FC2ブログ

ニセセレブと豚丼食べました

諸般の事情で
奥さんが「松屋」で新商品の豚しゃぶ丼が食べたいということに。
今日まで40円引きセール中なんです(笑)

今晩行こうかと思っていたら

なんと
セールは今日の15時まで!が~ん。


普通なら諦めるのでしょうけど。

わざわざ一緒にランチを食べるために
奥さんが上京してきたので(笑)

中目黒に用事があったので、
これでセール期間に間に合いました。セーフ。

イメージ 1

こんな感じ

夫婦でわざわざ食べに来る人って(?)

ちなみに
ウチの奥さんは牛丼チェーンで食べるのは初めてなんだって!
セレブじゃん!?

じゃなくて
OL時代に牛丼弁当は買ったことがあるけど
店内で食べるのは初めて、というニセセレブでした(笑)


ニセといえば
ブログにニセモノコメントが現われました。
どこかで聞いた「なりすまし」のことかしら。
ウチにも来たか!
これでメジャーの仲間入り?(怒)
スポンサーサイト



今日は何の日?メンテナンスの日(殴)

(帰宅後、追記あり)

今日は
ウチのブログの

7回忌

じゃなくて

7周年です! わぁわぁわぁ

すごい記念記事を書こうかと思っていたのですが

本日午後から
ヤフーブログの
メンテナンスがあるそうです

どうせまた障害が発生すると思われますので
早朝に記事をアップしておきます(笑)
皆様も要注意(マジ)

ヤフーブログメンテナンス
どうせまた余計な機能を追加するのでしょうね・・・

私は
wiki文法の「写真を文中に取り込む」以外は全く使わないので
勝手にやってください(失笑)

逆に言うと
過去のwiki文法を使っていない「名作」を
どうにかしたいなぁ、なんて思うのですが。

ところで
最近、
自分のブログ内「検索」機能が便利なことが判明。

すでに過去に書いた線路巡礼記事が分からなく(汗)
先週の海部駅の記事のダブリは、これで発見されました。
自分で作った「目次」書庫より、はるかに役に立ちます(爆)


文字数制限をなくしてくれれば、
画像容量を増やしてくれれば、
もっともっと楽しい線路ネタを書けるのにね(笑)

これで
2810個目の記事です。

3000回記念は、きっと弾けます(?)


(帰宅後追記)

今日の昼休み
ちょいとブログを覗いてみると

イメージ 1


「-」

ほんとだ!
ほんとにメンテナンス中です(笑)

でも
ちゃんと元に戻るのかしら?(心配)


帰宅後の現在
訪問者数データは戻っているように見えますが。

違う

実は
昼間のメンテナンス中にコメントを書いてくれた奇特な方がいるのですが
その数がカウントされていません。
ということは
他も当てにならないですね。

他の機能も
ちょっと怖いですよ(汗)

(⇒さっそく、またメンテナンス失敗しました、復旧は諦めて下さい宣言がヤフーからありましたね)


7年も付き合っていると
こんなことじゃ驚かないけど。

今日のメインはコレでしたね(爆)

線路巡礼1994.2002:十勝鉄道の西帯広駅の線路(美しい貨物線がいきなり廃止!)

北海道の帯広駅近くに
素敵な貨物専用線があります。

1980年
初めて道東を巡礼したとき
根室本線に併走する美しい専用線に感動♪

さらに
1994年秋
この線路が気になって
西帯広駅へ

長い貨物線は
根室本線西帯広駅で
旅客ホームの脇をひっそりと通っていくのです。
その様が見たくて

真夜中の西帯広駅で
線路をじっくり見学。物好きですね~
(真っ暗なので写真は、汗)


2002年11月
帯広駅から上り特急列車に乗ったとき

再度、
この貨物専用線をじっくりと観察

イメージ 1

帯広貨物駅
とにかく広い。
空も広い。

ここから
根室本線に沿って西へ専用線がのびています。

イメージ 2

倉庫群の脇を走ります
かつては鉄道貨物扱いがあったのですよね。

イメージ 3

ここが白眉の
西帯広駅
ホームと駅舎の間をひっそりと通っているのが分かります。
我ながらいい線路写真(自画自賛)。

イメージ 4

沿線の工場に分岐していきます。

イメージ 5

併走する線路は
ここで工場群の中に消えて行きますが、
その後も
白樺の合間から線路がチラチラ見え隠れ。
美しかったです。。。

------

さて
急にこの線路の話を書いたのは

この線路が
いきなり廃止になってしまうからです(泣)

先週末
いきなり今月いっぱいで終わり、が発表されました。衝撃。

たった1週間前の発表で廃止されちゃうなんて(悲)。

通称・十勝鉄道と呼ばれていたそうです。
(名前は、あまり気にしたことはないのですが、汗)


またひとつ。
地球上から美しい線路が消えてしまうのですね
その思い出を美化するために
記事を書かさせていただきました。

(もう一度見に行こうかとも思いましたが。線路写真が残っているので、まぁいいです)

成人扶養は義務なの?芸能人親が生活保護受給問題

どうしてもひと言。
マスコミが騒いでいる
芸能人生活保護不正受給について

母親Aに
子供Bと
子供C(これが注目の芸人、私は知らない人)

AはCから仕送りを送ってもらっているのに
生活保護を不正受給をしていたらしい。
芸人Cはケシカランと、猛烈なバッシング。

芸人Cが記者会見を開いて
お母様を私が世話しなくてはならないのに申し訳ありません
と臭い台詞で平謝り。

生活保護のふざけた運用については
マスコミが騒ぐ通りなので特に触れませんが。

気になるのは
不正に受給しているのはAなのに
何でCが責められるの?

世の中で
扶養義務があるのは
成人が未成年の子供に対してと、
夫婦の関係だけのハズ。

お互いに
自立している成人の間で、
どうして扶養「義務」が必要なの?

そもそも
なぜCだけが叩かれるのか。
Bは扶養義務がないの?
(Bは金がないから、義務がないらしい。その分をCが負担する責任があるの?)

親を
将来扶養することが子の責務だったら
親が子を養育するには
老後の投資と同じじゃないですか?

手厚い扶養控除や子供手当は、
社会に還元するためじゃなかったの?(泣)

成人後の扶養関係があるから
不愉快な「相続格差」も生まれます。

金持ちの子供は、相続によって金持ちになれます。
多くの人は
それが不愉快で不平等の温床だと知りながら、
古ぼけた成人扶養に固執します。

成人後の
歪な扶養関係をなくすために
年金制度が存在するハズなのに。

そもそも子供が親を扶養するのが義務だったら
年金制度なんか要らないでしょ?
(子供に養ってもらえばいいんだから)

ウチの親は
年金をちゃんと貰っていてよかった。

私は
少しは面倒をみても
扶養する気は全くありません。
仮に親が生活保護を受けても、気にしない(笑)

そもそも
仮に何らかの義務があるなら
子供間では平等に義務があるハズです。

今回の騒ぎで
生活保護ばかりクローズアップされてしまい
成人扶養でバカを見る「お人良し」の問題は全く触れず。
(むしろ奨励?)


もちろん
自ら
お人良しを目指す方は、どうぞ(笑)

------

書いてはみたけど
AとCが共謀して不正受給しているのであれば話は別。

当然
芸人Cは芸能界永久追放だと思うのですが。

慈愛に満ちたマスコミはそうではないのですよね(怒)



不愉快な話を書いたら
スッキリした!(ホント)

新宿丸正閉店!気がつかなかった(汗)

ウチの地元は
スーパーがたくさんあることが自慢。

本日、
奥さんの買い物付き合いで
最近行っていない店に足をのばしてみました。

丸正(新宿丸正)

あれ?
お店が閉まってる。せっかく来たのに。

じゃなくて

当店は4月28日で閉店しました・・・

びっくり!?

そういえば
2月21日に近くにOKストアーがオープンしたから
その影響でしょうか?
南武線を挟んだ立地だから、そんなに競合でもないと思うのですが。

悔しい。
事前に知っていれば、
閉店セールに参戦できたのに(苦笑)

新宿丸正
日曜日だけ朝9:00開店
もやしが26円
あの震災直後は千葉県産のサラダ菜を1箱(12個入)100円で販売するとか
数々のエピソードがあったのに
残念。

閉店後一ヶ月近くも気がつかないのも困ったものですが
(こういうのも孤独死というの?)
この店、
新宿丸正(たぶん中堅スーパーチェーン)の自社HPでは
まだ営業中なんです(失笑)

ちなみに
引っ越して来てから数多くのスーパーが消えていきました
長崎屋(→ドンキホーテ)
スーパーツネカワ(→灰吹屋薬局)

いづれも後から出来た店は食料品も扱っているから「数」は変わらず。
その他、イトーヨーカドー、マルエツ、東急ストア、
そして丸井は健在です。

最近
ライバル?の武蔵小杉駅前のスーパーの充実振りが気になります(汗)

まだまだ
安いスーパーの数ではどこにも負けないぞ!?


おまけ
今日はお出かけなし。
ランチはベランダで
いよいよ素麺の季節

大門(おおかど)素麺。
3~4人前を、面倒だから一気に茹でたのはいいのですが。
この麺、ゆでる前に「切る」のです。忘れてました。

屋外(ベランダ)で
ビール飲みながら食べる、
超ロングな素麺

ワイルドですぅ(言いたかっただけ)

明日からはちゃんとワイルドな線路記事を書きます(汗)

線路巡礼:JR大宮工場「試乗線」の試乗会!(工場の裏側の線路がよく見えます♪)

JRおおみや鉄道フェアに行ってきましたよ。
大宮工場の一般公開日。
毎年行われているみたいです。

ずいぶん昔に行ったことがあるので
特にもう一度と思わなかったのですが・・・

昨年
たまたまこれの公開日に大宮駅を通ったら
構内運転の試乗会があることを目撃。
ここの線路は未乗車です。

大宮工場内の線路を巡礼したい!(爆)


わざわざ東武野田線経由で大宮にやって来ました。
10:20頃に入場。大混雑。
とにかく、お目当ては試乗会。それ急げ!

試乗会列車は10本運転されます。
午前中最後の5本目、
11:50発の整理券をギリギリでゲット(汗)

今回の記事は
この貴重な試乗会列車の話

イメージ 1

試運転中の看板
大宮工場には旅客線に面して
試運転線というのがあります。

イメージ 2

大宮駅に程近い工場の端っこから
試乗会用の列車に乗り込みます。

今回の列車は常磐線の新型特急だそうですが
そんなことはどうでもいい
(普通の通勤電車の方が線路がよく見えるのにね、泣)

イメージ 3

試乗会列車からみた大宮駅

まずは進行方向右側の旅客線側を楽しみます

高崎線からちょっと離れると
その合間から
川越線のトンネル出現!

イメージ 4

こちら側からは試運転列車に乗らないと見られない貴重なシーン。

イメージ 5

さらに進むと
線路脇に怪しいモニュメント

昔々
北京モスクワ国際列車に乗ったとき。
列車がソ連領に侵攻したとき
線路脇に
領土を示すこれと同じようなマークがありました
CCCP
なんか似ています(?)

イメージ 6

その
如何わしい施設がある場所が試乗線の終端(らしい)
ここで折り返し。

今度は
ちゃっかり工場側に席を移動して見学(車内は混んでいたのですけど)

イメージ 7

試乗線には踏切もあります

ちなみに工場から東北新幹線高架下にのびる怪しい線路ヤードの終端はこの踏切付近。
試乗線にはつながっていません。

さきほどの施設の線路は
この試乗線から分岐しているのです(だったらアソコまで臨時電車走らせられるじゃん?)

イメージ 8

工場の外のヤード。まさに工場の線路。

イメージ 9

古いモノが無造作に留まっているのがいいですね
(工場内の機関車のヤラセ展示より、こっちの方が好き♪)

イメージ 10

ゆっくりと往復して工場に戻って来ました。
楽しかったです。ありがとう。
(通常の試運転だとあっという間だそうです)


この後
工場の内、工場の外の線路を訪ねてウロウロ歩き回りました。
大宮の街を一周。

線路魔境「大宮」の線路ネタは
次回以降に続きます。

-----

おまけ
今日は結婚22周年記念日でした。
一人で巡礼してちゃダメだよ?(殴)
でも
連れて来ていたら、こんなに線路は見られないしねぇ(苦笑)

線路巡礼1983:予讃本線宇和島駅(引上げ線がステキな終端駅)

1983年3月
就職前に、一気に四国巡礼をしました。
もちろん
お遍路さん、じゃなくて
本物の巡礼(爆)

18切符を有効に使って
名古屋駅で四国ワイド周遊券を買うという荒技?を活用。

初めての宇高連絡船
四国に初上陸です。

内子線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25617724.html
小松島線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25832002.html
鳴門線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/27695412.html
牟岐線http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25528760.html
の記事は、ずいぶん前に書いていますので
今回、四国の線路の話を書くのは実に6年ぶりです。

真の四国巡礼(?)
線路巡礼:予讃本線宇和島駅

イメージ 3

終端駅らしいステキな駅です。

イメージ 4

引上げ線があって
そこが線路終端です。
なんていい感じ♪

イメージ 5

お約束の線路写真

ここは延長計画とかなかったみたいですね。良かった(笑)


1988年に四国V字ルート巡礼をしたときも
宇和島駅を再訪しています。

イメージ 6

線路終端の周囲の様子。貨物用ホームらしきものもあります。

イメージ 7

ほんとにいい感じの駅と線路ですねぇ。


1994年5月に
奥さんと一緒に四国巡礼しましたが。
そのときも
宇和島駅に立ち寄りました。

イメージ 2

引上げ線は健在でした。
良かったねぇ(このホーム階段もステキ♪)。

でも
そのときから20年近くたっています。
今はどうなんでしょう?
そろそろ、また四国巡礼しなくちゃね。
線路こそホンモノの巡礼(笑)


おまけ
宇和島駅は予土線の事実上の終端駅も兼ねています。

ひとつ手前の北宇和島駅。
ここが両路線の分岐点。

イメージ 1

ちょっとシンプルすぎて
面白くない(殴)


-----

(お詫び)
昨日書いた海部駅の記事
なんと6年前に同じ記事を書いていたことが判明(泣)

先に書いた記事は
再訪後の線路の記述もあるので
そちらを正当といたします。

せっかくなので
今日の記事は昨日の記事の冒頭を拝借してあります(気づきました?)

細かいブログですねぇ(失笑)

線路巡礼1983:牟岐線海部駅(→ダブって書いちゃった。汗)

追記5/25
(告知)
海部駅の記事は、6年前にすでに書いていることが判明しました。お馬鹿さん(泣)

前回の記事を正当?とさせていただきますので
こちらを読んで下さいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/25528760.html

こちらの画像はカットしました。
コメントを頂いた方々、
ごめんなチャイですぅ~(記事が多すぎて把握できていない?殴)

------

線路巡礼:牟岐線海部駅

徳島駅14:26→海部駅16:45

国鉄牟岐線は、
小松島線を分岐する中田駅を過ぎてしまうと
なんか単調な単線でした(殴)

でも
か細い線路の終端には、
妙に立派な終着駅のホーム。

[[attached(1)]]
ここが海部駅
(徳島県東海岸のほぼ南端)

ホーム1面だけの棒線。
線路図で書いたら、ものすごくツマラナイ駅なのですが、

[[attached(2)]]
その先に
ぽっかりと空いたトンネルと、敷かれたレール。

これが海部駅の名物です!(笑)

国鉄牟岐線。
当時は急行も何本か走っていましたが、
全て路線名にもなった牟岐駅止まり。
つまり牟岐駅の先は当時から超過疎だったのです・・・

なのに
徳島県南端の海部駅まで作っちゃいました(殴)

そして
恐るべきことに
さらに、その先(高知県)への延長計画があって、
こんな立派なトンネルが存在したのです。

お約束の
線路終端の車止めからの光景

[[attached(3)]]
当時
この車止めの先に列車が走ることは絶対にないと思っていましたが


この十数年後、
奇跡の線路が誕生したのです。
地域エゴというのはモノ凄いです
感服しました(泣)


おまけ。
海部駅には
もうひとつ名物のトンネルがありました。

[[attached(4)]]
徳島駅方の
奇妙なトンネル
とっても不思議でした。

四国線路巡礼先の記念碑に相応しいと思いますので、
トンネルの上に「お寺」でも建ててください(笑)

鉄道ジャーナル創刊号の裏表紙

最近
超古い鉄道雑誌の閲覧に凝っています。
なんと鉄道ジャーナルの創刊号(1967年)!

本の厚さは今の半分以下、軽い(笑)
カラー写真もほとんどなし。

期待の貴重な線路の写真は・・・

まったくナシ(ガッカリ)

当時から
電車の写真ばかりの内容(当たり前か?汗)


一番面白かったのは裏表紙。

イメージ 1

化粧品のコマーシャルなんです

鉄道ファンの奥様やお嬢様に・・・

爆笑です
当時は家庭的だったのね。

これからも
貴重な線路写真を求めて彷徨いますぅ~


----

近況報告。
やっと夏の海外旅行が決まりました。

添乗員付きツアーはイヤだけど、
フリーのツアーも安くない(完全に出遅れ)

もう二転三転(汗)
会議の予定とかハッキリしないので
いつ休めるのやら?

でも
少しでも安くしたいので
キャンセルできない航空券利用に決めちゃいました!

もう、
これで迷うことなく
身近な「線路」に没頭できます(笑)

仕事にも!(殴)

早朝ブログ(東京スカイツリー開業だそうです)

昨日の
金環日食さわぎ。
ブログやっている人も
見えた方が多かったみたいです。
曇り予報の中、
晴れて良かったですねぇ。


今日は
スカイツリー開業日
こちらも予報では曇り、いや雨。
別にどうでもよいのですが、
先々週、あがらせていただいた御恩があるので
晴れて欲しいです。
お祈りしています(爆)


さらに
昨日夕方
また渋谷駅で傷害事件があって犯人逃走中。
(副都心渋谷駅のエスカレータだって)
いつもなら
会社の帰りに現場確認を行うのですが
今回は怖いからパス(汗)

翌朝も捕まっていません。
仕事に行くの怖いから休みたいなぁ(殴)


ところで
昨日は20時頃帰宅。
夕食後、なんと21時に寝てしまいました。

すでに早朝に「この日の記事」を書いていたので
お仕事済みなので気が緩んでいたみたい。
(こちらが仕事ですか?爆)

その反動で
本日も意味なく早起き。4:00。
さっそく記事書いてます(笑)
今度から早朝ブロガーになろうかしら?

あ。いまZIP(日本TV)が始まりました。
東京スカイツー並んでいるんだって。
予約制なのに??


-----

帰宅後、追記

渋谷の犯人はまだ捕まってませんね~
(警察から犯人逮捕の協力依頼が!)

スカイツリーは、雨の日開業でしたね。
まぁ今日上る人は開業日に意義があるので、
どーでもいいんでしょうね(殴)

ブログを朝に書いちゃうと、
やっぱり拍子抜け(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR