FC2ブログ

渋谷ハロウィンはやっぱり10月31日!記念日ですから今年も行って来ました(笑)

渋谷ハロウィン
奥さんと今年も行って来ました!
マスコミが勝手に盛り上げて
平日じゃなくて土日がメインとか囃していましたが

律儀な日本人は
ちゃんと日付を守るであろうと予想
イメージ 1

18時過ぎ
もうセンター街は大混雑
それでも昨年ほどではありませんが
イメージ 2

前を歩く尻尾を生やしたお姉ちゃん
今年も駅に無料更衣室が出来たのですが
そこで生着替えしているお姉ちゃんは凄かった
一緒に見ていた奥さんもたじろぐほど(苦笑)
写真撮りたかったなぁ
イメージ 3

センター街
早くもこれ以上は進むのが困難な雰囲気

ちょっとBunkamura通りに出ると空いています
歩行者天国になるのはまだ先でしょう

ということで
本日はハロウィンの前に記念日なので
いつもの肉屋バル
イメージ 4

この店
昨年は店員さんも仮装をしていて
おまけに無料ペインティングサービスがあったのです
今回は私も描いてもらおうかなと思ったら
今年はハロウィンバージョンなし、残念

19:30
外に出てみると

もう歩行者天国になっています!
(一昨日の土曜日は20:30に開放と聞いていますので、今日の勝ち!笑)
イメージ 5

網タイツのおねえさんもいるし(なかなかピントが合わないのが残念)
イメージ 6

悩みを聞いてくれるのもいるし
イメージ 7

でも
歩行者天国はそんなに混んでいません

109の階段に登ってみると
イメージ 8

これは凄い…
イメージ 9

圧巻
イメージ 10

DJポリスさんもご苦労様です
ちなみに一番多い仮装はミニスカポリスだと思います、今年も
イメージ 11

それでは
スクランブル交差点を渡ってみましょう!
昨年の悪夢再び?
イメージ 12

109側だけを封鎖
イメージ 13

物々しい光景
イメージ 14

混んでいるのはやっぱりセンター街なんです
せっかく開放した109側の歩行者天国に誘導しようと一生懸命ですが
上手くはいかないようです

それでは
次の信号で渡ろうと思ったら
イメージ 15

向うから信号機が歩いて来ました(笑)

一度、ハチ公側に渡ってから
すぐにまた戻ります
イメージ 16

それ渡れ!
今年もおバカ騒ぎに参加しました記念です!(殴)

これにて
大人しく電車で帰りました
車内はサラリーマンだらけでした、ちゃんちゃん

伝説の昨年の渋谷ハロウィン記事はこちら
スポンサーサイト



駒場の旧前田邸和館の2階とお庭、原宿駅舎、など

本日2本目
週末のお散歩の記録
土曜日は駒場の旧前田邸

旧前田邸
洋館と和館があります
どちらも行ったことはあるのですが

イメージ 1

今回は
東京文化財ウィークということで
普段は見られない和館の2階と庭が見られるのがウリ
(ちなみに洋館は工事中でしばらく閉館、行っておいて良かった)

ガイドさんの説明付き
その前に
2人で2階にあがってみましたが

イメージ 2

このパーテーションはいったい…
どシラケ
雰囲気ぶち壊し

ということで
誰もいないから
丸窓の前のパーテーションをちょいと
イメージ 3

こんな感じ
でも古い部屋の良さは全く味わえません

イメージ 4


イメージ 5

ガイドさんの説明
天井が変わっていて
筋が交差しています
言われてみれば珍しい

次は庭
イメージ 6

このイベントの前に雑草を刈ったそうです

イメージ 7

この池はもともと枯山水
やっぱり水が無いとウケないらしい

ウケと言えば
灯篭がたくさんあるのですが
前田邸なんだから
金沢兼六園にある徽軫灯籠(ことじとうろう)もなくちゃさまにならない
ということで二本足灯篭も追加されたそうです
ちゃんちゃん

イメージ 8

2階建
屋根の上に王冠が載っているのですが
なかなか見えない

渋谷に戻ります
ランチは再び「かっぱ寿司スシノバ」

前回
奥さんがプレミアムセットが美味しかったというので
今回は二人ともそれ
イメージ 9

こんな感じ一人1,080円(もちろん株主優待券)
奥さん曰く前回ほどの感動はなかったそうです

この後
自由行動で泉北高速の残念な電車の甲種回送を見に行きました

-------

本日は
奥さんに付き合ってもらい原宿駅宮廷ホーム
これも残念なイベント
とぼとぼ原宿駅まで戻ります

イメージ 11

この駅舎
外国人に大人気
でも五輪豚にあわせて取り壊し予定とか

イメージ 10

駅前の専門店の3階から
良く見えることを発見
クズイベントがなければ気づきませんでした(笑)

イメージ 12

せっかくなので
少し紅葉っぽい代々木公園を散歩
イメージ 13

やっぱりまだ早いですね

渋谷まで歩いて
ランチは奥さんの発案で
気になっていた生パスタ屋さん

POTA PASTA
平日はいつも混んでいますが
日曜日は並ばずに入れました
イメージ 14

おしゃれな店内
ワインボトルが並んでいるけど
地震があったら間違いなく落ちてくるでしょう(笑)

イメージ 15

絶品ナポリタン(細麺)390円と
トマトモッツレラ(太麺)420円
安い
どちらもおいしい~
太麺の方がうどんみたいで好み

土日とも渋谷に
別にハロウィンが見たいわけじゃありません
原宿見てから駒場に行けばよかったです
無駄が多すぎ(泣)

ハロウィンは明日でしょ?

今年2月の旧前田邸洋館の話はこちら
何度も足を運んで物好きです(笑)

原宿駅宮廷ホーム公開?、ホームに入れない、線路が見えないクズイベント(怒)

原宿駅側部乗降場(俗にいう宮廷ホーム)の一般公開日
なんと朝の8時から
存在自体は好きじゃないけど
あのホームと線路は気になります!
混むような気がして
奥さん誘って朝早く出かけてみたのですが

イメージ 1

9:30頃到着
門は開いてますけど
人はまばら…

イメージ 2

原宿駅開業110周年記念というイベントの一環
先着○○名様と言う記念入場券売っていました
まだ200セットも売れ残っているそうです
5枚セットで700円もするんだって
1枚では売ってくれないなら
そんなもの要らない

それよりショックだったのは
イメージ 3

肝心のホームに入れないこと
イメージ 4

線路も見れません(垣根越しにちょっとだけ、悲)

イメージ 12

駅舎(屋根の下)は
原宿警察と地元の名士の交流会
展示物は警察の活躍パネルだけ

イメージ 5

詐欺にご注意らしいですが
このイベントもJRのサギじゃないですか?(怒)

イメージ 10

宮廷ホームの「広場だけ」
事前に分かっていれば絶対に来ませんでした
(かなり昔の開放イベントでは車両まで展示してサービスしていたのに)

イメージ 6

奥の方に
貴賓室とか言うのがあって
中は撮影禁止
そんなもの頼まれても撮りませんけど

ホームと線路を見せろ~!

イメージ 7


イメージ 8

こちら側も垣根越しに
かろうじて
このくらいしか見られません

イメージ 9

山手貨物線との分岐部分が気になっていたのですけど(悲)

イメージ 11

悔しいから
帰りはJRを使わないで
渋谷駅まで歩きましたとさ

15時までらしいですけど
行く価値ありません
線路的には

奥さんまで付き合わせて
全く面目ないです~
ということで昨日に続いてまた渋谷をブラブラ
その話はまた今度

泉北高速鉄道の困った電車の甲種回送(笑)、花月園前駅と尻手駅にて

泉北高速鉄道(南海の関連会社)の甲種回送があります
土曜日とは珍しい
逗子工場→新鶴見→川崎貨物(→南海)という感じで輸送されるみたい

渋谷で奥さんとランチしてから
自由行動になりましたので見に行きました
時間的余裕があるので
京急の花月園前駅
こんなところで見る人はいないと思って

イメージ 1

ここ!
ちょうど高島貨物線を単機ELさんが通過
誰もいませんから一人でノンビリできました

イメージ 2

今度は
下りタンク列車が目の前を通過

イメージ 3

この線路はいい感じですね~

イメージ 4

キリンビール工場の方へ高架線を駆け上って行きます

イメージ 5

入れ替わるように(実際にはずいぶん待ちましたけど)
甲種回送が来ましたよ

イメージ 6

上り線は線路が見えないのが難点ですが
雰囲気は抜群、なんですけど

イメージ 7

この車両はなんじゃらほい?
通勤電車かと思っていましたが、
毒毒しい色に、おまけに窓が無い?
またクダラナイ観光車両なのかしら
でも
泉北高速鉄道です
あの沿線に観光地があったっけ?

毒気にあてられ
八丁畷駅まで戻って
次は尻手駅

ホーム先端は想像通りの惨状なので
ずっと後ろの方で

ELに付け替えた甲種回送が
尻手連絡線をやってきました
イメージ 8

5番線側に入ります

イメージ 9

尻手駅の後ろ側
違和感アリアリの困った電車がやって来ました

イメージ 10

4両編成
「波」みたいなイラストが描いてありますけど
窓の部分はどうなっているんでしょうね?
車内の雰囲気は相当気持ち悪いんじゃないかと?

イメージ 11

ここで5分ほど停車
車掌さん?が顔を出しています
新鶴見行きの貨物列車と行き違い
ホントにこんな列車(電車)でいいのかよ~(?笑)

泉北(せんぼく)高速鉄道
あまり馴染みはありませんが
大阪の中百舌鳥駅~和泉中央駅
たった14.3キロの通勤路線(いちおう乗ったことあります。記事は?汗)
南海電鉄と相互乗入しているとはいえ
こんな奇をてらった車両が本当に必要なのかしら

最近の
ウケ狙いで車両を奇抜にしたがる困った風潮
○○デザイナーが素晴らしいとか
気持ち悪いです
いつまで続くんでしょ(悲)

でも
せっかくですから
イメージ 12

困った電車と南武線の電車の共演も記録(苦笑)

この後
浜川崎線を通って川崎貨物駅へ
ここでまた折り返して、ずっと先の南海の線路へ、
そこから泉北高速鉄道に引き継ぎ
尻手駅を通るのは進行方向を変えるためと思われますが
(南海電車の甲種回送もこのルートですね)
初めから編成の向き逆に作ればいいのに?


午前中は
駒場で文化財見学と渋谷ハロウィンの様子見をして来ましたので
その話はまた今度

線路巡礼:山手線大崎駅に工場から京浜東北線電車が直接出場!&京急のDEさん甲種回送

偶然、
山手線大崎駅で素晴らしいい線路シーンに遭遇してしまいました
その前に
京浜急行電車の甲種回送

イメージ 2

西の車両工場から来た電車は新鶴見で折り返し
すでにELからDEさんに選手交代

イメージ 3

横から見るとこんな感じ

曇天にもかかわらず
ホーム先端は嫌な感じなので
今回は
ずーっと後ろの方から

イメージ 4

DE甲種回送出発
この先でクニャッと曲がります
先端は見えなくなりました

イメージ 5

あれれ
なかなか出て来ません
まさか
ひょっとして
機関区の中を突っ切るとか!?

イメージ 6

ひょい、と顔を出しました
ああ良かった(笑)

イメージ 7

目の前を通過

イメージ 8

車両最後尾
京急の車両ですから
JR線を走るために仮の台車を履いています

気のせいか
最後尾の仮台車は連接台車みたに後ろにはみ出しているように見えるのですが
気のせいでしょう?

イメージ 9

ススキの中をサヨウナラ~


さて
戻る途中
大崎工場(東京総合車両センター)から青い京浜東北線の電車が出庫しそうな感じ

イメージ 10

大崎駅山手線外回りホーム
ここから工場内で待機する車両が見えます!

通常だと
ここから山手貨物線5番線ホームに出場するのですが
京浜東北線の電車です
ひょっとすると
山手線の方に直接出て来るかも?

ここで線路解説
イメージ 1

大崎工場(東京総合車両センター)の工場門
隣接する山手線車両基地からの複線入出庫線とも線路はつながっています
(行きの電車から様子を見ておいて良かった)

イメージ 11

出庫電車の前で
掛員さんが転轍機を切り替えている(ような気がします)

イメージ 12

京浜東北線電車がこちらに来ました!

イメージ 13

ものすごいグニャグニャ♪

イメージ 14

さらに
入出場線(複線)のダブルクロスを渡ります
山手線電車との共演が大崎駅で実現!

イメージ 15

ギリギリまで出て来て
外回り電車の通過を待ちます
この山手線に乗っていたらビックリしちゃうでしょうね?(笑)

イメージ 16

京浜東北線電車、
山手線の線路を横断して堂々の出場!

イメージ 17

ここは山手線大崎駅なんですよ~

イメージ 18

内回りの側線に入場
ここから品川駅方面に折り返して
田町駅で山手線から京浜東北線の線路に戻ると思われます
それも追いかけてみたいのですが
諸事情により

イメージ 19

五反田駅から大崎駅の線路展望
まだ先ほどの京浜東北線電車は待機中
この間の区間に
山手貨物線から山手線に入る渡り線があるのです
今回
この渡り線が使われるんじゃないかな?
という期待もあったのですが…

保線用じゃないと思うのですが
この渡り線はどういう時に使われるんでしょうね?

身近で
ほんのひと時でしたが超充実の線路巡礼でした

線路巡礼:芸備線とホームの美しい菱型屋根

広島駅から芸備線に乗ります
急行「ちどり」号が健在な頃は何度もお世話になった路線ですけど、久しぶり

イメージ 1

目的地まで切符を買いたいのですが
自動券売機では範囲外でした
この路線図も過去のモノになりそうなので記念に

イメージ 2

広島駅も工事中
芸備線三次行きは4両編成

単線非電化ですが本数も多くて
行き違い多数

途中
太田川をはさんで対岸を走る可部線の線路と接近します
可部線の電車見えないかな~

川から離れると
下深川駅
イメージ 3

ここで後ろ2両は切り離し
イメージ 4

切り離し作業中
ホームの先端には灰皿があって
お姉ちゃんが喫煙中
こういうところが田舎は嫌だねぇ
イメージ 5

無事に切り離し完了
毎朝ご苦労様です

イメージ 6

中三田駅
ここでも行き違いで小停止
この菱型のホーム屋根が美しい

イメージ 7

あまりにも美しいのですが
なんか変

イメージ 8

菱型屋根があるのはホームの先端
2両編成の気動車にはお役に立てない場所
どうして
わざわざ改札通路から遠い場所に屋根を立てたんでしょ?
昔はあそこで荷物取扱いでもあったのかな?

下り快速が通過~
(芸備線は広島駅が終点駅なんですね)

イメージ 9

吉田口駅
有名な毛利元就さんの出身地はこの辺り
芸備線を語るうえでは欠かせない(らしい)

イメージ 10

甲立駅
お子様の団体が乗車
この駅の菱型屋根の柱は二本足です
安定感抜群

イメージ 11

志和地駅
菱型屋根と錆びた側線線路と桜の樹
春に来てみたいですね~

そして終着駅の三次駅に到着
ここには
あの路線専用ホーム0番線に美しい菱型屋根があるはずなのですが…

イメージ 12

ありませんでした(泣)
0番線も潰されています(酷い)

芸備線の旅はここまで
この先の備中神代駅までが本当の芸備線の線路の世界なんですけど
今回は三次駅で乗り換えて
あの話題の路線に続きます

芸備線の菱型屋根
中国地方特有の形なのでしょうか?
SLなんかより貴重な線路文化財だと思うから、
残してくださいね

30年前の
三次駅に0番線と菱型屋根が健在な頃の記事はこちら

山陽新幹線青いミミズの五百系に乗りました♪

所用で
倉敷から広島へ

山陽本線で新倉敷駅で新幹線に乗換

新倉敷駅
こんな駅で乗り換えることがあろうとは、我ながらビックリ
長生きするものです(笑)
でも
乗換は意外とスムーズ

イメージ 1

そして
今回楽しみな、
あの新幹線電車がやってきました

イメージ 2

五百系
私は青いミミズと評して来ましたが
カッコイイ

イメージ 3

この縞々の影
我ながら芸術作品(笑)

いざ車内へ
イメージ 4

やっぱり
窓際は丸くなっているんですね
別に狭くはありません

車窓もいい

イメージ 5

これは広島駅手前の貨物駅の様子

あっという間に広島駅

イメージ 6

目の前で鑑賞して見ると
やっぱり青いミミズですね。太い(爆)

ホントは
山陽本線を利用して
瀬野八本松を通りたかったのですが、まぁいいです

広島編に続きます~

線路巡礼:岡山電気軌道、終着駅(東山電停)の先は美しい二又線路でした、感動

岡山駅前
ここから岡山電気軌道に乗ります

JR駅から乗り場まで
分かりにくい地下道を歩かされて
ものすごく遠い

富山や高岡の最近の路面電車駅を昨年利用したばかりなので
(JR駅と直結、そこまでやる必要があるのかは別として)
岡山は余計酷く感じます

あの阪堺電車の天王寺駅電停より酷い
恐らく路面電車の起点駅としては日本最悪(当ブログ比)

イメージ 3

ようやく岡山電停電停に辿り着きました
車止めの先のJR駅から遠かった

イメージ 1

ここは乗車ホームの先に下車ホームが別にあるのが特長

イメージ 2

その間にダブルクロス
ちょっと頼りない線路ですけど

イメージ 4

新しい連接車が来ました
これは導入されたばかりで珍しいらしい

車内で1日券を購入400円
片道均一140円(一部100円!)なので
二路線を往復すると元がとれます

イメージ 5

二つ目の柳川電停
ここで東山線(直進)と清輝線(右折)が平面分岐

この電車は東山行き
途中、岡山城・後楽園の最寄りを過ぎて一路、東山へ

イメージ 8

車内が空いて来たので
新しいトラムの車内の様子
カネかけてますね~

イメージ 6

運転席周りはかなり斬新
小さいテーブルは運転士さんが使う釣銭収受用みたいです

イメージ 7

向かいから来る変な電車は、アレだ

イメージ 9

終点の東山電停が見えて来ました

イメージ 10

この線路終端は素晴らしい
なんと
二又に分かれています
こんな面白い線路は久々の発見

下車して
まずは左側の線路をチェック

イメージ 11

車庫になっていました~

イメージ 12

先ほどのトラムは
こちらに少し引き上げて
亘り線を通って反対側の乗車ホームへ

イメージ 13

右側の線路
こちらも車庫になっています。こちらの方が大きそう

イメージ 14

左右
どちらも車庫になっています
この線路配線はユニーク過ぎます

乗って来た新型トラムで折り返します

東山線と清輝線は並走していますので
途中で下車して商店街を突っ切って乗り換えることも考えたのですが
暑い日だったので止め

イメージ 16

柳川電停まで大人しく戻って
清輝線の電車に乗り換えます
(清輝線の方が本数が少ないことに気が付いてちょっと焦り)

清輝線に乗って淡々と

イメージ 17

こちらの終点はフツーでした

イメージ 18

これにて
岡山電気軌道にも全部乗れました
実は
二十年以上前に岡山城・後楽園を観光した時にちょっと乗っただけ
つまり全部乗っていなかったんですね~(汗)
東山電停の線路終端があんなに素晴らしいとは知らず、感動しました

これで
つい先日廃止になった阪堺電気の盲腸線も含めて
路面電車は全部乗りましたよ
(と思ったら、某札幌で新線区間が開通してましたね、苦笑)


岡山電気軌道
路面電車業界(?)では上手くいってるらしいです
架線柱も電停もよく整備されています
恵まれた環境のようですが
イメージ 15

カワイソウな電停もありました
こういう危険個所の解消や
あの不便な岡山駅前を何とかするのが先じゃないですか?
「和歌山」なんかに手を出す余裕があるのなら

あまり好きじゃないです(線路は好きなんですけど、汗)

岡山駅から線路一周(山陽本線・伯備線・吉備線、桃太郎線はヤメテ~)

朝の岡山駅
所用で来ましたが、少し時間があります
ということで
岡山駅発、岡山駅行き、吉備線経由の小旅行

左回りの方が乗り継ぎがいい
ということで
まずは山陽本線

新しい岡山駅
ちょっと圧迫感があるけど
高架になったわけではないので好感触
イメージ 1

濃黄色の電車
評判悪いらしいのですが、
私はさほど気にならない

イメージ 2

山陽本線下りの車窓から
宇野線が高架で分岐
この景観は昔と変わらず

イメージ 3

山陽本線上下線の間に
大きな操車場

イメージ 4

倉敷駅の手前で
下り線から連絡線が分岐
これが高架になって反対側へ

イメージ 5

倉敷駅
伯備線の分岐はなかなか優れた構造

イメージ 6

濃黄色の電車の別バージョンと遭遇
これは福塩線の電車のタイプですね
なんでも同一色にしてしまおうということらしい
最近のイロ○チガイの傾向よりはるかにマシ
ガンバレ~(笑)

ここで伯備線に乗換
岡山駅から乗っても同じ電車だったのですが(汗)

イメージ 7

伯備線の車窓から
山陽本線とはここで別れます

イメージ 8

次の清音駅
井原鉄道の気動車が中線にポツンと

イメージ 9

総社駅
井原鉄道のホームはまだちゃんとありました

再び乗換
反対側の吉備線ホームに行くと
イメージ 10

貨物列車が通過!の洗礼
伯備線は紙コンテナ健在です~

さて吉備線
これで乗るのは3度目ですけど
どこか変
イメージ 11

桃太郎線…

イメージ 12

ラッピング列車は別にどうでもいいのですが
あのカッコイイ吉備線と言う名前は何処に行ってしまったの(悲)

イメージ 13

電車の中は
圧倒的な桃太郎宣伝
吉備津彦線の方がいいんじゃないですか?(苦笑)

イメージ 14

次の東総社駅で行き違い
空が広いですね~
架線がないのもいいもんだ

列車は自動音声案内
いちいち、
あの「ももたろうさん」のイントロが流れます
だんだんイライラして来る~

イメージ 15

この鳥居はデカくて目立つのですが
吉備津神社とは線路の反対側、関係ないみたい
日本史的には
見るべきものがたくさんあるエリアなのですけど
桃太郎にあてられてしまって興味が失せました(殴)

イメージ 16

また行き違い
吉備線は本数が多いです
ちゃんとした色の列車も残っているんですね
気動車は濃黄色にはならないみたい

イメージ 17

岡山駅に戻って来ました

イメージ 18

吉備線津山線のホームはつまらなくまとめられてしまった感がありますけど
地上駅で残っているおかげで
雰囲気が残っていますからヨシとしましょう

岡山一周の後は
岡山駅前に続きます

長津田工場でイベントを外から見学…

東急長津田工場でイベントがありました
応募制なので入れません

夕方
ちょいと覗きに行きました

帰りのこどもの国線は大混雑!
20分毎の列車が臨時列車を出して10分毎ですけど
2両編成ではキビシイ

イメージ 2

こどもの国行き電車の車窓から
工場内の踏切も立入可だったんですね
これは羨ましい

イメージ 3

リゾート21の先頭車両同士がご対面
これが今回のイベントの目玉だったみたい

イメージ 4

恩田駅ホームから
いろんなモノが並んでます
ちょうどイベントが終了した時間のようです
駅に向かってゾロゾロと親子連れが歩いて来ます

イメージ 5

お疲れ様でした~

イメージ 6

線路上のテントも撤収
後ろにいたのは保線車両でした

この後
入換があるかもしれないけど
まぁいいや
先々週もっといいモノ見ちゃったから(笑)

恩田駅ホームは大混雑
長津田行きの2両編成もギュウギュウ


話変わって
イメージ 1

渋谷でまたファッションショーがあって
またタイヘンでした
その帰りに長津田工場(恩田駅)に立ち寄りましたとさ

本日は
奥さんがお泊りで不在
カレーを作っておいてくれたので食べ物には困りませんけど
今晩は一人で何をしましょ??

先々週、
リゾート21先頭車両だけ編成の構内移動の記事はこちら
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR