FC2ブログ

お馬鹿夫婦、渋谷お馬鹿ハロウィンに突入!(いちおうハロウィンなんかより特別な日なので)

本日2本目
おバカ迷惑と言いながら
やっぱり気になるので渋谷へ
咳き込んで午前中医者に行った奥さんまで同伴(爆)

16:30
まだ街は大人しいです
イメージ 1

でも
おバカさんたちは着々と準備中
イメージ 2

寒くないのかなぁ

とりあえず関係各所を見て回って(ちょっとお仕事関係)
やっぱりトイレはお馬鹿のメイクで大迷惑状態

それでは戦地へ突入!
イメージ 3

スクランブル交差点では
いよいよ交通整理開始
機動隊の出番です
イメージ 4

センター街入口
早くも大馬鹿発見(これはプロモ―ションかな、イヤらしい)
イメージ 5

ハロウウィンのセンター街
ここを歩くのは至難の技
渋谷慣れしていないとちょっとムリ?
イメージ 6

おバカさんをかきわけかきわけ

もうもう
スゴイスゴイ

本日
夫婦で外出する理由があったのです
ちょっとした記念日
いつにまにかハロウィンの日になっていました
ウチの記念日の方が早かったのに?

「肉酒場えこひいき」
先月行って気に入ったので再び
またシュラスコ料理をご注文
イメージ 7

店員さんもハロィンメイク

写真撮ったら
見せて下さい
ちょっと口元が気に入らないので
もう1回撮って下さい
だって(笑)
さすが渋谷は違うなぁ

この日のサービスで
簡易ハロウィンメイクを無料でしてくれます
イメージ 8

でも奥さんには声をかけてくれません
年齢制限?(殴)
何でだよ
ということで、やってもらうことに
イメージ 9

こんな感じ
たいそうお気に入りです
ニャぁ
イメージ 10

ちなみに
今回のハロウィンは
ミニスカポリスと白雪姫が異常に多いです
ドンキホーテの売れ筋?

酔っぱらって駅に戻ります
センター街は危ないので
本店通りを

イメージ 11

スクランブル交差点
ますます盛り上がって来ました
イメージ 12

交差点で立ち止まるのは迷惑なので
こんなピンボケ写真でも
イメージ 14

駅通路からの観客もスゴイ

ちなみに
お馬鹿率(仮装率)は30%くらい
女の子が目立ちます、スゴイね(男は敢えて見ない)

それでは
ちょっと明るいところで
渋谷お馬鹿コレクション
イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

最後はいわゆる従軍慰安婦かな?(殴)
みなさん
寒くないのかしら

遅くならないうちにご帰宅
まだまだお馬鹿はどんどん来ますけど
イメージ 21

この方々はもう帰るのでしょうか
イメージ 22

この人
乗れるのかな?(乗れました)

ちなみに
奥さんはマスクして帰りましたとさ、ニャぁ

帰宅後TVをみたら
スクランブル交差点はもはや危険な状態
早く帰ってきて良かった

明日の朝は
またゴミがスゴイのかな
お馬鹿と屑共の境目ですが
あの配布ゴミ袋は役に立つのかしら?

明日からクリスマスです(爆)
スポンサーサイト



渋谷UNHAPPY HALLOWEEN!せいぜいゴミ袋で楽しみましょう(笑)

お勤め先が渋谷なので
あのバカな話題から避けられないのです

UNHAPPY HALLOWEEN
イメージ 1

昨日の昼間の渋谷
まだ大人しかったのですが

夜は酷かったらしい
まだ前日なのに
(早く帰って良かった?のかな)

昨年
渋谷の街はおバカさんで溢れました
渋谷警察はノーマークで大混乱
その失態を挽回すべく
今年は異様に張り切っているのですが
まさか前日からおバカ状態になるとは?

もっと酷いのが
ゴミ

屑どもがクズをまき散らすのです

おバカ具合は同じ程度の東京都の役人は
事前にゴミ袋を配っていましたが
屑共にその場で使わせなきゃ意味ないじゃん

でも
このゴミ袋がかわいいので
イメージ 2

本日はこれを使っておとなしくお家で遊んでます
私も奥さんも咳がひどくて、特に奥さんが(泣)

さて渋谷の話に戻りますが
なにより一番迷惑なのは
トイレで着替えや写真撮りをするドバカ共なんです

午後はちょっと
偵察に行きますか
寒いからイヤだなぁ

続く、かも

→続いちゃいました
渋谷お馬鹿ハロウィン編


ちなみに
本場のハロウィンというのは
TRICK or TREAT
お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ
という悪質な強迫行為を正当化してしまうすごいイベントらしいのですが
どんな悪戯されちゃうのでしょうか?(興味津々、殴)

線路巡礼1998:越中島貨物線小名木川貨物駅(大きな貨物駅だったのにひっそりと終焉)

1998年12月
越中島貨物線を巡礼
イメージ 3

越中島駅(貨物)
イメージ 4

この先の晴海や豊洲にのびていた東京都港湾局の線路(すでに廃線)は
何度か見に歩いているのですが
その根っこの越中島貨物線は意外とこれが初めて
イメージ 2

廃線線側から見たところ
イメージ 1

車止めの先
ちょっと線路は残っていましたが

この駅は
レールセンターという施設に併設
そこからのレール運搬を担っています

駅の入口付近
イメージ 5

JRバスの駐車場がこんなところにありました
イメージ 6

運河側には
船からレールを搬入する施設もあります

ところで
この時の写真
当時使っていたデジカメには「パノラマ撮影」という機能が付いていて
どうやらこのモードを入れっぱなし
おかげで
写真は全てパノラマサイズに(笑)
ということで
今回の記事は横長のパノラマサイズを基準にお送りします
(いつもトリミングしていますけど、今回は横長を特に強調!)

越中島貨物線に沿って北に歩きます
イメージ 7

沿線の地図(北は右)
ヒゲみたいな専用線もあったらしい
イメージ 8

この辺りの線路
単線ですけど複線用地もしっかり確保されています

途中の小名木川駅(貨物)
イメージ 9

これは引上げ線でしょうか
イメージ 10

ちょっと醜い構図ですが
これが小名木川貨物駅
起点の新小岩貨物駅からはスイッチバックで出入線方式

イメージ 11

駅舎も立派な大きな貨物駅
イメージ 12

青いスイッチャーさんの入換見たかったですね

イメージ 13

沿線には
大きな道路の踏切もありました
DEさんが横切るシーンが見事

この先
亀戸駅に続くわけですが
この日はこの辺りで引上げ

イメージ 14

(貨物事務用線路図より)
盛況そうに見えた小名木川貨物駅ですが
この2年後の2000年に廃止
あまり話題にもならずに
貨物取扱いは隅田川貨物に統合されてしまったそうです

越中島駅のレール取扱いは従来通りのようで
おかげで越中島貨物線自体は健在
亀戸付近を走るチキさんは何度か見ています

でも
私はレール運搬より
たとえコンテナでも貨物列車の方がいいですね
もっと小名木川貨物をよく見ておけば良かった…

パノラマサイズの巡礼記事、おしまい


越中島貨物線、亀戸駅の高架橋の記事はこちら
魅惑の5線路音符区間(懐かし)の記事はこちら

線路巡礼1998:立川陸軍飛行場専用線、立川駅から小さな線路の森を通って

1998年11月
フラリと立川に来ました
当時、
中央線車窓から見えていた立川駅から新宿駅方の「謎の市場」
その近くには線路も分岐しています
これは歩いて見に行かねば

中央線脇の市場
イメージ 1

青果市場でした
すでに使われていない模様
それにしても立派なお屋根

この市場の少し先に
思わせぶりな線路の一部が残っています
イメージ 2

これは立川陸軍飛行場(飛行機)専用線の跡

立川駅の北側に陸軍飛行場があって
ここから左回りにグルッと廻ってつながっていました
だから距離は結構長い

分岐するとすぐに踏切があったのですね
イメージ 3

中央線のオレンジ電車が懐かしい

そのすぐ近く
こんな小さい森がありました
そこには小さな踏切跡が健在
子供がずっと遊んでいて、秘密基地だったのかな?
イメージ 4

ものすごくいい感じの秘密の森
トトロの森よりいいと思う(笑)
この情景は
中央線高架工事の後どうなっているのかしら、心配

ここから
廃線跡は遊歩道になっています
イメージ 5

レールで出来たモニュメント
これは飛行機をイメージしているのかな

さらに少し歩いて
振り返ったところ
イメージ 6

飛行場跡まで長そうなので
この辺りで引き返してしまいました、ごめんなさい

あれから
再訪したことはないのですが
あのモニュメントだけは有名みたいですね

イメージ 7

現在の航空写真でも廃線跡の遊歩道はハッキリ分かります
今度はちゃんと歩いてみようかな
あの線路の森は残っているのかしら


この近くで
青梅線中神駅からも飛行場専用線跡がありました、記事はこちら

1998年、小河内ダム見学会、小河内線の線路を発見

1998年11月
奥さんと奥多摩に行きました
この時は奥多摩駅から路線バスで奥多摩湖へ
紅葉を見に行ったみたい
かなり行き当たりバッタリでしたが
たまたま
小河内ダムでイベントやっていました
ダム施設見学会
こういうの大好き

整理券をもらって、少し時間を潰してからダムの中へ
イメージ 1

ちゃんとヘルメット装着!

この写真しか残っていないので
何を見たのかよく覚えていないのですが
ダムの底まで降りたのかな?ぶくぶく

帰り
小河内線(奥多摩駅-水根)の廃線跡を発見
ちょいと歩いてみます
イメージ 2

楽しい楽しい
この時はもう遅かったので
また来ましょう
この廃線(休止線?)の全線を歩いたのは
ずいぶんたってこの7年後の2005年、ちょうどこのブログを始めたころ
その時の記事はこちら

奥多摩駅の近くで
こんな看板発見
イメージ 3

だそうです
線路だけじゃなくてコンビニにも終点があるそうです(笑)

小河内ダムの見学会は
東京都水道局の主催でした
おみやげに
「水道マークの入った一口グラス」を頂きました
とてもお気に入りだったのですが
片方割れてしまいました
でも片方だけでも立派にまだ使っています、もう17年?

そういえば
あの小河内線(水根線)も元は水道局が作ったらしいですね

お水と線路は大事にしましょう、ということで

ちなみに
この年の3月には奥多摩駅のその先の小河内線の線路を巡礼しています
その記事はこちら

北陸三県プチ観光・グルメ?、名古屋でヒミツのホテルサービス付き

もう2週間前の北陸線路巡礼の
線路以外の小ネタ
いちおう観光もしているんですよ(しごとも…)

まずは高岡ですが
これは3年前に訪れているのでパス
そのときの記事はこちら

富山
お昼を新しい駅ビルの中で
名物ブラックラーメン
その元祖らしい「大喜」とやマルシェ店
イメージ 1

中華そば並750円
たしかに真っ黒ブラック
醤油です
ものすごくショッパイ
水を何杯飲んだか分からないくらい(苦笑)
美味しいけど、こんなもの食べ続けたら…

富山市内視察
そのとき、街の片隅から強烈な臭いが
まるで醤油工場
これが先ほどの「大喜」の本店でした
銚子か野田に来たみたい

金沢に移動
夜は○茶寮という地元では有名な敷居の高い店
ものすごく高い料理が出たと思うのですが
懇親会ということで落ち着かず
出された料理の味もなんだか分からないまま、勿体ない

この日は東横インに泊まったのですが
翌朝の無料朝食がとても美味しかったです
イメージ 2

これが金沢の味に違いない(笑)
野菜を4回もおかわり(これが有名な具雑煮?違いますね)
昨晩の料亭料理よりこちらの方が(殴)

福井に移動

駅前でヒゲ線を見るついでに
ちょっと歩いて「北の庄」
居酒屋じゃありません
イメージ 3

日本史では有名な柴田勝家の居城跡
駅から徒歩5分くらい
小さな神社
電車の待ち時間で十分な史跡ですが
日本史好きなら必見?

お昼は福井名物
誰かのブログで知ったのですが
ここもソースカツ丼が有名

小川軒福井駅前店
ヒゲ線の線路終端のすぐそば

ソースカツ丼ヒレ並500円
夏に行った駒ヶ根ソースカツ丼(明治亭)の半額以下です
これで美味しかったらどうしましょ
イメージ 4

う~む
キャベツがない
肉もペラペラ
以上です

これにて北陸三県制覇(簡単だ!笑)

この帰り
そのまま帰るのは勿体ないので
名古屋に泊まりました
秋の3連休パスですから
大阪でも京都でも良かったのですが

名古屋で4,000円(込み)のビジネスホテルを発見
これを予約しちゃったんです

名古屋駅から歩けます
でもちょっと分かりにくい

チヨダホテル
安いけど東横イン並み(無料パソコンはないけど)

ここで見つけた気になるサービス

シャンプー・バー
イメージ 5

お好きなシャンプーを小容器に取って部屋にお持ち帰りだって
シャンプーを銘柄で選ぶ需要があるとは知りませんでした
もちろん部屋の浴室にもあります
それで十分

もっとすごいのは
有料放送を無料で見られますサービス
イメージ 6

これは危ない
危ない危ない

ホントに無料
寝不足になるじゃないですか(怒?)
ありそうでないサービス
私は初めてです(驚)

これにて本当にお終い

ブログ記事の写真は最大25枚っていつから?画像使用率11%になりましたけど、ガッカリ

久々にヤフーブログの話です
週末に
画像ディスク使用率が
イメージ 1

11%になっていました
ちなみに
10%になったのが今年7月末ですから
3か月で1ポイント(0.1GB?)消費しました
この調子だと、
あと20年以上は線路巡礼を続けられる計算ですね

ところが
その日に変なトラブルが発生

碧南線の記事を書いていたら
アップ出来ず
「写真は最大25枚までです」

そんなルールがあったの?
確かに下の方に書いてありますけど

イメージ 2


仕方なく枚数を減らしてアップ
(ちなみに添付画像はいつも小さくしているので容量は問題なし)

こんなルールはいつ出来たの?
その少し前5日前
松任工場の記事では27枚もアップしているのに

ブログのルール変更の案内もありません

こんなに長い記事を書く人はあまりいないから
被害者は他にいないのかもしれないけど(悲)

ちなみに私はWikiモードを使っているので、そのせいかな
マイナーいじめ(怒)

ブログの良さは
最近流行のフェイスブック、ツイッター、インスタグラムなんかと違って
多大な情報をいつまでも残せることにあるのに
説明もなくルール変更されては困ります
プンプン

中原電車区にて南武線の古い電車3種類が並びましたニュース

本日の中原電車区
実家で介護のときの近所のお楽しみ
塀の向う側に電車が並んでいますけど
いつもと何かが違う
イメージ 3

新型車両は右側の洗浄線にまとまっていて
手前(左)側は古い電車ばかり

南武線旧型には3種類あるのですが
その3種類が並んでいます

新車が来る以前でも
この3種類が並ぶのはちょっと珍しかったのです
もう実現しないかと思っていました
イメージ 2

ちょっと残念なのは
これが実は高い塀の向う側ということ
線路が見えない
手を伸ばしてテキトーに何十枚も撮ったうちの1枚(笑)
洗浄線側に並んでくれれば、もっと良く見えるのに

昨日、駅で見かけた
南武線ニュース
イメージ 1

新車がデビュー1周年だそうです
古い電車続々とはインドネシア行き
あと何編成残っているのかしら?
この調子だとあっという間ですね
(27編成導入済みと書いてありますが、全部で何編成なんだか分からないじゃん)

私は新津駅に南武線のインドネシア譲渡配給を見に行きたいのです
それまで待ってくれるかしら(汗)


週末は快晴ですがちょっと寒く
おまけに風邪
奥さんまで調子悪くて自宅待機

午後は
一人で渋谷
歩行者天国ふぁっしょんしょー見てきました
イメージ 4

寒いのにごくろうさま
こちらも、さらに寒くなりました
今度の週末は恐怖のハロウィンです
厳戒態勢準備中とか

ELみなかみ号を鎌倉駅の側線で鑑賞、美しい側線退避。大船駅、横浜駅でも

臨時快速ELみなかみ号というのが
早朝の大船駅から水上駅まで走るそうです
ふ~ん、
だったのですが

逗子駅から回送で大船駅、そこから営業運転
途中の鎌倉駅で10分くらい停まります
ということは?

ということで
側線好きの私は朝ごはん前にお出かけ

早朝の鎌倉駅
イメージ 1

驚いたことに、
下り側線、上り側線、ともに電車が待機中
これは豪華です

下り側線電車はホーム先端から乗務員さんが乗車するところ
上り側線はこの電車が出発してくれないと
臨時列車が入って来られませんよ?

上り側線から回送電車が無事に出発
線路が空いた後
イメージ 2

やって来ました
臨時列車の回送
イメージ 3

側線に入ります
私はこの線路シーンが見たかっただけ
イメージ 4

本当は
もっと手前のホーム中ほどから
分岐の様子が分かるように見たいところですが諸般の事情で
こんな場所にこんなにたくさんいるとは思わなかった(汗)
イメージ 5

線路好き
側線好きには迷惑です(苦笑)
イメージ 6

客車から煙が上がっています
この列車
途中の高崎でSLとやらを連結するので事前パフォーマンス?
イメージ 7

国鉄ELは好きだけど
DDさんの方が好きです

この側線退避の間
横須賀線上り電車が到着
これに乗って先回り

あわてて
最後尾からの側線シーン
イメージ 8

ちょっと困った写真ですが
鎌倉駅の側線がよく分かって個人的にはマル

大船駅
早朝から動員された駅員さんもカワイソウに

ホームアナウンスでは
この電車はびゅう団体列車なので一般の方はご乗車できません
みたいなことを言っていましたが
臨時快速(全車指定)じゃなかったの?
それとも実際には全部団体客で抑えて小銭稼ぎを、うっかり発表?

なぜか東海道本線ホームにはいないので
イメージ 9

横須賀線上り線路シーンを堪能
イメージ 10

フツーの写真っぽい

さらに横浜駅まで先行

こちらも
なぜか東海道本線ホームは不人気
イメージ 11

複線区間を走る雄姿
手前の複雑な線路分岐と共に美しい
ここで渡り線を通ってくれたらもっと美しいのですけど(笑)
イメージ 12

今は亡き富士ブサ君を思いだします
イメージ 13

ホームの直前で「山」越え

横浜駅らしいシーンを
イメージ 14

横須賀線ホームは拡張されて
ちょっと日本のホームらしくない光景

そういえば
最後尾に赤い円盤が付いていました
営業運転でもあんなに大きいのを付けるとは
昔の寝台列車は付いてなかった、と思いますが
ウソツキ臨時列車だからでしょうか?(苦笑)

この列車を追いかけるように
次の横須賀線電車に乗りましたが

同じ線路を走るので追いつきませんね

そのままご帰宅
朝ごはんです

先週の土曜日も同じ列車が走ったそうですが
先週は川崎プレミアム商品券の行列の真っ最中でした
週末も無駄に忙しいですぅ

喉がずっと痛いので
午後は自宅待機?

線路巡礼:衣浦臨海鉄道半田線、碧南から海底トンネルを抜けると、そこは草ぼうぼうの半田埠頭駅でした

線路巡礼:衣浦臨海鉄道の後編
前回の記事で
武豊線東浦駅から衣浦港を渡って碧南線に沿ってトコトコ歩いて
ようやくたどり着いた終点の碧南市駅(貨物)

そこから権現崎駅(廃止)までの廃線跡に沿って歩いて
対岸に抜ける海底トンネルの入り口らしき交差点発見
何も案内がなく不安ながら歩いていくと
歩行者用トンネルの入口はもっと先、という表示をようやく発見
とにかく歩行者には不親切な愛知県
イメージ 1

衣浦港
この岸壁の向こう側に行きたい
イメージ 2

海底トンネル入口発見
港と反対側を向いてます
イメージ 3

かいだん
なんと地下12階まで降ります
(1階あたりは普通のビルの半分くらいなのですけど、それでも地下6階相当?)

エレベーター無し
そのかわり
寂しいからラジオ放送が流れています(苦笑)

海底トンネル
本当にさびしい
閉所恐怖症の方にはお勧めしません
イメージ 4

ここがちょうど中間地点
碧南まで240m、半田まで240m
蛍光灯の灯りが芸術的ではないでしょうか?

反対側もやっぱり12階段
ようやく地上の空気を吸えます
イメージ 5

対岸はこんな感じ
あそこの碧南エリアからこちらの半田エリアまでやって来ました

同じく海底トンネルから出てきた道路に沿ってあるきます
この先
半田貨物駅がどこにあるのか不明
倉庫だらけで
調べたくてもコンビニもないし
奥さんは出かけたから調べてもらえないし

でも、
意外とすぐ近くでした
貨物操車場特有の、あの照明鉄塔を発見。あれは役に立ちますねぇ
イメージ 6

半田埠頭貨物駅
イメージ 7

タンク車がいます!
だけど廃車解体待ちという寂しさ
イメージ 9

こちらはコンテナ駅ですがコキさんは見当たらず
イメージ 10

上屋の看板が歴史を感じさせますが、まだ新参者の貨物駅
貨物ヤードは草ぼうぼう
イメージ 11

立派な上屋付き貨物ホームとともにすでに使われない存在のようです

イメージ 8

まるで廃墟のような貨物駅ですが
奥の方のコンテナ用線路2本は健在
青い車掌車事務所の中に掛員さんが待機しています

ちなみに貨物駅の向こうは日本車輛の工場
でもここでは鉄道車両は作っていないのかな

ガラガラの構内
トラックの出入りもなし
こんな場所に
1日1本のコンテナ貨物がちゃんと到着するのでしょうか?

心配ご無用
イメージ 12

ちゃんと来ました
イメージ 13

すぐにフォークリフトが作業開始
よかったですねぇ
コンテナの積み下ろしも始まりました
広い広い構内の一角で
少しだけ活気が戻ります
イメージ 14

DEさんはすぐに機廻りして
検車区らしき場所に待機
この会社、ずいぶんたくさんDEさんを所有しているんですね
イメージ 15

検車区を覗き見
碧南線を走る重連のDEさんも毎日ここに戻ってくるのかしら?

それでは
半田線に沿って東成岩駅まで歩きましょ
こちらの方が午前中の碧南線に比べて距離は短いし
線路に沿って行けばすぐだろうとタカをくくっていたのですが・・・
イメージ 16

半田線は大きな公園の外周に消えていきます
まるで森ですね(埋立地ですけど)

公園を迂回して歩くと
イメージ 17

いきなり大きな高架橋と
そもまま運河を横断する大橋梁
またもバブルの巨大インフラに圧倒されつつ
線路に並行して架かる道路橋に
歩道がついていません(汗)
ここをどうやって渡ればいいの?
後半、早くも最大のピンチ

ちょうど「ラウンド・ワン」があって
無料送迎バスが出発寸前
行先を聞いたら名鉄半田駅行きだそうです

う~ん

迷いましたが
止めておきましょう、初志貫徹
イメージ 18

運河端まで来ましたが
やっぱり橋らしきものなし
どこまで迂回すればいいのやら

恨めしく橋を見上げると
自転車が走っています!
ということは
あの車道を歩いてしまえ?
もうその気で戻る途中
橋の袂に
まるで隠すように歩行者用の階段がありました
これじゃ分からないよ(怒)

でも
この橋の歩行者通路からの眺めは素晴らしいです
イメージ 19

半田線と隣り合わせ
線路も丸見え
貨物列車が走るところを見たいと本気で思いましたが
今回はガマン

イメージ 20

対岸の階段は分かりやすい場所
あちらから歩いてくれば苦労しなかったでしょうねぇ

線路沿いに大きな道を歩きます
イメージ 21

踏切がありました!
衣浦臨海は最近の開業なので
踏切の設置が難しい と思うのですが
(碧南線にはありませんでした)
半田駅手前のなんちゃって踏切は検車区に行く関係者用でしたが
この踏切もちょっと変

踏切の先は工場で立入禁止
工場の手前に川沿いの遊歩道がありますが、こちらも通行止めの看板もあり

この辺りの地形が全く分からず不安(地図とか看板とか一切なし)

偶然、向こうから来た人に尋ねると

東成岩(ひがしならわ)駅?
行けますよ。
この遊歩道をずっと行って、曲がって、曲がって、また曲がって

よく分かりませんが
とにかく行けるのであればOKです(笑)

イメージ 22

この踏切の手前で
線路が分岐していた跡を発見
昔はもっと専用線もあって臨海鉄道らしかったのでしょうねぇ
イメージ 23

川沿いに歩きます
半田線の線路も川沿いに曲がりますので
踏切を渡るのが正解でした

築堤の脇の線路
ここも貨物列車が走ってきたらいい感じでしょうね

また線路と別れると
別の線路が目の前に
武豊線の線路でした
ようやく帰ってきた感じ
イメージ 24

ここから駅が見えます
さきほどの半田線が武豊線に合流
だけど
この配線だとスイッチバックしないといけません

ここからまた遠かったのですが
ようやく東成岩駅に到着
衣浦臨海鉄道の線路を歩く巡礼、これにて達成
半田線も歩きました
朝から20キロくらい歩いたかな(笑)

東成岩(ひがしならわ)駅
工場に隣接しています
イメージ 25

半田線乗り入れ用に機関車を付け替える線路も完備
昔は専用線もあったらしいですが

次が終点の武豊駅ですから
ついでに折り返して帰りました
各駅停車で川崎まで延々と(笑)

碧南線と半田線
衣浦港を挟んでいますが貨物駅はとても近いのです
どちらか一方に集約すればいいのに
というよりも
作るときにそういう発想がなかったのかしら
バブルってバカですねぇ

一層のこと海底トンネルでも作って両駅を結んで
さらに環状運転をして旅客化もして
第三セクターならなんでも出来るでしょう

これにて
衣浦臨海鉄道編もおしまい
バブルの産物といえども
すでに線路は枯れて巡礼するにはいい感じ

北陸・衣浦臨海の線路巡礼の旅
当然のように疲れました
でも
秋の3連休パスがまだ1日分
ということで翌日は横川駅まで往復しましたとさ。ちゃんちゃん。

あとは番外編を書く予定
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR