FC2ブログ

ヤモリ堕つ

暑くなりました
この週末は
朝昼晩とベランダで避暑地ゴッコ

毎年
この時期になると
カブトムシかクワガタがやって来るのですが
今年は未だに…

その代わりに
とんでもないモノが

今朝
いつものようにベランダで朝ごはん

パンを食べ終わったと
ヨーグルトの準備

ベランダに戻ると

テーブルの上に異様なモノが

(この先、注意)

初め
なんだか分からなかったのですが

イメージ 1

ヤモリ(だと思います)が仰向け

いったい何時?どこから?

目を離したのは、ほんの一瞬

イメージ 2

パラソルから落ちて来たのでしょうか
だとしたら
これを開いた時に落ちて来ると思うのですが

残念ながら
すでにお亡くなりになっています
死亡推定時刻も不明

ヤモリは
家の守り神だとか

もし食事中に落ちてきたら
大パニックだったでしょうね(汗)
神様に気を使っていただいて、どうも

その後
大雨が降ったり止んだり
忙しい天気でした

クーラーの掃除をしました
まだ使っていませんけど
今年の夏はどうなるのでしょう?


今日は「四季の車窓」
(ポニーキャニオン1998年頃製作をどこかのTVで放送したもの)
というVHSで録画した昔の鉄道番組の整理
全部で50話くらい
お懐かしい線路がたくさん
凝り性なのでマメに路線名を編集して資料性が増しました(かな?)
スポンサーサイト



二子玉川TOKYO ART FLOW、と花火師の集い。夏は夜になってから行動開始!

本日調子に乗って3本目の記事
昼間は暑いので夜になって行動開始
(花火の音が聞こえてきたので慌てて)

TOKYO ART FLOW
と多摩川花火
花火は
例年恒例の「花火師の集い」
明日の高津区民祭(川崎市)の前夜祭です

二子玉川駅に到着
ホームから花火が見えますけど
これは東京側ですね

兵庫島でアート大会
今年から始まったと思われる
TOKYO ART FLOW(3日間、明日まで)
さっそく行ってみましょう

真っ暗
なのに人出は多いです
みなさん涼しくなってから行動開始かしら
イメージ 1

かなり複雑なテントの周辺で
いろんなイベントやっています

イメージ 2

「に」もイベントの一環?

イメージ 3

国道246号の橋梁の下で面白そうな芸術作品

イメージ 4

これは楽しいアイデアですね

イメージ 5

川崎側の花火大会も始まりました!

イメージ 6

これも面白いアート
二子玉川探景車

イメージ 7

乗って楽しめます

イメージ 8

花火も同時進行♪

イメージ 9

大きなテントもあって
中に入ってゴロリンコできます
多摩川の川原で寝っころがれるなんて

イメージ 10

怪しげなドームもありますけど、満員御礼

イメージ 11

ひかりの実
イメージ 12

ネコがかわいい

イメージ 13

さきほどの文字

イメージ 14

時々変わるのですが
なんて書いているのかしら?

帰宅後パンフレットを読んだら
おそいおそいおそい詩
3日間かけて詩を書いていくそうです
いつまでも見続けなくて良かった(笑)

花火も終わったみたいなので帰りましょ

アートはやっぱり面白い

暑い昼間は家で避暑して
早朝は貨物列車
夕方に鉄道模型フェア(?)
夜は花火とアート
というのが
賢い夏の過ごし方なのではないかと気づきましたとさ

鉄道模型ショウ、また入場券貰っちゃったけど…(銀座松屋より近所の方が面白い?殴)

本日2本目
昼間は暑いので自宅で避暑
夕方
近所にお出かけ

鉄道模型ショウやってます
イメージ 1

入場無料(笑)

銀座松屋でも同じようなのやっていますけど
私にはこれの方がいいかも(爆)

イメージ 2

模型を運転している子供が注文
この引き込み線に電車を入れたいんだ

出来ません

それじゃ面白くないよなぁと激しく同感

イメージ 4

こちらのレイアウトも凄い

でも
せっかくの転車台に
ちょっと注文付けさせていただくと
イメージ 3

この円で囲った2か所
車止めがありません
せっかく扇型車庫の線路はそれっぽいのだから
線路好きとしてはそこだけが気になります(笑)

丸井ファミリー
鉄道模型ショウ
じゃなくて
のりものおもちゃ大集合、でした
同じようなモノですよね?(たぶん)

イメージ 5

銀座松屋の招待券をまた頂いてしまったのですが
暑い中
わざわざ行くほどのこともなさそうなので(殴)
(3年前に行ったことあるし)

いったん戻って
この後
さらにお散歩
今度はアートです(続く)

3年前の銀座松屋鉄道模型ショウの記事はこちら

早朝自転車連絡で行く南武線始発電車で尻手駅。貨物列車が貨物列車を追い抜きます!

早朝
かなり早朝、
朝食前に南武線始発電車でカモツレッシャ見てきました

ただの始発電車じゃない
電車区がある
武蔵中原駅始4:53発、川崎行きの電車
まさにシン始発電車?
ふた駅隣なので
自宅を4:30頃に武蔵中原駅まで自転車で出発、
連絡バスならぬ連絡自転車です

目的は
南武線早朝貨物列車
川崎貨物→尻手駅→南武線と走ります
自宅最寄駅でも早起きすれば鑑賞出来るのですが
尻手駅で
南武支線から南武線に連絡線を亘るシーンが見たいのです
これが尻手駅5:05らしい

武蔵中原駅始発でないと間に合わない
もっとも
この電車も尻手駅5:05着
同時(汗)
果たして見られるのかな!?

???????

イメージ 1

ダメでした~
間に合わない

イメージ 2

南武線を進む貨物列車の凛々しい後ろ姿
とりあえず、
以前から気になっていたことにチャレンジできたのでヨシとしましょう

あとは帰るだけですが

ちょいと浜川崎駅まで往復
イメージ 3

福山通運特集のコンテナ列車が通過
ぜ~んぶミドリでした

浜川崎駅のヤードには
何もいませんでした、やっぱり

尻手駅に戻ると
イメージ 4

新鶴見方面行の貨物列車が到着
イメージ 5

ほぼ空のコンテナ列車
改めて見てみると
空のコンテナ貨車もいい感じですね(笑)
尻手駅で停車
行き違いがあるのかな、と見守っていたら
なんか信号の表示が変な感じ

イメージ 6

なんと
同じ方向から次の貨物列車が来襲~
イメージ 7


イメージ 8

こちらはコンテナ満載
機関車が並ぶところは見られず(汗)
おまけに長い、すごく長い

イメージ 9

貨物駅以外で
貨物列車が貨物列車を追い抜くのは初めて見たかも

どちらも東京貨物駅か川崎貨物駅発だと思うので
そもそも出発時間を逆にすれば
尻手駅で追い抜かなくてもいいのに?
こういう謎が
線路のいいところ(笑)

イメージ 10

空のコンテナだと列車の動きがよくわかります

さらにさらに
次の貨物列車も来てしまいました
イメージ 11

こちらも停車
気になって帰れませんね(苦笑)

イメージ 12

改めて近くで鑑賞すると
コンテナもいいななと

今度こそ、行き違いかと待ちましたが、
来なかった
お腹空いたので帰ります

武蔵中原駅前の駐輪場
最初の90分まで無料
こんな早朝だから大丈夫と思っていたら
ちゃんと課金されてしまいました、100円(泣)

再び自転車連絡で戻ります…

今日もいい天気ですけど
予定ありませんね
梅雨が明けて暑いだけ(苦笑)

線路巡礼:原ノ町駅と竜田駅、線路がつながるのはいつでしょう?

東北本線常磐線代行バス1周の旅の寄り道その4
常磐線の線路

岩沼駅から電車
亘理駅から代行バス
相馬駅から再び電車に乗って

原ノ町駅
イメージ 3

この駅は従来の線路がフルスペックで残された駅
ホームも下り上り使われています

イメージ 1

電車の検車場らしきもの大活躍

イメージ 2

砕石線とホキさんまでいます

イメージ 4

上から見るといい感じですねぇ
このホキさんを使って津波で流された線路を直しているのかもしれません
感動的な話です、うんうん

この駅が相馬の中心駅らしいです
イメージ 5

JR社員さんも相馬野馬追い祭りに燃えていました

ここから代行バスで
原発事故エリアを縦断

途中、
車窓から小高駅
イメージ 6

この駅まで鉄道は開通しています
ここも折り返し仮設ホーム

イメージ 7

旗がいいです

竜田駅

イメージ 9

ここは上りホームで折り返し
下り線に仮設の橋が架かっています

イメージ 10

ヒマワリが咲いています
放射能を吸収するとか??

イメージ 11

仙台方面
あの先に双葉原発があります

イメージ 8

常磐線原発事故エリアの最前線の駅
線量計がありました

駅前に民家が数件あるだけ
大きな道路から離れているので
復旧工事の基地にもなっていないみたい

駅前を少し散策
人家は残っていますが
全く人がいません

イメージ 12


学校がありました
作業員宿舎になっているみたい
イメージ 14

人家は無傷で残っているようにみえるのですが
実際は厳しい

イメージ 13

こちらが休業中の線路
時間があればちょっと歩いてみたかったのですが
(やっぱり止めとこ、汗)

夕方になっても
交通信号と駅以外に灯りが付きません
でも
駅前の民家が1軒だけ
玄関の電気が点きました
人は住んでいるんですね
妙に安心
せっかく営業しているのに
常磐線沿線の利用者がゼロではあまりに寂しいです


4年前、広野駅が終点だった時の記事はこちら

線路巡礼:岩沼駅、古き良き貨物線路が残る駅

東北本線常磐線代行バス1周の旅の寄り道3

岩沼駅

3年前に
この駅から出ている日本製紙専用線を見に来て以来です
今回は東北本線下りから常磐線上り電車への乗換の待ち時間に
岩沼駅の貨物取扱いをちょいと見学

イメージ 1

さっそく下り貨物列車到着
かと思ったら
小停車後に仙台方面へ出発

イメージ 2

海側にある貨物ホームの家屋
もはや重要文化財級

イメージ 5

こういうホームに隣接した何気ない線路がもはや貴重

イメージ 6

おまけに、
これが現役の貨物線というのが素晴らしい

イメージ 3

少し離れたヤード

イメージ 4

(最大望遠)
コンテナが停まっています
日本製紙工場に連れて行かれるのかな

駅から出て
貨物駅を見学
イメージ 7

掛員さんがいないので
しばらく入換作業はなさそうですね

イメージ 8

常磐線下り電車が来ました
この青い看板は目立ちますねぇ

イメージ 9

この時
青い看板の向こう側で
大事な作業が行われていることに気が付かず

イメージ 10

上り電車
浜吉田駅行きが来ました
これに乗って常磐線の旅に

イメージ 11

運転席後ろから見る貨物ヤードもステキ

イメージ 12

この亘り線もいいですねぇ
山側の線路に連絡するクネクネシーンも見てみたいです

ここで
日本製紙工場線にコンテナが出ていくのを発見!!
イメージ 13

入換していたのね
駅ホームからは気が付かず
前の写真を良く見るとコンテナが入換しているのが分かります

イメージ 14

専用線さんサヨウナラ

イメージ 15

次は東北本線の線路ともお別れ

しばらく
工場専用線が見え隠れ

イメージ 16

工場内の線路終端もちょっとだけ見えて幸せ

鉄橋を渡って
常磐線の旅に続きます

2013年、
岩沼駅の日本製紙工場専用線の記事はこちら
岩沼駅の貨物ヤードの入換の記事はこちら

線路巡礼:福島駅、乗り入れがなくなってしまった寂しい線路

東北本線常磐線代行バスで一周の寄り道その2

福島駅

イメージ 1

面白そうな線路配線なんですけど
貨物取扱いがないので印象が薄い
郡山駅に比べると数段格落ち
福島県の中心はやっぱり郡山なんだなぁと(個人的感想ですぅ)

貨物線路的には恵まれない福島駅ですけど
かつては私鉄乗り入れという栄誉を担っていました

イメージ 2

阿武隈急行の郡山駅発の直通電車
もう過去の話(乗っておいて良かった)

イメージ 3

今回は乗換時間があるので
JR1番線ホームから
阿武隈急行と福島交通の線路をじっくり観察

イメージ 4

阿武隈急行の交流電車が出てくと
入れ代わりに福島交通の電車が到着

イメージ 5

これは
元東急の何チャラ系?
そんなことより
福島交通の線路がまだJRとつながっていることが確認できました

福島駅から仙台行きの快速仙台シティラピット5号に乗ります
一本早い電車で来て始発電車に乗るつもりが

イメージ 6

この電車
郡山発福島行きの電車がそのまま仙台行きになるという代物でした
持参している携帯小型時刻表にはそんなこと書いてないよぅ
すごく損した感じ
でも、ちゃんとクロスシート窓側に座れたからまぁいいです

福島駅には奥羽本線の線路分岐というトピックスもありますけど
なんか間の抜けた標準軌なのでスルー
三線軌条区間でもあれば、もう少し面白いのに残念
こちらも昔は特急つばさ号の乗り入れがあったのに

さよなら福島駅

1989年、福島交通徒歩連絡巡礼の記事はこちら
1984年、まだ丸森線だった頃の記事はこちら(これは評判悪いです笑)
まだ阿武隈急行の巡礼記事を書いていないことに気が付きました…
ま、いいか(殴)

田園都市線から渋谷行きのバスに乗り換えましょうキャンペーンにチャレンジ

田園都市線で
こんなことやっています

イメージ 1


三軒茶屋駅で
渋谷行きのバスに乗り換えましょうキャンペーン
田園都市線の朝のラッシュを少しでも緩和(という趣旨だと思う)

線路以外の公共交通も大好きなので
乗換にチャレンジしてみたかったのですが

朝の9時まで

いつも通りだと乗れません(汗)
おまけに無理に乗り換えて
バスが遅れて遅刻しちゃったら笑いもの

ということで
夏休みで電車も空いてきたので
10分ほど早く家を出て
三軒茶屋駅へ

バス停でバス乗車券を配っていましたけど
誰も受け取っていません(認知不足?)
イメージ 2

バスはすぐに来ました
それでは
平日朝の渋谷行きバス初体験

バス専用レーンというのがあったのですね!
意外と守られているように見えましたが、
イメージ 3

左折してくる車や駐停車が多くてあまり機能せず

それより
自転車通勤が意外と多い
渋谷まで自転車、いいですねぇ(でも何処に停めるの?)
イメージ 4

渋谷駅の手前で下車

会社に着いたのはいつもより10分遅い
ということは20分余計にかかる(苦笑)

キャンペーンは今月末まで
バス好きな方は是非

線路巡礼:黒磯駅、交直機関車交換が終わってしまった悲しい線路

東北本線常磐線代行バス一周旅の途中駅ネタその1
黒磯駅

この春
当たり前だったJR貨物の機関車交換が
と、つ、ぜ、ん、なくなってしまいました

イメージ 1

上下線に挟まれる形で

イメージ 2

留置線には
交換用の機関車がいつも待機していたのに

黒磯駅で1番線から4番線に乗り換え
これは変わらず
イメージ 3

4番線ホームから上野方面を見たところ
手前3番線に停まっているのは
黒磯駅発高崎行き(両毛線経由)という面白い電車

イメージ 4

上野駅方の機関車留置線
機関車がいない光景
その向こう側をここまで乗って来た4両編成の電車が折り返して行きます

イメージ 5

仙台方面から貨物列車がやって来ました

イメージ 6

もう機関車交換はしてくれませんけど、
運転士さんは交替

イメージ 7

上野駅方にある変電所みたいな施設
ヴンヴン唸っていました
交直の電流を切り替えるお仕事はまだあるのかしら

イメージ 8

そろそろ発車時刻
黒磯駅まで4両だったのに
この先は6両でした
だから座席は余裕ですけど、やっぱりロングシート(悲)

ここまで1本早い電車で来ています
浮いた時間で黒磯駅の線路の様子をじっくり観察
イメージ 9

赤い機関車は青信号なんですけど
結局見送れず

郡山行きの電車に乗って出発

イメージ 10

こちらにも機関車交換用の留置線
使われなくても
線路だけでも残しておいて欲しいです(切実)

イメージ 11

上り本線から下り本線へのダイナミックな亘り線
これは健在です

イメージ 12

ひょろ長い~(笑)

ここ最近
線路巡礼先は東海道方面ばかりで
東北方面に来ていないことを痛感しました
以後気を付けます

常磐線は代行バスでつながっています、相馬野馬追いと帰還困難区域通過の旅(岩沼駅から列車+バス+列車+バス+列車)

常磐線はつながっています
代行バスとそれに挟まれた区間に乗って来ました

イメージ 25

(JR東日本のHPより抜粋)

上野駅-竜田駅は電車(通常営業)
竜田駅-原ノ町駅は代行バス(1日2往復のみ)
原ノ町駅-相馬駅は電車(孤立した線路)
相馬駅-亘理駅は代行バス(本数多い)
亘理駅-仙台駅は電車(通常営業)

18切符のみ利用で日帰り計画
下り列車と代行バスに乗りたいところですが早すぎて時間的に無理
上りならなんとかつながります
そこで
東北本線から常磐線一周の旅を実行
ほぼ丸一日
耐えられるでしょうか?

最寄り駅を6:00発
東北本線をひたすら北上
たくさん電車に乗って、
岩沼駅に到着13:36
全く苦にならない(苦笑)
もっと遅い電車でも間に合ったのですが
黒磯駅、福島駅、岩沼駅など途中駅も巡礼(その記事はまた今度)

それでは、
ここから常磐線はつながっていることを実感する旅の始まり

岩沼駅14:09→亘理駅14:19

仙台駅から来た電車は新型
行き先は浜吉田駅行きなのですが
ひとつ手前の亘理駅が代行バスの乗換に指定されています
イメージ 1

亘理駅
お城モドキがお出迎え(まがい物は地震にも強い?)
上り本線を潰して仮設ホームが出来ています
大半の方が乗り換え

亘理駅14:25→相馬駅15:20(快速)
イメージ 2

駅前にJRバスが待機しています
ご案内もスムーズ
バスが2台
手前が快速運転
出発時間は同じで所要時間は6分だけ違います
どちらに乗るか迷うところですが
代行バスの快速というのも珍しいので、こちらに

バスは国道6号線に出て南へ
工事車両が多いですね
道路は常磐線より山側の高台を走ります
おかげで津波被害は少なかった(?)

遠くに海が見えて来ると
常磐線の高架工事を発見!
イメージ 3

立派ですねぇ
でも、ついでに複線にしてしまう!ことはないようです

快速運転でも
途中の新地駅だけは停まるのですが
バス停は元の駅の近くではない場所
おまけに各駅停車の代行バスに追いつかれてしまいました(汗)

相馬駅に到着

相馬野馬追い、
という有名な祭りがこの日から
混むかなと気がかりだったのですが
イメージ 4

相馬駅前は閑散
駅前も人が少ない
翌日が本番なのかなぁ
(後で知ったのですが、相馬野馬追いと言っても相馬駅が中心じゃないのね)

イメージ 5

相馬駅には
代行バス時刻案内が完備

常磐線相馬駅-原ノ町駅区間
地震後すぐにこの区間だけ電車運転で復旧しましたけど
他の線路と全くつながっていない陸の孤島線路
てっきり
気動車を持って来て細々と運転しているのかなと思いきや
イメージ 6

フツーの電車でした
地震でこの区間に取り残された車両で対応しているみたい

ここから原ノ町行きに乗ります

相馬駅15:36→原ノ町駅15:54

2両編成
車内には浴衣の女の子も
途中駅からも子供がたくさん乗って来ました
賑やかですね

イメージ 7

でも
なかなかシビアな一面も

原ノ町駅に到着
広い構内側線がそのままでステキ
車庫があってそこで簡単なメンテナンスが出来るみたい
イメージ 8

ホームに旗指物
ヤル気が感じられますね
時間があるので街を見学

昼間は騎馬行列があったそうですが
もう終わった後、残念

イメージ 9

馬糞の回収ごくろうさまです

イメージ 11

旗指物だらけ、けっこう好き♪

イメージ 10

公園まで歩くと
宵祭の準備中
子供が多いです
特に女の子が多い
ほとんど浴衣姿
ちょっとあか抜けないけど(笑)
都会とは違う賑わい

駅に戻ると
とても立派なバスがやって来ました
おまけにバスガイド付き!
イメージ 12

この代行バスでお祭りを見学した人がいるとは思えませんが
乗客は12名でした

原ノ町駅16:55→竜田駅18:20

いよいよ
今回の巡礼のメインです
出発前にアナウンス
途中、小高駅以外には停まりません
窓を開けてはイケマセン

再び6号線に戻ります
交通量も減ります
沿線で営業している店も見当たらず

小高駅に寄り道
イメージ 13

ここも下り本線を潰して折り返しホームにしています
旗指物だけが頑張っています
ここまで列車は復旧しているのですが
今回は代行バスがメインなので見るだけ
この駅からも2名乗車

6号線はさらに交通量が減って

イメージ 14

浪江地区へ

イメージ 15

そして
帰還困難区域へ
イメージ 16

検問はしていませんけど
警察官が待機

交通量はさらに減ります
沿道の建物はキレイなのですが草ボウボウ

6号線から脇道に出ることは出来ません
すべての横道は遮断されています
イメージ 17

並行して常磐線線路と踏切も見えるのですが

イメージ 18

怪しげな表示
これは放射能数値?
ここに来るまで一時流行った線量計と言うモノを全く見かけなかったのですが、
いきなり現実に

イメージ 19

原子力発電所入口
車窓からは見えませんでした

イメージ 20

沿線には店舗が多く
建物も看板もそのままのゴーストタウン

イメージ 21

パトカーだけが目立ちます
バスの車内も静かでまた不気味

今回
一番印象的だったのはこちら
イメージ 22

沿道に人家が密集しているエリアが一か所だけあって
延々と鉄パイプで塞がれています
隔離された家並み

イメージ 23

再びゴーストタウン

帰還困難区域を出てもあまり沿道の状況は変わらず

6号線を外れて
狭い道を通って竜田駅に無事に到着
イメージ 24

予定より15分早く18:05着
時間がありますので駅前を散策
以前行った広野駅よりも閑散としていました
この駅も仮設折り返し

竜田駅18:33→いわき19:04/19:08→勝田駅20:36/20:49→上野駅22:53

あの地震以来
初めての常磐線縦断の記録でございました
自分の目で見ないと分からないモノがたくさんあります
全く採算が取れない代行バスを運行してくれるJR様と18切符に大感謝

今回
帰還困難区域の代行バスの時間が遅いので
日が長い夏に行くしかない、と決断
ホントは前日の平日に行きたかったのですが
今回は相馬野馬追いの雰囲気も見ることが出来て満足
列車も代行バスも意外と空いてましたので結果オーライ
さすがに疲れましたです(けど元気?笑)

東北本線と
常磐線途中駅の線路ネタの話はまた今度
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR