FC2ブログ

線路巡礼1989:片上鉄道(片上駅→柵原駅)、さらにバスで津山駅へ

1989年
山陽山陰の旅

まずは同和鉱業片上鉄道

イメージ 1


5年前に巡礼しているのですが
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/35662246.html
また来てしまいました

イメージ 2

姫路駅から
赤穂線の西片上駅に到着
そこから徒歩4分
片上鉄道の片上駅に着きます
(特に乗換駅ではなかったみたい)

イメージ 3

片上駅を出ると
すぐに鉄橋(吉井川?)でした

イメージ 4

駅構内
この前年に貨物扱いは廃止
貨物主体の鉄道ですから、すでに瀕死の状態でした

イメージ 5

駅の終端側
たくさん停まっていた貨物はもう居ません(泣)


片上駅11:47→柵原駅12:35


イメージ 6

和気駅で山陽本線と接続

イメージ 7

すでに貨物扱いは廃止でも
まだ線路はちゃんとつながっていました

イメージ 8

ここで
上り列車と交換
山陽本線の乗換駅ですけど、何とものどかな光景


片上鉄道は
終点の柵原鉱山から瀬戸内海の片上港までの鉱石輸送を目的とした鉄道

イメージ 9

線路は
吉井川に沿って北上します
この川がまた良かったです


イメージ 10

終着の柵原駅
5年前にはあった構内の貨物扱いはすでになし
線路も少し整理されてしまっていました(泣)


今回は、
終着駅から、さらに先まで行ってみよう計画

柵原12:47→津山駅13:20(中鉄バス)

このバスは
ひとつ手前の吉ヶ原駅発でした
当初の予定ではそこで列車を降りて駅前からバスに乗る予定だったのですが
やっぱり柵原駅まで行ってしまいました(汗)

柵原の津山行バス停は
柵原駅前から少し離れています

おかげで
バス停まで走りました
間に合ってよかった

イメージ 11

津山行きのバスを利用することで
行き止まりの片上鉄道の線路が
中国地方縦断線路の一部になりました
(この区間の新線計画はなかったみたいですけどね、汗)




津山駅で時間があったので
津山城を見学

石垣がものすごく立派

ちなみに
ここが名作時代劇「斬り抜ける」の舞台であることも現地の説明看板で判明しました(大収穫)


姫新線、芸備線を乗り継いで中国山脈のど真ん中を西へ

途中、
芸備線東城駅17:43着で列車はオシマイ(早!)

紅葉シーズンで宿はどこも満室

でも小さな駅前旅館に泊ることが出来ました

なんと
お風呂が「薪」だったのです

これには大感激♪

写真を整理しながら
当時の無計画な線路巡礼一人旅を思い出して楽しんでおります(続く)



◇線路メモ
同和鉱業片上鉄道、片上駅~柵原駅33.8km
1988年貨物取扱廃止
1991年6月30日廃止

もし津山駅まで延長していたら?(殴)
スポンサーサイト



昨日の立川駅の米タンさん

昨日の
北府中駅で機関車の甲種回送を見た続き

すぐに立川駅に移動
久々に米タンさん

ところが
すでに米タンさんは側線に到着していて
電気機関車が轟々唸っています

ここは
迷惑駅ビルの下なので線路が真っ暗
(この駅ビルのおかげで南武線ホームへの乗降が本当に不便、怒)


仕方ないので
南武線車窓から撮影

イメージ 1

貨物側線の様子がいい感じ♪
この角度から出発シーンも見てみたいです


次の西国立駅で下車して

イメージ 2

はい
本日(昨日)の米タンさん


イメージ 3

踏切先のタンクの感じもいいですね



このあと
わざわざ王子駅まで遠征しました
結果はスカ…

ニュースリリースによると
北王子貨物線が終焉、という恐るべき事態が(泣)

北府中駅で新型ディーゼル機関車の甲種回送(今回は無事に出発できました、ドナドナ~)

東芝府中工場(北府中駅)から
新型機関車の甲種回送があります

午前休暇をとって見に行きましたよ!

北府中駅に9時過ぎに着くと
ちょうど赤いスイッチャーが動き出したところ

慣らし運転のように1往復して
工場の中に消えていきました

このあと
なかなか出て来ないのです

東芝の工場の通勤客がぞくぞくと駅を通ります
関係者だったら
工場の中に入れるのに~(苦笑)

9:49
ようやく出てきました

イメージ 1

小さなスイッチャーさんが
新型ディーゼル機関車を牽引して来ました


府中本町駅方の引き上げ線で折り返して

イメージ 2

工場の前の陳列車両(?)の前を推して行きます

そのまま西国分寺駅方のヤードで待機


ホームに降りて
しばらく工場の留置車両を鑑賞

イメージ 3

いつのまにやら
電気機関車が東芝工場コレクションに追加されていました
ちょっといい感じ


イメージ 4

お迎えのDEさんが
府中本町駅方面から来ました!


イメージ 5

ダイレクトに引き上げ線に侵入!


イメージ 6

いったん
ホーム手前の線路に引き上げてから
また折り返して

イメージ 7

スイッチャーと新型機関車が待つ線路に入っていきます
それにしても
なんでこんなに大人数で添乗しているの?(爆)


イメージ 8

赤いスイッチャーの役目はここまで


イメージ 9

さっそうと引き揚げていきます
かっこいい!


イメージ 10

新型機関車の方は
DEさんがホーム脇の出発線に推しこんで来ました

ここで出発時間まで待機

でもちょっと遠いので
ホームからだとDEさんが全く見えません

イメージ 11

駅舎から見たところ
線路の配線がよく分かります



イメージ 12

武蔵野線電車の車窓からも確認
今回のDEさんの入換の動きがよくわかります


イメージ 13

今回の甲種回送
牽引される「荷物」がたった1両なので、どうも様になりません(汗)


イメージ 14

ようやく出発
本線に出ていくところです
さようなら~


この新型機関車
DEさんの後継の入換機関車です

つまり
DEさんは
自分がドナドナされる機関車を運んでいるのですね
ちょっと悲しい…

でも
鉄道貨物輸送が今後も継続されるためには
新しく作って貰わないと困ります

(DE○○という名称にすれば愛着が沸くのに
 ハイブリッド?だからHDなんだって。恥ずかしい!)


この新型機関車
今月上旬にも設定があったのですが、故障か何かで中止
今回
それと合わせて2両を一度に回送するウワサもあったのですが
ハズレ

それにしても掛員さんが多かったです
甲種回送が無事に出発した後
東芝の工場に20人くらい戻って行きましたね

そんなに心配な製品なのでしょうか?
無事にDEさんの後継機になれるのでしょうか?

やっぱり恥ずかしい車両番号が悪いんじゃないですか?(笑)


このあと
立川駅に寄って米タンさんを見たり
さらにさらに
(続きます)



3年前にも
雨の中、府中工場のスイッチャーの活躍を見ています
ご興味ございましたらどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/61516959.html

朗報、ヤフーブログの容量が増えたそうです!

ヤフーブログから
たぶん初めての、いいお知らせ

ブログ容量が増えるそうです!


イメージ 1


「ヤフーブログからのお知らせ」より

こう発表した以上は
それなりに容量が増えるのだと思います
良かった~


すでに8年以上
ブログをほぼ毎日書き続けている私ですが

一番気を遣うのが
写真容量=ブログの寿命

私は文章を書くのはかなり早いのですが、
使用する写真容量を少しでも小さくしたいので
その作業で時間がかかってしまいます(汗)

この8年間
使った画像はひとつのフォルダに保存してあるのですが
その合計がとうとう1GBを超えました
つまり
計算上はあと半分ということ?

でも
容量が増えれば安心できまますね
画像容量を節約するのは、これまで通り続けると思いますけど(笑)



そのお知らせの陰で
もうひとつ目立たぬお知らせが

ナイスボタンで
ポイントを他人にプレゼントする機能が今月末で廃止だそうです

そんな機能があったの?(爆)

実は昨日、
とある奇特な方から50ポイントもプレゼントされていたんです!(驚き)

もう
最初で最期でしょうから
記念に記事にしておきますぅ(笑)

これもTポイントになります(→レタスになる?)

ちなみに
少し前に、
全く知らない方から
100ポイントも貰ったことがありました

ここで
あわせて感謝しておきますぅ



とりあえず
ブログ写真容量が増えて良かったですよ
ヤフーさん

線路ブログはまだまだ続きます~

線路巡礼1989:姫路駅(ローカル線を分岐する美しい線路配線)

1989年11月

山陽山陰地方の線路巡礼に出かけました

臨時急行銀河81号で大阪入り
さらに新快速で西へ

その旅の玄関口(?)
姫路駅の線路に感動してしまったので、
今回の記事はその記録です


姫路駅は
播但線、姫新線、さらに飾磨港線(播但線支線)を分岐する線路の要衝

その
各ローカル線のホームの線路の様子が
しびれました

駅のホームが
東西に分割されています

イメージ 1

これは東側の播但線ホーム
「東○番」という案内が好印象

イメージ 2

こちらは西側の姫新線ホーム
何が好きって
この線路終端の様子(亘り線付き)が芸術的♪

イメージ 3

同じく姫新線ホーム
荷物運搬用のエレベーターもいい感じ

イメージ 4

さらに
姫新線ホームの先端

当時はこんな大きな駅でもホームに柵がなかったのですね(笑)

山陽電鉄の高架橋も見えます


駅の反対側には
飾磨港線(播但線)のホームもポツンとありました
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/63087157.html
(すでに記事を書いてあるので、読んでね)



ここも今では高架駅になってしまいました
あの好ましいローカル線ホームも過去のものに…

もう
ああいう美しい線路配線をもつ駅は残っていないかも(泣)

線路巡礼1989:奥久慈もみじがり号、我孫子駅-袋田駅(袋田の滝は有料でした、怒)

1989年10月29日
また面白い直通列車が走りました

奥久慈もみじがり号

なんと
常磐線から水郡線まで直通運転

紅葉の袋田の滝を観光という名目で
奥さん(まだ結婚前)も誘います


我孫子駅7:52→袋田駅11:02

イメージ 1

始発の我孫子駅です
どうして
上野駅発にしてくれないのでしょうね
2両編成だから?
(特急に乗る客が減るから?笑)


常磐線内はガラガラ、楽しい
おまけに快速じゃありません、ザ・各駅停車


水戸駅の手前で
常磐線から水郡線に転線するのが白眉です

イメージ 2

常磐線下り本線から左に侵入


イメージ 3

水郡線のホームへ
いつもは乗ることが出来ない線路♪


イメージ 4

無事に
水郡線のホームにご到着


水郡線に直通

イメージ 5

どこかの駅で
電車、じゃなくて気動車の行き違い待ち

「矢祭山-我孫子」というサボ(行き先表示板)が泣かせますねぇ(ヘッドマークなんかいらない)


イメージ 7

袋田駅で下車
いい感じの駅舎ですねぇ


イメージ 8

近くの踏切にて
こんな怪しげな標識を発見

「蓮見さん(?)」が不在だったら、どうなっちゃうのでしょうね?


駅から袋田の滝まで歩いて20分くらい

イヤらしいのは
滝の正面に出るには
有料トンネルを通らないといけません

要するに有料の滝、こんなのアリ?(怒)

イメージ 6

袋田の滝(有料)


さらに滝の背後の月居山に登ってみます

ふぅふぅ
登るの大変だけど、景色はよかったですよ

袋田温泉ホテルで日帰り入浴♪



当時は
面白い列車でついでに観光、というパターンがずいぶん楽しめました

今は
そんな列車は皆無ですね…(寂)

迎賓館一般公開に当たりました! & ラーメン二郎目黒店がガラガラ

迎賓館の一般公開に行って来ました

昨年秋に
前庭だけ公開という半端なイベントに参加して以来のこと
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/63594139.html

奥さんがどうしても建物の中も見たいというので
今度は中にも入れるイベント
事前抽選制ですが、
めでたく当たり!


入場には
身分証明書が必要
おまけに手荷物検査付き

でも
飲み物の持込は自由です、飛行機じゃないので

イメージ 1

こんなバッジを付けなくちゃいけません

イメージ 2

今日はここから建物の中に入れます!

でも
建物の中の写真撮影は出来ません(泣)


Rになっている廊下やモザイクタイルとか興味があったのですが
装飾のほとんどはヨーロッパの宮殿の猿真似
税金が惜しげもなく使われています
ここを使うことが出来る寄生虫の方々はさぞ喜んでおられるのでしょう


建物の裏側の中庭
こちらは撮影OKだそうです

イメージ 3

迎賓館の裏側と大きな噴水

イメージ 4

この噴水はすごいですよ
国宝なんだって!?
泳ぎたいですねぇ

この中にライオン、カメ、イルカ、コイが居るそうなのですが

コイが見つからない~(汗)


イメージ 5

こういう日に限って朝から雨
でも、この時は止んでくれました

空が明るかったらもっとよかったのですが、残念


奥さんはかなり気に入ったみたいで
通常1時間の見学時間を
3時間も粘ってしまいましたよ

ちゃんと税金払っているんだから、これくらい当然?(笑)




四ツ谷駅に戻ります
足が棒なのですが
なぜか中目黒駅に出て
そのままラーメン二郎目黒店へ行ってみます

16時過ぎの遅いランチ

なんと
店はガラガラ!

値段は500円で変わらずですが
店内の様子が違う

鬱陶しかった慶応大学自慢のポスターが一掃されていました
これは好感触

でも
マシマシを注文したのに
それほど量が多くなかった?

奥さんも完食

今日はせかされなかったので良かったですね(笑)

いつも1時間待ちは当たり前なのに何故でしょう?

夏休みだから学生が少ない
そもそも16時は空いている
夏は暑いから人気がない

それとも
人気が一気になくなったのか…?


いや
ただ私達の運がよかっただけ?(爆)

調布花火大会を自宅近くから鑑賞♪

日中はいろいろありましたが…

19時
奥さんと帰宅すると

調布の花火大会をやっています
ここから意外と見えるのです


花火鑑賞場所を求めて彷徨います

マルイの9階の連絡通路から見えます
でも
音が聞こえないし、ちょっと遠い


田園都市線溝の口駅のホームからも見えそうなのですが
目の前のビルが邪魔で見えない


自宅のマンションからもちょっと見えることが分かりましたが


結局
道路からが一番確実によく見えることが判明

イメージ 1

田園都市線の高架の先

イメージ 2

カラフル~♪
(電車と花火を一緒に撮影にチャレンジしましたが、ボケボケ)

近くまで行かなくても
調布花火大会を十分楽しめました

来年は
また見に行こうかしら
最寄り駅は南武線中野島駅です(川崎市民にとっては)



本日はずっと奥さんと一緒
朝は亡き父の命日(14年目)なので母親と墓参り
相変わらずの認知症ぶりに疲れる

昼はカーテンを注文
10年以上たつと、カーテンも経年劣化するらしいです

夕方は
奥さん実家の町内会のバーベQ大会のお手伝い
肉を焼く手伝いは結構楽しいです

そして
自宅の前で花火見物

という
線路なしの一日でした

秋田新幹線車両の甲種回送も
東京車両センター(大井町)公開も
ホリデー快速鎌倉号も
どれも行きませんでした
家庭の諸事情優先(泣)



ところで
本日の訪問者数がすごいのですが
またなにか悪いことしたのでしょうか?(誰か教えて!)

でも
そんなおかげで
ヤフーブログからもらったTポイントがまた溜まりました

本日2度目の買い物
朝のサラダ用にミニトマト148円を、ブログでためたポイントで購入しました
めでたし

小さな幸せ?(爆)

自転車対人賠償保険(カルガモさん用?)

毎日
世間ではロクなことが起きないので

ロクな話?を書きます

今月上旬のことなんですけど
暑い朝
奥さんが
母親の介護のために
自転車で私の実家に行く途中

道路の真ん中で
こんな光景に遭遇したそうです

イメージ 1

カルガモさん?
(携帯カメラで撮影)

道路の下を
二か領用水につながる用水路みたいなモノがあります

それに沿って歩いてきたのかしら?何のために?

ちなみに
私はこんな光景に遭遇したことありません
何百回となく通っているのに!


そういえば
自転車に不慣れな奥さんでしたが(ほとんど乗らず)

実家に往復するために
自転車も訓練してもらいました

でも
自転車保険に入りたいと

自分がケガする恐れじゃなくて
ケガをさせたら大変だから

対人賠償保険1億円
夫婦二人で加入して7千円
安いものです

自家用車を運転する輩は
当然このくらいの保険に入っているのでしょうね(知らないけど)



以下は
本当にロクでもない話

今日のTVニュースは酷かったですね

藤圭子という著名?な女芸人が
マンションから飛び降り自殺

各局は
この女が
いかに立派な人だったかと大絶賛の嵐
NHKまで(泣)

バカじゃないの?

こいつが飛び降りて
巻き沿いを食った人がいたら、どうするつもりだったの!

ただの
殺人未遂じゃない
恥を知れ!(怒)


その次は
イチローとかいう野球芸人の話を
だらだらと・・・


原発事故現場から汚染水が垂れ流し発覚という重大局面なのに

国家ぐるみの
巧妙な情報操作なのでしょうか?(苦笑)

レントゲン撮影1回千円也

咳が止まりません

2週間前に
職場の隣のクリニックから1週間分の薬を貰ったのですが

おさまらず


仕方なくまた同じクリニックに行くと
先週は1週間お盆休み

だったら
薬ちゃんと出しとけよ~(怒)


やぶ医者とは思いながらも
昨日
また通院

別の医者に行くと
初診料がもったいないので(汗)


2週間以上も咳が止まらないのであれば
念のため
レントゲン撮ってみます?

そこまでしなくてもいいですか?

でも
やっぱり撮りましょうか?

止めとく?


あのね-
そんなこと患者に聞くなよー(苦笑)

結局
肺のレントゲンも撮ってみましたけど

なんともなし


なんともなくても
いやらしい咳がおさまらないのです


薬を出すときも

眠くなる薬と、ならない薬、どちらがいいですか?

効果はどう違うのか尋ねると

運転する職業の方には、眠くならない薬を処方します、とのこと

そうじゃなくて
薬の効用の違いがちゃんと説明できないの?


医者と会話をするのって
疲れますねぇ


健康診断以外でレントゲンを撮った記憶がありません

1回千円
安心料みたいなものですかね



また線路の話がありません~(汗)


でも
ちょっといいことが

会社近くで図書館で借りた鉄道本
これまでは、重たいのにせっせと自宅に持ち帰ってスキャナーしていましたが

会社のコピー機ですごく簡単にスキャナー出来ることが判明
もう自宅まで持ち帰らなくてもいいかも?
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR