FC2ブログ

今年も渋谷ハロウィン!

今年も懲りずに
ハロウィンの聖地、
渋谷に行って来ました

奥さんと18時待ち合わせ
まずはセンター街

イメージ 1

まだ時間が早いので
あまり面白いのはいません

イメージ 2

ところどころ渋滞するのは
写真渋滞
だんだん中国人化してますね

イメージ 3

今日は暖かくてハロウィン日和
週末は雨でタイヘンだったのにね

とにかく
酔わないと楽しめないので
いつもの店へ

肉酒場エコヒイキ
3年連続ハロウィンの日に利用しています
今年は
店員さんが

イメージ 4

白雪姫?

イメージ 5

ハリーポッター?
奥さんもノリノリ

イメージ 6

料理は
美味しいけど
ちょっとトーンダウン
特にバケットがダメ

ほど良く酔いました
渋谷駅前に戻って来ると
歩行者道路が出来て
さらにすごい状態に

イメージ 7


イメージ 8

でも
今年は印象に残るような面白いのはいませんねぇ

109の2階に昇ると

イメージ 9

スゴイ

イメージ 10

今年はさらにスゴイ(ような気がします)

では
スクランブル交差点渡りに挑戦

イメージ 11

渡れるんだけど
ハチ公広場側に入れない

イメージ 13

仕方なく
Uターンで戻ることに(苦笑)

イメージ 12

連絡通路の見学者もスゴイです

この光景を見ていると
まだまだ日本も平和ですね
この辺りで
お家に帰ります

明日の朝も
きっとスゴイでしょう

来年は
奥さんが線路の仮装を作ってくれるそうです
ホントかな

昨年の渋谷ハロウィン記事はこちら、毎年あいかわらずです(笑)
スポンサーサイト



線路巡礼2003:シーハイル上越号と上越新幹線ガーラ湯沢駅、18切符で行けるのかな?

2003年1月
初めてのガーラ湯沢駅
この新幹線支線の駅?はまだ未乗車でした

18切符です
当時は1月20日まで使えて本当に便利でした

イメージ 1

シーハイル上越号
大宮駅→石打駅
当時はこういう便利な臨時快速が自由席で利用できました
どうして上野駅とか新宿駅発じゃないのかは謎

スキー列車なんですけど
私はもうスキーは引退していたので(汗)
昔はスキー板を網棚に吊るしていましたね
それがゆらゆら揺れるのが風物詩でした…

イメージ 2

越後中里駅
この当時から青い客車がゲレンデに停まっていました
ここで滑るなら
上越新幹線利用より便利な列車(たぶん)

イメージ 3

越後湯沢駅で下車
スキー客もちゃんと利用していました(笑)

ここから
上越新幹線ホームへ

気になっていたのは
はたして18切符で
越後湯沢駅からガーラ湯沢駅まで乗れるのでしょうか?

答え
乗れました
あっさり

イメージ 4

上越新幹線ホーム
東京発ガーラ湯沢行きに乗ります

イメージ 5

あっという間に
ガーラ湯沢駅

イメージ 6

新幹線の保線基地に
自前のスキー場直結の臨時駅を作ったのは有名な話

イメージ 7

ちょいと駅の外へ
この光景は見たことがあるのです
2年前の夏に(笑)

イメージ 8

再びガーラ湯沢駅
線路終端は単純

イメージ 9

懐かしい緑の新幹線もいます

イメージ 10

それでは
越後湯沢駅に戻ります
車窓から上越線が見えます~

イメージ 11

再び上越線越後湯沢駅ホーム
なかなか豪華な電車のラインナップ

次は
18切符で
ほくほく線電車に乗ります!
JRじゃないけど乗れるのでしょうか?

これは簡単
乗れます
六日町駅までなら(笑)

この後
六日町駅で上越線に乗り換えて
宮内駅、直江津駅、長野駅経由というロングランが待っています

冬の日本海も良かったけど
途中の二本木駅の線路もイイ
(続きます)


その後も
シーハイル上越号は毎冬運転されていましたけど
一昨年頃から運転されなくなりました
上越新幹線を利用させようという忖度でしょうか?(泣)

でも夏の臨時快速はまだ健在です
2001年
快速一村一山号で行く
夏の越後湯沢スキー場のお散歩記事はこちら

(ちなみに、シーハイルというのはドイツ語でスキー万歳!という意味なんだそうです。ジークジオンみたいなものですね?)

東京湾フェリーで行く鋸山の地獄と保田の水仙(2003年)

2003年1月
東京湾フェリーに乗りました

イメージ 1

京急久里浜駅から連絡バス
これが意外と面倒であまり利用したことがないのですけど

イメージ 2

行き違い
晴天につき
船旅は快調でした

イメージ 3

対岸の
浜金谷に到着
こちらは浜金谷駅から歩けます

目的地はさらにその先

のこぎり山

イメージ 4

行きは
鋸山ロープウェイを利用
軟弱者!

イメージ 5

でも
景色が良かったので許してください(笑)

鋸山山頂
さっそく
名物の地獄のぞき

イメージ 6

地獄というより
地震がきたらどうしましょ

イメージ 7

この景観は
石切り場の跡なんですよね

イメージ 8

百尺観音
コレも石切り場の跡の有効活用。エコです(笑)

イメージ 9

下から見上げた地獄のぞき
ということは
ここは地獄ですね(苦笑)

羅漢地蔵がたくさんいるエリアを通って
どんどん下って行くと

イメージ 10

大きな地蔵!

イメージ 11

じゃなくて大仏でした
石仏?
これも石切り場の遺産?
すごいんだか
すごくないんだか分かりません

すごいと思ったのは
この大仏他を管理する、この寺の名前

日本寺

すごいネーミング
日本を代表する寺院?
歴史はそこそこあるみたいですけど
日本史には全く登場しません(私が知る限りでは)

日本○学みたいなもの?(殴)

どんどん下山していくと
(これが鋸山遊歩道というそうです)

イメージ 12

内房線の線路に遭遇

イメージ 13

隣の
保田駅に出ちゃいました
ここでレンタサイクルを借りています
無料だったのかな?

イメージ 14

この辺りは水仙が有名

イメージ 15

江月水仙ロード

サクッと見て
浜金谷から
再び東京湾フェリーに乗って帰りましたとさ
冬の18切符のシーズンでしたけど
フェリーの方が安くて早かったかったのでしょう(微妙?)

東京湾フェリー
久里浜-浜金谷40分
毎時1本くらいの運行
立派な公共交通ですけど
雨風に弱い
この記事を書いている本日も
週末台風のために運休中

鉄道連絡船だったら
もっと興味あるのですけど

山手貨物線渋谷駅工事レポート。今しか見られないパルテノン神殿のような線路光景(笑)

山手貨物線渋谷駅工事レポート
まずはヒカリエとの連絡通路から
(旧東横線渋谷駅連絡通路)

イメージ 1

ついにレールが敷かれました!

イメージ 2

まるで
パルテノン神殿の中を走るような線路
世界遺産登録間違いなしと思われますが
残念ながら
いづれこの連絡橋も撤去されてしまうと思うので
ここから
この線路を貨物列車が走るのを見るのは、多分ムリ

北側に移動

イメージ 3

成田EXの電車が
いずれ手前の高架橋を走るようになります

イメージ 4

立派な貨物線高架橋
手前は旧東横線渋谷駅高架の跡

イメージ 5

あの小さなビルはどういう構造になるのかしら
隣の駅ビル(超高層ビル)より気になります(苦笑)


以上は昨日の話
また週末台風のおかげで
お出かけなし
楽しみにしていた
調布市の花火大会も早々に中止発表
この夏は
恒例の多摩川花火大会もゲリラ雷雨?で中止
今年は
花火を見ない年になりそうです(泣)

夏開催の花火大会を
今年は五輪豚の1000日前に合わせて行う、
とか余計なことをしなければ
夏に見られたかもしれないのに…
(調布市民じゃないからまぁいいです)

おまけ
昨日はプレミアムフライデーでした
五輪豚と同じく
政府主導の御用イベントのはずなんですけど(苦笑)

イメージ 6

我が家はちゃんと付き合いました
とんかつ和幸
ロースかつ定食(1,188円→1,000円)
美味しい♪
味噌汁を3回もおかわり
無駄な税金使わなくても小さな幸せ(笑)

線路巡礼2003:近鉄線と塩浜貨物線。伊勢中川駅、近鉄鈴鹿線、湯の山線

2003年
名松線と路線バスで名張駅へ
名張駅からは近鉄線をあれこれ見ながら帰路につきます

イメージ 1

伊勢中川駅

イメージ 2

見事な線路配線

イメージ 3

ホーム多すぎ!のような気がしますけど
これのおかげで乗り換えが超便利
停まっている車両の中を通って
2つ隣の番線まで横に移動できる芸当もあり

近鉄鈴鹿線を巡礼
公共交通をこよなく愛する私には
「鈴鹿」という名前に拒否反応がでますけど(苦笑)
もちろん線路に罪はありません

イメージ 6

起点の伊勢若松駅
右手に分岐していきます

イメージ 4


イメージ 5

終点の平田町駅
特に罪もないフツーの終着駅でした

戻って再び近鉄名古屋線

イメージ 7

塩浜駅
近鉄線よりもJR貨物線の方に目が行ってしまうのはいつものこと

イメージ 8

近鉄の電気機関車
構内入替用?

イメージ 9

JR貨物の塩浜貨物駅
この頃は
黄色いタンク車もいました

次の海山道駅まで
JR貨物線と併走
そして
私がこの区間を利用すると
なぜかいつも貨物列車と遭遇するのです

イメージ 10

当時は
当たり前かと錯覚していましたけど
これって
とてもラッキーなことだったんですよね

イメージ 11

海山道駅
JR貨物線から専用線が分岐していました
踏切の向う側に専用線の踏切
黄色いタキさんはあそこから出て来るのかな?

イメージ 12

小さなヤードもありました
この時
この駅で下車してもっとよく観察しておけばと、
後でとても後悔

四日市駅から
近鉄湯の山線を巡礼

イメージ 14

起点の四日市駅
かつては
大阪や名古屋から近鉄直通特急が走っていたという名門路線なんですけど
湯の山温泉ってどこ?
という感じ(ごめんなさい)

イメージ 13

湯の山温泉駅
温泉イメージとは程遠い
普通のローカル線

四日市のナローゲージも
近鉄の京阪圏の路線も巡礼済みなので(まだ記事にしていませんが)
これにて
近鉄線もすべて線路巡礼完了、めでたし

再びJR線に戻って
帰りも
18切符でとことこ帰りましたとさ

これが
2003年1月10日、11日の話
武豊線、西濃鉄道、四日市可動橋、名松線+バス、
近鉄線いろいろと盛りだくさん

ちなみに当時は
18切符の有効期限が
今より長かったのです
12月10日-1月20日

今では1月10日までと短い(泣)

2015年
レンタサイクルで塩浜貨物線と塩浜駅を見に来ました
もう海山道駅隣接の工場専用線は廃止
ヤードも寂しくなっていました
タキさんとすれ違うこともない寂しい記事はこちら

線路巡礼2003:名松線完全版、松阪から名張まで!(まさか復活するなんてね)

2003年1月
四日市貨物線の架道橋に続いて
名松線を再訪しました。
前回は1985年国鉄時代に往復
今回は
名松線の本当の完全乗車?が目的

イメージ 1

松阪駅
まるで役所のような風格

イメージ 2

前回に比べ
なんとなくホームの様子が変更された感じ

イメージ 3

名松線の列車は逆走するように
名古屋方面に向けて関西本線の線路を走り
ここで本線から分岐
手前に信号機があったと思いますけど

イメージ 4

関西本線とお別れ(左側へ)

そもそも線形が謎なんですよね
おかげで
近鉄線とニアミスもあります(笑)

イメージ 5

沿線の山上に林立する風力発電の風車群
まだ珍しかった頃だと思うので
妙に興奮

路線はぐにゃりと曲がって西へ

イメージ 6

家城駅
交換設備が残っていて
ここで行き違い
タブレットがまだ残っています

イメージ 7

転轍機テコもカッコイイ

イメージ 8

腕木式信号機も残ってました!
すごいなぁ

名松線は2度目
私のこれまでの旅の記憶でも
とても風光明媚な路線という印象だったので
この時も楽しみにしていたのですが・・・

イメージ 9

意外と普通でした(笑)
この日の天気はとても良かったんですけど
やっぱり初めての時の印象が強烈過ぎたようです
途中で見えた風力発電の風車の大群の方が印象的でした(爆)

イメージ 10

印象を悪くしたのは
終点の伊勢奥津駅

イメージ 11

哀れ、線路が切られています
給水塔が健在なのが唯一の救い

イメージ 12

引上げ線はまだ草むらの中に残っていましたけど
どうして切ってしまったの(怒)

今回の目的は、名松線の「本当の完全乗車」です。
名張と松坂を結ぶ計画だったから名松線
その名前の通り、
ここから名張駅までバスで抜けてみます。

イメージ 13

バスは1日3便でした(たぶん)

松阪駅9:24→伊勢奥津駅10:42
伊勢奥津11:10→名張12:20(三重交通バス)

イメージ 14

伊勢奥津駅を出るとすぐに狭い旧街道の軒先を走ります。

イメージ 15

山間部に入ると
途中にはダム湖もありました

未完の鉄道路線を辿る路線バスはいつも楽しい♪

イメージ 16

名張駅は
意外とフツーの都会っぽい駅でした

ここから近鉄線で帰宅コースですが
まだ続きます
近鉄線利用だと名張から松坂はあっという間ですね(苦笑)

イメージ 17

名松線
ホンキで名張まで延ばすつもりだったのかしら?


◇線路メモ
名松線43.5キロ
何故か国鉄時代の廃止対象から逃れ
JR化後もズルズルと

車窓から見える川はキレイですけど
その景色が災いして
水害で長期運休(2009年‐)
そのまま廃線と思っていましたが・・・

まさか
ゾンビのごとく復活(2016年‐?)
鉄道を残すだけの需要があるとは全く思えませんでしたけど

ここでは「国鉄」が復活したようにみえます

流行りの特区?(殴)

まぁいいです
残念ですけど
私はもう乗ることはないと思いますので

1985年
伊勢奥津駅に素晴らしい線路終端が残る最初の巡礼記事はこちら

線路巡礼2003:四日市駅の可動橋、未明の美しい線路(末広橋梁)

2003年
西濃鉄道巡礼の後
名古屋に泊まって、
翌朝早朝から目指すのは

関西本線四日市駅

ここからのびる貨物線
その先に可動橋があるのです
存在は知っていても車窓からは見えない
今回は
下車して歩きます

イメージ 1

夜明けの
四日市貨物線可動橋
(末広橋梁なんていう洒落た名前は当時は知らず)

イメージ 2

まだ薄暗い中
DEさん貨物列車がやって来ました

イメージ 3

ど迫力!

イメージ 4

ホキさん2種?

イメージ 5

四日市駅へ走り去って行きます

イメージ 6

でも
お楽しみはこれから

イメージ 7

おおお!

イメージ 8

可動橋!

イメージ 9

芸術的なシーン

イメージ 10

線路にちょっと隙間が空いています
あの鉄道連絡船の接岸線路も
こんな感じだったのかな

この可動橋のある運河の先に
四日市港という貨物駅があるらしいのですが
今回は徒歩なのでここまで

貨物線に沿って歩いて戻ります

イメージ 11

港湾の倉庫に
専用線(引込線)が分岐して行きます

イメージ 12

今でも
可動橋と貨物線は健在ですが
引込線はもう見られません

イメージ 13

凛々しくそびえ立つ可動橋
線路がステキ
もう風景の一部です

イメージ 14

賑やかな四日市駅に戻りました
可動橋から来たのがどれだか分からない(苦笑)

次は
名松線に続きます


可動橋の先
四日市港貨物駅とセメント工場線には
2015年にレンタサイクルで巡礼しました
記事はこちら

線路巡礼2003:西濃鉄道市橋線、当時はいろんな貨車がいました。いまでも現役の貨物線!

2003年西濃鉄道巡礼の続き
昼飯線を終点まで極めた後は
美濃赤坂駅まで戻ります

イメージ 1

これは
昼飯線方面(左)に行く前の時点(踏切より)
ちょうどDEさんが車庫から出てきたところ

イメージ 2

構内西側の側線
ホキさんが2種類停まっています
手前のタイプはここでは見かけぬもの?
「白」のマークがあるので
これが白ホキさん?(たぶん違う)

イメージ 3

(再び駅舎側から)
戻ってくると
DEさんは構内東側の線路に移っていました

イメージ 4

構内東側
ステキな工場引き込み線跡
大理石の工場だそうです
まだ線路はつながっているので復活もありでしょうか?

イメージ 5

大垣方面から
ELホキさん貨物列車が到着

イメージ 6

機関車交換

イメージ 7

DEさんにバトンタッチ

イメージ 8

西濃鉄道市橋線
DEさん牽引のホキさんが出発準備
このクライマックスシーンに
犬の散歩が来たらどうしましょう?(苦笑)

イメージ 9

目の前を堂々の通過!

イメージ 10

行ってらっしゃい

イメージ 11

それでは
このクネクネ線路を追いかけます

イメージ 12

線路の先の石灰石工場
ここで荷役作業が行われます
この時は
ここで折り返して歩いて戻りました

イメージ 13

小さな線路神社!
線路わきの鳥居はすごく有名ですよね
この神社だったら今流行りの御朱印をもらってあげてもいいかも(笑)

イメージ 14

途中
由緒ありそうな踏切
なんと旧街道の老舗
中山道なんです
ここは中山道の赤坂宿
古い町並みが残ります

ちょっと山の中を歩くと

イメージ 15

すごいシーン
ここが現在でも西濃鉄道が貨物営業を続けられるモト?

この日は名古屋に泊まりました
翌朝は四日市の朝の線路巡礼に続きます


◇線路メモ
西濃鉄道市橋線
美濃赤坂駅-市橋駅2.6キロ
この時に行った工場は途中の乙女坂駅でした
現在でもここまでは貨物列車が現役

その先の線路が気になりますよね
ということで
その後2012年に
レンタサイクルで終端までちゃんと極めています(笑)
記事はこちら

台風でも頑張る田園都市線!(笑)

ウン十年ぶりの超大型台風
首都圏を直撃
もう何度も聞いたセリフですけど
これが今朝の通勤時間にやって来ました
我らが田園都市線は大丈夫でしょうか?

立場的に
こういう時にこそ遅刻するわけにいかないので
1時間も早く家を出ました
(でも起床時間は同じ。いつも朝はゆっくり過ごしています。笑)

朝の田園都市線
事前に間引き運転しているので
遅れているのかどうだか分かりませんが
ちゃんと動いています
車内はギュウギュウ(泣)
でも
いつもより1時間早く会社に着きましたとさ(苦笑)

それでも
出勤前にツイッターをチェックしたら
「停電」の字があったので焦りましたが
あまり影響なかったみたい

ちょいと面白いのがあったので
コピペして集めてみました

”こんな時だけ頑張る田園都市線は本当に謎”

”こういう時には頑張るのが田園都市線”

”なぜかちゃんと動く田園都市線”

”いつもすぐ止まるくせに今日に限って頑張ってる田園都市線の叩かれ具合がおもしろいw”

他の路線だったらネタにもならないのでしょうけど
これも田園都市線の有名税ですよね(苦笑)

予想通り
台風一過の晴天
どこかに線路を見に行きたかったですぅ

(酔って帰ったので写真なしでお終い)

初めての朝鮮学校!高津コリアン祭で七輪焼肉と北朝鮮探し

超大型台風接近!
総選挙の投票日だけど
不要不急のおでかけは控える?
という微妙な日ですが
大雨の中、傘をさして
とある「学校」にお出かけしました
でも選挙じゃありません

高津コリアン祭
第4回サランフェスタ2017
コリアンフードフェス

どれがイベントの正式名称だかわかりませんが
場所は朝鮮学校!

南武朝鮮初級学校
ミステリースポットに入れるチャンス!(笑)

イメージ 1

台風接近ですけど
ちゃんと開催しています
ちなみに背後に見える建物は別の敷地の関係ないマンション
学校の校舎は左側です

イメージ 2

いきなり体育館
まだ11時に始まったばかりですが
この台風雨でも観客がいるのがスゴイ
(モノズキも来ましたけど。笑)

壇上では
子供が笛を独奏していたのですが
これが上手い!
上手過ぎます
北朝鮮から連れて来たんじゃないかと思うくらい上手い(爆)
他の生徒は普通なんですけど

イメージ 3

ふろん太君もいます
川崎市の後援なんです
同じく本日の川崎市長選挙に影響しそう?(苦笑)

イメージ 4

体育館の中で
コリアンフード売ってますけど
焼肉が食べたい!

大雨ですけど
七輪焼肉用のテント会場が入口脇に出来ています

イメージ 5

赤肉(内臓)と白肉を購入、各々500円
チジミとビビンバも購入
やっぱりビールも飲んじゃいました(昼間から)

イメージ 6

台風接近下の七輪焼肉
美味しい
いい経験です(笑)
全部で1,900円ほど使ってしまいましたが
経済援助ではありません、念のため

イメージ 7

再び体育館に戻ると
千客万来状態
関係者も多いけど
この大雨の中でそれなりに人気のイベントのようです

ちょいと校舎内を探索(これが楽しみ)

イメージ 8

正面玄関の壁の画
朝鮮の観光地みたいです
列車も描かれています

イメージ 9

廊下
かなり古い建物
昔の小学校はこんな感じだったかなぁ
校内がハングルだらけなのを除けば

2階にも上がれます
靴を脱いで

チマチョゴリ試着できますコーナー

イメージ 10

奥さんが
さっそく試着
ちょっと太って見えるのは
服の上にそのまま着ているからだそうです
そうに違いない(殴)

イメージ 11

洗面所に貼ってあったポスター
何なのか気になります

イメージ 13

千字文(漢字の勉強教材)
今の朝鮮では漢字はあまり使われないと聞いていますが
ここでは健在のようです

イメージ 12

校舎内で見かけた半島の地図
国境がありません
ちょっと感傷的になってしまいそうですけど

さらに良く見ると
竹島が描かれていません
やっぱり日本領土なんだ(笑)

どこかに大きな金○○の肖像画があると思ったのですが
ありませんでした
こういう日だから差し替え?

一番気になったのはこの画

イメージ 14

まるで北朝鮮(のイメージ)
上になんて書いてあるのかはお楽しみ?

1時間ちょっとの滞在
台風接近なので早めに退散
昨日の転倒騒ぎでまだ頭の調子もイマイチなので(苦笑)

さて
選挙の方はとっくに期日前投票を済ませています
相変わらずの選挙ですけど

選挙結果がどうだろうと
その後に
最大の危機が待っています
この選挙騒ぎは危機のカモフラージュという高等戦術?(苦笑)

朝鮮学校は楽しかったです(ホント)
来年も行けるといいですね…
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR