fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

8

線路巡礼:川崎貨物駅まで浜川崎駅から「ひと駅」歩いてみる。千鳥線、埠頭線まで巡礼(あれは塩浜操車場!ワムさんの新種発見?)

イメージ 22

午後、奥さんはプールなので、
近場に一人で、ふらりと線路巡礼してきました。

川崎貨物駅

東海道貨物支線、浜川崎駅の次の駅。
京急大師線の小島新田駅の先にある貨物駅。
昔は味の素工場線がつながっていたのは有名。
ここから神奈川臨海鉄道も分岐します。

でも川崎市民のくせに、
あまり訪れたことがない駅なのです。
なんでだろ?

今日は浜川崎駅から歩いてみましょう。
だって、駅としては次の駅ですから(貨物線ですけどね)

この貨物線ひと駅が、ものすごい遠かった。

浜川崎駅から川崎貨物駅までは全て高架。

浜川崎駅の頭上に架かる「貨物線跡」の高架。
これは川崎貨物駅と鶴見線方面を直接結んでいたのですが、とっくに廃止
川崎貨物駅までは、
この廃線(単線)プラス複線、3本レールの威容を誇り、とっても立派です。
残念ながら、下からはレールは見えないのですけどね。

産業道路、という工業都市らしい道。
これに沿って直進。

イメージ 1

コリアタウン。こんなところにあったんだ。
焼肉安いのかな?
奥さん連れて、来てみようかな?

イメージ 2

運河に架かる、メチャクチャ立派な橋。
ここもまだ3線分あるのです。
真ん中のレールはたぶん使っていないと思います。もったいない。

途中、
溶接技術者検定試験会場というのがありました。
工業地帯らしいですね。
ちょっと検定してみようかと思い、階段からこんな写真。
イメージ 3

やっぱり試験は難しそうなので退散(笑)

この先。大きく右に曲がります。

曲がった先で不思議な光景。

イメージ 4

一般道が貨物線高架の下を走るのです。100mくらいですけど。
これって珍しいでしょ?

イメージ 5

なんともか細い柱。国鉄マーク付きです。

高架をくぐって、右側に出ると。

イメージ 8

やっと川崎貨物駅の端っこに着いたみたいです。
庶民的で、なんともいい雰囲気。

イメージ 6

ワムさんです!
いいなぁ

イメージ 7

昔はこんな光景が普通に見られたのですけどね。

ここで気付きました。
このあたりの町の名前は「塩浜」

そうか。ここは往年の塩浜操車場ではないですか!
いつの間に川崎貨物駅なんていうフツーの名前になってしまったのでしょう。
塩浜操車場なら、とても親近感があります。
(塩浜貨物駅と呼ばないのは、四日市にある同名の貨物駅との混同を避けるため?)

踏切を渡ります。

イメージ 9

ここから右手に神奈川臨海の水江線が分岐していきます。
いい雰囲気ですけど、使っているのかな?

踏切からヤードにそってひたすら歩きます。
線路の土台が高くて見えないんだ(泣)。

イメージ 11

やっと、
川崎貨物駅の中心らしき場所に出ました。
タンク車だらけ!

イメージ 10

ここにはトラさんがいました。
まだ使われているのですね。

スイッチャーが休んでいます。かわいい。
トラバーサーがありました。

イメージ 13

ここで大発見!
このワムさんの写真。どこか変ではないですか?
(答えは、記事の最後)


この先どうしよう?

イメージ 12

千鳥線が分岐していますので、今日はこれに沿って歩いてみましょう。
なんでも最近、この線路は貨物が復活したのだとか?

イメージ 15

コンビナートの中を線路は進みます。

イメージ 16

運河を渡ると(この橋、ものすごくいいんですよ)

イメージ 17

二手に分かれます。
右手は川崎市営埠頭に至ります。レールが光っています。
左手(直進)は千鳥線。レールは錆びついてますね。

イメージ 18

川崎市は意外とモニュメント好き?


まずは千鳥線にそって進みます。

大きな道の脇を進みます。
周囲はコンビナートだらけ。

イメージ 19

こんな感動の引込み線も残っています。

この線路の光景。
なんか見たことあるな、と思ったら。
あのマリエンに向かう道なのです。
以前、バスの車窓からこの線路を眺めていました。
当時はタンク車が停まっていたのですが、今はなにもなし。

イメージ 20

これが千鳥線の終端。
この先は海底トンネルです。
線路も海を渡りたいよう(泣)


よく歩きました。
でも市営埠頭線も見にいきましょう。

一応立ち入り禁止なんですけどね。
埠頭の中は釣り客がたくさん。
そういうことみたい。

イメージ 21

すばらしい。
倉庫の中の線路群。
おまけに一本は明らかに使われています!
興奮して走りまわってしまいました。

(川崎市営埠頭線の話は興奮のあまり、別途記事にします)

埠頭線の先端からもどります。
実はこのあたりは市バスがたくさん走っているのです。
(神奈川臨海鉄道に旅客線化計画があったというのは、まんざら冗談でもないでしょう)

川崎駅行きの市バスは本当にたくさん走っていますけど。
でも歩いて帰るんだなぁ。エライ?

帰路はもう夕暮れなので、立ち寄りしないでまっすぐ歩きます。
埠頭から川崎貨物駅まで30分。
そこから浜川崎駅までさらに40分。
というのが今回の貴重なデータです。真似してください(笑)
この距離を往復して、さらに興奮して走り回って・・・

当然疲れました。
いつもの旧道歩きより疲れたかも。
脚を鍛えておいて良かった?(笑)

でも、
塩浜操車場(川崎貨物駅)、まだまだ未開の線路があります。
今回はまだ半分くらいしか見てないでしょう。

また必ず来ますよ!
なにせ川崎市民ですから。

ところで、
川崎貨物駅の謎?の答え。

イメージ 14

これはいったいなんでしょう?
ワムさんの新種?
歴史的大発見です(たぶん、笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

車輌番号?が記載されているドアだけ交換されている。
ドア破損で代替品と交換したなら、ちゃんと文字を入れないといけないし、それなら茶色に塗り直すことぐらい簡単だと思うのですが。
偽装ぢゃないですよね(^^;

No title

洗濯物の間から貨物が見える…ウチの近所の小名木川駅もそんな駅だったんですが、もう今は昔です(T-T)。
埠頭線の風景、晴海も似たような印象ですけど、こんな美味しそうな景色があるのに立ち入り禁止ってのは切ないですよねぇ。まぁ仕方が無いことですけども。

No title

ガンモさん。車両番号なんて気にもしませんでした。
自動車のナンバープレート偽装と同じでしょうか?
いいえ。これは進化の途中なのです。
こうやって、茶ワムさんから青ワムさんに進化?していくのです(笑)

No title

マイホームタウンさん。下町でしたよ!
この埠頭線の特徴は現役だということでしょう。
平日に行ったらちょいとムリかも。日曜日は釣り場と化していましたけど(笑)

No title

ふははは。JRFもお茶目ですね。
これ、きっとウケ狙いですよ。

No title

ノーヌキさん。ウケ狙いだったらもっと走らせて欲しいですね(笑)

No title

川崎操車場ー安善を結ぶ単路線貨物は廃止になりました
理由はなんだったのか?

No title

> 炎穂さん
そもそも作った当時にそんなに需要があったのでしょうか?勿体ないですね…
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR