FC2ブログ

東横線高架跡は・・・(並木橋までほぼ壊滅)

今日だけポカポカ陽気らしいです
昼休みは
久々に東横線の高架跡を見に行きました

イメージ 1

青空の下
渋谷駅の解体現場は
旧線路面でまっ平になっています

イメージ 3

代官山駅方から見たところ
ここに渋谷駅があったと分かりますか?

イメージ 2

渋谷川はいままで通りですが
ここに東横線の高架橋があったと思い出すのが難しいくらい

高架橋の解体工事は
並木橋のところに重機が活動中
旧駅からここまで
もうホントに残っていません

並木橋から先は
架線柱がないだけでまだ健在

山手線を跨ぐ鉄橋も健在
あれの撤去作業が今後のヤマ場でしょうか

花粉症に
PM2.5?
なんか痒いけど負けません
ハクシュン
疲れる
スポンサーサイト



曇天の王子貨物(添乗は北王子手前だけじゃなくて、田端信号所構内でも!?)

王子貨物廃止までもう半月あまり
小雨でどんより曇っていますが贅沢言えません

イメージ 1

いつのも上中里駅に来ると
国鉄機関車が折り返しのサイン

イメージ 2

さっそく
こんないいシーンを見ることが出来てラッキー
雨も上がりましたよ

東北貨物線を下るコンテナ貨物が続けて2本通過
両方ともコンテナ満載

イメージ 3

これは
王子貨物のコンテナが石巻港駅まで行くのかな?

イメージ 4

こちらは
焼島貨物ですね。ワムさんじゃないけど健在です

イメージ 5

いよいよ真打
DEさん王子貨物(第3便)登場
この区間で貨物線をちょっと逆走してから、
さらに北王子貨物線に入ります

イメージ 6

貨物線を健気に上っていきます。これがいいんですねぇ
こちらもいつものようにコンテナ満載

京浜東北線北行電車で追いかけると
王子駅を過ぎて
貨物列車に追いついて

イメージ 7

DEさんの先頭に係員さんが添乗するシーンを目撃!

戻りを
王子駅で待ちますが
見事に南行電車と重なりました

でもめげずに
これまた電車で追いかけ

イメージ 8

王子列車を追い抜いて行きます
北王子線の線路がいい感じ

イメージ 9

DEさんと追いかけっこ

この先
田端機関区の通過シーンも車窓から見えます

イメージ 10

田端駅に先回りして待っていると
駅の手前で一旦停止して
また添乗を開始
なんでここで添乗する必要があるのかしら?

イメージ 11

停車中の
青い機関車(チキさん工臨)と
赤い重機関車の間の線路を縫うように走ります

イメージ 12

背後に
東北本線の高架が見えます
このまま徐行運転しながら隅田川貨物駅の方へ
すぐに折り返しで戻ってくるのかと思いましたが
やって来ません

長居は出来ませんので、ここまで

王子貨物
今回は車窓からの走行シーンが秀逸でしたね
あと何回見ることが出来るのかしら
コンテナ満載なのに
ホントに廃止だなんて。。。


(追記)
全くカンケーなく外食記録
渋谷の甘太郎で焼肉(前回満席で入れなかった)
奥さんが千円引き券を事前にゲット
さらに「白ひげ割引」で食べ物30%引き
ということで
二人で5,394円が3,515円になりました
もちろん株主優待券使用
安いホルモンが美味しい
写真は
王子貨物でアップし過ぎたので
焼肉の写真は割愛~

線路巡礼1992:川中島駅と姨捨駅(貨物列車がいる美しい線路)

1992年の線路巡礼
小海線、
信越本線戸倉駅、の次は

篠ノ井線川中島駅

帰宅の列車の時間の都合で
篠ノ井駅から川中島駅まで往復してみただけなんですけど

イメージ 1

川中島駅
セメント工場の線路が現役でした
この頃はまだアチコチで見ることが出来た光景ですが
意外と
写真は残していないのです…
だから
川中島のセメント工場専用線
たった1枚の写真でも貴重です

ちなみに
歴史好きとしても「川中島」駅には関心があったのですが
この駅はあの古戦場には遠すぎます
今は亡き
長野電鉄屋代線の松代駅からの方が近かったです
炎天下に歩いたことがありますぅ
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/54469034.html
名前だけが雄大な「川中島」駅でした


さらに続きます
川中島駅から松本行きに乗ります

その途中の
篠ノ井線姨捨駅

昔も今も
素晴らしいスイッチバック駅は
線路の聖地ですが

イメージ 2

この時
そこで貨物列車と行き違いがあったのです

イメージ 3

貨物列車のスイッチバック
どうやったのでしょうね?
車掌車はもう付いてないし

二本木駅も貨物列車が通るスイッチバック駅でしたけど
あそこは貨物取扱駅でしたから

イメージ 4

こんな電車に乗っていました
いま走っているのとちょっと違うのかな


貨物列車のスイッチバック駅入線を見たのは
これが最初で最後だったみたいです
いい思い出です

線路巡礼1992:信越本線戸倉駅の砕石線(あの線路はどこに行くの?)

1992年夏
小海線を経由して
信越本線、篠ノ井線、中央本線と日帰り線路巡礼

その途中
信越本線戸倉駅で途中下車

なぜここに来たかというと
以前から
車窓で気になる線路があったから

イメージ 8

駅の高崎駅方で
左側にプイと別れる線路の行き先が気になります

イメージ 7

ちゃんと
信越本線の線路とはつながっています

イメージ 6

駅から離れて行きます
途中にはかわいい踏切もあります
か細い線路ですが、ちゃんと電化されています

イメージ 5

線路はふたつに分かれます
その先に黒い貨物が鎮座しています
小川もいい感じ

イメージ 4

貨車は2両
ホキさんです
ということは線路の先の怪しい「穴」の正体は

イメージ 3

ホキさんと稲田
我ながら芸術性が高い

イメージ 1

砕石所という場所に到着
いいですねぇいいですねぇ

イメージ 2

「穴」の中はこんな感じでした
上からザザザと砕石を落とし込むのですね
作業風景を見てみたいですね

戸倉駅に戻ります
次の列車まで、
およそ30分間
こんなちょっとした線路巡礼が、今では貴重な思い出です


信越本線が第○セクターになってしまい
あの戸倉の砕石線はどうなったのでしょうか?

イメージ 9

地図では
まだ線路は無事みたいですが
調べてみると
なんと車両基地線として使われているらしいのです
素晴らしい

線路は残しておかなくちゃダメという教訓は
川崎駅の明治製菓専用線(事故車両置き場)だけじゃありませんね

(追記)
この翌年1993年の写真
イメージ 10

戸倉駅のホームから

線路のこんな光景を見てしまったら
気になって仕方ないですよね
今はどんな風に見えるのでしょう?

大船駅で横浜線(新車)甲種回送到着(苦労して来たのに・・・)

横浜線の新型車両の甲種回送がありました
まだ見たことがないのです

とてもタイヘンなことがありましたが
なんとか大船駅へ

イメージ 1

もう暗い中を、ご到着
横浜線というより山手線の電車みたい?

イメージ 2

せっかくの甲種回送ですから
とりあえず機関車と連結したところを撮っておかねば

イメージ 3

今回の機関車さん。一応記録。

イメージ 4

電車区に入って行くところを見送り
あれ
赤い円盤が付いてないじゃないですか
あれがないと、ただの回送電車…

タイヘンな苦労をしてまで見に来た甲斐があったのかしら

新津の車両工場から大船電車区まで
新鶴見信号所から
いつもの高島貨物線経由じゃなくて
横須賀線経由というのが、線路的には珍しいです


(災難)
昼間
救急隊員から突然電話あり
母親が自転車を押して歩いて転んでしまい
動けないからと救急車要請したそうです
とりあえず
なんでもなかったらしいので救急病院からはすぐに帰されましたが
自転車を回収しないといけない
奥さんが途中まで迎えに行ってくれました
ありがとう
これに付き合っていたら
甲種回送見学は当然無理でした

川崎駅の事故車両見学の方は
朝に済ませておいたのが、不幸中の幸い
今晩、動くかしら?

川崎駅衝突事故その後、南武線明治製菓専用線跡が大活躍!(だから線路は残しておきましょう)

昨日の京浜東北線川崎駅衝突横転事故
今朝は始発から平常通り。スゴイ?
でも
事故車両は搬出せずに現地にそのままらしいです

ということで
出勤前に立ち寄り

イメージ 1

南武線で川崎駅に着くと
青いビニールシートに包まれた車両がいます
今日は
東京駅方の跨線橋が使えますので、さっそく

イメージ 2

跨線橋から見たところ
昨日の事故現場はこんな感じ
ちなみに川崎駅の新しい通路を作ろうとしていたらしいです
どうでもいいけど
昨日の大騒ぎを感じさせるものが何も残っていませんね
哀れな車両以外には

イメージ 3

驚きなのは
南武線の線路終端からのびる
旧明治製菓工場の専用線跡にちょこんと乗っていること

イメージ 4

まるで
脱線してそのまま隣の線路に乗っかってしまったみたい

イメージ 5

昨日お世話になった東海道線ホームから
やっぱり専用線跡にちゃんと乗っています

残りの車両8両は
海側の東海道線脇の側線に移動していました

イメージ 6

京浜東北線車両が変なところに?
これは
横浜駅方に
京浜東北線・東海道本線の渡り線があるから
これが使われるところを見てみたかったですねぇ

イメージ 7

こちらが脱線しなかった車両
この側線に電車が停まっているところを見たのは初めてかも
チキさん(レール運搬車)は時々いるのですけど

イメージ 8

事故車両の搬出は
この明治製菓専用線跡を使うのでしょうか?
今度は南武線線路閉鎖!
これは必見です
見たいなぁ

渡り線や
使われなくなった線路も残しておけば
こういう事故の時にも役に立つという有り難い教訓でした

(このあと会社へ。今日はトラブル続発。今朝、川崎駅を見ておいてホントに良かったです。。。)

また事故の川崎駅。ゆっくりとした脱線横転車両の撤去作業。明日は運転再開できるかな?

京浜東北線川崎駅衝突脱線事故、なんと第3弾!?

やっぱり
午後にもう一度川崎駅に行ってしまいました
南武線は
事故復旧のための一時運休も終わって平常ダイヤですが

今度は東海道本線が
横須賀線の線路で迂回運転中とのアナウンス(品川駅~戸塚駅)
これじゃ
川崎駅に行っても東海道線ホームに行けないかも

でも
ちょうど迂回運転が終わったところ
(冷静に考えてみると迂回運転の方が貴重でした、失敗)

イメージ 9

脱線車両のしばに巨大クレーン車が2台登場
ちょうど
事故の原因となった保線車両がクレーンで吊り上げられていくところ
やっぱり意外と小さいですね
だけど電車の方が負けちゃったみたい(不思議)

このままどんどん作業は進むのかと思いましたが…

イメージ 1

次は
何か小さい機材(丸いもの)を引き上げています

イメージ 2

焼き切っているようです
煙がもうもう
なぜか枕木が大量に運ばれて来ます

イメージ 3

車輪て大きいんですね
なかなかシュール

イメージ 4

今度は
床下の何かの機材を引き上げます
一気にクレーンで吊り上げるのかと思ったら
意外とチマチマ

また品川駅まで往復

イメージ 5

横転車両の床下から部品が減ったような気がします
吊り上げたときに落下したら困るから事前に撤去?

イメージ 6

線路の向こう側の道路は報道陣だらけで完全に占拠
さらに車両搬出用と思われる大型トレーラーが待機中


また川崎駅に戻ってみましたが
何時まで経ってもクレーンは動かず…

イメージ 7

なんと17時まで粘ってしまいましたが
もう諦めますぅ

イメージ 8

南武線ホームから
事故車両はもうロープに巻かれていたのですね
まるで倒木のように

明日は
運転再開するかしら?
このペースでは微妙かも

現場の事故車両の周囲の作業員はすごく多いのですが
よく見ると実際に動いているのは少数です
あとはなんか見てるだけ(そういう風にしか見えない)
待機しているのも大変でしょうから
夜間作業に備えて休んだ方が…


今回の事故で
「線路閉鎖」という言葉が有名になりました

この手続きを確認しないで
保線車両を線路に入れる作業に入ってしまったのが今回の事故の原因らしいですが
でも
確認しないでも作業に入れるなんて、
意外といい加減なシステム?
線路はもっと大事にしてね

川崎駅衝突事故で南武線まで運休(京浜東北線と架線はつながっていた?線路はつながっていないのに)

京浜東北線川崎駅衝突横転事故の第2弾

早朝
南武線を使て視察(?)して来ましたが

その後
南武線まで運休扱い(川崎駅‐武蔵中原駅)
東海道本線は
事故現場脇を通常通り走っているのに、なぜ?

どうやら
事故車両をクレーンで搬出するのに「架線」が邪魔
その「架線」が
南武線の線路終端からのびる同線の「架線」にも絡んでいるらしく
その撤去作業のため
一時的に南武線まで運休となったみたい(もう運転は復活)

イメージ 1

ちなみに
2週間前の雪の日に
この雪の線路終端を撮影していました

イメージ 2

こちらが
本日の早朝の事故現場
線路はつながっていないのですが
(保線用の横取り線路があるだけ)
架線はつながっていた?という珍しいケース
(正確には、架線を吊っている架線柱を共用していたということでしょうか?)

南武線線路終端からのびる線路は
明治製菓工場にのびていた線路です
これ以外にも
南武線ホームに隣接して工場があって
そちらにも線路が分岐していました

脱線事故を見て
線路を懐かしむ私です

南武線は復旧したし
そろそろ事故車両の搬出シーンを見に行きたくなりました

脱線横転、川崎駅で京浜東北線電車。でも東海道線は動いています

今朝起きてビックリ
今度は京浜東北線川崎駅で
回送電車が衝突脱線事故
雪も降ってないのに?

さっそく
南武線で早朝の川崎駅へ

南武線ホームから
京浜東北線北行が変なところで停まっていて

イメージ 1

その先は
南武線側に脱線状態

川崎駅の東京方に乗換専用の跨線橋があるのですが
残念ながら緊急閉鎖中(そこからならもっと良く見えるのですが)

イメージ 2

東海道本線ホームに移動すると
ホーム先端に
マスコミが集まっています

すごい現場ですが
東海道本線は上下線とも通常運転

それでは
これに乗って品川駅まで往復

イメージ 3

事故対策本部
ちゃんと看板が設置されています

イメージ 4

脱線せず線路に残った3両目にはハシゴが設置されています

イメージ 5

前から2両目、ほぼ横転(もちろん脱線)

イメージ 6

先頭車両は完全に脱線横転。見事?(殴)
ホンモノの電車の「底」を見学できます
鉄道模型にそっくり
(こんな光景見たことない!)

続いて
東海道本線下り電車から

イメージ 7

脱線現場
並行する東海道線がちゃんと動いているのが
ものすごくシュールな光景

脱線の原因といわれる
保線用の車両(台車?)みたいなものもそのままです

ちなみに
先頭車両が突っ込んだのは
今は使われない
南武線からさらに明治製菓工場にのびていた線路

この専用線跡が
脱線車両を受け止めてくれたのです
ちょっといい話?

今回の事故原因は
終電後の回送電車と保線車両の衝突
保線工事関係者の連携不足?
ちょっと情けない

撤去作業はまだ先みたい
救援のDEさんが来るのでしょうか?
母親の介護があるので
とりあえず帰宅

先週末の降雪東横線武蔵小杉駅衝突事故に続き
川崎市内の鉄道は受難続きですね(忙しい)

残雪の八王子駅、高尾駅(新型DH大活躍、スカ線電車も並んでくれました)

先週末の大被害大雪から1週間後
まだ雪が残っている線路を見に行きたくなりました

いまや日本有数の豪雪地帯?
八王子を目指します

立川駅から先
中央線沿線には本当に雪がたくさん残っています

そして
八王子駅

イメージ 1

なんと
新しいディーゼルカーが稼働中です

イメージ 2

ここからもDEさんが追い出されてしまうとは

イメージ 3

雪が残る線路を
油槽所に向けて推進運転開始
久々に見ますが、
添乗はやっぱり格好いい

イメージ 4

DH(というらしい)
この「尾灯」は分かりやすくていいですね
国鉄色に似たカラーも雪に映えます
(グレー色のDEよりいいかも?)

イメージ 5

タンク車の編成の真ん中にも添乗員がいます
この先の油槽所線路で速やかに分割するため
大型尾灯はやはり目立ちますね

イメージ 6

このあと
横浜線のホームに
新型電車が続々と到着
もうこんなに増えちゃったの?

イメージ 7

油槽所からタンク車が戻って来ました
ちなみに
隣の横浜線電車は既存の6扉車両
これももうすぐ貴重な存在に

イメージ 8

背後に
下り貨物列車を待たせての入換です
なんて豪華なんでしょう


このあと
さらなる残雪を求めて高尾駅へ


高尾駅
ホームにも線路にも雪がたくさん残ります

イメージ 9

特にこの1番線はスゴイですね

イメージ 10

相模湖駅方から
もはや貴重なスカ線電車が2番線に到着

イメージ 11

4番線には下りスカ線電車が待機中
ホームに並ぶとは
今朝の高尾駅とは思えないシーン

イメージ 12

あまりに豪華すぎる
高尾駅の雪の線路
これを見ることが出来るのもあとわずか…


降雪から1週間たっても
この辺りの雪はまだ大量に残っていました
さすがです

このまま帰宅
午前中だけの雪の線路巡礼でしたが、
これ以外にも降雪の線路を楽しんで大満足
ランチ後
奥さんの付き合いで洗足学園のミュージカル(無料)を見学
INTO THE WOODS
ゆっくり眠れました
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR