FC2ブログ

年度末夜桜 (ひっそり岩泉線廃止)

本当の年度末
送別会やって来たので
適当な記事(今夜は無事に帰れました♪)

社長も含めて5人も去って行きました
さようなら~
まぁいいです

奥さんが心配して
駅までお迎えついでに
近所の夜桜見に行きました

イメージ 1

というだけです
ちゃんちゃん


北王子の線路桜も見に行きたい~


追記
ずっとバス代行運転だった
あの岩泉線(茂市駅‐岩泉駅)が
この日をもって
ようやく正式に廃止となったようです
JRはよく頑張りました
スポンサーサイト



品川駅・田町電車区工事、線路の墓標が出現(ひょっとして、あれは新駅?)

今日は予報通り大雨なので
昨日のうちに線路巡礼しておきました

品川駅・田町電車区

もう淡々と工事が進んでいるだけなのですが
久々に行くと
あらたな悲しみが…

イメージ 1

臨時ホームから山側を通って田町電車区までの連絡線路
まだ剥がされずに残っている線路に
あの巨大線路敷設車両が登場
まだ一部だけは線路がつながっている証拠

イメージ 2

旧7番線8番線
ホームの両先端側とも見事に掘削解体され
跨線橋下部分と階段が残るのみ
ちなみに
階段はそのまま工事関係者の出入り口として使用されています
6番線(東海道下り副本線)には
アルファリゾート踊り子号の回送が待機中
珍しいのか工事関係者も撮影していました
自由ですね~

イメージ 3

跨線橋からの悲しい光景
ここに数多くの寝台用車両が停まって洗車されていました
いままでこの角度からは何かが邪魔してみることが出来なかったのですが
今さらよく見るように

イメージ 4

臨時ホーム2面4線が整然と並ぶ光景も、もはや跡形もなし

イメージ 5

電車区建物だけはまだ残っていますが
このサクラも
見られるのは今春が最後?

イメージ 6

さきほどの
超大型線路敷設用クレーン車両
こんな状況でも
まだ線路がつながっているって素晴らしい♪
最後の最後の1本まで有効活用して下さい


そして
田町電車区の中

全ての架線は外され
新車両基地側のヤード線路が外されているのは知っていましたが

イメージ 7

線路の墓標(古墳?)が出来ていました

あの中に線路が眠って(いませんね)

でも
ひょっとして
あれは山手線新駅候補地の工事地鎮祭の準備かも?
場所的には新駅が出来そうなあたりです

イメージ 8

品川駅の川崎駅方ですが
旧クロス線路も撤去されてしまいました

臨時ホームは2面4線から1面2線に減らして
新しい東海道上りホームが出来上がるのも時間の問題ですね

入換用のDEさんは
もう来ないのかな?(寂)

アイスランド旅行記3:ブルーラグーン温泉(名物です。3時間以上入りましょう、笑)

アイスランド旅行記
現地2日目

この日は
名物のブルーラグーン(温泉)に行きます

火山だらけ
地熱発電所だらけの国(島)ですから
温泉なんてあって当たり前ですが

そのなかで世界的に有名なのが
ブルーラグーン温泉
場所は首都レイキャビクからちょっと離れていて
空港に近い
(だから空港から直接行く客も多いみたい)

ここはツアーに参加するのが一般的
昨夜ホテルフロントで予約
9:30ピックアップで
バスセンター10:00出発

小雪が舞ってきました
お願いだから昨日みたいに晴れて下さい

30分くらいで
温泉施設に到着

水着は持参
タオルも持参
(高いから借りない)
コインロッカーの使い方とか最新式?なので戸惑いますが

イメージ 1

ど~ん
キレイなブルーに見えないけど
これがブルーラグーン温泉
(もちろん水着着用)

イメージ 2

温泉の一画には売店もあります
アルコールも飲めるみたいだけどバカみたいに高い

イメージ 3

だけど並んでいるんですねぇ

イメージ 4

有名な「泥」
これを顔に塗りたくって10分
美人になるそうです

小雪、小雨を繰り返しますが
温泉の中は暖かいです

イメージ 5

ちょっと晴れたかな?

イメージ 6

温泉プールの外側
近くに大きな地熱発電所

なんだかんだで
3時間以上も温泉に浸かっていました
(たぶん我が家の温泉最長記録)

イメージ 7

施設の外側にも「ブルー」がありました
散歩道になっているみたいです
ここを歩くのも楽しそうですが
帰りのバスは1時間1本なので乗らないと

ちなみに
ツアーバスと言いながら
1時間に1本のバスは自由選択
15:15発のバスでホテルに戻ります~

(続く)


ブルーラグーン温泉
ぬるいという評判ですが、そんなことなくて長風呂には丁度いいです
(お湯が熱い場所とぬるい場所があります)
でも
入浴料が高いのが難点
全てが高いアイスランドの中でも、特に高いのです
冬季料金で大人35ユーロ(5,000円!)
(ちなみに夏は40ユーロ)

だから
長風呂しないと勿体ない!

尻手駅にて「きらきらうえつ」南武線浜川崎折り返し&新鶴見で機関車重連

「きらきらうえつ」
という車両を使った団体列車が
八王子駅発で、
地元南武線・浜川崎駅経由で熱海方面まで走るそうです

以前何度か運転された
リゾート踊り子91号(立川→伊豆急下田)のコースのパクリみたいですが
せっかく好天ですから見に行きましょ

もちろん
線路的に面白い尻手駅まで

中央線人身事故で
出発が遅れたらしいですが
15分遅れ?くらいで
南武線をはるばる南下してきました

イメージ 1

きらきら…
ネーミング通り軽薄なカラーリング
(新潟で乗ろうとしたら「全車指定」と断られたイヤな電車)

イメージ 2

でも
意外と礼儀正しく
尻手駅の重要な分岐器の前で一時停止

イメージ 3

「浜出」の信号が青になりました

イメージ 4

ゆっくりと渡り線を通過して行きます

イメージ 5

米タンさんのこのシーンを見損なってしまったので
これで我慢しましょうか


浜川崎駅折り返しですから
同支線で追いかければ間に合うかな?


イメージ 6

残念ながら
八丁畷駅の手前で
団体列車は鶴見駅方面に走り去って行きました

イメージ 7

でも
東海道貨物線のこの場所で(線路)の走行シーンを見ることが出来るもの貴重

イメージ 8

線路デルタ地帯を快走!
軽薄な車両は目立っていいですね!


このあと
浜川崎駅、品川駅などを巡礼して


新川崎駅
13時頃は新鶴見の下り貨物列車のピークのようです
(ワムさんが居なくなってからとんと関心が薄れてしまい…)

イメージ 9

そんな中
機関区から
青い重機関車があの機関車を牽引してヤードの方へ走り出しました

JRになってから新造された(らしい)機関車
桃太郎や重機関車の陰に隠れてパッとしないヤツ
(私は「紫の君」とか呼んでいましたが)

イメージ 10

ひょっとして
早くも廃車回送?

イメージ 11

大丈夫でした
ヤードに停車中のタンク車を牽引してきました

イメージ 12

機関車重連が目の前を走ります
迫力ありすぎ~
(重連というより三重連?)


ということで
久々の線路巡礼オシマイ


夕方は
また洗足学園に無料ミュージカルを見に行きましたが
「Short! Short!」
ひたすら眠かったです
まだ時差ボケ?

今朝の
きらきらうえつ団体列車
帰路も南武線経由だったらしいです
ミュージカルの途中ですぐそばを行ってしまったらしい。残念

ところで
今回の団体列車
南武線経由のくせに途中駅では乗降できません。
何のためにわざわざ南武線経由で設定されたのでしょうね?
(いつものJRのヤラセ営業でしょうか)

アイスランド旅行記2:愛しのオーロラ…

アイスランド旅行記
まだ
初日の夜行活動編

何故この時期にアイスランドに来たかというと

オーロラが見られるから(9月-3月頃)

カナダや北欧の有名どころに比べて
比較的暖かく
昼間はフツーに観光できるのがウリ
おまけに
冬はオフシーズンなので安い

5年前のアラスカのリベンジなるか?
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/60502744.html
オーロラを見たいよう!

ここのオーロラツアーは
首都レイキャビクから
その日にオーロラが見えそうな場所に連れて行ってくれるシンプルなもの
防寒具は不要
東京の冬の格好で十分

ホテルに
17:30に迎えに来ますが、まだ明るい

1時間ほど走ると
どこかで見た場所で下車

昼間に立ち寄った
シングヴェトリル国立公園(地球の割れ目ギャウがあるところ)
そこの売店(休憩所)です

この小さな休憩所の中で
オーロラが出るのを待つ趣向らしいですが

イメージ 2

同じ目的の大型バスが続々と到着
あっという間に休憩所の中は満員
かろうじて椅子をゲットして
あとは人口密度が高い中を待つだけ

オーロラ
これを見たがるのは日本人だけ、と聞いたことがありますが

大嘘

欧米人も大好きです

イメージ 3

とにかく大混雑
椅子を離れたら立ちっぱなし地獄が待っているので死守

暗くなって
満点の星空

ときどき交代で外に出てオーロラをチェック

でも
出現しません

22:00頃
誰かが叫んだらしい

どっと
休憩所から外へ

このとき
外に出ていた奥さんが見つからず
そのまま外で
空を見上げることに

深夜の真っ暗な大群衆の中
奥さんの名前を絶叫して探します
大パニック映画みたい

なんとか
奥さん確保
持ってきた懐中電灯が役に立ちました

でも
肝心のオーロラは何処?

どこにいるんでしょうね??

相変わらず満点の星空ですが
オーロラさんはガセだったの…

そのまま外で星空を見上げていましたが
やっぱり寒い~

休憩所から出たり入ったり

いったい
何時までここに居られるのか分かりませんが

なんとなく
23時頃に
そこにいた全員がすべてのバスに戻って、悲しい出発

でも
帰路の途中でバスが停まりました
オーロラが見えたらしい情報が!?

しばらくして
バスは虚しくまた出発
これもガセだったみたい

車内でこんなアナウンス(英語)
本日は残念ながらオーロラ見られませんでしたが
お泊りのホテルのフロントに申し出ていただければ
明晩のオーロラツアーは無料で参加いただけます

「無料」で!

ここを聴きちがえてはいけません
当然、
ホテルフロントで明晩も予約。オ~ケ~

同じツアーだったらしい
同宿の日本人女性から尋ねられてしまいました
本当に無料でまた予約できるんですか?(日本語)

私の英語耳?にはそう聞こえたんですよ。うんうん

(ちゃんとホテルのフロントでも「無料」は再確認。身振り手振りで)


さて
この先のオーロラツアーはどうなったかというと

続く

じゃなくて
(話を引っ張っても仕方ないので、さっさと白状しちゃいます)


3日間の天気予報は
曇り、雨、雨

初日は予報は外れて快晴
夜も星空
もう
見られるならこの晩しかないと確信していました…

そして
その後の予報は当たってしまい

翌日は朝から小雪
夕方は雨
オーロラツアーは中止
(16時の段階で旅行会社が判断、各ホテルに掲示されます)

もちろん
さらに翌晩も予約!プリーズ

そして運命の3日目
最後の夜

なんと朝から土砂降り…

イメージ 1

はっはっは

こうして
アイスランドの地にての
オーロラリベンジは

リベンジならず


でも
冬のアイスランドは楽しいですよ~
まだまだ続く

アイスランド旅行記1:怒涛のゴールデンサークルツアー編(地の果てで迷子!?)

氷の国、
アイスランド旅行記

初日(レイキャビク深夜到着の翌日)
いきなり
ゴールデンサークルツアー参加です

世界のあちこちに同じような名前の観光地がありますが
ここアイスランドでは

ギャウ(地球の割れ目)
グトルフォスの滝
ゲイシール間欠泉

という3点セットを日帰りで楽しむこと
冬でも開催されるアイスランド観光最大の目玉

ホテルのピックアップは8:00
送迎バスから超大型バスに乗り換え

英語だけの混載ツアーです
満員ですが日本人客はいないみたい
何を説明しているのかさっぱり
(グレッシャーとボルケーノしか分かりません)

でも
車窓は素晴らしい(前から2列目をゲット)

イメージ 1

美しい雪景色
日本と違うのは「樹」が全くないこと

1時間くらい走って
シングヴェトリル国立公園に到着

バスのガイドの説明では
○○分後に別の場所で待っているから
さっさと見学しておいで(英語)
という感じ
(集合時間をボードに書いてくれれば分かりやすいのに)

イメージ 2

ここが
地球の割れ目「ギャウ」
大陸のプレートの境目を地上で見ることができる貴重な場所

北アメリカ大陸プレート(左)とユーラシア大陸プレート(右)

イメージ 3

この裂け目の間を歩くことが出来ます
素晴らしい!
興奮して二人でどんどん歩いて行きます

イメージ 4

裂け目のは美しい川と絵になる教会

イメージ 5

その先にちょっとした広場
ツアー客が集まっています
ここは
西暦930年に
世界初の民主的議会(アルシング)が開かれた場所として有名
(教科書にも載っていましたよ!)

イメージ 6

その背後には
ちょいと面白い石の壁

イメージ 7

いよいよ裂け目を横断!
(この時、この集団は一緒のバスツアー客だと疑いませんでした)

イメージ 8

途中の川
雪で覆われていますが
どこにでもコインを投げてしまう人がいるらしい

イメージ 9

割れ目に建つ教会が目の前に


川を渡るとユーラシア大陸(プレート)
ジープがたくさん待っています
バスはいません
あれ?
ここからジープツアーになるの?

ガイドみたいな人に聞いてみると
あんた誰?

・・・

集合場所を間違えた?

バスを降りた場所
つまりアメリカ大陸まで戻らないといけないの??

地の果てアイスランドで
初日に早くも迷子になって
置いてけぼりでしょうか

走って戻るしかないと思った瞬間
遠くからバスがやって来ました

イメージ 10

ああ、良かった

見れば見るほどデカいバスです
このツアー客は
後からバラバラと歩いて来ました

つまり
私たちが興奮してさっさと先に歩いてしまい
前を歩く別の集団に紛れ込んでしまったのね


ここから少し移動して国立公園の休憩所

イメージ 11

さらに雪道を東へ

イメージ 12

バスを降りてちょいと歩くと

イメージ 13

グトルフォスの滝!

イメージ 14

このとき
最高の晴天!
いい時に来ました♪
虹がかからないかな?

イメージ 15

ここでランチタイム
日本から持ち込んだパンをパクリ

イメージ 16

夏場は
もっと滝の近くまで行けるそうですが(雪道は危ないので閉鎖)
ここから見るので大興奮
積雪がいいです


滝を堪能した後は
間欠泉(ゲイシール)エリア

ここは有料なんです(聞いてないよぅ)
でも入らずにはいられません

間欠泉が大小あります

イメージ 17

100度もあるから触っちゃダメ

イメージ 18

ここにもコインを投げちゃうおバカさんは多数いるみたいです

名前にもなっているゲイシールという名前の間欠泉は
今はほとんど吹き上がらないそうですが

その代わり
ストロックルという名前の間欠泉が派手に吹きあげてくれます

イメージ 19

数分おきに吹きあげます
これを間近で待つのが楽しい♪

そろそろかな
そろそろかな

イメージ 20

ブファ~!!

一番最初の回の時
あまりの迫力に
思わずのけぞってしまいました

こんなに楽しいけど
30分くらいしか時間がありません
それでも
6回くらいはブファ~を見られたかな?


これで
ゴールデンサークルツアーはお終いかなと思ったら

帰路は別の道
島の南側を経由します

イメージ 21

途中で
ちょいと美しい滝に寄り道
(さきほどのゲトルフォスの滝とは別物)

イメージ 22

グッドデザイン賞をあげたくなる教会
(この日は葬式があって中には入れず)

イメージ 23

さらに
地熱エリアに突入

イメージ 24

地熱発電を見学できるのかと思ったら
真新しい地熱博物館を見学できるだけ
しかも有料、高い

イメージ 25

ただでさえ英語で分からないのに入りません
他のツアー客も半分以上は入らず
併設の喫茶店でお茶

ウチは
外に出て建物裏の危険エリア?の発電設備と
キレイな雪山を楽しみますぅ(無料!)

発電所ですから
当然高圧鉄塔もたくさんあります

イメージ 26

アイスランドの自然と
美しい鉄塔3種のコラボレーションをお楽しみください

イメージ 27

途中に
ウマの放牧地もたくさんありました
かわいいけど
食用なのかな?


こんなんで
アイスランドのゴールデンサークルツアーは終了
首都レイキャビクから100キロちょっとのエリアをぐるりと周遊した感じ
ゴールデンの名に恥じない充実した内容でした
ホテルに戻ったのは17時頃

途中
ガイドさんが
今晩は晴天
最高の○○が見られるハズですとのこと
(英語なので、そんな感じ)

期待しちゃいました…

とにかく
晴天で大満足
迷子になりかけて焦ったのもいい思い出

初日はまだまだ続きます~


(調子に乗って写真を載せ過ぎたら画像使用率が31%カウント。やば)

氷の国は遠かったですぅ

お久しぶりです

ちょいと
地の果ての「氷の国」まで行って来ました

イメージ 3

この辺り↑

日本から直行便はないので
スカンジナビア航空で
コペンハーゲン経由が一般的

それでもコペンハーゲンまで片道11時間半
乗り換えで
さらに3時間!

コペンハーゲンで4時間の乗り換え時間があります
ここの市内観光もしてしまおうと張り切っていましたが

成田空港にて
すでに出発時刻変更で40分遅れ
実際の離陸はもっと遅れてしまい

コペンハーゲンの空港
残る乗り換え時間は3時間くらい
しかもトランジット(乗り換え)の方に歩いてしまい
いまさら市内(出国)するのは諦めました

おまけに雨でしたが
ちょうど上がったみたい

イメージ 2

夕陽がキレイ
空港内はちょっとしたビューポイント
(飛行機に顔があるのはナゼ?)

市内観光は出来ませんでしたが
その代わりに
空港内のはこんなモノがあります

イメージ 1

コペンハーゲン名物、人魚姫(のレプリカ)
足があります
足ひれを付けた人魚姫

ちなみに
スカンジナビア航空は
機内サービスのビールが出ません

奥さんが
機内用の寝酒が欲しいというので
空港で購入
北欧はとっても物価が高いです
免税で6本パックも買ってしまいました
これはさらに物価が高い
氷の国のホテルまで持込み♪


飛行機に通算14時間以上も乗って
ようやく
氷の国に深夜到着

疲れているヒマなんかありません
翌朝から
ガンガン観光しまくり


6日間の強行軍
何故ココに?
何故年度末の忙しいときに?
その辺の事情はまた今度

帰国したばかりなので
旅行記の初回はここまで

明日から
ガンガン続きを書きます
じゃなくて会社で仕事しますぅ

(この先、線路の話が出てくるのはたぶん最終回。見捨てないでね)


6日間のお休み期間中、
何も書かないのに訪問者数3,400ほどいただきました
毎度ありがとうございます

線路閉鎖のお知らせ

しばらく
お休みでございます


昨日の火災事故で
首都高はまだ一部閉鎖中ですけど

空港までは、
安全で安くて快適な鉄道ですから、
大丈夫(のはず)

大きなスーツケースを持って
ラッシュの電車をどうやって突破するか悩みましたが

今日は祝日でした~♪
それでは

首都高火災 &南武線新貨物列車?

午後
渋谷の街に
サイレンの音が響きわたり
黒煙が上がりました

ビル火災!?

傘をさして
現場確認に走ると

首都高速(玉川線)と
道玄坂の通りが交わる場所
そこから黒煙と異臭が

イメージ 1

ビル火災じゃなくて
高速道路の下が燃えていました

イメージ 2

燃えていた車両
たぶん橋脚工事の作業車両では?

ここは渋谷駅発の路線バスが走る交通の要路
高速バス、空港バスもたくさん走ります
私も
バスでよく通ります

火が消えた後も
現場は交通遮断

イメージ 3

なかなかシュールな光景
このあと
どうなったのかな?

ちょっと驚きなのは
これだけの大騒ぎなのに
気が付かない人
関心を示さない人が多いこと
う~ん?


今朝は
相鉄が21世紀のストライキをしてくれたり
鉄道の話題も豊富なのですが

旅行の準備とかあるので
この辺で失礼


おまけ
20:50頃
南武線から汽笛が!
武蔵溝ノ口駅をタンク貨物列車(緑)が下っていきました
ダイヤ改正で
米タン亡き後
こんな時間に貨物列車の設定が出来たのかしら
楽しみ?

最長老?

銀座で職場の飲み会
18時半から22時まで
長すぎますぅ

2次会は断固拒否
奥さんが心配していますから

私の上司が
定年で異動することになりました
その慰労会でもあったのですけど

その後任は
私より1歳年下らしい

それはまぁいいのですが、
おかげで
今の職場で私が最長老になってしまうのではないかという恐れが


酔って帰ったので
線路記事ありません~

旅行の準備もできない~
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR