FC2ブログ

倉賀野駅入換え(国鉄色DEさんELさん共同作業)

今月も終わりなので、記事をもう一本
先週末の線路の話

おさんぽ川越号で川越駅に着いた後
おさんぽ(?)のため
八高線で倉賀野駅へ

イメージ 1

ちょうど
貨物専用線から
DEさんがこちらを見ているのです!


駅の側線にいたELさんが引き上げ線に移動すると

イメージ 2

その側線に
今度はDEさんがタンクを連れて
するすると入ってきます

ELさんが戻って来て連結

イメージ 3

DEさんは
高崎駅方に行って機周り開始

イメージ 4

国鉄色の
DEさんELさんの共同作業です
素晴らしい


DEさんは
貨物駅に戻っていきました

上り貨物列車は側線で待ちます

イメージ 5

この角度から見た
線路と貨物列車もいい感じでしょ?

国鉄色もどきの
こびへつらい電車が通過中ですけど(汗)
貨物列車には
こういう無様なマネはして欲しくないですね・・・


倉賀野駅では何度も貨物列車を見ていますけど
入換えシーンを見るのはこれが始めて
素晴らしい線路のお散歩でした(笑)
スポンサーサイト



勇気ある日本女子柔道選手に金メダルを!(爆)

ちょっといいニュース

女子柔道で
男監督が女子選手たちから暴力指導を訴えられて大騒ぎ

柔道団体は
この暴力監督をかばっていたらしいです
そういう体質らしいです

この
女子柔道選手の勇気ある活躍で
税金無駄使いオリンピックの開催が消えたと思います
まさに義挙ですね(笑)

まさか
暴力容認団体がのさばる国で開催はないでしょう

すばらしい活躍です
金メダルあげます
国民栄誉賞も当然です

ひさびさに
明るい話題ですね!

ところが
この監督は結局辞めてしまったらしいです。残念。

次は
是非オリンピック招致委員会の監督に就任して欲しいですね(爆)

殴り放題ですよ
アベとかアソウとか厚かましいのを殴ってください(笑)

もうひと振りが足りないそうです(汗)

会社の帰り
クリーニング屋に立ち寄り

先々週の土曜日に
背広のズボンだけをクリーニング屋に出してありました

ズボンだけ

マタのところが
ちょいと黄ばんでまして(汗)

マンションに出入りしているクリーニングサービスでは全く落ちません

上着はお気に入りなので
捨てるのは惜しい

以前
全国クリーニング協会商品券というのを貰って
それが使える店を探したら
高津駅近辺にヒット
そこに出してみたら落ちたんです!

ということで
今回も出してみると(今度はクリーニング券はないから有料です。アタリマエ、汗)

お店は
夫婦で経営

お店のオバサンに
ちょいとココが汚れているので、
ヨロシクお願いします、と伝えると

オバサンいわく
ちょっと難しいかもしれないけど
たぶん落ちるでしょう!

でも
普段からもう少し
よく振ってくれれば、こんなに黄ばみはないのにねぇ!

と、
店の奥のオジサンも赤面するようなお言葉を頂きました(爆)
ゴメンナチャイ
450円×ズボン2本


ということで
遅くなりましたが引き取りに行ってきました
(今週日曜日に行ったら、休みでした。さすが個人営業)

残念ながら(?)
オバサンは不在で
オジサンから受け取り

外は寒いねぇ、とボソリ。


帰宅して
ウチの奥さんと一緒に
落ち具合をチェックしてみると・・・


すばらしい!
まったく分かりません
さすが
ためになるウンチクを言うだけのことはあります(爆)


個人経営の店は
あまり好きではないのですが、
こういう技術力があれば別です。がんばって欲しいです。

黄ばんだ在庫はまだあるので
また持って行こうかしら?(汗)


-----

おまけ
株主優待券大量売却情報

ANA3,500×4=14,000
小田急550×9=4,950
東武680×8=5,440
合計24,390円也!

今回は有効期限にも余裕があり
かなり高額で売れたのでは?
でも
ほとんどは奥さんの実家から頼まれたもの
使ってもいいと言われているのですが
どうも腰が重くて(汗)

だから私の財布には入りません~(苦笑)

でも
売買を楽しむのも結構一興です(笑)

南海電車が浜川崎駅を通過します~、おバカな2回折返し

南海電車の甲種回送がありました

逗子の工場→新鶴見(折返)→川崎貨物(折返)→東海道を西へ

折返しを2度もするのは
編成の向きを変えるためでしょうけど
だったら
はじめからそういう風に作ればいいのに
おバカちゃん?

だけど
そのおかげで
尻手駅、浜川崎駅を通ります

前回
尻手駅で見たことがあるので

今回は
浜川崎駅!
(わざわざ時間休暇を取得しましたよ~)


ちょうど
下り米タンさんの時間

イメージ 1

あの踏切じゃないですか!

バッチリ見えたつもりでしたが
なんかピンボケ(笑)


浜川崎駅の
鶴見線との間の踏切
ここから貨物本線を通る姿をゆっくり見学できるハズです
(この踏切は通りませんからね)


イメージ 2

だれもいない踏切で
草むらの線路を見ながらのんびりできましたが


通過する列車は
ぜんぜんのんびりしてくれません(汗)

イメージ 3

あっという間
ステンレス車両というのは
どこの会社もパッとしませんねぇ


普段は列車が通らない貨物本線です
ここに列車を走らせよう協議会(仮称)というのがあって
そこが主催する団体列車に乗せてもらったことがあります♪

また走らせるらしいのですが、今度は関係者だけなんだって(泣)


ところで
この甲種回送は
この先の川崎貨物駅で折り返すそうです

そこまで行かないで
手前の浜川崎駅で折り返せばいいのにねぇ?
次回はそうするように
誰か関係者の方に意見してください(笑)

代官山駅の線路の下の線路、工事中~

東横線代官山駅

イメージ 1

3月に
東横線がここから地下化されてしまいます
ちょいと下車して線路見学

中目黒駅方のトンネルを出たあたり
ここから線路が地下に入っていくみたいです

イメージ 2

線路の下に
新しい線路が見えます!

イメージ 4

線路切り替えの夜は
線路を支えている鉄骨を一斉に外して
新しい線路が下から出現するのでしょうね

イメージ 3

渋谷駅方
木道(?)で囲われたクニャクニャ線路もステキ

イメージ 5

驚いたのは
ホームの狭さ
もともと小さい駅でしたけど
(ホームが短くて、昔はトンネルの中で1両分扉が開きませんでした)


こんな狭い場所でも
三脚を立ててるバカがいました

工事完成が近づいたら
撮影禁止になっちゃうかも

早いうちに
テキトーに線路写真を収めておきましょう

線路巡礼1988:日立電鉄(いつまでも変わらない線路がいい感じでした)

1988年夏
快速あじがうら号に乗った後

次は日立電鉄です

線路巡礼:日立電鉄
常北太田駅から鮎川駅まで
中間駅の大甕駅でも国鉄線と接続しているのが特徴

まずは大甕駅

イメージ 1

このとき
国鉄常磐線との間にも線路があったのですが
すでに線路はつながっていなかったみたい。残念。

イメージ 2

山側のヤードには
骨董品みたいな電車


ここからまずは北へ
大甕駅11:30→鮎川駅11:42

海沿いを
日立の工場の裏を通り
また常磐線に近づいてしまいます

イメージ 6

鮎川駅

イメージ 3

ホームから終端を見たところ
ちょうど左手を常磐線電車が通過して行きます
常磐線はこんなところに駅はありません・・・

イメージ 5

常磐線の線路と併走して
ホームから二本の線路がそのままのびていました
常磐線の車窓からも
貧相(殴)な駅と興味深い線路がよく見えていましたね!


イメージ 4

日立電鉄の線路の終端
これを見ないと気が済みません(笑汗)


では
反対側に戻ります

鮎川駅12:04→常北太田駅12:49

また大甕駅を通ります

イメージ 7

常北太田駅(こちらが一応起点駅だったみたい)

イメージ 8

大甕駅方面を見たところ
線路と構内踏切がいい感じですね~♪

この駅も
ホームの先がそのまま車両留置用の線路になっていました

イメージ 9

駅を後ろから見たところ
廃車置場ではありません(たぶん)


駅舎の向かい側が
水郡線常陸太田駅でした
いちおう乗換駅

ということで
水郡線巡礼に続きます



日立電鉄は
廃止されてしまう直前にも巡礼しました
電車は少し新しく(?)なったみたいでしたが
終端の線路の感じはほとんど変わらず(大甕駅の国鉄線との間の線路がなくなっていたかな?)
とてもいい感じの線路だったのですけど・・・


今でも
常磐線の車窓から見える
大甕駅跡の駐車場が悲しいです(泣)

でも
鮎川駅の廃墟を見ると
よくもまぁこんなところに路線があったなぁと、妙に感心(笑)


■線路メモ
日立電鉄、常北太田駅~鮎川駅18.1km
2005年3月31日廃止

古い鉄道ピクトリアル売却1冊10円以下、店頭で450円!(爆)

久々に
古い鉄道雑誌の処分ネタ

1990年前後の鉄道ピクトリアル
やっとスキャナーも済んだので
たぶん今回が最終回

近くに
鉄道雑誌を引き取ってくれるところは一箇所だけ
(ブックオフは引きとってくれません)

18冊持っていったら

14冊で100円だそうです。はいはい(泣)

残り4冊は
書き込みがあるのでダメだそうです

3冊は表紙になんか印が
(全部貰い物なので、文句言えません~)

1冊は
中に1ページだけ蛍光ペンが入っていました
ちゃんとチェックしているんですねぇ(笑)

もちろん
4冊は持ち帰りましたよ、悔しいから


ちなみに
昨年私が持ち込んだ大量の鉄道ピクトリアルが
まだそのまま売られていました

1冊450円だって!
(マンガは100円なのにね)

こんな値段じゃ売れないと思いますけど・・・

だいたい
それほど高額な価値があるのなら、
ちょっとサインがあっても5円くらいで引き取ればいいのに(爆)

(そもそも店で1冊くらい売れたのでしょうか?余計なお世話ですけど)


よく
ヤフオクで売ればという話を聞きますけど
私にはムリみたい
在庫処分優先なので(汗)

資産を持ち続けるより
スキャナーした
えりすぐり(?)の線路写真を眺めている方が、いいかも?



今日はこれから
仕事で宴席(泣)
だから先に記事を書いちゃいました。マメですねぇ(笑)

臨時快速おさんぽ川越号(大宮駅地上ホームから川越線に直通!する線路は難しい)

臨時快速おさんぽ川越号

新習志野駅7:53→川越駅9:29
川越線に直通!
今冬の臨時列車の目玉です

早起きして
新習志野駅へ

イメージ 1

回送電車がやってきました

イメージ 2

スカ線色鋼鉄電車ですから
クロスシートでのんびりできます

(ホントは最前席で線路を見たいのですが、無理。泣)

乗車率は上々です
ホントは空いている方がいいんですけど(殴)

大宮駅からがメインです

どうやって
地上ホームから
川越線に入っていくのかしら

イメージ 3

臨時快速は
工場に沿って進みます
この線路の向こう(工場側)は試験線というやつかな

イメージ 4


イメージ 5

ここで
川越線のトンネルから線路が出現

試験線はまだ続いていますが
この線路とは結局交わりません

いま
臨時電車が走っている線路は
そのまま高崎線の線路から離れて


川越線に合流しました
この合流箇所は新幹線高架の真下なんです
無粋(泣)


う~む
つまり高崎線から途中で分岐するのではなく
大宮駅から工場沿いに走ってきた線路そのものが
川越線との連絡線路だったということ?
(うまく説明できません、汗)


川越駅に到着

イメージ 6

臨時快速は回送電車になって
隣駅の電車区に戻っていきました


さて
今回は帰路も乗ってみたいので
この間を利用して川越おさんぽ

じゃなくて
線路おさんぽ(その話はまた今度)
とっても寒かったですぅ~


再び川越駅

イメージ 7

隣駅の電車区から回送がやって来ました

このとき
ホームは大混雑(ふぅ)
でも観光客は何人いたのかしら?(爆)

なんとか
今度は前面展望の場所を確保

イメージ 8

ホームでは
JR社員が歓迎の垂れ幕とか掲げていましたけど
臨時列車は喧騒をもたらすだけ
本社も分かっているくせに(失笑)
現場の方はタイヘンだなぁ


さて
新習志野行きの臨時列車

なんと
大宮駅の手前の日進駅で
運転席後ろのカーテンがあっさり閉められてしまいました・・・

この先
大宮駅までトンネルなんかないのに
閉めるんだったら始めから閉めろよ~


調子が狂ったので
大宮駅で下車してしまいました


ちなみに
帰りの臨時列車は
行きとはちょっと違う線路を通っています

工場の手前あたりで
今度は先ほどの川越線連絡用線路(?)から高崎線に入っていきます
下り番線に進入するためですね


一応乗ったけど
なんか消化不良
もう一回乗らないと気がすまないかも

リア充の線路記事?カコ充の線路巡礼記事?

酔って帰ったので
恒例、手抜き記事

昨年あたりから
このブログの訪問者がとっても多いのです
ありがとうございます、なんだけど不思議~(笑)

だけど
どの記事を読んでいただいているのか
書いている本人にはサッパリ分からず(汗)


今の話を書いているリア充の線路記事

昔の線路のことを自慢げに書いているカコ充(?)の線路巡礼記事


どちらが
面白いのでしょうか?


もともと
昔の線路巡礼記事がメインのはずだったのですが
なかなか進まず(汗)

がんばりますぅ

一日一記事!(爆)


ちなみに
カコ充(過去充)というコトバはないみたいですね
だったら
作ります(笑)

また米タン

また
昼休み米タン

今日はちゃんと来ました


でも

イメージ 1

機関車がマンネリ
この踏切で見るのもマンネリ


う~む

イメージ 2

そろそろ
西口商店街から脱出しようかしら


イメージ 3

記事もマンネリ(殴)


昔の線路巡礼を早く記事にしたい~

だけど
最近すぐに眠くなっちゃうんですぅ(泣)

22時半頃に
南武線の夜の貨物列車が近所を通過するのですけど
それまで起きてられないことが(殴)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR