fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

14

真鶴工臨の真実(謎解決編?また行ってしまいました、笑)

真鶴工臨。
なんと今日も走るのです。
今回はホキさんを連れてもどってくるらしい。


もう、
謎の真相を確かめずにはいられません!
今日はチャンス!

電車に飛び乗ります。

小田原駅に着く直前。
下り東海道貨物線に、青い電気機関車発見。
(前回は赤い奴だったけど)

イメージ 1

ちょうど、保線ヤードに転線していくところです!
やったぁ、間に合った。

イメージ 2

立派な大きい電気機関車が、
短い保線ヤードでホキさんの入替。
これってDEさんの仕事じゃないの?

ホキさん2両を連結して、
再び貨物線本線にもどってきました。

イメージ 3

お城をバックに、立派な機関車とホキ2両はちょっと滑稽。
この先、どうなるのでしょう?


真鶴駅へ先回り。
ひょっとしたら、あのホキさんはここで砕石(ジャリ)を積み込むかも!

だけど。
真鶴駅の砕石積込場は前回と同じでした。
全く変化なし・・・

がっかりしていたら、
先程の青いホキさんがやって来ました!

イメージ 4

下り退避線に停車。

イメージ 5

素晴らしい情景です。

イメージ 7

絵になりますねぇ

イメージ 8

この機関車は、
寝台特急がブルートレインとかもてはやされて、
ブームになっていた頃の機関車ですよね。
私はそんなブームは敬遠していたら、
いつの間にか、貨物列車用になっていました。

いまではホキさん2両がお客さんです。軽い(笑)

今日は雨の予報。
ここまでは持ちこたえてくれたのに、
ここからというところで大雨!
でも負けませんよ。
ちゃんと傘を持ってきたんだ。

いよいよ。
入替の時間、ショータイムの始まり?
青い機関車はホキさんを連れて、
熱海駅方面へゆっくりと進行。
引上げ線まで。

ここからがハイライト!

イメージ 9

係員が仁王立ちになって、

下り本線、上り本線を横断して、

イメージ 10

下り貨物線に進入。

ここから機回しですね。
駅ホームから、係員がさらに三人も降りてきました。

ホキさんを外して、
イメージ 11


ポイントを替えて
イメージ 12


おなじみの機回しの光景
イメージ 13


小田原駅方で、何故か前哨灯を付けずにそのままバック。
イメージ 14


ガチャンコ。
イメージ 15


傘をさして、この機周りを独り占め!
ホームには客が少しいたけど、
みなさんあまり興味ないみたいですね。やっぱり。

雨の中、一人ではしゃいじゃったかな。ハズカシ。

だけどこのままじゃ
真鶴駅での砕石積込はないのですね。
ただ真鶴駅で折り返すだけなんだ(泣)


ところが、
この列車が小田原駅方面の引上げ線まで動いたのです。

イメージ 16

おお!
ここで砕石線に折り返すのでは!
ものすごい期待が!

イメージ 17

残念でした。
ホキさんはホーム側の待避線に移動しただけ。
そんなことしなくたって、直接上り本線に出ればいいのに。
期待させないでよ!

あ~あ。
係員4人共もどって来ちゃった。
(この作業に4人も必要なんですかね?とっても疑問)

あとは、
品川駅に向けて出発するだけみたいです。
見学はここでオシマイ。

さて、
真鶴工臨の真実。
駅からほんの少し熱海よりの線路。
(ホームからは見えない)

イメージ 6

この渡り線の存在と、
機周りが出来る線路があることが、
真鶴駅まで工臨が折り返しのためにやってくる理由なのですね。

本当は小田原工臨なんだけど、
真鶴駅まで折り返しに来るから・・・
真鶴工臨なんだ。

真鶴駅で砂利の積込してほしかったです。
ちょっと寂しい。

(やまねこさんのコメントによると、昔は名前の通り、ちゃんと真鶴駅で積込があったそうです)

ところで、
真鶴駅の砂利積込線は、実は非電化なんです。
だから電気機関車じゃ入替できないんだ。
(あんな重たいもの、人力じゃ動かせないでしょ、たぶん)
ここで積込がある場合は、DEさんが来るのでしょうか?

見たいぞ!(笑)



おまけ。
今日は甲種回送もあったのですが、これは見られませんでした。
その代わり、

イメージ 18

本日のワムさん。
ここの入替も見たいなぁ。


真鶴工臨の謎編も見てね。
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/54915307.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ところで砂利はどこで積むのでしょうか。今回は空で品川に向かったのでしょうか。

No title

同じく砂利はどこで!?
本当に素晴らしい絵ですが、マンパワーかかりすぎですね(^^;)
戻り中にも3461レを車内からゲットですね!さすがです(笑)。

No title

f0387さん。
小田原駅で積むのか?降ろすのか?
残念ながら未確認です。

No title

hodosukaさん。貨車が軽そうだから、小田原駅で砂利を降ろしたんじゃないかと思うんですけど・・・
貨車に付いていた「票」には「砕石」と書いてありましたけど、積んであったのかな??

No title

ナゾへの追求、お疲れ様です♪。
ホームからこんな機回しの姿が見られるなんて…そりゃあ雨だろうが興奮してはしゃいじゃいますよぉ(^^)。

No title

ゆっくり楽しませていただきました!

No title

マイホームタウンさん。
小田原駅まで何しに行くのか?他まだ謎は残っているのですが、
わざわざ真鶴駅まで行く謎は解明です(笑)

No title

ja8190さん。私も楽しみました(笑)

No title

真鶴は良い石が昔からたくさん出る所です。今でも石材業者がたくさんあります。
話題とはズレますが、御殿場線松田駅で貨車の入れ換えが盛んに行なわれていた頃、「ホキさん」側面の頭に大きく「静」、あるいは「南」と書かれていたのを思い出します。
「静」の下には「松田駅常備」、「南」の下には「真鶴駅常備」と書かれていました。(大きな文字は、当時の管理局マークでしょうか・・・)
松田にもかつて、いわゆる砂利線があり、酒匂川の砂利を運んでいました。
貨車に敬称を付けて呼ぶのって、親しみが湧いて、擬人的でいいですね。

No title

kazupaoさん。
松田駅の砂利線跡は興味津々です。
ヤフーの地図を見ると、昔の砂利線がまだ実線で表示されているのです(笑)これは見に行きたいですぅ
○○系、○○型とかいうマニア言葉を覚えるのがイヤなんで、なんでも勝手に名前を付けています(笑)

No title

はじめまして~
松田の砂利線は残ってません

丁度レポ作ってて調べ物中にココにヒットしました
まだ直し中で暫定ですけど「松田駅砂利採取線」でぐぐればヒットすると思います

No title

zudさん。
何故かヤフー地図には残っているのですよ(笑)

No title

はじめまして。
自分、真鶴在住なんですが、たしか113系が引退してしばらくしてから真鶴工臨(砕石輸送)も無くなった様な気がします。
自分にとっては日常の一部みたいなものでしたから(笑)

No title

たっちんさん。はじめまして。
昔の記事を読んでいただきありがとうございます。
真鶴駅でそんな最近まで砕石積み込みがあったのですか?
見に行きたかったですぅ~
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR