fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

6

1992年九州横断の旅4、九州横断バス編

1992年5月3日。
普賢岳の麓にて
島原鉄道強行突破列車に乗車した興奮冷めやらぬまま、

フェリーに乗って
有明海を横断。

三角駅からJRで熊本駅へ。

もう17時でしたけど、
精力的に遊んじゃいます。

水前寺公園に行き、庭園鑑賞。

イメージ 1

富士山があるんですよ。

5月4日。

ここからは九州横断定期観光バスにお世話になります。
観光バスと行っても、長距離路線バスみたいに利用できます。

私が乗ったのは「あそ1号」(JRの特急じゃありません、バスです、汗)

熊本駅前8:20→
阿蘇西口で火山見学1時間→
八本松(ドライブイン、昼食40分)→
別府駅前15:20着。

他にもいろんなバリエーションがありました。
長崎発の設定もあるんですよ。
まさに九州横断バスですね。

熊本駅前を定刻出発。
豊肥本線に沿って走ります(乗ってあげなくてゴメンネ)

阿蘇駅付近から、阿蘇山火口に向かいます。

ここで観光用の時間があって、
しっかり火口まで行けます。

イメージ 2

有毒ガスもなく、こんなに近くまでいけました。
大怪獣ラドンはいませんでした。

このあとが大渋滞。
やっぱりGWのバスはダメだね。

近くの内牧温泉地までわざわざ迂回しなくちゃイケナイし・・・

バスの乗客に、
このあと大分空港から飛行機に乗る予定の客が結構いて、焦っていました。

ちょっと無謀ですよ。
ウチはこの日は別府に宿泊だから、そんなに焦らなかったけど。

間に合わなかったみたいです。
どうしたんだろう?

別府の手前の「鉄輪」というバス停で下車。

渋滞で到着が遅れたので今日の別府観光はナシ。
海沿いの船員保険保養所に宿泊。

5月5日。

さて別府地獄巡りスタート。

地獄巡りパスポートみたいなのを売っています。
7つくらいの地獄の共通入場券。

だけど、くだらない地獄が含まれています(ワニとか、釜とか、泣)

その地獄ギルドに加盟していないのが
「坊主地獄」

イメージ 3

何故かこれに魅かれてしまい、

イメージ 4

おまけにドロ温泉に入浴しちゃった♪

その後、メジャーな血の池、海地獄、竜巻を見て・・・

最後は、
海岸に出て、

砂地獄!

イメージ 5

じゃなくて砂湯です。

別府にも砂湯があるのです。

市営みたいで、結構安い。
おもしろかったデスよん。

(別府には昨年2007年に寝台特急日本一周の旅で再訪しました、この時より寂れてましたね)


JR特急にちりん号で別府駅から博多駅へ。

天神で屋台。
小さいギョーザが美味しい。

福岡空港からANAで帰りましたとさ。

長崎→雲仙→小浜温泉→島原→熊本→阿蘇→別府
これにてGWの九州横断の旅はオシマイ。

-----

あれ、
どうして大分空港から帰らなかったのでしょう?
博多の屋台に行きたかったから?

昔のことって、本当に覚えていませんねぇ・・・
早く記事にしなくちゃ。
老後にはとってオケナイ(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

阿蘇火口の登山規制がなくてよかったですね。
昔、娘が小さい時に火口に連れて行ったら、規制なかったんですけど少しはガスが出ていたのか息苦しくなって具合が悪くなりました。ぜんそく持ちです。
別府はすたれてますね。
熊本にまた来てはいよ!(来てくださいね)

No title

九州には特徴的な温泉がたくさんありますね~
阿蘇の硫黄の温泉に入ったことがあるのですが、2日間くらい、体から硫黄の匂いが消えませんでしたww

No title

たきさん。
火山ガスは5段階くらいの警報に分かれていて、なかなか厳しい環境でしたね。
熊本はこのあとも何度か訪れています!(記事になるのはいつの日か、笑)

No title

mikanさん。
子供の頃は硫黄の匂いが大嫌いだたのですが(ゆで卵キライ)、
今では結構好きです。
硫黄の匂いがしないと高い温泉に入った気がしません(笑)

No title

その阿蘇経由バスは阿蘇火口での昼食代金が含まれているヤツぢゃないですか?
何年か前に予約したけれど、キャンセルした思い出があります。
何せ、阿蘇は中学の中学旅行で行っただけなので、いつかっと思いつつ…未定であります。

No title

ガンモさん。記事に加筆しておきましたけど、昼食休憩はあっても、料金込みじゃありません。途中で乗降する客もいるし(笑)
悔しいけど、火口まで行くならJRよりこちらの方が便利ですね。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR