fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

1993年トルコの旅7、カッパドキア編(楽しいけど、ツアーは悲しい・・・)

だいぶ間があいてしまった
1993年トルコの旅。
性格的に、とにかく書き終わらないと先に進めません(汗)
 
ここまでの疾風怒濤波乱万丈のあらすじ。
トルコ10日間の旅。今回も現地添乗員ツアー。
イスタンブールから左回りに進みます。
でも、トルコも広いんだ。
毎日バスで長距離移動の日々。
成田を出て6日目。
やっと今回のハイライト、
カッパドキアに到着ですぅ
9月2日。

イメージ 1

コンヤを出て、やっとカッパドキアに到着。
まずはギョレメ渓谷。

イメージ 2

これが見たかったんですねぇ。
キノコがいっぱい。

岩に窓みたいなものが開いていますけど。
これは洞窟売店とか洞窟レストラン。
観光客向けならなんでもしちゃう。
(もともと人が住んでいたのかな?)

次はウルギュプ地区。

イメージ 3


イメージ 4

間近にキノコが見れて楽しい。

イメージ 5

このキノコは、特殊な地層が風化によって出来るんです。
これはキノコが出来つつある崖。

イメージ 6

これはシメジ?(笑)

イメージ 7

威容というか、異様というか。
なんで倒れないのかなぁ?(トルコは地震国だと思うけど)

イメージ 9

中に入れるキノコもあります。
当然上ります。

イメージ 10

奥さん、お尻がつかえて、近所の子供に押してもらっていました(笑)
写真右側のキノコの窓から、顔出しているんです・・・

イメージ 8

キノコの中です。

カッパドキアにはビューポイントがいくつかあって、
これを見て廻る、
はずなんですけど。

だけど。
ツアーの悲しさ。

博物館に寄ったり
(こんなところで博物館なんか入りたくない!景観が最大の芸術じゃない、泣)

絨毯屋に1時間も監禁されたり(ツアーだから、泣)

挙句は、
他のツアー客が暑さでへばっているからと、
ビューポイントを幾つも飛ばして、
さっさとホテルにチェックイン。

連日の長距離移動で
元気なのは私たち夫婦だけなんですけどね。

もちろん抗議したけど(遠慮はしないよ、怒)
多勢に無勢で、仕方ない。

だったら、
明朝は早くホテルを出てカッパドキアを見たいといっても、
ツアー客の中のくそジジイが(ああ、思い出しても頭にくるな、怒)
予定通り8:30でいいと威張る始末。

こうなったら、
二人だけでも朝駆けするぞ!

(ちなみに、このクソジジイ二人が、ファーストクラスに乗り損ねた連中です。天罰だ!笑)


9月3日。
幸いホテルはカッパドキの近く。

奥さんと二人で朝6時に出発。
もちろん歩きですよ(笑)

そしたら、
トラクターがやてきて、
乗っていけ、との有難いお言葉(言葉は分からんけど、手招き、笑)

イメージ 11

トラクター。
椅子があるわけじゃありません。
チョット怖いけど、楽しいぞ。

かなり飛ばしてくれたので(だから怖い、笑)
目指すキノコまですぐに着きました。
アリガトウ!

カッパドキアの中には畑もあります。
畑の中のキノコ岩もちょっと印象的。


ホテルにもどります。
ツアーバスはカッパドキア地区とは反対側に走りだしました。
朝、見に行ってホントに良かった。

近くのカイマルク地下都市を見学。
石灰岩エリアなので、地下トンネルを掘りまくって、
多くのキリスト教徒が隠れ住んでいた、という場所。
ようするに地下迷宮。

自由にカクレンボ出来たら楽しいかも。
(見学通路は決まっていますからね、地下迷路だから当たり前か)


次はアンカラ編。
イスタンブールにもどるぞぉ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

せっかくこんな風景を前にして、へばって帰るなんてもったいないですね。そんな人は、もっと体力をつけてから旅行をしてほしいです。

No title

mikanさん。一応予定表にあった最低限のものは見ているのですけどね。ホント、バスの中で寝てろよ!と言いたいです。

No title

お久しぶりです。
何故か私の頭の中では「カッパドキア」=「河童土器亜」なのです。
河童の形状のキノコはあったでしょうか?

No title

テクテクさん。お皿が乗った岩はありませんでした。みんな帽子を被っていました(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR