FC2ブログ

光る線路、尻手駅で夕活。ガチャ目の石炭貨物が後ろを通ります~

久々に夕活(明るいうちに!)
また石炭貨物です

尻手駅の下りホーム(浜川崎線ホーム)
イメージ 2

川崎駅方の工事が終わったみたいで
つるりとしています
シールも貼っていません
こういう状態は珍しいのでは?

まず浜川崎駅
イメージ 3

今回はもう国鉄機関車は点灯中
でも
片側だけが妙に眩しい

イメージ 4

なんかおかしいですよね
ガチャ目
調子狂います
でも光る線路は美しい

この駅の出発シーンは見たばかりなので
尻手駅に先回りで戻ります

イメージ 5

来ました
往年の米タンさんだったら、
このまま南武線下りに入ってくれるんですけど

イメージ 6

やっぱりガチャ目でした(汗)

イメージ 7

先ほどの
のっぺりホームの脇を轟々と通過

イメージ 8

0キロポスト

イメージ 9

ホームの裏手を
真っ黒い貨物列車が通過して行くのに
電車を待っているお客さんたちは振り向きもしません
勿体ない(苦笑)

イメージ 10

尻手線(仮称)に進入した辺りで
何故か急に減速
だったら尻手駅で一時停止してくれればいいのに
お終い

新鶴見でも見てみたいけど
もう暗いかな…

おまけ

銀座線渋谷駅工事ニュース
イメージ 1

新しく出来た橋梁は
機械置き場になってしま1ました
ここに線路が敷かれるのはいつでしょう?

2週間前の同じ時間の夕活の浜川崎駅はもっと明るかったのに、記事はこちら

今年も半分お終い
ブログも半分お終い
なのに統計機能が「-」状態で困ったものです
スポンサーサイト



大崎駅から大井工場(東京総合車両センター)の入換機を見学、ランチは品川、ふるさと納税特典天童市のさくらんぼ

大崎駅にて
工場門が開いていています
イメージ 4

山手線回送線からも電車が出てきました
掛員さんもチョロチョロしていますので
これは何かあり?

イメージ 5

保線車両みたいなのが動いています
これが工場内のスイッチャーでしょうか
クモヤさんだったいいのに…

イメージ 6

工場の敷地内線路を少し移動
車両を動かしているわけではないのが残念

イメージ 7

前照灯も消えましたので
これでお終い?
何をしていたのでしょう?(謎)

山手線ホームに移ると
ちょうど
アレがやって来ました
イメージ 8

線路的にいい場所なので
いちおうアップしておきます
乗るのは2度目かしら
これが珍しがられるのは今年の年末までかな?


品川の港南口側でランチでした
コロワイドの株主優待券が使えるオシャレな店を奥さんが発見

THE DAD BOD
イメージ 2

カフェテリア方式で1,080円は安くないけど
美味しいよ
イメージ 3

オシャレな店内に
オシャレな飲み物が飲み放題

トイレもオシャレ
イメージ 1

こんな感じ
検尿セットが並んでいます(殴)

話のタネに
一度来れば十分(笑)
奥さんはもう一回とのことでございますけど


おまけ
ふるさと納税特典
毎度おなじみ山形県天童市のさくらんぼ1キロがたった今到着
(昨年も注文)
イメージ 9

さっそく食べてみましたが美味しい~
何故か小袋がついています
何に使うのかと良く見ると
おすそ分け袋だって
あげないよ(爆)

水道橋駅から迂回して渋谷駅まで、国鉄の美しい線路の遺産

先日の線路の小ネタ
水道橋駅から渋谷駅まで迂回して小旅行

イメージ 1

水道橋駅の古線路(レール)を使った架線柱があまりに美しい
今まで気が付きませんでした

ちゃんと説明板まであるのですが、
イメージ 2

NHKで放映されたのはどうでもいいんじゃないの?
マスコミが文化財の価値を決めるとは情けない

まずは御茶ノ水駅へ
最後尾に乗ると
イメージ 3

水道橋駅の緩行線にダブルクロスがあったとは

御茶ノ水駅には中央快速線⇔総武線用に複数ありますけど
水道橋駅のはどういう時に使うのかしら(事故対応用?)

尾久駅
イメージ 4

寝台車両はまだ少し残っていました
なかなか全廃しないのがイヤらしいですね(苦笑)

イメージ 5

気になるDEさんも健在
いま、お仕事あるのかしら?

赤羽駅で折り返し
埼京線に乗って渋谷駅まで

池袋駅の手前で
最高の線路シーン
イメージ 6

池袋電車区(左側)からの車庫線(複線)と複雑に合流
右の線路は山手線に合流します

イメージ 7

代々木駅の
山手貨物線亘り線もステキ

国鉄の美しい線路の遺産に遭遇
やっぱり都内の移動は国鉄です
カイカン(笑)


雨です
母親を大学病院の「物忘れ外来」に連れ行かねばならず
路線バスに乗せるのがタイヘンでした
おバカさん(認知症)と一緒にいると、
疲労困憊
癒しの線路が必要です(ふぅ)
夏至も過ぎてしまったので、やり残しのないように

台湾旅行記9、その名は101展望台、やっぱり昇りました(笑)、マンゴーかき氷も最高です

台湾旅行3日目の後半戦
とうとう101まで辿り着いてしまいましたが
どうしましょ(笑)
フツーの人なら
展望台に昇るのでしょうけど
どうかなぁ

チケット売り場に行くと
特に列はなくて、並ばなくてもすぐに昇れる感じ
でも高い
大人500元(2,000円くらい)
JCBカードを使うと10%引き
台湾の展望台って、どうよ?
雨天だったら昇る気ないけど
おかげさまで晴れてます
でも見るなら夜景かな、まだ早い
イメージ 1

下の商業施設でしばし休憩
商業施設部分に101タワーの脚が飛び出しています

マンゴーかき氷ももう一度食べたいです
お店を探しますが、有名店は2キロくらい離れた場所
先にマンゴーを食べに行って、また戻ればいい?

再び外に出ます
イメージ 2

世界中にあるらしい「LOVE」を発見
おもわず記念撮影

ここで冷静に考えて
ここから歩いて離れちゃったら、
もう戻って来ることはないんじゃないの?

昇らずに後悔するより、昇って後悔しましょう
高いところに昇るのは我が家のポリシーです

ということで
あっさり戻って来ました
つい最近ま世界一速かったらしいエレベーターに乗ります
イメージ 3

確かに早い
耳が痛くなる前に着いちゃいました

そして、
101展望台の光景は…

これは昇って良かった!
いいじゃん 、いいじゃん

イメージ 4

ビル外壁に変なモニュメントが張り付いています

イメージ 5

先ほど登山した象山の展望台
さがしましたけど
ここがそうですね!

イメージ 11

展望台にあんまり長くいたので
昼間も夜景も楽しむことが出来ました
ということで
以下、101の昼と夜を比べながらお伝えします

イメージ 6

北側の高層ビル群
その中で大きな工場の敷地が気になります

イメージ 13

夜景がステキ

あの工場が気になるので
拡大投影
イメージ 7

これは、どうみても鉄道の工場!
トラバーサーがあります
でも列車は見えない…

台湾国鉄はここは地下を走っていますので
工場だけ地上に残ったということ?
でも操業していない感じ

イメージ 14

工場の夜景
使用されていないのは明らか
後で調べたらやっぱり台湾国鉄の車両工場で
つい最近、工場は郊外に移転、ここは閉鎖
でも台湾人は鉄道好きが多いみたいで
この工場跡も保存計画があるとか?

イメージ 9

すぐ近くには松山空港
台湾の「松山」という名前で有名
この空港だったら近いんですけどね

イメージ 8

ガラス張りの床
真下が見えるのではなくて鏡になっています
スカート女子は注意(笑)

西側
朝に散歩した中正紀念堂や台北駅方面

イメージ 10

この真下の大きな道路にご注目
(MRTが地下を走る道)

イメージ 15

夜景がキレイですけど

イメージ 16

この交差点に向かって一方通行です
全ての車線のクルマはこちらに向かって来るのです
その中で
ど真中のレーンだけがバス専用道で
バスが悠々と車の流れに逆走して行くのです
とても壮観
(このバスにちょっと乗ってみたかったです)

イメージ 12

下の階には
揺れを抑えるダンパーがあります
巨大地震の時にこれが動くビデオがあって興味深い
ちなみに
隣りにいるのはマスコットキャラクター
101が目と口になっているみたい
5種類くらい揃っています
特に可愛くはないですね(苦笑)

下の階は宝飾品売り場
こんなところで買う人いるのかしら

さらに上の階で外部にも出られるのですが
荒天時はダメ
もう晴れているのに、この日は上がれませんでした
それが心残り

でも
101展望台に3時間も居ちゃいましたよ!
尋常じゃない
あれほど昇るか迷ったのに(笑)
その名は101展望台、昇って良かったです

外に出て
上から見た夜景を楽しみます

イメージ 17

これが101自身の夜景
タワーとは違って
ちゃんとしたビル建物なんだと実感

イメージ 18

台湾のライトアップ
洒落てますね
香港よりセンスがいい
東京も見習って欲しいです

次はマンゴーかき氷!
店まで歩いてもいいのですが
もう遅いので
ひと駅だけ地下鉄利用

店はすぐに見つかりました

行列店かと思っていたら
すぐに店内へ
でも中はオシャレ

イメージ 19

マンゴーかき氷!
ちゃんと下にマンゴーがたくさん入ってましたよ

店内は若者で一杯
入店後、すぐに行列が出来ました
たまたま運が良かったらしい

イメージ 20

マンゴーかき氷はこうやって作ります

イメージ 21

アイスモンスター
大満足でしたが
原宿にも店があるそうです
知らなかった(汗)

MRTでホテルに戻ります
その途中で
再び昨夜の夜市へ
注文も同じ屋台

豚足線麺
イメージ 22

「線麺」というのが気になるのですが
素麺のことでした

イメージ 23

昨晩食べた水餃子があまりに美味しかったので
持ち帰りで二人分

イメージ 24

ホテルで台湾最後の晩餐
楽しかったですぅ

ここで
現金(元)がまだ少し残っているので
近くのコンビニまで再びお散歩
台湾は治安はとても良い感じ
ちょっと麻痺しそう

コンビニで
自宅用お土産として
怪しい即席麺を大量購入
イメージ 25

「科学麺」
怪し過ぎます(まだ食べてないのですが)

こんな感じで
台湾3日目もお終い
朝の雨がすぐに晴れて良かった♪

------

翌日(4日目)は早朝便で帰国するだけ
いちおうツアーなので
空港送迎だけは付いています

帰国便の機内は驚くほどガラガラでした
無事に家に到着

香港より
食べ物が安くて美味しいかも
また行きたいですね
旅行代金も安いし
今度は台湾国鉄で一周?
マンゴーかき氷をもう一度食べたい(本気)

◇旅メモ
台北4日間完全フリー(てるみクラブ)
一人17,800円
トランスアジア航空(成田第2)
1日目:成田空港13:00→台北桃園空港15:00(時差1時間、さらに1時間遅れ)
エンプレムホテル(帝后大飯店)に3泊(朝食付き)
2日目:平渓線、十分石炭博物館トロッコ、九分
3日目:中正紀念堂、101登山
4日目:台北桃園空港08:10→成田空港12:00

今回の旅では15,000円を両替
夜市に行くつもりだったので全て現金決済
クレジットカードは101入場料金以外は使わず
ツアー料金以外で使ったお小遣いは
二人で計2万円弱、使い切りました

やっぱり安くて美味しかった台湾の旅行記
これでお終い
もちろん国鉄スタンダード線路も良かったです(笑)

台湾旅行記8、その名は101展望に歩いて登る!中正紀念堂から象山まで

台湾旅行記
後半の3日目に突入
と言っても、
事前に予定していたのは九分十分だけ(笑)
一日で回れてしまったので
翌日は何しましょ?

前の晩から迷いましたが
当日は朝から雨…

広い部屋に替えてもらっていたので
部屋でちょっとゴロゴロ
でも
傘をさして出かけましょう!

小雨になっていますので
まずはホテルの近くにある朝市へ

さっそくお店で買い食い(ホテルで朝食食べているのに)
イメージ 1

カモ肉のロースト
ちゃんと食べやすく切ってくれます
おまけにビニール手袋をつけてくれたので食べやすい

イメージ 2

通り沿いにお寺があって
結構賑わっています
このお寺の裏の広場でいただきます
おいしかったけど罰当たり?

食べ終わったら、
近くで同じように食べていた女性が突然やってきて
よろしければ、買いすぎちゃったので、これも食べてください
と手渡して行っちゃいました
日本語なので日本人でしょう(笑)

蛍イカの塩辛みたいなモノ
すごい量
食べてみましたがショッパイ
これは無理
なんかムダなゴミができてしまいましたが、ごみ箱があったのでセーフ(苦笑)

雨も止んだみたいで
このまま台北駅方面まで歩いてもいいのですが
昨日歩きすぎたので体力温存
MRT(地下鉄)利用です

月曜日なので休館の場所が多いですが
その中でも営業している重要な場所

中正紀念堂

蒋介石(中正さん)を記念する
台湾で一番重要な場所?

入口の中国式の門
「自由広場」の堂々たる文字
イメージ 3

雨も上がりました
渡り鳥(カラス?)が不気味に飛び立って行きます
自由万歳!(笑)

イメージ 4

4つの建物に囲まれた自由広場
左右の寺院みたいなのはコンサートホールと演劇場

北京の天安門広場に対抗して作られたのでしょうか?
戦車の跡も付ければ面白いのに(殴)

正面のずんぐりした天壇みたいな建物が
メインの中正紀念堂
イメージ 5

階段の彫り物は
北京の紫禁城の竜の掘りものに対抗して立派なモノかと期待したら
意外とツマラナイ

イメージ 6

内部に大きなおじさん
このおじさんの偉業を称えるための施設なわけです
(数年前に蒋介石嫌いの政権下では、台湾民主記念館という名前に改称させられていたらしいです。このおじさんの像はどうしたのでしょ?)

ちょうど11時の衛兵交代の時間(毎正時にあります)
イメージ 7

いちおうキレのあるパフォーマンスですけど
これが長い
15分も延々と
飽きます(殴)

一般観光客はこれを見て帰っちゃうのでしょうけど
ヒマな人は
銅像の下の階(地上階)にある展示場も視察

こんなのありました
イメージ 8

台湾の正当性を主張する記念館ですから、そういう内容

イメージ 9

日本ではちょっとムリなモノもあります

戦争の絵画展は
南京事件とか、そんな感じのものがたくさん
イメージ 10

台湾で空中戦?
その向こうでは、おじさんが張り切って演説

日本軍と戦ったのは共産党じゃなくて
我が国民党なのだ
じーく…

すっかり洗脳されて(笑)
さっさと裏口から出ます
次は楽しみな小籠包だぁ!

ガイドブックによると
安くてうまくて、若者に大人気の店があるらしい
そういう店が好き!
でも、そこまで歩いて1キロ?
辿りつけるでしょうか?

永康街
おいしそうな店だらけ
イメージ 12

意外と簡単に見つかりました

写真付きメニューがありません
(日本語メニューじゃ分からない)
料理場が下のあるので
そこまで降りて行ってコレくださいとジェスチャー(笑)
イメージ 11

おいしい♪

店内に
なぜか日本語で
うちはティンタイフォンの半額で提供しています
店舗も持ち家だから安いんです
と自慢の書が飾ってありました

ここから
大通りに出ます

台北101発見!
イメージ 13

雨も止みました
それではあれに登りに行きましょう
昇るんじゃなくて
登るんです!?

再びMRTに乗って西へ
台北101駅を通り過ぎて
次の象山駅で下車

象山駅
近くに象山という山があって
そこの展望が人気らしいのです

まずは公園を抜けて
振り返ると101!
イメージ 14

いい天気すぎます
もはや暑い(笑)
イメージ 15

ここが登山道入り口
象さんのモニュメントは謎
イメージ 16

結構ハードな階段登山道
昨日、十分で歩きすぎていますからキツイ

イメージ 17

ようやく展望台
見えた見えた

でも
ここで寝そべっていた地元のおじさんが
もっと先だよ
とジェスチャーしてきます

細い道が続いていますけど
あれは下山道じゃないの?
観光客は数組いましたけど
誰も行きません

でも、気になるので
少し先まで歩いてみることに

寝そべりおじさん、
疑ってごめんなさい!(謝)
イメージ 18

ここが目指していた展望台に違いありません
眺望が全然違います

イメージ 19

いい景色
晴れて良かった

後から西洋人家族もやってきたので
お互いに記念撮影

この丸いモニュメント
気になりますよね
イメージ 21

正月の有名な大花火大会(101から火花が吹き上げる祭り)

重ねてみると
イメージ 20

こんな感じ
見てみたいな~

イメージ 22

改めて101を鑑賞すると
タケノコを模して造られた設計で、あれこれ装飾が付いています
下のほうに
タコのクチみたいな大きな窓がついているとは知りませんでした
これも風水?(流石に穴をあけるわけにはいかないでしょう)

イメージ 23

下山途中
別の展望台からも鑑賞

イメージ 24

近くのバブルビル
こちらには金の玉がついています
やっぱり台湾も中国なんですねぇ(当たり前、笑)

101展望台まで登りましたけど
昇るほうはどうしましょ

とりあえず
101まで歩きながら考えることに

101は様々な風景に溶け込んでいます
スカイツリーより存在感があるかも

途中で
一昨夜に食べたマンゴーかき氷を食べたくて探しますが
ないですねぇ

迷いながら
ようやく101に到着
下はやっぱりデカい商業施設
イメージ 25

15時です、
せっかく晴れましたけど、夜景には早いし中途半端な時間

その名は101
昇るのか否か、次回にまだ続きます~

新座貨物ターミナルの超特大シキさんの積荷解体線路はちょっと遠い…、&ふるさと納税特典古平町の「生うに」期日指定到着

今朝は
朝食前に新座駅にシキさん詣で

昨夜
小山駅から新座貨物ターミナルに
特大輸送があって
超特大シキさんが解体(荷物おろし)待ちのハズ

線路的には
あの広い貨物ヤードの何処で解体するのか?
が興味あるところ

武蔵野線先頭車両から激撮
あそこだ!
イメージ 1

これは観難いところ

イメージ 3

DHの入換があって
イメージ 4

おもわず目がそちらに行ってしまいますが
シキさんの線路は
さらに左の奥に分岐した場所

イメージ 5

辛うじて
解体待ちの超特大シキさん

イメージ 6

せっかくなので拡大投影
車掌車も控えていますね

未だクレーンも持ち上がっていません
ちょっと来るのが早すぎたかしら(汗)

イメージ 2

新座駅のホームからは全く見えない
おまけにコンテナ列車が二重に停まっていて側面からも見えない
残念

そんな新座貨物のシキさんですが
未知の線路の使い方がまたひとつ解明されました(笑)


朝食後、また介護で実家
当然のように中原電車区立ち寄り
なんにも面白いことはないのですが
イメージ 7

0番線で
扉の開閉点検をしていました
それだけ(汗)

ふるさと納税特典
北海道古平町から「生うに」届きました!
一昨日に電話があって
漁があって取れたから、
必ず受け取って下さいとのこと
生うにですからお互いに必死です
イメージ 8

奥さんの大好物でございます

昨日の宇都宮旅行で疲労困憊なので
午後はグッタリ
台湾旅行記の後半を早く書いて、というお達しが(汗)

(追記)
今晩はウニ丼♪
イメージ 9

ひと箱にこんなにたくさん
礼文島のウニ丼よりはるかに豪華
でも
ちょっとショッパイかも
3日続きます(笑)


今年3月には越谷貨物ターミナルでも特大シキさんの積荷おろしがありました
この時の線路は見やすかったのですけど。記事はこちら

東武で宇都宮を日帰り旅行、大谷石!ステーキ宮!餃子!、東武線快速突然の運転打ち切りで朝から大波乱

日帰りで宇都宮旅行
かなりハードでしたが楽しかったです

お出かけの朝から、いきなり3つの試練
まず天気予報
関東地方で、
なぜか宇都宮だけ雨マークなんですけど
でも
せっかく早起き出来たから行っちゃえ

次に乗換
田園都市線半蔵門線で押上駅7:04着
東武スカイツリー駅発7:13発の東武日光行き快速に乗換の予定
「押上駅から旧業平橋駅へ」の乗換
これが予定外にタイヘン
スカイツリーの敷地を端から端まで走って
ギリギリで乗れました
(業平橋駅当時はもっと簡単だったのに)

最後が最大の試練
乗ったら同時に怪しいアナウンス
東武日光線で車両故障、南栗橋駅-新鹿沼で運転見合わせています
えっ?この先どうなるの

結局
快速は南栗橋駅で打ち切り
ほとんどの客は東武動物公園駅で下車して伊勢崎線で久喜駅から
JR各線に振替輸送

私達は東武の株主優待券
これの有効期限が今月末なのでムリしてやって来たのに
イメージ 1

久喜駅で
振替乗車証を受け取って
わずか3分の乗換に成功

おかげで
宇都宮まで東武線の旅がJR東北本線の旅へ
東武宇都宮駅に9:20着の予定が
JR宇都宮駅に9時前に着いちゃいました(笑)

さらに
時間が出来たので
今回の目的地までのお得な切符も購入できました
イメージ 2

大谷観光一日乗車券

今回の旅のメインの目的地は「大谷」です

関東自動車バスで、まず資料館へ

大谷石に囲まれたエリア
歩いて行くと
イメージ 3

採掘跡が見えて来ます
入口はこの右側

イメージ 4

坑内といっても
今回は石炭じゃありません

狭い階段を下りて行くと
内部は10℃!寒い
(夏なのにダウンジャケット持参)
イメージ 5


イメージ 6

機械(チェーンソー)で切った跡は芸術的?

イメージ 7

この広い採掘空間がウリ

イメージ 8


イメージ 9

ところどころ
穴が開いていて、光が差し込むのもいい感じ

撮影に良く使われるそうで
そのロケ自慢の展示が鬱陶しいけど
わざわざ来る価値はありますよ
もっと暑い日だったら10℃の世界はもっと感動だったかも

資料館で十分冷えてから、付近を散策

イメージ 10

大谷石の鉱脈が地上に出ている部分は露天掘り
姿川に沿って奇景も広がりますが

ここで
宇都宮と言えば
ステーキ宮

市内に何軒もあるのですが
どこもクルマでしか行けない場所…

ところが
この大谷から少し歩いたところに1軒あることを調査済み
イメージ 11

奇岩を見ながら歩きます
どうやら雨の心配はなさそうです

イメージ 12

到着
ステーキ宮、田下店
イメージ 13

苦労して来たので贅沢しちゃえ?
(コロワイドの株主優待券ですから)
でも生ビールはこの後、足に来ました(汗)
有名な宮のタレはちょっとショッパイ。
肉よりもスープバーがとても美味しい(爆)

戻ります
途中、多気不動尊のアジサイのお誘い
イメージ 14

ちょっと興味あったけど
まだまだ大谷石で見たいものがあるので、今回はパス

大谷に戻って
少し川沿いを人が来ない方に歩いてみます
イメージ 15

採石跡
危険エリア

イメージ 16

ここでも大谷石の切り出しをしていた跡

イメージ 17

民家の頭上の岩!
これは採掘でこうなったわけじゃないと思いますけど
いつ落ちて来てもおかしくない?

イメージ 18

大谷景観公園を通って

大谷寺
大谷観音
イメージ 19

岸壁に掘られた石仏
シルクロードの石窟寺院と同じだそうです
この石だったら掘りやすいですね
この寺の中にあります
(撮影禁止なので、そういうことです)

イメージ 20

大きな露天掘りの切り通しを抜けると

平和観音
イメージ 21

階段で上に登れますので、
もちろん登りました
疲れました。

バスで宇都宮に戻ります
このエリアのバスは1時間1本

せっかくなので
宇都宮と言えばパート2

餃子
無難なところで有名店の本店へ

行列がありましたけど
この店のすぐ近くに別の行列が!
イメージ 22

本当はこちらで食べてみたかったけど、行列長すぎ

ということで
イメージ 23

こちら
(行列は道路反対側に続いていますが、あの店ほどではない)

すぐに店内に

焼き、揚げ、水を1人前
イメージ 24

美味しいです

でも
今度はあの店で食べてみたいな

バスで東武駅前バス停へ
せっかくフリー切符ですからバスも使わないと

東武宇都宮駅の先にも大谷石の一品があります

イメージ 25

カトリック松が峰教会
日本的じゃない二つの尖塔がステキ
この教会
東武宇都宮駅のホームからも見えます

東武線はさすがに復旧していました
帰りも東武株主優待券で東武宇都宮線を使って帰ります
やっぱり
JR線の方が早いので
また振替輸送して欲しかったです(殴)

スカイツリータウンでもちょっと寄り道して
とても充実して疲れましたとさ

奥さんいわく
朝の押上駅の乗換で走らされたのが一番ハードだったとか(苦笑)

神武寺駅で逆甲種回送をお出迎え。在日米軍線路でDEさん機廻り!

長津田駅を出た逆甲種回送を
京急神武寺駅でお出迎え
またも休暇で頑張ります
イメージ 1

専用線トンネルから
DEさんが出て来ました
ものすごい山奥みたいですが
これが在日米軍逗子基地(池子の森?)
イメージ 2

またも
DEさんに鈴なりです

イメージ 3

分岐の前で停車
車両後ろに乗っていた添乗さんもぞろぞろ降りてきました

イメージ 4

切り離して
機周り開始

イメージ 5

在日米軍線を
ホームから見ることが出来て有り難いのですが
柵があって
手前の線路がよく見えないのが玉にキズ
柵によじ登れる格好でもないので(汗)

イメージ 6

神武寺駅です

イメージ 7

素早く戻って行きます
長津田駅とは大違い

イメージ 8

京急電車ともご一緒に

反対側ホームに移動して
DEさんがトンネルに去って行くのをお見送り
イメージ 11

在日米軍線の線路門に扉が閉められているのが分かります

イメージ 9

神武寺駅の裏側(在日米軍基地側)に線路があります
これが車両が通る専用線

イメージ 10

京急と合流して三線軌条になって逗子工場へ
ここを甲種回送が通るのは終電後の深夜なのが残念

イメージ 12

東急線から出戻りして来た6扉車両
圧巻です
まだ新しい感じ
工場に戻った後、どうなっちゃうのでしょうね?

おまけ
金沢八景駅

イメージ 13

いつ見てもいい感じの三線軌条の線路

イメージ 14

工場に向かうS字線路が車窓から上手く撮れてしまいました

いつの日か
終電後の出入りを見たいです
野宿かしら(苦笑)

2年前の雪の日の神武寺駅の逆甲種回送の記事はこちら
この時は手前の線路に列車が到着していました

長津田駅で逆甲種回送をお見送り、DEさんホーム逆走と添乗さん鈴なりシーン♪

長津田駅で甲種回送
到着列車はよく見かけますけど
ここから出発していくのは貴重な線路シーン
半日休暇で頑張ります

イメージ 1

今回の主役は
東急とJRに挟まれた授受線の分岐箇所
こちら側が主役になるのは、出発シーンの時だけ

イメージ 2

ちょうど
東急側線路でDEさん連結が終わったところ

イメージ 3

授受線に引き出して来ます!
今回も6扉車両の逗子工場行き

イメージ 4

ここで
DEさんを慎重に切り離し

それでは駅ホームから陸橋に移動
イメージ 5

なかなかDEさんが動きません
暑くておバカになりそう

イメージ 6

ようやく
DEさんが横浜方に移動

この先どうなるかと言うと
冒頭の分岐が重要なポイント

イメージ 7

機廻りして
横浜線下りホームを逆走!
これは長津田発の甲種回送でしか見ることが出来ません

イメージ 8

それより気になるのは
このDEさんにいったい何人乗っているのでしょう?(笑)

イメージ 9

わざわざ上り線まで行って折り返し

イメージ 10

恐るべきは
DEさんの反対側にも添乗さん鈴なり!

イメージ 11

DEさんの前後に満員状態
みんな乗ってみたいのですね
私も乗ってみたい(笑)

イメージ 12

この後
再び慎重に連結
中古車両なんだから、そんなに気を使わなくてもいいのに

イメージ 13

連結待ち
この場でわざわざDEさんに添乗していなくてもいいような気がするのですが
何故か誰も降りません

イメージ 14

ガチャンと連結してようやく降りたみたい
このガチャンを車上で体感してみたかったのかしら

ホームに戻ります
イメージ 15

また添乗してました(笑)
暑いのにご苦労様です
DEの運転士さんは中で涼しい顔ですけど

八王子に向けての出発シーンも見たかったのですが
諸般の事情でここまで

長津田駅
久々にDEさんホーム逆走と添乗さん鈴なりシーンを見れて幸せです♪


2006年に
同じシーンを横浜線ホームで鑑賞
逆走DEさんにホームはパニック状態でした
記事はこちら

台湾旅行記7、有名な九份に来ましたけど(路線バス乗換)、夜市の方が面白い…

台湾の旅まだ2日目ですが、この日は長い
十分の後は九分です
漢字だと1分戻るだけですけど、微妙に離れています

九分(九份)と十分
はじめ
違いもよく分からなかったのですが
ガイドブックで勉強
今回は鉄道とバスで行きたかったのですが
どちらも台鉄の瑞芳駅までは同じ

平渓線でようやく瑞芳駅まで戻ってきました
時間的に少し遅いのですが
ついでに行ってしまった方が絶対に効率がいい

駅から少し離れたバスターミナル
バスはそれなりの本数が走っているみたいなのですが、急ぎます
イメージ 1

ちょうどバスが出発する直前
どこ行きだかよく分かりませんが
きゅうふん?
と尋ねるとOKなので飛び乗ります

ほぼ満席
座れて良かった

バスは山道をぐんぐん登っていきます

海が見えます!
イメージ 2

九分のバス停到着

ガイドブックでは
九分で下車するのは最初のバス停の次が便利とか書いてあるのですが

最初のバス停でほとんど降りちゃいます
運転手に漢字を見せて聞いてもわからないので、
とにかく降ります
一人15元(60円くらい)、安い~

あわてて降りるとすぐに人の波
どこに行っていいのかわからず
とにかく流れに任せることに
イメージ 3

細長い商店街
土産物屋がびっしりなのですが
この風景なら昨夜の士林の夜市の方が全然面白いですね

人ごみの中を歩いても
どこがどう面白いのかわからず、おまけに雨もまたパラパラと
イメージ 4

海が見えるところに出ましたけど
海を見に来たわけじゃない

赤い提灯がトレードマークらしいので
そのエリアを探して
イメージ 11

ようやく、それらしいエリアに到着
宮崎アニメの
千と千尋の神隠し
のモデルになったんじゃないかという店
イメージ 12

でも何かが違う
あまりに建物が密集し過ぎ
古い建物がポツンとあるイメージだったのに
イメージ 13

奥さんが
疲れたし折角だからお店で何か飲みたい、というのですが
このモデルの店は観光地値段でウーロン茶しか出しません
却下

階段の下の店
なぜかここは客がおらずガラガラ
だけど
なんとなく奥に通されてしまって
ここで冷たいものを注文することに
高い
イメージ 5

今回の旅行で一番つまらない出費

イメージ 14

テラスがあるのですが
斜面に建つ建物が密集して隣接する店はどこも混んでいるのですが
ここの店だけ閑散…

休息後、
さっさと店を出て
そのあと
撮影スポットを見つけましたけど
こんなものですか
イメージ 15

十分から1分戻る必要はなかったみたいです(苦笑)
でも、とりあえず来たということで話のタネにはなります

階段を下りると
別のバス停
おそらくガイドブックは九份に来るとき
ここで下車すると階段を登る羽目になりますよ、という意味らしいのですが
もはや真相は分からず

それより
バスは通るのですが
運転手に「瑞芳」と書いた紙を見せても、行かないとのツレナイ返事
バスの行先にちゃんと書いてあるのに?

行きのバス停まで戻らなくちゃダメなのかとあきらめかけましたが
3台目のバス到着
これは行先が明らかに違うのですが
OKとのこと
よく分かりませんねぇ(汗)

バスは満席ですが
かろうじて座れました

ちゃんと
瑞芳駅前まで連れて行ってくれました

ところが今度は小銭がない
先ほどの残念な店でわざわざ使ってしまいました
二人で30元なのですが、
50元コインしかありません
お釣りはでないよ、と言われましたがやむを得ません、悔しい
九分最悪~

駅窓口で台北駅まで切符を買うと
行きより少し高い
どうやらすぐに出発する特急みたいなのに乗れ、時間がない
でも
こちらは普通列車でいいです
少し時間ができましたので
瑞芳駅前の市場を再びふらふらと
イメージ 6

ここの方が九分より楽しいかも
名物のお芋が売切れで残念
メイヨー(無い)を久々に聞きました

さて
もう暗い車窓を各駅停車で台北へ
行きはなかったのに
帰りは特急退避時間が長い、続けて2本も(泣)
一本早い特急に乗れば良かったかなとちょっと後悔

ようやく台北駅に到着
イメージ 7

この駅止まりじゃありませんから
寝過ごしたらタイヘン

メトロでホテルに戻って
この日の夕食は近くの夜市

雙城夜市
そんなに屋台の数は多くないけど活気があります
イメージ 9

コンビニで台湾ビールを買ってテーブルに持ち込めちゃいます
イメージ 8

この水餃子が絶品
また牛肉麺も食べちゃいました

奥さんのおススメは
豚足の煮込みご飯
イメージ 10

これはお持ち帰りで部屋で食べました
今朝
広い部屋に替えてもらっていますので快適

充実した台北2日目(実質初日)はこうして終了
十分も九分も両方行けて大満足
(九分は蛇足でしたね)

でも
明日の計画はないんです
何処に行きましょ?続く~

イメージ 16

九分(九份)と十分
たった1分の違いですけど
九分はちょっと残念
十分に行けば十分(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR