FC2ブログ

明日から、線路のないところにお出かけです(ブクブクしてきます♪)

イメージ 1

明日から、ちょいと旅に出ます。
今日は忙しくなりそうなので、早起きして?記事を書いちゃいます。

ANAのマイレージが溜まったのです。
国内線なら、どこでも1往復できます。
だけど、マイルの有効期間は今年末まで。セコイなぁ(泣)

ということで、今年のGWは国内旅行です。
早く使ってしまわないと、気が気じゃない(笑)
GWもでも、4月末ならマイル無料旅行の適用できます(5月はダメみたい)。

国内線どこでもOKとなれば、
羽田からできるだけ遠くに行かないと損だ、
というのが、我が家の哲学です(笑)

ということで、できるだけ遠くに行ってまいります。

予約を入れたのが少し遅かったので、
いい時間帯は取れず、
羽田始発便6:20発
羽田最終便23:20着です。

南武線時刻改悪のおかげで、これに乗れるのか心配でしたが、
なんとか大丈夫そう。
帰りも、飛行機が遅れたら心配ですね(泣)

ということで、
明日早朝から4月30日までお出かけです。
ブログもお休み。

今回は、飛行機とフェリーの旅。
線路のない場所ですけど、自然を満喫する予定です。

すごい荷物になってしまいました。

ぶくぶくセットも持参です。
現地で借りると高いんだもん(笑)

寒かったらどうしよう?
晴れてね。


追記(夜)
おやつをたくさん買いました。
水着も買いました。
浮き輪まで買っちゃいました。これ季節モノなので、安いのを捜すの大変でした。

アレ?それなのに、
天気予報が「雨」になっている~(泣)
外れろ~!
スポンサーサイト



福知山線事故、鉄道会社だけを責めるのは何故?(殺人運転士や自家用車殺人は何故責められないの?)

あの福知山線の事故から、もう2年経つのですね。
先月、大阪まで歩いた時に、少し時間ができたので
その事故現場を見に福知山線を往復してみました。

もう、日は暮れていました。
電車の一番前で、目を皿のようにして見てしまいました。

事故現場の曲線は分かったのですが、
あのマンションは、もう取り壊してしまったの?
それとも、闇で分からなかったのかな・・・


さて、
いつものようにマスコミは、事故を起こした鉄道会社を非難の大合唱。
鉄道好き、公共交通好きの私としては、あまり愉快ではないのですが、

仕方ないですよね。
被害者には、全く落ち度はなく、
事故の原因は全て鉄道会社にあります。
あの殺人運転士を雇い、運転させたのは、鉄道会社ですから・・・


自己解釈ですが、
鉄道会社の責任は、2つあると思うのです。
1、能力に問題のある不適格運転士に運転させ、殺人事件を起こしたこと。
2、能力がない運転士の運転でも、万が一の事故を起こさないシステムを導入しなかったこと。

1、は労働組合対策の問題ですね。

今でも、千葉県の久留里線というローカル線は、
「ストライキ」で列車が運休になります。
これが、昔は有名だった千葉動労の名残。
久留里線の運転士の多くが、この千葉動労という歴史のある労働組合に属しているので、
ここがストライキをすると、久留里線だけ、列車が運休になります。
いまやあまりにローカルな話題で、ニュースにもなりませんけど。

ストライキは労働者の権利だから仕方ないとして、
問題のある運転士は別の職種に配置転換すれば、列車の運転だけは確保できるのでは?

労働組合が強いと、出来なのです(泣)

少し話は違うかもしれませんが、
福知山線事故の殺人運転士は、何度も問題を起こしていたらしいです。
でも、配置転換は出来ない・・・

世の中には、あの殺人運転士も被害者だ、という善人が結構多くいます。
私には、どしても理解できないのですけどね(笑っちゃいます)

あの殺人鬼には、運転士を辞める選択肢があったはずです。
「運転士を続けたい」という自分の欲望を、
事故死した被害者の命よりも優先させただけの身勝手な犯罪。

もちろん、
あの殺人鬼に運転させたのは、鉄道会社の責任。
だから、全て鉄道会社の責任。当たり前。
でも、
少しはあの鉄道会社に同情してはイケナイのかな?


2、は安全対策の問題。

鉄道は、より安全になるべきです。
そのための設備投資は鉄道会社の責任。

でも、
何故か鉄道にだけ安全のための過大な投資が要求されるのです。

公共交通でない、
自家用車による歩行者殺人の被害者の数。
たぶん、あの福知山線事故の比ではないと思うのですが。

なんで、あれは責められないのでしょうね。

どう考えたって、
鉄道システムの方が、自家用車システムより「安全」。
少なくとも、第3者を殺す危険性は遥かに小さいはずなのに。

鉄道がより安全になるのは、誠に結構なことです。

でも、
あの鉄道会社に対して、
安全投資が不十分だったなんて非難する資格がある人が
はたしてどれくらいいるの?

私には非難する資格があると思っていますけど
(もっとも、非難しませんけど、笑)



原因はなんであれ、
いずれにしても、鉄道好きとしては、とっても残念な事故でした。
ちょうど2年前、
午後出勤の日だったので、
TVの事故現場中継を食い入る様に見ていました。
次から次へと増えていく死傷者の数。
とっても、とっても、無念でした・・・

今日も午後出勤なので、
また、
あの事故の話を書いてしまいました。

書かずにはいられない!

長崎の乱(素晴らしい暴言。史上最大の反面教師!)

また、鉄道の話ではありません。念のため。
大好きな民主主義の話。

日曜日(4/22)あちこちで地方選挙がありました。
アレ?、4/8にも東京知事選挙とかありましたよね。
どうして一緒にやってしまわないのでしょうね?

そんな中で、
またも長崎で大事件が起きました。

その前に、前回の事件のオサライ。
4/17に現職知事がヤクザに殺されたのは、
まさに「言論の弾圧」という大事件でした。
戦前の日本と同じ。

不愉快な言論は、暴力で封じこめる。

この殺された市長さんは、
有名な反戦家で、
原爆を投下したアメリカは許さないぞ、だったそうです。

これは、フツーですよね。
一般人にとっても、さほど不愉快ではない。たぶん。
これを表明したって、別に勇気があることではない。
平和平和と唱えることは、誰でも出来ること。
耳に心地よい?

勇気というのは、
耳障りなことを言うこと!

たとえば、
原爆投下は、当時の無能な日本人のせい。
無駄な戦争に反対もせず、無駄死にを勝手に美学として、
その結果、敗戦の事実を受け入れることが出来ない(その決断ができない)、
無能な政治体制、そのシンボルである「王様」を擁護することに固執した結果。
だから、自業自得。

なんて叫ぶ方が、よっぽど「勇気」がいると思います。
(私は叫びませんよ、笑)


でも、
この市長は、結構勇気がある人で、
戦争と原爆をもたらした「王様」を、毅然と批判していたらしいです。
(自業自得なんて、言ってないと思いますけど)

偉い。
立派な政治家だったんだ。
本当に残念、無念(泣)

不愉快な事、耳障りなことを言ってしまうと、権力に殺されてしまうなんて。

不愉快なことであろうと、
耳障りなことであろうと、
言論の自由は侵してはイケナイ。
これは民主主義の基本だと思うのですが。

ここまでは前回のオサライ。
そして、やっと今回の話。

ずばり、長崎の乱!

あの選挙、殺された市長の娘婿が立候補して、あえなく落選したのは有名な話。

肝心なのは、ここから。

その選挙結果の後。
親族が、
「これでは故人は浮かばれません・・・」と暴言を吐いてしまいました。

まさに、
現代民主主義の最大の弊害と言っていい
「世襲制」
に対する、強烈な批判でしょう。


フツー、こういう事は思っていても、言わないんですよね。
いい子を演じなければイケナイ。
次の選挙もありますしね(笑)

でも、
この親族は、ハッキリと言ってくれました。
世襲制とはどういうものなのか。

世襲制に対して、
必要悪のように考えている世間様も、
この暴言を聞けば、少しは考え方が変わるのではないでしょうか?

残念な事に、この暴言。
その後、あまりマスコミでは取り上げられません。

世襲制が何故悪いのか。
残念ながら、一部有識者が世襲制の弊害を訴えても、
それ自体が自由選挙の妨害だ、と潰されます(泣)


今回の暴言。
あれほどの反面教師はないでしょう(笑)


言論の自由の大切さを、身をもって示した、殺された市長さん(合掌)
暴言を吐いて(自分の身を犠牲にして?)、
世襲制の害を世間に認識させてくれた、その親族(感謝?)

日本の民主主義が今後どうなって行くのか、
その岐路で起きた歴史的大事件です。きっと。

歴史好きの私としては、
2007年長崎の乱、として自分年表に書き加えたいです。

「朝礼のときに、ぶっ倒れるやつ」になってしまいました、泣(健康だけは自信あったのに・・・)

イメージ 1

イメージ 2

いつもの朝。
いつものように6時半に起きて、TV(NHK教育)をONして、
いつものようにテレビ体操をしようとしたら・・・

頭から、スーっと血の気がひいて、
顔と胸元に異様に汗をかいてしまい、
フラフラとソファーに撃沈。
ベットまでもどろうとしても、フラフラ。、

いつもは起こしてもなかなか起きない奥さんが
何故か起きてきてくれて(笑)
「顔が真っ青!」
と大騒ぎ。
ツメが真っ白。
目の瞼の裏も真っ白。
なんか、異様な事態みたい(泣)

ベットで、
足を高くして、少し寝たら・・・、

血がもどってきたみたいです。
汗もひいたし
でも、調子わるい~

奥さんが言うには
「脳貧血」ではないかとのこと。
調べてみると、症状が全部当てはまります(泣)
でも、今までこんな症状が出そうになった気配すらありませんでした。
血圧正常なのに。


脳貧血って、
学校の朝礼でイキナリ倒れる奴が、脳貧血らしいです。
どうやら、若返ったらしい(笑)


すぐに症状が改善されない場合は、医者に要相談、らしいです。
すぐに直ったから、大丈夫なのかな?

というわけで、遅れて会社に行きました。フラフラ。

会社で、Yさん(隣の奥さん)に、
これこれこういう症状で、今朝はエライ目にあったと説明したら・・・

それって、朝礼で倒れるヤツですねぇ♪

とのこと。
かなり有名な病気らしい。
みなさん、共通認識です。

会社の帰りは、
宴席です。
本当は、まっすぐ帰りたいのに(泣)
これがなければ、今日は大事をとって休みたいところでした。
サラリーマンは辛いですねぇ


調子悪いと思いながらも、
人一倍食べて帰ってきました。
(私は、どんなに調子が悪くても食欲だけはある、笑)

今朝の症状は、もう大丈夫なのかなぁ?
ブログ書いているくらいだし(笑)


おまけ:
今朝は、年2回のマンション消防設備点検の日
ベランダ鉄道を少し片付け。
非常扉が開くようにしておかないと(笑)
ベランダの住民もいつの間にか増えました。
ちょっとお引越し。

昨日のうちに片付けておいてよかったです。
今朝は、
朝礼のときにぶっ倒れる病でフラフラでしたから(泣)

点検は無事終了。
ベランダ鉄道の免許はまた更新されました?(笑)

またも無料で苗をもらってきました(ベランダは果実園?のはずだけど・・・)

イメージ 1

今度の週末に旅行を控えているので、
今日は静養日。最近、やけに疲れて眠いんですよね
(昨夜なんか、21時に寝ちゃいました)

今年も東急電鉄の緑のプレゼントがありました。
要するに、沿線の駅で無料で苗木を配ります、という大盤振る舞いの行事です。

無料、というのがミソです。
もらいに行かないと、なんか落ち着かないのです。
夫婦で同じこと考えてます(笑)

というわけで、
我が家は、ほぼ毎年もらいに行っています。
2人分もらってきますから、ベランダは苗木だらけのはずなのですが、
上手くできていまして、
なぜか数は増えません。
何故でしょう?(泣)

今年は、
ジューンベリー
プルーン
の苗木をもらってきました。
いつも、果実が食べられるものをもらってきます(笑)
来年、ちゃんと咲いてくれるかな?


おまけ、
ベランダから「フジ」が見えます。
「フジ山」ではなく、もちろん「フジぶさ」さんではありません

野生のフジ?

藤の花が、裏山の木々の合間から、垂れ下がっております。
藤って、藤棚というイメージがあるので、
野生?の藤は、ちょいと珍しいかも。
晴れた日でないと、キレイな紫に見えないのですよね。

サクラも終わったし、今度はどこかにフジを見に行こうかと予定しています。

フジぶさ、
も乗りに行きたいです。
行かなくちゃ!

臨時電車あんぱんまん号を見てきました(ちょっと、マンネリ臨時電車)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

休日出勤です。
こんなに天気がいいのに(泣)

というわけで?
ちょいとアンパンマン号を見に行ってみました。

みなとみらい高島地区に
あんぱんまんミュージアムというのが昨日開業したらしいです。

らしい、というのは、別に興味がないので(笑)

ここ、みなとみらい線には、時々臨時列車が走ります。
日比谷線、南北線、三田線から、直通の電車が別々に元町・中華街駅まで走ります。

もう何度も運転されている臨時電車。
もちろん、乗ったことあります。
今回、あんぱんまんミュージアムとタイアップしての運転です。
別に目新しいところは、全く、ないのですけど。

ミュージアム最寄の新高島駅に行くと、何か面白いことやっているかも?
ちょっと、見学。
新高島駅で、この臨時列車がやってくるのを少し待ってみました。

すでにホームには、三脚を立てているバカがいました。
駅員はこういうの注意しないのかなぁ?

そんなところにいるのはイヤなので、
改札口に出てみると、

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48263398_3?-1

改札口脇には、いつの間にかアンパンマン像。
記念写真を撮る親子連れに人気です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48263398_4?-1

しばらくすると、赤いキャラクターが出てきました。
踊っています♪
この人が、ミュージアムからの使者?


そうこうするうちに、臨時列車がやってくるアナウンス。
ホームに降りてみましょう。
なんと5分遅れです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48263398_5?-1

アンパンマンのシールを貼っただけの臨時電車が無事に到着。

親子連れのお客が、降りるは、降りるは、
スゴイ大混雑!
普段、閑散とした新高島駅ホームは、阿鼻叫喚の大混雑。
平日のラッシュ時は、全然客がいないホームなのにね(笑)


これに乗って、みなとみらい駅へもどります。
車内は全くフツーの電車です。
アンパンマンの落書きでもあるのかと思いましたが・・・


毎回毎回、同じ臨時列車ではツマラナイなぁ。
大井町駅発、目黒線、東横線経由で、みなとみらい行きとか企画してくれたらウケると思うのですけど。

その前に、大井町線の溝の口までの延伸を早くなんとかして欲しいです(泣)


ちなみに、
あんぱんまんミュージアムというのは、
入場料を千円も取るそうです。
たぶん、日本テレビの経営でしょう。
日本のマスコミって、こんなことにばかり熱心なのですね(泣)

源氏物語を読んでみました(歴史大好きのくせに、古典が読めない私です・・・)

イメージ 1

イメージ 2

先週から源氏物語を読んでおります。
図書館で借りたので、今日返さないといけないの。
今朝、やっと読み終わりました。
いやぁ、大変だった。

源氏物語といっても、
まんが・源氏物語です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48240363_0?-1

「あさきゆめみし」(大和和紀、作)
少女マンガの世界では、ちょっと有名な古典的名作らしいです。
全13巻。
TVの漫画特集番組で、偶然こういうマンガがあることを知りました。
ウチの奥さんが、漫画セットで借りてきてくれました。
重たいのにアリガトウ。

また、返してね(笑)


源氏物語。
読んだことアリマセン。
古典は嫌いなんです。
でも、マンガなら読めるかな、と思いました。

私が抱いているイメージは、
王様の血筋を引く高貴な(好奇な?)方が、女遊びをしまくる、それだけ?

読み終わった感想。
やっぱり、それに違わぬ内容でした(笑)

ひとつ勉強になったのは、
この頃は、
一度お手をつけてしまうと(合意の上でなくても)
結婚しなくちゃいけなかったみたい。

手をつけた日から3日間、
女性のもとに通うのが結婚式の礼儀だそうです。

おかげで主人公は、何人も奥さんを抱える羽目になります。

これが、当時から今に続く王様一族だけの秘密儀式なのか、本当はもっとスゴイのかは謎です(笑)


マンガの読みやすさのおかげで、とりあえず最後まで読み通すことができました。
(と言っても、普通のマンガの倍は内容が濃いです、大変)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48240363_1?-1

最後のクライマックス?
主人公が、出家する直前の回想シーン。
こんなにたくさんの女と楽しんじゃったの?

少女マンガって、
顔が同じなんですよね。
おまけに、古典だから、髪型・衣装は皆、同じ。
誰が誰だか、わかりません(笑)
もっと、この人は誰、という注釈をつけて欲しかったな。



私は小学生の頃から歴史が大好きでした。
日本史も世界史も大好き。
進路を考えた時、結構ホンキで「歴史学科」に進みたいと考えたくらい。

でも、すごい障害があったのです。

古文の授業が大嫌い!(漢文もキライ)

古典というものが、まったく面白くない。

歴史を学問として勉強する上で、
古典は読めません・・・
というわけにはいかないでしょう(泣)
古文書読めませんから。


結局、立派な?サラリーマンを目指すことにしました。

だから、古典は今でもちょっと恨めしいのです。

その古典の第一の名作といわれる源氏物語を
とにかく
初めて読み通すことができました。

この名作、古文の授業じゃなくて
道徳の授業で使えば面白いのに(笑)


とにかく、マンガって便利だなぁ。

私はスポーツ興行なんかに全く興味がないのですが、
野球マンガだけは読めるのです。不思議。

でも、鉄道のマンガは無性にツマランです。何故だろう?

民主主義の危機、長崎市長は誰に殺されたの?(言論の自由、批判の自由の封殺?、いやだなぁ)

今日は鉄道の話ではアリマセン、念のため。

長崎市長が殺された事件は、ショックでした。

自由な言論が封殺されてしまう国
反対意見が言えない国。
日本も、また、そうなるの・・・


さて、
その事件を聞いて、

何故か私は、
その前日にTV(録画)で見た、
「男たちの大和」という超ヒット作だったらしいもののことを思い出しました。

どうせ、ツマラナイだろうと思ってみましたけど、

予想以上の、ツマラナさでした(泣)
なんで、こんなものがヒットしたのかなぁ?

太平洋戦争がネタの日本映画というのは、
一応「反戦」ということがテーマになる決まりがあります。
そしてもうひとつ、
「自殺攻撃・特攻」を扱わずには成立しないみたいです。
情けない

その特攻の描き方も、時代と共に変わってきました。

日本VSアメリカ
私が子供の頃は、
精神力、兵士の質では日本が勝っていたのだが、
アメリカの物量に負けた。
という内容が定番でした。
特攻というのは、精神力および兵士の質(忠誠心)作戦の極み、というわけですね。

でも、
物量以外では、日本軍がアメリカより勝っていたなんていうのは、
ただの妄想だったとバレてしまったみたいです。
あまりにレベルのひどい官僚的な軍人が
井の中の蛙よろしく、何も考えないで戦争を始めて、惨めに負けました。
勝てるかどうか考える、という考え自体が、神の国だから、禁じられていたみたいです。

最近の戦争映画の設定は、少し変わってきました。

あの戦争は、愛するものを守るための戦いだった、という美しい設定。
なんだかワカリマセンが、愛する人がいるので犬死しちゃいます。
愛する人がいるから、それを守るためなら自殺しちゃいます。

さらに滑稽なのは、
その自殺攻撃が無駄だということを、特攻志願者は知っているという設定。
無駄なんだけど、華々しく死んじゃいます。

決めセリフは、
この無駄な戦争の後で、立ち直ってくれればいい?
日本に残した愛する人が、日本を立て直してくれればいい?
そのために、敢えて特攻しちゃいます♪

その後の歴史を知っているかのような、お決まりのセリフ。

この馬鹿げた設定は何とかならないのかなぁ(泣)


あの大和の映画は、すごい金を使っているらしいです。
確かに、特撮シーンはよく出来ていました。

あの技術と資金があれば、
大和VSゴジラくらいの大作映画が作れないものかと思ってしまいます。

いや、
もう少しストーリーを工夫すれば、
もっと面白くなるのに。

愛するものを守るために自殺するくらいの人格者だったら、
どうして毎回アメリカ軍に特攻するのでしょう?

早く戦争を終わらせるためなら、
どうして王様が住んでいる江戸城に向かって特攻しないのでしょう?

無駄な戦争を起こして遂行している責任者を成敗する為に、
どうして大和は大本営に向かって特攻しないのでしょう?

くだらないけど、
こんなことを気楽に言える社会、
それがまともな民主主義だと信じています。

これが言えないようじゃ、
北朝鮮やフセインイラクと同じです。

あれ、
日本は大丈夫かな?


さて。
長崎市長が殺害された事件。

たぶん、あの政治家は反戦活動家で王様制度も批判していたのでしょうね。

気に食わないことを言う政治家は殺してしまう・・・


民主主義というのは、

為政者の考えに従わなくてもイイということ

戦争を美化する人をバカにしても平気ということ。

王様を批判しても逮捕されないということ。

民主主義とは、
そういうものです。


特攻映画を見て
何の疑問もいだかずに感動してしまう困った人を
平気でバカにできる世界。

それこそが、民主主義というものだと思っています。

もちろん、感動して美化するのも、勝手なのですけどね。
他人に押し付けなければ(笑)


残念ながら、
民主主義以上の政治形態は今のところ見つかりません。
歴史の勉強を通じて辿りついた、私の結論です。

というわけで、
大好きな民主主義を守るために、これからも辛口記事とコメントを目指してまいります。
間抜けなマスコミはあてにならないので(笑)

貨物列車シフト2日目、横浜駅でワムさんを見た!(雨の跨線橋の勝利?、笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

東海道本線旅客線に貨物列車が走る日。

今日も行ってしまいました。
やっぱり(笑)
どうしてもワムさんを横浜駅で見たい。
横浜らしいところ?で見学しましょう。

当然、今日も「貨物列車シフト」です。

ところが、昼休みに入る直前、お客さんが来ちゃって、
せっせと、お話し合い。

あぁ、貨物列車が行ってしまうぅ、泣

そんなわけで、
昼間から全力疾走で貨物列車を見に行くサラリーマンでありました(笑)

東白楽駅付近の跨線橋。
何度か見に来ています。

まず、ここで見学してみよう♪


ここは、普段は貨物列車は通りません。
いつもの見慣れた場所で、貨物列車が見られる、
というのがポイントですね。

どんよりした天気。
かなり寒いです。
おまけに、トイレに行く余裕がなかった、やばい。

そんな中、貨物列車さんがやってきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_0?-1


いつもの場所なのに、アレコレ構図を考えてしまいます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_9?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_1?-1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_8?-1


う~む。
どうやら、私はあまり写真撮影は上手じゃないみたいだ(笑)


雨が降ってきました。
横浜駅に移動。

昨日同様にホームで見ましょうか?
それとも、いつもの歩行者跨線橋で見ましょうか?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_2?-1

コンテナ貨物、横浜駅進入!
傘をさしながらだと、上手く撮れないかな(いつも?)
でも、横浜駅構内を轟音と共に走り抜ける様は壮観です。
スピード全く落としません。
すごいなぁ。
特急より早いぞ、なにしろ通過ですからね(笑)


さて、いよいよ次がワムさんです。

どこで見ようかな?
雨の中、とっても悩みました。
だって、貨物列車がここを走るのは、今日が最後です。
1回しかチャンスはありません。
雨が降っているし、ホームに行こうかな?

でも、結局
跨線橋の上から見学。
一番見慣れた場所です。

ここから見る光景こそ、私にとって横浜なんですよね。

おまけに、
雨のオカゲでしょうか、
橋の上には誰もいません。これって、結構好感触♪

ワムさんが来ました!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_3?-1

おもわず、橋の上で、片膝ついて見入ってしまいました。
目線を下ろした方が、迫力あるんですよね。子供みたい。
誰もいないから、何でもアリだ!(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_4?-1


すばらしい。
ワムさんは、跨線橋の下を、ガタガタと走りぬけて行きました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48201858_6?-1

今日のワムさんは青編成だけ。
すう~っと、横浜駅の中に吸い込まれていきました。


ちょっと感動。
やっぱり、ここで見学して良かった。
昨日の消化不良は、すっかり解消。
これで仕事に専念できる(笑)


さて、
次の貨物線保守工事の日は何時なんでしょう?
また来ちゃうぞ!
今のうち「シフト」の準備を組しておかないと!(笑)

東海道貨物線保守工事、「貨物列車シフト」を組んで、ワムさん横浜駅通過に賭けます(東横線桜木町駅も復活?)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ヤマネコさんのブログで知ったのですが、
今日明日、またも東海道貨物線の昼間保守工事があるらしい。

知ったのは、1週間くらい前。
前回はその日に知りました(笑)、
仕事上の重要会議があって、どうしてもワムさんの横浜駅通過シーンは
見ることが出来なかったのです。
泣きました。

今回は、
完璧な計画を練りました。

「貨物列車シフト」

シフトとは、自らの崇高な目標を達成するため、
尋常ならざる体制を組むことです。

あの、星飛雄馬が最後の試合に臨んだとき、
打たれても絶対に遠くまで飛ばない魔球を投げぬくため、
外野手を全て内野に集め、1塁手以外は全て前進守備をさせるという
極端なシフトを組みました。
自らは投球のみに専念し、体力を最後まで温存するためのシフトでした。

その故事に習いました。
これも日頃の歴史研究の賜物です(笑)

「横浜駅を通るワムさんを見る」という崇高な目的のため、
今日予定されていた4つの会議を、全て別の時間にシフトしました。
これの調整が大変でした。
もちろん、余計な会議は避けます(笑)
一番重要なのは、仕事のパートナーのYさん(隣の奥さん)の協力を得て、
スケジュールを調整してもらうこと。
ちゃんと、先週末の高遠旅行のお土産も買ってきました(笑)
これにて「貨物列車シフト」は完成です。

話の前置きが長いのですが、
これだけ苦労して、いざ、横浜駅へ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_0?-1

まずは、上り貨物列車。
下りホームから、横浜駅ビルをバックに見学、いいですねぇ。
やっぱり横浜といえば、高島屋とジョイナスかな。

ワムさんまで時間があるので、
ちょっと大船駅まで遠征。
貨物線では保守工事をやってますよ。
これを眺めるのも楽しい。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_1?-1

大船駅にて。
なんと、ホームから目の前にステキな工事風景を堪能できます。
架線を点検中。
これが、線路の上を走るトラックですね(笑)
DMVなんて、目じゃないよ!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_2?-1

下り貨物列車がやってきました。
普段は、このトラックが点検中の貨物線を走ります。
これまた、なかなか貴重な光景では?

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_3?-1

東海道貨物線と根岸線を結ぶ連絡線です。
今日は、ここのポイントもちゃんと点検してくれるのですね
ゴクロウさま!

横浜駅にもどります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_4?-1

上りホームの真ん中あたりで、下り貨物列車見学♪

さて、次はワムさん(下り)だぞ!

どこで見たら一番いいかなぁと、ホームをうろうろ。
下りホームの端っには、でかいカメラを持った人が既にいます。
そういうところはパス。

やっぱり、駅ビル(今度はルミネ)が見えるところがいいかな?
あれこれ悩みます。


でも、
ワムさんが来たとき、


ホームに立つ私の目の前には、上り電車が停まっていました(泣)


電車越しに、ワムさんが横浜駅を通過する轟音だけを確かに聞きました。

「ココロの目で見れば、ワムさんを見ることが出来るのだ!」

なんて、梵天丸(伊達政宗)みたいな心境にはなれません!(泣)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_5?-1

ワムさんは、去っていきました。
(この後ろ姿も、それはそれで好きですけど)

ううう、
あんなに完璧なシフトを組んだのに。
またもワムさん横浜駅通過を見逃してしまうとは!

でも、
反対の下りホームに走れば、通過シーンを見ることは出来たのですよね?
後で気がつきました。
自分の不甲斐なさに、ますます腹が立ちます。

だめだ、
消化不良だ!
明日もシフトを組まないとイケナイ?(笑)


おまけ:

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_6?-1

桜木町駅で下車するとき、
丁度、甲種輸送の機関車がやってきました。
カッコイイ!

なんと、積荷は・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/43/fd/lunchapi/folder/426496/img_426496_48175004_7?-1

東急です。
東急の車両です!
桜木町駅に東急が走っているぅ!

ここ桜木町駅に、2年ぶりに東横線が復活しました!
ばんざーい(笑)

興奮冷めやらないのですが、
早く帰らないと、次の会議がはじまってしまう(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR