FC2ブログ

2013年パラオ旅行記目次

2013年パラオ旅行記の目次
(本編はコチラからhttp://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/63810013.html)

お恥ずかしながら
パラオの位置がイマイチよくわからないのですが

イメージ 4

このあたりです(笑)
グアムより遠くフィリピンに近い

イメージ 2

多くの島からなります
だけど
観光客が行くのはこの地図に書かれたあたり

コロール島というのが国の中心
ここからボートで離れた島に行きます

イメージ 3

何度もみた
コロール島の地図

島の南側の内海は
特に「パラオ松島」と呼ばれるそうです
(以前はニッコーホテルがあったので、ニッコーベイとも呼ばれます)

グリーンベイホテル(事情によりランクアップ)
パラオ松島が部屋から見えるのがウリ
町の中心から遠いというのが難点

だけど
パラオ松島を見ながら部屋で飲むビールは最高!
いいホテルでしたね。親切だし

一度はホテルから町まで歩いて
ツアーの送迎で何度も通りましたが
道路沿いに店が数件あるだけです
これが町の中心で国の中心でもあります(笑)

イメージ 1

町中のホテルで
国旗をおろしていました
パラオ国旗が日の丸と似ているのは有名な話
隣は中華民国(台湾)国旗
観光客は日本人についで多いそうです
ツアーで立ち寄った観光農園も台湾資本でしたね

戦前の日本統治のおかげで
親日的で
日本語を話せる人が多い、そうですが・・・

現地で働いている日本人が多すぎ!(爆)

チップの習慣がないのが
日本人にはとてもありがたいです(笑)



世界遺産パラオ 感動体験5日間
ロックアイランドシュノーケル&選べる自然体験

あの旅行会社の
新春セール先着何名さま?というやつ
現地ツアーが二日間分付いています
食事はなし
これで109,800円
出発までお部屋利用プラン追加3,000円
高いか安いかは微妙・・・

さらに
直行便じゃないのでグアム出入国税2,080円(泣)

おまけに急な円安
なのでクレジットカードは一切使わず
成田空港で8万円をドル両替

現地でオプショナルツアー
スペシャルロックアイランドツアー133ドル
ナイトカヌー&シュノーケリング50ドル

ジェリーフィッシュ許可証100ドル!
(海に入るだけなら50ドル、とにかく高い、泣)

さらに
出国税30ドルとグリーン税20ドル
計50ドルが
出国の時にぶったくられます(怒)

許可証も税金も
昨年いっせいに値上げされたらしいのです(泣)

結局
その他、缶ビールとか食事とか安い土産とか使って
出国前に両替した8万円(825ドル)を
二人でちょうど使い切った感じ

日程(時差なし)
3/8(金)成田→グアム→パラオ20:40
3/9(土)ロックアイランドツアー。町まで歩いて、夕食はmogumogu
3/10(日)ガラツマオの滝トレッキングツアー。夕方海まで歩く。夕食はドラゴン亭送迎
3/11(月)スペシャルロックアイランドツアー。
    ナイトカヌー&シュノーケリングツアー。
    ホテル送迎23:25
3/12(火)パラオ02:10→グアム→成田9:45
    午後は会社に出勤!

予約時に続いて
最初のシュノーケリングでも大トラブル発生
もちろんきっちりとクレームは付けました


パラオと言うと
ダイビングばかり有名ですけど

パラオ松島と
ジェリーフィッシュレイク(クラゲちゃん)と
トロッコ線路が三大ポイントですね!

ホントにおしまい
スポンサーサイト



線路巡礼?東急東横店東館、屋上遊園地の線路(最後の日に2列車同時走行!)

奥さんが銀座に行くというので
一緒に渋谷まで
東急百貨店東横店と駅跡ユニクロを見に行くことに

東急百貨店東横店
本日までの営業です

もう一度
屋上の遊園地に行ってみましょう!

イメージ 1

雨上がり
お客の数はあまり多くありませんが

本日は
ちびっこ鉄道に乗ってくれるお客様が多いです!

ひかり号と
ウッドロッキー号(Ⅱと書いてありますけど)

この2路線

同じ敷地内にあっても線路は別々
乗り場も別々なのですが

線路は単純な周回線路なのですが、ふたつが複雑(?)に交差しているのです


これまでも
平日の昼休みに
たまにどちらかの利用はあっても
両方が同時に動くことは見たことがありません


ところが最終日は違います!


はじめに
父子でSLタイプの利用があって

向こう側の乗り場で
別の母娘が、ひかり号に乗ろうとしています

ひょっとして!?

イメージ 2


同時走行の歴史的瞬間が!?


乗ってくれてありがとう!
同時走行は初めて見ました

イメージ 3


ぶつからないように
ちゃんとATCがついているのだと思います(笑)

他の遊園地に
こんなスリリングな鉄道遊具があるでしょうか?

イメージ 4

ちなみに
最新式の新幹線?まで居ました
奥が深いです

これぞ
東急東横店東館
78年分の集大成ですね!(爆)


東館の中を見学
サヨナラセールで奥さんはスイミング用のタオル買いました
この日のレシートは貴重です(笑)


駅跡のユニクロに立ち寄ってみると
開店は12:00からだって!?
こんなに宣伝しているのに(呆れ)



おまけ
残しておきたい
東横店の案内看板を撮影しておきました

3階

イメージ 5

銀座線が真ん中を突っ切っていることをわざわざ表示してあります


2階

イメージ 6

これは貴重
東横線がまだそのままです
山手線や井の頭線の乗り換えに便利だった頃が思い出されます(ほんの半月前ですけど、汗)


東横店東館も
遊園地の営業も今日までです
また廃線が?

800,000アクセス突破記念!?目黒空中庭園と目黒川夜桜

午前中は
実家の用事で潰れてしまいましたが

夕方
ネットを見ていたら
あの大橋ジャンクションの屋上が庭園として今日から一般開放されているそうです
4年前、
奥さんと工事現場見学にまで行った者としては、
これは行かねば

http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/58459322.html
(4年前の見学会の時の記事)

目黒川の夜桜も期待して
ちょっと遅めに到着

池尻大橋駅から歩いて
ジャンクションに面したマンション
ここのどこかから入ることが出来るはずなのですが
入り口が判りにくい
なんの表示もなし(怒)

専用エレベーターで5階へ
なつかしの工事現場屋上に到着


ジャンクションの屋上は
目黒天空庭園という芸のない名前の公園になっていました

屋上には土が盛られ
すっかり庭園(公園)状態

回廊式に
斜めの公園を歩いて上っていきます

イメージ 1

回廊の頂上部分から見ると
ぐるっと回っているのが分かります
ダムみたい?

イメージ 2

こちらは
首都高につながる通路部分

工事見学のときは
まだつながってもいなかったのにね

この空中庭園の建物
二つのマンションにつながっています

頂上部分から別のマンション(渋谷駅方)に入ると
そこは9階

さきほどの入り口は5階だったから
4フロア分の高低差があるということ?

マンション9階には
目黒図書館が入っていました
これは便利

ここから3階に下りて外に出ると
新しい歩道橋につながっていました

イメージ 3

歩道橋から見上げてみます
これが鉄道橋で線路があったら文句ないのですけど・・・


この空中庭園は3階から始まっているみたいで
左回りに歩いていくと
はじめの5階の入り口に出ます
さらに9階まで続きます
ものすごく高低差のある公園ですね(笑)


空中庭園を終えて
目黒川を中目黒駅方面に向けて、お花見散歩

まだ
お花見楽しめますよ~

ちょっと寒い
だけど寒いからサクラがまだもっているみたい

夜桜用の提灯の電気も間に合ったみたいです

http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/63818275.html
(3月21日の満開の時に来たときは、早すぎて提灯が間に合わなかった)

イメージ 4

中目黒駅にて
電車とサクラ
ホーム工事のおかげで
電車がよく見えるようになった気がします


さすがに
これが最後のサクラでしょうね
今年は見すぎ(笑)


ところで
帰宅してブログをチェックすると

アクセス累計が80万人超え!

今回は
ぞろ目をゲットできませんでした

帰宅した時は・・・

イメージ 5

800,006人
あ、ちょっと惜しかったですね(笑)

つい最近、
777,777をゲットしたばかりなので
とくに今回は執着もなく

とにかく
ダラダラと続けます!(爆)

パラオ旅行記5、ナイトカヌー&シュノーケリング(真っ暗な夜の海で泳ぐ!究極の自己責任ツアー!)

パラオ旅行記(まだ終わっていない、汗)

3泊5日、
実質3日間は現地ツアー三昧が終わった後、

3日目
その日の深夜にチェックアウトなのですが

その日の朝に
新たな現地ツアーを申し込んでしまいました(笑)

ナイトカヌー&シュノーケリング

前日夕方にホテル近くの海まで歩いたとき
カヌーを見てしまった奥さんが、どうしてもやりたいと・・・

ホテルのロビーにガイドブックが置いてあって(もちろん日本語)
それをもとに
さらに親切なホテルのお姉さんに聞いて
わざわざツアー会社に電話して予約してもらいました

でも
電話を代わってもらうと
相手は日本人でした(笑)


パラオプランテーションリゾートという最高級ホテルが運営しているツアー

でも
ウチのエコノミーなホテルでも、ちゃんと送迎してくれます(笑)

20:00
もう周囲は真っ暗

イメージ 1

超高級ホテルにはボート乗り場が併設されているんですね

今回は二人きりに現地ガイドさん一人(日本語じゃない)
ライフジャケットに
懐中電灯を渡されます

カヌー(二人乗り)に乗って
パドルを渡されて、

いきなり漕げと?(笑)

カヌー経験は
これまで4回くらいかなぁ?
いずれも昼間
乗る前に、ちょっとパドルの使い方くらい説明があるのですが
そんなもの一切なし

真っ暗な海を
ガイドが先行して
いきなりついて来い、と(笑)

奥さんが前で、私が後ろ

ガイドが付けている懐中電灯の灯だけが頼り

はじめは
狭い水路です
周囲はマングローブ林

そして
広い海に出ます

といっても
ここはパラオ松島
周囲は島に囲われているので
まったく波はありません

島の近くまで漕ぐと
ガイドが海底を照らします

イメージ 2

船のハッチ(?)
日本海軍の沈没船だそうです

海底にはこんなのが
ゴロゴロしているのかな
(近くにゼロ戦もいるらしいんですよね)


対岸近くに
桟橋があって、上陸
ここからシュノーケル開始


真っ暗
本当に真っ暗(新月)

これまた特に説明もなく

夜の海にドボン!

イメージ 3

夜の海中
懐中電灯の灯が海の中をまっすぐ照らします

サカナはほとんど見られませんが
藻が生えているのがくっきりと

ガイドさんが
養殖されているシャコ貝を見せてくれました


夜光虫
きれいな海に住んでいるバクテリアみたいなもの?
泳いでいると
自分の手足から
青い光が発生していきます


ずいぶん長い時間
二人きりで夜の海を潜っていました

懐中電灯は付けたり消したり

消すと
お互いにどこにいるのか全く分かりません

パラオ松島の中とはいえ
ちゃんとした海の中なんです
軍艦まで沈んでいる(汗)

なんて
スリリングな自己責任ツアー!(爆)


ホテル船着場に戻ります。約2時間
ツアー料金50ドル×二人

昼間のツアーは100ドル以上します
これはかなりお買い得、お勧めです

(ナイトツアーの時、防水デジカメのシャッターが不調でビデオ撮影のみが出来ました。
 でも帰国後は自然と?直ったみたいで良かった)


さて
ウチのホテルに戻ります
帰りの飛行機は翌日未明

空港への送迎バスは23:25

最終日は出発まで部屋を使えるプランにしてあります
一人3,000円追加(実質延泊です、痛)

街中だったら
部屋なんか使わないでその時間まで遊んでいられるのですが
このパラオでは全く無理ですね
街も
町もない(苦笑)


深夜
02:10発の飛行機
またグアム経由
今度の乗り換え時間は2時間

成田空港着9:45
少し早着したみたいですね
おかげで自宅に12時前に到着(もちろん京成の無料特急)

なんと
勤勉な私は
この日の年休を午前休暇に切り替えて
午後は仕事の海に出勤したのでありました

ぶくぶく・・・

(完)

あと目次を作っておきましょ。

今日の渋谷駅(の跡)

仕事で酔って帰ったので手抜き記事

といっても
最近、ちょっと飲み過ぎる(?)と
翌日の二日酔いが酷いのです

だから
今日は1次会2時間半もいたのに
生ビール1杯しか飲まなかったよ(笑)


今日も東横線渋谷駅跡に立ち寄り
ユニクロのTシャツ屋さん

旧改札口付近での呼び込みがすごい・・・

駅の呼び込みって?
電車乗ってください!なら面白いのですが


駅跡の中は
商品を見ている人より
カメラ撮影している人のほうが多いです


話題がもつのかな・・・

なんか
残された線路が哀れ(泣)


東横店東館をヒカリエから眺めてみました
昨日上がった屋上の遊園地も見えます

銀座線の渡り線は
こちら側から見ても
撤去されてしまったのは歴然
ふぅ

東横店東館の屋上もあとわずか(駅跡ユニクロは入場無料です、それだけ)

今日も昼休みは旧東横線渋谷駅(地上駅)

ユニクロのイベントは15:00からでした(汗)

ということで
東横店東館見学に変更

久々に屋上に上がってみます

いつものように銀座線の線路を覗き込むと・・・


びっくり
ものすごいびっくり


何かが違います

イメージ 1


銀座線の渡り線が撤去されています!


工事の都合でしょうか
いつのまにか(泣)


屋上の新宿方には
東横稲荷神社というのがありましたが

イメージ 2

あれ?
鳥居を残して、きつねさんが何処かに行ってしまいました

なのに
台座の上には
ちゃんとお賽銭が置いてあるんです(笑)

イメージ 3

屋上遊園地も
あと3日という張り紙が・・・
ここで遊んだ記憶はないけど、ちょっと寂しい。。。



仕事の帰り
渋谷駅跡に寄ってみました

混雑しているだろうな~、と思いましたが


とくに混雑もなし
先週の
ステーションパーク(バラスト拾いイベント)のとき比べるとガラガラ
(もう飽きられたのかな?爆)

イメージ 4

展示商品も
思いのほか少ないし(Tシャツだけなんて)

会場も狭い(ホームの半分も使ってないんじゃないかな?先端の方は全く見ることできず)

イメージ 5

それでも、
線路の上にTシャツが飾ってあるのはレアな光景

入場無料ですから
お好きな方はどうぞ・・・

さよなら東横店東館。東横の、れん街?(明日から地上駅跡もユニクロで大騒ぎ)

今日は雨
サクラも散っちゃうかな?

昼休みは
おとなしく(?)
今はなき東横線渋谷駅散歩

また
明日から地上駅跡(エキアト)のイベントがあります
ユニクロが4月7日まで出店するそうです

ちょっと仮囲いの隙間から覗いてみると

イメージ 2

なんてシュールな空間・・・

イメージ 1

きっと
明日からは人だらけでこんな風に見られないかもしれないから
これはスクープ写真?(爆)


ちなみに
あまり話題にならないのですが
今月末で
東急百貨店東横店の「東館」が閉店なのです

東横店というのは
東館・南館・西館とかたくさんあります

東館というのは
東横線の駅に面した建物のこと

東横線地上駅廃止とともにこちらも廃止

イメージ 3

改札口直結の東館2階の入り口
ここの百貨店で昔はよく買い物しましたよ
(今では百貨店で定価でモノを買うなんてバカバカしくて、笑)


東館1階は
東横のれん街

ここも廃止ですが、マークシティに移動するそうです

只今さよならセール中
だからでしょうか、
別に廃止の哀愁は全く感じられず(笑)


ちなみに
私にとって東横店は一番身近な百貨店でした
子供のころから馴染みです
なくなるのはちょっと寂しい
(西館・東館はしばらく存続らしいですけど)


懐かしのエピソード

お子様だった私は
「東横のれん街」のことを

東横の、れん街

だと思っていました(爆)

「れん街」って何だろうと、真剣に悩んでいたのはナイショです(汗)


また明日も渋谷駅!
線路を見ること出来るかな?(笑)

ロースカツと、お馬さんで、最後のお花見?

まだ桜は満開!
しかも
今日はちょいと晴れていい感じ

昼休みにちょっと時間ができたので
奥さんと待ち合わせして

平日のランチに
行ってみたかった店にGO!

外の桜が見える席は・・・

ちょっと埋まっています(泣)
だけど
後から空いたテーブルに移動させてもらってラッキー
(2回も移動しちゃいました、汗)

注文したのは
超お買い得なロースかつランチと日替わり定食(共に880円)

イメージ 1

せっかくなので
窓辺のサクラさんと一緒に撮影

おいしい~
キャベツ、トン汁、ご飯お代わり無料

イメージ 2

(食い散らかし途中の写真)
特にトン汁が美味しくて
3杯も食べてしまいました
腹が痛い(殴)


窓辺のサクラさんを見るのも忙しいです

イメージ 3

ちなみに、
サクラに似合う信号機の色は「黄色」だと思うのですが?
食べながら「黄色」を撮影するのは意外と忙しい(汗)


食後は急いで花見です


ウチのブログではおなじみのアソコ

イメージ 4

サクラの種類が多くて楽しい

イメージ 6

アソコですから
お馬さんがいます
あまりサクラに映えない馬ですね(殴)

イメージ 5

アソコなので
花見に障害物が伴います。大変です(笑)

イメージ 7

外のサクラもかなり美しい・・・


園内には芝生もあって
花見しながらのんびり出来そうですね

でも
今週末はもう難しいかな?

ランチも美味しかったし
(ちなみにココもコロワイドの株主優待券が使える「銀豚」さんです。平日ランチは評価高いです)

サクラも
たぶん今年一番の出来だったんじゃないかな?


散らないと落ちつかないですね~(爆)

小田急下北沢駅、線路の上の仮設通路(こちらも地下化されちゃいました)

先週末に
小田急線下北沢駅周辺の線路が地下化されました

東横線渋谷駅と違って
別に馴染みじゃないし
線路的に面白い駅でもないので、
特段の関心はなかったのですが

今朝のTVでやってました
人力による線路切替光景は興味深いけど
踏切がなくなるバカ騒ぎ放送は、どシラケ

そんななか
残された地上駅の線路に上に
仮設の通路が出来ている光景が目に入りました
これは見に行かねば!


ということで
昼休み
下北沢駅までプチ遠征

まず目にしたのは
地下ホームから地上に上がる途中

イメージ 1

これは小田原方
こんな素敵な線路の表示があります

イメージ 6

新宿方にもあります
今回の地下化は将来の急行線部分の開業
別に緩行線も作って
地下化複々線の野望が続きます
(そういえば、途中の東北沢駅では、将来の通過線の部分に仮設ホームが出来ていました)


地上に上がると

イメージ 3

旧下りホームと旧上りホームの間の線路の上に
仮設の通路が出来ていました

イメージ 2

新宿方
まだ電車が走って来そうな感じ

イメージ 4

閉鎖されたバカ騒ぎ踏切の向こう側の
旧線路の上では
工事車両が活躍中(架線を外しているのでしょうか?)

ここは東横線渋谷駅工事と違って
廃止後の工事現場がよく見えて楽しいです
現役の頃より興味深いかも?(殴)

もうひとつ気になる井の頭線との連絡ですけど
これはそのまま(乗り換えは不便になったけど、渋谷駅よりはマシかな?笑)

イメージ 5

小田急・京王両鉄道会社の間に
相変わらず中間改札はありませんでした
これも東京の電車の七不思議のひとつですね
なんでこの駅だけないんだろう?
(駅が最終的に完成したら出来ちゃうのかな?)


下北沢駅より
むしろ代々木上原駅の新旧線路切替現場のほうが気になります

イメージ 7

上り電車の
最後部から

イメージ 8


イメージ 9

すばらしい
線路の分岐器を切り換えるだけで
地上線路から地下線路に生まれ変わったのです

TV中継していた人力切替現場は、ここではなくて梅ヶ丘駅の方ですね
こちらの現場は
線路を切り換えるだけでOK
なんて優雅な光景だったのでしょう

イメージ 10

シンメトリーな線路
旧線路の撤去が始まれば
この美しいバランスも崩れてしまうかもしれないので要注意
(旧線路はそのまま複々線の片方になると思われるので安泰かな?)


同じ線路工事でも
下北沢の地下化工事は
迷惑踏切の解消につながるので
東横線よりは評判いいみたいですね

だけど
下北沢なんて全く行かないので、どうでもいいです(笑)

パラオ旅行記4、ジェリーフィッシュレイクでクラゲと一緒に泳ぎます~

パラオ旅行記

5日間ですが
パラオ滞在は実質3日間
そのうち初日2日目はオプショナルツアー付き
初日:ロックアイランドツアー
2日目:(トロッコ線路と)ガラツマオの滝トレッキングツアー

3日目の分は
事前に奥さんが別の現地旅行会社にインターネットで申し込んでいました


スペシャルロックアイランドツアー!


スペシャルなんです(笑)

海辺の高級ホテルまで送迎されて
そこからツアー毎に乗り込みます


こちらのツアー会社も客は日本人だけ
パラオの中心からかなり離れた
ペリリュー島という島に行くツアーもあります
ここは太平洋戦争の激戦地のひとつ

イメージ 1

もちろんツアー参加者は日本人だけ
着物姿でこんな小型ボートに!
演歌歌手が慰問に行くのかしら?(殴)

イメージ 2

私たちのツアーボートも
パラオ諸島を疾走、波しぶきがスゴイ


最初は
初日に来ているミルキーウェイ
また同じ場所です

もうやり方が分かっているので
熟練者です(苦笑)

ツアーの商品編成に難があって
同じものが入ってきてしまうのです(泣)


その次は
ジェリーフィッシュレイク

とある島の桟橋について

イメージ 3

ここからちょっと山歩き
ライフジャケット付けてシュノーケルの道具を背負います


山の中の小さな湖に降りて

イメージ 4

ここでシュノーケル着用
背泳ぎでどんどん奥に泳いでいって


そこで
湖の中を見てみると

イメージ 5

ジェリーフィッシュ(たこくらげ)の大群

イメージ 6

狭い湖に百万匹くらいいるそうです

イメージ 7

ここのクラゲは無害で
触ってもOKなのがウリ
(じゃなかったらわざわざ見に来ないですよね、笑)

イメージ 8

ほんとにほんとに不思議な世界
これはパラオでないと見られない(らしい)絶景

(ちなみに初日参加のロックアイランドツーでは、ここの桟橋まで来るのに、ジェリーフィッシュレイクには行かずに近場でシュノーケルなんです。なんでこんなバカなツアー構成になっているのやら?怒)



次はロングビーチ

オモカン島という場所まで行くと
ロングビーチ
白い長い長い砂州が出現することで有名

イメージ 9

お弁当食べて
真っ先にビーチへ

イメージ 10

ここでは
ジャンプして写真を撮るのがお約束らしいので
何度
撮らされたことか(苦笑)

イメージ 11

向こうの島は
おじさん島というそうです
こういう体型になってはイケナイ(汗)


この次は
今回の旅で一番最南端になる
ジャーマンチャネル

名前のとおり
ドイツ人が掘削した海峡

ここが有名なのは
マンタがこの海峡を通ることが多く、見られるチャンスがあるかも!ということ

イメージ 12

でも
ボートは海峡の途中まで行ってUターン
マンタの海まで行かないの?(泣)

マンタ見られませんでした・・・


次は最後の有名シュノーケリングスポット
ひょっとして
まさか一昨日のツアーと同じ場所では?


まさかでした(笑)

こんなに島がたくさんあって
キレイな砂浜も入り江もたくさんあるのに

どうしてスポットが決まっているの?(泣)


もう
熟練者ですから

イメージ 13

ナポレオンフィッシュと一緒に泳いじゃうし

イメージ 14

奥さんは
ぶくぶく深く潜り始めちゃうし
(プールじゃないんだよ、笑)


これで
最終日のツアーおしまい

ホテルへの帰路送迎の時
最後の2人となったので
ツアー会社の運転手さんが
わざわざ途中のハンバーガーショップに立ち寄ってくれました

おかげで最終日の夕食確保

パラオ松島が見えるホテルに戻って
当初の予定ではこれであとは帰るだけだったのですが、


奥さんが
夜の海に行きたいと言い出して・・・

まだ続く!
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR