fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

10

安近超短のグアムの旅3、ぐち編

グアムの旅は完結しています。
書庫を独立させていますので、興味がありましたら
2009年グアムの旅第0話から読んでね。

イメージ 6


グアムの旅。
滞在48時間のですが、仕入れたネタをあれこれ。

ネタ1。
グアムといえばビーチ(だと思う)

思った以上にキレイですよ。
珊瑚がないのが残念ですが、手軽にシュノーケルが楽しめます(ブクブクセットを持参して正解)

意外なのは、
グアム流プライベートビーチの存在。
私有地でビーチを囲って整備するのではなくて、
ビーチそのものを私有地にしているみたい。
だから、海からも入るのも有料です。
セコイです(泣)

もちろんメインのタモンビーチはOKですけど。
それえでもビーチ沿いの高級ホテルの中を通らないと出られない。

イメージ 3

ここは数少ないビーチへの入口。
泊まった安ホテルから5分の場所。
なかなか絵になります。
(ここが有料ビーチだったら暴動が起きるでしょね、笑)

初日に行った無料ツアーは典型的な有料ビーチ。
ツマンないの。
無料ランチだけ食べてさっさと帰ってよかった。

タモンビーチ北側のガンビーチ。
ここの先にもプライベートビーチがあります。
旧日本軍大砲の脇に、そこへの抜け道があるのですが。

イメージ 1

ちゃんと日本語で立ち入り禁止。
(何故か英語では規制がない)

日本やハワイのビーチにはこんなセコイ場所はないですよね。
南の島って、意外と世知辛いです(泣)

ネタ2。
グアムには公共交通がない。
だからタモン地区以外には何処にも出かけられませんでした。
ハワイ(オアフ島)だったら、
ザ・バスに乗って簡単に島の裏側のビーチにだって遊びに行けたのに。

イメージ 2

その代わり?
タモン地区のビーチ・ホテル沿いとショッピングセンター間には
タモンシャトルという便利なバスがあります。
日本からツアーに参加すると、これを利用できるチケットがサービスで付いていることが多いらしいのですが。

でも、今回利用したH1Sはダメなんだ。
独自に、
シャトルバスを走らせているのです。
これがタモンシャトルと経路がほとんど同じ。
この独自バスは、H1Sのツアー参加者だけが利用できるというもの。

タモンシャトルは10分おき。
H1Sバスは30分おき。
経路もバス停もほとんど同じなので、待っているとメチャクチャストレスが溜まります。

はじめからこんなセコいバスサービスがなければ、タモンシャトルを有料で利用するのですが、
なまじ無料チケットがあるから性格的に使えない(大泣)

おまけに、
初日はバス運転士のいい加減な案内で楽しみにしたフードコートに行きそびれるし、
2日目は、帰りのバスが40分以上来なくてキレそう
(その間、タモンシャトルは5台くらい通過しました、泣)

H1Sバスは自分のツアー客以外は一切乗れないという独善的なモノ。
こんなことしてると皆に嫌われるよ。
(この会社はハワイでも同様の愚行をしているみたいですね)

おまけ。
このシャトルはトロリーもどきの車両を使いますが。
大きなバスを使うこともあります。
そのうちの1台は冷房が不調。
窓は開かずに車内は蒸し風呂。
イメージ 4

おまけに、
バスの扉が手動なんです。
運転手さんが、このハンドルでグイと操作するんです(初めて見たかも?)
フレンドリーな運転手さんが、ちょっと好感持てます(笑)

ネタ3。
今回は安い、近い、超短い、です。
酷いホテル(パシフィックベイホテル。最低)と
メチャクチャなフライト時間(深夜便+早朝便)ですが、
24,800円です。
でも安ければイイや。
安いを極めるために、
今回は現地で二人で30ドルくらいしか使いませんでしたね!(笑)
(オミヤゲ代は除く)

ところが、
帰国後調べてみると、
同じ日出発の3泊4日ツアーで、他のメジャー会社の方が安いのです。
2万円以下がある(泣)

今度から、
もっともっと、もっと良く調べます!(反省)

-----

ということで、
旅行4日目。
その日のホテルは出発まで利用できます。
深夜1時半集合。
寝過ごしたらタイヘン。

深夜(早朝?)のグアム空港。
4:20のフライトなのに、
律儀に2時間前に来るんです。
ホテルから空港まで15分くらいなのに(もっと近いかな?)

空港で時間がありすぎ。
こんな時間なのに空港内売店は全部営業中。
たぶん全部日本人向け(笑)

この空港で、
どうしてもチェックしておきたい看板がありました。
到着ロビーを出たところにあるんです。
(到着したときは撮る余裕がなかった)

イメージ 5

グアムの英雄なんだ。
(グアムと言えば昔はこの人のイメージ?少ない観光資源に貢献していますね、だから英雄?)

(追記)
かめこくさんのコメントで気付きました。
英雄・横井とは「横井英雄」のことなんですね。
あの人の名前だったんだ(笑)
日本語看板なんだから紛らわしいことするなよ~(それともワザと?)

この後、
空港で寝てました。ぐぅ。

定刻に離陸。
そして、何故か定刻より早く成田空港に着きましたとさ。

たった48時間の滞在。
シュノーケリングと、
モンゴリアンバーベキューの旅かな?

ウチの奥さん、意外と気に入ったみたい。もう一度行ってもいいとか。
私は微妙だなぁ(線路もないし)。
でも、沖縄より安いというのは魅力ですね。

これにて
安い近い超短いグアムの旅、オシマイ。ちゃんちゃん♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

若い頃いったとき(もう一日長くて4万ぐらいだったかな?)シュノーケルをず~っとやっていて背中とオシリがメッチャ日焼けして痛かったのを思い出しました。

No title

キョロチャンさん。
若い頃って何年前ですか~(殴)
私もふくらはぎを焼いてしまい、まだ痛いです痒いですぅ(泣)

No title

海外ってこんなもんで行けるのですね。富士はやぶさ片道と大差ないんですね。「ヒデオ・ヨコイ」って誰?って思いましたよ(笑)。

No title

グアムだったらやはりこの位安い旅も出来るんですねぇ。
私だったらカマワンけど、うちのカミさんの場合は絶対パスでしょう。
こんなの一緒に行ったら離婚の危機かも(笑)

No title

はなゴンさん。
安かろう悪かろうの旅も楽しいですよ~(笑)
ムダに高いツアーはストレスが溜まりますよ・・・

No title

H社のツアーは若者向きなんでしょうか。
現地の周遊バス等で差がついてしまうのですね。
ぐち付きのレポ、ありがとうございました。

No title

懐かしいな~。私はグァム・リーフ・ホテルに泊まりました。休日のビーチはアメリカ兵のプライベートビーチと化して怖かった~。
夜はドッグレースにはまり大金を使い果たしました・・・。

No title

かめこくさん。
たった今、コメントの意味が分かりました。
てっきりヒーロー横井かと思っていました(爆)

ちなみに世界で一番高いのは国内寝台列車の旅ですよ(泣)

No title

ぬまちゃんさん。
他のツアーが必ずシャトルチケットが付いているとは限りません。
比較は難しいですね。
年齢は関係なく、高級志向か価格志向かということで(笑)
でも、使えない自社製フリーシャトルは止めて欲しいですね。

No title

あおさん。
そういえば米兵は全く見かけませんでした。
島の北部に大きな基地があるのに。
お金を使わないのが得意なので、罠には嵌りませんでした(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR