fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

4

2004年イタリアの旅9、ピサ編(斜塔に登って傾いてみよぅ~)

2004年イタリアの旅。

フィレンツェ2日目。
ここを基点にトスカーナ地方の小都市を廻りましょう計画。

イメージ 10

イタリアには、中世に数多くの有力な都市国家がありました。
それがそのまま観光地。
ガイドブックを読むと、どこも魅力的。
工夫すれば、鉄道とバスだけで何処でも行けそうです。ガンバレー。

どこに行こうかな~?
でも。まずはココに行くでしょう。
超有名なアレがある街。

フィレンツ駅8:07→中央駅9:23

駅から歩くこと30分くらい。
フツーはバスに乗るらしいのですが。
歩けない距離じゃない。

途中、川を渡り、街中を歩いていくと・・・

じゃ~ん!

街の中で。
歩いていく先に、
これが見えたときは、ちょっと感動。

イメージ 1

ああ!
これが子供の頃から話に聞いた斜塔なのね。
想像以上の傾き方。
この感動は
駅から歩いてこないと、きっと味わえませんよ!(笑)

さっそく。
超有名な斜塔に登ってみましょ♪

崩れかけて危険(それがウリ)な斜塔なので、入場制限があります。
予約制ですけど当日券もあります。
すぐにチケット売り場に駆け込むと、すぐに登れる時間のチケット入手。

ピザに来て斜塔に登らないなんて考えられません。
何時まででも待つつもりだったから、ホントにラッキー♪

たぶん。
この日、一番最初の組のチケットだったみたい(5年前のことなので記憶がアイマイ)

イメージ 2

これが、
斜塔の入口。
早くも傾いています。

斜塔の狭い通路を上がっていくと。

塔のてっぺん!
すばらしい景色。

イメージ 3

コレも教会の一部なんです。
隣接するドゥォーモの屋根が大きく見えます。

イメージ 4

当然、塔のてっぺんも傾いてます。
傾き方が分かります?

イメージ 11

塔の上部は空洞なんです(これは登らなきゃ分からないヒミツ)。
小さなカネがたくさんあります。もともと鐘楼だから当たり前?

40分コースなんですけど。あっという間でした。
ホントーに登れてよかった♪
(数年前まで、工事で中に入ることは出来なかったらしいです)

塔から降りると。
さっそく。
お約束の斜塔を支えるポーズ。

イメージ 5

この広場の観光客は、み~んなやってましたね(笑)

隣の建物(いちおう教会)。
ドゥォーモにも入ってみましょ。

この内部もなかなか見ごたえありました。

イメージ 6

このぶら下がったランプは、
ガリレオが振り子の法則を発見したとか言われる曰く付きのモノ。
揺らしてみたい~

イメージ 7

外壁の文様も好き♪

イメージ 8

これがピサの建物群の全貌。
手前の丸い建物は洗礼堂。トイレじゃない。
この中も入れます。

ピサというのは斜塔だけじゃなくて、
いろんな形の建物コンプレックスだったんですね。
(気のせいか、この洗礼堂も傾いて見える~?)

とにかく、ぜ~んぶ見ることが出来たから大満足。

来た道と
反対側から帰ります。

イメージ 9

こちらが裏口、
じゃなくて正面口みたいです。

この門を出ると、観光バスがたくさん停まってました。

駅までの路線バスがあったので、
戻りはコレで(歩いて戻ったような気もする??)。

意外とスムーズにピザ観光が出来たので。
今日はもう1軒、じゃなくてもう1都市行ってみましょう~

続く!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

普通(?)ならツアーバスで移動するところですが、さすがLUNさん、公共交通で移動ですね。
だんだんと斜塔が近づいてくるところは、うきうきしますよね。
もう一軒!楽しみにしています。

No title

ぬまちゃんさん。
駅からかなり歩きました。
街中はそれなりに楽しかったけど。
斜塔が見えてきたときのカンドーは、観光バスじゃ味わえませんね(笑)
調子に乗って、もう一軒書きました。

No title

斜塔のテッペンの旗は垂直に立てているのが、ちょっと不自然。
斜塔を強調する為だろうけど、旗の足元が気になります。

No title

ガンモさん。
いつもの鋭い?ご指摘ありがとうございます。
旗の付け根はどうなっていたのかなぁと、写真を探してみましたが見つからず。(そもそも気にしてなかったし。笑)
きっと旗の水平を維持するための高度な旗ざおがあったのですよ。日本製の(爆)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR