fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

4

線路巡礼:漆生線・上山田線、嘉穂信号所(日本一の線路コンプレックス!)

1981年。第2次九州巡礼。
この前年は消え行く急行列車を中心に乗りまくりましたが、
今回は路線中心です。
廃止されてしまう前に、九州の全ての線路を制覇する、という強い意気込み。

まずは。
九州で一番、というより
日本で一番複雑な線路を持つエリアから。

イメージ 7

当時。この路線網を
完全に理解していた人が何人いたでしょうね。
たぶん国鉄職員だって分からなかったと思います(笑)

その線路の複雑さ。
線路コンプレックスというに相応しいですね。
(今ではとっても簡単になってしまいましたけど、泣)

線路巡礼:漆生線・上山田線

8月9日。
こんな風に線路巡礼しました。
このルートから、特に漆生線の存在があらためて見えてきます。

原田駅5:16→新飯塚駅6:26
新飯塚駅6:49→豊前川崎駅7:44(後藤寺線・漆生線・上山田線)
豊前川崎駅→添田駅8:55→香春駅9:14→後藤寺駅→新飯塚駅
新飯塚駅10:42→下山田駅11:25

線路巡礼:漆生線。

漆生線というのは、
後藤寺線と上山田線の間に挟まれた目立たない短い路線ですが、
連絡線として重要な役割を負っていました。

イメージ 5

ちなみに、路線内だけの列車設定はなく、
全ての列車は後藤寺線か、上山田線に必ず直通していたのです。
でも終着駅がないから、
線路の記憶が定かではありません(泣)。

2009年に後藤寺線に乗って下鴨生駅を通った時。
おはずかしながら、漆生線の線路跡のことをすっかり忘れていました。
それくらい記憶に薄い(泣)

線路巡礼:上山田線。

こちらも終着駅がないから、
線路の記憶が薄いですぅ。

イメージ 6

入場券で並べてみると面白いかな?

唯一。
この二つの路線の線路を熱く思い出させてくれるのが、
両線が出会う下山田駅です。

イメージ 4

当時、すでに下山田駅構内はレールをはがしてマンションが建っていました。
今ではどこでもある悲しい光景ですけど、廃止目前の路線の目の前です。
都会みたいで少し驚きました・・・。

ここから飯塚方面に線路沿いに歩いた場所に
両線が分岐する信号所がありました。

イメージ 2

嘉穂信号所
ここの存在を覚えておいでの方は、かなりの通とお見受けします。

イメージ 3

右が漆生線、左が上山田線。

この日はとてつもなく暑い日でした。
イメージ 1

信号所には係りのおじさんがいて、親切にも珍客を中にいれてくれました。
昔はノンビリしていましたねぇ。

灼熱の中、この信号所まで歩いて巡礼したおかげで、
漆生線と上山田線の事を覚えていられます(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こっちの方が地味な路線なんだけどはっきり覚えてる。
非常に乗り難い路線だったからでしょうか。

No title

こんな信号所にまで係員がいたなんて…。この頃はまだ通票とか使っていたんですかね…。廃線後に山田の町を訪ねたことがあるのですが、すごい寂れようでしたね。本当に市なの?という感じでしたね。

No title

はなゴンさん。
こちらはどの路線の、何処だったか、記憶が怪しいです。
なにしろ複雑でしたから(笑)

No title

かめこくさん。
路線名にまでなった山田なのに、やはりダメですか。
後藤寺線が乗ったのが不思議ですね。
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR