FC2ブログ

あざみ野駅折り返しシーンを求めて!(やっぱり線路は大事です)

6月末日。
今年も半年終わり。
なんとなく考え事をしながら、渋谷駅で帰路の田園都市線電車の出発を待っていたら。

たったいま青葉台駅で人身事故。
運転見合わせ~、の放送(泣)

凶悪犯罪。
あんなの事故じゃなくて、故意の事件。悪質な犯罪でしょ(怒)。

東横線経由で帰ろうかなぁ。
でも。
ホームで少し待ったら。
あざみ野駅まで折り返し運転をするんだって。

あざみ野駅。
あそこに非常時の折り返し運転用の渡り線がありましたね。
ちょっと折り返しシーンに興味ありますね!

動き出した「あざみ野駅」行きは、
意外と快調に走っていきます。途中の徐行とか一切なし。

これは、
このままあざみ野駅まで行ってしまって、
折り返しシーンを見る千載一遇のチャンスじゃないですか!?

よ~し。
でも梶が谷駅に到着した時。
この電車はあざみ野行きから鷺沼行きに変更いたします、の案内。

鷺沼行きじゃ珍しくないんですよぅ(泣)

でも。
鷺沼駅で、あざみ野行きに連絡いたします、とのこと。

おおっと。
まだチャンスはあるぞ。
でも。だんだん暗くなって、線路が見えなくなってしまいますよぅ。

イメージ 1

鷺沼駅にて。
あざみ野行きに乗り換えます。
(この行き先は珍しいのです。電光掲示だと有り難味が全くないけど)

この電車があざみ野駅に近づくに連れて、
運転席から運輸指令?のアナウンスがあわただしく聞こえてきます。

たった今。
青葉台駅の封鎖が解除されました。
全線で運転を再開します。
この電車は、
中央林間行きになります・・・

意外と早く復旧して良かったね。
この電車に乗っている全ての人がホッとしたでしょうね。
私を除いて(泣)

あざみ野駅に到着。
この電車の一本前まで折り返しをしていたみたい。
ホームには控えの運転士さんが待機していました。

中央林間行きとなってしまった電車には用はないので、
降りて、すごすごと戻ります。

イメージ 2

これが渡り線。
暗くて良く分かりませんけど。
下り本線に出て一旦停止。渡り線を使って、上り本線に折り返してくる構図です。

上り電車がやってきました。
これが犯罪に巻き込まれた電車かも。いやだね。
だけど気にしないで、さっさと帰宅。

折り返しシーンを見たような気がしたということで、
満足しましょう。

こういう渡り線は大事ですよね。
非常時用に、もっと多くの駅に付けて欲しいです。

線路。
渡り線がいかに大事か、身を持って教えていただきましたとさ。
スポンサーサイト



線路の悲劇(田町電車区の歴史的価値のある美しい線路が・・・)

昨日。
久しぶりに東海道本線の下り電車、新橋駅→品川駅に乗って。
恐ろしい光景を見てしまいました。

品川駅と田町駅の間に存在する田町電車区。
品川駅寄りの線路が一部剥がされてしまった悲劇は以前お伝えしましたが、
田町駅側の様子は、この下り列車に乗らないと分からないのです。

富士ブサ君が廃止された後。
用済みになった東京機関区(というのかな?)に入線する信号機には「×」が貼られていること。
機関区の建物の一部がロープで隔離され、
すでに一部の建物が解体されている、
ところまでは分かっていたのですが・・・

イメージ 1

信号機の「×」はそのままだけど。
まだ機関区の建物自体も線路も安泰ですね。

と、思ったら。

が~ん!

イメージ 2

哀れ、下り本線から電車区に通じる線路は寸断され。

イメージ 3

ヤードの線路は引き剥がされています。

このままじゃ、
残された機関区の中の線路も風前の灯?(泣)

日本の大動脈を支えてきた、歴史ある線路なのです。

古い車両をわざと動かしたり、
クダラン博物館なんか作るより、
この線路こそを保存して欲しいです。
別に古い客車や電車でなくていいんです。
最新の電車の車両基地にそのまま使ってくださいようぅ
(線路をそのまま使う、というのが大事。笑)


あの日から3ヶ月以上たっているのですね。

イメージ 4

冷静に考えてみると、
あの列車のためだけにこれだけの線路が最後まで残されていたということでしょうか?
こりゃ、ムダだなぁ(自虐的に笑)

ここまでムダだったのですから。
せめて金儲けの再開発工事が始まる日の直前まで、
偉大な線路をそのままにして欲しかったなぁ。

五反田駅から五反田駅の線路を見る。

本日の話。後半戦。
朝、レトロ川崎号(仮称)を見損なってしまいましたが(泣)。

昼間は、
実家の母親を自宅に招待してテンヤワンヤ。
おまけに午後から大雨!
でも15時過ぎたら自由時間となりました。

ということで。またもアノ回送列車を見に行くことに!(本日2回目?)

五反田駅。
前回、山手線ホームに来た時。
あそこから線路を見たら楽しいかな?という場所に来てみました。

イメージ 1

大崎駅方面から、
時間通りに回送が来ましたよ(今日、やっぱり走っていたんですね、爆)。

電線や電柱は気になりません。
だって線路の友達ですよ(笑)

でも、ここはちょっと密集していて、線路までもが見えませんね。
五反田駅-大崎駅は線路が美しく分岐する場所なので、ちょっと残念。

イメージ 2

上手に。
変なヘッドマークを隠してみました。

イメージ 3

さようなら~
前後に電気機関車を付けているのって、やっぱり何かヘン。
でも。バカにしているワリには、前回今回とよく見に来ましたねぇ(笑)

さっさと帰りましょう。

イメージ 4

その前に。
やっぱり、車止めは外せませんね。

線路を眺めるのになかなかいい場所でした。
また来なくちゃ。
ここから大崎駅まで歩くのも楽しいかな?

レトロ川崎号、のハズでした(回送列車でも変更アナウンスが流れる哀愁の川崎駅、泣)

またレトロ何とか記事。
昨日の失敗に懲りてちょっと調べたら。

回送列車。
品川駅8:17→川崎駅8:28/9:53→横浜駅

おや。
川崎駅で1時間半も停まるの?
ということは、あの下り本線の隣の側線に停車するということじゃないですか!
まさにレトロ川崎号ですね!(爆)
これは川崎市民&線路好きとしては外せません。

川崎工臨のレール運搬車が停まっているのは見た事がありますが。
入線と出発が見られるなんて滅多にないチャンス!

どちらを見に行くか迷いましたが(だって、その間の1時間半何をしているの?)

やっぱり。
両方!(爆)

奥さんを早めに起こして、朝食食べて、出発。

南武線で川崎駅に行くと。
ホームは案の定大混雑。

イメージ 1

嫌なので、ポイントが見られるステキな場所で待ちます。
線路の鄙びた感じがいいですねぇ。

ところが、
ホームにアナウンスが・・・

本日の回送電車は、時刻変更されて、9:53分頃通過します・・・

!?

回送列車の時間変更アナウンスがホームに流れるなんて、前代未聞では?
(だって誰も乗らないのに)

しばらくしてホームに降りてみると、
駅員さんがカメラを持った人にイチイチ説明しています。
変なの(邪魔だから早くいなくなれ、ということかな)。

とにかく。
そんなわけでレトロ川崎号は実現せず。
線路巡礼:川崎駅の側線、もカラ振り。

駅員さんが説明するということは、
ひょっとしたら。
川崎駅の側線でレトロ列車の展示を行います。とかバカな公式の案内があったのかな?
ポスターとかちょっと探してみたけど、ありませんでした。

側線に入らないのでは、
昨日の回送と同じ。もはや線路的興味なし。

せっかくだから新橋駅まで往復して、
出発前の回送列車を車窓から見てみようとしましたが、

田町電車区の何処にもいませんでしたねぇ。
よっぽど大事に奥の方に隠してあるのかな(笑)

10時前に家に帰宅。
奥さん、二度寝しているかと思ったら感心に起きて掃除をしていました。
ゴメンナさーい。
家の片付け手伝いまーす。
(夕方、また出かけちゃうかも)

イメージ 2

やっぱり。この側線に列車が入る美しいシーンを見たいですぅ
(レトロじゃなくていいよ、笑)

回送列車を1時間も待つ(アホー)

今日は今年で一番暑かったらしいです。

でも、
風があって、日陰は快適。
こういう日はどこにも行かずに、
縁側(ベランダ)で過ごすのが正しい夏だと思います。

ところが。
午前中はちょっと回送列車を見に行ってしまいました。
またあのレトロとかいうヤツです。
名前が臭くても、電気機関車が牽引する列車は興味あります。

朝の大井町駅。見たらすぐに帰るつもり。
ところが、
予定時間になっても回送は来ません。

故障かな?(なにしろレトロが売り物ですから)
時間間違えたかな?
それとも品鶴線(横須賀線)経由だったりして?(爆!)

長い待ち時間。
京浜東北線と東海道本線の電車の競争を何度も観戦。
大井町駅で停まるのに、意外と京浜東北が健闘!

イメージ 1

ここは左側の山手線電車区の線路も一緒に見ることができるのがウリ。
山手線回送電車が入線して来ないかなぁと、ちょっと期待しましたけど。なし。

さて。来ませんねぇ。
こんな風に待っていると。
富士ブサ君を待っているのを思い出します。
アレは上り列車なので待つのがタイヘンでした(懐かしい)

日差しは暑いのですが。
ここは日陰で風が抜けて快適。
でも、だんだん周囲がむさくるしい。
(ということは、走っては来るんだ?爆)

やっと来ました。
前回と同じ列車みたい。

イメージ 3

前回は横浜駅-小田原駅を往復したそうですけど、
今回は横浜駅-横須賀駅だそうです。
線路的にはあまり工夫がないですね。客車の数が前回より長いかな?

むしろ、
回送区間の高崎駅(新宿駅でもいい)から品川駅経由で横浜駅まで乗れたら幸せなんですけど(笑)

結局1時間も待っていたことになります。
アレ?
ちょうど1時間です。
私が通過時間の調べを間違えたのかな?

どうも前回の回送列車の時刻と混同しているみたい。
貴重な土曜の朝の1時間を無駄にしてしまいましたとさ(泣)

その帰り道。
近くで完全不定期の朝市(?)が開催されていて、
枝豆とか購入。
さらにスーパーでとうもろこし(初物)も購入。

イメージ 2

日本の夏ですねぇ
遠くに旅行も行きたいけど(今年はどうしよう)

昼にビールを飲んでしまったので。
本日も午後はお昼寝。

さらに。
早めに夕方のお風呂に入ることにしました。
旅館ごっこ?
ということで、
今日はもう外出しないから、たぶんオシマイです。

非常用飲料水(発泡酒)も1ケース買って担いで来ましたので、
今宵は万全です(笑)
気が向いたら、ブログを書き足します(好きだねぇ)

外食放浪記(だまし絵展でだまされました、泣)

仕事の帰り。
奥さんと待ち合わせして美術館へ。
金曜日は21時まで営業しているんです。

その帰り。
久々に外食しよう!と約束してあったのですが。

う~ん。
どうもいい店がないなぁ。
ちょっとグルナビで調べておいた店も満員。

歩き回った挙句。
結局、地元の店で外食しようということに。

さて。
地元の店。
最近出来たホルモン屋さんに行ってみましたが。
ここも満員。
もはや他の店を探すのも面倒くさい。

ということで。
結局、家で食べることに。

途中のスーパーで焼肉を半額で購入。
夜のベランダ焼肉大会ですぅ。

奥さん曰く。
ケチだから外食しないと思ったんだ。
歩き回って損しちゃった。

ううっ
なんてナマイキな!(汗)

ということで、
この週末に必ず外食するぞ宣言を出してみました。
でも。
家で食べるほうが楽しいのですけどね(爆)

----

さて。
美術館の方ですが。
今月まで有効な招待券がありました。

イメージ 1

「だまし絵展」

なんか面白そうなタイトルでしょ。
期待して行ったのですが・・・

ハズレ。
ものすごくつまらない(泣)
だまし絵といっても、最近のトリックアートに比べたら、お子様みたいな内容。
がっかり。

でも。
最後の展示だけはちょっと面白かったですね(説明ができない、汗)。

よほど展示内容に貧しているみたいで、
つい最近も展示されていたエッシャーの絵まで展示してありました。
ウチはエッシャー大好きだから構いませんけど(笑)

ミュージアムショップで。
エッシャーの作品「トカゲさん」の実物大?タイルを売っていました。
かなり欲しかったですぅ(笑)

結局、
だまし絵展は完全に不発。

見事に「だまされ」ました。
チャンチャン♪

線路巡礼1986&1994:上砂川線(美しい跨線橋と、本当に悲しい駅)

北海道の線路巡礼の残り話。

1980年に万字線・幌内線・歌志内線・上砂川線という
炭鉱ローカル線四天王(?)を一気に巡礼してしまったおかげで、
それぞれの線路をよく覚えていません(泣の記事

ですが、
上砂川線だけは再訪の機会があったのです。
函館本線の支線だから、名前だけで生き残っていたのです(ズルイぞ、爆)

ということで
線路巡礼:函館本線支線(上砂川線)

まずは起点の砂川駅。
1986年に時間があったので、この駅だけちょこっと見に行くことが出来ました。
すでに同駅を起点の歌志内線は廃止ですが、
上砂川線はちゃっかり現存。
残念ながら列車に乗る時間はなかったのですが、
そのかわり美しい砂川駅の線路をじっくりと観察。

イメージ 8

乗換え用の跨線橋。

ヤードの向こう側のポツンと離れた支線のホームに続きます。
こういう跨線橋。
留萌駅にもありましたね(こういうY字配線は本当に美しい。惚れ惚れ)

イメージ 7

こちらは上砂川線のホーム。
いい感じでしょ~♪
函館本線への直通列車があったのかしら?

イメージ 6

でも、何でこの時に乗らなかったのかなぁ・・・

1994年冬。
出張の時、時間が出来ました。
上砂川線に乗る最後のチャンスです。
すでに廃止が決まっていたと思います。
函館本線の一部、という隠れミノはもう通用しなくなっていました。

イメージ 1

雪だぁ。
全く除雪してないみたい。

イメージ 2

このホーム、どうやって列車に乗ったのかな?

上砂川駅までの線路はほとんど道路に面していて、
たくさんバスが走っていました。
いつ列車が廃止になっても、誰も困らない感じ(失笑)

終点の上砂川駅。
この時、
この駅には変な名前が付いていました。

イメージ 3

悲別駅。

どうやら、そういう名前のドラマがあったらしいです。
何が悲しいのか、よく分かりませんが・・・

でも。
何が悲しいのか、すぐに分かりました。

イメージ 4

雪で線路が見えないのです!(悲しい)

とっくに炭鉱施設は廃業していますから、
往時の線路がそのままとは思えませんが。

これじゃ、終着駅の線路がどうなっているのか、検討つきません(泣)
本当に悲しい駅ですぅ。

(積雪は線路巡礼の大敵なんです。
 もっとも、この時は出張ついでだったので、贅沢言えません。)

イメージ 5

駅前の地図によると。
駅からさらに線路が延びていたいたことが、かろうじて分かります。


上砂川線が廃止された後も、
砂川駅の美しい跨線橋はしばらく残されており、往時を偲ばせてくれましたが。
いつの間にやら、これも取り壊されてしまいました。
本当に悲しいですぅ。

配給電車を見に行く(何度目?)

配給電車が走ります。
またもWで。
午前中の大雨もあがり、午後は配給電車日和なんですけどね。

諸般の事情により、
電車を見に行くも制約が多くなりました(泣)

最初の配給電車は見に行けませんでしたが、
2番目のヤツは、何とか都合がつきました。

せっかくですから、
ちょっと変わったところへ行きました。

渋谷駅近辺。
ど~こだ?

イメージ 1

せっかく線路に面したステキな公園なのに、
浮浪者が不法占拠して一般人が寄り付かない不思議な場所。
私は気にしませんよ。ちゃんと税金払っているんだから!(笑)
(でも、もう来なくていいや、汗)

配給電車は新宿駅ですぐに折り返してきます。
次の場所へ移動。

イメージ 2

線路がまっすぐに見えるステキな場所。
ここもちょっと居づらいのですけどね(汗)

イメージ 3

せっかくだから、隣の線路を長い電車が走ってくれれば、
この単行電車の面白さが、もっと引き立つのですけど。残念。

W配給電車は、
何度か見ていますので、興味がございましたら過去記事を見てね。
品川駅の団体ホームに2両が揃うのが圧巻なんですけどね。

(できれば、何か車両を引っ張って走ってくれるともっと面白いのですけど。
 乗せてくれたら、もっと素晴らしいですけどね、笑)

無機質な電車(溝の口駅留め置き)

来月11日の大井町線延伸を迎える溝の口駅。
田園都市線下りが3番線(内側)から4番線(外側)に移りました。
朝のラッシュ時は、急行・準急がまだ3番線を使っていますけどね。

さて。
毎晩22時頃。大井町線の電車が留め置きされています。
ここで一泊するわけです(車庫の線路が一杯だからの措置ですね。)
今までは、その時間には使っていない4番線に停まっていました。
これが3番線に移っていました。

なんか、
内側の線路で停まっていると変な感じ。

イメージ 1

おまけに。
このステンレス車両は、まるで死んでいるかのように無機質。
冷たい(?)
電車というのは、こんな風に見えることもあるんですね。
(写真は先週末の夜。奥さんと一緒に、ひょっとしたら線路工事の続きをやってないかな?と見学)

7月11日以降は、
この留め置き電車は何処にいくんでしょうね?
線路に余裕がないというのは、ヤリクリがタイヘンですね。

その点。
JRさんは国鉄から受け継いだ大量の美しい線路がありますから。
大事にしなくちゃイケマセンよ!


大井町線新線区間の習熟運転が始まったらしいのですが。
まだ見たことがありません。
開業すれば、いつでも見られるんですけどね(笑)

プロレス観戦!(の記録)

またプロレスの話。
捜索していた「三沢光晴」のファイトの写真が見つかったのです。

1992年9月17日。
もう17年も前の話ですけど!(爆)

奥さんと、
奥さんの妹夫婦の4人で、
後楽園ホールにプロレスを見に行きました。
全日本プロレス。
私は新日の方が好きだったのですけど。

この日の試合は、
秋山準のデビュー戦でした。

イメージ 1

対戦相手は小橋健太っス。
いまや二人ともビッグネーム(らしい)ですね

メインイベントは6人タッグ。
(シングル戦の方がはるかに面白いのに。
タッグマッチなんてやってるから、プロレスは廃れちゃったのかな、泣)

さて。
6人タッグはこんな感じ。

イメージ 2

ジャイアント馬場
ジャンボ鶴田
三沢光晴
なんて豪華なリングでしょう(笑)
でも、すでに3人とも故人なんです。

イメージ 3

どうでもいけど。
肝心の三沢光晴(緑のパンツ)が、どれも後ろ向き(これしか残っていないのです。爆)。

この当時が。
新日本・全日本を問わずプロレスが一番面白い絶頂期だったのかなぁ。
その後は
内部分裂と弱小団体の乱立が繰り返され。
完全に興が冷めてしまいました。

ところで。
この試合の当時。
三沢光晴は相当カッコイイ男だったのです。
(だから覆面脱いだのかな?)

今回の事故のニュース。
最後のインタビューとかをTVで見て。

はじめ、誰だか分かりませんでした。
あまりにも風貌が変わっていました。
それだけ私がプロレスから離れてしまっていた、ということ?(泣)。

久々に見る入場シーンも、全く精彩を欠いていました。
引退したくても、社長の立場では出来なかったのでしょうね。
仕事で死ぬのはイヤだなぁ。

おまけ。

イメージ 4

これは川田利明。

思い出しました。
奥さんが彼のファンだったのです。
だから試合後に追いかけて激写です。
デンジャラスKと呼ばれていました。
興奮しているからアブナイよ。

昔のリングは楽しかったなぁ(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR