FC2ブログ

線路を運ぶロングレール工臨が大宮操車場から大宮駅へグニャグニャ。湘南電車廃車回送と行き違い

新前橋から長野工場まで
また湘南電車の廃車回送があります
ちょいと見に行きましょう

イメージ 1

ちょいとのつもりが
大宮操車場で
また面白いモノに遭遇してしまいました
ロングレールが載っています!

イメージ 2

さいたま新都心駅のホームから鑑賞
赤い国鉄交流機関車と長大レール工臨
これもまたいいですね

それでは
レール輸送専用車チキさんの編成をじっくり見学

イメージ 3

ここが運搬レールの先端

イメージ 4

長いレールはチキさんをいくつも跨いで運搬
レールは意外と曲がるので
鉄道輸送もOK

イメージ 5

12両編成です
その真ん中にこんな車両
レール搬出入作業に使うのかな

イメージ 6

これが終端
ここからレールを降ろすみたいです

イメージ 7

あれこれするうちに
廃車回送来ました
初めは別の場所で見るつもりだったのですが(西浦和駅とか)
レール運搬車両のおかげでまたこの駅に(苦笑)

イメージ 8

また湘南電車がお亡くなりになりました
さようなら国鉄電車
合掌

イメージ 9

ようやくレール工臨も出発

イメージ 10

横から見ても絵になります

イメージ 11

この先で
ヤードの線路が集約します

イメージ 12

ここの曲線に期待!
積載されたロングレールも曲がります
もっと高い場所から見下ろしたら更に壮観でしょうね

イメージ 13

大宮駅まで追いかけちゃいました
何故か中線ではなくて旅客番線に停車中

イメージ 14

すぐに出発

イメージ 15

ロングレールの積載の様子がよく分かります

イメージ 16

グニャリを繰り返しながら去って行きます
結局、
何処行きだか分からない工臨

イメージ 17

ロングレールのグニャリが見られて満足
神聖にして不可侵な鉄道の線路の輸送でございました


おまけ

イメージ 18

大宮工場のスイッチャーが動き出しました

イメージ 19

小田急の車両を引き出して来ます
何故か車両の扉が一部開いたまま

イメージ 20

折り返して
別の車庫に押し込んでいきます

この新しいスイッチャー
キライというわけではないのですけど
どうせなら
隣りの車庫で休んでいるクモヤさんを使って入替して欲しい(苦笑)


昨年、宮原駅の待避線で湘南電車廃車回送をじっくり見学できた記事はこちら
スポンサーサイト



2001年秋、モノレールのいない向ケ丘遊園。フジテレビ黄金時代のお台場。紅葉の大山。

2001年の話に戻ります
11月に向ケ丘遊園に行きました
もう閉園間近!

イメージ 1

すでにモノレールは運休ですが
まだ撤去されてはいません

ここから大きな階段をエスカレーターで上がって行く途中に
これまた大きな花時計があった記憶があるのですが

イメージ 7

イメージ 8

(上2枚はこの年春に行った時の写真)

恐らく
また新聞屋さんから無料入場券を貰ったのだと思います
入園して園内を散歩しただけ(笑)

イメージ 2

お花が結構あったんです
(菊まつり中)

イメージ 3

こんなにお花を見ているのに

閉園後も残る「バラ園」のことは全く記憶にないのです
そんなものあったんだ(苦笑)

イメージ 4

一番気になったのは
この列車の線路

落ち葉に埋もれて
すでに廃線のような風情を醸し出し
かなりいい感じでした
(まだ動いていたのだと思いますけど)

ブースカランドがありましたけどブースカは居ない
そんな昔のキャラクターが当時ウケたのかな?

7月に
フジテレビ本社のイベントに行きました
当時のフジテレビは飛ぶ鳥が勝手に落ちて来る勢い

イメージ 9

「あいのり」

イメージ 10

漫画家みたいなのが乗っていたんですね

イメージ 11

「タイタニック」
地上波初登場記念?

イメージ 12

「ポンキッキーズ」
機関車トーマス見てました(笑)

イメージ 13

あの有名な料理番組
今年ようやく終わったんでしたっけ?

フジテレビ黄金期でした
ちなみに
私が今一番見ているのはMXTVかも(苦笑)

秋には
大山にも行きました

イメージ 5

秋の大山
紅葉に目覚めたのはこの時だったかも

イメージ 6

山歩きが好きになったのもこの時?

そう言う割には
あまり行ってませんけど
(おまけにこの写真はずっと高尾山だと思っていました、殴)

2001年の話はこれでお終い
9.11が起きたのもこの年でした
この秋に
職場が
横浜みなとみらいになりました
当初はいろいろあって胃が痛くなり
胃カメラ飲むとかでまたストレスが増えたのもこの頃
すぐにお気楽モードに切り替わりましたけど

ちなみに
昨日書いた、
この時から16年ぶりの初めての胃カメラの記事
衝撃?の追記がありますです

次回から2002年の線路巡礼の話の予定
デジカメ&みなとみらい勤務編
高島貨物線が身近になりました(笑)

向ケ丘遊園はこの翌年2002年3月末で閉園
閉園の4年後に行った向ヶ丘バラ園の記事はこちら

初めての胃カメラ(内視鏡検査)。気が付いたら終わってました。追記アリ

先月の健康診断で
意外な結果が

ヘリコバクターピロリIgG抗体 3.0 U/ml
ABC分類 B群 内視鏡検査を施行の上、ピロリ菌除去療法をお勧めします

内視鏡検査を受けなさい勧告が来ました
健康には妙な自信があって
特に自覚症状はないんですけど(汗)

胃カメラには
イヤな思い出があるので
どうしようかなぁと迷いましたが

結局
奥さんが最近通院した武蔵小杉のクリニックが良かったというので、
そこへ行くことに(これが今月の初めのこと)

ここの医師
この数値3.0を見て曰く

この数値は丁度ボーダーラインだから
やってもやらなくてもいいんですよ

あれ?意外
無理に検査を進めないで、妙に良心的?(苦笑)

でも
せっかくだからということで
人生初の内視鏡検査を受けてみることに

繁盛しているらしく
今月初めに相談に行ったら
検査は最短で月末の今日
まぁ仕方ないか

ちょうど私が過去記事を書いている2001年ごろ
同じようなことがありました

突然、胃がキリキリと痛みだしました
こんなの初めて
おそらく仕事上のストレス
お気楽な様でいろいろあるのです(ホント)

医者に行ったら
胃カメラで検査しましょう、とのこと
予約をしたのですが

その後
調べてみると
胃カメラの事故とかが気になって
むしろ
そのことでストレスが急上昇
胃の痛みもさらに急上昇

ということで
結局
検査の直前にキャンセルすることに(殴)

キャンセルの電話をかけたら
何故か胃の痛みもスーっと収まってしまいました
胃カメラが怖いからストレスも収まったみたい(笑)
その後
現在に至るまでおかげさまで概ね健康です

さて今回
胃カメラでゲホゲホしちゃうとトラウマになるので
局部麻酔を使用する痛みのない術式にしてもらいました

ベッドに寝かされて
喉に麻酔スプレーと
点滴から眠くなる薬を入れられて
マウスピースみたいなものを噛みます

もし
眠くならなかったらどうなるのかな?
なんて心配は全くご無用

気が付いたら
もう終わっていました!
ホントに胃の中にカメラを突っ込んだの??

麻酔を醒ますために
30分くらいチェアーで寝かされて
後で画像を見せてもらいましたが

ホントに私の胃の画像なのかしら?
それくらい何も自覚なし

終わった後
午前中休みにしてあるので
時間はあるのですが
まだ少しふらつきます
ホームで線路の写真を撮っていて転落したらみっともないし(苦笑)

大人しく
一度帰宅することに

ちなみに内視鏡検査
保険適用3割負担で5,800円!
高いね

ピロリ菌
いたのかしら?
いると困る、切実


☆追記☆
翌日(今日)
結果が分かるというのでさっそく行って来ました

結果は

じゃらじゃらじゃらじゃらじゃら

セーフ

ピロリ菌いませんでした!良かった

医師曰く
あの数値だったら大丈夫だと思っていたんですよ、とのこと
まぁ安心料だと思えば

ちなみに
胃が少し荒れているそうです

これはストレスですかと尋ねると

食べてすぐ寝るとそうなるそうです

お仕事忙しいから
食事が遅くなるんでしょうね、と労わられてしまいました(爆)

最近
すぐに寝ちゃうんですよ(苦笑)

まぁとにかく何事もなく無事で良かった、メデタシ

浜川崎駅でY158列車の折り返し、国鉄特急と線路の相性は素晴らしい。メトロ甲種回送はおかげで残念?

たまにはメトロの甲種回送でも見に行こうかと思ったら
Y158という団体列車も走ります
毎年、貨物線を走らせて小銭を稼ぐヤツ

Y158はこんな感じ
石川町駅→浜川崎駅→新鶴見→国府津

とりあえず浜川崎駅へ

イメージ 1

浜川崎支線電車がヤードに居ます

イメージ 2

鶴見線側の側線を回送で進みます

イメージ 3

弁天橋電車区に行く模様です
こういう回送電車の動きもちゃんと追いかけてみたいですね

イメージ 4

そうこうするうちに
Y158電車がやって来ました
グニャグニャ~

イメージ 5

国鉄特急型
かなり残念なヘッドマーク(苦笑)
「団体」表示の方がまだいいのに

イメージ 6

ヤードへ

イメージ 7

今日は隣接する新日鉄工場まつりの日
家族連れが続々と向かって行きます
以前、私も中に入ったことあります
工場内から国鉄特急を見たかったのですが
開場が9:30からなので今回はパス

イメージ 8

車掌グループが車両右側から降りてきます

イメージ 9

今度は
運転士グループが車両左側から乗車

イメージ 10

折角の折り返しですが
電車ですから機廻りはありません
ヒマそうな操車掛?が
いつまでも写真撮影大会
関係者はいいねぇ

イメージ 11

ようやく折り返し出発

イメージ 12

美しい線路の分岐器群に国鉄特急は映えます

イメージ 13

美しい国鉄踏切(笑)

イメージ 14

美しい国鉄ホーム(笑笑)

イメージ 15

なんでも国鉄時代は美しい(爆)

さて次はメトロの甲種回送

鶴見線で鶴見駅、横浜駅に出ます
そこから
東海道本線を上って来る列車に
なんとか東戸塚駅の先で行き違うハズ

東戸塚駅を過ぎて

戸塚駅の手前で
横須賀線は高架になります
ちょうどそこで
すれ違ってしまったみたい
哀れ

戸塚駅で下車
ひょっとしてと期待しましたが

イメージ 16

さきほどの
Y158列車が下って来ました

イメージ 17

このイベント列車
高額な割には
どこかで
甲種回送と行違うという余興はなかったのですね

久々に
午前中だけ線路巡礼でした
午後は実家で介護です。やあねぇ

またまた里山ガーデン。丸太切りとフォレストアドベンチャー。まるで線路の様な樹上体験(笑)

またまた里山ガーデンに行ってしまいました
今回は朝早くから。横浜線中山駅から相鉄バス

奥さんが
どうしても丸太切りをしたいと言うので
大人気なんです
開場9:30より早く行って並びましょ

イメージ 1

ガーデンベア
ここで見るのも3回目!
だいぶお花も減って来ましたけど
奥さんは
このキャラクターが大好きみたいで

早く来たおかげで
丸太切りの予約は完了12:15から
ついでに
気になっていたフォレストアドベンチャーの当日予約も出来ちゃいました14:00から
土曜日なのに
おそらく
今日は運動会シーズンで子供が従来の週末より少なかったんじゃないかな?

午前中のイベントは
今日は緑区の日ということで
「二人で丸太切り」
これは奥さんがやりたかったのとは別
こちらは
すんなり参加出来ちゃいました

イメージ 2

こんな大きな丸太ですけど
意外と簡単に切れます。楽しい

イメージ 3

切った丸太を加工してくれます

重たいけど
このままずっと持って歩くことに(苦笑)

イメージ 4

こんな芸術作品もいます

イメージ 5

あなたもガーデンベアになれます

イメージ 6

大花壇
さすがに花も疲れて来たみたい
刈れた花がらを摘むボランティアさんもタイヘン

イメージ 7

芝生広場
暑いので日影を求めてゴロゴロ
いい場所が見つかったので
気持ち良くて長居しちゃいます
待ち時間が全然気にならず


それでは
グランピングサイト
ここで丸太切り体験

さきほどの二人で丸太切りに比べて細い
おまけにノコギリも小さい
なーんだと思っていたら

イメージ 9

こちらの方がはるかにタイヘン
おまけに
選んだ丸太が想定以上に硬い
途中まで切りましたが…

別の丸太に替えてもらいました

ちなみに
元の丸太は掛員さんが代わに挑戦してくれたのですが
やっぱり切れず
こんなこともあるのね(苦笑)

新しい丸太も切るのはタイヘン
ようやく切り落として
急いだのであんまり上手に切れず(汗)

でも
この丸太切りの真の目的は

イメージ 10

ガーデンベアの刻印を押してもらえること!

イメージ 11

じゅうう

表裏に押してもらえます

そして
イメージ 12

さきほどの大丸太にもお願いして押してもらっちゃった♪

小さなノコギリで肩が滅茶苦茶疲れてしまいましたが
いよいよ
フォレストアドベンチャー
大人一人1,000円

イメージ 13

ハーネスを着用
赤い丸で囲った金具が重要

ずっと樹の上のコースを歩きますので落ちると困る
ということで命綱みたいなもの
その金具を通す綱が
コースにずっと張られています

イメージ 15

ここからスタート
3つのコースを順番に行って戻って来ます

イメージ 16

金具を綱に装填
ここが起点
なんとなく
ロープウエィを連想してしまいます
(というか「線路」を)

それでは
フォレストアドベンチャースタート

イメージ 14

ZIPライン
これは最初の簡易コース
ちゃんと車止めがあります

イメージ 17

樹の上の障害コースなんですけど

イメージ 18

あんまり怖くないですね(笑)

イメージ 19

線路のような綱に沿って進みます

イメージ 20

綱は一本
途中で追い抜けません
完全に棒線の単線
側線が欲しい(爆)

イメージ 21

これが一番難関コースだったかな?

イメージ 22

ここから
最後の長いZIPライン
私には線路にしか見えません

イメージ 23

お終い
線路はここまで
楽しかった?

イメージ 8

お花はそろそろ菖蒲の時期なのですが
このイベント(全国都市緑化よこはまフェア)は残りあと1週間
その後
ここはどうなるのかしら
まだ決まっていないらしい

では帰りましょ
今回も帰りは中山駅まで歩きます。元気

イメージ 24

ステキなバック付き(笑)
ちょっと重たいけど
何に使うんでしょ?

暑いけど
寄り道しないで
まっすぐ帰宅

今日はどうしてしたかったのです

ベランダビール!
イメージ 25

本日の戦利品を使って
さっそく昼からビール(もう夕方でしたけど)
疲れたけど美味しい!

今日は
水戸線・旧真岡線の直通列車イベントとか
大宮工場一般公開とかあったのですけど
楽しかったからまぁいいです

ベランダで記念日

朝から土砂降り
今日も外歩きなのですが(恵比寿)
今回は
歩きやすい靴なのでヘイチャラ♪

雨ですけど
毎朝のベランダご飯に支障なし

今は

イメージ 1

アジサイと

イメージ 2

薔薇です!
ベランダでも薔薇の花がちゃんと咲きます
ちょいとトゲが困るけど

今年はまたゴーヤとトマトにチャレンジ
過去何度やっても上手く行かないのですが
今回は土も買ってしまったので
今度こそ?


今日は記念日なんです
何かする?と聞かれましたが

結局
ベランダで焼肉になりました(笑)

お家で無事に結婚記念日を迎える
ささやかな幸せでございます
何回目だか忘れました(殴)

中東の旅番外編、パキスタンのイスラマバードで職務質問?これもいい思い出

1999年のシリア・ヨルダンの旅
パキスタン航空を利用

パキスタン航空
略して

イメージ 1

PIA

ぴぃあ?

なんか可愛いのですが
乗り継ぎは半端ないです

行きも帰りも
乗り継ぎでパキスタン一泊

行きはホテル(すごいボロ)に泊まっただけでしたが
帰りはイスラマバードで半日時間があります

イメージ 10

パキスタンの首都
当初はカラチが首都だったのに
わざわざ北のほうに新しい首都を作ったそうです
イスラマバード
イスラム教の都市という意味だそうです
いわれてみればそのまんまの読み方ですね(苦笑)

アフガニスタンに隣接
ということで
いろいろ事件が起きていますけど
この当時は平和でした

ツアーには
市内観光のオプショナルツアーがあったのですが(有料。→無料だったらしい?)
せっかくの自由行動
そんなもの参加せず
二人で街中をぶらぶら散策してみました

イメージ 2

まだ馬車も残っています

イメージ 3


イメージ 5

やたら兵器の展示が多い
軍事国家なんですよね

イメージ 4


イメージ 8

街中を行きかう超満員の車
男ばかり

イメージ 7

トラックは超オデコデコレーションばかり
こういうのが流行りらしい

街中で
女性に全く会いません

イメージ 6

おかげで
うちの奥さんがすごく注目を浴びます(苦笑)

イメージ 9

町の中心のモスク(?)
お散歩はここまで

街中を歩いていたら
交番のような場所で
警察官に呼び止められました
俗にいう職務質問?

宗教を聞かれました

ブッディズム

と答えたら
なんか納得してくれたようです
(イスラム教だと人前で男女で歩いているとヤバいのかな?)

他に何を聞かれたのか覚えていないのですが
スパイじゃありませんよ
たぶん(苦笑)

お話し終了後
親しげにお茶を勧められました

なんか怪しいので
固辞して
ホテルに逃げ帰りましたとさ(笑)

パキスタン
これまた今では行きにくい国
ほんのちょっとですけど
足跡を残せてよかったです

ちなみに
オプショナルツアー参加の方は
ラジャバザール、ファイサルモスク、シャカルパリアンの展望台など
行かれたそうです
ふーん

職務質問の方がすごいでしょ?(爆)

このあと
北京経由で
無事に日本に帰りましたとさ

これにて
1999年中東シリア・ヨルダンの旅
おしまい

またシリアに気軽に行ける時が来るといいのですが…

それでは
今年はあの時に行けなかった場所に18年ぶりに?(完)

原宿歩き回り。健脚が衰えた?(汗)

酔って帰りましたので
テキトーな記事

朝の表参道界隈を歩き回ってしまいました

外人だらけ

渋谷も多いけど
こちらはまたすごい
欧米人が多いね

イメージ 1

原宿駅駅舎
工事するすると言われつつ
未だにそのまま
有名な駅舎らしいですけど
個人的には思い入れなし、どうでもいいです
気になるのはあの側線だけ

疲れました
歩くのにはちょっとした自信があったのに
今日は疲れた

靴が足に逢わないから?


酔って帰ると
武蔵溝ノ口駅の留置線に
イメージ 2

90周年電車がまだいらっしゃいました
こちらはいつまで看板付けているのでしょうか

最近
線路ネタがないですね、反省(酔)

線路巡礼:新金線金町駅、美しい線路で南武線電車回送を待ちぼうけ(苦笑)

新金貨物線を
あの南武線最後の旧型車両が通る情報

幕張電車区→新小岩→金町→馬橋→大宮工場(秘密改造?)

総武線から大宮工場へ
秋葉原駅・新宿駅経由じゃなくて
新金線経由というのが線路的興味を大いにそそります

時間が無いので
金町駅へ

イメージ 1

常磐快速線に挟まれた美しい3本の中線
その真ん中に国鉄機関車も停車中
これは幸先いい(笑)

イメージ 3

金町駅
三菱製紙工場は無くなっても
その線路は途中までそのまま残っています

イメージ 6

水戸方面
この幾何学的な線路は
何かの賞を貰ってもおかしくないと昔から確信しております(爆)

さきほどの機関車が出発

イメージ 2

新金線は単線
向うから来る南武線電車とぶつかっちゃう、と思ったら

イメージ 4

機関車は常磐線を三河島方面へ
大丈夫です(笑)

イメージ 5

それはいいのですが
南武線電車が来ません…


ひょっとすると
もう通過した後?
念のため
馬橋駅のひとつ手前の北松戸駅まで行ってみると

イメージ 7

武蔵野線からの連絡線に
別の貨物列車が待機中
消灯しているのでしばらく待機中のようです
これでは大宮行きの南武線電車が来ても行き違いは出来ません

そんな列車は走らない、ということですね

線路が楽しかったから
まぁいいです

ひょっとして
やっぱり新宿駅経由だったりして
それも見たかったけど


金町駅三菱製紙工場の専用線は廃止直前に巡礼しています
(廃止とは知らずに行ってました汗)
記事はそのうちアップしますです

中東シリア・ヨルダンの旅8、約束の地。魅惑のヨルダン川。エルサレムにも行きたくなりましたね!

1999年中東の旅
ヨルダン編も最終日
ぺトラ観光の翌朝
ツアーバスでアンマンを目指します

途中
ワディ・ムーサにあるモーゼの泉
旧約聖書の人物が
杖で床をコンコンと叩いたら水が湧きました、というご当地モノ

イメージ 1

もちろん
水を飲むのもお約束

ちなみに
ヨルダン国内では
観光警察がずっと一緒
もちろんツアーバスの中も一緒
シリア国内ではそういうサービス?はなし
当時の国際情勢からするとむしろ逆のような気がするのですが

イメージ 2

写真に写っているのが今回の観光警察官
警察官なのにツアー参加者の若い女性に猛アタック
かなり真剣みたいで
バスの中でウチの奥さんがどうやったら口説けるのか相談されて困っていました
これは治安維持より深刻な問題です(苦笑)

途中
ついに貨物列車を発見!

イメージ 3

シリアでは見ることが出来ませんでしたが
ヨルダン最終日にてやっと遭遇

イメージ 4

しばらく併走

イメージ 5

かなり長い
これで一応線路ブログの体裁が整いました(苦笑)

イメージ 6

デザートハイウェイを北上すると

イメージ 8

ネボ山
モーゼが昇天したと伝えられる場所
ヨルダン渓谷を眺望

イメージ 7

曇っていて残念ですが
左手が死海
そこにヨルダン川が流れ込む歴史的にも地政学的にも重要な場所
ここにも
モーゼを記念する教会があって

イメージ 9

タイル絵を見学

マダバ
ここで昼食

イメージ 13

食後、聖ジョージ教会

イメージ 10

ここで世界最古の床モザイク地図(6世紀)を見学

イメージ 11

これは古代のエルサレム

イメージ 12

死海と
そこに流れ込むヨルダン川
さきほど丘の上から眺めたシーン

イメージ 14

ヨルダン川
向こう側はイスラエル・パレスチナ
国境線になっています

この川は
地中海にも紅海にもつながっていません
死海に注ぐのです
それだけ死海が低い
(こういう川を「内陸河川」と言うそうです)

川の西側が有名なヨルダン川西岸地区
WEST BANKだけで通じるくらい有名

ちなみにヨルダンの正式国名はトランス・ヨルダン王国
トランスとは
ヨルダン川の東側という意味らしいです

この数日前に通ってきたシリアとヨルダン国境のすぐ西側は
中東戦争の激戦地ゴラン高原
さらにレバノン

当時の中東情勢のコンプレックスみたいなエリアでしたが
このときは
いちおう平和でした

いわゆる約束の地

歴史好き地理好きとしては
ここまで来ると
ヨルダン川の向こう側にも行ってみたくなります

エルサレム

中東問題は今ではシリア内乱・イラクに注目が集まっていますけど
この先はどうなることやら
いつの日にか


夕方
アンマン国際空港に到着
これにてシリア・ヨルダンともお別れ
観光警察の彼のアタックは実を結んだのでしょうか?
お疲れさまでした

今回
18年前の旅をブログ記事にするにあたり
添乗員さんが最終日に配ったメモ書き(訪問先の詳細なリストと訪問時刻)が非常に役に立ちました、感謝
そうめんを作るだけじゃなくて
そんなサービスまで、大変です(苦笑)
私もアレコレ調べ直しながら記事を書いていますけど
おかげで勉強になります(笑)

さらに
この時のツアーの参加者
なぜかいまだに交流があるようです
年1回は集まっていて
奥さんも一人で参加していますけど
特に当時のことが話題になるわけではなさそう
海外旅行自慢話の会?

ところで
今回の旅行はまだ終わりません
途中降機先でもしっかり観光
中東編は終わったけど
まだ続きます
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR