、何?(笑)
アメリカ人好みなの??

夜は、支店の人がスシ屋に連れて行ってくれました。
有名なカリフォルニア寿司を頂きました。
日本の寿司より美味しかった?(覚えていない(汗))
カリフォルニアワインも堪能。

昨日のラスベガスはホテルに泊らず、徹夜で遊んでおりましたので・・・
すし屋で爆睡してしまいました、ゴメンナサイ。

翌日
ふらりとLA市内観光。

市内ツアー参加を予定していたのですが・・・
日本人ばかりなので、止めました(泣)
当時から、団体行動はイヤなんだな

もっとも、LAといえば完全車社会。
大都会にもかかわらず、公共交通が全く存在しないことで有名でした(泣)

それでもさがせばあるんです。
DASHという名前の、市内巡回バス。
1系統しかないのですが、観光には使えます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45145554_1?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1488726/img_1488726_45145554_2?-1

これ、バスと呼んでいいのかなぁ?
普通のバスの車内とはだいぶ違います。
ちょいと変わった形式です。何かオシャレ?

もっとも、LA市内にたいした観光地があるわけではなく、
中国人街とリトルトーキョーを見学して終わり。

やっぱり、まともな公共交通のないチンケな街は、楽しくありません(泣)
この街で、車のない人はどうやって生活しているんだろう?
絶対に住みたくないなぁ


次は最終目的地サンフランシスコです。

時間がないので、残念ながら飛行機で移動です。

美しい線路に美しい貨物列車♪(ワムさん総決算?貨物列車フルコースの日)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

外回りの用事があって、有難いことにちょいと時間が出来ました。
久々に、JRに乗って貨物列車を見に行きましょう!

まずは、桜木町駅で、いつもの貨物列車を見学。
高島貨物線から根岸線に合流する箇所は、私の大好きな線路ポイントのひとつです。

でも、意外と駅ホームからでないと見えないのです。
毎昼休み、入場券を買って入るのは、ちょっと不経済だし(泣)
今日は年末だから、特別ね!(笑)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45119596_9?-1

美しい・・・
貨物列車は、美しい線路と一緒に写してこそ、一番美しい・・・
というのが自論です
ちょっと、白い保線小屋がジャマね(笑)

このあとは、新川崎駅へ。
このワムさんを見るのも、久しぶりですね~

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45119596_1?-1

う~ん。今日も美しい編成です。
まだまだ健在?
茶色い貨車が、いい具合に混ざっていますね。

でも、
この後、上り電車としっかり重なりました~(泣)
なんか、以前きたときも、こんな感じだったなぁ

それでも今回の私はメゲません
下り電車で、ワムさんの追いかけ開始!

すぐにワムさんに追いつきました。
(やっぱりちょっと遅いのかなぁ)
電車の一番後ろから、一緒に走るワムさんを見学です

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45119596_12?-1

鶴見川のあたりで、併走するすばらしい光景を見ることができますよ!


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45119596_11?-1

ちょいと撮影タイミングを間違えました。哀れな機関車さん(泣)
走っている電車の中からですからねぇ
でも、ワムさんの編成美は見事でしょ?

鶴見駅を過ぎると、愛しのワムさんとは生き別れ。
今日はさらに追いかけます!
東戸塚駅のホームまでやってきました。
ここも久々ですねぇ。

電車が到着すると、すぐにワムさんが来た!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45119596_4?-1

一日2回もワムさんとご対面ですぅ♪

これも、旅客線と貨物線が別々のおかげですね。
もっとも、ワムさんが旅客線を走ってくれたら、もっとウレシイのですが

桜木町駅にもどると
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45119596_5?-1

なんと、コンテナ貨物さん登場です!

ここはタキ(石油)ばかりなので、とても新鮮な感じ♪


いやぁ。
短時間で、貨物列車フルコースを賞味させていただきました。
1年間の総決算?

美しい線路に、
美しい貨物列車

満足♪満足♪
楽しいよ~ん♪

さて、仕事にもどりましょうか・・・
シャカシャカシャカ♪(仕事をする音(笑))

今日も富士山♪(大型客船、くるりん一回転のオマケつき!)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昨日の雨はスゴカッタですが、
今日の暑さもスゴイです。

天気予報がこれほど見事に当たるのは、大変な快挙ではないでしょうか?(笑)

ところで
今朝は雲は多かったのですが、
またもや富士山が良く見えました。

まずは、朝の通勤の東横線から。
高架駅になった元住吉駅から、ひょっとしたら見えるかもしれません。

次の電車までの短い途中下車(一応、多少は余裕を持って通勤しております(笑))

元住吉駅の駅舎部分より、
なんと真下に電車区が良く見えるではないですか
前回は気がつきませんでした。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_0?-1

そして、その右手の遥か先に、
白い富士山です!
分かるかな?

昨夜の雨の水滴で、写真ではちょいと分かりにくいですが、大満足。


会社に着いても、なんか気になります(笑)

ちょいと休憩ということで、マル秘、富士山ベストポイントに行っちゃいました。
好きですねぇ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_1?-1

真っ白ですぅ
ちょっと雲がジャマ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_2?-1

丹沢の山も良く見えますね

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_3?-1

京浜東北線の電車もやってまいりました♪


おまけ:
帰り際、ふと海の方を見ると、

ちょうど、大型客船が入港するところではないですか!

タグボートさんが、一生懸命働いております。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_4?-1

思わず連写?してしまいました。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_5?-1

ヨイショ、ヨイショ、


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_6?-1

もうちょっと、がんばれ~


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_45092901_7?-1

なんとか、クルリと一回転。


最後まで見届けてしまいました(笑)

多額の税金を投入した大桟橋ですから、
客船が停まっていても目面しくないのですが、

入港、一回転、くるりんシーンは初めて見ました♪

これで仕事もクルリとはかどるぞ!(笑)

旧東海道お散歩の旅27日目、「土山」~三雲駅(川を歩いて渡ります!江戸時代の旅を忠実に再現?旧東海道に新たな伝説誕生!?)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

12月24日(日)
昨日から、土山という鉄道から見捨てられた旧宿場町にいます。
江戸時代の木賃宿並み(以下?)の民宿で目が覚めました。

早起きするはずだったのに・・・

旅立ちは8:00となってしまいました
寝ることしか他にない民宿で、寝すぎました(泣)

それだけ昨日はキツイ行程だったのですね

ひどい宿でしたが、旧道歩きには便利です。

朝の土山宿をお散歩です。
気持ちいいですよ~

国道に出ます。
旧道はこれを横切って、さらに進んで野洲川の上流を渡ります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_13?-1

残念ながら旧道には橋はなく行き止まり。国道を迂回しなくてはなりません。
それでも、せっかくだから旧道を川岸まで歩いてみましょう。

いかにも旧街道らしい雰囲気です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_0?-1

川岸まで来て、ふと対岸を見ると、旧道の続きらしいものが見えるではないですか。
川を渡れれば、あそこに行けるのになぁ・・・

昔は、川をそのまま歩いて渡ったそうです。
増水時のみ、船渡しだったとか。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_1?-1

きれいな、小さな小川です。

ふと、
二人のどちらからともなく、悪魔の囁きが・・・

渡っちゃおう!

まじ~!?

12月下旬ですよ~
暖かい日とはいえ、川の水は冷たいです。

でも、
どうしても好奇心には勝てず、
ついに靴を脱いで、川に入ってしまいました!!(笑)

予想以上に川の底は滑ります。
川の流れも結構あります。
水の冷たさなんて、感じている余裕なし。

ゆっくり、ゆっくり、

あ~、本当に川を歩いて渡っちゃたぁ!
まさに江戸時代の旅の再現です。
きっと、他の誰も思いつかない、快挙でしょう!(笑)

冷えた足を拭いて、さぁ、出発です。
ここまでは、自分達の快挙に少しの疑いもなく、酔いしれておりました・・・

対岸から見えた、石垣の向こうに続く道に早く出ましょう。

ところが、

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_2?-1

アシが生えているのです。
それも大量に。
なんと、石垣の手前に沼があるではないですか!
こんなところ、流れのある川よりはるかに危険です、深さが分かりませんから。
迂回路を捜しても、ダメ。

どうやら、ここは川の中州部分なのです。
どこにも行けません(泣)

結局
渡ってきた川を、再度歩いてもどることになりました・・・(大泣き)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_3?-1

これはもどる時の様子。
行きは撮影する余裕なんてありませんでした。慣れ?(泣)

まぁ。
無事にもどれてよかったです。
もしも川の中で滑って転んでしまたら、どうしたんでしょう?

濡れた服を乾かすために、
河原で焚き火かな?

そしたら、もう完璧に時代劇の世界ですね(笑)

国道にもどります。
国道に並行して明治の東海道と呼ばれる歩行者専用橋があり、これで先ほどの川を渡ります。

渡ると、旧東海道らしき道と合流。
これは先ほどの渡川失敗地点からの道です。
これこそ、本物の旧東海道です。

なんか雰囲気良さそうなので、この道にそって、川までもどってみましょう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_4?-1

おお!
なんという素晴らしい光景。
川の対岸に、先ほど歩いて渡った伝説の場所が見えます。
江戸時代の東海道そのままの光景だぁ!

向こう岸から、水戸黄門や子連れ狼(古い?)が歩いてきそうです(笑)

あの川を、渡ったんだよ(中洲までだけど)
江戸時代の旅人のように!

旧東海道お散歩の旅に、また新たな伝説を残しました(笑)

朝寝坊したうえで、伝説作りでさらに1時間も浪費してしまいました(泣)
先に進みましょう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_5?-1

茶畑の中の細い道を歩きます。
これが昨日いただいた、美味しい土山茶ですね。
これこそ江戸時代の本物の東海道です、明治の道ではアリマセンよ。9:20

旧道は、国道1号線に併合されることなく、まっすぐに並行して続きます。
おかげで、なかなかイイ雰囲気がずっと残っています。

既に昔の土山宿のエリアからは出ていますが、
街道沿いに残された旧家には、土山宿を良くする会?により、昔の屋号表札が飾られています。
昔から人家の多いところなのですね。

しつこく「あいの土山雨が降る~♪」の馬子唄のコピーが書かれたモニュメントが点在します。
もう、よく分かりました(失笑)
異様に郷土愛の強い土地なのですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_6?-1

さきほどの野洲川も大きな川となって左手を流れます。
時々、この川と遠くの山々が見えて、ハイキング気分満喫です。
旧道歩きは楽しいな
どんどん歩け~♪

水口宿に入りました。11:20

水口の町。
旧家がたくさん残ります。
町中で道が3つに分かれ、併走するのがちょっと有名?
旧道は真ん中の道。アーケード街になっています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_7?-1

この3本が、一度に収束すると、近江鉄道の踏切を渡ります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_8?-1

この場所の写真は、ガイド本によく登場します。
最近、観光用にカラクリ時計が設置されましたが、誰も見てないよ(泣)

そばに水口石橋駅があります。
やっと、鉄道の駅に出ましたね。

当初の予定では、この二日間でここまでこれれば上出来、と思っていましたが、
昨日、予想以上に進めたので、
今日は、もっと進みましょう。
JR草津線三雲駅を目指します。

次回もJR18切符利用ですから、絶対にJRの駅まで歩いておきたいです(笑)
(近江鉄道は、18切符じゃ乗れないの・・・)

ところが、
今日の帰りの電車を考えると、
次の駅を目指すには、時間がかなりキツイです。
朝の伝説作りが、影響してきました(泣)

奥さん、少し走ろうとウルサイです。
だめだよ。お散歩なんだから!

時間がないので、近江鉄道の電車が走るところを見られませんでした(泣)

踏切を越えて、水口の城下町を歩きます。
またもカギ状の道。

街道から少し離れた場所に、水口城があります。
時間がなくても、これは見に行かなくちゃ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_9?-1

再現天守閣ですけど、お堀に浮かぶ姿は、サマになります。
橋もいいですね。
天守閣は有料、100円です。
残念だなぁ、時間がないから入れないや(笑)
(実際、再現天守閣の中味には全く興味ナシ)

さぁ、先を急ぎましょう。

田園の中を、旧道はまっすぐにのびています。
いい天気で、山もよく見えます。

ノンビリ歩きたいのに、
奥さん、走らなきゃ間に合わない!とウルサイのです。
まだ、時間大丈夫なのに。
走るのは、最後の最後だよぉ

途中でケンカしながら、
早歩きで進みます。

横田の渡し、に出ました。12:40

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_11?-1

大きな常夜灯が残っています。
昔からここには橋がなく、大河となった野洲川を船で渡ったそうです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_10?-1

イイ景色ですね。
でも、今度も国道に迂回しなくてはなりません。
今度は、かなり遠回りです。

さすがに、ここを歩いて渡ろうなんて、思いません(笑)

迂回路は旧道ではありませんから、
遠慮なく走り抜けましょう!

あれ、なんか迂回路は異様に短いぞ。
どうやら、旧街道パンフ(昨日もらった)のキロ表示が間違っているみたい

大きな国道の橋を渡ると、もう三雲駅に着いてしまいました。
走る必要なんかなかった?

ところが
なまじ急いで来たものですから、
目の前で乗車予定の1本前の電車(30分間隔)が出て行きました・・・
なんかスゴク残念(泣)

時間ができたので、駅前の旧道を
こちら岸の渡し場跡までもどってみます。

すぐに渡し場跡。ここにも常夜灯が残ります(踏切のそば)

おまけ
そこから丘に登ってみました

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45066538_12?-1

天保義民の碑

江戸時代、お代官の無法をお上に訴えようとして、獄中で殺された農民代表達を讃える記念碑です。
街道沿いに目障りに乱立する「明治○皇立ち寄り記念碑」なんかより、はるかに歴史的価値があります。

この丘からの眺めはすばらしいです。

予定?の電車がやってまいりました。13:25
今回の帰りは、なんと米原経由です。

10時間の東海道本線電車の旅の始まり~

今日はイブです。東海道で楽しくクリスマス?
途中、静岡駅で、念願のホーム居酒屋に立ち寄り
ケーキの代わりに「おでん」を堪能しました♪



次回、
いよいよ佳境です。
三条大橋にたどりつくのでしょうか!?

旧東海道お散歩の旅26日目、井田川駅~「土山」(最後の難関?鈴鹿峠越え。意外と一気に歩いちゃいました♪)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

日本橋からお散歩を続ける旧東海道の旅。
いよいよ京都に近づき、最後の難関「鈴鹿峠越え」です。

ここが難関なのは、別に「峠道」だからではありません。
あの箱根峠に比べれば、「峠」を越えること自体は遥かに簡単そうです。

問題は、越えた後です。
峠を越えた先に、しばらく鉄道の駅がないのです(泣)
関西本線関駅付近から先は、次の鉄道駅は近江鉄道水口石橋駅までありません。
この間、峠をほぼ直線で越えるのです。

おまけに、峠の周辺で利用できそうなホテルは、とても限られています。
今回の2泊2日(1泊は夜行電車)の旅。
途中、どこで泊るかで大いに悩みました。

峠を越えるバスもありません。
越えた先にはコミュニティバスが走っていますが、
これから歩く道を、先にバスで走りたくないです。

3案あります
A:初日は関宿まで、泊。2日目、土山まで行って、あとはバスで帰る
B:峠のふもとの国道沿いにあるバーベキューハウスに泊まる
C:峠を越えてしまう!宿泊出来るところはその先で捜す、そこまで歩く

あれこれ考えた末、
Aは初日ほとんど歩かず、もったいない
Bは宿が忘年会で満室?

出発の前日までAかBで悩んでましたが、
イキナリCに決まりました(笑)

峠の先で、利用できる宿の電話番号を全て控えて、
万が一のバス路線も調べ上げました。
あとは、二人の「足」次第ですね。
20キロ以上ありますけど、箱根八里に比べれば、楽勝?

12月22日(土)
今回もムーンライトながらを利用。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_0?-1

関西本線井田川駅、
本当に駅舎の跡形も何もない駅の前をスタートです。8:00
リュックの中には、2食分の朝食、マグカップ、帰りの電車用のマンガ本等が入っています、重い(泣)

とにかく峠を越えたいので、今回は急がないと。
でも、お散歩ですから、見たいものは見逃せません。

亀山宿に入りました。9:00
ここは城下町です。特有のカギ状の道を歩くと、
亀山城が見えてきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_1?-1

城といっても、櫓がひとつ残っているだけなのですが、
それでも本物です。
お堀に映った姿は素敵です。城跡をさくっと見学。
なかなかイイ街ですね。

さらに進んで、関西本線を橋で越えて、東名阪高速の下をくぐると、
山が見えてきました!
これが目指す鈴鹿山脈?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_2?-1

なんか、時代劇に出てきそうな雰囲気。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_3?-1

再度、関西本線を、今度は踏切で越えます。丁度列車がやって参りました♪

踏切の先は国道1号線。
それを越えると、分岐して関宿に入ります。10:55
この宿の入り口に伊勢神宮の鳥居があります。
ここは関西方面から伊勢に行く街道の分岐点なのです。

さて関宿です。
ここの評判は分かれます。
良:町ぐるみで歴史的景観を保存している。電柱もない。えらい。
悪:テーマパークと同じ。見るからに新らしすぎてワザとらしい。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_4?-1

ここに至るまで、旧道に残る旧家をたくさん見てきたので・・・
むしろ、新しい旧家風の家?があって、
並んで建っている本物の旧家の価値が逆に下がってしまいます(泣)

2階に上がれる場所があります(何故か表示がない)
ここから眺める宿の景観は良かったですよ。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_5?-1

でも、せっかく電柱をなくしたって、
旧家の前に自家用車がデン!と停まっているのです。
これじゃ、全く意味がないじゃない・・・
バカなんだな?
だからテーマパークなんて呼ばれちゃうんですよね。

団体客も押し寄せますが、それは宿の真ん中のみ。
端の方は、それなりに良い雰囲気がかろうじて保たれています。

でも、関宿より先ほどの亀山宿の方が面白いです(笑)

関宿を出ると、いよいよ鈴鹿峠に向かいます。11:55
うん、このペースなら、峠は楽勝で越えられますね!
(当初は、関宿で見るものが多くて先に進めないかと思いましたが・・・そんな心配なし(笑))

国道に合流して進みます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_6?-1

筆捨山という、筆で画が描けないほど美しいといわれた山?が右手に見えてきます。

国道は、トラックがガンガン走ります。
意外と歩道は完備なので、怖くはないのですが。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_14?-1

国道から離れると、
三つ子山が見えてきました。
カワイイですね~

馬子唄会館に到着。入場無料。
「あいの土山、雨が降る~♪」
馬子唄と呼ばれる全く聞いたことのない有名な唄?がこのエリア一帯の大きな自慢なのです。
この先、土山宿を出るまで、このキャッチコピーがうるさく東海道に付き纏います(笑)
立派な会館です。有人です。お客は他にいません。何のために建てたのでしょう?

でも、この会館で旧東海道の地図をもらいました。
これはラッキー!
この先、大いに役に立ちました。

坂下宿に入ります。
といっても、何にも残っていません。
すでにほとんど人家すらありません。
鉄道が旧街道に沿って作られなかった瞬間から、この宿は忘れられたのですね。

再び国道に合流。
ここから車道は上下別々に分かれます。それだけ需要は多いの?
歩道の方は、峠越えの間、途中2組くらいの人にすれ違っただけです。

国道と別れ、いよいよ本当の鈴鹿峠越えが始まります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_7?-1

石畳の階段道をひょいひょいと登ります。
暑いです。汗かいちゃいます。
紅葉の落葉を踏みしめます。
もう少し早く来ていたら、紅葉がキレイだったでしょうねぇ

この峠の周辺は天候が変わりやすく、雨が降りやすいことで有名です。
先ほどの馬子唄も、それを唄ったらしいです。
今回、天気予報は珍しく、晴れ!
それでも途中、雲が多かったのですが、
とにかく雨に降られなくて良かった。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_8?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_9?-1

峠の手前で、街道から少し外れて、鏡石という名所を見学。
ここから、眼下に鈴鹿峠を越える国道が見渡せます。怖いけど絶景ですよん。

昔は山賊の名所だったらしいです(怖)

森林を抜けたところが、峠の国境でした。14:08
あれ、あっけない(笑)
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_10?-1

伊勢の国から近江の国に入りました。
三重県亀山市から滋賀県甲賀市です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_11?-1

大きな本物の常夜灯がありました。
その下をトンネルで抜けてきた国道と合流。
その先は、まっすぐな道を、ダラダラと歩きます。

途中、旧道が残った部分を見つけ出しては、そこを楽しみます。

でっかい高架橋が現れました。
これが第2東名高速の工事現場
天下の愚物ですね(泣)

田村神社に到着。征夷大将軍坂上田村麻呂の神社。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_12?-1

昔、旧道は川を渡ってこの神社の境内を通りぬけていました。
ところが少し前まで、ここに橋がなく、国道を迂回せざるをえませんでしたが、
最近、橋が再建されたみたいです。
この橋からの風景は、浮世絵の名場面になっています。

道の駅、あいの土山。16:00
ここでは、土山茶を無料で飲むことが出来ます。
これが美味しいお茶なのです。
自動給茶機の前にお客が大行列(笑)
おかげで併設レストランは閑古鳥です。

たこ焼きを買って食べました。これも美味しい。
土山茶に良く合います。

土山宿の中を歩きます。
伝馬館という旧道・宿場を紹介する施設がありました。
17:00までです。ギリギリで入れました。もちろん無料。

ここはかなり楽しいです。
大名行列を模した人形の隊列とか、旅姿体験コーナーがあります。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/1448259/img_1448259_45030304_13?-1

はい。ポーズ(笑)

今日はここまでですね。
よく歩きました。
あまり評判の良くない民宿が近くに1軒だけあります。

昔の旅人のように、その日の到着地でそのまま泊まることも、また旧道歩きの贅沢です。
今晩は、そこに泊まりましょう。

素泊まり一人5,500円、消費税別!(笑)
他に客なし。サービスは最低。
でも他に選択の余地がないので仕方ありません。
もう、山小屋に泊まったのだと諦めましょう。
(あ、ここは土「山」でした(笑))
だったら、法外な値段でも仕方ない。
国道沿いなのですけど(泣)、平成の常夜灯のすぐそばです。

早く寝て、明日は早起き!
せっかく泊まったのだから、早朝から歩きましょう!
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR