FC2ブログ

晴れの河津桜!片道4時間かけて伊豆急でGO

河津桜
早起きして奥さんと日帰りして来ました
今日は絶対晴れる?という妙な自信で
片道4時間かけて(笑)

熱海駅から伊豆急下田行き
元東急の改造電車に乗ります
海側席をしっかりキープ
車内は立客も多数

6両編成で
後ろ3両は伊豆高原駅で切り離し
ところが
伊東駅を出たあたりで

本日は車内混雑のため、6両とも下田まで行きます、だって

熱海駅の段階で混雑は分かっているんだから
初めからそうすればいいのに

イメージ 5

河津駅に到着
ホームからももう河津桜が見えます
乗ってきた電車を見送り

改札口は大混雑でしたが、
簡易suica対応になっていて良かった

河津駅から
川沿いに歩いていきます(駅から近いのがいいですね)

イメージ 6

伊豆急の橋梁がスタート地点
ここで電車が来るといい感じですが…(奥さん同伴なので断念)


川沿いに歩きます
いい天気で桜は満開
露店がぎっしり
でも、しばらくはパッとしない
菜の花が咲いていないのです

イメージ 7

歩いていくと
だんだん
菜の花も咲いて来ました

イメージ 8

河原に降りて
それらしくなってきましたね
ポスターなんかで良く見かける光景
私のイメージでは
菜の花も咲いてないと
河津桜じゃありません(笑)

川沿いに3キロくらい
いい感じで河津桜が続きます

終点?で折り返して
川の反対側を歩いて戻ります

途中
峰温泉大噴水公園というのがあって
1時間おきに噴き上げるのだとか

イメージ 9

意外と凄いイベント
風が無ければこれを倍は吹きあげるのだとか
毎時30分とタイマー制御されているところが笑えますけど

イメージ 10

キレイな足湯もあります
これがものすごく熱い!

イメージ 11


イメージ 1


イメージ 2

お昼になりました
河津桜と菜の花が更にキレイに


川から少し離れて
河津桜の「原木」を見に行きます

イメージ 12

原木は一般の方の庭先なんです

イメージ 13

だから
お庭に入っちゃダメ

たぶん日本一有名な個人所有の桜なんじゃないかしら

イメージ 14

原木というくらいですから古木だと思うのですが
花弁はとてもキレイ

イメージ 15

おまけにロックガーデン風でおしゃれ


川に戻ります
ちょっと寄り道すると

イメージ 3

畑に中にこんないい光景
お散歩日和ですねぇ


再び川沿いに戻ります

イメージ 16

東海バスが走っていきます~
電車は見えなかったので路線バスでガマン(笑)


川沿いの細い道は
すごい混雑
早朝から来ておいて良かった


伊豆急の橋梁をくぐって
海側に歩いていきます

イメージ 17

川幅が広くなっていますね

イメージ 4

すぐに海沿いです
ここの橋からも伊豆急電車がちょうど走って来るのを見ようとしましたが
電車は遅れているみたい
またも断念

駅前で
発泡酒と名物のサンマ寿司を購入
奥さんはキンメ寿司を食べたがっていましたが
もう売り切れだって、ゴメンね

ホームに上がると待ち客で大混雑

これは
座れそうもないので
イメージ 18

ホームで立ち飲み喰いしちゃいました(笑)

上り電車の車内は
田園都市線並みの混雑

でも
途中の伊豆高原駅でずいぶん降りたみたいで
向き相席をゲット出来ました、良かった


おまけ
伊東駅にて
イメージ 19

寝台電車が停まっていました
また小遣い稼ぎのイベント電車に使われたのかしら

また4時間かけてご帰宅
すぐに風呂に入って温泉宿気分?(笑)

疲れました~
でも
行って良かったです

お花は晴れが一番

すぐに寝たいけど
ブログ書かなきゃ(苦笑)

後で知ったのですが
この日は相当混雑したらしくて
電車は踊り子号を超満員だったそうです
早く行って、早く帰って良かったですぅ


(行程メモ)
最寄り駅5:26→中央林間→相模大野→小田原7:13/7:18→熱海7:42/55→河津9:09
川に沿って河津桜往復
河津14:07→熱海15:42/49→小田原16:12/16:27→→→最寄り駅17:59
小田急株主優待券利用
熱海-河津は2,037円
(うち伊豆急だけで1,368円、高すぎます泣)

なんとか格安バスツアーより安く済ませました
鉄道旅は
思いたったら行けるのがいいですね!
スポンサーサイト



1996年南海高野線で高野山を線路巡礼

1996年10月末
大阪出張を済ませた後、自由行動

未乗車の阪急の短い支線をすべて巡礼してから、
南海高野線に乗って泉北高速線を往復

さらに
高野線の終点を目指します

橋本駅

イメージ 2

JR和歌山線との接続駅

イメージ 3

南海側には
いい感じの車庫が残った検車区があります


橋本駅で一番気になるのは
南海と国鉄(JR)の線路はつながっていたのかな?ということ

少し話は遡って
1993年
JR和歌山線の和歌山行き電車からの車窓

イメージ 1

(1993年の橋本駅)
国鉄と南海はつながっていたのです。動かぬ証拠
せっかく線路幅が一緒なんだから
もう一度つなげて直通列車を走らせましょうよ


1996年に話を戻して
高野線の電車は高野山を目指して勾配を登って行きます

極楽橋駅

イメージ 4

登って来た難波駅方は
まるでスイッチバックみたい

イメージ 5

線路終端は行き止まりですが
そのままケーブルカー乗り場に続きます

南海の路線図では
高野線の終端は極楽橋駅じゃなくて
次の高野山駅みたいになっていました
直通?

イメージ 6

ケーブルカー
やっぱり電車じゃそのまま登れないみたい

イメージ 7

高野山駅
駅前はバスターミナルみたいで
ここから高野山奥の院まで行きます

高野山
歴史好きとしては一応押さえておきたい場所

何が有名なんだか忘れましたが

歴史的有名人の墓がたくさんあることだけは覚えています

イメージ 8

織田信長がいるのに

イメージ 9

明智光秀もいます
ムチャクチャですね

その他、
武田信玄、伊達政宗、柴田勝家、石田三成、とかたくさん

ここに来るだけで
日本史の旅が出来ます?

これだけ見て帰っようで
弘法大師から密教を教わる時間はなかったみたい

イメージ 10

帰りの極楽橋駅
ケーブルカー連絡通路がいい感じ


翌日は
京阪電車巡りをしました
この話はまた今度

鞍馬天狗(竹脇無我)、あの伝説のオープニングが白馬に乗って帰って来ました

久々に時代劇の話

「鞍馬天狗」

1974年のドラマ
先週からBSフジで毎朝放映しているのです

イメージ 1

やたら威勢のいいオープニングが大好き

初めて見たのは再放送
大学生かな
その時の放送の一部(オープニング)を
買ったばかりのβビデオに録画
それをダビングを繰り返して大事に保存してきました

まさか
またそれを生で見ることが出来るとは。感激

イメージ 2

主演は
鞍馬天狗:竹脇無我

ストーリーはかなりムチャクチャ
鞍馬天狗は幕末の反体制派
体制派の新撰組が大キライ
無名の隊士を
まるでショッカーの戦闘員のように斬りまくります
新選組ファンが見たら激怒でしょうね(笑)

相手役(かませ犬)の新選組もおかしくて

イメージ 3

近藤さんは
鞍馬天狗を敵ながらあっぱれと称賛してしまうノーテンキ

土方さんは
それが許せない

イメージ 4

局中法度に背くのであれば、
近藤さんでも斬る
あんたを殺して俺も死ぬ

ひょっとしてクライマックス!?

イメージ 5

成田三樹夫の土方さんもいいですねぇ

「燃えよ剣」の栗塚旭より良かったりして?

新選組ファンも必見かも



今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」
ちょっとヤバいですね
受信料払っているので
歴史好き国民の義務として毎年見ていますけど
これはツライ

視聴率回復のためには
早く土方さんを登場させるのが手っ取り早いと思いますが
鞍馬天狗は別に出なくていいです(笑)



竹脇鞍馬天狗のオープニングがいつまでも頭を離れません~♪

追記(2016.12)
名作「江戸を斬る」もこのメンバーでしたね
記事はこちら

尾久から出て来る推進回送運転、田端の線路夜景もステキです

会社帰りに
尾久車両センターの踏切に行って来ました

北斗星の推進回送運転が尾久を出発するところを見たい!

晴れなので
ひょっとしたらまだ明るいんじゃないかと


田端駅から歩きます
まだ全然暗いです
日が長いときに来ておけば問題なかったのに

イメージ 1

でも
こんな線路光景もステキ

推進回送はどの線路から出て来るのか全く分からず

私は左側から出て来ると思っていましたが

踏切が鳴って

イメージ 2

おや
意外な線路から出てきました

イメージ 3

すばらしい
すでに貫通扉を開けて掛員さん仁王立ち
これが見たかった♪

イメージ 4

目の前を通過
興奮して手ぶれブレブレ

行っちゃいました


せっかくですから
田端操車場も線路を見学

イメージ 5

ここの夜景線路も素晴らしい
夜は扉は閉められているのですね

イメージ 6

いい線路ですねぇ

イメージ 7

夜の分岐器もまたステキ

イメージ 8

こういうのも
昼間よりも夜の方が趣があります


田端駅にて
ホームからこんな看板が見えます

イメージ 9

昼間は全く目立ちませんが
JR貨物の看板の機関車
前照灯も点滅するんですよ


日暮里駅にて

イメージ 10

せっかくですから
さきほどの北斗星が出発するのをお見送り

イメージ 11

食堂車かな?

イメージ 12

怪しいホテルのネオンと共に



廃止まであとわずか
毎度おなじみのバカ騒ぎの前に
ひっそりと鑑賞

夜の線路も意外と良かったですね

南武線廃車回送2回もお見送り、悲し過ぎて目が痒くなってしまいました

南武線廃車回送

立川駅にて
南武線ホームで見ようかな、
やっぱり中央線ホームにしようと
まだ時間があると思って移動して来たら

イメージ 1

到着しちゃいました
南武線から中央線側線に入って来るシーン見過ごし(泣)
早着じゃないの
なんて回送なんだから関係ないけど(苦笑)

イメージ 2

7番線の南武線電車とちょっとだけ顔合わせ

イメージ 3

中央本線上り貨物列車到着

イメージ 4

廃車回送とも顔合わせ(豪華だ!)

イメージ 5

さらに
青梅短絡線から米タンさんも来たよ!

イメージ 6

先ほどの上り貨物列車とわずか2分違い
ちょっとダイヤが乱れれば
両貨物列車が並走して立川駅に到着するするシーンが見られるかもしれませんね
奇跡の出逢い?

米タンさんの到着と共に
すぐに南武線廃車回送が出発
南武線の線路で何度も顔を合わせた仲かしら

イメージ 7

かろうじて
米タンさんのお尻が廃車回送をお見送り

イメージ 8

このシーンが切ないですねぇ
南武線立川駅から最後の旅へ


せっかく
感動の別れを済ませたのですが、
八王子駅に追いかけてしまいます(笑)

イメージ 9

八王子の美しい線路に
ちょこんと停車中

イメージ 10

ライバル(?)横浜線の線路の隣

イメージ 11

長野に向けてすぐに出発です

イメージ 12

また
切なく美しい線路シーン
一度に2回も見られてお得(殴)



悲しいお見送りをし過ぎたら、
思わず目頭が…


痒くなってしまいました

あ~あ
今春の花粉症来ちゃった

風邪をひいていると
花粉症が遅れるのかな、なんて勝手に期待していましたが
ダメでした

泣きながら…

週末の渋谷駅の工事の様子&ふるさと納税デコポン到着

週末に
奥さんと渋谷をブラブラしてしまったので

いつもと違う視点で
旧東横線渋谷駅工事現場を見学

渋谷駅の仮囲い

イメージ 1

カワイイのぞき穴付きだったんですね

覗くと
こんな感じ

イメージ 2

駅が全く残っていないのが、ちょっと切ない

突当りの壁にこんな名言が

イメージ 3

向こう側は
山手貨物線の線路なんです

このあたりに
埼京線ホームが移転してくるのかしら
JR利用者は便利になりますね
(肝心の東横線は…)


銀座線の橋の隣りに
新しく橋梁が出来ているのですが

イメージ 4

大きな黄色いクレーン車が登場
銀座線カラーとお似合いです

銀座線渋谷駅ホームはココに移転してくるそうです


閉館間近の東急プラザ

イメージ 5

入口に東急バスの写真スポット?が登場しました
バス写真展もやっています
これは一見の価値あり


おまけ
2015年ふるさと納税第4弾が到着

イメージ 6

デコポン!(長島町から)
美味しいです

ちなみに長島町と言うのは鹿児島県
八代海に「長島」という島があります、そのまんまの町名
天草にも近い
勉強になりますねぇ

タブレット・プレゼント & 渋谷ホルモン&ふるさと納税第3弾

この週末
土日とも奥さんと渋谷へ

ついに
タブレットパソコンを買う(買ってあげる)ことに

Yahooを見るだけなら
何を買っても同じらしいです
だったら一番安いヤツ、のはずだったのですが

金曜日に一緒に地元でチェック
7インチで
YAMADAのEveryPad14,800円の予定でしたが
8インチの方に目が行ってしまいます

渋谷のビックカメラに安いのが売っているので(事前チェック済み)
善は急げということで
土曜日に買に行きますが

ホワイトがないので
取り寄せ
これがすぐに届いたので
今日もまた渋谷へ

NECのLaVie Tab16,800円(ポイント10%還元)

イメージ 3

梱包のビニール
このマークは何なのかしら
タブレットで自殺禁止の意味?

無線LANに簡単につながると思っていましたが…

つながらない(汗)

使えないよぅ(泣)

さんざん悩んだ挙句
どうやら
パスワードを間違えていたらしい(殴)

イメージ 4

無事に「線路巡礼」も確認できました。メデタシ

これ
奥さんへのお誕生日プレゼントなんですよ(一週間遅れ)
こんなに大金を使ってしまったことを
ちゃんと書いて残しておかないと(笑)


私は
あいかわらずスマホもタブレットも不要です
余計な通信費を払うのが理解できない
自宅ノートパソコンと携帯電話があれば十分
(奥さんもタブレットは自宅用ですけど)


おまけ
二日連続で
渋谷東急プラザの食品売場

イメージ 2

地下の「渋谷ホルモン」が大好き
安い

二日連続で購入

二日連続で焼肉三昧です

(この店が来月閉館なのは痛い)


さらに
ふるさと納税2015の第3弾も到着

毎度おなじみ足寄町から

イメージ 1

今度はソーセージ
いいじゃんいいじゃん
お肉食べまくりです~


奥さんに付き合って
洗足学園の無料ミュージカルにも行きました
「若草物語」

寝てました
犯罪4姉妹、という言葉だけ覚えています
べスはいい娘らしい

ずっと寝ていて恥ずかしい、と
途中で退出させられてしまいました(笑)


咳が治らないんですよ~
どうしましょ

1996年、横浜ドリームランドとモノレール(夢の国の思い出は線路跡だけ…)

1996年10月
奥さんと横浜ドリームランドに行きました

たぶん
新聞屋さんからチケット貰ったんじゃないかしら

ドリームランドって何処?
昔々、大船駅からモノレールがあったことしか知りません
相鉄線いずみ野駅から路線バスに乗ると行けるらしい

そもそも
横浜ドリームランドって何でしたっけ
夢の国?(笑)

イメージ 3

これが夢の国の入口
空いてますねぇ
背後にモノレールの線路の廃墟があります
こちらの方が気になります

入場券だけ貰ったみたいで
中の有料アトラクションの記憶が一切ありません

唯一
残っている写真がこれ

イメージ 1

衛兵が有名だったらしいのですが、
どうやって掌の上に上ったのかしら?

ドリームランドの観光はあっさりと
お楽しみはこの後

イメージ 2

これが
モノレールの終点
ドリームランド駅(休止中かな)

イメージ 4

ホームは倉庫代わりに有効利用されているようですが
モノレールの車両は何処にいったのかしら?

イメージ 5

ドリームランドを出ると
こんな感じでモノレールの廃墟が続いています
圧巻ですねぇ

イメージ 6

複線ですが
すでに一部は撤去済み

この後
横浜に出て帰ったのですが
どういう路線バスに乗ったのかしら


横浜ドリームランドは
この後も細々と生き延びましたが2002年に閉園だそうです
ネズミの国に負けたのかしら
跡地は例によって再開発マンション
その交通手段としてモノレールの復活が噂されましたが

やっぱり
噂で終わりました

もう
ドリームランドモノレールの廃墟も残っていないみたいです


溝口ブロックス、駅前に残念な商業施設出来ました、線路は良く見えるのですが…

武蔵溝ノ口駅前に
妙な建物が出現

工事中、何が出来るのか全く分からず
コナミスポーツクラブが出来ないかなぁ、と
奥さんは期待していたのですが

イメージ 1

(これは先月、店の看板がかかりました)
ホームから見えます
留置線の向こう側
ゴールドジム(残念)と小さい店がたくさん

今日が
開業日でした
さっそく奥さんと見学

溝口ブロックス、という冴えない名前


開業当日だというのに
飲食店は
あまり安くありません
スルー

2Fに「勉強カフェ」

内見が出来ます

受験生用かと思ったら
大人向け
こういうのが流行っているらしい

イメージ 2

南武線の線路が見えます!
ここなら大人の勉強もはかどりますね
線路ブログをここで書いてみたいです(笑)

セブンイレブンが出来ましたけど
悲しいくらい空いています

チラシを持っていくと粗品をくれるというので
奥さんが2枚用意

何も買わなくてもいいのですが

奥さんがシュークリーム欲しいというのでひとつだけ購入80円


イメージ 4

じゃん!
本日の収穫
カリカリトリプルチーズ2箱

次は
閉店セールかな(笑)

イメージ 3

ちなみに
ゴールドジムは工事が全く手つかずで
オープンは5月らしいです
なのに大きな看板が堂々と
もう滅茶苦茶ですね


最近の武蔵小杉の盛況ぶりには大負けです
同じ南武線のライバル駅(?)として
ちょっと残念

1996年秋、大清水から歩く尾瀬は辛い~&紅葉してない高尾山

1996年9月
夫婦で初めて尾瀬に行きました
安い夜行日帰りバス

大清水

尾瀬にはいくつか入口があるのですが
一番面倒くさい場所

バスを降りて
普通の道を延々と歩きます

早く水芭蕉を見たいよう

イメージ 1

やっと
湿原に到着

イメージ 2

歩いて疲れた分
感動もひとしお?

イメージ 3

ちなみに
ウチの奥さんは
学生時代に何度も尾瀬に来て、
あの山にも登ったり、山小屋に泊まったこともあるらしい
尾瀬ガール?
(写真の山は大雨で途中までしか登れなかった、らしい)

私は学生時代にはそういうことは一切せず
夜行列車で泊まってました
線路おバカでした(笑)


尾瀬夜行バスツアーには帰路に立ち寄り湯もついていましたが
何処に行ったんだろ?


この大清水ルートはさすがに懲りて
何年か後に
鳩待峠ルートの夜行バスツアーに再チャレンジ
ものすごく楽でした(笑)

本当は列車で行ってみたいのですが
路線バスのアクセスが悪そうで

東武の夜行尾瀬行はまだ健在なので
一度乗っておこうかな?


さらに
この年(1996年)の11月
夫婦で高尾山へ

イメージ 4

高尾山の紅葉を初体験
今度はちゃんと線路を利用しています
高尾山口駅の線路終端は今と同じですね

イメージ 5

これは
ケーブルカーなんかに乗らないで
登山道を行きますよ、というポーズ

イメージ 6

山頂の紅葉はこれだけだったみたい(笑)

この時から今に至るまで
高尾山には何回登ったのかしら
(京王線は安いからもっと利用しなくちゃ)


ちょっと今日の記事は線路が少ないですが
自分の歴史を書くのが目的なので
こんなこともありました、ということです
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR