fc2ブログ

線路巡礼2

美しい線路を紹介する日記ブログです。60歳で潔く定年退職♪毎日楽しく美しく(笑)

6

2004年イタリアの旅10、ルッカ編(あの樹、何の樹?)

2004年イタリアの旅。
フィレンツェから日帰り旅行。
ピサの街巡りが斜塔に簡単に登れたオカゲで、
次の街に行く時間が出来ました。

ちゃんと、次の候補は決めてあるんです。

Lucca(ルッカ)

(場所は前回の記事の地図で確認してね)

ガイドブックによると。
ほぼ完全に残る楕円形の城壁に囲まれた街だそうです。
トスカーナ街巡りには外せませんね。
もっとも。
今まで全く聞いたことがない地名ですけど(笑)

ピサ中央駅13:40→ルッカ駅14:00

イメージ 1

世界の車窓から。イタリア国鉄の普通電車の旅♪

ルッカ駅から歩くと、
すぐに城壁が見えてきました。

イメージ 2

この壁の中が、ルッカの旧市街。

まずは、この街の観光メインのミケーレ教会。

イメージ 4

こういう平べったいファサードが、当時の流行なんですかね。
ピサにもありました。

個人的には、
イスラム調のデザインがある壁面がステキですね。

イメージ 3

こんな「顔」のモニュメントもあったんだ(笑)。

さて。
この城壁の中は自家用車乗り入れ禁止(なんて素晴らしい!)
そして、ここではレンタル自転車も利用できます。

自転車借りて、
ルッカの城壁一周の旅♪

ちょっと雨が降ってきちゃったけど。
カッパを着て、出発。

イメージ 6

城壁の上が快適な散歩道になっています。
安全なチャリの旅が楽しめます。
イタリアなのに日本より安全だ(笑)

途中。
なんか変なモノが見えてきましたよ。

イメージ 5

アレはいったい・・・

街中を自転車で探しまくります。

み~つけた!

イメージ 7

古い細長い塔。
個人の所有なのかな?
観光用に解放されています。有料ですけど(笑)

この塔の上は、いったいどうなっているんだろう?

もちろん、登りますよ。
崩れそうで怖いけど。

イメージ 10

中の階段は近代的?

じゃ~ん。
屋上です。

イメージ 8

なんと美しい街並み。
登ってよかった。
(いつの間にか雨も止んだし)

そして、
これが屋上の「樹」の正体。

イメージ 9

いつからココに生えているんでしょうね?

中世トスカーナ地方では、
こういう塔を作ることが流行ったそうです。

少し離れた場所にある
サン・ジミニャーノという街が、
塔がたくさんあることで有名らしいです。
今回の旅では残念ながら行けなかったのですが、
このルッカでも十分楽しめるじゃないですか♪

古い塔は楽しいですね~
教会より俗っぽくてステキ♪

楽しい自転車の旅を終えて。
(ちなみに城壁の中は東西3キロ南北1キロ。手ごろな大きさですねぇ。)

今度は路線バスで戻ってみました。

ルッカ18:45→フィレンツェ20:00

なかなか公共交通が便利に使えますね。

翌日も
路線バスで旅に出ます。
続く!

おまけ。
ルッカ気に入りました?
今、気付いたのですが
lucca
おお、
lunと似ているじゃないですか(爆)

それだけですぅ~(殴)。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

「リボルノ」ってルッカの近くですよね~~~~。
いやいや,前あずかった留学生がリボルノ子だったものですから。。
お騒がせスンマセンでしたm(_ _)m

No title

まつたけさん。
すみません。ルッカもこの時まで知らなかったのです。
だから、ぜ~んぜん知りません(笑)
このあたりは小都市国家の名残が多くあって、どこも独立した気構えがあるそうですよ。日本とは違いますね~

No title

良いですね!こういう公共交通を使った旅は、その国に来た実感が沸いて好きです!

No title

こんにちは、

サン・ジミニャーノは昔テレビの不思議発見か何かで
紹介されてましたね 塔がいっぱいある町として
なんでも時の金持ちが競争してより高い塔を建てた
らしいです 何の実用的価値はないんですが
NYの摩天楼競争も同じです
古今東西、男っておっ立てる競争が好きなんですね

No title

ja8190さん。
西欧なら、なんとか個人旅行が出来ます。
公共交通を使ったほうが、倍以上は楽しいですね(笑)

No title

L’aquoibonisteさん。
大人のコメントありがとうございます(笑)
私も「世界不思議発見」のその話は見ましたよ。
個人的にはデカイ教会や王宮を競うより、ステキな競争ですぅ(笑)
非公開コメント

カウンター

検索フォーム

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR