fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

0

1993年トルコの旅8、アンカラ&寝台列車編

9月3日。
カッパドキアを離れ、一路アンカラに向かいます。

途中
隊商(キャラバン)宿の跡とか、
塩湖を見学。

塩湖(フェズ湖)はスゴイですよぉ
イメージ 1

歩いて見学。
塩の結晶が見事。
ガイドのケナン氏は「塩」の粒をたくさん集めていました。
実家へのオミヤゲなんだって。
ウチも真似しますぅ。だって無料ですから(笑)
バスにもどると、靴下が塩だらけ。喉も渇くね。
さすがは塩湖だ。

アンカラ到着。

現在のトルコのちょうどど真ん中に位置します。
トルコがオスマン大帝国だった頃は、イスタンブールが「都」でしたが、
今の小さな共和国になってからは、ここが首都。

没落したトルコを再建したのが、
初代大統領アタチュルクさん。
この英雄さんの「廟」があります。

イメージ 2

陸海空の衛兵さん付き。
あんまりヤル気のない、庶民的な衛兵さん交替ショーでした(笑)

ヒッタイト美術館。
世界史で習うんですけど、
予習してこなかったから、有り難味が伝わってきません。

イメージ 3

「鹿」がこの街のアイドル。
巨大モニュメントがあります。


バスはアンカラ駅到着。
ここからイスタンブールまでは鉄道の旅。
これまで乗ってきたツアーバスはここでお別れ。
ちょっと寂しい。


アンカラ→イスタンブール
寝台列車の旅。二人個室♪

イメージ 4


食堂車で夕食。もちろんビール付き。

個室に戻ると、ベッドがセットされていました。
気持ちよく酔っ払って
すぐに寝ちゃいました。もったいない(笑)

翌朝。
食堂車で朝食を食べていると、
久々に海が見えてきましたよ。

イメージ 5

美しい線路も、お出迎え。

イメージ 6

イスタンブールの、アジア側の終着駅に到着。

なんとなく、アジアの西の終端の線路、というイメージでしょうか。
(ちなみに、あの有名なオリエント急行が到着するのはヨーロッパ側のイスタンブール駅です)


さて。
イスタンブールフリータイムのはじまりです。
線路巡礼付きです!

続く!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR