FC2ブログ

年度末の中原電車区

年度末です
まさか
昨日今日と休みになってしまうとは

私の実家の方も面倒くさい
介護のついでに
平日昼間の
南武線中原電車区

イメージ 1

おおっと
レアな行き先表示
また誰か遊んでいるようです(笑)

イメージ 2

おまけに
90周年記念号まで停まっています

イメージ 3

こちらは電車区の中央
休日より留置電車が微妙に少ないので
ちょっと見晴らしがイイ

イメージ 4

特別装飾電車の中では
掃除?の掛員さんが
車内中づりの南武線歴史写真を眺めていました

イメージ 5

今年の年度末は想定外でしたけど
ブログだけは続きます
スポンサーサイト



2001年、北越急行ほくほく線の直通列車

2001年8月
18切符で青海駅専用線まで日帰り往復
行きは大糸線軽油
帰りは

北越急行ほくほく線経由

これがおそらく初乗り(で最後かな?)

あの国鉄崩壊の状況下で
さらなる地方の圧力で出来た無駄な第3セクター
嫌いな存在でしたが
いちおう鉄道なので(苦笑)
と悪口を言いつつも
JR線と直通運転するというのはプラスポイント
おまけに
JR+ほくほく+JRという素敵な運転

イメージ 1

直江津駅15:31→越後湯沢駅16:58(北越鉄道経由)

北陸本線犀潟駅から
ほくほく線に入ります

山とトンネルと田んぼの中を一直線

イメージ 2

超高規格電化単線区間
途中で
行き違いあります

六日町駅で上越線へ

イメージ 3

越後湯沢駅に到着


犀潟駅-六日町駅59.5キロ
確か1,000円くらい
18切符は利用できませんので別途お支払い
とても妙に高く感じます
ということもあって
いつもは長岡駅経由です

北越急行ほくほく線
東京から北陸地方を結ぶ在来線特急街道として貢献してきたのですが
あの
長野経由の某新幹線のおかげで転落
あとは過去の遺産を食いつぶすだけ

こんな話もあります
すでに政治的超圧力で作ってしまった新潟新幹線は仕方ない
そこから分岐する
ほくほく線経由で高速鉄道(やっぱりバカは新幹線かな?)を整備する
という話があったそうですが
あの忌まわしい長野ゴリのおかげで
長野経由の新幹線ができてしまい、
今も続くていたらくに至るとか
まぁいいです

線路巡礼2001:青海駅デンカ工場専用線、ちょいと滞在時間が短くてココロ残り

2001年8月
日帰りで青海駅専用線の続き

イメージ 2

北陸本線青海駅
ここから山の中へ
専用線がのびています
以前から気になっていたので
ちょいと

イメージ 1

いい具合に
下り貨物列車が到着

イメージ 3

貨物側線も気になるけど
専用線を見に行きましょう

イメージ 4

専用線に
タキさん?が停まってました

イメージ 6

こちらが
電気化学工業(デンカ)青海工場
当然ですが
中は入れないので(汗)
信号機の表示が「ア」とか「ホ」とかで一部では有名だったようですが
当時の3倍カメラでは確認できず

イメージ 5

入口のところに
ありがたい線路説明看板!がありました
この時は全く知らなかったのですが
この工場のさらに奥の方に続く専用線もあって
そこは見ることも出来たそうです

残念ながら帰宅時間
滞在時間は超短く
18切符日帰りですから(苦笑)

イメージ 7

工場の手前で
あの忌まわしいモノも工事中でした


あれから
2009年頃に駅から工場までの専用線は廃止されてしまいましたが
工場から先の専用線は今でも現役の様です
せっかく国鉄軌間の線路なのに
つながっていないのはやっぱり残念
おまけに
青海駅の貨物側線が現役の頃の様子をちゃんと写真に残さなかったのも
ちょっと心残り
青海駅の草ぼうぼうの構内側線を見かけると
今でも心が痛みます、です

訃報、デジカメの父

本日午後
奥さんの父が死去

正月にはいつも通りだったのですが
誤飲性肺炎
緊急人院して
その後回復せず
病院のたらいまわしは敢えてせず
先週
本人の希望で自宅に戻しました
24時間完全介護状態
その6日目のことでした

やたら
新しい家電製品に手を出して無駄にする人で
おかげで
そのお古?が我が家にいくつかやってきました

特に
2001年にやってきたデジカメはよかったです
その存在は知っていたのですが
私は性格的に
使用中のアナログカメラが壊れるまで買い替えられず(汗)
そういう時に
早くもデジカメ2台目を買ってしまったとかで、
1台目が我が家にやって来ました
もちろん無償
もらっちゃったものは仕方ないです
すぐに私はデジカメにどっぷり
だって
フィルム代現像代がかからないのは費用対効果抜群
おまけに場所をとらないのもプライスレス(笑)

それが一番の印象?
というわけではないのですが
そういうことです
お世話になりました
奥さん姉妹は自宅で看取れて後悔はないみたい

自宅看病中
奥さんは実家に泊まりっきり
おかげで私は一人暮らし状態でビデオ消化がはかどりましたが(殴)

葬式はまだ先ですがあれは儀式
本当に大変なのは
これからですね…

線路巡礼2001:糸魚川駅の貨物側線と機関区。専用線は見逃しました…

2001年8月
18切符で青海駅まで日帰り往復
元気ですね~

青海駅の専用線が目的ですが
今回はその途中の
糸魚川駅の話

中央本線、大糸線(南)、大糸線(北)と乗り継いで

イメージ 1

糸魚川駅
晩年有名になった機関庫がさりげなく背後に写っています

イメージ 2

反対から見ると
こちらも側線にDEさんと貨物列車がさりげなく
美しい光景です

イメージ 4

乗り換え時間を使って
機関区を見に行きました

イメージ 3

転車台
除雪車用に現役だったと思います

イメージ 5

こちらが糸魚川駅前
海方面の商店街に「翡翠」オブジェがあるのがお約束

イメージ 6

それでは
この軍配マークの貨物列車を求めて
旅は青海駅へ続きます

糸魚川駅
田舎新幹線工事によって
あの美しい貨物側線も機関庫もすべてが過去帳入り
大糸線が残ったのがちょっと不思議(苦笑)

この駅には
SL好きに有名な専用線(東洋活性白土)もあったのですが
それが理由で敬遠していたら
いつの間にか廃止
ちょっと残念
線路の喰わずキライはイケマセン(汗)

イメージ 7

もうひとつ
北陸本線と大糸線のY字分岐の間にもセメント工場の専用線がありました
かろうじて
車窓から一枚だけ(笑)

全車座席指定列車は大嫌い

全車座席指定列車

こういうものが走ると
持ち上げるマスコミ
そして
はしゃぐ方がたくさんいらっしゃいますけど

私は大嫌い

これが
通勤時間帯にも拡大されたら
その列車を走らせるために、
その数倍の利用者に影響が及びます

関東の大手鉄道会社の中で
唯一導入しない会社が、
今回のダイヤ改正で始めてしまいました

イメージ 1

誰もがいつでも利用できる楽しい電車のままでいいのに
既存のFライナーの一部を西武秩父まで延長運転するだけで十分
こういう余計なことをしないところが好きだったのに、残念

残るは京王電鉄だけですけど
こちらは以前から導入を表明しています
相鉄はそもそも立ち位置がビミョーなので(苦笑)

一方で
東横線祐天寺駅の通過線も出来たみたいなので
今度体験して来ます
こういう工事は大歓迎


今日も
朝のうちに記事をアップしておきます

南武線90周年号お休み

一昨日(土曜日)の話
武蔵溝ノ口駅の留置線に

イメージ 1

南武線90周年号(?)が停まってました

イメージ 2

朝から夕方まで、ずっと

こういうヘッドマークを付けさせられてしまった編成は
その間こき使われるのかと思いましたが
そうでもないらしい
土曜日もお休み
日曜日はいませんでしたけど


今朝は奥さんの実家から朝帰り
夜は分からないので

根岸のタキさん突放(とっぽう)!線路の芸術作業に今まで気が付きませんでした(汗)

昨日、
朝の根岸駅にて
この日も入換機は大忙し

イメージ 1

向う側の製油所構内線をせわしなく

イメージ 2

満載のタンクを牽いて

イメージ 3

根岸駅構内ヤードに推進してきます
これはいつも通り

イメージ 4

ふとみると
入換機なしでタキさんが動いています

イメージ 5

突放(とっぽう)
機関車で貨車を推進して、
走行しながら貨車を切り離し、
操車掛さんが手動ブレーキで入れ換え先の線路に押し込む作業

私は
岳南鉄道比奈駅のワムさんの突放作業が日本に残った最後の突放で
同鉄道の貨物扱い全廃により
もう見られない鉄道シーンかと誤解していました(汗)
根岸駅には何回も来ているのに(大汗)

イメージ 6

こんな素晴らしい線路シーンが
こんなに身近でまだ見ることが出来たとは、感動

でも
威勢よくポンポンと押し出していきますが
製油所で実際に荷役出来る線路は2本らしいのです
そんなにタキさんをこまめに選別して編成する必要があるのか疑問です

イメージ 10

突放する貨車も
1両だったり
5両だったり
バラバラ

操車掛さんも相当数必要かと思われます
走って戻ってくるようには見えないので(苦笑)

この作業
もっと近くで見られないかなぁ
残念ながら根岸駅構内の側線ではこんな芸当は見られません
見られるのは製油所の中の線路だけ

イメージ 7

突放を見ていると
コンテナ貨物列車が到着

イメージ 8

タキ+コキ編成なのですが
コキさんが見えない

イメージ 9

あれ
たった1個だけ…

イメージ 11

タキさんと切り離され
ますます哀れ

イメージ 12

引き取り用DEさん、ヘッドマーク付き
これは甲種回送の時に活躍したのと同じ
本牧埠頭駅へ
土曜日とはいえ
コンテナ1個だけで大丈夫でしょうか?

この翌日の今日は終日雨
雨の日でも突放作業は行われているのかしら
滑ると危険です
もはや
人間国宝級の伝統技能が必要かと思われます

一度やってみたいけど(殴)


とはいえ
岳南鉄道比奈駅の突放作業は目の前で見ることが出来てやっぱり格別でしたね
10年前の懐かしい記事はこちら

小田原レール工臨を小田原駅まで追いかけ、3度追い着き追い抜かれ。保線基地入線シーンも見学。平塚工臨も?今日もどこかで工臨さん

土曜日の昼間
真鶴(小田原)工臨が走ります
東高島貨物発になってから
ちゃんと見るのは初めてかも

今回は
桜木町駅から完全追いかけ

イメージ 1

東京駅方
以前ジャマだった作業小屋がなくなり
線路の見通しが良くなっています

イメージ 2

ちょっと短いけど
国鉄機関車が牽くレール工臨は美しい

このまま追いかけるのではなく
横浜駅に戻って
湘南新宿ライン快速で追いかけ、この方が早いんです

イメージ 3

大船駅を出たところで
追いつきました
もう少しずれれば頭上の大船連絡線を通るシーンが拝めたのですが

イメージ 4

藤沢駅停車中に抜かれました~

イメージ 5

辻堂駅手前で
すぐに追いつきました
短い編成ですがかなりゆっくり
こちらは快速電車なんです
このままではもう抜かれることなく先行してしまうのですが

イメージ 6

平塚駅で
特急退避待ち
おかげでその間にまた抜かれました
貨物連絡線跡の向う側
忌み嫌う特急退避が有り難いと思ったのは初めて(爆)

イメージ 7

二宮駅の手前で再び追いつきます

イメージ 8

貨物列車とすれ違い

イメージ 9

国府津駅でも
有り難いことに抜かれました(笑)
御殿場線電車とも遭遇

イメージ 10

鴨宮駅の手前
この辺りで追い抜くかと思われましたが
なんと
旅客線側は黄色信号の連続

イメージ 11

小田原駅同時到着とは行かず
レール工臨はすでに到着済み

イメージ 12

小田原レール工臨

イメージ 13

貨物下り本線から保線基地線へ

イメージ 14


イメージ 15

良い線路シーンでございます

イメージ 16

引上げ線

イメージ 17

押し込み開始

イメージ 18

保線基地にレール満載のチキさんが無事に到着

この間
小田原駅のホームでは
伊豆クレイル号の出発式
バカボンのほっぺみたいなイラスト電車

イメージ 19

駅員さんばかりではなく
車内清掃のおばさんまで旗振りに駆り出されていました
戦前の出兵兵士を見送り儀式を見ることが出来ます
毎日こんなことしているのかしら、ご苦労様

イメージ 20

さて工臨さんの方は
単機になって

イメージ 21

また折り返し線へ

イメージ 22

本線に戻って来ました

イメージ 23

小田原城からも見えるのかな?

この間
本線の分岐機は
一旦本線側になりますが
下り貨物線を通る列車は現れず

単機になった機関車は
この先の真鶴駅まで行って折り返すので
真鶴工臨ともよばれるそうですけど
今回はここまで

戻ります

途中
平塚駅の側線にとても気になる光景が

イメージ 24

チキさんです
これは相模川の専用線跡を利用した保線線路
クレーン車を使って積み下ろしとは画期的
これは平塚工臨というのでしょうか

イメージ 25

今日もどこかで工臨さん
明日もどこかで、
工臨さん~♪

この日は
桜木町駅の前に根岸駅でも入換三昧してしまいました
その話はまた今度

◇線路メモ
小田原(真鶴)工臨
東高島10:13→桜木町→大船10:47→小田原11:24/12:20→真鶴12:35
追いかけたのは
(快速)横浜駅10:31→小田原駅11:19
途中3回追い抜いて3回追い抜かれました
工臨の時間が予定より少し早かったみたいですね

9年前に
真鶴ホキ工臨を
小田原駅から真鶴駅まで完全追いかけしています
記事はこちら

今流行りの新海誠作品で鉄道鑑賞

新海誠という人のアニメ映画が大ヒットだそうです
この人の過去作品がTV放映されたので鑑賞

「秒速5センチメートル」

中学生?の主人公が両毛線の岩舟駅まで行くのが
はじめてのお使いのようにタイヘンでした

イメージ 1

両毛線小山駅
まだ耐震補強工事の金具が巻き付けられる前みたいですね

イメージ 2

やたら電車が出て来ます
これの描写が無駄(殴)に詳しいのがお約束

イメージ 3

雪が降り両毛線は停まってしまいました
そんな荒天でも中学生のくせに男女で無断野宿しちゃいます
羨ましい映画

もう一本
「ほしのこえ」

こちらはSF
2046年
宇宙戦艦が飛んでしまう微妙な時代設定なのですが

イメージ 4

この時代でも踏切は健在でした

イメージ 5

国鉄機関車も健在

イメージ 6

JRコンテナまで健在
ということはJRも健在?ヨカッタネ
でも良く見ると
コンテナが大き過ぎます
おまけに架線がありません
やっぱり未来のSF鉄道?

ストーリーは
鉄道とは全くカンケーない
宇宙遠距離恋愛ネタでした
(どこかで同じようなモノを見たような気もするのですが…)

内容はどちらの作品も中途半端な感じ(短編映画だから?)
私はアニメ好きですけど
これはどうかな
「けいおん!」や「まどマギ」の方が面白かったです(爆)

両作品とも監督の鉄道愛が感じられますけど
これが「媚び」じゃなければいいんですが(苦笑)

例の大ヒットアニメ(君の名は?)とやらも
きっと鉄道だらけなんでしょうね
設定が岐阜県らしいので
高山本線かしら

そのうちTV放映されたら見ます
線路たくさん写っているといいですね(笑)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR