fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職!毎日をお得で、楽しく、美しく♪

0

2002年イギリスの旅6、コッツウォルズ編(チャンス!これぞイギリスです。大満足)

2002年イギリスの旅。
いよいよ、コッツウォルズのフットパスをお散歩三昧です。


7月3日(水)
朝から少雨なので、宿のおばあちゃんに傘を借りました。

小さな町ですが、インフォメーションがあるのです。

ここで、コッツウォルズのフットパスの歩き方案内を発見。
しかも日本語。ちょっとビックリ。
紙一枚。有料ですが、安いから(30円くらいだったかな?)記念に買ってみました。
たぶん、これが唯一のイギリス土産(笑)

ボートン・オン・ザ・ウォーターの町から、
ローワースローターの村を通って、アッパースローターの村へ。

このフットパスは有名みたいで、地球の歩き方にも載っていました。

フットパスとは「お散歩道」。
イギリスでは「お散歩権=お散歩をする権利」というのが確立しているそうです。
だから、公道はもちろん、
私有地でも必要があれば歩けます。だから牧場の中も歩けちゃう。

これは牧草地の中を突っ切るフットパス。

イメージ 1

「道」になっているのが分かります?

もちろん、牧場に入るゲートには、人だけが通れる扉がついています。

フットパスは楽しいなぁ。雨も止んだし♪


アッパースローターの村に到着。

とっても静かなところ。
川沿いのフットパスもいいですね。

何もない小さな村ですが、立派なマナーハウスがあります。

イメージ 2

マナーハウスというのは、歴史的な貴族の旧家ということかな?

奮発して、ここで昼食にしましょう!
建物もいいけど、庭がまた素晴らしい。
羊がいるんですよ。

一階の応接室のような部屋で食事。

イメージ 3

食後は庭に出て、コーヒータイム。

イメージ 8

天気はいいし、最高です!
羊もいるし、
イギリスに来たぞっ!という感じ。

突然、上空を二機の戦闘機が低空で目の前を横切って行きます。ビックリ。
ハリアー戦闘機かな?

こんなにいい天気なのに。

イキナリ雨が降ってきました。
いそいで建物の中に避難。

そしたら、コーヒーをまた注いでもらえました。ラッキー(笑)
ウチにしては珍しく、喜んで給仕にチップを出しちゃいました。

ところで。
この時の領収書がまだ手許にあるのですが。
ゲストのNAMEが書いてあります。

CHANCE

なんだろ?
私たちはチャンスなの?
これは日本で言う「上様」みたいな言葉なのかな?
未だに、イギリス最大の謎のままです。


雨はすぐに止んだので、村を散歩。

イメージ 4


イメージ 5

コッツウォルズ地方の特徴は、
ライムストーンと呼ばれる石で出来た家。
蜂蜜色が渋いですね!

イメージ 7

これがガーデニングに映えるんです。

新興住宅地もありますが、
ちゃんと蜂蜜色で統一されています。
もちろんガーデニングも素晴らしいです。

とあるお宅の庭先。
ネコがいたので、写真を撮らせてもらいました。

イメージ 6

にゃあ。


ボートンに戻ってきました。
この村唯一のATMでキャッシング。
村人がひっきりなしにやってきます。これが壊れたらどうするんだろう?(笑)

おばあちゃんの家族が家に来ていました。
どうやら久々に客が泊まったので、手伝いにきたみたいです。
もちろん、私たちのことです(笑)
一応、別に中年男性一人も泊まっていますが、これは仕事で長期滞在という感じ。

夕食は、昨晩とおなじ店でフィッシュ&チップス。
安い店ほど美味しいのは世界共通です。


翌朝。
またも早朝散歩。

イメージ 9

川の向こう側へ行くと、またもステキなフットパス。
本当にいいところですね~

でも、
そろそろ次の目的地へ出発です。

続く。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR