FC2ブログ

線路巡礼のブログ14年目に突入しました(重要事項説明)

線路巡礼のブログ
実は昨日が13回目の誕生日
14年目に突入しました!

おそらく
現存するヤフーブログの中でも
かなり古い部類だと思います
ということで
歴史のある当ブログの存続のため
引き続き温かい目で見てあげてください(笑)

南四日市
やっぱり今日が最終運転だったようです

イメージ 1

花と線路とスイッチャーさん
もう一回
サンキュー


そういえば
ヤフーブログが生まれ変わるのは
ずっと延期になってますね

是非
ずっと延期のままでお願いします
そうでないと
昨日のような大作が書けません(苦笑)


【年に一度の重要事項説明】
当ブログは匿名の個人が管理するものです
匿名性に意味がありますので
ご理解ご協力願います

プライバシーの保護に努めます
知り得た個人情報、機密事項等は
面白くても一切公開いたしません

線路巡礼
線路の美しさを後世に伝えるために語ります
記事の内容について
あくまで個人の趣味ですので
あまり調べないで
感じたままに書いています
データとしての価値はありません。悪しからず

当ブログ内の記事写真等一切はいちおう転載禁止、
これも悪しからずです

昨年は周年記事を書き忘れてました(殴)
翌月気が付いて書いた記事はこちら
スポンサーサイト



線路巡礼:関西本線南四日市駅JSR専用線の有終の美。山九さんスイッチャーの活躍を目の前で

昨日
今月末までの
南四日市駅のJSR専用線を巡礼して来ました

夜行バスで
名古屋入り
関西本線で四日市駅へ
朝の7時から自転車を借りられます

8時少し前に南四日市に着くと

イメージ 1

山九さんが運転準備中

イメージ 2

8時過ぎ
コンテナが4両を連れて行きます

イメージ 3

一路工場へ
ゆっくり走ります
自転車だと余裕で並走できます♪

イメージ 4

工場手前

イメージ 5

この鍵状の踏切は結構クルマが通ります

イメージ 6

貨車門からご入場
山九の文字が誇らしい

イメージ 7

工場のなかも広い
線路がたくさん
でも貨物取扱いは一番奥の屋根がある場所
2両ずつに分割されます

イメージ 8

工場掛員さんによって
コンテナの扉が一気に全開されて行きます
これはなかなか見ごたえがあるシーン

イメージ 9

再び貨車門から
25倍デジカメの威力発揮!(笑)

イメージ 10

また貨物家屋に戻って
ステキな搬入シーンを観察

イメージ 11

また貨車門から
とにかく工場内での入替が盛ん
コンテナの順番が決まっているのかな?

イメージ 12

工場内には構内踏切もあります
ステキな車止めも

イメージ 13

4両分の荷積みが終わって
10時前に出場

イメージ 14

自転車で先回り
思ったよりはギャラリーは少ないのですが
こういうシーンを撮るのは難しい
自転車借りて良かった(笑)

イメージ 15

もう1枚
会心の線路写真

イメージ 16

駅の踏切手前で小休止
あのポイントがJR線と専用線の分かれ目でしょうか

南四日市駅ホームに移動して見学

イメージ 17

山九スイッチャーが構内へ
構内の4両と連結して待機します

イメージ 18

11時前に
四日市駅からDDさんがやって来ます
側線に到着

イメージ 19

その先の引上げ線を利用して
構内へ
山九さんに挟まれたDDさん
構内が一番賑やかな時間

DDさんは四日市駅方に折り返して
先にスイッチャーが工場から連れて来たコンテナ8両を
出発線に押し込み11:30頃
そのまま出発待ち

イメージ 20

次の工場への午後便まで時間があります
とりあえず見たいものは見たので帰路につきます
塩浜駅へ寄り道
ここで廃線跡を見学していましたが
やっぱり
現役の線路
南四日市の午後便も見ましょう

駅に戻ると
DDさんはすでに出発済みでしたが
スイッチャーが作業を開始したところ
午後も同じ山九スイッチャー
もう1台は動かないみたい
(以前はここには3台居たような気がするのですけど?)

イメージ 21

転轍機を人が動かして
こういう何気ないシーンが線路の魅力♪

再び工場へ13:00
今度もスイッチャーと並走
その全てをビデオで納めてしまいました

今度は
工場一番奥の線路終端から見学

イメージ 22

スイッチャーが入替中
関係者が記念撮影しています
やっぱり終了なんですね(悲)

イメージ 23

こちらに来るかと思っていたら
工場手前の線路に押し込んでいます
これは想定外
貨車門へ急げ!

イメージ 24

びっくり
ここで搬出入作業が始まっています

イメージ 25

コンテナの扉をここでも全開
こんな見やすい場所で
なんていうサービス精神(笑)

残り2両は
奥の一番奥の線路に搬入されました
朝に見た光景と同じ

ここで南四日市とは本当にお別れ
急いで四日市駅に戻り、自転車を返却
今回もお世話になりました

南四日市では
15時頃に
工場から駅に戻るそうです
駅に残されていた残り4両は
翌朝、工場へ
またJR貨物がやって来て、交換
この美しい繰り返しが
毎日(平日のみ)淡々と行われて来ました

数年前に臨時列車化されていましたから
いつ廃止になってもおかしくなかったのですけど
先週
偶然廃止の噂を知ってしまい
居てもたってもいられずに

行きは夜行バス
帰りは東海道本線
なかなかの強行軍でしたが
それだけの価値はありました

3年前にも来ているのですが
その時は工場内で少し動いてくれただけだったので
今回は完全版
廃線になる前にまた来られて良かったです
3年前の記事はこちら

明日が
最終日
サンキュー

南四日市

夜行日帰り巡礼してきました

やっばり今月末で終了?(泣)
工場に中でも記念撮影していましたから
仔細はまた今度

イメージ 1

線路切替後、渋谷駅山手貨物線南行きの新しい線路。シュールな空間を進みます。

線路切替工事後の
渋谷駅山手貨物線
新しい線路はどうなったのでしょうか

翌朝の湘南新宿ライン南行きの電車

イメージ 1

当たり前ですけど
あれほど線路を埋め尽くした保線車両はどこにもいません

イメージ 2

関係者が添乗

イメージ 3

旧大山街道に架かる新しい橋脚
左に大きく移動しています
これの付け替え工事を見ることが出来て良かった

イメージ 4

新しいビルに挟まれた
シュールで不思議な空間

イメージ 5

もう形が出来ている新ホームの脇を通過
ちょっとSFちっくな線路

イメージ 6

離れた埼京線ホームに到着
右手に移設前の線路の跡

イメージ 7

ホームが嵩上げさててうねっているのが分かります

イメージ 10

ホームの片側だけが盛り上げられ
段差が出来ています
スロープも確保

イメージ 8


イメージ 9

ホームの新宿駅方は
いい感じに柵が設けられ
安全に線路鑑賞が出来るようになりました(笑)

イメージ 11

その柵の向こう側に
前のホームがそのまま残っています

イメージ 12

旧ホームの片側を
そのまま踏み台にしていることがよく分かります(笑)

一気に南行きの線路が切り替わりました
でも
次の週末も2日間工事運休があります
もう今回分の工事は終わった感じがするのですが

この鑑賞ポイントで
じっと通過列車を見守っている
工事監督さんに
ちょいと尋ねてしまうと

次週は
くい打ちだそうです

なるほど
まだ手つかずの北行き線路の直下部分
ここは列車を止めないと
工事できないんだ

かなり地味な工事になりそうですけど
真上は連絡通路で抑えられているし
実は橋の取り換えより難工事?

線路切替前の渋谷駅山手貨物線記事はこちら

旧矢倉沢往還の旅10年ぶりに復活。渋沢駅から開成駅まで。あじさいの里にも立ち寄り

旧街道お散歩の旅復活!?
2008年
矢倉沢往還(東京赤坂~沼津)を
大山山頂まで歩いた後
再び伊勢崎分岐から渋沢まで歩いて
そのまんまだったのです

イメージ 25

その先の旧道が地図に載っておらず
歩けないからパスしていたのですが
これが最近通れるらしいことを発見
さらに来月
沿道の開成町で「あじさいまつり」があること
ついでに立ち寄れます
そして
小田急の今月末までの株主優待券が残っていること!(苦笑)

奥さんも付き合ってくれるということで
10年ぶりに復活!

渋沢駅10:40
南口からスタートですが
そもそも前回10年前どこを歩いて来たのか分からず(汗)

でも
もう適当でいいんです(笑)

ちょいと迷って
小田急のトンネル入口の方に行ってしまいましたが(汗)

イメージ 1

矢倉沢往還の標識発見!
ようやく正規ルートで歩けます

この先
少し歩くと
道は一本になって山の中へ
地図ではその先で途絶えているのです

だけど
歩けるようになったということで前進
舗装道ですが
いい感じの森林の中を抜けると

イメージ 2

見晴らしも最高!
小田急の線路も見降ろせます

イメージ 3

さらに進むとまた看板
なんだちゃんと整備された道じゃん
と安心した矢先

イメージ 4

ここからが問題の箇所でした
「車馬通行禁ズ」と書いてあるのですが
馬は通らんでしょ(笑)

イメージ 5

やぶ蚊がすごい場所
足元も悪くなかなかチャレンジャーな道

でも
そこを抜けると

イメージ 6

小田急線に出ました

小さな踏切があります
遮断機もあるちゃんとした踏切
その手前に廃屋が一軒あるだけ
誰のための踏切?
旧矢倉沢往還を歩くチャレンジャー用でしょうか(苦笑)

イメージ 7

ロマンスカー来ました(新型?)

この踏切を渡ると
次は川を渡りますが
藪の手前にロープと手作り看板
「落ちても命の保障は自分もち」

イメージ 8

ロープはあまり必要ないけど(苦笑)
川を渡って河原に出て来ます

イメージ 9

すぐに上の国道に登る階段
ここの方が危ない
増水していたらどうなっちゃうのでしょう?

国道246に出ました
歩道完備なので前進
「三宅坂から71キロ」というキロポスト発見
旧東海道歩きの頃を髣髴させます

イメージ 10

分岐があって
小田急線を再び向こう側(小田原に向かって左手)へ

イメージ 11

四十八瀬(しじゅうはっせ)川
矢倉沢往還は
この川と小田急に沿って歩けます

イメージ 12

この辺りで
秦野市から松田町へ
線路の曲がりっぷりがとても良いです

川沿い
コンクリート工場などが点在
小田急の車窓からもよく見えますね

イメージ 13

とうめいこうそくどうろ
ここをくぐると
昔は直進して酒匂川に出て「渡し」のようですが
ルートは不明なので
右折して小田急踏切をまた渡って
松田宿(松田駅)に向かいます

松田駅前は
前回(10年前)にサクラを見に来たことがあるので
土地勘があるつもりが…

イメージ 14

お腹空いてきましたが
新松田駅前に至る道は
道路拡張で何もなし
「肉の石川」は日曜日休み
ということで
手前で右折
旧街道宿場町っぽいのですが
店は開いてない

でも
JR松田駅前に
割烹料理屋発見!

「かっぽう千代田屋」

イメージ 15

鯵フライ定食972円
エビ天丼(小)756円

美味しんです!
おまけに田舎ホテルのフロントのような
落ち着いた雰囲気がリッチです(笑)

再スタート
すぐに
御殿場線の踏切をわたりますが

イメージ 16

「矢倉沢踏切」
いいですねぇ

ココから御殿場方面に
砕石線の廃線跡があるのですが

イメージ 17

跨線橋に上って見学
あの先は線路は残っているのかしら?

この橋が
新十文字橋となって
そのまま酒匂川って対岸の開成町へ

イメージ 18

なかなか急流
向うに十文字橋と
さらに小田急の鉄橋

旧矢倉沢往還の「渡し」の場所はよく分からないので
そのまま渡って
「あじさいの里」へ向かいます
松田駅から徒歩25分と書いてあるのですが

イメージ 19

あじさいの里
こんな場所
一般道の左右に地元の方があじさい育ててます

まだちょっと早いかな
(あじさいまつりは来月9日から)

イメージ 20

小川がキレイ
水力発電用スクリューもあります

イメージ 21

ここは
水田がイイ感じ
(あじさいだけのために来る価値があるかはビミョー。汗)

矢倉沢往還に戻ります
また迷いましたが

イメージ 22

酒匂川(後方)から来て
この石蔵があるところを左折

小田急線は酒匂川を渡ると左折
そのまま真っ直ぐ
旧街道もこれに沿って進みます

イメージ 23

この旧道は
側溝の川がキレイなんですが
なかなか開成駅に着かない

イメージ 24

とにかく歩き続けて
開成駅の手前で矢倉沢往還は右折
今回はここまで

開成駅15:40着

渋沢駅から開成駅まで
小田急だと2駅8.7キロですけど、
あじさい寄り道で
いったい何キロ歩いたのやら(汗)

実は渋沢から松田は
平安時代と江戸時代で2つルートがるらしいのですが
迷わず江戸時代を選択
これが小田急線沿線の今回のコース

この先を歩く予定は全く未定ですけど
これを機に
また旧街道歩き復活?
以前と違って
テキトーに歩くのは気楽でいいです(笑)

ちなみに早朝
また渋谷駅まで行って
昨日からの線路切替工事をチェック
新しい高架橋が然るべき場所に
ちゃんと納まっていることを確認しています
安心して
矢倉沢往還を歩けました(笑)

10年前
2008年の渋沢駅まで歩いた記事はこちら

記念日なのでセルフ・フレンチ。堤防の中の不思議なバラック(二子玉川のトキオプラージュ・ルナティック)

本日2本目
渋谷駅山手貨物線線路切替工事を見学した後
二子玉川で奥さんと合流

本日は
28回目の結婚記念日なんです

ということで
奥さんの強い希望で

トキオプラージュ・ルナティック

イメージ 1

二子玉川ライズのその先
多摩川河原にある
一見バラックのような店
4階建?です
堤防の中に
どうしてこんな建築が許されるのか不明ですが

セルフのフレンチとして有名らしい

3組待ち
テラス席も空いていましたが喫煙
なので1階屋内席

イメージ 5

まず
券売機で買います

イメージ 2

とりあえずこれだけ
セルフだけど
その分安いのかな?

イメージ 6

用意できると番号を呼ばれ
自分で取りに行きます

イメージ 3

じゃん
なかなか美味しい

イメージ 4

メインのロッシーニ
ちょっと小さいけど美味しい

イメージ 7

渡りカニのパスタを追加
これもイケます

2人で5,300円というのは
コスパがいいですね
コースなんか注文しなくて済むのがメリット

食べ終わると
片付けもセルフ
分別は厳しい(苦笑)

それなりに安くて美味しかったけど
一番気になるのは
なんで堤防の中に存在するのかという疑問
建て直しが出来ないから
バラックなんだということは想像できますけど

奥さん
大変気に入っていただき
記念日イベントは無事に終了

ちなみに奥さんは
今の姓の方が
旧姓より長くなってしまったそうです

それはそれは(汗)

渋谷駅山手貨物線線路切替工事。「橋」が線路の上を運ばれて来ました。下から上から車窓から見学!

行って来ました
渋谷駅山手線線路切替工事初日

イメージ 2

昨夜から旧大山街道を通行止めにして
旧橋(南行き)は撤去済み

イメージ 1

車両通行止めですけど
歩行者通路はちゃんと確保。エライ(笑)
おかげで間近で迫力の工事現場を見ることが出来ます

イメージ 4

ヒカリエに昇って
上から見学
工事現場すれすれに山手線電車は通常運転中

イメージ 3

この台車みたいなのが気になりますね

イメージ 5

再び下から
ミドリの橋桁が古い橋を支えていたみたいです
このジャッキを使って新しい橋を上下させるみたい
左手では撤去後の古い橋を早くも解体中

道路の通行止めは10時までの予定
解除の準備が始まった矢先

イメージ 6

なんと
新しい橋が原宿方面から動いて来ました!

イメージ 7

ものすごくゆっくりと動きます
まるで特大輸送シキさんを見ているみたい
私の右手でTV朝日のカメラクルーが撮影中(笑)

イメージ 8

通行止め解除
こちら側にも仮設歩道が出来ました

イメージ 9

おかげで
こんなものすごいシーンを体験

イメージ 10

もう一度、上から

イメージ 11

あの台車は橋の下に潜らせるのですね

それではいよいよ
渋谷駅ホームに上がってみます

イメージ 12

山手線内回りホーム

イメージ 14

まるで手前の軌陸車がこの橋を運んで来たみたいに見えますけど
おそらく後ろから押されきたと思われます

次は車窓編

イメージ 16

原宿駅方
左手のビル跡地から橋は運ばれて来ました

イメージ 13

橋が運ばれた後
レールの配置が興味深い(漁船を揚陸するレールと同じ?)

イメージ 17

渋谷駅に向かって
ビル跡地から運ばれた「橋」は
昨夜のうちに山手線を横断して
右折して
山手貨物線沿いに移動

イメージ 18

移動は貨物線のレールではなくて
別に敷かれたレールを使った模様です

イメージ 19

こんな大きなものが線路の上を移動するシーンも見たかったですぅ

恵比寿駅方の様子も見ておきましょう

イメージ 20

渋谷保線基地(仮称)付近で
保線車両がズラリと待機中

イメージ 21

逆から見ると
ちょうど新たな保線車両が横取り装置を使って出て来るところ
昼間からこれを見られるなんて貴重

イメージ 15

埼京線ホーム
こちらでも線路切替工事中

イメージ 22

ホームは作業員さんだらけ
嵩上げ工事が行われていると思われます
ちなみに工事中はこのホームは封鎖中

イメージ 23

山手線ホームからみたところ
すごい活気ですね(笑)

イメージ 24

既存の貨物線はすでに剥がされています

下車して
再び上空から

イメージ 25

橋の下に台車が潜りこんでいます
これを使って橋を手前に移動
さらにジャッキで降ろして橋脚に固定
と思われますが
こちらは作業員さんが消えています
おそらく
また道路を通行止めにしないと出来ないので
今晩の作業になるのでは?

ということで
本日初日はここまで
あちこち歩き回って
山登りのように疲れました(爆)

でもこの後さらにイベントが
実は
○○記念日なんです
ということで
奥さんと合流してフランス料理食べに行きました
忙し(笑)

今夜の作業が気になりますねぇ
帰宅後
この記事をせっせと書いている途中
線路工事のニュースを昼間の記者が伝えていました
ビデオなら私も撮ったよ

世紀の大線路工事を目撃しました

渋谷駅山手貨物線線路切替工事直前の雄姿。明日はもちろん見に行きます(笑)

明日
いよいよ渋谷駅山手貨物線線路切替工事(土日2日間)

ということで
今の線路の最後の雄姿をいくつかご紹介

イメージ 5

形が見えて来た新ホームの向こう側に
新しい貨物線(品川方面)
あそこまで線路が移動します

イメージ 9

(車窓から)
旧大山街道架道橋箇所
橋の付け替えが工事のハイライトでしょうね

イメージ 1

別の日
山手線新車配給

イメージ 2

今の線路を走るのはこれが最後?

イメージ 3

埼京線ホーム連絡橋の下
暗いけどカッコイイ

イメージ 4

山手貨物線を山手線電車
次回は向うの新しい線路を走ります(たぶん)

イメージ 6

また別の日
山手貨物列車

イメージ 7

頭上の連絡橋の圧迫感がたまりません(苦笑)
新しい貨物線はどんな感じになるのでしょう?
興味津々(笑)

イメージ 8

この日は空コキさんばかり
おかげで新しい線路とも共演

線路切替工事は
第1回が5月26日27日
第2回が6月2日3日
運休は貨物線(埼京線・湘南新宿ライン)
山手線は通常運転

この工事の狭間の1週間
線路がどういう状態になるのでしょう?
気になって仕方ないですね(笑)
(山手貨物列車は武蔵野線迂回運転なのかな)

品川駅京浜東北線線路切替工事少し前の近況報告

品川駅の線路工事進捗状況の話
今月GWの時の話なのでちょっと古い(汗)

田町駅から品川駅へ
京浜東北線南行き電車の車窓から

イメージ 2

京浜東北線南行きの新しい線路がすでに敷かれています

イメージ 3

その先で
北行きが山手線を跨ぐ新しい高架橋もほぼ完成

イメージ 4

品川駅4番線に到着
来月の線路切替工事で
南行きは隣の旧東海道本線上り5番線に移設されます

イメージ 5

線路がギリギリまで敷かれています

将来的には
さらに番線がひとつづつ海側にずれて
今の京浜東北線北行き南行きホームは
北行きと山手線外回りのホームになるらしいです
京浜東北線から渋谷新宿方面の乗換が格段に便利になります

イメージ 6

でも
この花壇はどうなっちゃうのでしょうね
職員さんが一生懸命バラの世話をされていましたけど

おまけ
品川駅-田町駅間の新駅工事現場

イメージ 1

ものすごい駅舎を工事中(汗)
ここに
大きな車両基地がありました
たくさんの線路に
日本を代表するたくさんの客車が停まってました

新駅の駅前に
墓標(記念碑)は建つのでしょうか?

またデジカメ買ってしまいました。今度は25倍

また
デジカメを買い替えてしまったのです

これまで
20倍を使っていましたから
買い替えるのなら
それ以上

ということで
今回はこれ

イメージ 1

Canon
PowerShot
SX620 HS
25倍!

価格コムで目を付けていて
値段が下がらないかなと


すぐに商品が到着したので
先週末の
尾瀬にも連れて行けました

イメージ 2

尾瀬の雪山!
白いモノがキレイに撮れるのは良いに違いない(笑)

イメージ 3

早朝の南武線の線路も遠くまでくっきり
(貨物列車が運休でした。泣)

使いやすいです
サクサク撮れます(笑)
充電池が予想以上にいいかも
(でもこれまでのデジカメ充電池はサイズ違いで使えない)


さて
これまで愛用していた20倍デジカメですけど
自宅で料理撮影ごっこをしていたら
ヒモが何かに絡まって
テーブルにガシャン
ものすごい音がして
その後、ジジジ・・・と断末魔の音

ところが
その後レンズを押し込んだら
一時的に復活

2か月前のネパール旅行には連れて行きましたが
なんと
旅行中に動かなくなりました
完全アウト

予備機を持って行ったのでその場はなんとか

この予備機は
母親用のもので3倍
小さくて軽くて
ポケット入れると忘れてしまう(笑)
でも3倍じゃ満足できない
(でもネパールの山の写真は全てコレで撮影したモノ。苦笑)

もう1つ予備機が合って
10倍デジカメ
これは調子が悪くて
次のを買いつつ
ダメもとで故障相談したら
無償で直してもらえた機体
ずっと使っていませんでしたが
久々に使用

年代ものなので
どうも動作が遅い

ということで
やっぱり新しいデジカメを物色
ようやく購入できた次第

ウチは何事にも物持ちがとても良いのですが
デジカメだけは別
次から次へと
中途半端に壊します(殴)

前のデジカメ購入記事はこちら
1年半しか使えませんでした(悲)

デジカメ
あのスマホのおかげで
人気がガタ落ち
品数も減っています
心配なので確保したつもりでしたが
まさか
すぐに新たな展開(汗)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR