fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

4

北米の旅3、霧の乙女号(アメリカ側が絶対お得だよ)

ナイアガラの滝。
レインボーブリッジを渡り、アメリカ側にやってきました。
もちろんパスポートは必携。

ナイアガラに来たら、
まずはやりたいアトラクションは、
霧の乙女号。

船に乗って、滝のすぐ下まで行って揉まれて来る、というアレ。

冬はお休みなのです。
確実に濡れるから、夏がいいですよね!

カナダ側とアメリカ側から出航します。
どちらも同じ船会社の経営。

ナイアガラは、何故かカナダ側の方がメジャー。
だからカナダ側の方が利用者が圧倒的に多い。
船が大きい。
混んでいる。
値段はほぼ一緒(ウチは米ドルを持っている)。

だ・か・ら、

賢い消費者は当然アメリカ側を選びます。利口だ!(笑)

ELVで川原まで一気に降ります。

イメージ 1

ここで名物(?)の青いカッパが支給されます。
昔はレンタルで、このカッパがものすごい臭かったらしい。
いまは使いきりです(お持ち帰り可)

ほとんど並ばずに、すぐに出航。

まずはアメリカ滝の脇を通り、
カナダ滝へ!

ものすごい霧だぁぁ!

意外とながく停まってくれます。スゴイスゴイ。

座間味の海で活躍したデジカメ防水パックを持参しました。

イメージ 2


イメージ 3

だけど、
対象物が大きすぎて、何を撮ったらいいのやら・・・

こちらの写真は、
この後、
上から撮ったもの。

イメージ 6


イメージ 7

ちなみに、この船はカナダ滝に向かって左周りしかしないのです。
だから右舷側に立たないと興奮できない。
小さなアメリカ船でよかった!

アメリカ側の良いところはもうひとつ。

カッパを着たまま、
下船した後、アメリカ滝のそばまで階段で行けるのです。
カナダ側にはこんなサービスはない(乗り場近くに滝はありませんから)

イメージ 4

風が変わると、モロに滝しぶきを浴びます!最高!お得だ!(笑)

これは上から見たところ。

イメージ 5

青いおバカさん達が、
滝しぶきを浴びに向かいます。

記念に、
青いカッパは持ち帰ることにしました(笑)

でも、ウチは滝しぶきだけじゃ満足できず、
このあと、滝に打たれに行くことになります。


さて、
ゴート島に向かいましょう。
アメリカ側にはステキなハイキングコースも待っていました。
続く!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

目一杯のナイアガラを体験されたのですね!
自由な旅はいいです! ツアーだと行きたくもない所に連れて行かれたり、ゆっくりしたくても出来ないなど、いらいらすることもありますからね(笑)
毎日拝見しています! 楽しいですよ~~!

No title

LUNさん、霧の乙女号はアメリカ側からのがお徳なんですね。僕はどっちから乗ったのか、忘れてしまいました(笑)でも、滝の水しぶきを浴びて凄い迫力ですよね!
僕の時はカッパがレンタルでした(^^ゞ

No title

わくわくさん。ナイアガラは見所が集中していますから自分の足で歩く回れますよね。
ツアーはキライ。だけど安いから・・・

No title

Shaneさん。空いている船の方がいいですよね。
このカッパが使いまわしされていたかと思うと、ちょっとゾッとします(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR