FC2ブログ

中原電車区の早い桜と線路ネコ再び

今日はいい天気
恒例の中原電車区
あいかわらず
忘れられた旧型電車がポツンとたたずんでいます
イメージ 2

その前には
再び線路ネコが集結中
イメージ 1

ネコギャラリーもいました
エサをあげちゃだめだよ

イメージ 3

正門の脇に桜が咲いています
なんて早咲き!
電車や線路と一緒に見られる場所ならもっといいんですけどね
イメージ 4

見上げていたら
近くのおばさんから
何ていう桜なんですか?と声を掛けらえましたが
う~ん
何でしょ?
線路の事ならちょっとは分かるのですけど(苦笑)

車庫の脇には
いつものように浜川崎支線の電車がいますけど
イメージ 5

運転席後ろの側面
ランプが点灯しています
新型車両にはこんなランプは見当たりませんけど
これはいったい何でしょう?
賞味期限切れサインじゃないですよね
やっぱり分からないことだらけ

イメージ 6

これまたいつもの光景ですが
今朝は整備員さんが階段を昇って見晴らし台へ
ここに実際に人が昇っているの初めて見たかも
パンタグラフのチェック?
すぐに降りちゃいましたけど、寒いもんね(笑)

今日は
実家の介護のついでに立ち寄ったこれだけ
これで1月もお終い

阪堺電車住吉公園駅の線路は
昨朝、成仏してしまったようですね
ち~ん(合掌)
スポンサーサイト



臨時快速さわら号(東京駅→佐原駅)、自由席は嬉しいけどあの車両は…。SL・DLの看板付けを間近で見学

また銚子の方でSLゴッコがあるのですが
その記事に隠れて
臨時快速「さわら」号、東京発佐原行きという設定があります
珍しく自由席あり
これは特急型で運転されるんじゃないかしら
ちょいと乗って見たくなりました
イメージ 1

東京駅地下ホーム
SLじゃないから空いているだろうとタカをくくっていたら
結構並んでいます

イメージ 2

おまけに
来た電車はお座席電車の出来損ないみたいなやつ
これだから自由席ありなんだ…

かろうじて
進行方向側の窓側席ゲット出来ました
満席、立客アリ、
驚いたことに指定席も結構一杯

この列車は座りにくいんですいね
おまけに
成田山初詣の団体客が乗り込んで
隣りで宴会をしてイヤな感じ

東京駅10:11→佐原駅11:53

ホームはいつもの殺伐とした感じですが
折角来たのでSLゴッコ見て行きましょう

イメージ 3

SLじゃなくてDEさん来ました

イメージ 4

これはDL佐原号というそうです(銚子駅→佐原駅)

イメージ 5

SLがおまけで後ろに付いています
運転士さんが身を投げ出して手を振っていますけど、
明らかに危険行為じゃないの?(苦笑)

イメージ 6

ぶら下がって来ただけでもヤラセ蒸気?

ホームにはさらに降車客が加わって大混乱
では混乱に紛れ込みましょう

イメージ 8

ここまでつながって来ただけのくせに
ものすごい蒸気、寒いから?

イメージ 9

その蒸気の中
人がホームから落ちて挟まっています
熱くないのかな?

イメージ 10

奥の方まで手を伸ばしてネジ締め?
ここで動輪が動いたらどうしましょ(怖)

イメージ 11

こんな面白い光景を目の前で見られてラッキー

イメージ 12

注射器みたいなので潤滑油注入?
骨董品を騙し騙し使います

イメージ 13

ヘッドマークを取り付けにかかりました

イメージ 14

さきほどはなかった「棒」が付いています

イメージ 15

こうやって付けるんですねぇ
でも、はじめからつけて来ればいいのに
来るときはDLさわら号だったからでしょうか
めんどくさいですね

ということは
さきほどのDEさんのヘッドマークは…

イメージ 7

到着してすぐの様子

イメージ 16

再度来てみると
もうヘッドマークは外して
その取り付け装置をいじっているところ

イメージ 17

これも外れるんですね

イメージ 18

こんな感じ
鉄道模型で再現される方はぜひご参考に(笑)

イメージ 19

SLの出発時間まで2時間以上あります
お決まりの撮影大会も始まりましたが
この辺りで退散

今回の観光列車
DL佐原号:銚子駅10:27→佐原駅12:10
SL銚子号:佐原駅14:16→銚子駅15:50

SL銚子号というくらいですから
これを先に運転してDLで戻って来るのが普通じゃないのかしら?
今回は銚子観光より佐原観光を重視するというコンセプトですかね
茶番だかどうでもいいけど

イメージ 20

佐原駅の線路を見ながらサヨウナラ~

天気悪くて寒い日でしたが、
帰りは貨物列車ともたくさん出逢ってちょっと満足
ちなみに臨時快速佐原号とSLゴッコの設定は明日までです

明朝、住吉公園駅とダイヤモンドクロスはお終い。線路巡礼:阪堺電車阪堺線、恵美須駅と夜の平面交差。

和歌山線・桜井線直通列車を使って
百舌鳥駅から新今宮駅まで大回り
また阪堺電車に戻って来てしまいました

この駅で下車したのは
阪堺線にも乗っておこうとのこと
一日乗車券は罪ですねぇ(笑)

イメージ 1

阪堺線新今宮駅前
鉄道会社の名前を名乗る本線のはずですが、
いまやメインの上町線に比べてあまり本数は多くありません

イメージ 2

でもせっかくですから
恵美須町駅まで律儀に一駅戻ります

イメージ 3

ポツンとした始発駅
怪しい
でも通天閣に行くには上町線天王寺駅前よりこちらの方が便利
メリットはそのくらいですかね(苦笑)
でも駅施設は立派で喫茶店も併設

イメージ 4

この駅は線路終点の防護柵は赤いけど

イメージ 5

車止めが赤くない!
というか車止めがないじゃん?
これでは阪堺電車として片手落ち
センターを上町線に取られてしまうわけです(苦笑)

イメージ 6

ホームに先には時代がかった信号所みたいな建物
乗務員さんの休憩小屋です
天王寺駅前や住吉公園駅にあった小屋も全て同じ使い方

暗闇の中
あびこ道行きの電車出発

ちなみに
阪堺線浜寺公園まで直通する電車はありません
これも上町線に全部取られちゃいました

イメージ 7

住吉駅
暗闇のダイヤモンドクロス
喧騒の朝とはまた違った佇まい

あびこ道駅止まりなので、
乗り換えて
そのたった2つ先の高須神社駅で下車
また堺市に戻って来ました

朝、時間がなくて見られなかった
堺の歴史的遺物を訪ねます
歩いてすぐ
鉄砲鍛冶屋敷
中世自由都市時代を象徴する建物
イメージ 8

昼間見たかったけど、まぁいいです
それより
この周辺は昔ながらの長屋が密集するいい感じのエリア

イメージ 9

角地に小さなたこ焼き屋さん
そこの看板にビックリ
5個100円!
気になって仕方ないので購入して立ち食い
ちょっと小さいけどこれが美味しい
近所のおばちゃんが買いに来て
家族の夕食用に1,000円分購入してました
これは家計に助かるでしょう(笑)

駅に戻ります
暖冬でもやっぱり寒い
天王寺駅前行きが到着

それでは
最後のダイヤモンドクロス

イメージ 10

今度は通過しませんけど、渡り線から堪能
サヨウナラ~

天王寺駅に到着
朝から晩まで阪堺電車三昧?
1日切符のモトは十分にとれました

これで線路巡礼は終了ですが
梅田から
夜行高速バスで帰るのです!(爆)

バス出発まで時間を潰すのがタイヘンかと思ったら
ちょっと疲れて大阪環状線を寝ながら1周半してしまったらちょうどいい時間
おまけに
帰りのバスは空いていて
二人席独り占め、これで片道2,000円
梅田21:30→横浜桜木町駅前5:00
爆睡
全く疲れることなく翌朝早朝の桜木町駅前に到着しましたとさ

これにて
超弾丸線路巡礼の話お終い

阪堺電車住吉公園駅と平面クロス
いよいよ明日の朝の運転で終了ですね
先週乗りに行って良かったです
堺歴史観光も出来たし、
ローカル線直通電車にも乗れたし、
なによりモヤモヤしたまま終わらなくて(笑)


◇旅の記録
東京駅21:45→なんば6:35、夜行高速バス2,000円
JR難波駅→天王寺駅
阪堺電車1日フリー切符600円
天王寺駅前7:18→住吉公園駅7:35
さらに神ノ木駅まで往復
住吉平面交差1日5往復乗って見て堪能
住吉→浜寺駅前
浜寺公園散策
浜寺公園→大小路駅
堺市役所21階展望ロビー
仁徳天皇陵古墳まで歩く、半周
百舌鳥駅→和歌山駅
和歌山駅12:55→奈良駅16:13(和歌山線・桜井線直通電車)
奈良駅→新今宮駅、ここまで大阪近郊区間
阪堺線高須神社駅、堺見学
天王寺駅戻る
梅田21:30→横浜桜木町駅前5:00、夜行高速バス2,000円
往復夜行バス日帰りは人生で初めてかも(苦笑)

線路巡礼:ローカル線直通列車、和歌山駅→奈良駅(和歌山線・桜井線経由)、沿線の線路も素晴らしい

和歌山駅にやって来ました

ローカル線で
地方都市間の長距離直通列車に乗ることは
線路巡礼の大いなる楽しみの一つです
線路がつながっているから出来ることです
でも
面白い列車はどんどん駆逐され
もはや残っていないと諦めていたら
意外な列車が残っていました
しかも、おそらく未乗車

和歌山駅12:55→奈良駅16:13(和歌山線、桜井線経由)
これは乗ってみたい

イメージ 1

碧い電車2両編成
ロングシートがちょっと残念

イメージ 2

和歌山駅を出発

イメージ 3

和歌山市駅支線(左)と分岐

右に曲がると
左から昔の連絡線跡らしきものが寄り添ってきます

イメージ 4

いい感じの電車区

久しぶりの和歌山線、ずっと単線
行き違うのは碧い電車ばかり
電車の色はいつからこうなったのかしら?

車内には
ありがちな和歌山線残しましょうキャンペーン広告

イメージ 19

そうです、以前はこんな色でした
お子様にも慕われた電車の色を勝手に変えちゃっていいの?(苦笑)

橋本駅まではのんびり風景を眺めながら
積雪の高野山が見えてきます
この朝、阪堺電車住吉公園駅ダブルクロス祭りから直接こちらに来られた猛者もいらっしゃるようで

橋本駅
南海高野線の線路が近づいてきました

イメージ 5

やっぱり線路はつながっていません

イメージ 6

南海の真田電車?
NHKさまさま
昔の橋本駅はJR南海共用駅で改札も一緒でしたが
かなり無理やり改札口が別々に分離されていました、窮屈そう

ここから
和歌山線ハイライト駅区間

大和二見駅
ここの貨物支線はあまりに有名

イメージ 7

駅前の線路跡を最大望遠
もう線路は残っていないのかなぁ

イメージ 8

このY字分岐のホームが大好きでした
あそこに線路があったのに・・・

五条駅

イメージ 10

乗換駅じゃありませんが意外と大きな重要駅
ここは五新線渡らずの橋梁で有名

イメージ 9

こんな絵がありました
あの橋はいつの間にか人気モノになっていたのね(笑)

北宇智駅
なんちゃってスイッチバックが有名でしたが

イメージ 11

いまではスイッチバックの遺構がなぜかまだ残っている駅

イメージ 12

新ホームと旧ホームの様子が分かります
こんな平地になんでスイッチバックがあったのでしょうね?

吉野口駅
昨年春に吉野お花見で通ったばかり
あのときは近鉄線でしたが

イメージ 13

JR側から見てもやっぱり線路はつながっていませんが
こちらはいまだにJR近鉄でホームも共用する仲良し駅

イメージ 14

仲良しランデブーですぅ

これにて
和歌山線線路ハイテンション区間終了

イメージ 15

高田駅の手前で
桜井線の線路が急に寄り添ってきます

イメージ 16

ちょっとテンションが上がらないつまらない線路模様

イメージ 17

ここでほとんどの乗客が降りてしまい
天王寺行きの電車にお乗換え
直通奈良行きは30分近く停車
せめて
進行方向が変わりますくらいのアナウンスが欲しい(泣)

イメージ 18

その間、
逆方向の
奈良駅→和歌山駅の直通電車が折り返して行きました
こちらの方が停車時間が短くて直通の実感がわくかも

ようやく再出発

イメージ 20

桜井線(左)と和歌山線(右)
分岐器がちょっと味気ない
もうひとひねり欲しい

和歌山線内からずっとワンマンですが、桜井線内は集札用乗務員が添乗

イメージ 21

三輪駅
沿線は歴史的に有名な場所だらけの長閑な路線

天理駅あたりから
学生の帰宅電車となってしまいます

イメージ 22

天理駅北側の団体列車用のヤード

イメージ 23

残念ながら何もいません
もう宗教団体列車は走らないのかな

終点の奈良駅に到着
(奈良は昨年泊まって観光してますけど近鉄奈良駅利用でした)

イメージ 24

直通電車完乗しましたよ
乗り通した客は私一人だけ(笑)

イメージ 25

オレンジ色の鋼鉄電車
関西本線区間快速大阪行きです
この電車が奈良駅まで来ているとは知りませんでした
(ミドリ色じゃないんだ?)

奈良駅から大阪まで戻るルートは特に決めていなかったのですが
オレンジ電車に惹かれて関西本線に決定
もう夕暮れを
一気に新今宮駅まで
この駅で下車し たのは
阪堺電車一日切符を最大限使うためです
元気にまだ続きます


その昔は
急行「紀ノ川」号というのが
さらに長い区間で和歌山駅⇔京都駅で存在したそうです
これは乗った記憶がありません(泣)
でも今でも復活できるんですよね?
ちゃんと線路がつながっていますから

20年前の和歌山線の線路ハイライト
大和二見駅の線路記事はこちら
五条駅五新線使わずの線路橋の記事はこちら

4扉車両甲種回送、魅惑の入換

田園都市線4扉車両続々到着(6扉車両置換用)

イメージ 1

DEさん甲種回送はいいですね
(国鉄色だったら…、殴)

イメージ 2

横浜線から
クイッと曲がって

イメージ 3

側線で
現役の車両と並びます

イメージ 4

すぐに推進運転開始

イメージ 5

なかなか圧巻

イメージ 6

無事に授受線に到着

イメージ 7

車両を外してお帰り準備
隣りの線路では横浜線電車が偶然重なりました
万が一
DEさんがこちらの線路に来てしまったらどうしましょ(妄想)

イメージ 8

相変わらず関係者たくさん添乗しています
羨ましい

イメージ 9

お疲れ様でした
この先の入換までの待ち時間が長いんですよね

イメージ 10

DEさんの活躍が白眉なので十分満足
魅惑の入換を堪能して
サヨウナラ~


おまけ
ブログを書いている途中
新たに就航したANAの離島便の格安切符の争奪戦に急遽参戦
日程をにらめっこしながら無事に取れたみたいですが
おかげで
書きかけの記事がおかしくなってしまい、久々のアップエラー発生(泣)
というコトでヤル気なく手抜きです(殴)

線路巡礼:阪和線で京浜東北線モドキを楽しみます、百舌鳥駅~鳳駅~和歌山駅

阪堺電車と堺歴史観光の後は
再び線路巡礼

JR阪和線で和歌山駅へ
天王寺駅まで戻るのは面倒くさいので
百舌鳥駅から乗りましょう
イメージ 1

この駅が面倒くさくて
下り上りで改札口が別
跨線橋はおろか
構内踏切もありません
通過列車だらけですから構内踏切なんて怖くて設置できないですね
改札が別と言う表示も小さくて
おかげで乗るホームを間違えるところ(汗)

でも
一番の不便は
各駅停車しか停まらないこと
おまけに通過、待ち合わせ、途中止まりの連続
イメージ 2

やっと来た電車は「鳳」止まり
これが青い鋼鉄電車じゃなかったら怒っちゃいますね

イメージ 3

鳳駅
支線側に分岐する連絡線がステキ

イメージ 4

この駅止まりだったおかげで
電車区から出て来るカワイイ電車にも遭遇

イメージ 5

回送電車が出て来るシーンは
京浜東北線の蒲田駅を彷彿させます

イメージ 6

支線の電車も到着して
鳳駅は京浜東北線色だらけ

次は快速関西空港・和歌山行き
イメージ 7

ステンレス電車がお見送り
(このタイプの青いは東京ではあまり馴染みがないので妙に新鮮)

日根野駅
イメージ 8

分割シーンで
乗務員さんが重なる?のはレアな光景
曲がったホームで安全管理
感じ入りました

和歌山駅ひとつ手前の
紀伊中ノ島駅を過ぎると
和歌山市駅から来た線路が下をくぐります
イメージ 9

この辺りに
和歌山線との連絡線跡とホームがありました

ようやく
和歌山駅に到着

イメージ 10

左で和歌山市駅線と和歌山線は合流

イメージ 11

駅左端の碧い電車にご注目
今回の線路巡礼第2弾列車が待っています

イメージ 13

JR駅の隣りホームには
マスコミウケ電車が停まっています

そんなモノは無視して
今回は碧い電車

この碧い電車
何が素晴らしいのかは次回の話に続きます
(ちなみに京浜東北線色と区別するために碧い電車と勝手に命名してみました)

おまけ
あのマスコミウケ電車の鉄道線
イメージ 12

いまだにJRと線路がつながっているように見えます
これは素晴らしい
それだけは評価に値します(賛辞)

紀伊中ノ島駅付近の複雑な線路の記事(1993年)はこちら

阪堺電車で堺歴史観光編、浜寺公園と仁徳さんを半周しました(堺LRTはお終い?)

堺といえば歴史の街

まずは浜寺駅前の浜寺公園
イメージ 1

松林が有名

イメージ 2

大久保利通の「惜松碑」
ニンゲンよりキレイな松の方が大事でしょ、と諭して松林を救った有名な話
(今なら、ニンゲンよりキレイな海の方が大事でしょ、と諭してくれたかも)

阪堺電車で戻ります
イメージ 3

本当に立派な線路
こんなにお金をかけてしまってどうするの?

大小路駅で下車
南海本線堺駅と南海高野線堺東駅の中間地点にある電停

堺LRT(ライトレール)という市内を東西に結ぶ計画があったそうです
計画通りに線路ができれば、ここにも平面交差が誕生したのかしら
でもそんな心配は無用で計画は白紙撤回
おかげで一体運用を構想していた阪堺電車の先行きも危ない
(住吉公園駅支線の廃止どころじゃないかも)

さて
観光の方ですが
堺と言えば戦国時代の「自由都市」
歴史好きとしてはその名残を見たかったのですが
あまり残っていないみたいで

その代わり
さらに古いモノを見に行くことに

途中で
堺シャトルバス
イメージ 4

南蛮人のイメージ
このバス、たくさん走っていて便利です
やっぱりLRTは要らないんじゃないの
阪堺電車も(殴)

堺市役所
21階展望台ロビー(無料)
ここに登ると

イメージ 5

仁徳天皇陵古墳!
世界最大の墓
朝の逆光で見づらいですが
その向こうにも小さい古墳がたくさんあるのです

イメージ 6

足元には南海高野線の堺東駅
その向こうに別の古墳(反正天皇陵古墳)

上から見るのもいいけど
これは歩いてみないと大きさが分からない
ということで
仁徳に向けて、南海高野線に沿って歩きます

線路脇に古墳見えました
と思ったら
これは手前の小さい古墳(永山古墳)
イメージ 7

こんなものまで宮内庁管理
一般人は入れません(怒)

イメージ 8

フェニックス通りを歩道橋で越えると
仁徳の外堀が見えて来ました
ここは古墳の円い方です(裏側)

イメージ 9

分かりやすい標識
私は時計回りに半周して正面を目指しているところ

イメージ 10

立派な堀に囲まれています
周囲は長閑な散歩道
マラソンしている人もちらほら

イメージ 11

ようやく古墳の底辺の角まで来ました
いきなり周囲が開けます

イメージ 13

まるで戦前に戻ったような光景(見たことないけど)

イメージ 12

神聖かつ不可侵な異様な領域
旧江戸城や伊勢神宮なんかより重たい雰囲気
私はアレが好きじゃありませんので何とも思いませんけど
どうして公園にしてくれないのかという怒りが

この辺りは
中百舌鳥古墳群として有名
イメージ 14

雑魚の古墳もたくさんあります
(雑魚でも立派ですけど)

博物館があって
古墳ミュージアムは無料
巨大古墳は昔は海から見えたそうです
諸外国に対する国威発揚で大きいの作っちゃいました、だそうです
おまけに三重の堀なんです
ちょっと勉強になりました

もっと堺の歴史観光をしたかったのですが
午後の予定もあるので
とりあえず昼の部はここまで
近くのJR阪和線百舌鳥駅から線路巡礼後半戦がスタートです
まだ続きます

線路巡礼:阪堺電車恵美須線、あびこ駅の不思議な線路と浜寺公園駅再び

阪堺電車の続き
住吉公園駅行きに乗って
朝の平面交差5往復を堪能した後

浜寺公園行きに乗ります
これは連接電車
堺トラムというそうです
ご自慢の低床車両ですが
座席の配置が滅茶苦茶で座りにくい

イメージ 1

途中駅
商店と電停が一体になっています
古い鉄道はいいですねぇ

イメージ 2

阪堺電車の中心
我孫子道駅

先行する水色の電車は我孫子道(表示は「あびこ道」)止まり
回送電車は左に分岐する車庫に入るのではなく

イメージ 3

そのまま本線を直進、あれれ

イメージ 4

スイッチバックで車庫に入って行きます
その間、こちらの下り電車は出発出来ません、ゆるいです

イメージ 5

車庫の手前の線路で折り返しちゃえばいいのに
わざわざ見せ場を作るのが阪堺クオリティ?

ここで運転本数がガクンと減って
大和川を越えると
いよいよ堺市

堺市内では廃線の噂がありますけど
街中の線路は無駄なくらい立派

イメージ 6

今度は南海和歌山線を跨いで

イメージ 7

恵美須線の終点の浜寺駅前
十数年ぶりです
以前は近くに歩道橋があって
そこから電停が見下ろせたのですが
いつのまにか撤去されていました

イメージ 8

素朴な疑問ですけど
この連接車は1両編成単行電車より絶対に長いです
あの天王寺駅前電停に収まるのかしら?
ギリギリ入るのかな
気が向いたらあの余白の線路を使うとか
イメージ 9

ここの車止めもやっぱり赤でした
ちゃんちゃん

ここからは堺歴史観光
せっかく阪「堺」電車に乗って来たのですから(笑)
(ちょいと記事を分割して別記事とさせていただきます)

浜川崎駅で南武線6両編成に遭遇、雪の貨物列車は来ませんけど

北日本、西日本で大雪でも
こちらは本日は晴天なり(雪降らず)
雪を積んだ貨物列車を見たい
という不遜な理由で
何のあてもなく浜川崎駅へ

こちらは晴れて暖かいのです
なかなか貨物列車は来ませんけど
線路を見ながら日向ぼっこ

尻手方面から
想定外のモノが来ました

イメージ 3

南武線6両編成

イメージ 4

グニャグニャ~

イメージ 5

浜川崎支線ホームの手前でグイッと

イメージ 6

ヤードに入って行きます

イメージ 7

ヤードの中では
ちょっと見にくい場所に入ってしまい残念

イメージ 8

すぐに折り返して来ました

イメージ 9

定期石油貨物が絶えて以来、
この線路シーンが見られるのも久しぶり

イメージ 10

お帰りです

イメージ 11

南武支線を走る6両編成でした
線路だけじゃなくて架線柱の美しさも際立ちます
本線では見られない絶品の線路光景

南武線の電車は定期メンテナンスで
中原電車区⇔国府津車両センターを行き来しているそうですが
たぶん初めて見ました
日曜日でも走っているとは驚き
「試運転」の表示があったから
センターから電車区行きの運用でしょうか?

偶然に
とてもいいものが見られたのですが
肝心の貨物列車は全く来ません
もちろん雪もナシ
ちょうど運転の合間なのか、それとも現地の雪で遅れ?

唯一
来るときに行き違いで見た石油タンク貨物(雪なし)
イメージ 2

先月末も見た
今春開業予定の「小野栄駅」工事現場にて
もう屋根が出来てますけど、
開業後は貨物列車撮り用の駅になる予感(ホントに必要なの?)

ちょいと新鶴見にも立ち寄ってみましたが
こちらも貨物列車は一本もいません
そういう時間帯なのかなぁ
雪の貨物列車はまた今度のお楽しみ(殴)


おまけ
実家介護のついでに
中原電車区立ち寄り
イメージ 1

忘れられた旧型電車は本日も待機中
こうして真横から見ても
違いがイマイチ
これが国府津に行くときは旧型車両の本当の全廃?
ちなみに車止めネコは一匹もいませんでしたとさ

先月末の南武線新駅工事の様子はこちら

「ふみきり」で大満足&ふるさと納税特典2016年第1弾増毛町のウニ飯届きました

調子に乗って本日3本目
寒くて寒くて一日中閉じ籠り
(一昨日の超弾丸線路巡礼の疲れもあるし)

ブログ記事を書く以外
生産的な活動を全くしていませんが
夕食だけは
とあるお店に行くと決まっていました

奥さんが目を付けていた近所の店
それが急に閉店だそうで
これは急がねば

惣菜料理「ふみきり」
名前のとおり南武線踏切のそば

イメージ 2

お惣菜三点盛り♪美味しい

イメージ 3

店内の様子、カウンターと団体席のみ
メニューは黒板だけ
ないモノはないと隅に小さく書いてありますけど?(笑)

イメージ 4

テリーヌ三点盛り、これは絶品
お肉みたい

イメージ 5

奥さんは調子に乗って赤ワインも注文
これはモロッコグラスというらしい

イメージ 6

さらに
お惣菜二点
これも美味しくてごちそうさま~
これで二人で4,630円なら大満足ですぅ

南武線が通る度に店がちょっと揺れます
イイ心地(笑)
でも建物立替のため来月10日まで
また近所で開業してください
引越しても「ふみきり」の名前でいてね(笑)

帰る直前、
踏切を通るこれまでと違うジョイント音
貨物列車が目の前を通過
21時前の定時の石油タンク列車がお店から見えます
料理と一緒に写真を撮り損ねたのは痛恨?

おまけ
2016年ふるさと納税最初の注文(納税)の品が届きました
イメージ 1

北海道増毛町「すし職人のウニ飯セット」
これは明日のお楽しみかな?
ブログ書いているだけだとまた太りそう(汗)


(追記)
翌朝(今朝)、
ふみきりと踏切の写真を撮ってきました
イメージ 7

なくなっちゃうのは惜しい!
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR