FC2ブログ

線路巡礼:川口駅の高架連絡線を渡る保線車両!長年の夢が叶いました

★★★★記念
今回はものすごい線路記事

東北本線(京浜東北線)川口駅

イメージ 1

駅の東側の貨物駅(サッポロビール工場線)から
京浜東北線・東北本線旅客線を跨いで
西側を走る東北貨物線とを結ぶ高架橋(連絡線)

貨物取扱が終わった後も高架橋はそのまま
その線路もそのまま残っています

貨物駅跡の保線基地
そこの保線車両が東北貨物線に入出場する際に利用されているのです

この連絡線を走る保線車両を見てみたい!
というのは
線路巡礼の長年の夢です

普段は深夜しか走らない保線車両ですけど
この連絡橋の線路だけなら
昼間でもいつでも走れるハズ

ここを電車で通る度に
高架橋を見上げていたのですけど

先日、
ジャカルタ配給を見に行く途中の下り列車から
東北貨物線側の保線線路に車両が停まっていることを発見!

これは
連絡橋を走るかもしれないと
用事を済ませてすぐに戻りますが

イメージ 2

すでに
川口駅の保線基地に戻った後
残念
でも、これで昼間でも運転されることはハッキリしました
まだ保線車両は作業が行われています
次の連絡線横断があるかも?

イメージ 3

レールの積み込み中です
これは次の作業が期待できます

【西川口駅に移動】
今度は西川口駅のホームで待ちます

遠くの方から灯りが

イメージ 4

あの連絡橋を
保線車両がやって来ます!
(ホームからではこの角度が精一杯)

イメージ 5

下って来ました

イメージ 6

東北貨物線の上下線の間にご到着

イメージ 7

レール運搬車
掛員さんも一緒に乗って来ました

イメージ 8

西川口駅のホームから作業を見学
通過する貨物列車も作業を見守ります

イメージ 9

保線車両が戻り始めました!
そしてその時、
京浜東北線南行の電車がちょうど到着

追いかけます

後ろから
東北本線電車の上野方面行きが追いかけてきて焦りましたが

イメージ 10

川口駅連絡線と
東北本線の交差

貨物駅現役の頃の線路名シーンが復活!?

イメージ 11

連絡線を見上げます
掛員さんも添乗!
この光景が見たかったのです

イメージ 12

電車が川口駅に到着後
保線車両はすでに渡り終わっていました
すぐに消灯してしまったので
おそらくこの日の作業は終了

まさに
川口駅の白昼夢(ドリーム)
いいもの見せていただきました
ありがとうございます

もし
東北貨物線の間に保線車両が停まっていたら
それは
あの連絡橋を渡る前触れです
括目して線路を見ましょう!(笑)

LUN
スポンサーサイト



今更「★★★★」、ヤフーブログ人気度アップ!(笑)

ヤフーブログ
記事を書けるのも
残りあと1か月となりましたが

その直前に
人気度がアップしていました!(笑)

イメージ 1


★★★★

なんということでしょう
ヤフーさんの最後の大サービス?(爆)

★★★☆までは早かったのですが
その後は全く更新せず

人気度の基準は非公開
「友だち登録」とかヤフー推奨の機能は全く使わないので
忖度されることもなく
ここが限界かと思っていましたが

まぁいいです
いい記念になりました
(気づいたのは昨日朝でした)


そろそろ真剣に移転先を考えなくてはいけないのですけど
ここにきて書きたいことがメジロ押し
まだ何かありそうです?(笑)

【東京船旅】真夏のらくらく船旅通勤、日本橋⇔勝どき往復してきました。無料!

【東京船旅】真夏のらくらく船旅通勤
たまたま先週
TVニュースでみかけました

朝の通勤時間帯に
「勝どき」から「日本橋」まで
船で通勤してみませんか
東京都舟運社会実験なので無料!

日本橋、勝どき双方から
1日7便運航
これなら往復できます!(通勤じゃなくなるけど)
予約は早いもの順
平日早朝なので
あれこれ予約とキャンセルを繰り返して

日本橋7:30→勝どき(朝潮運河)8:10

勝どき(朝潮運河)8:45→日本橋9:25

さらに
田園都市線特急Bizライナー(平日今月末まで)
に乗るとちょうどいいことが判明
これも通勤実験?のメニューに加えます

さらに奥さん同伴出勤!
新しい日本の通勤ライフスタイルです(笑)

ということで
数年ぶりの田園都市線特急
特急停車駅として名声の高い「溝の口駅」から乗車
次の渋谷駅までノンストップ
表参道駅で乗り換えて銀座線日本橋駅へ

イメージ 2

「日本橋」のたもとに船着き場があることは知っていました
ここから無料で川下りできるとは超ラッキー

快適な船室もありますが
もちろん外の後部デッキに座ります
船の目線から見た「日本橋」も新鮮です

イメージ 3

「日本橋川」
向こうから次の船が回送でやって来ました
それでは出発

イメージ 4

首都高が芸術的
日差しを遮ってくれて有難い

イメージ 5

下から見るのは楽しいなぁ

イメージ 6

茅場町あたりで右折して支流へ
水門をくぐり抜けます

イメージ 1

これは当初の案内のルートとは違います
その日の潮加減でルートは変わるのかな?

イメージ 7

この支流が狭くていい感じ
亀島川というそうです
左右の護岸に木製プランターが置かれて自然の護岸っぽさを演出しています

イメージ 8

後方にはスカイツリーも見えます

また水門を抜けて
大きな隅田川へ

イメージ 9

正面が佃島
大マンション群を見ながら左折
隅田川をちょっと遡ってから右折

晴海運河へ
この辺りに来ると
もう埋立地の再開発という雰囲気しかありませんけど

朝潮運河に入って
トリトンスクエアのたもとが終点

イメージ 10

朝潮運河乗り場
ここで上陸

折角なので
帰りの便はすぐには折り返さずに
少し時間をとりました
トリトンスクエアがそびえます
ここは大江戸線勝どき駅が最寄り駅という辺鄙な場所ですけど
通勤客は非常に多い
トリトンスクエアの中を散歩
早朝なのに店が開いています
晴海埠頭専用線のあったところですけど
そこまで歩く時間はないので

イメージ 11

ひとつ前の船が出向していきます
そろそろ
勝どき乗り場まで戻ります

イメージ 12

今度は
オープンデッキの船
前方は見渡せるけど
ライフベスト着用
おまけに立っちゃいけないんだって

行きの船は全く制約なかったのですが
今回の企画は複数の業者のいろんな船が混ざっていて
乗船ルールは船次第のようです

イメージ 13

全く屋根のない暑い船も何隻かみかけたので
ラッキーかな?

イメージ 14

今度の船は
前方が見渡せます

帰りは
家族連れが中心
子供も多い
通勤実験のルートとしては
日本橋→勝どき、なんですかね?

ちなみに
船の中で子供たちは大人しかったです
おそらく運河沿いのマンション住まい
川なんて珍しくないのかも?
大人ははしゃいでました(笑)

再び日本橋川に戻ります

イメージ 15

石垣が積まれています
この排水溝は芸術的で気になりますね
(行きで見かけて、奥さんが気になって仕方なかった一品)

イメージ 16

この景観を地中化する?
とかいう税金の無駄使いの話をよく聞きますけど
おかげで日よけになってありがたい
雨の日だったらさらに重宝(笑)

イメージ 17

日本橋に無事到着
そのままご出勤です
船で通勤してみました!
実験は大成功でしょう(笑)

今週末までのイベントです
まだ予約がとれる便もあるみたいなので
船旅通勤してみたい方は是非

この船旅サイトを見ていたら
東京湾土曜日見学会の無料コースも発見した次第です
今年の夏は船旅ですね

LUN

相鉄線電車が品川駅まで直通試運転

相鉄線がJRに直通運転
線路もつながったみたいで
試運転が始まりました

直通電車は東海道貨物線経由で新宿行きになるそうですが

試運転は品川駅折り返し
これは貴重なのでは?
ということで

品川駅

イメージ 1

横須賀線の線路から
怪しげな電車が登場

イメージ 2

複雑な線路配線の中を
「湘南ライナー」と同じルートを走ります

イメージ 3

ブルドックみたいです(笑)
先日、
湘南貨物駅まで甲種回送を見に行ったので
その時の車両かもしれません

イメージ 4

昼間は立ち入り禁止のホームに到着
これが品川駅を折り返しに使用する理由でしょうか(苦笑)

試運転なんですけど
お客さんはたくさん乗って来ました

イメージ 5

ホームでは
大勢の関係者が入り乱れて
いつもの撮影大会

イメージ 6

女性専用車?(笑)

イメージ 7

10両編成で堂々のJR乗り入れなんでしょうけど
品川駅のホームは余ってしまいます
JR中長距離電車15両は偉大です

イメージ 8

「S」
相鉄線電車が品川駅に来たんだぞ記念

この後
ちょっと大崎駅に立ち寄り

イメージ 9

相鉄線試運転電車が
横須賀線を通って戻っていきます
ここは新宿直通では通りません
この下の線路を通ります
そういう点で貴重シーン?(笑)

とうとう
相鉄線の電車がJRに直通してくる時代が来ました
恐るべし
とりあえず
相鉄本線海老名駅から武蔵小杉駅経由で
新宿駅までの直通運転らしいですけど

小田急線に乗れば?(苦笑)

暑い日は路線バスの旅「梶01系統」とロイヤルホームセンター宮前平店(ビックサム)の最期の様子

暑いのに
わざわざちょいと地元の路線バスの旅

いま世間を席捲している
○○pay

これのクーポン券が使える店が梶が谷駅前にあるからということで
奥さんにお付き合い
でもこれからはこういうものも使えるようにならないとね(汗)

この後はバス旅です

イメージ 1

「梶01系統、梶が谷駅~鷺沼駅」

このバスは
梶が谷貨物ターミナル駅付近まで迂回します

イメージ 2

ロイヤルホームセンター梶が谷店は
「野川中里」バス停が便利です
梶が谷貨物駅の線路もよく見えます
ここまでは
何度か利用したことがあるので
この先は未知の世界(笑)

武蔵野南線の高架をくぐった後
坂道をぐんぐん上がっていきます

イメージ 3

貨物駅の方に見える高いクレーン
あそこが亡国リニア工事現場?

野川台バス停辺りで客は入れ替わります
この辺りはどの鉄道駅からも遠いのですが
バス便は充実

イメージ 4

鷺沼駅に到着
今度は電車で宮前平駅に

イメージ 5

車窓から
ロイヤルホームセンター宮前平店

すでに記事にしてますけど
今月末で閉店
あと4日
もう一度来てみました

すでに2階部分は閉鎖
1階のみで営業ですが商品もまばら
外の園芸用品もほとんど残っていません
ここでよく買い物しましたけど

入り口に
アクアリウムの専門店が入っているのですが
そこの閉店告知が泣かせます

イメージ 6

ビックサム
最後にその名が出てきました

田園都市線の街の歴史がまたひとつ消えます

最終日は
シャッターの前で泣こうかしら(ウソ)

今後は
ホームセンターは
バスで梶が谷貨物駅に行きます

暑いけど
昼も夜もベランダでビール三昧♪
でも
とうとうクーラーの試運転開始

LUN

東京港土曜日見学会。視察船ツアーは欠航?決行?「井33系統バス」で行きます!

「東京港土曜見学会」(無料)
たまたまキャンセルがあったようで
本日分を予約してみましたが
急に台風が発生
関東直撃?
週末は花火大会がどうなるとか騒いでますけど
こちらはこの船がどうなるのか気になる

おそらく中止だろうと
前日に電話してみたら

「明日は欠航ですか?」

「明日は決行です」

という冗談みたいなやり取りがあって

当日今朝のツイッターをご確認ください、だそうです

集合場所は
「東京臨海部広報展示室TOKYOミナトリエ」
ゆりかもめのテレコムセンター駅が最寄り駅

お安いルートがあります
大井町駅から京急バス
ということで路線バスの旅
「井33大井町駅西口~国際クルーズターミナル駅、青物横丁駅経由」

このバスは壮大な循環バスなんですけど
その話は後にして

イメージ 1

水素バス
なんか人気らしいです

テレコムセンター駅バス停に
早く着いたので
テレコムセンタービルを探検してみます
このビルは駅名にもなっているくらいですから
開発当時からあるビルですけど
展望台があります
なんと有料(汗)
でも同じ階の反対側に無料のお休み処があります

イメージ 2

なかなかの眺望!
コンテナ船ファン必見です(笑)

イメージ 3

海上輸送用コンテナが
トラックが到着すると
あっという間にクレーンで吊るされていきます
ホントに早い
ノーチェックで
まるでクレーンゲームのようです
鉄道貨物コンテナのように
掛員がしつこく点検したりしません(苦笑)

それでは
集合場所に移動
駅を挟んで反対側のビルの最上階

東京臨海部広報展示室
TOKYOミナトリエ

ここも景色がいい!

イメージ 4

さきほどのコンテナバース
まるでコンテナ貨物基地のように見えてしまうのは私だけ?
どこかに線路がないかなぁ(笑)

イメージ 5

展示も充実していますが
お気に入りはこの航空写真
東京湾の物流を紹介しているようですが
(今いるのは赤いところ)
言うまでもなく
東京貨物ターミナル駅が気になりますね

イメージ 6

お台場方
白いガンダムが立っています

それでは乗船
近くの青海船着場へ歩いて移動

イメージ 7

事前に抽選があって乗船順番は決まっています
なんと
一番最後でした(爆)

船内は広いんですけど
甲板には出られません

イメージ 8

視察船「新東京丸」
役人と政治屋のお遊び用ですけど
たまには一般人にも乗せてやるぞ、
という有り難い企画です

イメージ 9

コンテナバースを海から間近に見られるのがウリ

乗船時間約1時間
おかげで雨も降らずあまり揺れず

イメージ 11

青海船着場で解散
「新東京丸」は今月で引退だそうです
勿体ないけど
もっと高級な視察船を税金で購入するのでしょうか?

ここら一帯は
2020年の愚興業に合わせて
東京国際クルーズとかの工事中

近くに
「宗谷」が展示されています
無料だから見てみますけど
青函連絡船の方がヨカッタ(殴)

イメージ 10

甲板から見える
あの「球体」の方が気になりますね
フジテレビとは別の球体

ということで行ってみると

「Miraikan(日本科学未来館)」

箱もの
有料なんですけど
無料で入れるところまで行ってみます
ちなみに恐ろしいほど外国人だらけ
我が家はここに来るまで知りませんでしたよ(汗)

イメージ 12

ジオコスモス
というこの館のシンボル
ソファに寝っ転がって見ることが出来ます

イメージ 13

明るい未来は
気温上昇で真っ赤になるそうです

最上階は展望ラウンジ(レストラン)

この後
台場エリアを走る無料巡回バスを利用して

アクアシティお台場

ここでランチ

イメージ 14

「一嵯」
たまには景色のいいところで豪華に?
コロワイドの株主優待券ですけど

酔いました

外はものすごい暑さ
風はあるけど湿気が
台風はどうしたの?

イメージ 15

自由の女神
ここも外国人だらけ
日本まで来てわざわざこんなモノを(殴)

さて
暑いから帰ります
帰りも京急バス
行きと同じ
「井33大井町駅西口~国際クルーズターミナル駅、青物横丁駅経由」

フジテレビ前から乗りましたが
このバスは複雑なルートの循環バス

イメージ 16

東京テレポート前駅には2回も通るんです
でも1時間1本のバスだから
来たバスに乗った方がいい

ぐるぐるして
無事に大井町駅に到着

この後
帰りに自由が丘駅で一人で途中下車
青いDDを見学(この話はまた今度)

帰宅後夕方
多摩川の方からポンポン音がします
再び急いでお出かけ

イメージ 17

多摩川プレ花火大会でした
一応
高津区民祭の公式行事みたいです
風が強いけど決行されたようです

結局
なんちゃって台風だったみたいです
いろいろ決行してヨカッタです(笑)

視察船は無くなっても
ツアーは今後もあるらしいです
無料だからおススメです
あの展望台も価値があります

LUN

武蔵野線新津行き

夏休みだから
18切符を買って
新津駅に行きたいです

イメージ 2

追いつきました(ちょっと焦りました)

イメージ 3

これが新津駅に到着後
新津車両工場の専用線を走るシーンを見たいのです

イメージ 4

廃車になる武蔵野線電車って
こんなカラーリングでしたっけ?(汗)

イメージ 5

ホームにて
反対側から
別スタイルの武蔵野線電車!
回送でしょうか

これが行違うシーンが見られるかと興奮してしまいましたが

乗って来た電車が目の前を出発して行きます
歴史的邂逅シーンは見逃がしました(苦笑)

イメージ 6

ジャカルタ行き(新津駅経由)
今回は「ひまわり」です
毎回お遊びが過ぎます

新津駅まで見に行きたいけど
帰りは新幹線になってしまいます
夏の宿代は高いし
次回はどうしよう

そんな中
途中
ものすごい線路シーンを見てしまいました
保線車両があそこで作業中!

イメージ 1

分かる人には分かる(と思う)
ジャカルタ行きなんかより
こちらの方がはるかに希少です
連絡線路橋へ戻れ!急げ!

おかげで
素晴らしい線路シーンを堪能できました
ということで
この話はまた今度

LUN

線路巡礼2004:東武伊勢崎線川俣駅の燃料総合商社の倉庫と線路

2005年4月の話
東武伊勢崎線川俣駅
羽生駅と館林駅の間の駅

この駅に残る
貨物側線と専用線の跡が気になって仕方なく

フラワーエキスプレス号に乗った帰り
衝動的に川俣駅で途中下車

イメージ 1

上り側線3番線があります
電化されている線路は車両留置用でしょうか
その向こうに
いかにもな油槽所があります

イメージ 2

その先(館林駅方)
怪しげな倉庫群に線路が続いています
これは見てみたい

ということで
この倉庫を訪ねてみます

イメージ 3

GWなのでお休みのようです
(もう使われていなかったのかな?)

イメージ 4

倉庫の手前には
美しい線路の光景
転轍機が大切に保存されていました(笑)

イメージ 5

川俣駅方を見たところ
マルハのマークが気になります

イメージ 6

貨物ホームから見た線路終端

イメージ 8

お花畑の線路に癒されます

イメージ 7

石炭貯蔵庫らしきものもありました

イメージ 9

総合燃料商社「橋本産業」
ということで
燃料は何でも扱っていたようです

貨物取扱は1997年に廃止されてしまったそうですが
その後もずっと線路と倉庫は残っていました
総合燃料商社の倉庫と線路
日本経済を支えたという点では
軍艦島と同じくらい価値があるような気がしたのですけど…

その後
すべては更地になってしまいました

あの日
途中下車してヨカッタです

LUN

フラワーエクスプレス号、3社直通太田行き(2005年)

2005年GW
東急田園都市線から東京メトロ半蔵門線を経て
東武伊勢崎線太田駅まで3社直通列車が走りました

フラワーエクスプレス号

イメージ 1

地元の溝の口駅から乗車
この頃は
まだ下り待避線が未完成

イメージ 2

館林駅と思われます
ここまで10両編成
4両を切り離します

イメージ 3

次の停車駅の
足利市駅が
あしかがフラワーパークへの最寄り駅
(両毛線乗り換えかバス?)
ここが本来の目的駅

当方は
本来の目的以外で乗っていますので
終点の太田駅まで乗車します(笑)

イメージ 4

まだ高架工事の途中

せかっくなので
小泉線に乗ってみます

イメージ 5

西小泉駅
まだこの頃はブラジル化していません

イメージ 6

こんなステキな普通電車が走っていました
フラワーエクスプレス号も
こういう車両だったらもっとテンション上がったのですけど(苦笑)

帰りは
まっすぐ帰るつもりが

伊勢崎線川俣駅で
素晴らしい線路に捕まってしまいました
その話はまた今度

この直通電車は
その後も毎年GWに走り続けましたけど
2010年が最後だったようです
個人的には
前々年に走った東武日光・鬼怒川行きの印象が強すぎて
あまり印象に残っていないのですが(汗)

2003年
3社直通記念で中央林間駅から東武日光・鬼怒川行きが走った記事はこちら
また走らせてくれないかしら

LUN

春のお花見三昧。身延線で由比、春日居町駅、多摩森林科学園(2005年)

2005年4月の話
鉄道を使ってお花見三昧

18切符残り消化で
奥さんと中央本線沿線の桃の花を見に出かけたのですが
この年は開花遅れ

ということで
急きょ予定変更
甲府駅から身延線の旅

イメージ 1

沿線は桜が満開

イメージ 2

懐かし電車にも出会えました

目的地をさらに変更
富士駅から東海道本線で由井駅へ

イメージ 3

海岸沿いで漁協が営業してる
安い桜エビ天ぷらそばを食べに行ったのですが
すでに売り切れ
仕方なく冷凍パックは買いましたけど

あきらめきれず
線路反対側に出て
旧東海道沿いの店

イメージ 4

「パノラマテラス海の庭」
この店は2回目かな?
その後、
旧東海道歩きの時にも再訪していますね

イメージ 5

東海道本線の電車や貨物列車が見られるところが魅力

ということで
桃の花は見られなかったのですが
翌週にすかさずリベンジ

再び中央本線各駅停車の旅

春日居町駅

イメージ 6

線路際は桃の花だらけ

イメージ 7

菜の花とのコラボが美しい

そこから見える山の中腹
そこまで行ってみましょう

イメージ 8

桃の花
満喫しました

春日居町駅に戻ります

イメージ 9

やっとスカ線色電車に遭遇
駅の脇に足湯があるんです

イメージ 10

無料です♪
ひょっとして
東京から一番近い駅前足湯なんじゃないかと思いましたが
熱海駅前にもあるんですね
あちらの方が近そう

でも
桃の花に囲まれて
周囲に何もないということでは
きっと今でも負けません(笑)

さらに
この翌日
多摩森林科学園(高尾)の桜

イメージ 11

中央線高尾駅
またも懐かしい電車
高尾山とは反対側の山の中

駅から徒歩10分
桜保存の研究をしているという
なんて優雅な役所の出先機関

一般にも開放されています
(改めて確認したら入園料400円。当時もそうだったのか不明)

イメージ 12

桜の山でした

イメージ 13

山ひとつ
研究のために税金で買い占めました
という感じ?

イメージ 14

桜の研究所だけあって
いろんな桜を見ることが出来ました

高尾というと
高尾山ばかり目がいってしまいますけど
反対側も楽しい、ということでした

今から14年前
当時は元気でしたねぇ

ヤフーブログを始めたのは
この1か月後
そろそろこのブログもゴール?

LUN

ちなみに
由比の桜えびは近年超不漁だそうで
何度もお世話になった
「海の庭」も閉店との噂が(汗)
プロフィール

LUN

Author:LUN
ヤフーブログからの移転組です
線路とお散歩と旅行とベランダが大好きです

カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR