FC2ブログ

線路巡礼1985:会津若松駅のスイッチバックの終端、&西若松駅

1985年
只見線で会津若松駅に到着

この駅は
磐越西線がスイッチバックになっていることで有名です。
今では
頭端型(櫛刺し型?)と呼ばれる
ホームですけど

当時は
ちょっと違いました

イメージ 2

線路が
ホームの先まで延びていたのです

イメージ 5

すぐに踏切があって
ホームの線路がそのまま延びて、留置線になっていました。

イメージ 3

磐越西線のスイッチバック線路の真の終端♪

イメージ 4

素敵でしょ~(笑)

いまでは
ホームがコの字型になって
留置線は撤去されてしまいましたが
(駅は便利になりましたけどね、汗)

この留置線が残っていれば
あの観光SLとかが簡単に機周りできたのに。
(あんなモノはどうでもいいけど、笑)


おまけ
当時の只見線&会津線の西若松駅

イメージ 1

まだ貨物取り扱いが残っていました

会津若松駅の貨物もきっとまだ残っていたでしょうね

もっともっと線路の写真を残しておきたかったです。ふぅ。
スポンサーサイト



ツイッターはじめました。終わりました。

一昨日の朝のことなんですけど

ツイッターはじめました。
いきなり(笑)

交通新聞社というのがあって
ここが
青春18切符30周年記念企画として
この切符の思い出を募集します。

優勝は5万円!

これに応募しようとしたら
ツイッターから応募してください、だって。

ツイッターって・・・

あれって
携帯電話をいじくるヤツでしょ?

私は
携帯電話は通話とメール以外は絶対に使わない主義
カネの無駄だもん。

だから
ツイッターなんて縁のないものと
応募も諦めていましたが

ツイッターって
パソコンからも登録できるのですね(!)

ということで
出勤前の合間に
見よう見まねで登録。
できちゃった(笑)

肝心の応募内容は
残り3分くらいで考えちゃってテキトーに応募。出勤です。
(こういう時、いつもブログ記事を書いていると文章が早いですね!笑)


ということで
ツイッターデビューです。
もっとも、
もう使いことはないと思いますけど。
(私は線路記事を残すことに価値があると思っているので、ブログだけで十分です)


そういえば
世間ではスマホとかいうのも流行っています
費用対効果にうるさい私には
絶対無縁のモノのようです(爆)

線路巡礼:城端線二塚駅専用線(ローカル新幹線より大切なモノ)

城端線に乗って
高岡駅8:08→二塚駅8:18

二塚駅の専用線を見に行きました

以前、
上り列車の車窓から、
この専用線をコンテナが併走して走ってくる
ビックリシーンには遭遇したことはあるのですが
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/56851043.html
(あわや、ぶつかるんじゃないかと!?)

やっぱり
下車して工場まで線路を見に行かないと気が済まないですね(笑)


専用線が分岐する踏切まで歩きます。

すると
駅から掛員さんが線路の上を歩いてきました

軽く会釈すると、声を掛けてきます。

暑いのにわざわざ見に来てごくろうさまだねぇ

どうも!(笑)

上り列車が通過した後、すぐに貨物が工場からやってくるとのことです。


さきほどから
ピィピィ警笛が聞こえるのですが
なかなか姿は見えません

でも
掛員さんによると
今日のコンテナは大量だよ!とのこと。

イメージ 1

やっと出て来ました!
たしかに大量。コンテナが満載。

イメージ 2

推進運転です。
やっと機関車(スイッチャー)が間近に見えました。

イメージ 3

先ほどの掛員さんも添乗して
駅構内のヤードまで押し込みます。

イメージ 4

すぐに
スイッチャーは工場へ戻って行きました。
それ、
追いかけろ!暑いけど。


いい雰囲気の線路に沿って歩くと

イメージ 5

工場の手前に停まってますよ

イメージ 6

どうやら
このスイッチャーの運輸会社の事務所の前みたいです
小休止中

なんか、
事務所用のマイスイッチャーの駐車場みたいな感じ


次の貨物列車は
高岡10:14→二塚10:20
この到着にあわせて動き出すはずです。

駅の方に戻ると
ピィ!という呼び声


あわてて戻ります

イメージ 7

来ました!

イメージ 8

単機で稲穂をかすめながら走ります
いい感じの線路ですねぇ

イメージ 9

ここで、クイっと曲がります
正面は城端線です。

イメージ 10

踏切から見えるカーブを田んぼ側から見たところ


貨物列車到着
DEさんが外され、機回りしていきます。

イメージ 11

その後、スイッチャーが構内に入って
DEさんが連れてきたコンテナと連結


また、
すぐに工場に戻るに違いありません。
それ急げ、先回り!


イメージ 12

来ました。

イメージ 13

この線路の感じがたまりませんねぇ~

イメージ 14

途中の大きな道路の信号機
運輸会社の女性事務員さんがここで待機
信号スイッチを押してくれます
すばらしい連携プレイ!

イメージ 15

長い
コンテナ満載の貨物列車です

先ほどの
運輸会社の事務所前を通過して

イメージ 16

一気に工場内へ突入!
長い長いコンテナでした


これで終わりかと思ったら

イメージ 17

工場構内でスイッチバック!これは感動


このあと
しばらく待ちましたが
結局動きなし

暑い~ので
沿道の蛇口で水を補給しながら
駅まで戻ります

イメージ 18

さきほど
工場から出てきたコンテナが
DEさんにつながれて出発準備中。


やっと
二塚駅の専用線も満喫することが出来ましたよ♪

これにて
今回の高岡線路巡礼はオシマイ

各駅停車に延々と揺られて帰路についたのでありました。

暑いけど
巡礼に来てよかったですぅ(笑)



踏切で会った掛員さん曰く
新幹線が出来ちゃったら、
JR貨物が取り扱いを止めちゃうかもしれない。

そんなそんな
寂しい(泣)

線路巡礼:新湊線高岡貨物駅(あれ、新湊貨物駅じゃなかったの?)

昔々
氷見線能町駅から分岐する
新湊線という貨物線がありました。
その終端が新湊駅(貨物駅)

イメージ 1

(1971年業務用鉄道線路図より)
加越能鉄道に乗ったとき
途中から併走するこの貨物線を見て楽しんだのを覚えています

この貨物線と貨物駅を
久しぶりに巡礼!

高岡駅7:41→能町駅7:50

朝から暑いです
能町駅から10分ほど歩くと

イメージ 2

加越能鉄道の能町駅
(18切符の旅なので乗れません、汗)

ここから少し歩くと

貨物線!

イメージ 3

この向こう側が貨物駅

イメージ 4

コンテナが積んであるところが貨物駅
水辺に面した貨物駅っていいですね。

ここは伏木湾。
反対側は氷見線の伏木駅
(ここの貨物取り扱い終わっちゃいました、泣)

暑いから
コンテナの陰に沿って線路沿いを進みます

この貨物駅
新湊貨物駅じゃありません。

いつの間にやら
もっと手前(能町駅側)に貨物駅は移転して
高岡貨物駅という名前でデビュー


高岡駅8:16発、高岡貨物駅8:31着という貨物列車を見学

イメージ 5

貨物駅構内の日陰で待機していた掛員さんも出動!
(目が合っちゃった、笑)

イメージ 6

DEさんがコンテナを連れてきて

イメージ 7

踏切の先で機周り。

イメージ 8

構内の外れにいた小さなDDさんが活動開始!
これ、伏木駅にいたDDさんじゃないですかね?
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/56385117.html

コンテナを引き上げて行きます

イメージ 9

この引き上げ線は
新湊線をそのまま使っているのだと思います。
遠い日に加越能電車の車窓から見た線路たち、
今はどこまで残っているのでしょうね?

イメージ 10

本当は
線路の終端までチェックしたいのですが
戻る時間なので(汗)

また宿題残しちゃった?


暑い中、
また能町駅に戻ります

イメージ 11

氷見線の青い列車と
加越能の赤い電車とがクロス。珍し?

はっとり君列車に乗って、
次の貨物駅へ移動します。続く。

高岡の街。一泊二食付きビジネスホテル?

週末の北陸線路巡礼で泊まったのは

高岡

別に沿線ならどこでも良かったのですが
たまたまスゴイ値段のホテルを見つけたのです

ホテルセブンセブン高岡
駅前のビジネスホテルで、
あれこれ安くなって一泊3,455円

これじゃまだ普通なのですが

これに2食付くというので(!)
話のネタにここに決定しました



早朝
朝ごはん(7:00から)までの時間、高岡の街を見学

駅の橋上化と駅南口工事はすでに完了していますが
北口は工事中で何にもナシ。不気味。

イメージ 2

加越能鉄道の路面電車のレール
まだ始発前ということで、
次の電停まで線路の上(つまり道のど真ん中)を歩いてしまいました。


電停から線路を離れて、右折すると

イメージ 3

大仏!
高岡の大仏は日本三大大仏らしいけど、
他の二つに比べるとまったく無名

だけど
道行く人は、みなさん立ち止まって拝んで行くのです。

イメージ 4

宗教にはキョーミありませんが
この大仏はいいですよ~
町の中に違和感なくポツンと座っている感じ
背後の空も大きい(笑)


さらに進むと

高岡城跡

建物とかは全く残っていないのですが
堀が完璧に残っているのです。
おまけに自然がいっぱい!

ここも早朝から
多くの方が涼みにやって来ています

イメージ 5

サギがたくさんいました

イメージ 6

なんか満足そうな顔をしているので、
アップしてあげましょう(笑)


さて
ホテルに戻ります
モーニングタイム♪

イメージ 1

まずは
前の晩の夕食の写真
カレーライス食べ放題プラス一品が付きます
まぁまぁの内容

イメージ 7

そして
朝食は高岡バーガー?

パンにコロッケ挟んで食べ放題♪
これは美味しかったですよ~


ということで
チェックアウトして
線路巡礼開始!

目的は高岡駅から行ける二つの貨物駅です♪(続く!)

線路巡礼:北陸本線の線路を楽しみましょう♪(アレが出来てしまう前に)

18切符を使って2日間かけて
久々に北陸本線を線路巡礼してみたので、ご報告

米原駅
暑いけど
ここから北陸本線各駅停車の旅スタート♪

イメージ 1

どこが北陸本線の「本線」だか分からない
すばらしい構内線路♪
さすがに米原駅を高架にしようというバカモノはいないみたいで安心(笑)


米原~敦賀

昔は途中の長浜駅から先は
無意味な「交流」電化区間だったのですが
敦賀駅まで「直流」化に昇格。便利になったのかな?

関西で主流の新型電車
一番前の「倒して座れる簡易座席」で線路見学

さすが
最新鋭直流電車です、すばらしい

イメージ 2

乗っているお姉さんの格好も、すばらしいです
北陸本線ってスゴイなぁ(笑)


だけど、
米原駅からの電車は
近江塩津駅止まり。

ここで湖西線から走ってくる敦賀駅行きに乗り換え
あんまり接続よくないです
直流になっても、相変わらず不便じゃないですか?(怒)


敦賀駅

橋上駅化工事中
高架にはならないみたい
曲がったホームは健在です

イメージ 3

驚きなのは
ここから先も、このカッコイイ新型電車なのです

北陸本線も変わりましたねぇ

車内の様子

イメージ 4

花瓶置きみたいな
心憎いサービスがあるじゃないですか?

と思ったけど
これはワンマン運転用の車内発券機でしょうか?(汗)
将来はここもワンマンですか。。。


敦賀駅~福井駅

イメージ 5

福井駅のひとつ手前の
越前花堂駅
わざわざここで降りて
越美北線の列車に乗り換え。物好きでしょ?(爆)

イメージ 6

この列車
アシスタントが添乗しているようです

イメージ 7

高架駅になった福井駅に到着

なかなか明るくていい感じの駅ですが
税金を幾ら投入したのでしょうねぇ(泣)

駅前にはローカル新幹線の高架が出来上がっています


福井駅~金沢駅

途中の小松駅も高架駅になっていたのですね
昔の北陸鉄道小松線の面影も全くなし

金沢駅に到着
すでに高架駅です

イメージ 8

その直前の引き上げ線の終端
新しい線路ですけど
機周りが出来るようになっているのが、ちょっと楽しい♪

イメージ 9

ここで
古い国鉄電車に遭遇!
いつの間にこんなに目立つカラーになったのかしら

でも
なんか安心しますね(笑)


高岡駅に到着

イメージ 10

氷見線のホームとヤード群は跡形もありません
バス停になっています

高岡駅は橋上駅舎化が完成
線路の被害は氷見線が簡素化されてしまったこと
氷見線ホームは、分かり易くなりましたけど。
やっぱり残念。

高岡駅にはローカル新幹線は来ないのです。
でも、
この駅を起点とした貨物列車はどうなるのかしら?心配


高岡でお泊り


翌日
この日も暑い

高岡駅~富山駅

富山駅

イメージ 11

駅舎はすでになく
大工事中
駅改札口からホームまでがタイヘン
この地上駅の光景も見納めですよ(泣)


富山駅~直江津駅

糸魚川駅
あの有名なレンガ車庫は
ローカル新幹線工事で潰されてしまいましたが

イメージ 12

こんな簡易車庫?が出現
なんかイジマシイですね(笑)


糸魚川駅を過ぎると
忌まわしい交流電化区間はオシマイ

直江津駅到着
これにて北陸本線の旅オシマイ。


美しい線路が
ローカル新幹線にぶち壊されてしまう前に
少しでも多く線路巡礼を楽しんでおきましょう。。。

ぐるりと日本海側一周。久々に北陸本線。

18切符で1泊2日高岡(富山県)の旅!

高山本線経由も意外と早いのですが、
今回は
久々に北陸本線を巡礼してみましょう

昨日
自宅5:03→→名古屋→米原→敦賀→福井→金沢→高岡18:36

車窓に
田舎新幹線の高架が気持ち悪いくらい出来ています
ふぅ
北陸本線のお先真っ暗

本日
午前中は高岡で遊んで(あそこの線路と、あそこの線路。笑)

高岡12:20→富山→直江津→柏崎→長岡→高崎→→自宅22:30

長野・中央本線経由より上越線経由のほうが早いのです


やっと帰宅
腰がまだ揺れています(笑)

このルートを奥さんに見せたら
原発を訪ねる旅ですか?とか(失笑)

詳しいことはまた今度~

久々長距離

始発電車に乗って
18切符のたび
片道14時間に行ってきます~

大丈夫かな?(失笑)

乃木坂で、ささみカツ。○メダル屋さんも来たんだって。

奥さんが
東京ミッドタウンに来るので
ランチ待ち合わせ

乃木坂駅から
暑い中を歩いて

イマカツという店(ささみカツが美味しいと聞いていたので)

何故か
はじめにキャベツの盛り合わせが出ます

それでお腹一杯になると
ささみカツ登場

イメージ 1

一人1,100円
それなりに美味しいです


奥さんは
ミッドタウンへ
ここのオフィスに本社を構えるコナミスポーツ
お抱え選手が
ロンドンオリンピックで○メダルをとったので
その自慢大会を開くそうです

イメージ 2

一般報告会
(奥さん撮影)

奥さんはここの会員なので
さらに会員限定の怪しい会に参加できました

実際に○メダルを持たせてもらったそうです
○メダル屋さんと一緒に記念撮影とかも

とっても楽しかったそうです

私が働いている間にぃ~(怒)


帰りも
乃木坂駅で待ち合わせ
一緒に帰りましたとさ。
優し過ぎます(自称)

下仁田戦争!

先週末
無料列車で下仁田に行った時の話

デキさんの機周りを見ても
まだ時間があります。

ちょいと
駅の周辺を見学

イメージ 5

もはや骨董品の下仁田駅舎
駅名表示が黄ばんでいます。


こんにゃくが有名ですけど
カツどんで売り出しているらしい。
でも店のほとんどは休業中(泣)


暑い中
少し歩くと

いきなり旧街道のような古い家屋がたくさんあらわれます。いい感じ。


その中でも
この家屋はすごい

イメージ 1

古い看板に「撞球場」と書いてあります
なんでしょう?

覗いてみると

イメージ 2

古いビリヤード台が置いてありました。
田舎なのにオシャレだったのですね。現役?

イメージ 3

さらに歩くと
こんな表示が

イメージ 4

下仁田戦争

おお!
私の歴史好きが反応しました!

矢印に沿ってどんどん歩くのですが
場所はなかなか分からず

下仁田中学というのがあって
そこの学生さんが
挨拶して行きます

ついでに下仁田戦争跡を尋ねてみると
(どうせ知らないだろう思っていたのですが)

ちゃんと知っているのです(驚き)
偉いなぁ
ありがとう

でも
時間がなくて
結局近くまでしか行けませんでした。
(学校から戦争跡まで10分くらいだから知っていて当たり前かもしれないけど)


暑いから
走れないのです。
ゴメンナチャイ。

これで下仁田の町散策はオシマイ。

来週
無料デキさん電車に乗られる方がいらっしゃったら
代わりに下仁田戦争跡を拝んできて下さい(笑)

富岡製糸場なんかより
きっと歴史的価値がありますよ(?)



おまけ。
教科書に絶対載っていない下仁田戦争の解説

幕末
訳のわからない水戸天狗党という武装集団が暴走
大砲までゴロゴロ転がして、
水戸から京都を目指します

幕府は途中の藩に対して討伐を命ずるのですが
どこも見て見ぬふり

その中で
忠義に厚い高崎藩だけは
下仁田に出陣して、このアウトローどもを迎え撃つのですが

残念ながらあえなく敗退
これが下仁田戦争

天狗党は
このあと路頭に迷って
結局投降。死罪。

忠臣蔵なんかより
よっぽど忠義をくすぐる話なのですが
全く知られていませんね。

逆に
赤穂浪士や水戸天狗党のような悲劇の(?)アウトローの方がもてはやされます

ルールを破る犯罪者をすぐに英雄扱いするのは
今も昔も変わらないみたいです。
とっても不愉快

おまけ終わり
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR