FC2ブログ

銀座線渋谷駅工事現場にオルフェンズ式線路出現!

今年度最後の…

渋谷昼休み散歩(笑)
イメージ 1

銀座線工事現場に「線路」が出現!
しかも複線
これは気になりますねぇ
イメージ 2

巨大な架橋を架けるための工事
それを載せた鉄骨台車を移動させるための線路
イメージ 3

上から見ると複線であることがよく分かります
架橋は銀座線の上り線を移設するため?
イメージ 4

ヒカリエ側
工事線路の終端はこうなっています
ちゃんと車止めらしきものもあります
台車が転がらないようにちゃんと留めてありますね
イメージ 5

でも台車に車輪はついているのかしら?
付いてないと鉄道とは認定しがたいのが微妙

複線線路の利用
以前記事にした
イメージ 6

TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場したあれと同じ
前代未聞の鉄道利用は現実にあったんですね(笑)
年度末なのでこの番組も終わっちゃいました
最後はちょっと強引過ぎてイマイチでしたが

明日からまた疾風怒濤
18切符はいつ使うのかしら(汗)
スポンサーサイト



井の頭公園でボート三昧♪ちょいと満開には早かったけど

午後半休でお花見です
奥さんと井の頭公園へ

吉祥寺駅
ここから井の頭公園まで迷うことはないと甘く見ていましたが
なかなか着かない
井の頭線沿いに歩いてしまい
気が付くとひとつ手前の井の頭公園駅(アホー)

気を取り直して
井の頭公園の井の頭池へ
イメージ 1

まだちょと満開には早いですね
おまけに曇天
これは計算違い(週末天気が悪そうなので敢えて来たのに)
イメージ 2

お腹空いたので
湖畔じゃなくて池沿いの店
イメージ 3

タイ料理の店
平日の昼下がり
いろんな客がいます
なんか外国でノンビリしているみたいな錯覚(笑)
料理は美味しいタイ米、大好き
ランチプレート1,188円
ちょっと高いけど観光地値段と思えば仕方ない

食後
ボート乗り場を覗くと意外と空いています
一度乗ったことあるのですが
せっかくですから乗船

ローボート1時間700円
スワンボートもあるけど、
やっぱり気分が出るのは手漕ぎボートでしょう!
イメージ 4

桜の樹の下に船をつけます
これが他のボートがたくさんいてタイヘン
イメージ 5

おまけに
気を付けないと桜の樹が
イメージ 6

桜を避け避け楽しい♪
イメージ 7

私もスーツで漕いでますけど
セーラー服がたくさんいました

1時間
交替しながらボート漕ぎまくり
池は大渋滞
相当な操船テクニックが要求されますが
池の隅々まで完全走破
ここのお花見はボートからが一番

下船後
広い公園の奥の方にジブリ美術館があるので行ってみます

イメージ 9

有料だけど入口までは入れます
1,000円だそうです
意外と安い?(なんかもっと高いイメージがあったので、冷静に考えると高いけど)
イメージ 8

一番有名なナウシカに出て来るロボット兵
これが見れちゃえばもういいかな?(笑)
入場券は事前発売のみで完売だそうですが
別の日なら空きはあるみたい
もう入場券が入手できない状態じゃないのね
ジブリも落ち目だし(殴)
イメージ 10

トトロの人形は
街中のお土産さんで売っているヤツの方が出来がいいような気がします
ごめんなさい

再び池に戻ります
夕日が差して来て
ようやく晴れてきました
イメージ 11

池端の桜がキレイ
イメージ 12

でも
ちょっとスワン密度が高過ぎ!

吉祥寺駅に戻ります
駅南口からすぐなんですよ(汗)
ちょいと吉祥寺駅付近を散策して、疲れたのでご帰宅


超久々の井の頭公園
ボートは楽しかったけど
ここも中国人が多くて…
でも
もっとイヤなのは
ここは桜の樹を占拠する場所取り宴会やり放題の公園だったこと、がっかり
花見の場所取りは中国人以下のサイテーの文化!(恥)

線路巡礼:京葉臨海鉄道京葉市原駅、千葉県市原市を代表する駅と線路?(爆)

先週末
シキさん見たさに
京葉臨海の京葉市原駅まで行きました、その話の続き
貨物駅なので
内房線八幡宿駅から歩き

千葉県市原市には市原駅がないのは有名な話
イメージ 12

京葉臨海鉄道本線から支線が分岐する場所が京葉市原駅かと思っていたら
違いました
そこは市原分岐と呼称されるそうです
イメージ 11

そこから分岐した支線の終点が京葉市原駅
その駅から富士電機工場にシキさん専用線が分岐している、
というややこしい説明

イメージ 1

専用線の分岐ビュー
イメージ 2

左折する専用線を
先週、特大シキさんがゴロゴロと走りました

支線の終端付近
ここが京葉市原駅ということでしょうか
「市原」の名を冠した
千葉県市原市を代表する駅です(爆)

イメージ 3

貨車門の跡が切ないけど
残された線路は意外と整備されています
列車が入ることがあるのかなぁ?

イメージ 4

市原駅支線の線路終端
以前はその先があったのでしょうね
イメージ 5

お約束の車止めからの光景
ちゃんと機廻り出来る機能は残されています、さすが

イメージ 6

こちらは専用線
埠頭には立ち入れないので遠くから眺めるだけ(泣)
地図を見ると
かなり混みいった配線なのに、残念

特大シキさんパレードが終わった後
線路に沿って戻ります
イメージ 7

京葉市原支線の踏切はどれもかなり立派
この線路を列車が通るのは年に数回だと思うのですが?
イメージ 8

市原分岐に戻りました
蘇我駅方面の分岐の付け根を見たところ
左に分岐するのが京葉市原支線
イメージ 9

ここが市原分岐駅?
昔は人が居たのかしら
イメージ 10

いい感じ
今度はちゃんと貨物列車が通る時間に見たいですね(笑)

京葉臨海鉄道
交通量が多い国道沿いの線路ばかり、という悪いイメージがつきまといます
もちろん線路に罪はないのですが…

黒磯駅の悲報、交直機関車付け替え突然の全廃?廃止前日に石橋駅(宇都宮)まで来ていたのに、また富士駅に出戻り(汗)

今春のJRダイヤ改正
貨物扱いの廃止という悲報はないと安心していたのですが
線路的にはタイヘンなことが起きていました

黒磯駅
交直切替の駅
ここで全て(?)の貨物列車が機関車を交換
その当たり前のことが
突然なくなってしまったらしいのです

交直両用機関車スルー運転

切替場所を黒磯駅構内から北の方に移設する
とかいう話は聞いたことあるのですが
今回はそんなこと関係ないみたいで

もともと交直両用機関車
というくらいですから
いつでもスルー運転出来たんですよね?

どうしてこのタイミングでそうなったのかしら
両用機関車の両数が増えたのか?
貨物列車本数が減ったのか?
それとも
当たり前のことにようやく気が付いたのか?(笑)

黒磯駅の機関車付け替え
東北線路巡礼のついでに何度も見た光景ですけど
廃止と分かっていればもう一度くらい行きたかった
イメージ 3

(写真は2004年の黒磯駅、交流から直流機関車に付け替え)

なにしろ
ダイヤ改正の前日
私は宇都宮JT専用線を見に石橋駅まで来ていたのです
そのついでにちょっと足を伸ばせば(大泣)

石橋駅の帰り
何処に行ったのかというと
また富士駅…

上野東京ライン
宇都宮(正確には石橋駅)から熱海行きという超ロングランを乗り通す!
という遠大な計画
ところが、
この日の朝からの人身迷惑事故のおかげで
途中で上野行きに行き先変更
そのあとの乗り継ぎはボロボロで
富士駅に辿り着いたのはもう15時過ぎ

イメージ 1

半年ぶりの日本製紙専用線
やっぱりスイッチャーは来ません
この日の入換はとっくに終了?

イメージ 2

必ず
今回の18切符でこの貨車門が開く時に来ます
必ず見ます
もうトラウマです(笑)

黒磯駅の残された線路も気になるけど…

シキさん求めて武蔵野線大ループを一周、越谷ターミナルで解体中でした

昨日の京葉市原のシキさん
深夜未明に越谷貨物ターミナルに運ばれています
再びシキさんに逢うために武蔵野線ぐるり一周の旅を敢行

府中本町駅から東京行き

花の武蔵野線
と思ってキョロキョロしましたが
まだ桜はチラホラ
イメージ 1

ようやく南越谷駅
出てすぐに越谷ターミナル
さてシキさんは何処だ?
イメージ 2

コンテナ荷捌き線じゃなくて
かなり奥の方
イメージ 3

クレーン車がいますから場所は分かるのですが
イメージ 4

すでに
積み荷は外されていました、早いですね
イメージ 5

トレーラーもスタンバイ
イメージ 6

車掌車さんもいました

本日のイベントは車窓からだけでお終い
シキさん解体ショーは以前近くで見たことありますので

それでは武蔵野線の旅の続き

上下線に挟まれた武蔵野操車場
廃止後、線路も付け替えられて
跡地はほとんど再開発されて痕跡ありませんが
イメージ 7

三郷駅の手前
ここだけ線路が妙に曲がって、
ほんのちょっとだけ昔の栄華が残っています
どうしてここだけ残したのかしら
操車場博物館でも作るのかしら?(爆)

船橋法典駅
武蔵野線と言えばギャンブル
イメージ 8

本日はその日でした、最悪~
おかげでギャンブル専用口が開いているのを観察出来ましたけど

南流山駅
この真正面の信号
イメージ 9

シンメトリーでツンデレしていて(意味不明)
とにかく気に入ってしまいました💛

そのまま京葉線へ
イメージ 10

沿線に山がありますけど
活火山だとは知りませんでした
ちょいとビックリ

新木場駅
りんかい線の線路が分岐しています
イメージ 11

その先に電車が居ます!
そのまま直進して京葉線に直通したがっています、カワイソ

東京大深度地下駅に到着
日曜日の京葉線ですから
あのキャラクターだらけだなのですが
イメージ 12

こんなのありました、大人気

それでは
東京大ループごっこの続き
川崎駅に出て南武線

尻手駅
イメージ 13

昨日、あの新駅が開業しました
イメージ 14

ピンボケのヘッドマーク(殴)
車体の横に南武線新車と同じあの愚イラストが落書きされて…
珍しく接続電車ですぐに出発だったのですが
こちらは大ループ中なので、乗ってあげないよ、ジャン♪

西府駅が出来た時だって
実際に通ったのは数か月後でしたから
こちらもそれで十分、廃止にならなければ(笑)

この後
実家に介護で立ち寄って
後は疲れてノンビリです
一昨日からの線路話の続き(残り)はこれから書きます~

4年前、橋本駅でのシキさん解体ショーの記事はこちら

線路巡礼:京葉市原の特大シキさん!人海戦術踏切を堂々と

本日は京葉市原の富士電機のシキさん

内房線八幡宿駅からテクテク歩いて
京葉臨海鉄道線沿いに出ます
その本線から右に分岐する支線
さらにその線路を進むと今度は埠頭側に分岐する線路
その線路の先に
イメージ 3

積載済みのシキさんが鎮座
非常に残念なことに埠頭への道は立入禁止
何時に動くか分からないので12時前に来ちゃいました
時間がありそうなのでとりあえず支線の終端まで散策
埠頭への分岐に戻ると

イメージ 1

京葉臨海の掛員さんが到着
歩道上のレールのカバーを剥がし始めました
イメージ 2

剥がした後はお掃除も
レレレのレ
お尋ねすると
特大(シキさん)搬出は14時過ぎらしいです
早すぎたかなと思いきや
イメージ 4

お迎えの京葉DDさん単機が来ました!
意外と早く(12:47)これはウレシイ
真っ直ぐな鄙びた線路を進んで来るシーンは秀逸
イメージ 5

分岐部分
こんな角度から見学できるのも有り難い
イメージ 6

先ほど掃除した歩道箇所の線路を進みます
イメージ 7

警報機も鳴るけど
この踏切は人海戦術が基本
ここは大型トラックの出入りも多い

イメージ 8

DDさんは埠頭線を進んでシキさん連結
すぐに動き出しました
これまた意外と早いじゃん!
イメージ 9

この辺りで線路が錯綜しているみたい
長大編成はクネクネと
ああ、近くで見たい!
イメージ 10

ところが
編成は何故か後退
そしてまた前進
これを繰り返します、どうやら走行試験中?

それも13時頃に終わって
DDさんは前照灯を消してしまいました
これは長期戦ですね
こちらも
貨物支線の脇に腰をおろして
DDさん見ながら時間つぶし
イメージ 11

埠頭の入口
警備員さんが二人ずっと待機
中に入れてあげられなくてゴメンナサイと謝られてしまいましたが(苦笑)
ちなみにこの方々はずっと立ちっぱなし交替もナシ
ご苦労様です

ホントに14時まで全く動きなし(爆)
イメージ 12

14時過ぎに
ようやく前照灯が点いて
何故か汽笛も鳴らさずするすると前進開始
それではこちらも分岐の方へ移動しましょうか
来た時はいなかったのにアリだらけ
イメージ 13

工場の隙間から出てきました
こういう線路シーン好き
車掌車にも掛員さん満載でした
イメージ 14

ゴロゴロゴロ
イメージ 15

再び人海戦術発動!
おかげで車道から堂々と見ることが出来ます(笑)
イメージ 16

特大貨物
やっぱり大きいですねぇ
イメージ 17

主役は
今やシキさんより珍しいヨさん?(笑)
イメージ 18

支線に合流
なんか写真が色飛びしちゃってますが
どうせアリも映ってるからまぁいいです
イメージ 19

この圧巻の車輪数を見よ!です
イメージ 20

特大編成はゆっくりと支線を走って行きます
イメージ 21

自動車アリが一斉に追いかけて行きます
お楽しみの後は一番イヤなモノを見てしまった
線路に罪はないのに

シキさん
意外と遅くて
走れば間に合いそうな感じなのですが
昨日の宇都宮JT他の次の日
さすがに疲れているので遠慮しておきます(苦笑)
イメージ 22

それより
一人で後姿をのんびりと鑑賞♪

さきほど剥がしたレールのカバーを戻す作業も始まりました
またいつもの静かな線路に戻りました

それでは
八幡宿駅まで歩いて帰りましょ
京葉臨海の線路もちょっと見ましたので
その辺の記事はまた今度

線路巡礼:宇都宮貨物ターミナル駅、シキさんが常駐するちょいと駅から遠い貨物駅

宇都宮貨物ターミナル駅
昨日のJT貨物専用線記事の続編です

最寄り駅は東北本線石橋駅
ここから早歩きで急ぐと
イメージ 1

すぐに
オイルターミナルの巨大タンク群
貨物駅の大きな屋根も見えます
イメージ 2

ちょっと離れたヤード
この一番手前にJTコンテナが停まっていました
隣りの線路はシキさん留置の定位置らしいです

JT専用線の美しいスイッチャー運用を堪能した後
イメージ 3

貨物駅の入換も見学
ここももうDEさんじゃないんですね
イメージ 4

ちなみに
JT倉庫への専用線はこうなっています
イメージ 5

この角度から見てみるのも一興

JT倉庫前から
さらに宇都宮方面に進むと
イメージ 6

ここが東北本線と貨物駅が交わる辺り
イメージ 7

上り旅客線が貨物線を跨ぎますが
その青い橋梁の鮮やかなこと!
イメージ 8

宇都宮貨物ターミナル全貌

イメージ 9

再びJT倉庫裏
箱庭のように美しい線路群に別れを告げて
イメージ 10

上り貨物列車が走り抜けていきます

イメージ 11

再びシキさん紹介
イメージ 12

最後尾には車掌車も健在
どうして宇都宮にシキさんが常駐しているのかは謎
小山駅の高岳工場に近いから?
イメージ 13

以上
宇都宮貨物ターミナル駅でした

石橋駅まで戻ります
実はこの後がタイヘン
残って
JT倉庫の14時の運転を見れば良かったと、後悔(汗)

(さらにこの続編を書く前に、今日もこれからお出かけです)

線路巡礼:宇都宮貨物駅JT専用線、超マイナーだけど構内の線路と入換は芸術的!

本日はかなりマイナーな線路を巡礼
宇都宮貨物駅のJT専用線

平日のみ1日1往復
朝8時過ぎに動くそうです
会社の振替休で実現
始発電車で出発しましたが
いきなり
宇都宮線は人身事故で全線運転中止…
とりあえず大宮駅まで行きましたが
結局50分遅れ

東北本線石橋駅(宇都宮駅の二つ手前)
もう間に合わないかもしれないけど専用線は気まぐれです
掛員さんも電車遅延かもしれない
線路に沿って早歩きで15分

JT倉庫が見えてきた時
踏切が鳴る音が聞こえてきます
思わず走ります!
イメージ 1

間に合いました~(8:46)
倉庫からスイッチャーさんが単機で出てきました
イメージ 2

道路を跨いで宇都宮貨物駅ヤードに出ます
イメージ 3

ヤードの外れに
コンテナが4両ポツンと置いてありましたが
これと連結

JTの守衛さんが出て来て
あれは日本でも珍しい○○なんだから
踏切で撮るのがいいよ、とのことです、はい
イメージ 4

ということで
踏切で待ちます
イメージ 5

かなり変わった警報音を鳴り響かせながら
イメージ 6

倉庫の中に入って行きました

ここは倉庫の中の入換が有名なんです
広い倉庫の敷地をグルリと廻って追いかけます
イメージ 7

入換が始まっていました
線路が所狭しとスゴイ配線です
(解説の都合上、倉庫側から1番線、2番線、とします)
イメージ 8

コンテナは2番線に到着
スイッチャーは3番線を使って機廻り
イメージ 9

後ろから2番線の奥の方に押し込みます
イメージ 10

倉庫ホームの方も掛員たちが出て来て出迎え準備
イメージ 11

ここで途中の分岐器を使って
1番線に引き戻します
イメージ 12

ダイヤモンドクロスを惜しみもなく使った線路配線
でも使っていない線路には車止めが設置済み
4番線は使われていませんね
向かい側の小さい倉庫にも線路はのびていて、そちらはつながっていますが
使われてなさそう
イメージ 13

コンテナを1番線の奥の方に押し込んで作業完了
1番線ホームがかなり長いおかげでこんなスイッチバック入換が可能
イメージ 14

ようやく荷役が出来ます
線路的にはとても面白いけどかなり手間がかかります

イメージ 15

倉庫の裏側は畑
いい光景です
イメージ 16

真正面

イメージ 17

ここで疑問なのは
どうして1番線に直接入線しないのかしらということ
イメージ 18

貨車門から入って来た線路はどうなっているのかな?
イメージ 19

スイッチャーが再び動きだしました
コンテナを手前に少し動かします
荷物によって場所を変えた方がフォークリフトの動きが良くなるのでしょうか
イメージ 20

スイッチャーさんは外されて
そのまま1番線を前の方へ進みます
イメージ 21

この辺りがスイッチャーさんの定位置みたい
ここで気が付きました
1番線の手前側にも車止め

2番線(着発線)を使わないと
4両のコンテナを1番線にスムーズに入線させられない
ちょっと線路配線を複雑にし過ぎで詰め込み過ぎ?(苦笑)
イメージ 22

掛員さんが貨車門を通って宇都宮貨物駅の方へ
門を閉めるのかな、と思いましたがそのまま

踏切で逢った警備員さんによると
戻りは14時だそうです
あと4時間以上ありますねぇ(笑)

JT専用線は素晴らしいタイミングで十分に堪能できたので
宇都宮貨物駅を見学してから考えましょ
イメージ 23

1日1本だけの運用ですから
いつなくなってもおかしくないのですが
とりあえずダイヤ改正前日の今日は通常運転でした
しばらく大丈夫?

宇都宮貨物ターミナル編に続きます
それにしても悪質な人身事故(犯罪)のせいでボロボロ~

明後日ダイヤ改正での貨物(線路)の訃報はないのかしら?

酔って帰りましたのでテキトーな記事

明後日はJRダイヤ改正
北海道田舎新幹線がどうとかまるで興味ありませんが
貨物取扱いがどうなるのか気になります
過去、
この日に合わせて
なんと多くの貨物専用線が葬られてきたことか…

今回の改正での訃報はまだ聞かないのですが
大丈夫なのかな?

ということで
明日はダイヤ改正前の最後の日
お休み取得しました
貨物列車と線路巡礼の予定です

早起き!

2000年、潮来と佐原と線路、奥さんサービスの傍らちゃんと貨物列車も見ています

2000年5月の話
奥さんがスポーツクラブに通っていて
そこの知り合いのトライアスロンを応援したいというので
付き合って一緒に潮来へ

潮来ミニトライアスロン
朝早いんです
始発電車を乗り継いで

あの霞ヶ浦で泳いでます、ばっちい(殴)

早朝開始で昼前には終了
午後は夫婦でお散歩です

潮来

結婚前に
霞ヶ浦フェリー(土浦→潮来)を一緒に乗りに来て
ついでに潮来に立ち寄って以来です
イメージ 1

イメージ 2

今回はちゃんとアヤメを鑑賞

その後は
鹿島線で佐原駅へ
イメージ 3

柳並木がステキ
古い街並みをレンタサイクルで快走
イメージ 6

佐原は町中の川が風流ですが
川に架かる「橋」から滝が流れています、妙な光景

イメージ 4

DDさん!
イメージ 5

踏切が鳴ったので待っていたら
鹿島貨物です
偶然です、日頃の行いが良い(笑)

おまけ
帰路の途中の品川駅
イメージ 7

まだ
横須賀線海側の線路が健在
これが田町駅手前にあった貨物ヤードにつながっていた線路?
今では新幹線駅の下敷きです、哀れ

潮来と佐原を楽しんでご帰宅
線路だけじゃなくて
ちゃんと奥さんサービスしてますね、偉い(爆)

ちなみに
この日の2日前が
結婚10周年でした
自由が丘でイタ飯を食べたらしいのですが
写真が一枚もありません
10年くらいじゃ記念にならない?(苦笑)

1989年の霞ヶ浦ジェットラインの記事はこちら
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR